ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

上野樹里

「家族ノカタチ」最終回 ☆☆

まさかの葬式でプロポーズw

穏やかにその日を迎えた父、陽三。
喪主として最後の挨拶で、型どおりの言葉を投げ捨ててぶっちゃけ文句を並べ始めた大介。こんな席でと諌める人もいましたけど、いや親父がまだ近くにいる今だからこそいっておかないとと続けます。火事騒ぎで消防車は来る、弟は連れてくる、どんどん人を呼ぶw ホラお前も結婚式仕切られて困ってたろ、お前は親父がいなきゃ俺の部屋に入れてないだろ、と個人攻撃ですよw
地元でする葬式でもないのに、参列者はずいぶん。陽三の生前にも、大介が腕をふるってみんなを読んでパーティーをして、世にも珍しいロフト解放までして、それってお一人様でずっと生きていたら一人も立ち入るはずのなかった人たちですからねえ。ころがりこんだ陽三のおかげで扉が開き、気がつけばジムにも誰かれ大介に会いに集まってくるまでに人の輪が広がったんですから、人生わかりません。
 

そしてその中の、もしも誰かと連れ添って生きて行くのなら、この人だという人ともオヤジのおかげで出会えたのだと。ひゅーひゅー!ハナコもなぜここでと渋りながらもプロポーズを受け……もう、泣いたらいいのか笑ったらいいのかわからない式になりましたよw でも陽三さん賑やかなのが好きだったからそれでいいよね。

香取慎吾のベタっとした声になるナレーションはずっと苦手なままでしたが、人嫌いな役には似合いだったので良し。当たり役でした。

エンディングは、上下階に互いの城を持ったまま、家族として暮らしている大介とハナコの変則夫婦生活。お母さんは上に、弟くんは下に住んで二人は両方に行き来しているのかな(ぶちぬいてメゾネットに改装してたりしてw)まあこんな家族のカタチがあってもいいでしょう、幸せなら!

 佐々木さんにも春が来て、田中さんはハナコの元夫にときめいてます。全方位ハッピーエンド、陽三さんったら天使だったのかも。
(何されても親だから追い出せない、という1話2話の騒動は不愉快だったので、本当に誰だかわからない西田敏行がころがりこんで大介を変えた天使だったよって話だったら凄かったなと今思いました。即警察呼ぶだろうけどw) 

「家族ノカタチ」~8 ☆☆☆

田中さんがデキる社員に急成長。だよね、赤毛のアンだって職業婦人だったんだからね!

父陽三の再婚相手恵が、水野美紀が演じると思えないぐにゃぐにゃした嫌な奴でイライラ。失踪理由が、看護学校代をもらったのに試験に落ちて、会わせる顔がなかったとか言い出した時には口が開いたまんまになりましたw 人のいい陽三は、もう一回受けたらいいと励ますばかりなり。
だいたい、演じる西田敏行が頚椎亜脱臼だとか報道される中、覇気がないやら顔色悪いやら。ずーっと座ったままなことが気になって物語どころじゃなかったのですよね。それでもかつて陽三がしたという
『無資格の不利を子供のせいにするな』
という叱咤は良い言葉ですし、そんないい話に流されず、学校名や試験日をチェック。受験が本当かチェックする大介が冷徹でナイスですw


ハナコはとんぼ帰りの海外出張で高熱失神、空港で申告しましょうよ!なんとか熱だったらどうするんですか!
さておき、そんな時にも迎えに来て入院の世話までやいてくれる元夫。しっかり仕事をこなす後輩。パワーストーンを貸してくれる同僚wパワーが効いたかはさておき、いつの間にか仕事仲間に恵まれてきてますよねえ。
特に元夫は変わらず優しく、復縁をしつこく迫る実母の気持ちも当然というば当然。黙って責められたままのハナコの横で、事情を知る大介は勿論黙していますが。後にぼそっと

「迷惑かけちゃえばいいんじゃない」

とかけた声は心まで響いた様です。
単身者用の部屋に転がり込まれて、ピアノ持ち込まれて、同居。こっちだって迷惑かけられてるんだから、知らせない心配かけないじゃなくてさ、かけたっていいじゃない迷惑! 
同じ境遇の彼だけが言えた助言に背中を押されて、ずっと黙っていた子宮外妊娠や卵巣摘出のこと、そこから生じた揉め事をポツポツと母に語るハナコなのでした。

それと同様に、田中さんの直球プロポーズにに返答しろと、大介に言えるのもハナコだけ。
いままでなら白黒つけず延び延びに、相手が諦めるまで逃げるのが信条だったのに。きちんとお断りできました(^^;;;) 気を使ってくれるのは嬉しいけどめんどくさい、居心地が悪い。それを止めてと言われて諾々と止められてもどうかと思う……のだそうです。
もう、ハナコがいいと言ってるようにしか聞こえませんよね視聴者にはw 本人も気づいていませんけどねえ。

ハナコはハナコで、素直な田中さんに妬いていたような……?

大介とハナコの間の恋なんてちっとも描いていないのに、なぜか段々と二人の距離が縮まっていく様子が見える。不思議な距離感で二人ともとても魅力的です。

さて、恵は見事合格。合格祝いと共に陽三のお別れ会も盛大にすれば、とっとと帰るだろうと目論んでのパーティ開催。さーあ、1人でせいせいと暮らせる俺の城が戻ってくる……のか? ええ? 余命いくばくもない?
そういう飛び道具なしに、心通わせるなり帰るなりしてほしかったかも。

「家族ノカタチ」5 ☆☆☆

予告の大介ハナコの結婚式が気になりすぎて、久しぶりに視聴。
結果、見事な予告詐欺でしたw 夢か代役か、どんな理由で恋人でもない2人に正装とドレスで腕組ませるかと思ったら、それぞれ別の相手との場面からの編集マジック?? とはいえ、ドラマは面白かったです。

実は入籍だけしていた童顔入江くん(千葉雄大)
大介父ハナコ母のおせっかいで、挙式&披露宴計画がどんどん広がります。めでたいけど、面倒なことでもありますよねえ、結婚式。誰を呼ぶ、どう座る、時間の段取り、引き出物は手作りにしようってねえ。そこに親戚問題が加わって、本番前日に大げんか…はよくある話ですが、何故か大介とハナコの家に転がり込んで、もう別れると大騒動ですw 巻き込まれてなだめるも、大介←結婚しない派、ハナコ←バツイチなのがもう説得力なくて可笑しいったら。 
結局ハナコ母、大介父と親世代がぶっちゃけ話でおさめるのもいい場面でしたが。じゃあ壊しちゃった引き出物キャンドルはどうしよう、諦めようか……となったら、愛する自社製品なだけに、大介が作り直しを大主張! 自分がこだわるタチなだけに、誰かのこだわりを不完全に放置なんて無理!しかも仕事が早いw そこはこだわりクレーマー&できる女なハナコも同じです。4人での作業が、新郎新婦を先に寝かせて二人になって。よなべで気持ちも近づく様子が実に自然でした。
といってもラブじゃなくw 
打明け話が始まりそう。大介も認めるいい男な旦那となぜ分かれたか、視聴者も気になってるハナコの離婚の理由、来るかー?と、期待させておいて『言いたい時に言えばいい』と遮る大介。これは男前です。
結果、式も披露宴も滞りなく終わり、夫婦喧嘩の原因だった絶縁入江母も追い返されることなく記念写真に並んでおさまるいい話の後、ハナコ自らのタイミングでつるっと告白きたー!
曰く、子宮外妊娠から流産して不妊だから。終わり。

重い、重すぎるよ!

打ち明けてスッキリしちゃったハナコの予想に反し、動揺しまくり全力でドン引きの大介は……ななんと来週、元カノに相談しちゃったりするのかーw まあ確かに、ハナコが内緒にしてることを彼女の知り合い関係には言えないですよね。ハナコの部下とロードバイクデートでいい感じだったりするのにねえ。
2話あたりでは、てっきり元旦那はDVかと。でなけりゃ浮気か、嫁姑か?程度に下世話に見ていたのに、誰も悪くない離婚でしたよ……。しかも、そんな身体の人に『どうせ産む気もないくせに』的ないいがかり言っちゃってたよね?うわー。

入江くんと奥さん(川口春奈)の齟齬も興味深かったです。
父は呑んだくれ失踪、母は再婚済みで別の家庭があるからと絶縁な入江くんと、両親と死別している奥さん。生きているなら呼ぶべき、と何度断っても入江母と連絡をとってしまう奥さんは、可愛がられて幸せに育って、毒親の存在なんて想像もできないんでしょうね。今回の入江母は幸運にもまともな人で、ひっそりと現れてくれて結果オーライな母子のふれあいがありましたけれども。うっかり失踪父が現れて金せびられてぐっちゃぐちゃになる可能性だってあったのにねー。少なくとも、実子が嫌がっているのに呼ぶべきではないでしょう。
それって、再三出て行けと言っている大介と父の関係にも言えるわけでw 美談にしたいなら、もう少しまともな父でないと…と1話2話では辟易していたので、おせっかいも勝手も今回ぐらいにおとなし目にしておいてくれると見やすいです。

そういえば、連れ子くんと母の関係もどうするつもりなんでしょうね。
大事にしてくれる他人と、血縁だけど置き去りにする自分と、 どちらと暮らすか選べと中学生に決めさせるような母親。将来、連れ子くんが結婚するとしても式には呼ばなくていいと思いますよ。


「家族ノカタチ」2 ☆

えええええ、引き取っちゃったよ!
それも「ゾッとする」などと子育て全否定を公言していた何分後? いきなりの心変わりの理由はハナコの「可哀想な人」ってだけ?? それこそ子育てをなめるんじゃないよー!(「ちょっと近所にきたもので」「そんなバレバレの嘘…」というやりとりはちょっと愉快でしたけどw そこまでの積み重ねがなさすぎです)
 

だいたい、こういう話で施設が出てくると態度が豹変するのがもう嫌です。
何も悪の組織に売り飛ばして改造されちゃうわけじゃあるまいし。預けるのに期限を切るなり、土日は帰宅するなりってやり方だってあるでしょう。血のつながりのある伯父が「いい施設」だって言ってるんだから信頼しようよ。それに、引き取って同居なら確実にハッピーなの?伯父夫婦が虐待しない人物か調査しましたかって話ですよ。
てか、そもそも中学生なら伯父をどう思うのか、行きたいのか最初に聞くべきでしょう。大介父は育てる気満々なんだから、子供が義父を選ぶなら近所に安アパートでも借りてやれば、多少の出費でまた快適な独り身生活を謳歌できるじゃないですか。なんで施設の代案が即3人暮らしなのかw 

とにかく全てがいっぺんに起こるので、大混乱。せめて初回は父親だけで転がり込んで、子育て問題はしばらくあとに出来ませんでしたかね(^^;;;)

親世代が干渉してくる煩わしさで、ハナコと意気投合していく様子はいいのにな。かといって何もかも同じじゃない。ハナコは結婚したことあるしw 衆目の中で子育て批判して『ホラ独身は未熟』といわせるほどバカじゃないそうですよ。確かに、思うのは自由だけどあんな風に波風立てることないよね。
 

ところで伯父発言「責任を問われかねます」は謎。責任を「問われかねません」か「負いかねます」じゃないのかな。

「家族ノカタチ」1 ☆☆

等身大のシンゴちゃんをドラマで初めて見てる感じ。いいじゃんこの役、不機嫌で神経質なの似合ってますよ。

主人公大介(香取慎吾)はひとりが大好き。体を鍛え趣味に生き、文具メーカーの仕事も大好き。そこに連日クレームを入れてくるハナコさん(上野樹里)が実はご近所で知り合っちゃうのはまさにドラマですがw でもそのハナコさんも似た者同士のひとり暮らしで……同じ河原の土手が好きで、大介のメーカーの文具愛用者、クレームは愛のムチですって。
出会いは最悪でも、案外これから気の合う友人になれそうですよね。恋はしなくていいかも、向いてないからw

それぞれの会社の様子、大介には荒川良々と千葉雄大、ハナコには柳原加奈子と水原希子という同僚/部下とのやりとりも楽しかったので、その辺の様子や揉め事だけでも見ていられたと思うのですが……。なんとドラマ中盤で起きるような『親が上京!』イベントが1話から早速起きてしまいます!

大介の新居にに父(西田敏行)&再婚相手の連れ子が転がりこんで、ボヤ騒ぎにカラオケにと連日大騒ぎ。こりゃひどい。
ひどいといえば、元カノ(観月ありさ)に会いに行った大介が、今は子持ちの元カノの幸せを理解できずに『俺のせいで、そんなみっともない相手と惨めな生活をすることに』と謝ってたのもひどい勘違いでしたw いやいや、彼女は幸せな結婚生活の相手に旦那さんを(頭が薄くてもw)選び、ウザい大介は振られたの!ここ、ちゃんと思い知らせてやっててスッキリしましたーw ほら結婚しないんじゃない、できないんじゃないよー。
しかし、そんな奴でも父には自慢の息子。褒めちぎっていたと連れ子に教えられ複雑な大介は……。
結局、同居は継続。 
壊したコップの件もちゃんと謝ってきたしね。ずっと口を開かなかった連れ子くんが、父のために大介を叱る場面はなかなか良かったです。この居候父子、何話か滞在して帰るわけじゃなく最後までメインで登場し続けるんでしょうか? 


とりあえず来週も見ます。


「ウロボロス」2 ☆☆

その辺で会いすぎじゃないですか、刑事とヤクザw

温泉でも、貸切なら女はべらせたっていいだろうに男と2人ってw


親代わりの先生(広末涼子)が殺されて、復讐を誓った少年2人。見事に分業目標を達成してひとりは刑事(生田斗真)に、もう一人はヤクザの若頭(小栗旬)に。出自のはっきりしない身で公務員試験や警察学校を無事通り抜けるのも大変そうですけど、ヤクザ界でパシリでもチンピラでもなく出世してのけるってのも凄そうですからね。人生に目標があるって違うなー…って、そういう話じゃないしw


とりあえずはキャバ嬢殺しの捜査。

魚心あれば水心……犯人探しのキーワード扱いでしたけど、このぐらいのことわざ小学生でも知ってるだろーにとまずは呆れ。
あ、でもそういえば私が覚えたのは祖母がよく言ってたからだっけなーと思うと、ものを知らないって、家族を知らずに育つってことの端的な表現かなとしみじみしたりして。主人公ふたりもキャバ嬢も。


刑事くんにはデカワンコ並みの特技があり、裏社会とのパイプも役立って妙に手柄を立てちゃう上に、時に人殺しの眼をすると上司をいぶからせております。素直で可愛い。

若頭は毎週テーマを決めて人格変貌。嘘つきだったり褒め殺しだったり、変ですね。ひねくれてて可愛い。

主役二人がそれぞれ魅力的なので、復讐なんか成功しなくて構わないから元気に過ごしててねと楽しく見ていますが、目標の金時計の男はめっちゃ身近にいる模様です。志村うしろーうしろー
 

「アリスの棘」2 ☆☆

展開が速い!


2話にして既に、亡父手術の指導医(田中直樹)の弱みをふたつも探り出し

<弱み1:愛娘>を誘拐したと脅し

<弱み2:視野狭窄>を患っているのに重要患者を単独執刀させて失敗させ……

いやもう、勤務始めてどれくらい経ってます?

娘溺愛はともかく、持病に関しては新米医でも気がつく所見を見過ごし続けるとは、この病院の診察レベルが不安です(><)


しかもその誘拐脅迫を、オダジョーに気付かれる!脅迫電話をあんなオープンスペースで堂々とかけてるとかw 気付かせるのも計画通りじゃないなら迂闊過ぎてコワイです。


まあ、そのオダジョーが通報より協力を申し出るわ

「最近おかしい」

と、同じ科の医師が2人辞めたところで早くも内部で噂になるわ。事後の反応の方も速い速い。

ヒロインは復讐しまくることしか考えてない様ですが、自分とオダジョーにカルテの写しを送って来た誰かさんが誰なのかは気にならないのかなー。彼本人と言う可能性だってまだ消えてないしね。
 

そうそう、誘拐は狂言で、録音の泣き声を聞かせてただけでしたよ。…って、奥さんはどうしたの。

旦那の職場にまで電話して「娘がいない」とか、勤務中にどうしろっちゅーんだな心配事を振りまいてた迷惑な奥さんは、まだ公園ですか。警察行きましたか。てか旦那も、保育園に駆けつけるより奥さんに連絡取るのが先じゃないの?
ああ、ここを考え出すと納得力が上手く働きませんw


次週は顧問弁護士が相手ですって。


「アリスの棘」1 ☆☆

上野樹理が復讐に燃える新人医師。


養女になって名前も変えて父が術中に不審死した病院にもぐりこみ、次々と当時の担当医に迫り……。1話で早速二名も殺しかけ、脅迫する手口はなかなか鮮やかです。仕事が速いね!

しかしカルテ書き換えたハンプティー親爺(六平)は屋上から吊るして脅し、執刀医伊達(藤原紀香)には麻酔をかけて←手術室を何時間も占領して!脅して入れ墨。

こーんな派手派手な仕掛けに、目撃者も乱入者もいないもんですかねえ。それを言っちゃあおしまいなドラマですかねえ。

結果も、女医の依願退職は会議で面目丸つぶれ+脅しですから効果倍増ですが、ハゲさんの方は反抗もせず奴隷になるものですかねえ。

さすがに殺したらドン引きなので、2人とも死んでいないのは良かったですが、私が六平さんならこれから狙われそうな偉いヒトにご注進にいってもみ消してもらいますよ!
 

2話で更に上の指導医(田中直樹)をターゲットにする様子、順調で結構。でも最終回までに何人脅して、結局どうなるんでしょう。父の死だけでなく、不正の濡れ衣もあったようでそれを晴らせるのでしょうか。昔の彼女を知るオダギリジョーは、どんな立場なのか。そうそう、上野樹理の子ども時代の子が可愛くて、パパと仲が良くて、父の不慮の死への遺恨を盛り上げています!
栗山千明は空気だったなー

さてはて。

不思議の国のアリスになぞらえる画面はキャッチーですが、あざといです。


「ラストフレンズ」〜7 ☆☆

辛いのはお前だけじゃない。

と、首根っこ捕まえて説教してやりたい気持ちになりながら見てます。
先週のルカからの告白がホント、転回の大チャンスだったのになー「大事な話」を遮ってしまったタケル。あれって、大事だからこそ聞きたくなかったんじゃないかと思ってた
ので(他人の悩みまで抱えるのは荷が重すぎるのかと)、後から大事な話はどうしたんだ、と催促するタケルにびっくり。今更そんな。
まあ、「肩抱くよ」の名場面を生んだ思いやりの男タケルも、所詮年若いということですか。

5話ぐらいから、それまでただ殴られてたミチルが意外にちゃんと意見は言える娘だと分かって応援しやすくなりました。
でね、彼女の不幸だけは周囲から丸わかりで心配してもらって介入してもらって。
なのに実は、ああしろこうしろ幸せになれ、と世話を焼くルカやタケルこそが内緒で不幸に耐えているって図式がなんかもう、もやもやします。
ドラマの人物はともかく、「自分だけが不幸だ」って思いこんでる人向けにかかれてる感じ??
もちろん最後に全てを知ったミチルが振り返って反省する話なんだから全くその通りなんだろうけどー。現時点では「それでいいんだよ」って感じでこー、もやもやするんですよー。

で、実は一番のお目当てだった山崎樹範ことオグリンはというと、浮気妻には何も言えないまま。このパートも、別れ話がこじれてオグリンが妻を刺しちゃうとかを期待してたんですけど(鬼)息抜きパートのままなんでしょうかねー。
ほんわかなのに、してることは不倫。なんだかなー。

「ラスト・フレンズ」3 ☆☆☆

専業主婦になったとして、集金や勧誘の人と口聞いたら殴られるんでしょかミチル。悲惨。
(DVで結局離婚した友人が、男に時間を聞いたって殴られてたました。「でも優しいの」が口癖。いやいや、普通の優しい人間は殴らないのに)

暴力現場を押さえられても、すっとぼけるDV男。彼の側に立つミチル。ある意味共犯。
でも、それを非難するルカ自身も、お父さんがやってくると
「何でも無いよ」
って同じ様な言い訳をするじゃないですか。
保身と心配をかけまいとする気持ち、理由が全然違うのに嘘をついているのは同じという場面、皮肉でした。

父に見守られて育ったルカと、殴られ顧みられず育ったらしいミチル。
「愛」の定義がずいぶん違います。
殴られても見張られて拘束されても「愛されてる」と感じるらしいミチルには、ひたすら見つめるルカの愛は通じませんよね。

あー、重苦しいから観ないでおこうと思ったのに。なんか気になって家族に隠れて視聴(^^;;;)
ケンタの過去になにがあったんでしょう。
友達居なさそうなソウスケの職場環境とか家族とかどうなってるんでしょう。
癒し系山崎樹範と水川あさみが寝ちゃったらしいのは、共同生活のモラルとしてどーなのよ、とか。不倫じゃん!とか思いつつ。

最後、殴打に顔を腫らして助けを求めてきたミチルに、抱きしめるルカに、ここぞとかかる宇多田の唄に盛り上がってしまいました。作り手の思うツボな私……。(しかし、抱きつかれて崩れる2人には、”でかいからね〜長澤まさみ”とちょっとツッコミ。)

「ラスト・フレンズ」2 ☆☆

うー、暗い。歯痒い。しょーもない。
2話目でも結局、外に向かって何かする人物は誰もいず、雨の中泣いて助けを求めたはずのみちるにすら、ルカは何がどうして公園に居たのかも聞かない始末。どこが友達だよそれの。
瑛太やルカの性的かつ個人的な問題と違って、あの時のみちるには事情と状況を聞けたし聞くべきでしょーが。

スッチーの同僚で安全牌@山崎樹範が登場して、シェアハウスに転がり込んだのが唯一の明るい(一応問題は抱えているものの)材料かな?(そのことやみちるや父を挟んで、瑛太とルカの距離が近づく展開は自然で上手いよね)

最後でやっと、恋人の暴力が目撃されて明るみにでたけど。「私のみちる」呼ばわりで止めたことが火種になりそうな予告……。あーやだやだ。一日の最後にイライラするの。

他がたまってきたら後回しになりそうな予感。やましげが恋愛堂々巡りに参加したらいいのになー(って、どこに入るのどこに 笑)

「のだめカンタービレ」1 ☆☆☆

 ぎゃぼ!子役で海外ロケ!さすが月9で豪華。
で、これも面白かったですよ!!
 画面に手書きのハートが飛んだり、スローモーションでハリセンチョップだったり、漫画原作を再現しようてところも随所にやりすぎでしたけど、まぁいっか。

 テンパって声が裏返ってる玉木宏、可愛い〜。
俺様体質、向かうところ敵なしな天才:千秋さまが、いかにして変態ゴミ娘:のだめに巻き込まれていくのか。異臭に耐えかねての掃除、ムキになっての料理、プライドにかけてのピアノ連弾。
 テンポよく納得させられたんじゃないでしょうか??

 映像化一番の弱点はやっぱり音で、素人には
「スゴイ演奏だ」も「下手くそ!」も全然基準が分からないんですけど。さすがに終盤の連弾では、腕の動きという視覚も加えてくれて、千秋のひとつ乗り越えた壁が分かったような気がしました。

 視覚っていったら、のだめの上野樹里もアフロの小出恵介も、これ以上ないヘンな役を動きからモノにしていてお見事!(エロ外人竹中直人のアレは、普段どおりっちゅーか誰か止めてあげてっていうか ^^;;;)

 そして、じゃすみん的最大のツボはもちろん!音大ピアノ講師の西村さん!!
ほのかに紫色の長髪!!黄緑のセーター!!頬に手をあててフェミニンにモーツァルトを語るお姿!!メッチャ得した気分です。

 来週からは、落ちこぼれオーケストラ編制で竹中直人がますます頑張っちゃうでしょう(^^;;;)そこのやりたい放題さえ我慢出来れば・・・・。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ