ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

上川隆也

「執事 西園寺の名推理」2 ☆☆

燕尾服に革靴で疾走する上川隆也、その後の立ち回りも常に背筋をピンと、スマートに。
あの……むしろ刑事役の時よりも動いていませんかw

伊集院家当主亡き後も、百合子夫人(八千草薫)に仕え、絶対の忠誠を誓う執事西園寺(上川隆也)はとても有能。
殺人事件の謎を「解いて」と百合子さまが頼むのなら、星座のダイイングメッセージから社長のフォルダロック暗証番号まで、彼にわからないことはないのです!犯人のご近所クリーニング屋も、彼の頼みなら顧客の預けものを貸してくれます……えええ伊集院家傘下のチェーン店かなんかですか(^^;;;)

1話を見逃してしまいましたが、1話完結なので気にしなくてよさそうです。執事の有能さバリエーションをいくつか見逃しただけでしょう多分。

今回は、援助する養護施設の子供たちに星空を見せてあげたい……と、西園寺家ゆかりの天体望遠鏡の会社にお願いにいく百合子さまと執事。すると協力を快諾してくれた社長(平岳大)でしたが、翌朝遺体で発見されて西園寺は通報者に。
現場で「またあんたか!」と煙たがる刑事には、佐藤二朗と平山祐介。

町工場から成長した企業の二代目社長、セキュリティも甘々……とみせかけて、実はきちんと社員を見ている有能な男でしたよー。
「お前たちは太陽と月」
と育てられた兄の社長と、弟で養子の技術者(岡田義徳) そんな天体に絡めた関係も上下関係で縛る話でなく、弟を輝かせるべく、太陽たる兄は彼を手放して国家プロジェクトに傘下させようとしていた、とかとか。いい話じゃないですか。
副社長(冨樫真)の婚活も、ちゃんと西園寺が独身なれど「結婚には興味ございません」と、生涯いち執事な決意を引き出して、話から浮いていませんでしたよね。そして慟哭が印象に残りました。そっか「機動捜査隊216」でネイルしてた人か!  でも、いくら大事なスカーフでも血痕ついたままクリーニングに出すってどうなの。絹だとそうすべき?私ならとりあえず冷水で叩いてしてしまいそうです……ダメなのー?

「BG 身辺警護人」4、5 ☆☆

室内でリフティングをする息子くん。危ないよ、上手くもないのにw

やっと過去の事件が判明。
天井が落ちてきたなら島崎悪くない……と思ったら、まず子供を守ったせいで依頼人が怪我をしたのね。うーん。

結果海外リーグ参戦を断念、引退後クズになったその選手(満島真之介)からの指名依頼で、海外高飛びの手助けをさせられそうになりヤクザからぼこられ。それでも無抵抗でいたのに
「お前はとっくにクビだ」
と言われたとたんに反撃してボッコボコってw すみませんカッコイイ場面なのでしょうが極端すぎて笑ってしまいましたよ。依頼人でいるうちはどんなクズでも神様ってなあ。そういう仕事なんだと言われても、菜々緒じゃありませんがドン引きです。
それでも子供を守ったことを、依頼人本人からもそれで良かったと言われたのは救いなのかな。
最後にファンの子供達にサインしてあげて。
いいことをしたように描かれてますけど、近日中にサインの主が逮捕されたと知ってファンがどう思うのか。その辺なにも考えずに作ってそうですよね。

以上が5話で、4話は大臣の冒険劇。
病院で検査を受けるとSPを撒き、島崎の会社に警護をさせた例の大臣。他党派との密談のはずが、途中で不倫の密会と言い出し、更には島崎にだけ、未婚で産み養女に出したままの娘の結婚式だと打ち明け……。トンネルの避難路を使って検問を回避する面白いルート(工事現場での経歴が活きたね!)も相まって目に楽しく、更にホテルに着いたら主賓の大臣と密談で、まあ娘の話も本当ですが一石二鳥だったのかーいと驚かされるところもちょっと面白かったです。

でも主人公を中心に考えると、また江口洋介と会ったねってぐらいの回じゃない?

毎回、観ればそれなりに面白いのですがオリンピックに勝てない。別に一回抜けても構わない作りは視聴者に親切なのでしょうか。


「BG 身辺警護人」1 ☆☆☆

これはいいキムタク。

2012年当時はスター選手のボディーガードだったのに、事故かなにかでしくじったらしい島崎章(木村拓哉)、6年後の2018年には民間の警備会社で道路工事の警備に身をやつしています。
しかし社に身辺警護部門が新設(3号警備ですね!) もうその世界には戻れないと固辞する島崎ですが説得されて、元自衛官(斎藤工)元警察官(上川隆也)らと共に、経歴は伏せたままメンバーに加わることとなります。

初仕事は、マラソン大会スポンサー社長(伊武雅刀)の警護。
スターターで花を添える大臣(石田ゆり子)は失言から脅迫されており、そちらには警視庁SPが。武器を持たない民間ボディーガードを邪魔扱いするSP落合(江口洋介)ですが、島崎は周到な下調べと多角的シミュレーションで挑みます。丸腰が怖いからこそ、見落としがないようにしっかり考えるんですね。

大会当日、黒煙があがりパニックで群衆が逃げ惑う中、人気のない一室で向かい合う大臣と犯人と、島崎。
なんだかんだ、途中から警察も駆けつけて大立ち回りになった挙句の逮捕で一件落着にはなりましたが
『あんた達が銃をみせるから、犯人もナイフを抜いた』
とSPのやり方を咎める島崎。確かにそれまではただの話し合いでしたからね。丸腰ならではの守り方がある、という主張にも一理ありました。この先何度も官民で対立し、理解しあい、最後には共闘などみせてくれるのでしょうか(^^)
元ボディガードと仲間に言わなかったことで「嘘つきとは組まない」とばっくれた斎藤工も、そのうち戻って来ますよね。

島崎には中学生ぐらいの息子もいて、今だけ同居中です。再婚した母の、新婚生活を邪魔したくないのだとか。離婚の原因はやはり6年前の失敗なんでしょうか。

アクションもいけると頑張る木村さんが時々武井壮に見えてしまうこともありつつ。脚本がいいですね、多角的に楽しめそうですw 


「銭形警部」金曜ロードショー ☆☆

銭形だ!銭形警部だ!
あのダミ声を見事にものにし、体格俳優鈴木亮平が今度は銭形のとっつぁんを見事に演じてくれました。惚れる。洗濯物たたんだり机拭いたりしながTVついてるお茶の間で、声が似てたらもう銭形ですよね。
じゃあ映画「ルパン三世」での小栗旬もアニメの声を真似て『ふぅじこちゃぁぁぁん』とやらかせば満足だった……かと言われると分かりませんが。事件そのものを作り出すルパンにはスタイリッシュやらルパンらしさを過剰に期待するものでしょうが、事件をうけて捜査に走る警部は受け身なものですし、だいたい今回ルパン偽物ですしね!

そんなわけで、まずは美術館から絵画が消えます。爆破予告や花火で警備の気をそらしての手口が怪盗ルパン三世と思われましたが、警備員が死んだという一点で
『犯人はルパンではありますぇん!』
と断じる大きな影。そうインターポール所属、銭形警部(鈴木亮平)の登場です!

絵を盗むなら枠から外して丸めて運ぶのが普通でしょ。美術品をよく狙うルパン三世担当の捜査員が枠ごと持って逃げると思ってちゃ困ったものですが、今回は犯人本当にそのまま担いでたんだから困ったもの。靴もあんなピッカピカじゃなく履きつぶしててほしいなあとかとか思いつつも。細かいことと『刑事のカン』に拘る銭形の捜査は、見事警備員の犯行を暴き、マスコミの寵児に。
それを見た小津(上川隆也)は、クイズ形式で銭形に爆破予告をよこすのだが……。

スタイリッシュ知能犯vs絶対に諦めない銭形。
ダメな部下国木田(三浦貴大)も、優秀な部下桜庭(前田敦子)も、それぞれに銭形に影響を受けて刑事として成長しているという展開にはベタながらすっきりしましたよ。ただ、これが連ドラの1話だったとして2話3話に超期待できるかとなると自信ありません(^^;;;) 全4話のwowow版はどうなるのか、お手並み拝見です。  
今回の決めは背負い投げ! 鈴木亮平って元から柔道の心得あったんでしょうか。それとも俳優になってからそういう役どころが多くて上手くなっていたりしてw あと爆弾魔の山寺宏一がおいしい役でしたね

「沈まぬ太陽」第1部 ☆☆☆☆

ペットの亀に語りかけ、剥製を銃で撃ち砕く。
カラチ、テヘラン、ナイロビと10年に及ぶ僻地勤務で病んでいく主人公恩地(上川隆也)をハラハラと見守る第一部がやっと終了です。10年は長かった……よく頑張ったものです。
山崎豊子原作。かの日本航空もとい作中では国民航空を舞台に描かれる社会派ドラマはwowowお手の物で見応えがありました。


もともと、望まなかった組合活動に端を発しての報復人事。
俺だけが逃げるわけには……と組合仲間を大事にするあまり、犠牲になるのは家族ですよね。一緒に活動をしていた行天(渡部篤郎)は組合を脱して出世街道まっしぐらなだけに、いっそう恩地が哀れです。


じゃすみん実家、父はアラブ南米と僻地上等な商社マンだった上に母と姉が元CA(御巣鷹山の頃は姉現役)、ついでに旦那も叔父と弟が整備士という縁でもういろいろ思い出話も絡んで前のめりで視聴です。
親の死に目に間に合わない24時間以上かかる乗り継ぎフライト……僻地在留邦人あるあるですよね。南米にいた頃祖母が亡くなってまさにこれでしたorz

それでも父が、もとい恩地が仕事にやりがいを感じて張り切っているのならまだしも、いやいや日々を過ごしているだけなのだったら……家族巻き添えじゃん!もう子供達と奥さん(夏川結衣)が可哀想で仕方ありません。
転職すればいいのに。
でなければせめて組合やめて、日本に帰してもらえばいいのにと思いませんか。帰国後また組合活動しようが『僻地勤務は期限2年』を会社も破っているのだからお互い様なのに、昭和のモーレツ社員ときたら……。
 
終盤、やっとその雄伏が世間に知れるところとなり社会問題としてニュースにまでなって日本に戻れて万々歳です。しかしそこに、緊急連絡。そう、あの墜落事故の夏で第2部の幕が開きます。

次の恩地の仕事は被害者とその家族との対応なのだとか……うわあ、辛すぎる。
組合を無視し安全対策を怠り続け、原因究明よりも隠蔽に走り続けてきた大企業。その体質が未曾有の大事故を生むのだと警鐘をならすのでしょうが……結果を知る身としては事故前の、通常通りに乗り込む乗客たち、ちょっとした冒険を楽しむ筈の男の子の笑顔に胸が痛みます。 
 


「エンジェル・ハート」1 ☆

「一緒に散歩するかい、銃弾の雨の中を」
よ、待ってました冴羽撩!上川隆也がはまってますw

それだけに驚いたちゃったのは秘密結社レギオン。秘密?結社?暗殺者?カリートだグラスハートだってコードネームでわざわざ呼び合いながら衣装には結社のマークをがっつり入れて身元の怪しさを誇示。日曜日だし、朝の特撮と間違えて録画したのかと思いましたよ。
元々の「シティハンター」もこんな感じでしたっけ?美人三姉妹が怪盗キャッツアイだったあれじゃなかったっけ?
まあ少年漫画由来だし、アクションも含め男子はこれが嬉しいのかな?と旦那をみればもう寝てました。前半の占い、離婚騒動でどうでもよくなったか(^^;;;)  ぶっとんだ秘密結社で押すなら、事件も新発明のなんちゃらだ秘宝のかんとかだと非日常で揃えてほしいかなー。それとも、マスター(ブラザートム)が美味しいコーヒーを入れながら荒事もこなすような、このズレが味なのかなあ。

そんなわけで、亡き恋人の心臓を移植された暗殺者を拾った冴羽撩。
xyz……の合言葉でなんでも請け負うシティハンター冴羽は、美しき暗殺者の願い「助けて…」も引き受けるのか?その傍ら、いろんな事件も片付けちゃうのか?防弾ガラスの喫茶店キャッツアイには今日も胡乱な客が来るw 

正直、冴羽の恋と事件よりマスターの日常の方が気になるかも。毎度ランチャーでオチを引き受けてくれるよね!(これまた恥ずかしいコードネーム持ちw) 
相武紗季演じた香が魅力的だっただけに、その香を失った撩が暗殺者ちゃんとloveになるなら辛いですねえ。脇役はゴリのおカマが面白いけど既視感~。


「花咲舞が黙ってない!(2)」1 ☆☆☆☆

え、この2人そういう仲? 前作からいままででデキちゃった?

と思う人がいても不思議じゃないよねー出張先の男女が湯上り姿で旅館にいたら。まさか食い道楽だけで団結しているとは思うまいw

そんなわけで、何も変わらず始まりました臨店班の花咲舞(杏)と相馬(上川隆也)。塚地もそのまま。常務だ取締だと上の方の人たちの肩書きは変わっても、臨店班の人も立ち位置も相変わらずです。おかしいことには「おかしい」と声をあげる、まさに黙っていない花咲舞!スッキリ(^^)!


しかーしセクハラみたいな人によって線引きが違う問題ならともかく。元本保証や利率で嘘を伝えての契約は犯罪でしょ?大問題でしょ? 示談や異動でうやむやにしちゃっていい問題じゃない気がしまーす(><)そしてこんな問題が続編できる分もたんまり起き続けるのだとしたら、銀行がどれだけ腐ってるかの宣伝じゃないですかw

『この会社は腐ってるけど、人は腐ってない』

とか、あわや責任とって辞職だった片瀬那奈が言ってましたけど。いやいや、あれだけの人数がずっと不正を黙認しながら支店売り上げ一位を誇り続けていたんだったら、強要した支店長(寺脇康文)だけじゃなく下も十分腐っていたのでは……orz

暴くのが記者や警察でなく、内部の臨店だという限界がそこにありますよねえ。それに今どき、スマホで支店長の発言を録音しておくぐらい自分の保身のためにも必要だと思いませんか。

あ、舞の父(大杉漣)の店に相馬が通い詰めてるのも相変わらずw 何ヶ月か付き合った男と別れたそうですが……しばらくうまく行ったとて、店にいる相馬に会って舞との夫婦漫才みたら別れ話になると思いますw

「遺留捜査sp4」  ☆☆

目撃者の記憶が戻ったら……

って、世間はそんなに顔を覚えているのでしょうか。しかも当時は幼児。 

私は自慢じゃありませんが顔を覚えるのは苦手ですよ、初対面ではよほど個性的でないと服や装飾品の印象ばかり残ってしまって。違う場所でばったり会うのも、混乱します(><) ドラマの人は物覚え良すぎるわーと思って暮らしてますけど、少数派なんでしょうか…orz


さておき、鈴木福くんがゲスト。誘拐されちゃいます。

嵐の夜に両親が殺され……親身に育ててくれた教育係一ノ瀬(北村有起哉)は、実は殺害に使われた拳銃を奪われた元警官で……償いのために転職……と思いきや云々。

糸村(上川隆也)が今回気にするブツが、特撮ヒーロー限定フィギュアなのも毛色が違って面白かったです

人質に銃をつきつける犯人とにらみあう機動隊!

緊迫する現場に、しゅるんと自転車で入ってくる糸村の場違いさが例によって和んでいいですよねえ。その後の謎解きも、福くんの熱演で泣かされちゃいました(><)


ツッコミどころは満載なんですよ。懐にフィギュアいれて強盗に行く男も男なら、それを黒づくめの強盗に渡されて泣き止む幼児も変w しかも1話打ち切りの知らないフィギュアで?妖怪ウォッチ並みの人気ものならともかくw 

あと細かいところでは病院の計器。

水沢課長(斉藤由貴)が弁護士を締め上げるのに、ど真ん中に映ってるモニターがピクリともしないんですよw さっきまで出血多量で意識不明だった人の胸ぐら掴んでガクガクやってるとんでもなさ、出番少な目な課長の見せ場だったのになあ。計器動かずじゃ、相手が平静ってことになっちゃうじゃないですか。その後も殺人を自白し、動機の恨みつらみまで語って、さぞ脈も血圧も上がったでしょうにねえ、変えられないなら映さなければいいのに、


おめあての森田さん(西村雅彦)は、死体があがった場面でチラッと出てきましたがすぐに単独捜査に。コート翻して颯爽と退場で出番少なかったですw 本庁に派遣されようかって時にも、そんな奴なら要らないと断られちゃってましたよー なので一番の見せ場はエンディングの和気藹々でしたね。 『パーティにいたのが俺なら』と大口叩いたり、奢らされてたりw いつの間にかかなり月島署メンバーと仲良くなっていましたね。

新シリーズあるんでしょうかねー

「遺留捜査sp3」 ☆☆☆

スペシャルの続く遺留操作。

毎週より、たまに2時間ドラマの方が濃くて楽しめてます。

パーティドレスの課長(斉藤由貴)、可愛い~♪ こんな豪華な始まりもスペシャルならではですよね。


今度の事件は計画的バックドラフトによる連続殺人……か?

と、第一の火事バックドラフトを事故と処理した月島署から、第二現場の芝浦署捜査本部におでかけの課長とヒマなもう1人糸村。喜んでいるのは糸村(上川隆也)だけですよw

結果、7年前もみ消されたホテル放火事故まであぶり出され、買収や地上げを企んだ思わぬ真犯人が浮かび上がるのでした…。

今回の糸村は、退職2年前のベテラン刑事(内藤剛志)とコンビです。

3つの現場に残された月日星、三光の香炉が気になる糸村。他にも小さな証拠をつつき回して怒られてw 

でも確かに、今時犯行計画や地図をノートにびっしりメモる若者はいないよね。スマホも一緒にみつかってるなら、少なくとも地図は要らないでしょうw なので、詳細なメモ=犯行指示であって計画者じゃない←納得でした。

しかし謎解きのくだりは、毎度のことながらほぼ想像と妄想w 犯行関係はともかく、3つの香炉が親子3人を象徴していた、もう父を許していた筈とかは無理矢理ですよねえ。


ショカツに残された森田さん(西村雅彦)、捜査本部に行く気満々だったのにイラついております。覚せい剤捜査ならまだしも、迷子犬の捜索はないでしょうw 無駄に良い声で

「ティアラー!」w

挙げ句、川浚いの途中で呼び出されてさっさとトンズラには笑いましたが、ラストのオチもまたこの子どもと犬。幼女を背負ってティアラ号を追いかける森田さん、ご本人が思うよりずっと、ショカツに馴染んできた様です。


「遺留捜査sp2」☆☆☆☆

いつもと違う場所、面子での遺留捜査。2時間ドラマらしいspで楽しめました(でも森田さんは少なめw)


開始10分で糸村(上川隆也)のおセンチな遺留品解説(><)

でもそのおかげで、どんな人なのかよく分かるじゃないですか。そして最後の『5分下さい』も(緊迫場面に自転車でチリンチリン現れるのもw)いつも通りなんですが、犯人だって知りたかっただろう真相なので騒がず聞き入ってる理があり、泣き崩れるのも当然の流れで納得できましたよ。


そんなわけで事件は、父親が幼児殺害犯として死刑判決を受けたのに冤罪だったと知った青年(福士誠治)の復讐です。

ふた昔前のDNA鑑定が証拠採用されず、不服だった鑑識官が退職後もずーっと持っていた証拠品が死後郵送されて分かるという時限爆弾(><)

大学教授(原田大二郎)の誘拐と、貿易会社のお偉いさん(佐戸井けん太)に何の関係が……って、元はその事件の検察と裁判官だったんですよ。捜査担当の方も本部長だったかに出世。3人とも犯人の目的は重々承知なのに誤摩化そうと必死で……ここに糸村さえ関わらなかったらなんとかなったかもしれないのにね!


で、その誘拐事件を、お使い先の房総で目撃してしまう糸村さん。スゴイ偶然w

自然と千葉の捜査にも関わり、現場に落ちていた古い切符の発行駅にも行ってみるという、いつもの月島を離れての活躍になるのでした。でも容疑者の勤務先は築地!所轄内!いつもの面子は聞き込みで活躍です。これまたスゴイ偶然でナイスw

でも一番の偶然は、房総の温泉で休暇をとっていた鑑識さんですよね。

『近くにいてくれるなんて』

と、感激の糸村w 君のために来てないんだけどね…w 露天風呂から追い出して近所の大学の研究所で鑑識にあたらせる鬼畜っぷりw いくら犯人からのタイムリミット間近とはいえ可哀想度MAX、頭さげて回る課長(斉藤由貴)も可哀想でしたけど、鑑識さんには叶いませんw


で、森田(西村雅彦)さんの活躍はその築地の聞き込みと、青年がさあ気づけとばかりに置いていった戸籍の父の名前に覚えがあったところです。そうそう、発端となった幼児殺害の件も父親の仕事仲間に聞き込み回って犯人逮捕。御影石粉の証拠だの、『不正解』がひとつ判明して故とはいえ、こんなに簡単に察しがつくなら、当時の捜査は一体何をしてたんだってところは不満です。ぷんぷん。


片道切符で帰省←心中! は、推理ものでは王道なのでありです。確かに追い詰められて考えてたかも。でも、そのまま田舎に住み着くとか、息子だけ遠縁に預けて自分は逃げるとか、実際はいろいろ他の手もあったかなと思いますですよ。


また次のシーズンありそうですね。

でも月島にいない方が面白いのってどうなのかな。

 

「花咲舞が黙ってない!」~最終回 ☆☆☆☆

臨店班、解体されず!

相馬と舞も理解し合えどラブなわけじゃなく、これは続編の可能性ありまくりですねー。

最終回は、その前の回でお目こぼしだった御曹司のバカっぷりがとうとう親にもばれて良かった良かった。でも会社同士のおつきあいのために穏便な処分になるのねー 


いやあ毎回啖呵にスッキリ(そして下される処分には、もやっとw)

金融関係の専門用語は、歴代の池井戸潤原作ドラマで予習済みで無問題です。むしろイベントとして 「半沢直樹」のアレね?コレね?と、親しみを感じたりしてw

でもねー旦那はリタイアでした(><)主人公が女性の舞ちゃんなだけに、セクハラパワハラで女性が辛い目にあって舞ちゃんがガツンと文句言ってくれるという展開が多くて、そこが馴染めないというか

「文句言う程の事?」

と言いだしたり、処分が可笑しいとお茶の間で揉めたり、自分の職場でのセクハラ問題が訴えられる方として納得いかない対応ばかりだとかドラマの話じゃなくなっちゃったりwして……楽しめないとリタイア。男性視点だとそうなるのかな。

相馬と舞の父(大杉漣)の意気投合や、オフィス街でのランチなど、食べてる場面が美味しそうなのも良かったです。 


「花咲舞が黙ってない!」1 ☆☆

水戸黄門を思い出しました。

諸国を巡る花咲舞(杏)があちこち支店の悪を成敗するのじゃー。フォッフォッフォ。付き人助さん格さん役は上川隆也が一人で兼任ねw


本部の「臨店班」というのは、支店の問題を指導解決するのがお仕事。「半沢直樹」で聞いた気がするけどあの時は敵側で、こんな可愛い女の子が来る様には見えませんでしたよ。同じ池井戸潤原作でも違うものです。

でも地味でお固い原題「不祥事」から、ドラマは似ても似つかないタイトル(おまけに主人公の名入り)に変えられているところは一緒。TVと小説の売り方の違いが見えて面白いです。


初回は、100万円計算が合わない騒動。

1円合わなくても全員帰れない、でも例え1円でも自分で出して補填するべからず!というのが銀行だとよく聞きますが、そんなところでどーんと100万円消えるとかありえない大金じゃないですかー。


結局は、パワハラ支店長の業績を下げてやろうとベテランテラー(窓口係)の木村佳乃がわざと一束隠したことを花咲舞が暴くのですが、なんとお金は戻っています。支店長と腰巾着が自分の口座から下ろして補填w

100万円自腹切ってでも、不祥事になるのは避けたいとは。コワイところですね銀行(><)


その後の支店長とテラーへの処分を、所用で確認しそこねましたが。例え警察沙汰でクビでも、花咲舞のおかげで言いたいことが言えたテラーさんは笑顔で辞めていけることでしょう。男社会の銀行で、言っても無駄、やっても無駄と諦められていた声を、これから花咲が拾って助けてくれますよー。


元気に楽しくスッキリ出来そうです(^^)

「遺留捜査」スペシャル

拳銃を持った一味が病院を占拠!
 

そんな中居合わせたのに、平然と別件の報告電話をする糸村さんw 
退去せず、犯人を覗き見。常にそんなグッズ(ミニ望遠鏡や、歯科ミラー)持ち歩いてるんですかw 更に医者になりすまして接触、人質になって病気の女の子を励ましてやるのかと思いきや、当初の訪問目的通りに別件の聞き込みをすすめたいだけという非道ぶり! 

まあ、その筋から占拠事件の方もいろいろほぐれてきますけどね、それは結果だからーw

鑑識さんもこき使う使うw 可愛い顔して相変わらずひどい奴だわー


でも最後はちゃんと泣かせてくれました。


森田(西村雅彦)は仙人の様に長かった後ろ髪を切って普通になっちゃってましたよ。役作りじゃなかったの?

「怪奇大作戦 ミステリーファイル」1 ☆☆☆

「血の玉」

警察とは別組織で不思議犯罪を捜査する、特殊科学捜査研究所SRIを悩ませる今回の事件は……飛び回る血の玉!被害者は血液を抜かれてミイラ状態に!


ってことは、蚊かな?でも次が蟻なのに…

と思ったら、冬虫夏草とマシンの組み合わせでありました。人が操って人を狙うとか……でも動機に泣かせが入っていたりして、昭和の香り漂うSFテイストが楽しめました。


現場係の原田泰造&部下の村井良大が、好きなんですよねー。そこに上川隆也が加わると突然「遺留捜査」みたいになっちゃうんですけどw

可哀想な警察官(浅利陽介)が巻き添えでサクッと亡くなっているところはドライです。

とりあえず次回も楽しみ。

「遺留捜査(3)」最終回 ☆☆

ほら、やっぱり生きてたー。

最初っから誘拐が罠で、オタクのお嬢さんが撃ち殺しましたよと恐喝する方がメインだった訳ですか。結果的に成功しちゃってるから知能犯な感じですが、

・公園での連れ去り、

・山小屋で監禁、

・少女を解放、

・父親と接触、

……お金も入らず、捕まるリスクだけ高いポイントが多すぎる(><)しかも顔見知りの女に得意げに喋っちゃってw 携帯小説で発表されちゃうってw ダメ過ぎる~

こんなダメなのから恐喝されて支払ってたなんて、パパ orz


そんなこんなをほじくりかえしたのが、例によって糸村の暴走捜査。山狩りには森田さんも同行、ついに2人の共同捜査が!

といっても、最近は激しく対立していたわけでもなく、2人とも勝手に単独行動ばかりだったのが同じ森にいるだけ。それも話はすれ違うので、想いがひとつなわけでもないという中途半端な感じでしたが、まあいいか。

被疑者自殺(ホントは違ったけど)の責任は糸村。

そんな上の押しつけに文句を言わなかったことを、森田さんは骨があると受け取ったけど、実は糸村は上の空で「多分、他のことを考えていました」ってw そこまで変な人だったとは orz
でも今回は何もかも糸村が解決してて普通に有能でしたよねー。 


そして事件解決後、本庁に戻ってた筈の森田さんが、また段ボール抱えて逆戻り。正式に異動になったそうで…。これって「遺留捜査(4)」も同じ署で、糸村vs森田で続くってことですか?

楽しみなような不安なようなw

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ