ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

中村ゆり

「ただ離婚してないだけ」〜最終回 ☆☆

 うわ破水、怖ッ!

 あいつらを殺そう、と多勢に無勢の戦いを決心した柿野夫婦。火炎瓶を自作してみたり、家中の刃物をかき集めて吟味したようなのにやっぱり料理用の包丁を選んで、マットレス相手に自主トレしてみたりw  負ける気しかしません。包丁なんて、片刃だわ薄いわ、握りと刃の間に鍔も無いから自分の手を怪我するんだってば。サバイバルナイフでも買おうよ。

 とかツッコんでいる間に当日になり、待ち合わせ場所近くまで乗せてきた雪映(中村ゆり)を車に残して、大荷物の正隆(北山宏光)は歩き出します。一億円と見せかけて、危険物満載のスポーツバッグ。……しかし、ランボーばりに身体に巻きつけでもしておかないと、ジッパー開けてゴソゴソと刃物出す間、奴らは待ってくれないのではw やっぱり負ける気しかw
 夜が明けても戻らない正隆を、なぜか徒歩で探しに行く雪映さん。いや大きなお腹でヨタヨタと……車で行こうよ車で。 しかし目指した工場には遺体どころか争った気配もなく無人。絶望に彷徨う雪映の耳に届いたのは、巨大スクリーンから流れるニュースの

「柿野正隆容疑者(35)が、横浜北警察署へ出頭しました」
バッシャー   ← 途端に破水し、大量の羊水が路面を叩く音

 あの柿野製薬関係者が殺人。時期的にも賄賂贈ってた頃でもあり、確かにニュースバリューありますわ〜。そして破水は、それだけのショックを受けた、ということにしろ、もうびっくり。

 雪映の手前、戦う準備を装いながらも正隆の気持ちは自首に決まっていた様ですね。そうよね、勝ちめ無いものねえ。というか、もっと早く警察に駆け込む可能性だってあったでしょう。一億円を請求した側は、夫婦に見張りをつけておくべきでしたよね。 
   その正隆の背中を押したのは、父の遺言。
覚えてきたから言うね、って弟君……正隆抜きで遺言を開けるとかありえなーい、個人資産も本当は半分こじゃなく『正隆に全部譲る』と書いてあったかもと揉めかねないやり方なんですけど、まあいいや。
ちゃんと謝罪もあって蟠りが解けた上での
「偽りなく生きてくれ」
が、罪を重ねた男の胸に響いたんですね……。父も草葉の陰で仰天でしょうw 伝えた弟さんも、自分の収賄罪で執行猶予以上の罪状を兄が隠しているとは、まさか思わなかったでしょうしねえ。恨んでいた時よりもダメージ大きいことされているのが皮肉ですw

 で、遺産相当の5億円をスパッと萌弟に贈与。
うわー!多すぎるー!未成年にそんな大金、悪い仲間に毟られる! もらっとけと言ってる刑事(甲本雅裕)だって信用できないので、信託にでもして毎月受け取りにしなかったら、あっという間に使い切って贈与税支払う分すら残らない気がしますー ! そもそも小切手の使い方も教えてあげないと。
   それに一億ぐらいは雪映と子供に残しておいたって良かったのに。それは罪と穢れを引き継ぐことになっちゃうわけ?

 面会場面での子役ちゃんが人懐こく、仕切りのアクリル板に手を伸ばす様子が可愛い可愛い。あのストレス地獄の日々を胎内で体験し、流産もしなかった丈夫な子よねー。 
 というか、雪映が全く罪に問われていないって。萌(萩原みのり)を埋めたのも、掘り出して運んだ時も、1人だったと主張したのかな正隆。そして佐野(深水元基)…?
 佐野監禁は、しなかったことになっているのかな? もしもしー?

 1話冒頭の後悔のセリフが最終回にまでずっとずーっとリフレインし続け。、最後も
「ただ離婚してないだけ」
と夫婦で声を揃えてタイトルを唱えての終わり。原作がそもそもそうなのかもしれませんが、きっちり作り込まれたドラマでありました。
 ただ離婚してないだけ、夫婦というより同居人だよと自嘲を滲ませた1話での言葉が、最後にも生きてくるのねー。もう2度と会う事はない!と絶縁の宣言はしつつも、正隆が送った記入済みの離婚届は破って捨てる雪映さん。子供の父親として戸籍では繋がっていて欲しいのね。で、私たちは夫婦、ただ一緒に住んでいないだけ……でなくただ離婚していないだけ? ん? 意味が通じなくない? なのにシリアスに唱えられると押し切られてしまいます。

 まあいいか、それぞれに2人、幸せなら! 

「ただ離婚してないだけ」11 ☆☆

 捕まっちゃってたんだね佐野(深水元基)……。
束の間の自由から、命の綱の盗撮データも取り上げられての拷問に口封じでした。合掌。

 一方の、絶望の逃避行で海に向かったらしき柿野夫婦。佐野死亡の報道を受け、訳が分からないままに普通の暮らしに戻ってこちらも、束の間の幸せを味わうのでした。
 ここで分からないのが、そのニュースに金貸し(杉本哲太)は笑っていたこと。適当な死体に佐野の名刺を持たせて警察を騙したそうですが……焼死体に? 本体で身元確認ができない損壊遺体の横に、読めるぐらい焼け残った名刺がそっと置かれていたら怪しくないですかw  挙句に、本物の佐野も同じように焼いちゃうとは。今度はこっちに別の身分証を添付して、ぐるぐるとアリバイが確保されているのでしょうかね。

 その間にも病んだ萌弟は、街中で正隆(北山宏光)に斬りつけます。 あーあ。法が裁くのなんて待てなかったね。

 そしてついに!柿野家に乗り込んできた金貸し御一行様が、萌を掘り返している写真で脅し、要求額は一億円! いくら縁を切ったつもりでも、正隆の柿野製薬とのつながりが期待されてしまいます。でもこういうの、払ったからって収まる保証はないわけで。
「殺すしかない」
と、決意を新たにする雪映(中村ゆり) ついに主犯になっちゃうよー。 殺害に慣れた金貸し相手に、窮鼠猫を噛むのか? 包丁以外の手段を用意していて欲しいものですが、さて。 

「ただ離婚してないだけ」10 ☆☆

「雪映は変わった……」
って、当たり前でしょうが、君のせいよ?
正隆(北山宏光)ってきっと、この監禁がなくても赤ちゃん産まれてきたら、必死で子育てする雪映(中村ゆり)の横でぼーっとしながら同じこと言ってたよね。なんで他人事なのかな、ムカつくー!

 さて佐野(深水元基)が逃亡。
一回拘束を解いたのを見たなら、もうプラの結束バンドを使わないなり、縛り方を変えるなり、工夫はいろいろあるでしょうに、そのまんまで何度も逃亡を許す夫婦。詰めが甘い、甘すぎる……!そして白昼、家の近所で追いかけるのに包丁剥き出しで走り出すってorz  そりゃ近所の奥さんも叫ぶわ。

 というわけで、産科の検診で揃って留守にした間に
☆拘束を切断 →  タバコで一服 → 着替え
の佐野、忘れ物を取りに来た雪映に見つかり電子レンジでお仕置きw  でも握り込んだライターでまた
☆拘束を切断 → 早朝の町にふらり →   不審者扱い
追いついた正隆が馬乗りに。雪映が包丁で脚を刺し、車のトランクに詰め込みますよ。気絶してても無理そうなのに、暴れる大男を?? お腹蹴られたら大変なのに。しかも、山行きじゃなく家に戻るの? あの外階段を登らせて? 嫌がって暴れるのを家でも2階まで? (撮影現場でも、これ無理だよねって言ってそうw)  更には広げられたシートに殺意を感じて「死にたくない」と必死に抵抗する佐野。そりゃそうでしょうよ。スタンガンはどうしたの。挙句
☆窓から飛び降り →  再度逃亡
同じく窓から追った正隆は脚を挫きましたとさw

 見ていて、もっとこうしたらああしたらと拘束や殺し方を考えてしまいます。佐野だって、逃げる時ライター置いていくぐらいなら火をつければいいのに等々。それってどうなのか私w   冒頭ついに家に警察が来て、あからさまに疑われていてすら『水も食事も与えずに衰弱死させよう』とか言ってる柿野夫婦、あくまで手は下したくないって、実はまともなんですけどねえ。最初の殺人だって事故なわけで。あの時点で救急車呼んでいればねえ……。

 そしてラスト、3度目の正直で逃げ切った佐野。血染めのランニングにオムツでふらふらと自由を謳歌していると、すれ違う窓にシート貼ったハイエース。さあ、金融さんに捕まってまた絶望のどん底か?と思いきや……佐野は丸無視で柿野家前に停まりましたよ。気づかなかったはずはないのになあ、より金を取れる、柿野製薬御曹司を前にして佐野はもう眼中にないのかもです。
 次回最終回?どうなっちゃうのー??

 そういえば、佐野に渡すはずでかき集めた借金はどうなってるんでしょう。速攻返してきたのかな。
あとどうでもいいっちゃいいですが、佐野が使った道具はピンセットでなく毛抜きでしたね。 

「ただ離婚してないだけ」8、9☆☆

 飼っちゃったか……佐野(深水元基)をorz
そしてやっぱり臭いのね。この家匂うよお姉ちゃん、ってそりゃそうでしょう〜!埋めた死体だけじゃない、大の大人を幽閉している部屋だって絶対臭いから!

 身内でも前回は言い出せなかったらしい妹さん(西川可奈子)まともだ…。それだけに玄関で見送るまで妹も殺されちゃうかとハラハラでした。 
 市役所の人も苦情対応で現れて……家の中じゃないな?と、例の裏通路をチェック。問題の場所に積まれた大量のゴミ袋(佐野のオムツもきっとここに…)をかき分けて……ちゃんと捨ててください!と当然のことを言い出すまで、またこの人も殺されちゃうかとハラハラ。まあ、その下に遺体が埋まっているとまで疑わないのが普通ですよねw

 遺体を移そう、と決心する夫婦。
身重の雪映まで、マスクも無しに悪臭に耐え掘り起こし、車に積んで、長々ドライブで山奥まで運んで穴も掘ってまた運んで埋めてって、どんな重労働だよ!と憤りつつ。 埋めた場所に美しい萌(萩原みのり)の幻を見ちゃう正隆なんだから……、そりゃ雪映も言われるまま家でお留守番なんて出来ませんでしたよねw  幻といえば雪映も負けずに繰り返し見ているのが、リビングで遊ぶ幼い子供…優しく見守る正隆。切ないよ、もう。

 そこにやっと、やっと現れた警察が、今までの誰にも増してガラが悪いのが笑えますw  さて解決の糸口になるのか。既に遺体はないもんなあ。

 で、幽閉と度重なる虐待で大人しくなっていた佐野ですが、実はそれは油断させるため?  こっそり握り込んだ器具で手首の結束バンドをまず1つ切断。夫婦の遺体運搬作戦を部屋にあったカメラで撮影しほくそ笑む気概をまだ捨てていませんでしたよ! 後ろ手に窓下を撮影とは器用でしたが、カメラ落として気づかれるようなこともなく。でもじゃあその証拠持って逃げるのも、念のための出発前スタンガンで朝まで気絶してしまい叶わず。このカードはどう活きてくるのか? てか生き延びられるのか佐野?
 実は、8話、「俺が」と雪映を制し佐野を始末に向かった正隆が、包丁を握りしめていた場面でめっちゃ冷めたんですよ……。そこは紐だろう〜せめて意識ない時にしろや〜ってなりません?
包丁は、どの家庭にもある咄嗟に持ち出す刃物であって、計画的な殺害向きじゃありませんよね。まして、縛られているとはいえ喧嘩に慣れた長躯の佐野に、正面から刃物を見せて近寄って背後を取って首を狙うだあ?必死に暴れられたら、それこそ正隆が自爆の可能性も←萌がそうだったじゃん!
 その辺を気にし出すと、山奥に埋めるのもね、よそ者が思うほどそこは奥地かな、とか。森の土、根が張ってて穴なんて掘れないよ? とか。身元の分かる衣服剥いで急流に捨てた方がマシでは、とか。また色々思うところはありますがw  とりあえず気を取り直して、ハラハラを楽しんでいますw

 ラストどうなるんでしょう。正隆には相応に償ってほしいし萌弟(北川拓実)の教育費もどうにかなって真っ当に育ってほしいです。そうか雪映が萌弟と暮らして導きながら子供を育てるとか? うーんw 惚れてまうやろそれは〜。

「ただ離婚してないだけ」7 ☆☆

 だから救急車!呼べって!!

 柿野父死去。
恨んで、危篤でも腰が重かったのに。自殺未遂の雪映(中村ゆり)も入院してたのに。やっぱり富山行きましたか。そして『最後まで呼んでいた』だの、弟社長から涙の謝罪で、わだかまりが溶けてしまうちょろい正隆(北山宏光)です。

 そんなこんな、恐喝相手佐野(深水元基)と連絡が取れない間に住所がバレましたよ。佐野は佐野で借金でヤバいので必死。乗り込んでくるなり大暴れで、挙句
「殺したな?」
と、金払いの良すぎるウラを読まれてしまいます。あーあ。
しかし、それを階段で詰め寄るもんだから、突き飛ばされた弾みで頭を打って……息があるのに、正隆はまた救急車呼ばずに拘束!起きて暴れだしたら、なんと雪映が熱湯攻撃……からの顔踏み💦 覚醒しちゃいましたよ〜 胎教にも良くないよ〜

 萌(萩原みのり)の時以上に、
『知らない人が、突然来て暴れて』
と、正当防衛を主張できる状態だったのにな。

 ああでも、もし落ちて即死で通報したとして、ウロウロ現場検証されるのがもう、萌の遺体や血痕見つかりそうで嫌なんだもんね……
 萌の隣に埋めるんでしょうか。そんなキャパ無いのでは
 しかし萌弟(北川拓実)も既に警察に。捜索願いが出たんでしょうし、佐野は新聞紙営業所で柿野宅を聞いてるし。
警察が来ますよね、どう切り抜けるのか柿野夫婦?

「ただ離婚してないだけ」5、6☆☆☆

 飛んで火に入る柿野さん。正隆……マジ使えない……。
雪映妹(西川可奈子)にも全力で嫌われていて、そうだそうだーと同調してしまいましたw

 冒頭の独白がなんと、そっくり同じ台詞で雪映(中村ゆり)のターンに!
「私は孤独だった。
 もう2度とつらい目にあいたくなかった。
 ただ、それだけだった。 それだけだったのに……

 正直、正隆(北山宏光)にもピンと来なかった繰り言が、雪映だと更にしっくり来ません。これがハマるのは、萌(萩原みのり)なんじゃないのかな? 働き盛りの男が日がな一日2階の窓から外を眺めて虚無の眼をしてる、そんな正隆に惚れちゃう淋しい女、萌。でも死体に語られるのは怖いデス。

 殺して埋めた衝撃が薄れ自首も諦めると、心配になるのは事件の発覚。産婦人科では、姉はどこだと弟(北川拓実)が暴れ。しまってあった萌のスマホを取り出せば安否を問う着信の嵐。これはヤバいですねえ。
 雪映の折り合いは
『正隆さんの子供とは限らない
 誰とでも寝る、殺されても仕方のない女だった』
と唱えること。共犯者として正隆と生きていくならそれぐらい正当化ができないと心壊れちゃうものね……。
 そうもいかない正隆は。
黒づくめで新聞社の様子を伺うって、逆に目立ってますよw不審者w  更には萌が働いていたガールズバーに、何故わざわざ行くー!!(犯人は現場に戻る、の類なの?) せめて知らんぷり新規客でいればいいのに、萌の苗字は出すわ、カウンター嬢(大原優乃)とライン交換はするわ。
「ずっと会っていない」
と言うほどに怪しいでしょうが! もっとダメなのは、なぜかポケットには萌のスマホ! 音も消さずに!!バカか、バカなのか?
欠勤の萌に元カレオーナー(深水元基)がコールすると、カウンター客のスマホが鳴りだし、切ると黙るw しかもライン交換でバレた名前は、萌宅で見つけたメモと同じ! (嫌がらせ無言電話の時のw)

 追いかけっこの末に萌スマホはオーナーの手に渡り。まさか殺したとは思わずとも事件の匂い。借金まみれのオーナーが脅迫電話をかけるには十分ですねw
 雪映の勤務先に押しかけて騒ぐも「柿野先生」の顔も知らず。
「全部分かってるんだ」
だなんて見え見えのハッタリに、金を払うと応じてしまう正隆。やっぱりバカなの?  ちょっと脅したら一千万円支払いを受け入れる金蔓を、一度で逃すわけがないでしょうがー! せめて値切れ!

 あんな浅く適当に埋めて一ヶ月、虫は集まるカラスはほじる、異臭もするはずですがそこは置いといて。
 正隆が金策に走り回る間、耐えきれず萌弟に会いにいった雪映は。望んだような萌を責める答えは手に入らずに。むしろ『正隆が孕ませて捨てた』確信と、保護者を失った彼の未来まで背負い込んで(ゴロ寝の不良だったくせに、急に「大学に行って、姉孝行したい」とか言い出す!
 自宅庭に倒れていたのは、……?? 自殺??

 駆けつけた救急隊が、庭の異臭に気付いて通報する展開は、まあないんでしょうねえw  でもそろそろ警察が来るのでは?
 折しも柿野製薬は収賄がバレて大変な苦境。その裏をスクープできたら金になるってよ?恨みしかない正隆なら、それは願ったり叶ったりなのか。流石に踏みとどまるのか? 

 萌と弟が暮らしていたアパートの、窓に貝のモビール。箱根旅行土産、お揃いで買う?とはしゃいだ萌を思い出して視聴者の胸は痛みます。うう。

 昨日からめっちゃはまってますが、最後に正隆にどうなって欲しいのかなあ……。死んでいいい人だった感じで終わるのはやめてねw 

「ただ離婚してないだけ」3、4☆☆☆

 いや、埋めちゃダメ!
「なんでこんなことに……」
と、1話からずっと正隆(北山宏光)が呟いていましたが、「なんで」も何も全部お前のせいで、もう。奥さん可哀想に。

 堕胎するなり音信不通はダメでしょう……。しかも自宅も妻の顔も知ってる相手に。「別れた」と正隆は言うけれど、話し合いも無かったよ?? なんと堕胎の産婦人科は、雪映(中村ゆり)にもかかりつけ。すっかり病んだ萌(萩原みのり)と、やっと妊娠し喜ぶ雪映が鉢合わせで……その夜、押しかけてきた萌と揉み合い惨劇は起きたのでした。

 嗚呼……。

 あえて正隆を擁護するなら、原因はもっとずーっと前。血を引く弟を次の社長にと決めていたなら、そもそも正隆を柿野製薬に入社させちゃダメでしたよね、お義父さん。自分を飛ばして弟が社長になり、居場所を無くして退社した正隆は荒れ、呑んだくれ、女を漁り……。で、ここに至ると。
 そんな正隆に耐え支え、子供さえできればと夢を見て、流産は自分のせいと謝りまでしていた雪映にも責任の一端はあ、ある?あるの?
救急車だって呼ぼうとしたよ?でも埋める一択の正隆に屈してしまった雪映が悪いの?いやいやいや……。

 そして「普通の生活をしろ!」と送り出されて一日必死に教師として働いて、帰って料理までして。肝心の正隆は魂が抜けた様。貴方も普通にして!とキレる雪映さん。やっと怒り方が分かったのね……。そうだよ、こんな奴に我慢しちゃダメだったのよ!

 待望の赤ちゃんだったのに、堕胎手術を予約して(涙) 派出所の前で戸惑いながら思い出すのは、社長になる為に頑張っていた若き日の正隆でしたよ。切ないわ…。今その人、萌の白昼夢を観ながらゾンビの様に街を彷徨っておりますよ。

 結局警察には言い出せず、また普通に食卓を整える雪映の前で子供の様に泣き出して、やっと謝れた正隆。抱きしめて赦し、妊娠を告げる雪映。
 う、うん。聖母だね。妻の母親扱いキツいわー、お腹の子は産むことになるのでしょうか。
夫婦の間ではこれでひとつ何か決着がついたのでしょうけれど、殺人の罪は全く許されないからね??

 救急車呼んで、知らない女に襲われたー!と言っておけばねえ。状況は正当防衛。後日、正隆との関係はバレたとしても奥さんは被害者のままでいられたでしょうにねえ。一緒に埋めちゃったらもう、発覚したら教師ではいられませんよね……。
 と、気を揉みながらもずっと、雪映のサラサラヘアに見とれていました。死体埋めても、寝不足のまま仕事でも、もう耐えられない!と正隆にキレても、いつでもサラサラサラ、美しい。

 

「ただ離婚してないだけ」1、2☆☆☆

 血に染まるリビング。え、そういう話??

 フリーライター柿野正隆(北山宏光)は、生活の全てが不満で目が虚。新聞勧誘員萌(萩原みのり)を連れ込んでの浮気も、行為は激しくとも楽しそうではなくて。
 正隆との子を流産して以来、次の妊娠を熱望する妻雪映(中村ゆり)とはすれ違い。実家柿野製薬は大企業でも、母の連れ子だった正隆は義父に疎外されて育ち「家族」と向き合えないでいるのだとか。
そこで萌に妊娠を告げられて……。
 と、物語は流れていますが、顛末が先にバラされていて、1話で大流血、2話では死体を埋める正隆、泣きじゃくる雪映。ってことは、埋められてるのは浮気相手の萌?? でも既に堕胎もしたのに、殺すほど揉めますか??

 実はちょっとだけ原作を読んだことがあって、その時点ではどこにでもありそうな不仲な夫婦の話かとばかり。ところがドラマでの雪映は美貌の中村ゆりな上に妊娠で夫婦を立て直そうと必死。萌は萌で複雑な家庭を支えつつ本気で正隆が好きだと分かると、不倫好きの尻軽ってわけでもなくて……うっかり応援しそうにもなるのに、でも死んじゃうんだよね??そしてなんでこのクズがそんなモテるんだよ正隆は、御曹司でしたけどやっぱりクズだよー!
 だらだらと浮気や夫婦喧嘩が続くんだろうという先入観で録画溜めたままだったので、1話再生して2秒でびっくりでしたよ。もうちょっと見ます。
しかし、久しぶりに深夜放映の意味があるアダルトなドラマ💦 アイドルがこんなの良いんでしょうか。ファンサになるんでしょうか💦

「今夜はコの字で」11,最終回 ☆☆

 憧れの恵子先輩(中村ゆり)が、彼氏(竹財輝之助)と抱き合う現場を目撃してしまう吉岡君(浅香航大)がーん。

 元々、世界を飛び回る彼氏のこともイタリア行きの予定も聞かされていたらしく(とびとび視聴なので推測)嘆きつつも腹をくくり、自分で開拓したコの字に先輩を呼び出して
好きでした!でも新天地に行く先輩を応援します!!(要約)
と大告白&卒業宣言。よく言った、成長しましたよ!
でも実は先輩は……、まだ日本ですることがあると、彼氏の誘いを断っていたんだそうです。おやおや、イタリア行きだけさらっと否定して、吉岡くんの告白はスルーなんですね!生殺しとはまさにこのことw
 コの字酒場はまだ全国に300はあるそうで。続編作るに十分な数字かどうか知りませんが、何度続いても恵子先輩には笑顔でするする~っと逃げていかれそうですねw

 お目当ての竹財さんは、無精ひげに小汚いリュックで突然帰国したカメラマン氏。
「イタリアにコの字はないからな~」

と恵子にふられても笑顔で去っていきましたが、バルがあるのにね。

(2020年6月テレビ大阪放送分を視聴しましたが、BS放送冬ドラマにまとめて登録。「冬ドラマ」総括に入りませんが悪しからず ^^)

「今夜はコの字で」2 ☆

 また出た、実在店紹介系ドラマ。柳の下にドジョウが群れていますねえ。

「コの字」とは、三方カウンターを見立てた言葉。つまり、カウンターのみで店主や他の客とも会話せざるを得ない、古いタイプの居酒屋が舞台なわけです。今時、流行らないよねえ。でも、そんな店で飲みたい夜もあるでしょう。
 ドラマ内では、主人公吉岡(浅香航大)が後輩の愚痴をたれ、憂さ晴らしにと訪れるのがコの字。憧れの恵子先輩(中村ゆり)に、毎度オススメのコの字店を聞いて、お近づきになりたい裏もあるようですよー。うーん、それでもコの字限定縛りに無理があるw
「ワカコ酒」のぷしゅ~に当たる見せ場(?)が欲しいかな。


「ポイズンドーター・ホーリーマザー」4 ☆☆☆☆

 そうきたかー!親友とは!

 脚本家を目指し、成功を熱望する漣(さざなみ 中村ゆり)の目の前で、登りつめていく冴えないライバル大豆田(まみゅうだ 山田真歩) 辛いわ……。
 3話の殺人がニュースで流れたり、1、2話で映画化が話題になった官能小説や、ヒロイン弓香が主演した映画「ホーリーマザー」がでてくるなどの、リンクがちょっと嬉しいです(^^) そして大豆田は脚本を担当した映画の監督と結婚し、それがなんと「ホーリーマザー」の薮内監督。映画は海外の大きな賞を受賞してましたよ。ということは弓香も授賞式に? よかったね弓香!
その他、コラボじゃないけどクスッと笑ってしまったのが、新進脚本家が企画したゾンビドラマ。漣や懇意のプロデューサ郷(和田正人)はこき下ろしますが、今年はゾンビドラマ流行でしたよね。時間差のある原作の時点でそれを見抜いていたとは、湊かなえの先見の明が凄いです。そして何でも分かったつもりでいた漣と郷の作品は、ヒットしないんですよね……。

 失敗しろ、消えろ、と大豆田を呪いながらも、親しげな助言メールは送り続ける漣が怖かったです。しかも中身は郷が『あんなのダメ』と言ったまんまの、冒頭から血がブシャーっと人が死ぬ系w また言われた大豆田が素直に書いたブシャーが採用されて、その後彼女が自信を持って脚本家として活躍するきっかけになってしまうとは、超皮肉でした。
でも、そんな光り輝く目標がいたからこそ、家族にすら応援されなくても書き続けられたんだと強く思う漣。実際の交流は多くなくとも、彼女大豆田こそが『親友』だった、と綴る漣の日記は胸に迫るものがありました。

 花束を持って空港へ向かう漣、凱旋帰国する薮内監督&大豆田夫人。血相を変えて大豆田に体当たりする漣、刺さる音、周囲の悲鳴……。

 どー見ても漣が大豆田刺しに行ってますけれど、湊かなえですからね。
他にも大豆田を憎んでいた人物がいて。漣はとっさに守ったんです、親友を。憎んで、蔑んで、でも憧れて、ああなりたかった親友を。あらやだ、ちょっと泣けてきたわ。

 破綻なく書けるけれど個性がなく、愛想がよく器用で便利に使われてしまった漣(なんならその美貌も、郷に消費されてしまって損でしたよね……)その死をきっかけに世に出ることになる遺作の脚本は、どんな話なんでしょう。次の話にリンクするのでしょうか。 

「パーフェクトワールド」8~最終回 ☆☆

 結婚おめでとう~お幸せに(^^)
美男美女の正統派ラブロマンス、むしろ月9見ている気分でしたよ。

 倒れた資材に挟まれた樹!身動きとれずにいたら、尿毒症で最悪死亡だとか。 初期ではむしろ漏らす不都合が描かれていましたが、排尿が不随意だと逆の問題もあるわけですね。それは危険。
でもそんなことは知らずとも、まず矢も楯もたまらず樹の安否を確かめに走るつぐみ←洋貴だってそれでつぐみの為に東京から駆けつけているのに、助手席の葵さんとだけ電話して切ってしまうってorz 更に渋滞に耐え、翌朝避難所に辿りつけば……樹の寝顔のクロッキーbyつぐみ
そんなこんなずっとだだ漏れなので、つぐみが破談を言い出す頃にはもう当の洋貴ですら、じれったい早く言えよ状態に(^^;;;;) 1話から分かってたけど、可哀想すぎる~ 葵さんとは、その東京→避難所&振られた同士でぐっと距離が近づいて、たまに近況報告。でも恋仲にはならず、ホッとしましたよ。いつかいい人いるよ洋貴くん、いっそ自作のヒットアプリで出会えるかも(そのアプリで自分とつぐみ、樹とつぐみを診た結果を教えて欲しいぞ)
 あの地震がなかったら……とりあえず洋貴とつぐみはそのまま挙式したでしょうが、また会えば再燃してしまったかも。ヘルパー葵さんだって樹を愛したまま結婚して、やっぱりダメで離婚しましたもんね。自分に嘘をついてはいかんですよ。

 親の反対は、お父さんの発作で和解に。
居合わせた樹に助けられ&自分も車椅子生活とリハビリをして、思うところあり……めでたしめでたしです。

 しかし『めでたい』表現に、樹母(麻生祐未)とつぐみ母(堀内敬子)の交流をそう何度も映さなくてもと思ったり。洋貴母と会ってたっていいじゃん(涙)
同様に、楽しくドラマ見ながらも消化できなかったのは美姫の存在。
「今度こそ、諦めないで」
って、どのツラ下げてお前が言うのかと。樹ほど好きじゃないけど結婚した旦那とは上手くいってますか?
長野に知り合い女子が一人いてバリアフリー住宅につなげたかったなら、学生時代は遠い人だった美姫じゃなく、美術部の友人でも出せばよかったじゃないですか……。

 さておき、若者が幸せになるのは気持ちがいいですね。次は妹さんかな、そしてもうお父さんは平常心で受け入れそうw

「パーフェクトワールド」~7☆☆

 地震!樹(松坂桃李)は足場の下敷きに!!
ああ、これきっかけで復縁だろうなあと半分満足しちゃってるのでとりあえずここまでの感想をw

 君を不幸に出来ない!と、仲違いでもなく外圧で一旦別れる二人。無理しすぎてたのはあるのよねえ……。
退職して実家に戻り、インテリアデザイナーとして長野で働き始めたつぐみ(山本美月) 妹(岡崎紗絵)と暮らしていたアパートの空き部屋には、なんと洋貴くん(瀬戸康史)が入居です。って、え、いくらつぐみ愛を公言してる幼馴染でも、それって!親も公認って!密かに洋貴くんラブな妹とくっつく兆しか~と思いきや、めげない洋貴のプロポーズに応えたつぐみ、結婚承諾しちゃいましたよ!(それきっかけで、妹と義足の彼が急接近)
以後、しょっちゅう長野につぐみを訪ねて来る洋貴くん。いや前からかw 愛だよね。そしてお芝居の切符が~とデートは東京なのも長野県民的に普通なのかもですが、路チューは元カレの生活圏外でにしましょうよ……。ついに初キスの二人を、見守ってしまう樹。切ないわ偶然が過ぎるわで困りますって。それならいっそ、樹をたずねたら不在だったマンション前でキスぐらいの傍若無人さであって欲しいです。

 そんな折、例の樹前カノ(水沢エレナ)の紹介で『バリアフリー住宅希望の料理人』と知り合います。
車椅子で退院するだろう難病の妻のため、快適な家を望むご主人(山中崇)、無駄だと拒む奥さん(紺野まひる) 死ぬの愛してるのと、自分たちも似たようなことしていた大騒ぎに説得の言葉を持たないつぐみ。上京し樹を訪ねる流れに、もしや支え続けるご主人の姿に、別れたことを後悔したのか……?と思いきや、それは傍に置いての設計依頼。一度は断ったという旦那さんからの依頼を、ぜひ受けて欲しいのだと(この雑誌のイケメンに頼んで断られたんだよーと、ご主人が記事出した時の空気w ここに障害ゆえに別れた元カノ2人揃ってますw)
樹のお断り理由は、奥さん側への共感。
負担をかけたくない、まして自分の夢を捨ててまで、その為に貯めたお金でのバリアフリー住宅なんて、と拒否する気持ちがよくわかるのだそうですが……。なんだかんだ、介護とレストランを兼ねた設計が出来上がった時には感激しましたね!そう、どっちも諦めなくていいんですよ!

 てことは、また仕事で一緒になる2人。息ぴったりなのですが……じゃあ復縁、とはならないのが、歯がゆいところw
もうつぐみと洋貴くんは式場の下見に。そして樹は介護ヘルパーさん(中村ゆり)とお付き合い始めたと、長野にまで釘差しに訪ねてきたヘルパーさんに聞かされて、もちろん嘘なのにつぐみは信じたし。カバンから覗いた切符で長野行きを知った樹(自動改札は使用済み吸い込むけどなあ…)は、泣き崩れる彼女を優しく抱きしめるんですよ。離婚した、しかも理由は樹、と知ってなお世話を頼み続けているところで、受け入れてるしなあ…。

 と、ここまでこじれているところでの、震災!
自分に正直になるきっかけになるんでしょうねえ。洋貴との結婚は承諾しても、肉体関係はおあずけでしたからねえ…。そこをガツっと行かないから当て馬なんだよ洋貴くん……(復縁後に妊娠発覚の修羅場はなさそうですねw)

そうそう、式場でばったりあった樹母(麻生祐未) つぐみと樹の破局を残念がって「あの事故がなかったら……」って、何度も言いますが事故がなかったら、嫁は前カノで、つぐみとは恋仲になってないから!

「パーフェクトワールド」~5 ☆☆

 『こんな身体になる前に出会えていたら』
って泣かせどころの筈なのですが、車椅子にならなかったら元カノ美姫さん(水沢エレナ)と別れずに結婚してたでしょw 絵が上手い地味な同級生と再会しても何も始まりませんでしたよね?

 交際を始めた樹とつぐみ、邪魔入りまくり、修羅場てんこ盛りです。
 娘溺愛の父親(松重豊)は障害者との交際に大反対、母(堀内敬子)は「子供は作れるの?」と大直球。20才の娘がドン引きしてましたけど、親としては言いたくなる気持ちは分かる(^^;;;;) 性生活には立ち入らないにしろ、人工授精が必要なのか、金銭的援助いるのか、気になりますって。そして30才目前の交際は、結婚を視野に入れててほしいです。
でもね、誰だって事故にはあうかもなので、別れさせるのは違うと思うわ。障害があっても、経済的に自立して運転もして、自活してるなら……とはいえ、ヘルパーさん(中村ゆり)の恋人気取りはキツ~い! 彼女がいなきゃ出来ない一人暮らしなら、それって自活じゃないわ。 ぶつけて足の爪をはがしても気づかない。そこから化膿したら…、に始まり、幻肢痛に麻痺拡大の危惧。気にしなくてはいけないことが山盛りで……。
 その全てを、生涯にわたりケアしていく自信がある!と言い切るヘルパーさん。空室が出たら同じアパートに越してこようかしら……って、それヘルパーの域超えすぎでしょう。多分、樹本人もそれ知ったら感謝より、やっぱり引くと思うんですけど(^^;;;) 冷蔵庫に、料理のタッパーぎっしりなのも彼女のおかげ。
 対抗したつぐみが、残業の合間に介護資格セミナーに参加し、夜なべで作業や勉強し、料理もして、毎晩鮎川宅に顔を出してふらふら。挙句の果てに電車のホームから落ちた日にはもう。つぐみも一緒に車椅子になる展開かとハラハラしちゃいましたよ~!

 鮎川くんが突き飛ばしたわけじゃあるまいし。駆けつけて彼を攻める川奈家も大概ですが。自分が全部悪い、そばにいて何も出来なかったと己を責めるばかりの鮎川氏もまた困ったもんだと思います……。目の前で電車のホームから彼女が落ちる体験なんて、普通しないから!健常者でもできることは少ないかと。体調管理の出来ないつぐみがまず悪い←その辺似た者カップルで、いつもどっちか不調を隠している感w 幻肢痛や不眠を隠していた、言われなきゃ分からないと彼を責めたつぐみなのに、自分のセミナー通いや連日の睡眠不足は伏せるんですからね。それこそ、言われなきゃ分からないでしょうに! 知ってたらセミナー会場の前で車で待つのは幼馴染の瀬戸康史じゃなく鮎川氏になってたかもしれませんよね。

 建築事務所の、義足の後輩くん(松村北斗)はレンタル彼女とデート。ご指名がつぐみの妹(岡崎紗絵)…というのは世界が狭すぎですが。まあいいか。
それより引くのは元カノ美姫さんが、すっかり気軽に鮎川氏に連絡とってくること! 事故後10年ほぼ会ってなかったのに?人妻になった途端に過去に与えた傷はチャラですか? 駅の事故で実家療養になったつぐみと地元で会い、鮎川に連絡して彼の入院をつぐみに知らせる役が欲しかったんでしょうけど変ですよねえ…。親に反対された話も、それで「諦めちゃダメ」とか、諦めた人に言われましても~。

 ツッコミどころはありつつも、悩める若者たちを愛でつつ見ています。

「グッド・ドクター」3 ☆☆☆

泣くでしょ、こんなんorz

受け入れ病院がなく、たらい回しの後に到着した絞扼性イレウスの女の子。既に手遅れの可能性も高い上、先日の騒ぎの責任をとって一番腕のいい高山先生が謹慎中で、本来ならもう手術は無理。それでも助けたい、と反対を押し切って執刀した瀬戸医師でしたが、無念の術中死。医師だって辛いのに、両親に泣かれ、なじられ、訴訟までされちゃうんですよねえ……。ホント間尺に合わないわ。

そんな中、例によって身をよじって
「死んでしまいます」
等と要らないこと叫び続けるレジデント湊くんw 女の子の死後は、治療時に切り裂いた服をせっせと縫い(外科縫いw)搬送時に落としたシールをはいつくばって探し、やっぱりあちこちで怒られ続けです。
特に外科医たちは、医療こそ本分、医療がすべてと説教をしてきて、医療で助けられなければもうその患者との関係は終わらせることこそ美学なようです。でも患者家族からしたら、見捨てられたように思ってしまうこの齟齬。そしてもちろん、自閉症の湊くんにはさっぱり理解できません。

結局、湊から遺族への届け物。きれいに縫われた服と、拾って接ぎ合わせたラジオ体操カードが
『娘が帰ってきた様』
と両親の気持ちを和らげ、訴訟の取り下げにつながるのでした。シール10枚溜まったら、ママとスイカを食べる約束だったんですね。亡くなった日の朝に10枚目をもらっていたのに急にこんなことに。遺影にスイカを捧げ一緒に食べるお母さんにもらい泣きしちゃいましたよ……。
また、手術を嫌がっていた腎臓病の子も、瀬戸先生お手製の手術絵本を胸に「先生が手術するなら」と信頼を寄せます。技術はもちろん優れていてほしいけど、それだけじゃない気持ちのつながりが大事と思わせてくれる回でした。

医者だって、患者を亡くしたら辛くて悲しくて、立ち直れずに現場から去っていく人もいるのだとか。さらにその気持ちを隠していなきゃならないなんて。でも、そう強く高山先生が思う背景に亡き弟さんの存在があるようで……。
うーん、きっといい話になるんだろうけれど辛くなりそうなので元気じゃないと見られないorz
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ