ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

中谷美紀

「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」最終回 ☆☆

ほーら、こうなったw

じゃすみん周囲でそこそこ話題だったこのドラマ、まず誰もが問う「なんで徳井?」「どこがエベレスト?」の答えは最終回で出ましたね。
『高校時代の思い出がなくても、俺を選ぶのか?』
と問われて迷っちゃう相手ってことでw 思い出補正思い出補正。
これで桜井が竹野内豊……とまではいかず演じるのは徳井でいいから、グッとくるエピソードやキュンとくるセリフを並べてくれたらよかったのに。

目指す男をあーしてこーして作戦を練って、頑張って勝ち取ったプロポーズ。さあ頑張って結婚するぞ! というところで何かをへし折ったお母様の言葉
「結婚は頑張ってするものじゃないわよw」
は罪深いですなあ。でも既婚者としては確かにそうです。日常だもんね。
じゃあ自分を飾らずにいられる相手とは、と見渡したみやび先生が気づいたのが……じゃーん、十倉さんでした。って遅! 十倉が商売として恋愛アドバイスしてて、同時に何人にも講義していたのならともかく。一対一でプライベートに踏み込んであれこれ指図する仲から恋愛に発展しないなどということがあろうか、いやなーい!

それを打ち明けられた十倉の返しはド否定だったものの、いきなりラブラブになられるよりは喧嘩するほど仲がいい的なじゃれ合いしていてくれる方が納得です。

十倉が世界を巡って、給食指導など食育に励む間、みやびさんはクリニックを営む大団円。
お互い金はある、性格に難があるので浮気が心配なほどもてない、似た者同士でうまくいきますよきっとー。

しかし原作のあるドラマでしたね。結婚がゴールの指南書だった筈、 なのに『ありのままの自分でいいの』なんて全否定なラストで大丈夫なんでしょうかw

「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」6 ☆☆

役割交代、キターw
ついに十倉の離婚危機がみやびにバレ、今度は私が女の気持ちを教えてやるわ!と矢継ぎ早に繰り出される反撃の数々w 曰く自分の写真ばかり飾ってる、リモコンや雑誌の定位置を決めててキモい、旅館みたいな食事もキモいし絶対奥さんに料理で文句を言ってるはずー!いやはや鬼の首とったみたいにw
そして結論は、遠くから見守れと。

叱られてる十倉ざまあみろーと思ったのは事実ですが、途中で何度かアレレな部分もちらほら。
「1日ずーっと家にいるのは奥様なのにね」
って、専業主婦と断定ですか。自分も医者で、結婚したってクリニックやめるつもりもないくせに?まあ十倉タイプの男なら、後半認めてた様に家庭を守ってほしい的に専業にもっていくこともあるでしょうが……それにしたって、旦那が料理するなら任せたわーってタイプの奥様もいるでしょう。ものの置き場所が決まってるのも、私は歓迎ですよー。常にそこに戻せる自信はないけどw 片付けもせず場所も決めずに、ただ散らかってるとぐちぐち言う奴よりマシでしょ。
それより、前回会ってた時には条件の話ばかりして、好きだ愛してる、一緒にいたいとは妻にも子供に対しても一言も言わなかったことの方が気になったんですけどねえ。そこはみやびさんには与り知らないことなわけで。 
とりあえず言われるまま、ドンと誠意ある金額(10年分の養育費っておいくら?)を振り込んで、遠くから見守る、待ってるとだけ告げた十倉の行動は奥様を前向きに戸惑わせた様で、どうなるんでしょうね。

あ、女装して女の気持ちになれ! もあったw それもどうなのw

年下彼氏のパートは、嘘くさいシェアハウスも含めほんとどうでも良すぎて。クリニックのナースちゃんと浮気?ってなラストで逆にホッとしましたよw そっちの方が似合うし。お金貢ぎ出す前にはっきりしてよかったじゃん、うん。

そうだ桜井くんの彼女の妊娠は、父親が違った様です。周囲にお披露目してから本人に言う流れって鬼でしょう、私関係ないとか言ってる場合じゃないよね。でもそこで激怒しない桜井くんも器が広い上に『別の人の子供だけど、好きなのは桜井くんだから結婚したい』と無茶なこと言いたい放題の彼女も凄い。みやびと一緒に呆然としましたわ。確かにずっとそんな娘だったわけだし。
好きだから結婚したい、このシンプルさを見習えるのかみやび?


「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」3、4 ☆☆

うーん、応援しにくい。
男のポロシャツロゴの動物にエサをやるアラフォー女……ホラーかと。

<徹底、男目線>だと、あれは可愛いのかな、それとも乳首狙いのエロ路線? 年齢を聞かれた時の手本トークも寒くて死にそうです。1人が尋ねてるのに、場の全員が返事に注目してるのもキモッ。……それとも合コンとやらはそういうものなの?
3話の、あてつけでした婚約発表もバカで、自爆は当然と呆れてしまいましたが4話はさらに酷くてもうどうしようかと。
恋愛論的に合コン対策って外せないのかもしれませんが、20代にアラフォー1人混入ってもう非常事態、相手男性陣もオール年下じゃ、最初から熟女好きじゃないと話になりませんよね?何がしたいのか、みやび先生。
すべてが本命桜井くんを落とす練習のためとはいえ、

……と、4話中盤まではあまりの痛々しさにリタイアしかけていたわけですが。あれれ。
桜井の元カノ、ストロングスタイルの女が絡むとちょっと楽しいかも。初対面のみやびを「きれいー」と褒めちぎったあとに「おかあさんと同じ年!」ってw 正直でいいねえ! なんかスッとする。
挙句、元カノのお腹には桜井くんの子がいるそうですよ……。
プロポーズされてた話も含め、どこまで本当だか。みやびに対抗するための嘘八百かもしれませんけどねえ、それを自分から桜井には告げず彼女の後を追わせる、 やせ我慢なみやび先生の方が、合コンでもてようと必死の時よりかっこよくて好きです。

かと思ったら、都合よくフェアリーアルバイターが慰めに駆けつけた上に!裸でベッドか!おい!
一気にHOWTO臭が消え、いっそファンタジーと思えば見やすいのかもw

こうしろああしろ、これは正しいと言われるから真偽が気になっちゃうんですよねえ。でもこれならいっそ十倉のご指導パート無しで、39才桜井とみやび、20才そこそこの元カノとフェアリーくんのドタバタ恋愛劇でもよかったんじゃ……って、そんな普通の年の差カップルものじゃ、そもそも1話を見ませんでしたね。ジレンマだわw

十倉の音信不通妻が店に来て怒ってましたけど、その流れは面白くなるのか? もう1週見守ります。


「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」2 ☆☆☆

ついに本気で婚活を始めたドクターみやび。薄々自分でもわかっちゃいたけど、もてませんw

ひとつは、脈ありそうなのに相手待ちで他の女にとられる~
『だから、なまじ美人は!』と、見守る同行ナースちゃんが歯噛みw
もうひとつは伝手扱いw
『母に紹介状を……』積極的だと思ったら、医者と知っててだったw

これじゃ<仮氏>、本命のためのステップアップ男すらつかまりませんよ。原因は、ドクター臭? 医者も客商売とはいえ、会話が常に上から目線なのは否めませんからねえ。いやでも店長十倉だって、十分ありえないほど偉そうですけどw
まずはファッションを変えろ!と、パステルカラーだスケスケだと、ティム・ガンがすすめる必須アイテムばりのラインナップを勧めてきますよー(これを出版したら世界中で売れる、と言ってますが~文化違うと趣味も違うでしょ!)

とりあえず言いなりに可愛げにしてみたら、歳下フリーターに褒められるw
距離が近くて毎度ドキドキするみやびですが、逆に平気で近すぎるからこそ『遠縁の親戚』みたいなんだよねえ。でも目の保養w

十倉の差し金で桜井君と再会。今度こそアラフォーらしく上手く落とせるか?ってとこでしたが、失礼な同僚からかばってもらって号泣。十倉には怒られましたけど、桜井くんとしてはいい感じなんじゃないの?

そして、紹介状男がやってきてイキナリの『結婚を前提におつきあいを』!
さあどうなる?

相変わらず共感ポイントはゼロ、こちら高みの見物な既婚者ですが、どういう形にしろ最後には幸せになるよねという安心感もあって楽しくく見ています。自信満々に語られる十倉のハウツーは眉唾なんですけどー。その辺、妻子が死別なのか別居なのかによって評価変わるんじゃないでしょうかw


「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」1 ☆☆☆

謎の竹野内豊押しw

美人・キャリア・アラフォーは恋愛弱者!
美人はダメなのかー、美人でもないただの主婦としちゃ溜飲下がります。独身視聴者の方だって『そっかー私美人だからかw』と悪い気しないのかも。うまく出来てますw でも実際に美人でキャリアがあってアラフォーで独身の中谷美紀に、よくぞオファーしましたね(^^;;;;)


で、美人で開業医で39歳の橘みやび先生(中谷美紀)は、同窓会をきっかけに婚活を意識することに。
正確には、同窓会流れの女子会で寄った割烹の店長(藤木直人)に『恋愛弱者』呼ばわりで喧嘩を売られ『お前は結婚できない』と断言されて反発。楽勝のつもりで行った結婚相談所では現実を突きつけられて絶句するのでした。
アラフォー女子の5年後成婚率は、2パーセント!
そんな時、同総会は会えなかった、高校時代好きだった桜井くん(徳井義実)に再会してトキメクみやび。

同窓会、私ももうすぐありますけど、女子校だとこんな甘酸っぱくなりませんw 高校時代の楽しかった思い出もキラキラしてていいねえ、いいねえ。

二人きり、ちょっと夜遅くにおしゃれな和食……と、わざわざ揉めた例の店に行くって、デートの相手ぐらいいるのよって見栄もあったのでは。で、教本通りに気がきく女を演じ、可愛く聞き役に徹し、ちょっと気を持たせるようなことを言ってみる。
完璧じゃない?とほくそ笑むみやびに、店長がつぶやいたのは……

「終わったな」

えええええええ、なんでー?
実はみやびと同じマンションに住む店長、じゃあ自分はどんな恋愛/結婚をしているのやら。
そして案の定「友達で」とわざわざ告げてくる桜井くん。
重いのか、結婚を意識するアラフォー女は重いのか?
いやいや正解はなんと『必死なアラフォーはキモいから』ってw ひどいw 確かに恋愛教本は20代向けに書いてあるでしょうけどねえ。

翌朝、仕込み中に怒鳴り込んだみやびに、店長が事細かに再現フィルム付きでw解説する、こうすれば良かったトークは、なるほどオシャレですて……き?ホントに? 
序盤こそ、うなづいてるだけの昨夜のみやびよりこっちの方がいいやと思えましたけど、 段々鼻についてきましたよ、ドラマじゃないんだから。ってドラマかw

挙句、昔の失恋が恋文の届け間違いと今更わかるオプション付き。あーあ。ちゃんと宛名を描こうよ、宛名を!
で、この先もずっとみやび先生のターゲットは桜井くんで、店長が落とし方の指南をするのでしょうか。

『男は』と十把一絡げで語りますけど。たった一人の好きなひとが、自分がよかれと思ってすることを喜んでくれたらいいだけなのにね。まあ最終的には店長とくっつくんじゃないの。

これだけだと年齢が高すぎるぞと、絡むフリーターの若造(瀬戸康史)。落ち込むみやびを抱きしめて慰める?おいおいおい。店長の背景に関わってくる模様です。

タイトルから想像する10倍楽しかったですよ。

店長が主張する『男のニーズ』が実像なのかはさておき、脚本金子ありさはそう思ってるという恋愛模様の機微がズバッと解説されていくわけですよね……と思ってたら、えええ、原作があるのこれ?しかも「夢をかなえるゾウ」のひと?うわあ、胡散臭いw
気軽なネタドラマになりそうです。


「ゴーストライター」~最終回 ☆☆☆

川原由樹で儲けるなら、まず小説より暴露本じゃないかw


と思ってたら最終回で来たーw

顔のない<読者>向けに書けなくなった川原由樹と、何かが溢れ出してきた遠野リサ、その二人の共著でタイトルが「偽りの日々」w 双方視点、ゴーストライター騒動の暴露とみせかけて描かれるのは重厚な人間ドラマ、なにそれ面白そう、もう映画化決定w
帯に<元ゴーストライター>なんて字を入れる小手先仕事より絶対手に取るってw 


その前段階、スランプで、遠野リサの小説データを自分名義に書き換えようとする由樹には「うわー」っと声でつつ、でもこれでお互い様かも…とちょっと許してしまいそうでした。そこで誘惑に負けなかった由樹、偉すぎる。
それも由樹の横にいたのは神崎じゃなかったからね!

あれだけ雨の中で殴り合ったり裁判で叩き潰されたりと、憎み合い続けてもいい過去があるリサと由樹なのに、不思議と当人同士はもう穏やかに顔を合わせていますよね。秘書は由樹を刺そうとして、間違えてリサ先生刺しちゃってましたけどw もし狙うところを目撃したなら、止めに入って刺されるぐらいのことお互いにしそうです。そんな秘書さんも、暴露本の成功でまた秘書に戻れて良かったこと。
息子も自立して小説家を目指していて。
すべての元凶であるリサ毒母はついに遠野リサという名にも反応しなくなってしまいましたけれども「嫌いでいいんじゃない」という息子の言葉が、母からの呪いを解く新たな呪文になったのかも。もういい娘いい家族を演じなくてもいいんだよ、と。
(とするとやっぱり、由樹のゴーストしていた小説はその抑えても滲む『母が嫌い』成分が欠落していたんでしょうねw)
 

あちこちwinwinで上手くいく中、ただひとり黒幕おやじ神崎だけが勝ちを取りこぼし、社内で失脚する姿にスッキリ。
でもすぐ次の場面では酒場で遠野リサとよりを戻す感じ……だったらなんでパーティで無視?マウンティングですかw
元カレまだ未婚情報、由樹の本をまとめ買いといい、リサの本を読んで涙する毒母(まだらぼけ?この時はまともってこと?)といい、必要あるんだかどうかな場面が続いて、終盤はどうも微妙でした。扉の向こうに取り残される神崎から、ラストの海辺にすぐ続いたら個人的にはすっきりだったのですが。
そして「偽り」についてのリサの独白。
もしかして1話ってこれに呼応した始まりでしたっけ?
雨の中殴りあい→自分探しOL由樹だった印象です。その由樹は波乱万丈の末に成功を手に入れ、偽りの自分がどうとは思っていないのでは。ダブル主人公でずっと描いてきたのに最後だけリサに語らせて終わりにするのは違和感でした。

「ゴーストライター」5 ☆☆☆

え?遠野リサから三行半??

1話での様子や、現時点での両者の力関係からもてっきり逆かと。

由樹ちゃんはといえば、

「ふたりで遠野リサよ」

なんて甘言をすっかり受け入れて、再度のプロポーズも断り奴隷で生きていく気満々だったというのにね。なんと遠野リサ先生の方から映画が終わったら引退すると決断。そんな勝手な…と狼狽え、公式発表の場でゴーストライターを名乗ってしまう由樹なのでした。


といってもリサ先生ときたら、自分が引退したら由樹は本名で再デビュー☆と最初は信じていた様子。それを『無理!』と編集長に却下されてしまってからの引退申し出でしたから…そうやって由樹が暴れて事が公になる方が由樹にいいという何やら思惑があるのかも。


だがしかし。
本来作家をはじめ何かを創作する人種って、それをしないと死んじゃう、止められても誰に見せなくてもし続けるってぐらいの人がなるものなのでは。 それを考えると、処女作を書いたまま忘れていた様な由樹ってね。ラッキーにも場を与えられて張り切って書いていましたけどね。本来はリサ先生が言ってた通り、作家じゃなくても生きていける人でしたよね。


どちらにしろ、送り仮名の癖などでも周囲にバレはじめていましたし、諦めるのにはいいタイミングだったのかも。

反抗するばかりの息子のことも、ただ作家をやめて寄り添うよりもゴーストを公にした方が解き放ってやれる…のかなあ。息子も推理小説とか書ける才があるそうだし、うまく導けば……なのかなあ。

由樹が言うままにインタビューに答えたり、舞台が長野ですね!と指摘されてうろたえる遠野リサは既にかなり由樹に依存していましたし、笑顔でいてもプライドずたずただったのかな。

予告で仰天、訴訟になるんだw
原告は誰w 


「ゴーストライター」2~4 ☆☆☆☆

遠野リサ名義では、親や知人が読んでくれないというゴーストライターの不満が新鮮w


ゴーストラーターという裏稼業、どう手を染めてしまうのかと思ったら始まりは案外となし崩しでしたよね。

まずは共同制作のプロット、だんだんと『文章も書いてごらんなさい』と、脅迫されるでもなく、尊敬する遠野リサ先生に指導してもらってる、してあげている形から入ってしまって文句をいう暇がない、的な。

一応は、最初の持ち込み原稿を出版してあげると餌。

でもその一冊を由樹の側から条件に言いだしたと嘘をつくことで、遠野リサの気持ちを『申し訳ない』から『利用されているのはこちら』に変えてしまったんだから、名編集者のお手並み恐るべし。


そして時は経ち、平積みで何冊も並ぶ遠野リサ本が全て水川あさみ著になってしまってからも、遠野リサ側はまだまだ優位に立っているつもり&『作家の本能』などと、とにかく自分の書いたものが広く読まれて受けてれば嬉しかろう?と余裕をかましていたわけですが……。

まず息子は気づいていましたよ、本人が書いてない、と。

これ、普段から母に反抗的で『遠野リサ』呼びで馬鹿にし、他人行儀を装っていたのに、実は一番の読者だったってことじゃないですか。それだけで泣けてきましたよ。

何で気づいたんでしょう。感覚的なもの?

もしや、大事な思い出と息子が思っていたことを踏みにじる描写があったのだとしたら。遠野リサ憎い、でなく、別の人が書いたのかも、とまず思う息子の気持ちもまた尊いのに、さすがにそこを認めるわけにはいかない遠野リサです。


更に大事なゴースト由樹の気持ちは。

プロットの元になった大事な思い出話を、トークショーで簡単に吹聴されてムカつくw そりゃ嫌ですよねえ、でもそこで作家先生が『友達の話に感動して~』とぬるく語るわけにもいかないじゃないですか。文章と一緒に思い出も魂も売ったんだと、やっと気づいたのかって場面でしたよね。

そして訪れる元婚約者。

全国でたった200冊しか売れなかった、同人誌以下の小説を手に感動したよ、サインくれって言ってくれるんですよ。

「お前が書いたってだけで感動だよー」

って、読んでなさそうですけどw 身内なんてそんなものでしょう、うん。

でもゴーストライターをしているかぎり、遠野リサ名義でいくら売れても親も元彼も友達も親身に読んではくれないと思い知る水川あさみ。……全国の読者を騙してるのなんのと並べる大きな数字より、この身内への裏切りの方がリアルに辛そうなあたり、冒頭にも書きましたが新鮮でしたし、遠野リサ側の親子関係とも対比できて奥行きが出ましたよね。
大嫌いな母にだんだん似てくる自分……ああああ
(でも娘を人生の助手席に乗せてたリサ母と違って、息子は勝手にのらくらしてるだけって感じですよね。何かしたいことあるのやら。こっそり小説書いてたりしないかな) 


失踪騒ぎ。

すでに、彼女がいないと何もできなくなっている遠野リサ大先生。でも締め切りが守れない責任は自分に来るんですよー、あーあ。

代わりはいくらでもいる、と脅した過去を返上して土下座までする羽目になりますが、自業自得だからかわいそうじゃあないよねえ。そうまでしてでも自分が書いたものじゃダメ、つまんないって、判定能力は落ちてないが故の悲劇です。


ところで、幽霊社員から幽霊作家wにクラスチェンジし、代替原稿要員にされている冴えない新人作家さん。菜々緒に惚れちゃってる様で、君のためだけに書いた短編小説をプレゼントw

この2人の場面がコミックリリーフで毎回楽しみですよ。漁夫の利で本当にブレイクしちゃったらいいよね!

「ゴーストライター」1 ☆☆☆☆

ドMでもないなら先生、エゴサーチは

「エバーフレッシュ 名作」

「遠野リサ 大好き」

とか、さらに詳細で「-劣化」指定とか、自衛をしましょうよw


そんなわけで、売れっ子作家遠野リサ(中谷美紀)のゴーストライターを、若い水川あさみがする物語。

と、タイトル他でネタバレ済みなので話が早いです。冒頭は逆に決裂の大げんかで始まり始まり……ってことは、二人羽織でお仕事してたんですよねw


そして出会いはというと、結婚を控えながら原稿持ち込みなどと両天秤かけている水川あさみが、憧れの遠野リサ大先生のところでアシスタントのバイトという美味しい話をもらって浮かれて承諾w

そりゃフィアンセ怒るよ。帰ってきて結婚するんじゃないのかよ。

原稿持ち込みだって、『才能ないね』と引導を渡して欲しくて…って、相手も忙しいのに時間割いて読むんだってのにふざけた話です。


挙句、忙しい先生のお手伝い☆、と無邪気に追悼文の文案を練ってくる始末。 いや、取引先の葬式に課長の代わりに弔文電報打っとくのと違うから! 作家が書く追悼文て作品だから!


とにかく悪気なく無神経な水川あさみに呆れ果てつつ、一方の遠野先生はスランプで書けない書けない言ってますから。よーしこの文案をパクるところからまず代筆関係の第一歩が始まるのか?と身を乗り出してしまいましたw


さあ盗作だ、と視聴者ワクワク↑↑

でも秘書が一喝ゴミ箱にポイ↓↓

愛人編集賞がゴミ箱から拾い褒め↑↑

遠野先生、自作じゃないと断り↓↓

でも褒められた文に囚われ書けず→→

ついに「それで印刷を」とパクリ決心↑↑


と、寄せては返す波のように焦らしてくれますw 夜半に編集者から新聞校正刷りかなんかを見せられたヒロイン、遠野リサの文章が自分の書いたものと同じで動揺を見せますが……だからじゃあ、なんのつもりで文案見せたのw 褒められて、他のベストセラー作家と一緒に自分の名前で新聞に追悼文がのるかも…って思わないでしょう普通(><)


そして翌朝出勤、激昂して詰め寄るでも言い淀むでもなく、フツーに

「光栄ですけど、あらかじめ一言言ってもらったら……」

おいおい鉄の心臓だよ!


まあ結局、土壇場でちゃんと自分の文章が書けた先生が差し替えを支持。本当に世間に発表された追悼文は全然違うものになったわけで、ヒロイン的にはドッキリに引っかかったようなもの。平謝りするしかありませんが……

先生本人(と秘書と編集長)だけは知っているんです。誘惑に負けてしまった事実を。


そしてゴージャスな仕事場を出た先生が、これまたゴージャスな病院を訪ねると痴呆の老女が一人。この人にダメダメ言われ続けて育った模様、毒親ってやつですか。どうやらNGワードは

『私がいないと何も出来ないくせに』


そうか、冒頭の大げんかでも。

『私がいないと何も出来ないくせに』

図らずもヒロインは、遠野リサのこの逆鱗に触れてしまったんですね…!!


ここで殺していそうな描写でひっぱらず、捨て台詞で決別させたのは抑えが効いていて好印象でした。

さあ、タイトル通りに代筆することになるのは次回からでしょうか、そのきっかけは? 遠野リサが頭を下げるのか。描かせてあげてもよろしくってよ的に始まるのか?

『あと3年』と、神輿を担ぐ編集長にも見限られていたり。
反抗的なバカ息子もそのうちマスコミを騒がせるかも… 

下世話に楽しみですw


「砂の器」 ☆☆

玉木宏主演のspドラマ。

2011年3月12日からの2話連続で放映予定をめちゃ宣伝していたのに、3月11日の大震災で流れてしまったという曰く付きです。

単純にドラマを放映している場合ではなかったこともありますが、回想で何度も大阪空襲が描かれ、その混乱に乗じて和賀が戸籍を変える設定ではねえ… 中居くん主演で連ドラ化された時には長崎の水害でしたっけ。 将来また映像化されるとしたら、名前を変えるのは東日本大震災でとなるのかもしれません。


で、物語はご存知の通り、蒲田操作場の死体発見から始まり、若手刑事吉村(玉木宏)を主役にしての捜査劇です。携帯もない昭和、電車移動中に車掌さんが電報持って来ますよw

証拠品の返り血シャツを切り刻んで車窓から捨てる愛人も…昨今なら可愛いイタズラと記事になるんじゃなくてゴミ捨てるなって怒られるか、動画がネットに流されそうですよねえ。


指揮者の和賀が佐々木蔵之介、評論家関川が長谷川博己。特に関川が見せ場たっぷり。

その分和賀が霞んでしまって、父親への想いが鍵になるオトシの場面でもあまり気持ちが動きませんでした。熱演でしたけど…。父親とさすらった理由が地主一家殺害の、ただ疑いをかけられての村八分だなんて。じゃあ他の土地で暮らせるし。息子は親戚のところに置いて行けたでしょうし。

疑いだけで家を亡くして辛い幼少期を送った息子が、保身の為に本当に人を殺してしまうとはなんて皮肉なんでしょう。

だいたい、政治家の娘と婚約してる現在がそんなに大事なら、増々殺人なんかしちゃダメだよ…orz 警察が来た途端にキッパリ和賀を捨てるお嬢様の潔いことw


お目当ての西村さんは捜査一課の頑固者です。

吉村と組んでの聞き込みでも、無礼な態度で相手を怒らせ、あんたにだけは教えたくないとか言われちゃってて笑いました。古い型のメガネもお似合いw あと将棋が上手いw

「宮本武蔵」 ☆☆

見てしまいました、2夜連続放送スペシャルドラマを。


なんたって主人が宮本武蔵好き。

「バガボンド」も途中までの私に、こいつはこういう奴でこうなるんだよなーと解説してくれてご満悦、配役に文句は全くないようでしたが……。

いくらなんでもキムタク武蔵にサンタマリア竹蔵、セクシー小次郎はまとめて老け過ぎじゃありませんか??

いや、若かったとしても木村さんには武蔵の泥臭さがないというか。何十人もうっかり皆殺しにしそうな莫迦さがないというか。むしろ、神出鬼没の不思議キャラになっていた佐々木小次郎の方が似合いそうでした。

「武士の1分」は良かったし、時代劇の大見得切る感じは向いていると思うのになあ。


道場の偉いさんだった松田翔太は、関西弁あれでいいんですか?何か変な感じ。


そして女性陣が不思議に大根……orz'

私は真木よう子は大好きです。夏帆だって大好きなんですよ。むしろ番宣で彼女たちが出てるとしって、主人と一緒に見ようかと思ったぐらいに。なのに。演出にああ言えと指導されてなのか、時代劇には時代劇の作法がやはり厳然とあるのか、お通や朱美が出てくる度に残念さがつのりました。

あ、高岡早紀のお甲さんは別です。色っぽかったーw

そうそう中谷美紀の女郎は、似合いすぎるが故に別ドラマ「仁」を思い出してしまうので、やっぱりダメじゃないかとw


と、あれこれ思いながらも、吉岡一門皆殺しのあたりは殺陣も頑張ってるねと楽しく見ていたのですがね。

さぞ盛り上がるだろうと待っていた巌流島は驚きのあっという間でした。え?3夜目もあるの?ってな具合です。

待ちかねたぞ、とか、鞘を捨てるとは小次郎敗れたり!とかさ、むしろ1話冒頭からそこを見せて引きつけて、ラストでもう一回やりますよぐらいの名場面じゃないんですか?


旦那はといえば、その頃にはリモコンを握りしめて完全に沈没。
私もうっかり寝ていて巌流島を見逃したんだわ、きっと…… 

映画「約三十の嘘」☆☆☆

長距離列車に集う詐欺師達。


久しぶりの妻夫木君になんとなーく見始めた映画は、ゆるーく面白かったです。

椎名桔平も田辺誠一も、人を騙して金儲けするにはいい人すぎるでしょう!!カムカムミニキーナの眼鏡さんを引き連れて合流の中谷美紀が紅一点でモテまくるかと思いきや、若い巨乳ちゃんが現れて場を荒らし……。


詐欺で儲けた金はどこへ消えたのか?


…って、あぶく銭なだけに、また稼げばいいんじゃない?といい人組は思っていそうで怖いです。それよりこのチームでずっと稼ぎ続けていくことが大事。えー、そうなの?


元は舞台だったのかな。

お金払って映画館で観たんだったら、登場人物誰かの大ファンでない限りちょっと不満がつのりそう。

「聖なる怪物たち」1 ☆☆

主人公は看護士長(中谷美紀)なのでしょうか。ナレーションの岡田将生くん陰が薄すぎw 医療ミステリー というよりは 野田聖子に代表される『産まなきゃいけない』にとりつかれた女の悲劇、なのかもしれません。


両親を亡くして貧しい暮らしから一転、財閥の御曹司に嫁ぐ花嫁(加藤あい)。

披露宴中に流産、安定期でもないのに無理するからですよ(><) 子宮も摘出。ここから嫁いびりに発展するかと思いきや、前妻との間にもう子どもがいるので夫も姑も優しく気にするなと言ってくれ……いやもしかして、跡継ぎの地位安泰のために仕組まれた流産か??疑いだすときりがないよね。


我が子欲しさに壊れかけた加藤あいは、実姉中谷美紀に代理出産を依頼。その結果が冒頭の、雨の中置き去りにされる妊婦なんでしょうが……さて、あれのどこが加藤あいの利益に?
『欲しいものはみんな手に入れてきた』と前妻に皮肉られる加藤あい。でも妊娠出産だけは、例え子宮がまだあったとしても授かり物なんですけど。現代医療はその辺の仕切りを飛び越えるから。

思わせぶりなタイトルは、『聖職者』と自らを呼ぶ夫たち学校経営者を指すのでしょうが、怪物っぷりはまだこれからです。見続けるかは2話見て決めます。


映画「電車男」

 泣いて笑って、なぁんだ身近な恋物語でした(^^)

 知り合った経緯を書評やらで見ると、ありえないっちゅーかあり得すぎでベタベタっちゅーか。(電車内で酔漢にからまれているのを助けた)作り話めいて感じたのですが。
 実写で見るとまた違いますね。

 オタクな山田君は応援したくなるし!対するお嬢さんエルメスは・・・・絶対最初ッから電車男さんを好きだもん(^^;;;)

 なんちゅーか、『モニター越しに100万人が応援した恋』と言われても、想われた側がキモイッ迷惑ッと思うならそれまででしょう?
 恋って、毎日会う人とするほうがむずかしい。微笑がただのきまぐれか、本当に好意か、もしかすると別の人に向けて微笑んだのか、それが大問題。
 でも、電車男とエルメスの場合、機会をつくらなくちゃ逢えない関係・・・・・なら、会ってくれる以上、基本にあるのは好意だからね。行け行けゴーゴーじゃないですか。

 なのに、好きの一言が言えない電車男くん。うー、可愛い。
自分と貴方は釣り合わない、辛いからもう会わないなんてプルプル震えながら言っちゃうんですよ。

「・・・私は楽しかったです。貴方といて。」
とエルメス嬢。そりゃ楽しいでしょ。好きかどうかは脇に置いても、必死な年下くんが自分の一挙手一投足をみつめてて、手のひらの上でコーロコロ転がってくれるなら。

 そんなわけで、気分はすっかりエルメス。
元からダメ男系好きだし。私もあんな可愛い子転がしたーい(笑)
 そう、結局中身が「山田孝之くん」なのはポイント高いです。でも、美容院(床屋じゃなくて・笑)行って、ジャケット買って、身なりを整えても挙動がオタクという役作りサスガでした。
 終盤、電気街のエルメスを探して走るうち邪魔なジャケットを・・・シャツを・・・脱ぎ捨てていくと下にはロボットアニメのTシャツが!!
 付け焼き刃なお洒落を脱ぎ捨てて、本当の自分で告白する姿は情けないけど感動的でした。

 応援するネット上の人物達にもそれぞれの顔がある、という見せ方もオーソドックスで、安心して見ていられました。そして主人公の頑張りと成功が、励ました名無しさん達の人生も少し変えていくんです。
 いい話だわ。

 ところで、全く出てこない主人公の家族(同居)は、息子だの兄だのの変化をどう思って見ていたんでしょう。突然髪切って服買って、いそいそ出かけていくのデートに決まってるじゃん!
 そしてまた突然ごっそり食材持ち帰ってきて落ち込んでて。ずぶぬれで帰ってきたと思ったら出ていって浮かれて帰ってきて(笑)

 ネットの住人達が思わぬところで接点があったりしていましたが、電車くんの家族だってその一員だったかもしれない。そう考えると更に世界は縮まっていくのでした。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ