ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

丸山隆平

「よつば銀行 原島浩美がモノ申す この女に賭けろ!」1☆☆

タイトル長すぎ。また池井戸潤原作の、女子がかんばる金融ものかと思ったら違いました(^^;;;;)

よろず保守的なよつば銀行。
外部アピールなだけの初の女性登用人事は、むしろ厄介な女を失敗させて、頭取(古谷一行)の失脚に利用しようともくろむ副頭取(柳葉敏郎)とその一派(わーい、悪い林泰文だ) そこで業績不振の大東支店に抜擢された女性営業課長は……おっとり美人の原島浩美(真木よう子)
初出行は、表のシャッターからお客さんと一緒にw それ本部ならともかく支店では1時間遅刻ですから! と、指摘されても皮肉言われても、微笑み絶やさずスルーの原島浩美。皆が次々と手柄を報告する会議でも平然と
「何も、成果はありません」
それでいて、従来顧客より利益率のいい新規開拓に力入れるべしと発言。さすが『空気が読めない』と、敵陣営からも認定されている女ですw いや確実な方から…と説く営業陣には
「勇者じゃありませんねえ」
じゃあお前やれと当然言われ、できなきゃ逆立ちで一周してやるという割に別に策はないらしいんですよー。

トップ営業加東(丸山隆平)が2年も断られ続けている紳和商事。そこに付き添って訪問すれば、社長室の壺と絵画に気をとられて怒られる始末。美術に造詣の深い副社長(平岡祐太)には気に入られ、社長宅コレクションや美術展に招かれるという営業一筋では得られない縁は築いていますが。ワンマン社長な父に意見もできない御曹司副社長と仲良くなっても、契約してもらえません。恋人なのかと、社長夫人が喜ぶぐらい(^^;;;;)
財団を設立し、代々の美術品所蔵を社長個人から移譲して節税対策&経営に向いてない副社長は美術館の館長に……と提案するも、社長も言うようにありきたりですよね。本人達だってそれぐらい考えたことがあるでしょう。でもやっぱり息子に社長譲りたい、なのに息子に才能もやる気もなーいと長年悶々としてるのに図星さされてもね。

行き詰まった浩美が目にしたのはインバウンドの波。そういえば紳和商事も、中国の会社と提携するところだったなあ。と、急ぎ調査し契約ぎりぎりに判明したのは、提携相手の目的が業務内容でなかったこと。契約現場になだれ込んできた浩美が言うことには、ホテルを建てたいのでは?今、本社が建っている土地に!がーん!

おかしな提携は延期、いえ破談に。そして「本当に、会社を家族と思っているのなら…」の指摘にも得心し、次期社長を身内以外から選ぶとついに決意。副社長はめでたく美術館の館長になるでしょう。その新規財団と取引するのは、もちろんよつば銀行に! え、会社全体の取引銀行も、なんとよつばに鞍替えですよー!
創業以来絶対にここ、と取引してた銀行は? 何にもしてないのに、寝耳に水の取引停止。まあこの場合、紳和商事の危機を探知しなかった責任があるっちゃありますが、そちらの銀行にしたら誰かの首がとびかねない大失態ですよねえ~ちょっと可哀想(^^;;;;)

さておき、実力を示した浩美。
逆立ち代わりの「ご褒美」に、それまで営業が各自秘匿していた顧客情報を共有して下さい!とぶちあげます。真っ先に広げた浩美のノートには、界隈の個人商店の情報がぎっしり。商品の価格帯から行列の人数まで。のんびり散策とみえて、実は取引の手がかりを探していたんですねえ←これは当たり前すぎw 新営業課長が、昼からただ散歩してると思う方がどうかしてるw

これが杏の「花咲舞が黙ってない」だったら、もっと喧嘩腰で親からは結婚まだかと急かされてる感じ? そもそも閑職だし。
こちら陰謀絡みとはいえ栄転で、一人暮らしの浩美さんには急かす親も今の所なし。玉の輿の誘いにも「仕事が恋人」と言い切って万事にこやかに、穏やかに解決していきますねえ。その割に過去には、社内の不正を告発する芯の強さがある様です。加東はこの先、相棒になるんでしょうか。

普段はいいんですよね~おっとりで口数も少ないので。見せ場の説得場面になると、低音の長台詞がつたなくてハラハラ見守ることに(^^;;;;;) それを画面に引き込まれると称すのか、大根見てらんねーとTV消すのかが分かれ道かもしれません。美人でナイスバディなだけにモデルあがりかと思っちゃいますが、実は無名塾出身。むしろ演技派って評価ならしいのですよねえ。あれもリアルな表現なんでしょうか。うーむ。

大東支店、営業に森永悠希。チャラ彦の「トクサツガガガ」と違い、弱気で営業成績低め。こちらも浩美のサポートで変身あるか?喫茶店店長の片桐はいりもインパクト強かったですw


「地獄先生ぬ~べ~」1 ×

CGってすごいよねえ、夜の街を駆け巡る鬼火がキレイです。

でもそれ以外に見所ってあるんでしょうか。「アナと雪の女王」ヒット曲を歌わせたり、人気妖怪アニメを入れたり、もこみちが料理したりと、ドラマでなくコントの様相です。

まあ妖怪が登場する度にカードで表示されるあたり、あからさまに子ども狙い。おばさんが見るなって話でしょうが、それにしちゃ左手の描写が分かりづらい。優香演じるなんとか先生って何よ。


水晶玉抱えて街にやってきた鵺野先生。手袋で隠した左手には鬼が宿っています。鬼w

学校の七不思議にやたら興味を持ちます。七不思議w

家に帰ると片言の雪女が押し掛け同棲中です。外国の妖怪w


思春期の高校生が抱える『本当の私って』的ありがちな悩みに次々と妖怪がつけ込んで騒ぎを起こすんでしょう。はいはい。

灰色の髪の古いイケメン玉藻先生(もこみち)も妖怪でしたよ、名前で気付こうよ鵺野先生。


で、原作イラストで見たことはあった異形の左手。

そこに封じてる鬼と宿主鵺野は、鵺野がそっちの世界に吸い込まれる形でご対面でした(頭山か!)すると冒頭にも書いたけど優香先生がいて、鬼と鵺野の会話に要らないチャチャをいれまくりです。あんた誰、鵺野の何で、どっから来たのw

(実際は死後の優香の霊力?の助けで鬼を封じていて、優香が弱ると鵺野は鬼に取り込まれてしまう様ですが…それを描写するなり匂わせるなりしましょうよ)


夜の校内、妖怪に襲われた生徒を左手の力で助ける鵺野。

『左手に鬼が宿ってる、これが本当の俺の姿』

鬼がいなかった頃に戻るのは諦めている様です。

楽しく見られる人が見て下さいorz

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」~最終回 ☆☆

えーっ、こんな終わり方??


シューマイ先輩を虐待家庭から助ける。

そのためにハナちゃんと結婚して養子に迎えるってのはなるほどな解決でしたけど。

その前に服役する必要はあったの?

もちろん、次々と訪れる面会人はタニシがダメなりに頑張ってきた証ではありますが……ご両親(浅田美代子、徳井優)まで世間の非難を浴びるかと思うといたたまれませんってば。そして余命わずかだった筈の宿敵は回復w これもなんかずるいよ。


ただ成長したシューマイが、小学生時代とくりそつだったのは評価w

ハングリーなボクサーとして賞金がっぽがぽ稼ぐの確実で、タニシを雇ってくれるんだそうですよ!密着番組でも組まれたら涙を誘うよ!

終わりよければ全て良しってことでしょうか。

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」~5 ☆☆☆

やばいw


録画を貯めたまま、もう観ずに消そうと思っていたのに操作ミスでつけちゃったら滅法面白くてハマりました。もてない男の空回り、変なこだわり、変な正義漢、ダメ男好きにはたまりません。

力みまくった変な顔も熱演ですが……丸山隆平くんジャニーズですよね。キメ顔はカッコいい筈なのによくここまで見栄を捨てられたもんです。偉い!


で、会社のマドンナ(南明奈)と両想いになりそこない、彼女を騙した男を殴ろうとボクシングを始め……なんてあらすじを描いた所であのみっともなさと惨めさは1ミリも表現できないし、そこまでしてるのにマドンナちはるちゃんは振りむいてはくれなくて報われず。練習したパンチもひとつも当てられず。

田舎に帰る彼女にお別れを言いに行くも、やっぱり格好良くなんて見送れずに泣く主人公田西。

もうどうしたらいいんだろう、何かしてあげたいw


5話からは会社も辞め、引きこもった半年後で第2部始まりな感じ?

こんどはボクシングトレーナーの花ちゃん(平愛梨)に恋を??やっぱり目が離せませんが、ちょっとはハッピーエンドの可能性があるのかなw

耳の聞こえない花の為に手話を覚え、乱闘場面や逃げてきてからの愛の告白を手話で引き立てるシリアスさと、う◯こまき散らして逃げるお下劣のミックスが壮絶。 


パンチドランカー鈴木さん役の陣内孝則もいい味出してます。

「歌のおにいさん」3 ☆☆☆

うたのおじいさん(笑)
みればみるほど罰ゲーム(笑) イヤほんとに。いつ見てもイヤそーな主人公を、回りがメッチャ盛り上げてくれています。

とにかく王子出て来る度に可笑しくて可笑しくて。

まさかの王子クビでも、うたのお姉さんがテンション高く場をキープしてくれてます!
「ワタクシの前にデナイ!!キーッ」
この人も、出て来る度に可笑しくて。
「アニマル浜口みたいに笑わないと!」
いやあ楽しい。

家族の場面も、姉ちゃんの愛ある罵詈雑言、盛りが適当なカレー、楽しいなあ。

で、主人公だけが仏頂面でテンション低くてうっとうしいんだけど(元カノ&バンド絡みだと更に)、そっかーウソがすぐ顔に出る=適当に笑えない、なのね。
それでも最後、やっと愛想笑いができて、収録の顔がこましになりました、と。

そこに至るきっかけエピソードが弱い……とか言うつぶやきは、ラスト崩れ落ちる元カノでぶっ飛んでしまいました。挙動不審すぎるでしょうあれは(笑)

2話 1話

「歌のおにいさん」2 ☆☆

お姉さん??
若いおかあさんだとばかり思ってましたよ!えーッお姉さん??

今回はそこがとにかく一番の衝撃(笑)
後はとにかく王子と高松塚出身の姫君が全力で楽しそうでもうたまりませーん。

生本番にピンで歌うことになっちゃった主人公。こりゃ、全国にファンが出来ちゃうんでしょう。
で、段々本気になったところで、元カノが見直してくれるのね?

タイトルから期待したものを全力で見せてくれているベタドラマ。天晴れです。
「ドングリが可哀想だろ!」
笑ったわー

1話

「歌のおにいさん」1 ☆☆☆

普通に面白かったです(^^)

エロはない際どくもない、むしろ「おかあさんといっしょ」の世界。
で、適当に生きちゃ駄目だ、頑張れ!と若者にエール。
本当はこれが9時ドラマの企画で、「特命係長」ゴールデン移動と交換に深夜にきちゃったということかな?? それはお互いに損したんじゃないかなー。

就職先から、内定取り消しをくらった主人公健太(大野智)
うっかり面接を間違えた結果、なんとあの『歌のお兄さん』に!でもその実態は、”楽しい仲間”という名の下僕だった……!!

で、何をしてもふてくされて投げやり。
そんなの駄目じゃんと思っていたらちゃんと、目指して下僕もとい”楽しい仲間”になった同僚からは
「失礼だよ」
と叱られ、子供からも酷いと怒られ、自分を裏切った元カノ&元バンド仲間からも、先に裏切ったのはバンドをバカにしていた貴方だと痛いところを突かれ。

本気でやってやるー!!と奮起。
”歌の王子さま”に宣戦布告して、次回に続く。セオリー通りで美しいです。

ブルマにタイツ、子供が嫌いな”王子”のキモさもきっちり半端なく(笑)、宝塚ならぬ奈良の高松塚歌劇団出身の歌のお姉さんも実に楽しそうに高慢ちき。

残り9話もかかる話なのかは不明ですが、とりあえず楽しそうでいいんじゃないのかな。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ