ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

三浦翔平

「ハコヅメ!」2〜5☆☆☆

 犯罪とでなく睡魔と戦っていた新米警官川合麻依(永野芽郁)が、失敗や周囲からきちんと学んで、どんどんしっかりしてきましたよ! がんばれ。

 中高生を狙った性犯罪に「ちょっと触っただけ」的な揶揄を持ち込まず。男性警官もきちんと「同意でないことを証明する必要」を解く。女が迂闊でも男が全員悪くもない、犯罪者だけが悪い、真っ当な描写でホッとします。

 そして見出された川合の適正は、似顔絵w   上手くは無い絵ながら、例えば眉毛を
「海苔みたい?毛虫?」
と、独特な質問でイメージ共有していくやり方は納得感w
 初手に、雑な対応で傷つけてしまった少女の引きこもりはなかなか解決しませんが、真摯に謝罪を続け逮捕を誓う麻依。応援できる〜!無事逮捕できて良かったぞ!

 実は4、5年前に痴漢の被害届出して、事情聴取も受けたことあるんですよ。
逃げちゃったしどーせ捕まらないだろうけど注意喚起や見回り位してもらおう、と電話したらまず機捜が来たし。パトカーも来て現場検証、書類作成には3時間はかかかったかと。指紋採取した服は洗濯せずに保管をお願いされて、制服だったので買い直しorz   結局捕まってないんでしょうけどねー。以来警察への信頼度爆上げです。おまわりさんみんな頑張ってほしい。そして痴漢は滅びろ!

 激務の表現が、男性は仮眠室がおっさんの匂いに包まれるタコ部屋になりw 女性もシングルベッドで3人が寝る、しかも無理だと思ったのに即熟睡してしまうレベルと、具体的でリアルです〜

 落とし物が盗品だった回。
親しくなった子の家を、ガサ入れしなきゃならない。戸惑う麻依に、それが普通で慣れてる自分たちが変だと怒らず認めてくれる藤先輩(戸田恵梨香)優しい。
 自ら『後から見つからない様にしっかり探す!』方向に切り替えた麻依は、他にも尾行でラブホに入りw  蘇生訓練でファーストキス(相手は人形とはいえ!)  いろいろ何か失っている感ありつつも、成長してますよ! 非番のデート中にも、市民の安全が気になって帰ってきちゃうぐらいに。うーん可哀想、でも結ばれなくていいチャラ男だったのかな?

 そんなこんな、川合が成長し藤とのバディの絆も育ちつつも。ゆっくりと、藤の過去の何かが浮かび上がって来ています。麻依に似た、おかっぱでドジで明るい同期に一体何があったのか?怖いわ。
(永野芽郁の新型コロナ感染、撮影休止には本編が2週お休み。でもオリンピックと重なって放送なかったドラマもあったぐらいで、特別編×2対応で、丁度よかったのかな?)
 

「あのときキスしておけば」〜最終回 ☆☆☆

 ハッピーエンド……でしたか??

 終盤はもう泣きっぱなしでしたよ(TT)
特にあの幸せな結婚式!桃地(松坂桃李)を囲んでみんなでフラを踊り
『私は〜 貴方を〜 愛してます』
のハンドサイン! それをニコニコと撮影している巴さん(麻生久美子)

……の、ふりをしているマサオさん(井浦新)だよね、分かってたorz

 蟹釜ジョーの魂はマサオさんの中に。じゃあマサオさんの魂は?って、申し訳ないけれど『多分どこか、沖縄の海の中…』と、消えてしまったものと思われていたのに。まさかのいざキスのタイミングでマサオ復活しようとはw

 そこからしばらくはドタバタ、借金まみれで自殺しようとしていたマサオに、そのままの気持ちで死のうとされて引き止めに高見沢(三浦翔平)からエグゼクティブ真二(六角慎司)まで巻き込むんで大騒ぎでしたよ。でもそれでエグゼクティブとも仲良くなっちゃったのよねw 入れ替わりには心拍数上昇で風呂がいいんじゃね?と皆んなで銭湯行ってみたりと、楽しかったのになあ。
 段々と、マサオさんでいる時間が長くなる先生。
このまま先生を失ってしまうだなんて、耐えられない! でも今までマサオの家族がそれを受け入れて『巴さん』として扱ってきてくれたことを思えば、マサオ本人が戻ることを否定することもまた出来ず。
『半分ずつでいられたらいいのに……!』 本当にね! 

  悩む代わりに、前向きに「結婚式」の準備を始める桃地。仕切りはライバルだったはずの高見沢で、マサオ妻のフラをスーパー仲間みんなでレッスン! ウエルカムドールは巴母が作ってくれて。アンチ蟹釜だったパートさんだって指輪作ってきてくれて。
 なのに、連載を終えお母さんにもお別れを告げた先生だけがそのまま戻って来ず。 読まれないメールを蟹釜ジョー携帯に送り続ける桃地に、何かしてあげたくてマサオ自ら、先生になりきる練習をしてみたんですけどって、どれだけ桃地の周りは愛に溢れているんですか……。かえって悲しいことになり、結婚式も実質お葬式になってしまいましたけれど。

 前期「天国と地獄」での入れ替わりとまた違い、身体が変わったのが巴だけ。しかもそのおじさんになった巴を変わらず愛せ!という無茶ぶりされるわけですが、段々に受け入れられてしまったのは、巴の何がどうなっても私は私!という強烈なパワー故でしたねえ。
 振り回され、すっかり虜になった桃地くん。おかげでもう恋なんかしない、おじいちゃんになっても巴一筋と誓って生きることになっちゃったのに、うん、あんな人はそうそういないよねとちょっと納得してしまいます。また先生がね、霊界で福引当てたとか言って、戻ってきちゃうんだもの! でもまたタイムリミットあるんでしょう? うう、これは幸せな泥沼。 そして知らない間にまた体使われるマサオさんの気持ちは一体!

 ああでも、蟹釜ジョーの印税を半額受け取り続けているのなら、映画化もあってまだまだすんごい額の不労所得!たまに知らない仲でもない桃地とキスしてるかもしれないのぐらい我慢してくださいって話かもです(ちゃっかり息子くんの漫画家への道も開けていたw) 可哀想な桃地にも、思い出以外の実入りは期待しちゃいけないんでしょうか?
 再来したモンスタークレーマーをぶっとばす…のはやっぱり出来なくても、「SEIKAの空」繋がりでなだめて、多分次会う時には友達みたいになっちゃってるだろう桃地くん。蟹釜ジョー/巴と出会って花ひらいたこの才能を、生かせる転職でもしてくれていたらもうちょっとモヤモヤせずにいられるのになあ。

 幸せになって桃地!

「あのときキスしておけば」〜4☆☆☆

 蟹窯ジョーのブレなさ、ストロングw

「わたし巴よ、蟹窯ジョーなのよ…!!」
と涙でぐしょぐしょのオヤジ(井浦新)にすがられるわ、でも先生らしきご遺体も見てしまうわで、大混乱の桃地。
のりうつりなんて、信じられない。なのに命じられると断れず、自称蟹窯ジョーを先生宅に入れるわ、通夜にも同伴するわ。
入れてから『泥棒だったら??』って遅いよ?通夜は変質者乱入で大騒ぎよ?
 でも先生と出会い気に入られたのも桃地の押しの弱さ故なので、歯痒くはあっても納得です。むしろ、早く先生を信じて差し上げろよw  普段は井浦新な謎の男が、たまに麻生久美子に見える場面、胸熱です。

 結局、最後の一押しは最新原稿!
死亡を公表され、家に帰れず、実母にも信じてもらえない苦境の中でも創作をやめない先生が産み出す「SEIKAの空」は、変わらない輝きを放っていたのでした…!
「先生だ!」
と抱きしめて、でもキスは避けちゃってぶっ飛ばされる桃地くんw  細身の巴ならぬ男性の力でふるう暴力はキツそうです。
と同時に、編集部は幽霊騒ぎ。ネットのストレージに原稿が上がるのね、今時です。

 その後も、あちこちで「本当のこと」を告げるのに当然ながら信じてもらえない2人。
巴母には詐欺団扱いされ、肉体の持ち主田中の妻(MEGUMI)の解釈は『桃地と不倫で家出』、巴の生存を信じて探す元旦那編集者(三浦翔平)とは「教えてくれ!」「信じてください!」の土下座合戦w
 それでも段々に誠意?が通じていくのもまた、面白かったです。
不器用な桃地が真っ直ぐに語る
「先生のいいところ」
ほぼ悪口なのに、まさに巴w 半信半疑ながらも、娘の好物を用意していたお母さんの気持ちに泣けました。気持ちよく食べてもらえて良かったね…!
妻には「好きだから言えない事もある」との巴の離婚体験が炸裂(嘘つき疑惑は拭えない気もしますが??)
最後の編集氏が信じたのは、やはり原稿執筆絡み。こちらはもうストレートに喜んで、男の姿でも構わず抱きにかかっていてw ショックでお盆を取り落とす桃地!
 おっさんな蟹窯ジョーを、イケメン2人が取り合うBL地獄の始まりか??

 桃地へのデート指南で盛り上がるパートさん達(猫背椿、阿南敦子)は愉快でしたわ〜 でも片方はネットで蟹窯ジョー批判を繰り返しているのよね??

 さてどうなる。戻るべき巴の肉体はもう無いんだもんなあ…。

 

 

「あのときキスしておけば」1☆☆☆

 さすがに、その蹴りは傷害罪では(^^;;)

 スーパーのぼんくらバイト桃地のぞむ(松坂桃李)は、モンスタークレーマー(鈴木拓)を退治してくれた美女巴(麻生久美子)が実は、かねてからファンの漫画家蟹窯ジョー大先生と知り、家事手伝いを頼まれ…もとい言いつけられてもホイホイと応えて合鍵で出入りすることに。
更に「使用人は美しくあるのもサービス!」と高級な服を与えられ、デートみたいな1日を過ごして……
 巴から迫られたキスを、戸惑いから拒絶してしまう桃地。ノリでそんなこと出来ないんだよねw 
 巴の激怒にしょんぼりしていたら、今度は沖縄旅行に同行することに。もしや、今度こそ、結ばれてしまうのか??

 と、時系列ではこうなのですが、冒頭で謎の男(井浦新)に迫られていた桃地。海でのデートは2回目で、前の時は桃地が靴擦れをして男が手当てをしてやった、と。それと同じこと、巴先生がしてくれてましたよ!
 そしてハイ、沖縄行きの飛行機は墜落し死者4人の中にユイヅキトモエの名も。自らも昏睡から目覚め、死亡報道に呆然とする桃地に縋り付き泣きじゃくるのは、冒頭の。そしてスーパーですれ違っていた清掃の、飛行機では巴の横に座っていた男!彼曰く
「私よ!巴よ〜」

 入れ替わり系だったのですね。この先、本人たち的にはヘテロ恋愛の続きだとしても、映像的にはBL…!
そして蟹窯ジョーの連載は強制終了でしょう。ああ、プール付き豪邸生活が!先生の承認欲求が!
旦那は簡単に、続き描いて匿名で送ればとか、腕があれば再デビューも可と言いますが。蟹窯ジョーの焼き直しと言われてしまうだけじゃないのかなあ。そしてどのレベルに売れたらあんな家に住めるのか。鬼滅の刃作者でもまだ無理じゃないのかな?

「正義のセ」1 ☆☆

新米検事の奮闘記!
やる気満々の新米が、効率第一の古参補佐官を振り回して事件を解決! 疲れちゃったと文句いいながら、案外補佐官も嬉しそう……?
てな、スーパーテンプレな初回を楽しく観ましたw

ヒロイン登場するなり「髪まいてみました」「買ったばかりのスカート♪」と、手書き文字が画面に踊ったのは何でしょう。インスタっぽくしてみたんでしょうか。無理しても、若い人はこれ見そうにありませんけど。

2年目検事竹山凛々子(吉高由里子)は、喜怒哀楽の顔に出るかわい子ちゃんです。

被疑者の面談にもつい、怒る同情する、褒められれば喜ぶ(^^;;;) 自然、やりとりに時間がかかります。アポなし警察突撃には、刑事から苦情が。お付きの補佐官相原(安田顕)は

「老婆心ながら」

とダメだしを連発、書類仕事を急かし、冷静に判断すべきと助言するのですが……無理なのかもw

メインの事件はパワハラ&暴行。訴えた部下(浅利陽介)は入院中。でも上司石黒賢は真っ向否認。証拠はないけど悪いやつなのに、許せなーい!って、それ、検事が言っちゃダメなやつですよね(^^;;;;;)
それでも、客待ちタクシーのドライブレコーダーから上司の嘘を看破。加えて先輩情報で、賄賂受け取りが判明。ばっちり逮捕と相成りましたが、毎回そんな見た通り可哀想な方が被害者とは限らないわけで、そのうち騙されて痛い目にあいそうです。
それに、その有能先輩検事(三浦翔平)の指摘通り、この事件にかまけて後回しにした事件にも被害者がいるわけで。

もっと迅速に、公平にね。


他に検事に塚地武雅、地検支部長に寺脇康文。補佐官も皆和やかで、過ごしやすそうな職場です。

実家の豆腐屋も、父生瀬勝久を筆頭に愉快な家族。彼氏もいて、そのうちに揉めるんでしょうけど、まあ滑り出し順調な春ですね。

頑張れ正義の味方!


「僕たちがやりました」~最終回 ☆☆☆

なんて鬱エンドorz

元々が悪ふざけ、笑って終わりのはずが大ごとになっていっても、しばらくは<勘違いだよーん>で終わると思って見ていましたし。ホントに10人死んだ責任はお前たちと突きつけられてもまだ、悪者はもみ消した奴で、悪を暴けば償いの道があるものかと。それが市橋の自死あたりからやっと、これは違うんだな、と。
今更ですがあの回は、パイセン絶望だわ、先生が刺すわ、市橋が落ちてくるわ、衝撃続きでしたよね。

そこからやっとまた仲間が集い、自白を目指して事件前に戻ったかのように楽しい時間を過ごして、でも権力にまた負けて。

10年が過ぎ、出所したパイセンからの呼び出しで集まってみれば、裏切り続けた丸が結局は成功し(元手がパイセンの金w)、女と我が子を選んだ宇佐美にも幸せに家庭があって、パイセンはパイセンで義弟殺しで服役したけど夢をみつけて。
……ずっとパイセンについていった主人公のトビオだけが、ほぼ何もしてないのに10年たっても犯罪者扱いのまま定職にもつけていないの理不尽じゃないですか。旧友との再会は、逆にもう二度とあの頃には戻れないことの再確認。なのに前を向け、生きろって。もう何これ、おバカ層への啓蒙なんですかね。若気の至りでバカやると損するぞって。でもそんな人たち連続ドラマ毎週見てるのかな(^^;;;)

伊佐美が一人でしていた遺族に謝罪行脚、嘘だらけの謝罪にドン引きしましたが、その一方で、それって主人公のするべきことな気が。でも当時トビオがしてたのはナンパと童貞喪失。そりゃ、今時の若者がどっちに共感するって辛くない方でしょうけども。 それでもトビオは逃げるのをやめて、爆破騒ぎをもう一度起こしてまで、きちんと逮捕してもらったのに……。
家族がまるで描かれなかったマルや伊佐美と違って、トビオには愛にあふれる優しい家族がいたのに、なんでこうなった。

ヒロイン蓮子の描かれ方もまた酷い。
引っ越して音信不通。トビオから拒絶したとはいえ…永遠に待つとか言わせておいて。その上、偶然再会してみれば妊婦って何それ、トビオにダメージ与えるためだけに存在していたかのタイミング。ちゃんとお祝い言えたトビオ、偉かったよね(関係ないけど、蓮子が市橋の遺体確認してて謎。なんで他人の未成年女子が!)
ビッチで登場した今宵ちゃんが、聖母になったのとはえらい違いの雑さでした。本当は主人公、伊佐美と今宵ちゃんだったんじゃないの……。

伊佐美の遺族行脚は10年続いてて、多分事件のことももう自分の中で区切りつけて、子供も(すごい名前の子w)二人育てて、未来を向いて生きている。
「もう、会わないかな……」
じゃなくて遺族行脚にトビオも誘ってやってほしかったですよ(マルは雇ってあげて) 

恨む市橋の幻影まで見ちゃうとは。せめて市橋の墓参りにぐらい行っているのかなトビオ? 蓮子との再会が、市橋の墓の前でもいいぐらいなのにね。自分のことだけじゃなく、周囲に目を向けることにトビオが自分から気付かなくちゃいけないということなのか。でもそんなこと、このちょいエロ娯楽ドラマ見ながら学ぶことですか?
原作と結末が違うそうで、とにかく変えようとおかしなところに着地してしまったのかも。

トビオがもう少し楽に生きていけますように。

「警視庁いきもの係」~最終回 ☆☆☆

スズメバチでテロ?宗教法人ギヤマンの鐘?

せっかくの親睦旅行先でも事件に巻き込まれ(ハリネズミ交換殺人未遂!)、管理官が撃たれハチに刺された石松が危篤。その全ては謎の組織が……って、そんな重い背景、だれも期待していないのに変な方向に……と思いきや、蜂使いは冤罪で勾留中に巣箱が全滅した養蜂家だったり、それをきっかけに「いきもの係」が設立されていたりと、案外いつもの感じから外れてもいませんでした。
(たい焼きの謎、たい焼きの謎とひっぱった結果が、実はアラサー部下のサプライズ誕生パーティを上司が計画していて…とナンジャそりゃだった前半よりは少なくとも狙いが分かるというかw)

毎回絡む犯罪はほぼ殺人で、元◯◯犯は更生後も逃亡中も生きづらい厳しい世界なのですが、マイペース薄とマイルドつっこみの須藤はあらゆる場面で 揺るぎなくボケ続けます。
例えば須藤さんのベルトを別件で使用となったら、勿論パンツ丸見えで〆。 スズメバチの罠もあり、殺されかけた場面なのにお約束は決して忘れませんよ。上司が映すスライドに、影絵のキツネを薄巡査がコーン、も好き。和むわ……。
ヨウムの回の
「このオウム…」「ヨウムです!」
「このヨウム…」「ヨウムです!」
はもう伝説w
冒頭のデータ解説ナレーションを、毎回違う誰かが担当するお遊びも楽しかったですよねー。

ラスト、初回で逮捕され愛猫をいきもの係に預けた蝶野が引き取りにやってきて大団円です。
捜査一課へ復帰の辞令が出た須藤さんでしたが、お断りして総務課に残留。薄を野放しにしないでくれてありがとうございます。でも興味ある動物が「人間!」と言いだした薄巡査、一歩成長? ボケ続けつつもちゃんと事件は解決するいいコンビでしたよね。
視聴率は今ひとつだったそうですが、保育園小学校の夏祭り運動会ではエンディングのダンス大人気だったんですよ。シーズン2は無理でもSPで復活とか、期待したいです。そして息子(いきこ!)さん登場して(^^)


「僕たちがやりました」6 ☆☆

「♪ 闇の中、ハイ闇の中 ♪」軽いよ怖いよ。
 

自分の身代わりで無実の人が死ぬと、分かってて大丈夫な人だったなんてパイセン。いや大丈夫じゃないから黙っていられなかったのかな。でもとりあえず「闇の中」の囃し声にのってごまかされてしまう伊佐美とマル。トビオだけが割り切れずにいるところに刑事さん登場、亡くなった生徒の写真を並べて
『俺が許さねぇ』
と啖呵を切ってくれました。……でも捜査はもう打ち切りで、これ以上嗅ぎまわると刑事さんが消されかねないのね。どんだけ大物なんだパイセン父。でも会ったことはない関係なのかパイセンは。

そんなわけで、まずは日常に戻ったトビオたち。
お母さんのご飯食べて、妹とじゃれて、気になる蓮子とちょっといい感じで。
金盗んだマルとも……使った理由はキャバクラだし全く反省してないしで腹は立つけどなんと水に流し……自由の身が嬉しいパイセンは、300万円×3を返せと言わないばかりか、更に100万円を3人に上積みだ!もってけドロボー(><)
パイセンと水川あさみ先生のデートも、なぜか盗聴セットをパイセン自ら準備して茶化しちゃって。
そーんなウキウキした自由の身満喫タイムの告白ゲームで、トビオの鉄板ネタは例のホームレス先輩に襲われた話w それ以上に面白いこと言わないと、まずい青汁飲まなきゃいけないよーってことでパイセンが繰り出すとっておきが……
なんで<実は俺たち犯人で、本来なら死刑だよーん>なのよ、笑えないよ!!

思いつめて屋上から飛ぶ、トビオ。えー。

「僕たちがやりました」4、5 ☆☆

窪田正孝、裸祭り(^^;;;;;)

警察に追われてズボンを無くし、パン1でホームレスに拾われるわ、そのホームレスに迫られてプリッと剥かれちゃうわ、ついに童貞捨てちゃうわ(あ、女子相手にね) 何かとトビオがセクシーでニヤニヤしっぱなしです。
ただなぁ……。無理やりヤろうとする相手に自分を重ねて
『蓮子もあの時、こんなに怖かったのか』
と大反省、謝らなくちゃ……と街をひた走る場面がなかなかセンチメンタルで良かっただけに、みつけた蓮子が市橋と居た、ただそれだけで、抱きあってたわけでもないのに尻尾を巻いて逃げちゃうとは。挙句に今宵ちゃんとベッドインしちゃうなんてさ、ちょっとがっかり。こんな女神のように都合のいい女、青年漫画にしか居ないよね。
以後、猿のように昼夜問わずやりまくりながら『いまごろ蓮子も市橋と』じゃないっての。
 

だってその頃の蓮子は市橋の元子分に攫われて、輪姦される寸前よー。
車椅子の市橋は何もできないし、ここをどうトビオが助けに行けるのかと思ったら、脅す刃で自らにぐっさり致命傷を負わせる市橋の捨て身で切り抜けましたよ。なんと本気で蓮子に惚れたんだってさ、これは取られちゃうよ?(もっとも、輪姦ぐらい何度もしたりさせたりしてそうでしたからねー。今更いくら被害者ヅラで善行を積まれても好きになれると思えないのですが)

裏切り者マルは、熱海で伊佐美を罠にはめ、今度もまんまと現金を手に逃げちゃうよー ……と思いきや、外国人観光客からまさかの逆強盗w
昏睡させられてる間に、伊佐美に下剤を持ったのもバレ、トビオからも盗んだ分キャバレーに使い切ったのもバレて殴られて、ちょっとすっきりw ヤバ高から助けたことすら『頼んだわけじゃない』とか言っちゃうこのクズに、どうかもっともっと天罰が当たりますように!

なにしろパイセンが無罪放免ですからね。
もう逃亡生活する必要もないってこと。爛れた性生活を捨て、わざと警察につかまろうとしたトビオの前に颯爽と戻ってくるパイセン!カッコいー!

でも、ヤバ高の虐められ先生の自宅でトビオと伊佐美がみつけたのは盗撮映像の山で。その中には爆弾を蹴ってヤバイ場所に転がしてしまったパイセンの映像もあったはずなのに……。それパイセンも見て泣いてたのに……。
替え玉の自首ぐらいで、自分達までなかったことにしてはしゃいでていいのかな(今度の全力パクリは永野ネタw)
それともまだ何か、隠された真実が?


「警視庁いきもの係」5 ☆☆☆

鉄アレイを高いところに片付けるバカは逮捕で。

4話はヤギ。
「ヤギは紙を食べる」
とみなが思い込んでることと事件がリンク。不幸な少年が救い出され冤罪も晴れて良かったです!

5話はリスザル。
またしても、専用の部屋でエアコンつけて細やかにお世話されているペット様w(流石にヤギは外飼いでしたけどw)
金も力もある親戚が、一族の恥ダメ男に世話した仕事が愛猿のお世話がかりで専用の部屋に専用のおもちゃ……もうリスザル様のおうちに世話係が間借りしてるのねw しかーしこのダメ世話係(鈴之助)、リスザル様さえ大事にしてれば安泰なのに世話から体良く逃げ出したい一心で
「そうだ!猿が人を殺したことにすればいいじゃん!」
ついでに二股も片付けちゃおうという(^^;;;;) まともに働けないクズがこういうことにだけ頭が働くって嫌だわ~。でも薄を第一発見者に利用しようと呼び込んだことで、墓穴を掘りましたね!
証拠になったイヤリングを、猿が餌のキウイに埋めてたといういう習性も興味深かったです(遺体食べたりされないで良かったこと…… ^^;;;;)


と、毎回事件もバラエティに富んで面白いのですが

「須藤さんは記憶喪失なんですよ?」

という4話終わりの薄のぶっちゃけもいいアクセントでしたねー。
元々親しかったみんながわからなかったことを、現相棒だけが気づいていた。薄のいつもの観察眼の前には、刑事須藤もただの動物というわけでw 「あの須藤さんが」等の先入観とっぱらったら、確かに異動以来ずっと変なこと言ってますからねえ。でも誰も辞めろとか言わずにスルーw

ただし「俺のことも忘れちゃってるんだ……」と密かに愚痴る若造。ほうほう秘密の深い仲だったのかね(違)


「僕たちがやりました」2、3 ☆☆

マル、案外ひどい奴w

3話にして、どうやら大爆発は矢波高の教師のせいと主人公たちも気づいたし、警察も教師にちゃんと目をつけてる描写があって視聴者的には気持ちひと段落。でもこれ推理ドラマじゃないからw むしろ爆発で下肢麻痺を負った番長市橋が、トビオたちを処刑してやると息巻いているのが問題です(^^;;;)

てなわけで、プーケットに高飛びの筈がパイセン逮捕!
300万円ずつもらって別行動だった3人。マルと合流し<やりたいことリスト>作って浮かれていたトビオですが、なんと目覚めたらマルが500万円持ち逃げw いや、もしものために溜まり場に隠していた100万円もやられてたから、600万円(正確には「ごめんね!」と書かれた万札が二枚残ったけどw) うわー。おっぱい目の前にしたらマルの方がトビオより行動力あったしね。チーム最弱扱いに甘んじながら、普段から思うところあったのかも……。
そして首吊ったのかと思われた伊左美は性欲に導かれ復活w
おバカ股ゆると見せかけて、みんな学校休んでる=犯人?とズバッとあててくる伊佐美の彼女、今宵ちゃんに匿われようとしたものの、番長一味に捕まって……次週に続く。

取り調べを受けるパイセンが、また芸人ギャグパクってるのと、さすが金持ちで警察の出すカツ丼がまずいとw 神楽坂の料亭の裏メニューを食レポ並みに活写して、良かったら届けさせようかとか言っちゃってるのが可笑しかったですわ。
それと、盛り始めた伊佐と今宵ちゃんに気圧されて押入れに逃げるトビオ(^^;;;) 覗いたり参加したりしない童貞くんの潔癖さはちょっと「ガチバン」黒永勇人を思い出しますね(警察から逃げようと企むあたりは「デスノート」風味w)幼なじみの蓮子ちゃんとはキスまでで怒らせちゃって、先は遠いよね。

え、髪のうっとおしい刑事三浦翔平なの?

「警視庁いきもの係」1 ☆☆☆☆

やだ面白い。アイドル主演のお手本になりそうです(上戸彩やあややにも、こんなよくできた役をさせてあげたかった!)

捜査一課のエースだった須藤(渡部篤郎)は、捜査中に被弾。リハビリに異動された総務部動植物管理係、通称「いきもの係」の閑職っぷりに呆然とするのですが、同僚の薄(うすき:橋本環奈)の果てしない生き物愛に振り回されるうち、なぜか様々な事件が解決してしまうのでした。

婦警の薄ちゃんは獣医学部卒、若いのに動物園水族館に勤務経験のある動物のプロ!必要とあらば亀でも犬でもなんでも保護して回っているのだそうで、可愛い娘が可愛い生き物に囲まれて嬉しそうで可愛い上に、婦警さんのコスプレまでって!天国か! 更には事件もどんどん解決って名探偵か!

土管に詰まった猫を保護すれば、それが凶悪たてこもり犯(蝶野w)の愛猫で自ら投降。
事件容疑者が意識不明、自宅のペットの世話を頼まれればなんと鳥100匹。
エアコンをつけないと可哀想!現場保存より、十姉妹ちゃんの快適!と騒ぐ薄婦警をなだめている間に、羽の落ちていない床/鳥かごを動かした形跡/妙にしっかりした防音と、いくつもの不審な点に須藤の刑事のカンが騒ぎ出します。薄が鳥マニア界事情や餌の仕入先にも目を向けた結果、不正な野鳥取引まで露見し殺人事件も見事解決なのでした。
須藤と薄、捜査一課といきもの係が変に対立せず、どんどん協力し合うところも見やすいです。ま、一課の係長(長谷川朝晴)は可愛い薄ちゃん贔屓ですしw 須藤も一課で尊敬されているわけですが、その須藤が実は、頭部に銃弾を受けた以前の記憶を無くしているのも、プライドをさておいて薄の推測を素直に聞ける要因なのかもしれません。

生き物に詳しい刑事といえば三上博史の「実験刑事トトリ」がありましたけれど、あれは変人っぷりが優先『人間も動物』と目して捜査にあたる感じでしたし。このドラマの方が動物登場が自然です。同じ鳥でも世話や餌、習性が違ったり、捕獲を禁じる法律があることなどなど各種ウンチクも、薄が動物が好きすぎる流れで可愛く聞けます。なんと次回はペンギンですよ、ペンギン!
元相棒に三浦翔平、お巡りさんに歌のお兄さん (横山だいすけ)、何気に浅野温子もいたりといろんな世代の女性にも嬉しい配役です。
 

エンディングは動物園でダンス(^^;;;)  皆がノリノリで踊る中、ずっと棒立ちの須藤がそのうち一緒に踊り出すのもお約束。オープニングの若冲「鳥獣花木図屏風」風タイル絵 もナイスでしたよ。主題歌もいきものがかりかと思ったら、そっかお休み中か、超特急でした


「好きな人がいること」1 ☆☆☆

海、イケメンと同居。新しい職場、夏限定。
あるあるそんなドラマ〜
で、最悪の出会いがとびきりの恋に変わるんでしょう~言わせんなよw と笑っちゃうほどド定番な夏ドラマで月9です。でもいつだってそのド定番と初めて出会う層はいるわけで、素敵なドラマになるといいですねえ。
導入部では、仕事ばかりだった桐谷美玲がいかに男日照りでボロボロかとディスられ続けていましたが……普通に綺麗でしょw 60歳老婆ファッションにしてすら可愛いことは「スミカスミレ」で証明済、もう目の下のクマが「デスノート」エルぐらいないとそんな設定きいちゃいられませんわ。

そんなわけで、再就職がうまくいかないパティシエ美咲(桐谷美玲)は恋どころでなく、キスもご無沙汰だとか。
イケメンその1千秋(三浦翔平)から海辺のレストランの仕事に誘われ、同居の誘いにドキドキ扉を叩く……と、人違いで抱きしめてきたのがイケメンその2冬真(野村周平) 通された家の風呂場で平然と裸を晒すイケメンその3夏向かなた(山崎賢人)とは、直前に海で喧嘩をしたばかり。3人のイケメンは兄弟だったのでしたー。はいはい。
親の代から続く隠れ家レストラン「Sea Sons(呼びにくいw)」は、地元食材を使って主に常連客をおもてなし。美咲はそこでどんなケーキを作り、誰とどんな恋をするのでしょう。

元々その1にときめいてやって来たのに、彼女がいたー、と2話に続きましたが、どうせ誤解よね。 今の所影の薄い年下その2も、いつしか美咲に惚れて3兄弟で取り合いになるのかなー。そして最終的にはその3とくっつくはずw
つっかかり続けるその3がシェフで、仕事中はレストランに二人。作為的な配置ですよねえ。そして
『男狙いで来たようなやつは帰れ』
ですから、そのうちに女不信になったトラウマエピソードが入り、健気な美咲に癒されて軟化していくんでしょう。1話ラストですでにケーキの腕は認めてきましたよ。黙らせるためのキス、などという<イケメンに限る>なことしてますけど、いざ美咲を意識し出したら手をだせなくなったりしても美味しくいただけそうですw
 

当面嫌いな登場人物がいないのと、桐谷美玲が出ずっぱりなので、可愛い~腕ほそーいと楽しめそうです。2、3話見逃しても悲しくないけどね!

レストラン買収を迫る吉田鋼太郎が、その1に執着する様子はまるでBL。そっちも狙ってますかね。

「ダメな私に恋してください」最終回 ☆☆☆

「もうしてる」
きゃ~~~~~~~(><)じたばたばた←TVの前で暴れる音w

出て行く柴田みちこを追いかけず、春子さんに引き止められてしまった主任だったわけですが……。二人の話が盛り上がらないw 5年もしてないテニスを持ち出すとか、春子さんの義弟情報がいまいち古いのは、それほど彼に興味がなかったからよね。そして結局、そこにいないミチコを引き合いにだして二人で笑ったりして。
ああ、これダメですね。もちろん本人たちもそれが分かっちゃってる。
「僕は春子さんが好きだった」
と、きちんと過去形で話してお終いに。そう、春子さんはもう亡き旦那さんがいた生活から巣立つ頃合いで、主任はもうミチコが好きだったんだよ!
と、その合間にも、心の隙間はイケメン戦隊で埋め、貢ぎかけてるミチコは相変わらずで笑いましたがw
誕生日には祝ってくれる仲間がいる。それだけでも十分幸せなのに、ねえミチコ、あなた実は両想いなのよ?

痴漢に追いかけられば主任に助けを求めるし、呼ばれた主任は走って駆けつけるし(あれ、新居知ってたんだw)いやん、もうラブラブじゃないですかw
熟女狙いの痴漢(柄本時生にこんなチョイ役^^;;;)……が深キョンがターゲットかは疑問ですが……。

夜更け、ミチコがきちんと帰宅できたのか心配で心配でドアを叩き(通報されるレベルw)鬼電、本人につながらないとなるや元カノにまで電話しまくり。すっかり恋は盲目と化してる主任をよそに、当のミチコは寂しく一人で暮らそうと野良猫を漁っているんですから、さすが独身の匠です。

挙句の
「ダメな私に恋してください」
「もうしてる」
からのキス~きゃ~。
恋も昇進もゲットしたミチコ。美味しい食事も可愛い猫もついてくる幸せてんこ盛り、ああ羨ましいねえ、良かったねえ。


最上くんも女豹晶さんとくっつきそうですし、なんと常連鯉さんとおばあちゃんも一緒に暮らし始めました。脇役のダメ社員も、ミチコのおかげで(?)寿退社! 恋が花咲く春ですねえ

 全方位幸せで素敵なドラマでした。深キョン最高。

末長くお幸せに!

 

願わくばスペシャルドラマなどでその後をちらっと見せてくれたら嬉しいです。実家に再度挨拶にとか、「ひまわり二号店」を一緒に尋ねるとかどうですか!  

「ダメな私に恋してください」7 ☆☆

うわー今更、主任への恋心に気づいてしまうのねミチコ!
 

かわいそうな最上くんたら、逆ギレもせず婚約指輪を返されて、急ぎすぎた僕が悪いねって……(><)
まあその急いだ理由が
『親に早く孫を見せたくて』
だったのはスルーしては危険なマザコン臭がしますが。同時に主任への嫉妬もあったなら、誰でも良かったわけじゃないのに。ただの結婚延期でなく(「試合」も結局なく!)友達に戻っちゃうって勿体ないぞ!
「婚約中の私が通りますよ~☆」
と喜ぶミチコ可愛かったのにな(><)

そんなわけで下見してた結婚式も、婚約も、交際もパーに。
残ったのは晶さんとの暮らしだけ……と思ったら、ラストで出てってと言われてましたw まさか居候暮らしに戻るんですか?それはないよミチコ! でもお金がないのか?

ああ、倉庫に閉じ込められさえしなければ!
悩む間もなく、有能営業マン最上くんの進行表通りにスピード結婚してたでしょうにねえ。

ところで婚約を聞いた花子さんはがっかり。
ミチコは主任を好きなんだと思ってて(同居してたしねえ)ミチコと『弟』の恋を応援していた様でした。更には、亡き夫が永遠に一番だとも。主任、これは全然可能性がないよ……orz
でも、復縁の期待を胸に会いにきた晶さんへの言葉が
「本当に好きだったよ」
……過去形でしたが、7年ともに暮らした気持ちは実があったわけで。晶さんが言う『他にずっと好きな人が』なんてことは邪推だったのかも??

うーん主任の気持ちがわからない。
いきなりとはいえ、ミチコが定まっただけに主任がどっちを向いているのかわからないのはもやもや。
恋愛ドラマとしてミチコと結ばれるには、さてどこで主任は自分の気持ちに気付くのか。どこかに閉じ込めてもらわなきゃかなw それとも言わないだけでもう好きなのか(^^;;;)


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ