ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

モテキ

「モテキ」6☆☆☆☆

イツカちゃん(><)!!!!!!!

女の子の泣いてる顔がこんなにも可愛いと思ったのは初めてです!鼻を真っ赤にして、それでも健気に語ってるンじゃん。惚れてまうヤロー!
なのに……なのに幸世ときたら
「正直、好きかどうか分からない」
とは。この空気に流されないでいられるとは、ある意味スゴイ。
抱きしめちゃえばいいのに!
幸世自身が受け身で、女の子からの好意をまっている様に、女子にだって押されたら弱い部分が当然あるのになー。

笑ったのは回想シーン。島田との出会いでも、島田の結婚式でオヤジに口説かれてるところでも、フレーム内に幸世がいる(笑)互いに、とことん眼中になかったのねー。
そんなふたりのも、こうして絆が育まれたりするわけで。吹っ切りのカラオケは痛々しくも理解不能でありましたが、イツカちゃんが納得なら、それでいいや。

ところで、ツレがもう腹が立つので見ないそうです(笑) ただエロでゲラゲラ笑うドラマでもないものねー。面白いのに。

人気ブログランキングへ

「モテキ」5 ☆☆☆☆

相変わらず、眠気が覚めるエロ情けなさです!
リンダってば聖母の様に優しいよね、こんなダメ男に懇切丁寧に教えてくれて(乱暴ですが 笑) 森山未來くんだから忘れてましたけど、幸世ってもう30才。親になってていい年なのに恋愛に受け身って!ムカツク(><)

そんなわけで4話。
てっきり前回のラブホの続きから来ると思っていたので、誕生日パーティーに録画を一週とばしたのかと思いましたよ。そこへ回想が来た来た。起たなかったのねー(^^;;;;)

でもとにかく可哀想な気にならないのは、結局幸世が真剣じゃ無いから、ですよね。来るもの拒まずでその気になって、今までの3人の相談までしたリンダに向かっても
「君が好きだ……か……ラ」←途中で後悔するなら言うな!!
直前までの選択肢は
<何となく>
<そこに手があるから(握った)>
だったくせにー!それでも、開き直って要求したリンダさんが上のキスは、ドキドキしちゃったゾー!

食卓を飛び越えたり、走ってる自転車から飛び降りる運動神経は今回も堪能いたしましたです。

来週はイツカちゃんの処女ドブ捨て? 嗚呼、可哀想で見てられないよ、でも楽しみー。

人気ブログランキングへ

「モテキ」4メモ

森山未來のパフューム!公園で(笑)
わが家の完コピダンサーにも思わずそこだけ見せちゃいました。もちろん振り付けはドラマアレンジですけど、あのターン、あのキレはさすがですよねー。
痩せたらデート、のご褒美だけで激ヤセのみならず美肌とダンス力まで手に入れるとは、おそるべし恋の(もしくは性欲の?)パワー!


ただいま旅行中、北陸自動車道
携帯から更新テストです♪

「モテキ」2☆☆☆

カメラ係のイツカちゃーん♪可愛い!!

初対面、処女と童貞で罵りあった思い出にはドン引きですが、まあそんな青春があってもいいよ。誘われてロケ地巡り。イツカちゃんたらハイテンション過ぎて、正直半分も何言ってるか分かりません。でもまあ若い女の子ってこうだよね。この分かんなさが愛しいかもね。
先週のきれい系姐さんの前で無理するよりも、子猫の様なイツカちゃんを見守ってる幸世くんはなかなかかっこいいと思うのですよ……でも、上手く行かないのねー(笑)浴衣でベッドインして、主導権を取ろうと頑張ったチューまでして!なのに『童貞じゃなかった』と蹴り倒される幸世のこの理不尽、イヤもう大受け。(幸世が真剣にイツカちゃん好きなら笑わないけど。据え膳に飛びかかっただけだもんなー。何となく抱いちゃイカンのだって!)

お互いドブに捨ててしまった処女と童貞(原作でのイツカちゃんの無駄捨ては、それはもう悲惨で泣けます)、この人とだったら良かったのに……と別々に後悔する2人を乗せて、深夜バスは東京へひた走るのでした。嗚呼。

タイムマシンシリーズ今週は、上京直後。その頃デブだったんですね(声だけ未来くん吹き替え??)先週の様に未来に希望を持たせるでもなく、どん底の人を苛めて終わりって(笑)いいぞーもっとやれ!!

この枠にしては脱ぎ方抑えめですが、逆に無意味おっぱいがうろうろしているよりも、はだけてるのに見えない方がエロイのでは!?浴衣の腰の前に跪いて見上げてくるカワイコちゃん、危険!!

人気ブログランキングへ

「モテキ」1☆☆☆

「また誘って?」
どんだけ受け身な男なの!!(笑)

久保ミツロウの切実コミック原作!4巻の巻末マンガによるとディレクターと漫画家の相思相愛だったそうで、幸せなドラマ化です。

田舎から出てきて童貞のまま成人、普通にイケてない主人公幸世(森山未來)の愚痴が、可哀想ながらも笑えてしまいます(絶倫ウサギ 笑)そこに突然のモテ期!このチャンスに本当にモテ男になれるのか??……む、無理かも。

もちろん、見た目は森山未來くんなんだし。一斉に連絡とってきた女友達とも、一度はいい感じにデート?したりしてるんですよ。でも受け身。自分が好かれるワケない、影で笑われる等、発想が常に後ろ向き。手をつないで歩いた娘の、元カレが登場したらもう、一言も言わずに失踪です(笑)
そこで
「俺だって好きだー」
とは言えなくても、
「ただの同僚です。昨日初めて話しました」
とか、彼女のために言ってやることも出来ないのかと。無表情ですうっと消える様子に、おばさんとしては爆笑しましたけど共感を覚える若い男の子は多いのかしら。傷つきたくない、とか。
で、一年ぶりにその娘からメール。TVの石田純一に背中を押されて返信するところなど、「うぬぼれ刑事」に似てなくもないのですがあちらがハンターなら、確かにこちらの幸世くんは草食系かもー。ああ、情けない。

でもそんなダメ男、嫌いじゃないのよー!!!むしろ好きなのよー!!!

深夜ドラマ的サービスも期待。来週は未遂なベッドシーンよね。ふふふ。

途中堂々と入った大江千里「かっこ悪いふられ方」がサイコーでした!挿入歌と言うよりカラオケ(笑)

 


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ