ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

中村獅童

「トットてれび」〜6 ☆☆☆☆

普通に描いても波乱万丈だろうトットちゃんの半生ですが、あえて5話は向田邦子6話は渥美清と、故人との交際を中心にまとめることでまた違った味わいに。
順調に徹子さんに似てくる満島ひかりからもう目が離せませんよ。

留守番電話つながりで見てみても、向田家の最新式(巨大w)留守電に何度も何度も連続で録音されてる徹子トークを、笑って来客に披露する場面があるからこそ、入り浸ってゴロゴロするだけの徹子さんが邪魔じゃないと思えるのだし(料理すらしてもらう一方w)、5話ではぐっと小さく内臓型になった留守録に残る渥美清の最後の声を何度も何度も再生する徹子さんの背中に、言葉にならない悲しみを知るのです。

それにしても徹子さん、連ドラで演じた役が超人気だったり、NYで充電という時期があったんだ……。
私には「ザ・ベストテン」の司会&「徹子の部屋」の人、既に色恋スキャンダルで騒がれる存在ではなかったので渥美清さんと熱愛報道なんて新鮮でしたわ。寅さんの新作を映画館で一緒に観るのが正月恒例、しかも本当にあの調子でお忍びでもなく堂々とやってこられたら目立ってしかたなかったでしょうねw 
それだけ仲がいいのに、決して自宅を教えない渥美清。
向田邦子の家のように『毎日』やってきてべったり居座られるのを恐れたのかw 堂々と訪問されるだけでも近所に目立つしw

亡くなる前、既に衰えていた時期に撮影現場で会ったのに病状を全く察知しなかった徹子さん。おかげで笑えて良い日になった……と喪服の奥様が感謝の言葉を述べてくれましたけれども。本人から『病気で具合が悪いんだよ』とは言ってくれなかったんですね。そういえば向田邦子が恋人を亡くしていたことも、あれだけ文字通り毎日会いながらも全然知らなかったという徹子さん(^^;;;) 内緒ごとや深刻な話題に向かない人なことを、皆承知の上で可愛がられてきた様子が伺えて、心温まりつつもちょっと複雑だったり。


「精霊の守り人」最終回 ☆☆☆

これこれ、これが見たかったのよね。
古代の知恵は口伝や祭りや歌の中にもしっかりと残されていること。

シュガが古文書を読み解いて8割までは解き明かしても、最後の詰めはトロガイが知る部族の言葉で簡単にわかることだったり。ラルンガが火に弱いことも、壁画にも描いてあるけど、毎年の祭りの踊りの中にちゃんと描写があるとタンダが気づいたり。そしてチャグムがついに産み落としたw卵を、海まで届けるのはなんと鳥。この辺、地下でシュガとトロガイのする謎解きと現場の気づきが同時進行で小気味がいいです。事件は現場で起こってるんだー!的なw 現場への伝え方がもちろん電話じゃなく、水盤から呪術でお知らせってカッコイイw

ただし、青く光る卵がカエルのそれ的に柔らかそうで……チャグムが投げた後、タンダがキャッチしなおして再投擲ー!って、ぐしゃっといかないのかドキドキ。そしてあの角度だと壁に叩きつけられる気しかしないのでハラハラw 頭上の鳥に向かって投げるなら、ちゃんと下から!運動会の玉入れ競争カウント時の要領で空に向かって投げてくれないと!
暴投でも、ちゃんとカバーしてくれる賢い鳥でなんとかなりましたw
一件落着〜


バルサの弟子になる!というチャグム。じゃあ異国にでも行こうか! と、仲良く連れ立という矢先に、王宮からのお迎え。
戸惑うチャグムに「ひと暴れしてやろうか?」と問うタンダw これはさせちゃダメだってそりゃ子供でも思うでしょー、姐さん暴れるなら問答無用で始めなきゃw 仕方なく
「タンダがいつか故郷に帰れるように」
と、皇太子に、王になると誓うチャグム。うんうん。いい子だ。成長したよね(><)でも「誰かの為に生きるのは愚か」「誰かの為なら、顔も知らないものの為に」と帝王学を諭すタンダも流石です。

王宮に戻ったチャグムの、王への挨拶はひたすら王を持ち上げる嘘っぱちなものに……これも生きる為(王の霊力でってより、王が強い手下をさしむけてくれたからって論調に最後なってて、あれれでしたがw まあ子供の言うことだから許して。それとも聖導師の台本かな)

そして長い日照りの後、例の祭りにて王&王子の祈りで降り出す恵みの……チャグムの卵が海に届いての、雨。
その雨に濡れながら、憎っくきカンバル王ログサム(中村獅童)に向かって櫛を投げるタンダなのですが。その攻撃、届いたのか?撃たれたのは誰? 来年1月までみんな覚えていられるのか?
この際、各シリーズ放映に間が空くのは、その間に原作を読んでおいてくださいね、というお願いだと思っておきますw

映画「銀の匙 silver spoon」 ☆☆☆

タマコが最高w 演じた安田カナさんを思わず調べちゃったw


同名人気漫画の映像化です。

豚育てて、肉になって、ピザ作って、御影の家でバイトして、失敗して、ばんえい競馬見て、駒場が去って文化祭して、うん満足だよ(原作では八軒が過労で倒れて文化祭に出られないので、映画ではみんなと楽しく参加できてなんか嬉しかったw)
物語はほぼ同じですので、視聴の目玉は原作に忠実なコスプレでした。常盤(矢本悠馬)も富士先生(吹石一恵)もよかったなあw 息子なんて、冒頭でクラスメート見てもういいやっていなくなったほどw

ラストが『親父と向き合ってみる』と決意しただけで終わってしまって、え?とはなりましたが、そこから先を描くとまた長いしねー。食や経済動物の死について考えさせながら、2時間でまとめるためには丁度いい描き方だったと思います。

良い青春映画。八軒とエゾノー仲間を好きになれたよね(^^)


しかしあえてツッコンでおくなら、進学校の描写がいまひとつ。

大好きな原作漫画でも、作者は農業高校には詳しいのですがむしろ進学校の描写が、そんなのあるかーいだったりするのです。この映画でも、勉強を教えてくれと言ってきた同級生を中学時代八軒くんは無碍に拒否。いやいやいや、だったら八軒に聞かなくても、教えたがりで余裕のある奴が絶対いるから。教えることで自分の理解も深まるし。でも、それはいいとして。

その後、周囲がどんどん問題を解いて八軒が動揺する場面でその同級生が出来ないと奇声を発し八軒も壊れるわけですが…うーん、そこでもっと辛いのは
『出来た!なんだ、分かったよ!』
と、自分の下だったはずのその子に先を越されることじゃないのかと。蛇足でしたw

「ビブリア古書堂の事件手帖」3 ☆ (←サトエリに捧ぐ)

うーん、キャバ嬢サトエリは魅力的でしたけどね。

それとドラマの物語は別。

推理があまりに強引でお粗末で、終始入り込めずにぐんにゃりでした。

定期購読の最近の分が読んでなくてなんだ!興味なくしただけかもしれないじゃんw


脚本というより演出がいちいち気になるんですよね。

サングラスをつけ外しするタイミング、原作と変えて良くなったとは思えないしw そもそも、スタスタと来店する様子を見せる必要はあったのかと。

別に、いかにも見えてませんと手探りで動けーとは言ってないですよ、原作ではカウンター直行こそが『本棚に目もくれずに売りに来た』的表現になっていて、なるほど本好きなら古本屋に入ったら用事は忘れてまずあれこれ物色しちゃうよねーと納得したものなのに。何が違うのかと読み返してみると、”本を売りに来た男の行動”が原作では伝聞でした。それが画像になっちゃうとやはり情報が多いからペンは探さずに持ったじゃんとか、違和感が大きくなっちゃうんでしょうねえ。


ちなみにサングラス、原作では字を書くときは外してるのに。逃亡犯がいるってオリジナル設定が入るから、かけっぱなしになったのでしょう。工夫が逆行してるw (本編を確認したくさせるのが目的ならめちゃ上手いのかも)


そういうところキリがないのでもういいけど、青木文庫が絶版本なことも淡々と説明する栞子さんにはがっかり。別人の様にはしゃいでよーw 「dinner」の江口洋介ばりに瞳を輝かせてよー。

AKIRAもこの程度の働きなら、いっそ雇われずに毎日職探しのついでに寄ってる設定でも大丈夫。


「私が読んであげる」と、

「ずっと前から知ってたよ」

は泣けるのになー。

原作が大好きなわけじゃないのに縛られていて抜け出せません(><)

「鍵のかかった部屋」2 ☆☆☆

BGMがうるさい(><)

地味な現場検証をせめて音で盛り上げたい様ですw


今回の密室はシャルル・ボイルの法則など駆使しまして(たった2、3度で扉開かなくなるんだ!)、密室にしたい理由もその日にしたかった理由もある、きっちりした密室事件でホッとしましたわ。 キャラクター的にも、密室だの完全犯罪だのを面倒くさがらずにせっせと準備する感じw 初回にはなかった納得感でした。

今回も大野君は不機嫌顔っちゅーか「魔王」を思いだす無表情。はまり役です。「体操のお兄さん」といい「怪物くん」といいあの手この手で不機嫌顔な役をどんだけ探してもらえるんでしょう、愛されてますねw
でもドラマを楽しく盛り上げてくれてるのは今回も佐藤浩市かなー、今期の助演男優賞が早くも決まりかもw そして高嶋政伸の悪い顔も印象的でした。

防犯のお勉強もできてお得なドラマです。
弁護士側と警備会社社員の大野君の今回の接点は『前回の報酬』としての相談。じゃあ次回はどんな理由づけが来るんでしょう。3回目はもう普通に知り合いだから?w


窃盗犯(中村獅童)と知り合いの大野君。解錠を習った師匠がいたのかも。その辺にシリーズの軸になる謎かなんかがあるかな??


「逃亡弁護士」1 ☆☆☆

犯人追い詰めすぎ(笑)
橋の上ビルの屋上と、自殺になりかねない場所で囲んでるの警察の人が無神経だよー。まあ運動神経のいい上地くんですから、本人にしろスタントにしろ安心してみていられましたけど。最初の病室から逃亡した場面、廊下の突き当たりで方向を変えるスローモーションがかっこよかったなあ。
 

物語は、冤罪逮捕から逃亡する弁護士成田(上地雄輔)が人生行き詰まった人に次々と出会い、法律の知識で彼らを助けながら、真犯人に迫るというまんま「逃亡者」ですね。
でも最初の恩人中村獅童が早速死亡で先行き不安です。毎回、知り合った人が主人公の無実を信じる→死ぬの繰り返しだったらどうしよう(><) 
「目を見たら分かる!」
が成田の決め台詞の様ですが、最初の被告も本当に冤罪だったかどうか……うーん、思いこみじゃないのかなー。新米だしね。 

イメチェン石原さとみが、殺された被害者(船越英一郎)の娘役でいい感じです。成田と仲が良かったのに。だからこそ『父を殺して逃げたユルセナイ!』となっていて、誤解を解くのが大変そう。次回へのヒキで早速出会っていて、さあこりゃどう騒がれるのかと期待(?)がふくらみます。

アリバイ、消えた証人だけが問題になってますが、直前の通話記録、発信受信地の記録はどうなのかなあ。

上地が弁護士ィ?という根本的な問題はありますが、そこを言い出すと不審者に平気で近寄る小学生女子だってこのご時世あり得ないわけで(ていうか警察!接触があった獅童の家族ぐらいマークしようよ)全力でスルーです。
『この前お父さんといた人だよね?』
ぐらいの切ないことを言ってくれるかとちょっと期待しましたが、そんな母親だったら元夫の死で大騒ぎになってるだろうし、うーん。

細かいことは気にしない姿勢で。

人気ブログランキング

「セクシーボイスアンドロボ」最終回☆or☆☆☆☆

 最終回やりたい放題(笑)。
『もうファンしか見てないでしょ?』と言われているような一時間でした。でも、そんな回に限って、いつも始まって2分でいびきかいていたツレが起きてる!!そして呆れている!!

 思えば一話の『殺し屋』で『記憶が三日しかもたない』ってのも突飛な話だったけれど、今回の『幽霊が見えて』『呪文で我慢する』ってのも、こちらから世界に入り込む努力が必要な話なんですよねぇ。
 そこが好きなんだけど。

 いちいち「これ誰?」「どういうこと?」「呪文??」という質問に、
「一話で死んだ人」「いいから見てて」「思いつきでしょ?」と応えながら、世界に没頭しろというのは、ちょっと羞恥プレイにも似て困ったものでした。
 でもまぁ彼に言わせたら、伏線のない「ホテリアー」に怒ってる私と、幽霊の話に必死でにやついたり泣いたりしている私は隠すまでもなく一緒なんでしょう。嗚呼。

 まぁそんな家庭の事情はここまでとして。

 ほんと不思議なドラマでした。
好きじゃない回もあるんだけれど、そこに生きるキャラにはぞっこんラブ。
そして松山ケンイチくんの魅力に徹底的に目覚めさせられてしまいましたよっ。素敵だ!
成長期の大後ちゃんをぎゅっと画面にとどめておけた価値もあるんじゃないかな。どんどん子供っぽい服が不自然になっていく。真境名と並ぶと、社長が黒着てるせいだけじゃなくニコが大きすぎ(><)後日談ならともかく、『子供』として物語に登場出来たのはぎりぎりな時期でした。

 で、ニコとロボと三日坊主が出会ってから、まだ3ヶ月しかたっていなかったんですよね。
その間にあれして旅してこれして恋して別れて停電して。かけずり回って他人のこと助けていたニコロボだったけど、やっとニコの目が自分に向いた最終回。

 ロボはもう、オレはこれで生きる!と決め、家族にも認められていたけれど、ニコは違って、どんな非日常を体験しても、学校ではおくびにも出さずに『普通』で……他人を基準に生活していたわけだから。
その集団の中でも、朱に交わらずニコでいていいんだ、と自信を持てたところで、めでたしめでたし!!

 正直、ロボとそれっきりなんて言われてショックでしたっ。
でも、「もう会ってない」と言っていたニコはまだ中学生のニコだったんだから、せいぜい半年後レベルの話なのかもしれない(笑) 学生の半年と、社会人の半年は違いますよね。
(出所してきたゴボ蔵が電話くれるよ、きっと。)

 地蔵堂は空き家になっただけ。そのうち社長とよっちゃんはもどってくるかもしれないでしょう?
例え話のなかとはいえ、大人になったスパイニコと、手下ロボ(笑)も見られたなら、それはもうきっとありそうな未来!!
      チャラチャチャーチャララチャラチャチャーーン ←テーマソング

 よく遊んだ、楽しかった、と言えるためには、金とか周囲への気兼ねみたいなことは死んだらお終いでどうでもよくて。自分だけは最後まで自分の味方でいればいいんだって。
これから進路を定めていくニコには、とっても大切な教えだったと思いますよー。
(例によって、あまりに直接的だよーとも思ったけどさ)
そして、それを実行して迷い無く生きているロボが、ダイヤモンドみたいにキラキラしてくれていたのは嬉しかったです。夢が醒めたらしょぼくれたオッサンだった、って可能性だってあるわけじゃない。
(自分が教えた呪文を、当の本人は忘れちゃってるってのも好きさ)

 『セクシーボイス』があるニコ(わー、最終回で使ってないよっ笑)に対して、技のないロボは無能にも思えたけど、実はいつでもしっかり地に足をつけて揺るがずに、事件を解決していたのはロボでしたよね??

 そしていつかニコに、正直な自分をみせられる本当の友達が出来たら、むーちゃんにも言えなかったことを話すことが出来るでしょう。
「笑わないでね、実はね、あたし……
   <voice returned> 
 スパイだったんだ!!」
チャラチャチャーチャララチャラチャチャーーン


   DVD発売告知がなかった……(涙)

「セクシーボイスアンドロボ」1 ☆☆☆

 ブラボー!!
堂々の主演女優っぷりです14才がっ!!

 声を聞き分けるだの声色が使えるだの、子役に負担かけちゃってーっと心配していたのですが、その辺の吹き替えが自然だった以前に、テレクラで知り合っちゃった莫迦男と渡り合う中学生のニコちゃん(大後寿々花)が、実に自然で可愛らしくしっかり者で、いやはや。
 萌え〜♪
 対する莫迦男ロボ(松山ケンイチ)も、ウザくて莫迦なところが彼女を引き立たせてGJ!

 ……”三日坊主”の記憶障害設定だの、
終盤「大人だっていろいろ抱えてる」だの、
お父さんの「もっと生きたかったんだ」だの、
説教臭さが鼻につくキライはなきにしもあらずですが、楽しめましたよっ

 実際、殺し屋三日坊主(中村獅童)の仕事は上手く行ってたわけで、止めたら明日から彼はホームレスか?と思うと、とても気軽に「殺しちゃダメだ!」なんて立ちふさがれない。その辺がもう私、死ぬのがコワイ大人なんだ。
逆に、銃口を前に「私がおばあさんになったら」と言えるほど、ニコは自分が死ぬと思ってないんだ。

 見終わって、ついつい口に出ちゃいました。
『若いっていいなぁ……』 うわ、年寄り臭っ

 ロボの家で、ドラマロケに映り込んだ三日坊主を見て泣くニコ。
心を許した特別の絆が出来上がったのが分かってドキドキ。
(その前にロボもニコの前で泣いていたけど。あいつはどこでも泣いて叫べそうだからね)

なんかこう…。「瑠璃の島」で竹野内豊の胸で泣いた瑠璃ちゃん然り、年の離れた危うい友人関係にはちょっと萌えたりするのですが……ロボ……どこが大人なんだオマエ。自分の娘なら絶対に近づけない(^^;;;)
かすみお姉ちゃん(村川絵梨)、もっと追求しなくちゃダメだよーっ この先、恋愛モードにいったりするんでしょうか。
それなりにこいつも成長していくんでしょうか。

 とりあえず目が離せません。リピートしちゃいそう。

映画「いま、会いにゆきます」 ☆☆

 ・・・悪い女に騙されている様にもみえる(^^;;;)

 やっと見ました映画版(2005/12)
これをきっかけに結婚する主演ふたりと美しいひまわり畑。うーんロマンチック。

 2時間にぎゅっと凝縮されて、時間軸のほころびは変わらないものの分かり易さ入り易さではなるほど、こちらの方が上かも知れません……という具合に、どうしたってドラマと比べて見てしまいます。
 澪の母が出てこないことと、診療所の先生(小日向文世)は映画の方がしっくり来ましたが、澪が後を託すのはドラマ版の様に、親友にの方が自然かなぁ。

  ドラマの巧@成宮くんの中性的でいかにも無害な見かけと比べると、映画の巧@中村獅童はそりゃ、男臭くて挙動不審。いくら子供もいて2人きりじゃないとはいえ、記憶のないまま泊めてもらうなんて結構勇気いるかも。
 そして気の強そうになった澪@竹内結子(笑)。
ちゃんと回想シーンの少女も似たタイプになっていて
『いつも何かに怒っているような』
の解説に大ウケ! だよね、だよね~。

子役とのキャスト入れ替わりのタイミングも違っていて、初々しい初めてのデート、ポケットの中で手を重ねる同じあの場面が……映画では20代後半の人達でだったのは困りましたよ~。2人とも、そんなことでためらう風に見えないのよーっ

  でもその分キスにはドキドキしたし、6週間の再会の間にちゃんと2人、結ばれているんですよね~キャーっうん、これはポイント大きいかもしれない。


 そして帰還後、自信満々であいお君を呼び出す澪。ぷるぷると震える、子ネズミみたいになってる巧(^^;;;) 

下世話な話、この時点でキスもしてないハズの2人。巧君童貞だろーなとか思うと、いかにも世慣れた竹内結子に見事はめられた気がしてしまいます。

 8年後可哀想にも死んじゃうのはそりゃ澪だけどさ、コブ付で配偶者に先立たれる巧君の運命もやっぱり可哀想で、しかも彼には選択の機会が無い!!


  ゆうじが大人になって届く、多分澪からの最後の誕生日ケーキ。

和やかな食卓を準備する2人。素敵なラストでしたけど・・・20才の澪が別の選択をしていたら、別のお母さんと3人でいられたのかもしれない。

こんな、ドラマ版で思わなかったひどいことを考えてしまうのは何故でしょう~。


 初めてのデート後のやりとりが少なくて、都会の大学で暮らす澪@竹内結子が、田舎でくすぶるあいお君を好きでいるとは全然思えなかった為でしょうか~。


「丹下左膳」 ☆

 「姓は丹波、名は左膳」かっこい〜獅童くん!
 でも、”My name is SazenTange"と英訳が入るのはいかがなモノかと。

 なんかアレですね。白黒の画面で知らない俳優さんが時代劇してると疑問わかないのですが、和装のともさかりえに
「おぉう、ばっさり斬ってくんな!」
と啖呵切られるとおかしくって。おまけに、ひとつひとつの掛け合いが無駄に長いんですよ。
 その点、いっけいさん演じる小者は何故か安心して見ていられました。
 走り出す前にぴょんと上に飛んだり、手を揉んだりする動きの様式美!(笑)

 主役は確かに丹下左膳ですが、出ずっぱりのいっけいさんが実は座長なのかも。
 時代劇好きだったお爺ちゃんの感想を聞きたかったです。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ