ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

三浦春馬

「女城主直虎」1~第三の女 ☆☆☆

スケコマシw まさか大河でそんな言葉を聞こうとはw

毎回サブタイトルが映画のもじりで可笑しいですよね。「綿毛の案」は衝撃でしたw 今回の「第三の女」は、父亀之丞(三浦春馬)を訪ねてきた若い娘……の母親のことでしょうね。

世継ぎが必要な身なら落とし胤がいたって不思議じゃ……と私も口ではいいますが、身近な人にそれやられたら、しかも一応自分の婚約者だった相手ならそりゃ嫌かも。そして立場が似ていなくもない正妻しの(貫地谷しほり)と直虎(柴咲コウ)とで愚痴りあううち、直親が双方にいい顔していた様子が浮き彫りになるというやるせなさ。これでやっと、おとわ=直虎も子供時代を吹っ切れるのかな(^^;;;)

初回からずっとみてました。
子役の時代は辛くてねえ……。しかも将来の三角関係をどーんと打ち出していたじゃないですか、どうなることかと。しかし成長してからのやりとりは、おとわの女子力が低かったおかげで案外あっさりでしたよね。

むしろ帰ってきた亀之丞もとい直親と、鶴もとい政次(高橋一生)の間の軋轢に手に汗を握ることになりました。検地とかね、直親が勝手に何か企んじゃ、何も知らない政次が尻拭いする羽目になったじゃないですか。なのにおとわは直親のことばかり心配で、哀れ政次。直親亡きあと、目付になったらなったで裏切り者扱いorz それでも陰に日向におとわ=直虎のため井伊のために暗躍し続けていて胸熱でした。そして先々週だったかついに!政次のあれもこれも嫌がらせや乗っ取りでないのかもと、直虎がやっっっっっっっっっと気づいた回はもうスタンディングオベーション!

…なのに「女扱いは無用!」と、肝心の政次の気持ちは全力スルー&「今更、嫁にもらってくれと言われても願い下げ」などと照れ隠しの憎まれ口を叩いてしまうほど、ひねくれている政次ですよorz
その後も特に何が変わったわけではない二人ですが……目の敵にされなくなっただけで、政次は幸せなのかな(TT)

かように女性目線な大河ではありますが、『戦は嫌い』でどうにかなる世界じゃない、としてくれてるのは小気味いいです。
戦をしたくないのはむしろ政次。人も金もない井伊は戦を避けるべき、と理詰めです。捕らえた賊を『殺さない』と直虎が決めてもハイハイと流される上、当の賊には逃げられ直虎がバカを見る。ですよねえ。

ところで、実は直之(矢本悠馬)押しです。

矢本悠馬を素直にカッコイイと思う日がくるとはw 元々ファニーフェイスで堂々と『俺カッコイイぜ』と笑いをとる役が多かったですが、これが武士ともなればほら大河マジック、力み返った渋い声だされてもギャグじゃない。 尚且つ、直虎に歯向かいまくり女子ディスりまくりでも、どこか愛嬌が隠せてないw
綿作りの人手を求め、市場で人目を集めるために即興で唄い踊ったところは見事でしたよねえ。そしてその頃から、暴走ばかりする殿を頭ごなしに否定しじっとしていろと怒るのでなく、見守り後を追い支える本来のお側役になってきて益々可愛く(^^)
男と女で与えられる教育が違った時代。寺にいたおとわはそれなりの教養はあっても、武士なら当たり前に知っている兵法や盗人は殺しておこうという理を知らないのだということに、さんざん揉めた後にやっと気づいたわけでしょうね。そもそも女が城主になるのが普通じゃないんだから、仕方がないけど。 それでいて、自分の身も守れないくせに危険に突っ込んではいく殿直虎を、守れなかったら自分たちのせいだし、なのに言うことちっとも聞かないしw ホント同情しますわ。 直之と直虎が並んで歩くとなるほど同じぐらいの背丈。これで着物を取り替えて、今川に駆けつける作戦を考えたのねー(じゃあその頃の直之は姫の着物着て井伊に帰るという罰ゲームにw)

そうそう、銭の犬方久(ムロツヨシ)も愉快です。カン、カンカン!

寺の腕まくり坊主やら賊の頭領(柳楽優弥)もキャラ立っていて、みんな出てくるたびにキターってなりますw 直親の遺児虎松(寺田心)が、そのうち菅田将暉になるそうでそれも楽しみ。

来週のサブタイトルは「ぬしの名は」ってw いいんですかそれw

「私を離さないで」最終回 ☆☆☆

結局、何もわからずに終わり。
恭子に提供が来ない理由も、この先どうなるのかも。世界のこれからは、提供を受けた人にインタビューしてまわった龍子先生のような人の地道な活動で、もしかしたら変わりつつあるのかもしれませんが……それにしたって今成人してるクローンのためには間に合わない変化でしょうね。
でもそのわからなさは、人もクローンも誰だって同じなのだと断じる恭子。
宝箱をもらえる陽光学園で育たなくとも、みんな誰も空の宝箱を心に生まれ持ち「思い出」を溜めながら生きて行く……。
海に入っていく恭子を止めるかのように、まとわりつく漂流物のサッカーボール。まさかの、川に流したトモの遺品でしたよー、死してなおミラクル(^^;;;)

自ら命を絶つことはなくてホッとしたものの、寂しくて辛い物語の終わりでした。提供されていった友達の「忘れ物」を抱えたまま、あとどのくらい恭子は生きていくのでしょう。あのあと、園長と何を話したものでしょう。
こんな寂しい物語を書いてしまう作者の人生にまで思いをはせつつ。盛り上がりはなくとも余韻のある最終回となりました。

そうそう、龍子先生と見たサッカー。
ヒロキという子を応援していたお父さんは、陽光のヒロキの心臓をもらって助かったんだそうですよ。そして子供にその名を命名。えーっと。どう受け止めていいか困るエピソードでした。塀を越えた罰で、即提供されちゃったあの子ですよね。提供元に無関心な人も多いという中、感謝を形にしたことは啓蒙的にナイスでしょうが、提供する側はそれを聞いてどうしましょうw 
元気に生きていた命を絶って自分が助かったことへの葛藤は一体どこへ。でも、違う仕組みの社会に、こちらの尺度を当てはめてもわかりはしないことでしょう。


「私を離さないで」9 ☆☆☆☆

トモGJ! と一瞬思ったけれど、これは会えて良かったのかなんなのか。

美和のメモ住所にはもう住んでいなかった園長を探すため、まずは陽光生徒の絵を探すことにした恭子。引越し屋は個人情報は教えてくれないからねえw あっちのカフェこっちのオフィス……って、そんな絨毯爆撃orz あまりの非効率にもう無理無理ーと思ったら、なんと!トモがたまたま読んだ本の表紙が、恭子が描いた絵だったというミラクルでしたw 持ってるよねー。
そして出版社からの伝手で来た返事の住所は、なんと思い出の探し物がみつかる岬。

卒業以来の再会で、思い出よりずいぶん年老いた学園長は、衝撃の告白をするのでした。
「自分はあなたたちと同じクローンです」
研究者だった父が、母の細胞を元に作ったクローンだったと。ええええ、それってこの年齢まで生きられるのに殺されてるってことじゃないですか(><) むしろ生殖能力がないのは当時からの仕様で、操作しているというより技術的にそうしか作れないのならまだましとはいえ、50歩100歩ですね。
全てぶっちゃける決意の元園長は自分が被差別民の提供者と同じだなんて「ゾッとした」とまで吐露します。その上で、せめてよりよく実りある人生を…と悩み抜いた結果が、遺産をつぎ込んでの『教育』だったと。
クローンだって家庭に育てば喜怒哀楽を持って普通に育つと、自ら知っていたからこその結論でしょう。他の施設が杜撰なのは、部品であるクローンには魂がない、人間じゃないと思いたい『人間』たちが運営してるからだったんですね……。

猶予はない。

断言されて、じゃあ帰ろうと笑顔で立ち上がるトモ。なんでそんな噂流れたのでしょう。園内で「天使」と嘘をついたように、外で生きる間も希望を抱けるように作られた話だったのでしょうか。帰り道、笑顔の仮面を外し、子供の頃の癇癪のように騒いで暴れるトモに寄り添うしかない恭子……。そして来てしまう3度目の提供。
恭子が一人になっちゃうよー。

そして、やっぱり世界がどうやって現状に成立したのかは分からないままですw 技術ができたって、倫理規定もなしにさあクローン作ろう、殺して使おうなんてまともじゃないでしょうorz まして、同じクローンを我が子として育てている研究者が、その旗を振るなんてこと!
1話2話のミステリアスな閉塞感を犠牲にしてでも『19××年クローン技術が確立され、医療への応用から……』と、被差別民を作り出すことになった経緯を説明してくれていたらと思いますですよ。でも原作でもそこはスルーなのかなw
それに、早々に分かってたら逆に興味半減だったかもしれませんが…。

そして最後にこそっと。
知的障害のある家族が今大人になりつつあり、制限のある生活に、それこそトモの慟哭のような反応を示しております……orz  よかれと思った楽しい生活が逆にもっと先の、与えられない自由を求めさせてしまう。だったら彼も陽光以外の施設育ちのように、なにも楽しみもない生活をさせておいたほうが幸せだったのか…。園長先生が問うように「私は間違っていましたか?」と問いたいのですが、それはいいわけなのかな。あああああああ。 


「私を離さないで」8 ☆☆☆

「私を離さないで……!」
タイトルは美和の、「提供」に連れて行かれる「天使」の絶叫だったのですね。
伸ばされた手を握りしめ「あなたは尊いことをしている」と呼びかける恭子。そして知るのです。ふるさと陽光は正しいことをしていたのだと。

うわー。

美和が別でお世話をしていたメガネの青年は、また提供から戻ってきていました。なんだあれが最後じゃなかったんだ。「いい話が聞けて良かった」なんて言って出て行くから、なんと迷いもなく死にに行くのだと驚いていたのに。嫌だと暴れて、怖いと泣いていく美和に安堵しつつ、それを平気で切り刻んで利用する社会に改めて戦慄します。

トモと美和と恭子、3人の陽光里帰りは警備に見つかって終わりました。捕まったから逆に中に入れたわけですが、妙に無表情な子供達。懐かしの音楽室でも、TVゲームを囲む子供達は楽しそうでもなく。噂に聞く陽光以外の施設の、授業もなく放置された姿がこれなのでしょう。
極め付けは、バンに乗り込み「外」に連れ出される子供達。あの年齢でもう提供に……?しかも、中のひとりは幼い頃の恭子に瓜二つ。ほらいた、同じ遺伝型のクローンが(いちおう、同年代に何人もいないようにずらして生産するんでしょうか)駆け寄って声をかけるも、返事どころか無反応に連れ去られ……陽光での何も知らない子供時代が、なんと無邪気に豊かだったかと改めて思い知らされるのでした。
宝箱を持たせる、そんな指導もその一つですよね(中でカエル飼ってた子もいるのかーw)

陽光には何かある、と龍子先生も以前もらしていた秘密。来週はそこに迫れるのでしょうか。絵を描いて送るとどうなるというのでしょうか。

介護者時代、陽光理事長の居場所を探したのだと住所のメモを差し出す美和。

トモと恭子にはそこに行き、自分が奪った『二人の時間』を取り戻して欲しいのだと。お前がどのツラ下げて言うか?って憤りも感じますが、そこはほら、もう死が目前だから以前に美和だから……(^^;;;) 
(理事長にあったら、このわけのわからない、クローンを利用して平然としている社会の成り立ちがわかるのでしょうか。そこばっかり気になってしまいます)
盗んでたCDの曲「Don’t let me go(私を離さないで)」を恭子のいる前で口ずさむ強心臓もすごいよね。「謝ったでしょ~」じゃないよw でも文句を言えるようになったし、最後の時は温和に穏やかに過ぎていき、悲しいほどに幸せで。


『提供終了』後、ゴミからみつかる美和の造形作品(分別ができてないと戻され「美和…」と呆れられる、その人がもういない虚しさよ!)恋人握りにされた手と手は、あの外出から戻る時のトモと恭子の手……。「みちゃった」と口にされるよりも雄弁に、芸術は真実を告げるのでした。
そしてそれは、絵を描くようになったトモも同じで。一つ布団でささやきあう少女たちの姿は、ひとりが失われても美しい記憶に永遠に……。
え、待って。視聴者は何度も見た場面だけど、女子部屋だからトモは見てなくない?
 


「わたしを離さないで」7 ☆☆

「何度も殺してやろうと思ったよ」
と打ち明ける恭子に喜ぶ美和。だって「怒らせたくてわざとやった」んだもんね。
怒らせることでしか友情を確かめられない、自分だけじゃなく相手もキレれば対等と思っているなんて……。そしてキレないからといって怒ってないわけじゃない、むしろ本気で殺したいと思われていたのは分かっていないようですが、そんな大迷惑なキチガイでも死を目前の身と思えば許せるのでしょうか。

この場面、運転手恭子と後部座席の病人美和。向かい合わず相手の表情が見えないのがミソですよね。会話が中断しても沈黙にならない状況がこんな言いにくい話題にも口をなめらかにするのでしょう。


一度に3種の臓器提供を迫られる美和。やはり提供済みで体調のすぐれないトモ。なのに恭子だけが、ついにきた提供開始通知を持って手続きにいくも『間違い』と撤回。これも「絵」のおかげ?

提供通知を持って市役所(?)に並ぶ若者にぞっとしました。公共の場であの人数が諾々と従うんだ。病棟でも、提供=死へと向かう移動ベッドにすんなり乗るんですよ。そんなことが許されるなんてどのきっかけで成立したシステムなんだか……。しつけの厳しかった陽光出身ならともかく、字も覚えなくて構わないような施設の子にどうそんな自己犠牲を教えるんでしょう。謎。
 

さておき、そんな3人で懐かしの陽光学園を再訪しようと言い出す美和。直に電話はできないのか、手紙でまどろっこしいやりとり。

許可の出なかったらしいトモは、なんと仲間にごまかしてもらってゲリラ外出……って、そればれたら即時解体じゃないんですか、せっかく絵も上手くなったのにトモ(><)

波乱を予見しつつ来週が待ち遠しいです。

「わたしを離さないで」5 ☆☆☆

キーッ美和ぶん殴ってやりたい(><)
気分次第で当たり散らして、言いがかりで攻撃。
「勝ったと思ってるんでしょ」
って、それ自己紹介だよね。誰もがあんたと同じに勝ったの負けたのマウンティングしながら生きてないって分かれよー、分かってくれよおおおおs(よく似た幼なじみを思い出して不愉快倍増ですorz)

コテージの人が「外」で見かけた美和にそっくりな人。
それがルーツ=細胞の提供者じゃないかって皆で訪ねて行く。そこには出発までに葛藤があって、会ったら会ったで道を聞くしかできなくて、当事者の美和が動揺するのは当たり前のことだけれど、だからって周囲に絡んで毒吐いていいわけじゃないですよね。

なので。美和がふてくされて別行動の間にトモと恭子が絆を取り戻していようと、はたまた後部座席で寝る美和に肩を貸す恭子が同時にトモと指を絡め合い誘惑していようと……それが
「酷いこと」
だとは全く思わないのですよ。そして謝罪の一言もなく『ごめんね』と書いたカードを突き出すことが
「可愛い」
とも思えませんよ、そうやって甘やかし続けた結果がこんな迷惑女なんじゃないですか。
 

願わくば、美和のルーツはこんな奴じゃありませんように(><)
性格って一卵性双生児が性格違うように、遺伝だけで決まるわけではないのでは。利き手はどうなんでしょう。 
自分のルーツをAV女優の中に探す恭子w 性的欲求の強さはともかく、困窮度や行動力ってことでその可能性はあるのかも。そしてクローン達のルーツが犯罪者やクズに多いと思われていることが、また差別を呼ぶのだなとも思わされます。

でもトモと恭子の出自に気づいた古着屋の主人は、動揺しつつもクローン達への感謝を口にし、代金をチャラにしてくれます。『学校で教わった場所』で『失せ物を見つけた』ことがこだわりが強いトモには重要でしょうけど、恭子にとってはこの世間からの天使への感謝と、思い出のCDと巡り合った奇跡こそが大切なわけで。
おまけに「夢があって幸せだった」と語るトモの輝き。ああ本当にこの人が好きだ……!と、思えたのね、思ってしまったのね。ピュア度の釣り合うお似合いの2人よ(><)
 

そうそう、美和がしれっとついた『猶予』の嘘。本当に想い合う恋人同士には一緒に暮らせる時期が長くなる……って?お笑い種ですが、龍子先生の『絵を描きかなさい』という手紙から陽光学苑の深謀遠慮がほんのちょっとだけ語られて……そのことと何か関係があるのでしょうか。


疲れている時にはとても見られない、心がささくれだつドラマなのですがやっぱりいろいろ気になって見てしまいます。

それと毎回書いてる気がしますが、やっぱりルーツひとりにつきクローンひとりは無駄では。種牛みたいに、クローンの働きが良かったら同じルーツ細胞からもっとクローンを増やすってことだって出来るでしょうに。その辺の技術への興味もあります、フィクションなのにねw

「デカメロン伝説」……笑えなかったわ…… 


「わたしを離さないで」4 ☆☆☆

え、生殖能力ないんだ……。
勝手に増えない為とはいえ、妊娠の心配がない&あと数年の命とわかっているのならそりゃ、無為な性行為にふけるのを誰が責められるのか。
3話を見逃したまま配信も終わっちゃったけど、どうせ謎は多いのでそのまま4話視聴。案外旦那は抜けに気づいていないかもw 

クローンと名言されて納得しつついろいろ考えてしまいました。同じ顔がごろごろいるぐらいじゃないと経費かかりすぎませんか。
更には、他にも同様のクローン育成学校がたくさんあって何もかもぶっちゃけられて育っていて、陽光学苑だけが特別に「介護人」も、それを断ると即「提供」なことも知れずにいたという、その違いにびっくりですよ。規律や社会性についての考え方も随分違うみたい。だったら、コロニーも分けて作ればいいのに……。
卒業した途端に綺麗な湖から濁流に放り込むようなやり方はどうかと思いますわ(お上品な作品でコロニー内の合意の性交渉しか描かれませんが。絶対妊娠しない、ほぼ人権のない若い娘なんていたらコロニー外の人からだって何されるやら)

マナミの住むコロニーを訪ねると、掃除や余暇活動は行き届いているものの人権運動に喫煙と、反社会的活動が盛ん。確かに、変えられるなら運命を変えたいよね。
でも恭子は元の雑然としたコロニーに戻り……。
独りは嫌!と飛び込んだ先はトモの部屋じゃなかったのねorz とりあえずな男に抱かれちゃってさ。あーあ。

もうずっと、どうやったらバカ女を排除してトモと恭子で幸せになれるのか考えながらみてしまうのですが、結局未来がどうなるのかも分かっているし。美和はトモが欲しいんじゃなくて、恭子の宝物が欲しいんだからなあ……。トモが言う通り、恭子に優しくして自分が一番の宝物になればいいだろうに(無理そうだけどw) 二人して美和のヒスを避けようとびくびくする日々で嫌になるわ……。

デモやテロで人権を勝ち取っていくような話にはなりそうになく、だったらこの先なにを見守れというんでしょう。
龍子先生再登場、学苑のどんな謎が明かされて、だったらどうなるっていうのでしょう。
龍子先生は、コロニー支援活動から学苑に来たそうですよ。その割に、何も知らなかったよねー、

こんな理不尽な社会を作って平然としている『提供される側』が描かれないのもずるいですよね。


「わたしを離さないで」1、2 ☆☆☆

「管理することは……守ること」
臓器提供者として健康と従順さに留意して育てられている身寄りのない子供たち。どうやったらそんなことが許される世界になって、これだけの数の大人が不運な子供達を騙しているのかと腹立たしく思いながら見ていたのですが、そこに現れた何も知らない龍子先生(伊藤歩)がバカすぎてまたイライラ。半端に外の世界を教えて、子供たちを惑わせて。
「あなたたちは『提供』という使命を持った、いわば天使」
と、毎年上手く丸め込んでいる学園長(麻生祐未)の努力が台無しじゃないですか。
もとい、その天使発言の時にはまだ学園長を胡散臭く思っていたのですが、それで納得しかけている子供達の前で龍子先生は、激しく動揺したり「サッカー選手になれば外国に行ける」と口を滑らせフォローも出来ずに、塀の外へ脱走させることになり……結果その二人は『提供』の予定を随分と早めてしまったじゃないですか。今まで通り、疑問なく従順に育っていれば学園卒業後も3年間の猶予がもらえ生き長らえたのに……。
いやいや、中学高校+3年と猶予があっても結果がやはり『提供』ならダメかな、そんな校長の守り方を容認しかけている私も、半ば洗脳たのでしょうか.

しかし幼少時の『提供』にも大きな需要があるのに、この学園の生徒は使われないって、この学園外でも世界中で公に『提供』が行われてるってことでしょうか。うわあ
SFでは珍しくもない臓器提供ワールド、でも現代日本で実現しているとなると仕組みを考えてしまいます。学園の子供たちにも、まさかおおっぴらに美徳として教えると思わなかったので驚きましたよ。
『提供』条件が身寄りがないことだったら、普通に育っていた提供される側の子が事故で両親親族が亡くなった途端に提供する側に回されてしまうってこともあるわけ?とかとか。怖いわ、子供残して死ねないわあ……orz  そしてまともな神経だったら生きてる人からもらうなんてできないとおもうのですが……orz あ、クローンなのかな。まだまだ技術未発達でそもそも寿命が短い……からといって、この扱いはないわ。というか、そんな技術と金をかけて生み出した子を消費するより普通に産んだ方が簡単で……どんどんと酷い考えになりますね(^^;;;)

ちなみにラリー・ニーブン作品で、犯罪者を臓器提供元にした文化がエスカレートし交通違反でも逮捕されたら最後切り刻まれちゃうよってのもありましたっけ(確か2015年地球w)
現実にも、誘拐されて眼球&臓器とられて解放されたとか、交通事故に遭った外国人旅行者が、祖国から両親が来る前……どころか身元が判明する前に同意書もなしにとっとと提供者にされ、そもそも治療が適切に行われたか不明って事件など、恐ろしい例がいろいろ。

育ってからの、きょうこ(綾瀬はるか)トモ(三浦春馬)みわ(水川あさみ)の三つ巴も不愉快ですがやはり気になります。
幼い頃、きょうこが無くしたトモからの贈り物がみわの病室に……。
「覚えてる?」で、過去の罪を白状するのかと思いきや「誰がとったのかな」って!『てめーだろ、今殺してほしいのかよ』と言いたい気持ちをぐっと抑えて「わたしだよ」と微笑むきょうこ。こわーい(><)
どうやらみわは物も男もきょうこから盗っては『もっといいもの』を与えることできょうこに好いて欲しいようですね。好意の表し方が根本的に間違っています。

辛気臭そうで視聴をためらっていたのですが、存外に興味を惹かれてしまいました。しばらく見ます。


映画「永遠のゼロ」 ☆☆☆☆

心の中に生きている。

そんな紋切り型の表現がしっくりきてしまう、亡き祖父のいい漢っぷりでした。宮部さんフォーエバー(><)


実際問題、始まってすぐの葬式で既に泣き始めてまして。物語が進むにつれ、もう涙腺決壊です。

別に泣く為に映画見に行ったりしないし、泣く=いい映画だとも思っていないのですが、泣けちゃうんだから仕方がないというか。


「あの当時、それ(生きて帰りたいと明言すること)は『あいしている』と同じことです」

いい言葉ですよね。


結局、待ち続けていた奥さんの元へ自分でなく、家族を託せる男を送り届ける宮部も、「宮部は約束を守ったのです」とその想いに応える奥さんも、今の自分基準では理解しかねますが、それもやっぱり「あいしている」ということだったんだろうと思うしかなくてまた泣けました。


しかし、実写化でより如実になったのが狂言回しな主人公の厨2化です。

合コンの席で特攻と自爆テロの違いを語りシラケさせ、エンディングでは街中で祖父の影を見て絶叫。

ただでさえ資格浪人でニートだったのを更にこじらせた様にしかみえず、あの後どうなるのかが心配でたまりませんw この際就活中にでも設定を変えてくれていれば、宮部の話を聞いて回った縁で某財団社長に世話になるなりヤクザに拾われるなりwしただろうと思えたのにね。

…などと思っていたのは、同行の真面目な主人には内緒w

2人でただただ泣いてきました。

「僕のいた時間」1 ☆☆☆

まずは未来の、罹病して車椅子で傘もさせずに雨に濡れ、転べば起きられずに倒れたままの主人公をこれでもかーと見せておいての、就職活動と恋愛。


本音と弱音をちらっと見せたら、逆に採用になるところなど良かったですよね。

既に面接して採用を決める方の立場の主人も隣で

『そうなんだよ、こういう素顔が見たいんだよ』

的に盛り上がってました。

うん、うん。


で、面接で知り合った同級生とだんだん近づいていき……。

うん、うん。


多部未華子も三浦春馬くんも魅力的でした。

それだけに、別に難病に絡めずに「オレンジデイズ」みたいな大学生ものでいいじゃないかと思ってしまうのですがね。だめ?

「ラスト・シンデレラ」1 ×

下品。

残念な女すぎて笑えない。


深夜でもないのに一発ヤルだセックスだってうるさいです。

そしてヒロインは他人のダサイ服でパーティーに。どうして普通に素敵な篠原涼子じゃダメなんでしょう。視聴者が『美人ならモテるけど私じゃ無理よね』とチャンネル変えない様に保険かけましたか?

でもオシャレが仕事の美容師が、ドレスの一着も持ってないとかリクルートスーツとか本気でヤメて(><)本社にもあれで行くから店長になれないのかもw

更に、濡れたから着替えるのが常連老婦人が手作りの服w 髪もその老婦人がw だーかーらー美容師が2人いるのに、なんで素人が髪までw

例えば、若い子向けの店で店員にやたら褒められて一着買ってみたっていいじゃないですか。で、”露出が恥ずかしくて挙動不審”とか、”お揃いを着てる娘と並んでしまい年の差が歴然で落ち込む”とか、素敵な篠原涼子でもコメディにはいくらでも出来るでしょうに!


そんなわけで、主人公は万年副店長の美容師・桜(篠原涼子)。

仕事と友達があればいいと思い続けて40才目前、新店長は同期のチャラ男(藤木直人)にさらわれてがっかり。

『男をつくる!』

と宣言したものの、ご無沙汰で出会いが分からない(><)

サクラで行った合コンで泥酔して目覚めたら、若い男の子(三浦春馬)と裸でベッドの中でしたよ、と。ハイハイ。


ここで更に保険。

彼は女友達(菜々緒)の指令で、桜に声を掛けてます。

『篠原涼子だから』にならないように出会いに小細工して、そのうち本気の恋になったら視聴者にも

『きっかけがあって内面さえみてもらえれば私も』

と思わせると、至れり尽くせりですよ。
同期の藤木直人も桜を好きなんだろうし。


タイトルのシンデレラが何かと思ったら、桜が脱ぎ捨てた靴を拾って、春馬がそう呼び止めるんですw ひーキザ。

合わない靴で痛いとずーっと独り言を言ってる桜も桜で、いい年で稼いでるんだから、靴ぐらいサクッと別のを買おうよ。


その他、桜の友達役で飯島直子は色情狂。行きずりの男をトイレに引きずり込む……のを、知っていて友達を続けている桜も怖いぞ。

専業主婦大塚寧々は、主婦層にも媚びておこうという3つ目の保険かなあ…。


「大切なことはすべて君が教えてくれた」1☆☆☆

鍵は替えようよ(^^;;;; )

うっかり寝た女が高校生、しかも春から担任するクラスの生徒だったという窮地に立たされるイケメン教師@春馬くん。しかも同僚と結婚目前なのに。あーあーあー。

正直、春馬くんは学生に見えるし婚約者の戸田恵梨香と並んでもお姉さんといるみたい。生徒と恋愛でもお似合いな感じ。
これで女生徒が最初から脅してくるなら、どっかで観たような感じなのですが意外や奥手。まずは戸惑っている様子が新鮮でした。

自分より恵梨香先生の方がキレイ、と立ち去る女生徒。
この頃なら、鍵も返してもらえたのかも。覚えてないって素直に謝れば、ただ泣かせるだけだったのかも。
なのに逃げて目をそらして。
しかも、つい調子にのって、ホームルームの性教育で自分のことについて語りすぎたのでした。
「性行為はお互いの関係を変えてしまう」
だから慎重に、だから正直に。結婚する僕たちの様に祝福される関係でしましょうね、って、聞いた女生徒にしたら、アタシは何だッちゅーことになるでしょう、そりゃ!
授業自体はとても良かっただけに、ウケが良くて自分に酔ってしまったのも分かるけどもねー。間が悪かったねー。

一歩引いた態度から一変、主人公を挑発し、婚約者への憎しみをあらわにする女生徒は……いったい何をどうするつもりなんでしょう……。病気らしいから、後先なしに爆弾ぶちまけるのかも。裏切りを知った婚約者(戸田恵梨香)もどうするのか?いや、主人公はどうするのか。タイトルの「君」は誰?
久しぶりに月9がちょっと楽しみです。

(ちなみに西村雅彦さんはベテラン教師。女生徒との距離のとり方を、若い主人公に相談したりします。まさか生徒と寝てるとは思わないもんねー)

人気ブログランキングへ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ