ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

中丸雄一

「マッサージ探偵ジョー」〜6

まさかの旅行先で2話消費、斬新ですw

慰安旅行にでかける「ほぐす堂」の面々、なぜかマネーやタイガーも一緒w
そこに幽霊騒ぎで、手持ちビデオ映像でガタガタ。誰が仕掛けてるのやらと思ってみてたらまさかの幽霊をマッサージですよ! 本物なのかい! 
で、頭が痛い…と訴えるのは眼精疲労でメガネを変えましょうねって、幽霊にw でも本当にそれで出なくなっちゃうし~。

で、次の週にもまだ帰らずに、開始早々ジョーの横で寝ていたのは死体w
他の仲間も同室に雑魚寝でなぜか着ぐるみ、顔には落書きだらけw 大宴会で泥酔しちゃって、何があったか何も覚えていないんですよー。当然容疑者扱いしてくる現地警察(石井正則)を、ツボ攻撃で眠らせて(そんなことも出来たんだジョー!)真犯人究明に乗り出すジョーとマネーとタイガー、着ぐるみのままw
恒例の真相を探るマッサージも、ウサちゃんの着ぐるみのまま。四神で逆立つ髪はウサ耳w 尻尾付きのお尻をふりふりw 事件のツボだけでなく、ほんと深夜おバカドラマのツボを心得ていて憎いほどです。そうそう、宿泊客に警察に宿のスタッフに野次馬やくざ、大人数をまとめて同時に寝かせる大広間も布団もちゃんとありましたよ、旅館ですからね! そこもばっちり!
 

真犯人は捜査に来ていた刑事で、泥酔者をおぶって監視カメラから隠れた時の大腿四頭筋とハムストリングスの張りから発覚……って、ほぼ推理なんかどうでもいいのに筋は通っていて雑なのか細かいのかw 死体は初っ端からずっとナイフ刺さったまま部屋に放置で、横でお茶飲んでたりするのもまたニヒル(^^;;;)
監視カメラの映像は消されていても、そこは現代。いく先々で動画が登場するのが面白かったですね。

さて、療養のはずがちっとも休まらなかったジョーと愉快な御一行様。まだまだ何かありそうですよね。

「マッサージ探偵ジョー」2、3 ☆☆☆

ナイスおばかドラマw

ジョーがマッサージで事件を解いてくれると知って、あの手この手で利用したいマネー刑事。2話の上から目線から一転、3話では礼儀正しく
「来て欲しい!」

そしてジョーの推理披露を、なぜか豚のぬいぐるみ抱きしめて座って拝聴。発言は手を上げて立ってする律儀っぷりですよw そうそう1話で持ってきたのかとツッコミ入れたマット。2話では新体操部相手でしたからね、体育館のマット利用! 3話犯人がアイドルを人質にとった緊迫した場面でも、きちんと保管していたファンレターという生命線をすっと出さずに、右だ左だとジョーがうろうろw 毎度ツボだらけで楽しんでいます。
マッサージ探偵だけにね!

毎回このままでも十分楽しいのですが、怪しい人物と連絡をとり、ジョーの覚醒具合を報告する店主。なにやら黒い計画が進んでいるのか……? ワクワク。

「マッサージ探偵ジョー」1 ☆☆☆

おバカドラマ大好物w 

新米&コミュ障ながら腕は確かな出張マッサージ師ジョー(中丸雄一)、豪邸に派遣されるも奥さま(横山めぐみ)をマッサージ中とおぼしき時刻に邸内で当主が死亡。殺したろ愛人なんだろと疑われてしまったジョーは我が身の潔白を示すため、なんと容疑者全員を並べて寝かせてマッサージをするのですw

いやー、美しい奥様がつるんと全裸になるとは、最近おとなしくなっちゃってた深夜ドラマの面目躍如か手(なんのだ)  前のカバンでうまく身体が隠れw そのカバンが動いたと思ったら今度は花瓶で隠れw 笑ったわ〜。
 

なのに真面目にマッサージだけしたジョーは、奥さまが筋を痛めていて鈍器を振り上げて殴るような動作は出来ないと知っていたのでした。同様にマッサージから格闘技経験者と判明した容疑者がいてw しかも筋肉の張りから殺人キックを該当時刻にかましたはず!と断定!
うわー予想外にちゃんと捜査&推理してます! 
胃の切除手術もツボから分かるって、ホンマかいな~。そして筋肉の張りなんて消えてしまうものは証拠になり得るのかどうかですが、観念した犯人が自白したから無問題!
おばかドラマの推理としては整合性もあり上等な部類ですよね。これがオリジナルドラマってびっくりです。 刑事コンビ、マネー(小澤征悦)とタイガー(和田正人)がダメダメなのもお約束。

今回はまず自分を守るための調査と推理でしたから、次回からは能力を見込まれて、捜査協力をすることになるのかな?それでコミュ障は改善されるのか? そしたらジョーの補佐で付き添ってる同僚小娘(小芝風花)の出番がなくなっちゃいますねえ。

冒頭の、古今東西変人探偵でコナンや金田一少年やら月9ドラマ探偵「ガリレオ」「鍵のかかった部屋」に「掟上今日子」等々がコスプレで紹介される流れも楽しく、エンディングのツボダンスも更にナイスw このドラマの為ならなんでもやる勢いの、中丸くんの気合が半端ないですね。
そして賠償美津子さん演じるエコ婆店長が……インパルス板倉の女装に見えてしまうんですが……w

「変身インタビュアーの憂鬱」1 ☆☆☆

なんだこれw

深夜らしい変なドラマで視聴決定です。


主人公は、100作目のアイディアに苦しむ若き作家先生白川次郎(中丸雄一)

バサバサの長髪もむさ苦しく、見るからに引きこもり……なのは実は仮の姿? 趣味の変身でしゃきっとイケメンになればあら不思議。相手からなんでも情報を引き出せてしまう天才インタビューアーに(って、女子相手の恋愛関係情報だけじゃないのかなw)


で、ネットでみつけた未解決事件を小説の参考にと、編集者(木村文乃)を連れて宿泊にきたところで1話は終了っと。CM明け、宿に入ってくだらないやりとりしてるだけでまた次のCMになっちゃって妙に可笑しかったです。


ところで、ロングスカートを持ち上げて足丸出しにするの、女子校で遊んでた頃は『茶巾寿司』と呼んでいましたが(頭の上で結ぶし)、ここでは首で結んで『チューリップ』と呼んでいて初耳です。これって地方差?時代?


「主に泣いてます」5 ☆☆☆

え、今日は総集編?

……という回想&人物紹介場面もありながら、ツネちゃんのツンデレ爆発の回でした。


仁先生に勧められ、展覧会出品のために泉サンをモデルに絵を描く眼鏡くん。

それをみつめる不機嫌なツネちゃん。


…だよねー、じーっと見つめてキャンバスにとどめるって魂の会話。ますます好きになっちゃうよね。貴女をモデルに描きたいって依頼が既にかなり告白だよね…。ましてモデルはあの泉さん。

で、止めるわ売るわと邪魔立てするけど、2枚目を描く為にはもっと見つめ続けなければならないわけで…。雨の中熱心にモデルをしてくれる、顔だけでなく心も美しい泉さんにとうとう眼鏡くんもはっきり惚れてしまって以下次回……なのかな?

(予告の再現画面、笑ったw)


先週はただ「泉さんを好きな人」だった板さんが、今回はツネちゃんの横柄な口調を咎める「大人」だったのは意外でした。で、美味しい太巻きを差し入れするはずが、ツネちゃん手作りのボロボロ巻きになってしまうところ切なく可愛いよね。


板さんに一度は売った泉さんの絵。

あれを2階で眺めて満足してくれてたら、それで少しは治まったかもしれないのにね。そして代金20万円は返却したのかしらw(作者の懐に入らずに、泉さんの生活費にされちゃうところがまたw)

「主に泣いてます」4 ☆☆☆

バカ祭りw
 

「血の三日間」なんて大仰に言われてた騒動がどんなものだったか明かされましたが、確かに凄い。美人にケガを舐めてもらうために店中のオヤジが自傷行為w 寿司屋のオヤジと息子までw 3日目には女将が大将刺すとかww

他にもどんどんバカが出てきて、でも仁先生の人非人っぷりも揺るぎない。

今日も楽しかったです。


「主に泣いてます」2、3 ☆☆☆☆

安達祐実はこう使えるのか!


愛人を拉致して伊豆の海へ。ニコニコと穏やかな(って、この状況で笑ってるのも変なんだけど)無害小動物風から、演技過剰な狂気の人へ行ったり来たりが圧巻でした。普通の連ドラに出てきたら浮くと思いますがこの変なドラマにはぴったりw 愛人は許せなくても、自分の贅沢は全て「Iの肖像」すなわち夫と泉の不倫を描いた絵から産まれているという矛盾に苦しむ様子も鬼気迫って目が離せません。ああここにも、主に泣いている人が……
「使い尽くしてやるー!」「タラバガニ」 ww

叫ぶ場面でかかっていたエフェクトも、地声の迫力の無さを補ってナイスでした。


そんな修羅場を困るより楽しんでいる仁先生。何が3人で温泉に行こうだ!結局奥さんと2人で行っちゃって、泉サンは泣きながら寝てるじゃないかー。
謎のおか持ち芸者も仁先生の元愛人だったし。

全ての元凶は仁先生にあると納得の第3話。2話からひっぱるつねちゃんの乙女心も、心は乙女な西郷君もいい味出して……そうだそれに、変装おばあちゃん!次々とありえない変装で意外なナイスバディを披露してくれますよ。金髪カツラでチャールーズエンジェルとかw2話でもセーラー服かなんか着てたよねw

美人美人と褒めた讃えられる役なのに子泣きジジイだったりパイぶつけられてる主役より、このドラマで一番いい想いをしてるのはもしかして脇のこの人なのかも……。

そんなわけで今回も笑ったけど、そういえば泉に惚れる男が出て来なかったり。2話でのセダンvs軽自動車争いみたいなバカバカしいのももっと見たいので次回にまた期待です。え、次は8/11? 遠!
 

「主に泣いてます」1 ☆☆☆

風景がおもちゃみたい。不思議な撮影。


いやー笑いました。

美人すぎて生きづらい。惚れられすぎるので普通に町を歩けず、もちろん就職もできない、お面や付け歯の変装マスト。そんな女が主人公。なんてこったw

その『絶世の美人』「超ド級の美人」が私(菜々緒)でーす、と言ってる番宣にどうかと思いましたが、ドラマ中ではコスプレしっぱなしでほぼ素顔が分からないので無問題w なにくれ世話を焼いてくれるスーパー中学生つねちゃんがいい味出してます。私はこっちに惚れた!(調べてびっくり、草刈麻有:草刈正雄の娘!)


ヒロイン泉さんがモデルをする絵画教室に、新しい講師が来る度にストーカー騒ぎ&刃傷沙汰。だったら女性の講師を探せと思うけど。宅急便を受け取るだけでも配達人に惚れられてまた揉める(^^;;;) 6ヶ月で13回目の夜逃げ!

泣き虫な彼女、芸能界やお水は、腹黒くないので出来ないんだそうなw

惚れてくる中から選り取りみどりで恋愛ができればまだいいのに。不倫相手の画家先生は、ちゃら過ぎるが故に彼女に惚れすぎず、愛人関係が続いちゃう模様です。不幸な組み合わせですね。


1話は、そんな泉さんの不幸美人紹介で終わり。

ああ、「ゲイです」と嘘をついてた美大生が結局泉さんに惚れてた。

「泉さんは、お休みの日は何をしてるんですか?」

「主に……泣いています」

謎のタイトル、そういうことだったのか!

このドラマ、着地点はいったい?? ナオトインティライミの軽快なエンディング曲が素敵☆

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ