ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

中山忍

「諏訪のスゴ腕警察医2」 ☆

ザ・2時間ドラマw
検死もすればスキー場の衝突事故にも駆けつけちゃう、パワフル医師石ノ森に高橋英樹。彼が気にするTV星占いのキャスター役で愛娘真麻も特別出演ですよー。
解剖はせずに外観所見で死因を判断するポジの警察医故、自殺で処理したい刑事には現場で
『事件になりませんように』
と拝まれたりもしますが、もちろんお構いなしに真実追求です。

20年の時を経て、工事で掘り起こされた白骨遺体。
石ノ森がプライベートで知り合ってた人たちと、遺体の男性が元々知り合いだったとはさすが地元民と思うべきなのか、2時間ドラマだからなのかw 不自然に大きなペンダントを、しかも友人とお揃いのものをうっかり遺体脇に落として一緒に埋めてしまうのもお約束だわー。
アナフィラキシーショックなどアリバイやトリックに取り入れてきたのは今風でしたが、ジュースにピーナツオイル混入って。液面に脂浮いたりしないものですかね(^^;;;)
ヒロイン櫻井淳子と中山忍が、20年前の自分の役をそのまま演じていましたが大丈夫おきれいでしたよ。

お目当西村さんは安定の強面刑事さん。長野県警強行犯係係長で、現場を回る巡査部長石黒賢などにお仕事指示しておりました。

「出入禁止の女」1 ☆☆☆

あちこちで出入り禁止になるほど、強引取材が信条のヒロインその名も鉄クロガネw って、また観月ありさにお似合いな。
ただただ取材が好きで記事を書くのは苦手というんですから、今やTVキャスターを務める先輩に誘われたようにTVニュースのスタッフになって特ダネ狙う方が向いていそうですよねえ。

というわけで、その元記者の先輩南条夏生がごひいき西村さん。
ヒロインには慕われ、キャバ嬢にも『ダンディな紳士といえば』と名前出されたりと美人にモテモテ、良いゲスト出演ですよん、でも犯罪ものの1話にゲストって絶対何かしてますからねw
クロガネの元には『キャスター南条を探れ』と匿名で、 何通も告発文が届いているのですがそれは素知らぬ顔で、旧交を温めます。おしどり記者だった奥様はお元気?と、自宅にも押しかけたらアル中で荒れ放題だったりして。不穏。
そのうち遺族と不倫だ偽証だと、キャスター生命終わりなボロが出始め……。
全国区の仕事を目前に任意同行、失意の瞬間だろうに
「何やってる」
「ちゃんと撮れ、スクープだ!」
とクロガネを煽る南条夏生(西村雅彦)、かっこよかったです(^^)

ファン的に、キリッと眉毛上げたメイクやクリーム塗りたくってメイク落とす場面など、 本筋と関係なさすぎる見せ場もあれこれw

ドラマとしては、捜査にかかわるセリフがちょいちょい不自然に説明的です。

例えば夫の居場所を知らない奥さん(中山忍)をあやしんで「いつもつけてたのに」って(^^;;;)
確かにストーカーまがいに浮気現場つけ回してましたけど、その時点ではまだ事情を知らないはず。妻だし元来マネージャなんですから「いつも一緒だったのに」ぐらいでいいじゃないですか。
ホストクラブに潜入させた弟子記者も、怪しい女の名を初日からフルネームでゲットです。「店長がちょっと口にした」って、愛称でも苗字でもなくフルネームで、ねえ。
もうちょっと視聴者を信じてくれていいんじゃないのかな。

さておき、脇の男性陣が愛嬌あって興味を引きます。ホストが天職かもしれない中年新米社員(宅間孝行)は、和菓子屋のバカ息子な設定がこの先活きるのか(クロガネからの壁ドンw 何故あえて若手イケメンにせずにこの配役w) 100点の記事を書くけどつまらないと、クロガネのと差し替えられて荒れる胡桃沢記者(甲本雅裕)も気になるじゃないですか。 クロガネの息子(マエダマエダ弟)も、記事に一家言あり。成長が楽しみですね。
でも女性は、上司(財前直見)も観月ありさと似た感じなんですよねえ。

毎週見るかはわからない…… 

「遺留捜査」1☆

つまんなかった。

また鑑識かとか主人公(上川隆也)が地味とか、脇も地味とか、事件がどうでもいいとか、暗いとか、いろんなことを考えつつもチャンネルを変えなかったのは、おもちゃのピアノでどんな驚きの事件解決を見せてくれるのかに期待したからです。
その小道具の使い方も真犯人も、やっぱりつまんなくてガックリー。

それでもせめて、「臨場」や「相棒」並に主人公が変ならそこで楽しめるんでしょうけどねー。1話を見終わった今、2話がみたくなる理由が特に見つかりません。

上川さんは悪くない、と思います。


人気ブログランキングへ

「バツ彼」最終回 ☆☆

「分かった! 章子さん、お前に似てるんだっ」
って恭介それ、愛の告白ですか(^^;;;) 陽平も答えにつまってるじゃない。

 まあ・・・ツレの親友と私も似ているそうなので、男女問わず安らぐタイプのはっきりしている人ということでしょうか。

 そんなわけで、あの陽平に恋愛指南(!!)されちゃいながらも、まとまり始めた恭介と章子。
「もう何もおっしゃらないで!!」
と、抱きつかれて白目剥いてる間に洗脳されたらしい陽平と、後輩ちゃん。

 落ち着くところに落ち着いた・・・・様でいて、恭介はまだ焼けぼっくいがあいこちに残っているし、真矢ねえさんは陽平にちょっかい出す気満々!!
 結局、盤石なのは男2人の友情だけ、という物語でした。
某所で、天野はいらなかったんじゃないかという感想を読んだのですが・・・ダメダメ、天野くんいなかったら真剣にホモな人達になっちゃうからっ(^^;;;)

 ラストは、いかにも続編がありそうでしたね。でも、本当に続編あっても、女性陣は入れ替わってるかもしれません!
 子連れになった真矢ねえさんだけが、「お向かいさん」としてちょこちょこジャマしに来たりしてね(^^;;;)

「バツ彼」11 ☆☆☆

 うわー、「会社のただの後輩」ちゃん、送り羊!!

 いい年した男の朝帰りなんて、ホントはどうでもいい話なのに可笑しい(^^;;;)
聞いてる恭介がメッチャ嬉しそうなのと、聞かれるままに答えてる陽平の狼狽ぶりがいいんですよ。

 でもねー。 笑いながら見てるんですけどねー。
どういう女がいいのかっていう基準が結局は、料理上手やボタン付けなんだよね。そこのところは、がっかり。家事も仕事もできなくて、気も合わないけど、身体の相性だけはバッチリ!なんて女じゃやっぱりだめなのね。せっかく(?)関係もっても、毎回記憶がないんだもん。
 男性陣いい加減にして下さい。

 酒飲み、仕事好き、ゴミの分別適当、な真矢ねえさんのキャラは面白いナーって思ってたのに、妊娠であっさり恋愛戦線離脱。この辺、もったいないです。
 それとも、あと一回でどっちかとどうにか・・・今更なられても困るか。

 ラスト、高校時代に好きな娘にふられた、と告白する恭介。えー。
初体験は中一です、とでもいいそうな男が高校でそんなにウブかったですか??なーんかとってつけたようです。
 叱ってくれる人=好き なら陽平でいいじゃん、もう。って毎回書いてる気がする。

 シンガポールに引っ越す元奥さん。顔が出ません。無駄にキャラが増えないところ、好きですね。

「バツ彼」9,10 ☆☆☆

「章子が好きなのは、アナタよ恭介さん」
カラーンと、なにか取り落とす音(笑)
だから、聞かれちゃマズイ話は玄関先でしないでって(^^;;;)

 子供をダシにされ、気乗り薄でデート(デートか?スイミングスクール見学が??)していた章子もさすがにキッパリとお断り。
 だよねー。
 章子の行きたいところに連れていこうって姿勢がかけらもないもん。それを言ったら、4人とも行動範囲はメッチャ狭いんですけど。

 子育てを意識したとたん、陽平がいい感じに見えてきたらしい真矢ねえさん。”会社のただの後輩”も積極的に迫ってきます!!なのになー陽平ったらなー。
「昔からあいつは。自分を好きになる女には興味がないんだ」
そして、恭介を好きになる人ばかり好きになる(^^;;;)難儀な人です。

 逆ギレ陽平に殴られても難癖つけられても、ひたすら耐える恭介。
そりゃ、まともに話し合える状況じゃありませんから、上がりこんでくる方が間違ってます。
「お前と友達になったのが間違いだった」
とまで言われた恭介の哀しそうな顔ったら。ダメだよ、また絶交してもお互い友達は他に天野っちしかいないんだからー。

 「人間の証明」より一週早く始まって一週遅く、12話あった「バツ彼」。
来週、陽平と後輩さんがどうにかなった挙げ句にどこに着地するんでしょう??
離婚した男の女性遍歴よりも、男同士の盤石の友情に焦点があったような気がするんですけど??

「バツ彼」7,8☆☆☆

 大変なことに〜×2(笑)

 先週の「男の責任」は、いかに陽平びいきの私でもさすがに五月蠅くて
「なんでこんなのと友達やってるんだろう」
という恭介のぼやきに共感(^^;;;)
 でも、そのぶんだけ今週の天野っちへの説教役が笑えるんだよねー。誰を叱るにも自信満々。ほんと、この勢いで女に向かえたらねぇ?

 その説教の横で小刻みに相づちうったり、「お前が言うとうさんくさい」と発言を止められる恭介も可笑しかったわ。この辺って演出も入ってるのかしら、それともアドリブ?
 真矢ちゃんの妊娠を知らされた時のアタフタも可笑しいんだって(「ああ探偵事務所」の永井くんも、あれくらいのオーバーリアクションしてみなさいってのよ)

 で、ついに”会社のただの後輩”に迫られている陽平くん!!座り込んでHELPの電話かけてる場合じゃないですよ。しゃきっとしなさい!!
 そしてね、章子さんとはダメだよ。
彼女の気持ちが恭介に・・・とかのレベルじゃなくってね。
「産むわ!」
といってのける真矢ちゃんを呆然とみつめる陽平と章子さん、同じ顔してるんだもん。先行きを心配する、マイナス思考の顔。
 こんな2人で一緒にいたら、坂を転がり落ちるように不景気になりますって。

 悪いこといわないから、君は”会社のただの後輩”さんにしておきなさいよー。そして・・・?章子と恭介ってラインはまだこれからあるんですか??

 最後の方、あまりに子育て礼賛になってきて、どうしたのかと思っていたら・・・・恭介の娘を抱き上げる知らない男!!ってつまり、元奥さんに男が出来たってことよね。
 さーてまた一波乱♪

 

「バツ彼」5、6 ☆☆☆☆

 ベッドシーン(ていうか翌朝)でこんなに笑ったの初めて。
毎回毎回、ヤッタかどうか相手に聞かなきゃわからないってこの男は(^^;;;) 更には、こっそり帰ろうとして陽平と鉢合わせしたときの声にならない声!!
ほらほらまた絶交されちゃうよ??

 その絶交もね、なんなんですかこの腐れ縁な男2人は(笑)
 別々のデートで、相手を褒めたり昔の話を延々・・・・って、もうあんた達でつき合っちゃえばって気になりつつも(^^;;;) 可愛いなぁ。

 このドラマ、主人公恭介がモテモテなのは分かるけど、対比としてダメダメに描かれてる陽平くんが、決して相手に嫌われているわけじゃない・・・・「本当にいい人」で主人公も含めみんなに好かれているのが味わい深いんですよね。
 ”真逆な2人”だけなら良くある設定ですが、電車内の姿勢ひとつとっても、すっごく丁寧にありえなく真逆で好きよー。
 で、「ただの会社の後輩(中山忍)」が、ついに参戦してきましたよ、ナントカかぼちゃ持って!!

 自分が好かれていたと知って驚くにぶちんな陽介。
でも、章子さんだってデートの前、陽平が本気だと聞いてあせってたし(笑) 自分への視線に気づかないというのが、恋愛下手の原因なのでしょうか。
 はっ私も誰かの熱い想いを見過ごしてるとか????

 事前情報では、「高橋克典がもてまくり」と聞いて見るはずなかったドラマなのに。今や我が家でイチオシはこれです(^^;;;) 病気も苦悩もなくて、お気楽だし〜。
 芸達者が揃って、かぼちゃの名前ギャグまできっちり落としてくれます。最終回もあせらずにまとめてほしいなー。いっそ、どのカップルも上手くいかずに初回にもどったっていいんだし。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ