ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

世にも奇妙な物語

「世にも奇妙な物語20周年スペシャル」☆☆☆

神社の話「はじめの一歩」が面白かったですね!
万城目学の面目躍如♪伊東四朗、遠藤憲一の好演ももちろんですが、実は彼女が……と、落ちにひねりのあったお話そのものが面白かったです。
お願いの効力がいつまでか、という視聴者の疑問にもきちんと作中で答える、かゆいところに手の届く逸品でした。
 
その点、ホテルの話は京極夏彦らしからず、がっかり。
来年また戻ってこい、しかも同じ金額を持って、なんて注意書きを入れられて、今度は自分が殺されると思わない方がどうかしてませんか。鍵持ってたロクロウさんはそれでどうしたって?
ひねりがありませんよねー。原作ではもっと、大越の客のうんちくが入るとかが京極節だったのでしょうか??

 
堀北真希の時空越えの悲恋は、またいつものねという感じ。
 
東野圭吾「殺意取り扱い説明書」は良かった♪
原作も大好きなんですよー。殺意が強すぎても危険、弱すぎたらもちろん実行する意味がない、とかとかめんどくさいよね(笑)生真面目で要領が悪い主人公と、一枚上手のライバルを玉木宏と塚本高史がこれまたナイス好演。

 
そしてトリが宮部みゆきの「燔祭」
発火能力を持つ女!広末涼子と香川照之ですかー。これも原作大好きなのですが、この枠でちょこちょこっとするにはもったいなかったかも。2人の間に疑似だか本気だかの恋心が芽生えるのが急すぎでした。
で、誰かと出かけたことなんかない、というのにバッチリ浴衣着こなしてるヒロインもなんかネー(^^;;;)

 
どうせ作家スペシャルにするなら、もっと万城目さんみたいに書き下ろしてもらいたかったですよね
人気ブログランキングへ

「世にも奇妙な物語 2009秋の特別編」☆☆☆

すき焼き食べたーい!!
西村さんが出演してるから言うんじゃありませんが(笑)これが一番面白かった!
「理想のすき焼き」
結婚の承諾をもらいに来てるのに、すき焼きの方が優先順位上の主人公を伊藤淳史が熱演です。
お父さん(西村雅彦)の時計をほめるのも、早すぎる具材投入を調節するため!傍目には、ご両親を前に緊張していると思われている彼の心の声の、ほめたり罵ったり忙しいこと(笑)
そして婿候補としての自分自身も、卵は一個を配分して使い切るだの、まずはエノキから食べる気配りだの、あくまですき焼きを通じてイイヤツを表現してますが……伝わらないと思うよー(笑)

友人と囲むすき焼きではなくて、結婚を前提にしたからこその、自分と相手の「常識」「理想」のずれ、それを愛情で埋められるのか、という葛藤がアルアルと観られたと思います。
で、そのまま押し切るかと思いきや、まさかの「アレ」出現!!
いったい何かしら楕円形になると食べ頃、の「アレ」。

最初は嫌だった相手の「好み」「常識」が、いつしか自分の日常にとけ込んでいく……。ズバリ「結婚」の神髄を描いた良作でした。
(それにしても、準備したお母さんは肉から先に食べていいと思います、うん)


個人的ワースト1は「検索する女」
検索の見せ方がつまらない。文字だけ?
アニメ「東のエデン」中の、携帯画像の中のアラユル物、人の情報を表示してくる検索システムは、見せ方としてもとても面白かった。せっかくTVなんだから、”特別”な検索をそのぐらい楽しく見せてくれてもいいのに。
(で、アニメ中では1人にいくつもの名前が表示され、彼が偽名で活動していることが分かってしまう展開があるのよー。閑話休題)
同姓同名もね。
ワタクシことじゃすみん、変な当て字の本名ですので。耳で聞いてサクッと変換した名前を確認もしないヒロインに、超個人的にイラっとしました(^^;;;;)挙げ句あの騒ぎ、ざまーみろですわ。

「自殺者リサイクル法」は、治療として行われているオチになるかと思いきや、後味悪いところもお話としては面白かったです。
しかし、いちいち「次回の仕事で死ねることを、ご期待ください」と言ってよこす秘書ボイス。これもまた某ジョイスを思い出してしまうのですが、まあいいや。
「呪い」はどうでもいい感じ。
「夢の検閲官」は……いろいろ規則が面白かったのですが、最後の石坂浩二の台詞、「これでゆっくり眠れる」で一気に謎に。
ヒロインの眠りを管理する彼ら、ヒロインが死ねば消えてしまう存在なんでしょう?なのに眠るの?? 退官って何??
 と一度気になると、息子が自殺してるだのイジメだのという要素も気になる気になる。それって話に必要だった??
フツーに暮らす私たちだって、幸せなつもりで安眠してるけどこんな人(?)達に守られているんだよーの方が良くない?? まあいいか。

「え、これで終わり?」というCM挿入が何度かあったのが気になりました。オムニバスだけに、本当に終わるかもしれないじゃないですかー(あ、タモリさんが出てこないと終わりじゃない??)
早く連ドラ始まって欲しいなー。そして今夜はすき焼きだー♪

「世にも奇妙な物語」SMAP特別編☆☆☆

SMAP総出演を、2話めから視聴。
草なぎ@不条理→木村@摩訶不思議→稲垣@ホラー→中居@お笑い。
最後が明るくすっきり終われて、ナイス組み立てでした!

草なぎ君の不思議な床屋は、客と入れ替わるシステムはありがちかなって思ったのですが、異文化コミュニケーションの段階説明に一家総出のアメリカ移住から帰国したばかりの我が家、受けまくり。
曰く 1,何もかも珍しく楽しく
   2.嫌気がさし批判的に
   3.新入りに知ったかぶる
   4.受け入れて一体化
たった半年の我が家は楽しいばっかりで帰ってきましたけど。現地の日本人の方々は各段階それぞれ居ましたねー(^^;;;)
で、全てを受け入れ、ついに順番を迎えた主人公。
次はなんだろうと希望に燃えて「外」に踏み出すのに、そこは「元」の世界。泣いて帰りたがってましたよ。え、日本に馴染めない帰国子女ですか(^^;;;)なんてある意味リアルな。

キムタクのは長い長いコマーシャルの様。
つい引き込まれて笑って観てて、長すぎてダレて来た頃で終わりましたよ。妹が男なのは蛇足じゃないかなー。一番好きなのが、パタパタパタパタ響く足音と回り込む画面だけで表される遠〜い広〜いキッチン(笑)

そして白眉がゴローちゃん。
電車に轢かれたのに旅行を続けるお姉ちゃんのお話です。
聞き覚えのある話の流れにあれれ?今市子さんの??ってすぐ思ったけど、何より、弟役のゴローちゃんの佇まいが今市子さん描く主人公タイプそのまんまな後ろ姿でびっくり(髪型、体型に、衣装。あの上着!)
光を押さえた画面も金沢や浜辺の風景も、台所で煎れるお茶も。よく考えると恐ろしい話を静かに美しく映像化してくれました。指紋で確認されたところも電話の声だけで、変に泣かせないのがいいですよね。
でもラスト、鞄の中身をガッツリ映してくれちゃったのは衝撃。(原作は「お帰り」って言ってる主人公の方の表情だけだった気がするのですが、どうでしたっけ。)
もちろん、もっとグロテスクにも出来たところをぐっと押さえてきれいなきれいな寝顔なのですが。ありえない場所にそれがあるというだけで、実写だとインパクト強すぎでした。
(途中から理解不能になっちゃったらしい家人。オチの反応を楽しみにしていたら、姉帰宅で「帰ってきたね」と言って寝ちゃいました。早い、まだ早いよー、ただの「身元取り違え事件」にしないでよー)

そして中居くん、楽しかったわ。
私女免許とれるだろうか。記念日に興味がありません(><)掃除が大嫌いです。 大人免許はもっと不安だー。

(追記)
みんなすっごく映りがきれいーとは思ってみてたんですけど。2001年の再放送だったとは(笑)やせたとかエステ行ったってレベルじゃないよね、何故わからないか私(^^;;;;;)
そっちが「奇妙な」かもだー。

「世にも奇妙な物語」先生のあんなこと☆☆☆

再放送バンザイ!!
若かりし日の西村雅彦主演ですっどれだけ古いって、携帯電話じゃなくポケベルで連絡とってました(^^;;;)

 生徒指導担当のキビシイ先生。生徒には「知ってるんだぞ」とかまをかけたりして接しているというのに、いざ自分が
「先生が あんなこと してたなんて」
と言われると、脂汗だらだら。

<続きはネタバレです>続きを読む

「世にも奇妙な物語」2006秋 ××

 涙を返せーっラストが納得いかないぞーっ

「部長OL」は笑った(^^)
 デスラーさまはもちろんのこと、釈由美子が面白かったよー。
「昨日公園」も良かった(><)
 頑張れば頑張るほど悪くなる結果に、疲れていく堂本王子切ない。(また、こういう友達役がメチャ似合うんだわ、山崎樹範)
 次の悲劇がほのめかしのままサッと終わるところも成功って感じ。

 それが、猫の話でなんだかなーになって。
(独り暮らしの女が、男を家に入れるカヨ!)

「家族会議」
での殺し合い設定には、いやな話だねーと気を重くしながらも、
「最後にやりのこしたことが」
に続く両親の号泣で思わずコッチも涙しちゃったよー。可哀想じゃないの?。
で、そのまま終わりかと思ったら・・・・

手紙の朗読で『はぁ?』
影から車椅子現れて『はぁぁ???』
もうどっちらけ。泣いた分損した感じ。

 自分で作った設定を、自分でくつがえしてどうするんですか。難病ドラマの主人公がラストで『突然治ったの!』と言い出しすのと同じでしょう??
 そうなると、途中で目をつぶったアラにも腹が立つ。
「3人で楽しいことをしよう!」って何もしなかったよ?
「牛乳に毒が入ってるのを」知ってて飲んだなら自殺じゃん。

 「世にも奇妙な話」に完成度を求めちゃいけないとは思いつつ・・・・あまりにあんまりではないかしら(涙)

 そうそう、その毒を入れている場面でお母さんは、洗濯をしようとしていたんだよね。あと1日しかないのに家事・・・・。
する人はするんだろうなぁ。私なら皿も服も洗わない。

「世にも奇妙な物語」

 過去と会話する日記の話を、途中から観ました。(ハリーポッターのトム・リドルの日記みたいよね。あれは悪意の魔法の産物ですが)

 信じても励ましても、3年後の未来=現在に彼女はいない。この喪失感。
「20才の君に会ったよ、とっても元気そうで」
と書くウソに、涙が落ちて滲む。
 ・・・・・うううう(涙)

 日記に置く手と手が重なり、一瞬だけ時を超えて2人が出会う場面は感動的でした。
それだけに!!
 本の出版はいいんですけどね、ラストの謎の女は蛇足ではないかと。
それとも、本の世界にのめりこんで「あれは私です」と会いに来る、電波な女が絶えないというオチならば本当に怖いのですが。
 感動はぶち壊し。

(追記)すっかり「世にも怖い話」だったと思いこんで↑とオチつけた(?)のですが、あどさんに御指摘いただいた通り、タイトル違っておりました〜(^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ