ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

上地雄輔

「全力離婚相談」1 ☆☆

真矢みきが弁護士。


宝塚男役だった人のデキる女役は鉄板ですが、それ故に既視感もありあり。

でも離婚案件は嫌がる彼女は、自らも離婚経験があり、それも幼い娘の親権を相手に取られての辛い離婚だった模様で、ふと見せる弱さがいい感じではあります。幼なじみ(上地雄輔)にベラベラ語ろうとすると無視されて決め台詞言えず、「ちょっと、ちょっとお」と聞いてアピールの真矢みきなんて珍しいよね。


で、大事な企業トップ=嫁を追い出す側の祖父から依頼されたのに、気づけば嫁の側に立って、旦那(吉沢悠)のDVを盾に取れとか面会の条件だとか提案しちゃってます

でもそれだけじゃないのが、実は自分の子じゃないと旦那が爆弾発言。

そんな大事な秘密は伏せたまま、面会権を獲得して他の男の子?を育てさせる、カッコーのような嫁が泣いてますが。見てるこちらは微妙な気持ちで一件落着です。


いや、祖父である大事なクライアント激怒、事務所は損害を受けたので全然落着じゃないか。ヒロインは退職して一転離婚専門を志すわで2話に続きます


最後は自分の元夫と対決なのかなあ
真矢みきが幼い娘に嫌われてたのは誤解なのかなあ 

旦那はもう興味ないとリタイアですが、とりあえず様子を見ます

「ダーティ・ママ!」1 ☆☆☆

ここまで邪悪なヒロイン、滅多にいないw


装甲車ベビーカーに赤ちゃん乗せて登場したチリチリパーマ刑事(永作博美)が、どこでも子連れで突入しては

「授乳がしたい」

と容疑者のオフィスに不法侵入。

「子どもが触りたがってる」

と被害者のUSBをちょっと拝借、データをコピー。……だけならまだしも、証拠が無い相手を縛り付けて石投げで脅して吐かせるとかひどーい(あの後、どう家まで返したんだかw てか、どう捕まえて縛ったのw) 違法捜査にちゅうちょがない!裏金も平気でもらう! 
上司も一課の男どもも皆敵に回して、どこまでやるつもりなのでしょう。 


しかもその間、愛息橋蔵くん(1)の世話は部下に丸投げ。

交通課から異例の刑事抜擢で張り切る香里奈だったのに、まかされる仕事は橋蔵くんのおむつ替えてミルクやってお風呂入れて絵本読んで寝かしつけw 職場に子どもって、往年のアグネス論争を思い出しましたけどね。検挙率1位だから辞めさせられないの? いくら犯人逮捕してても、同時に訴訟と始末書も大量に抱えていそうなのにねー。 


扱いの酷さにブチキレ……る前に、クビを宣告されてしまう香里奈。だって普通にマトモな人なんだもん。そのマトモさ故に、逆ギレでまた子連れ捜査に戻ってくるところも予想通りです。さてこれから、マトモじゃない永作博美に感化されて行くのか?


1話私は楽しくみたのですが、不安もあり。
凶悪ママ刑事が無愛想すぎ、上司同僚に嫌われすぎでしょう〜。これに指導されたら香里奈チャンの出世は真っ暗ですw 聞き込み先ではよく笑うけど何故か『関西のおばちゃん』で可愛くありません。
せっかく、天海祐希じゃなく小柄な永作博美が演じるのなら、小動物なママ刑事さんでもいいのに。
『ほら、子守りの刑事連れて来たよ☆休んで☆』とか
『個人へのクレームも組織で受けて立つ』
って皆に守られてる可愛い人が、笑顔で暴言、笑顔でガンガン違法捜査って方が萌え〜(あ、でも「アンフェア」の脚本の人なら無愛想が好きなのかな。それとも「家政婦のミタ」に乗っかったとかw)
 

香里奈の恋人はお巡りさん(上地雄輔)。自分も目指している刑事に無試験でなった香里奈を応援しながらも嫉妬を隠せない描写がグーでした。あと、刑事課にこそっと林康文がいるのも嬉しい。
あ、犯人側にアンジャッシュ児嶋。普通に馴染んでいて、ひな壇に座ってるより向いているかも役者。 

橋蔵くんの父親や、その母親との揉め事もそのうちありそう……だけど、そっちはいいや。


「逃亡弁護士」9 ☆

うわー、見事なバカップル。逆恨みまでお似合い(><)

せっかく事件のからくりが解けてくる回だったのに、小早川さんの動機、主人公への恨みにまったく共感出来なくて呆然としてしまいましたよ。
貴方のせいで……じゃないよ、どう考えたって報復してくる方が悪いし、警察行けっての。せめて成田に連絡をとって、報復されたことぐらい伝えてから文句を言いなさいよー。(怪我したボクちゃんに法律事務所が敷居が高いならともかく、小早川は同僚だよ??)

一年に及ぶ逃亡生活が「辛かった」って、それは主人公も一緒だってのが分からんのですかー。嫌だもう~。

そして「これから自首する」フラグの通りに誘拐される小早川さん。何とかケースなんてどうでもいいよ、もう~。でも家族は何故か楽しんでいるので見てしまうのよね。 

人気ブログランキングへ

「逃亡弁護士」1 ☆☆☆

犯人追い詰めすぎ(笑)
橋の上ビルの屋上と、自殺になりかねない場所で囲んでるのに警察の人が無神経だよー。まあ運動神経のいい上地くんですから、本人にしろスタントにしろ安心してみていられましたけど。最初の病室から逃亡した場面、廊下の突き当たりで方向を変えるスローモーションがかっこよかったなあ。

物語は、冤罪逮捕から逃亡する弁護士成田(上地雄輔)が人生行き詰まった人に次々と出会い、法律の知識で彼らを助けながら、真犯人に迫るというまんま「逃亡者」ですね。
でも最初の恩人中村獅童が早速死亡で先行き不安です。毎回、知り合った人が主人公の無実を信じる→死ぬの繰り返しだったらどうしよう(><) 
「目を見たら分かる!」
が成田の決め台詞の様ですが、最初の被告も本当に冤罪だったかどうか……うーん、思いこみじゃないのかなー。新米だしね。 

イメチェン石田ひかりが、殺された被害者の娘役でいい感じです。成田と仲が良かったのに。だからこそ『父を殺して逃げたユルセナイ!』となっていて、誤解を解くのが大変そう。次回へのヒキで早速出会っていて、さあこりゃどう騒がれるのかと期待(?)がふくらみます。

アリバイ、消えた証人だけが問題になってますが、直前の通話記録、発信受信地の記録はどうなのかなあ。

上地が弁護士ィ?という根本的な問題はありますが、そこを言い出すと不審者に平気で近寄る小学生女子だってこのご時世あり得ないわけで(ていうか警察!接触があった獅童の家族ぐらいマークしようよ)全力でスルーです。
『この前お父さんといた人だよね?』
ぐらいの切ないことを言ってくれるかとちょっと期待しましたが、そんな母親だったら元夫の死で大騒ぎになってるだろうし、うーん。

細かいことは気にしない姿勢で。

人気ブログランキング
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ