ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

ミムラ

「コールセンターの恋人」〜最終回 ☆☆

そっかー、お父さん亡くなってましたかー。
そっかー、シュウマイはフタの裏ですかー。

↑どっちも同じぐらいの感じ(^^;;;)
いやむしろシュウマイの方が「あるある」とちょっとお茶の間盛り上がる分、インパクト上かもしれません。お父さんごめんなさい。

クレーム対応の達人として、アオキョーを話題にしたブログが本になり本社もイメージアップ!……の時点で、当のアオキョー失踪中じゃダメだと思うんですけど。本社は気にせず、都倉を呼び戻そうとします。
それを断る都倉くん。コールセンターこそ一生の仕事と心に決めた男です。
そして青山響子も戻ってくる。

ここで、安易でもなんでも恋が実るとか、夢が叶うとか、何かもう一つ都倉くんにいいことがあれば素直に喜べるのですが。ただ馴染みの同僚が戻って、短かった楽しい日々が戻って来ただけで終わられても今ひとつくいたりませんでした(東京マニアの安田顕がついに!「本物の」東京タワーを訪ねて来たことと比べたら 笑)
アイスとアオキョーの仲も、顔も知らないただのライバルでちょっとガッカリ。

つまらなかったわけじゃないのよ。別に破綻もしてないし。
「水筒の水を飲んで下さい」を今度は都倉から言うやりとりなど、いい場面もありました。
でも、徹子やみのもんたの友情出演、都倉の子供時代の写真(父兄弟も一緒に映ってればいいのに 笑)のインパクトの方が……。
いやいや終始、地味にいいお話でまとまるドラマが最終回も、地味に通常運転で終わっただけなのかもしれません。

コールセンターがあるから、南極アイスが暴走出来る(笑)
今日も誰かが地の果てで、電話の向こうできっと待っていてくれることでしょう。

「コールセンターの恋人」7、8 ☆☆☆

ないない、小麦粉かかったままで暗証セットなんかしないって(笑)

ゴルフに指輪にカーナビつけて、デキル男の3点セット(+謎の小麦粉10g!!)
世間は愛人にプレゼント?と裏読みしたけれど、アイス様は奥さま向けの”浮気あぶり出しセット”のおつもりだったんですとよー(笑)
更にそれを奥さま用に買ってしまった男のプッツン。
いい話に治まってましたけど、コールセンターに殴り込みまでかけておいて
「夫婦喧嘩終わりましたー、どうもー」
で帰っていいわけないよね、警察がお持ち帰りでしょ普通!!(僻地で駐在までが遠いんでしょうか 笑)

先週の失恋「良い思い出」をまだ引きずってる都倉に笑いつつ、今週も気軽〜にみてました。早く1話の徹子の部屋につながってくれないかな。

ところで、アイスとトクラの仲を疑うアオキョー!!
焼き餅?と都倉は解釈してましたが、どちらかというとアイス側で心配をしていた様な。やっぱり母親なんじゃないのー。さて。

「コールセンターの恋人」5,6 ☆☆

楽しく見ています。

水の回、山崎樹範の運転手に大喜び。
トクラとは同級生だったのに、今や発注元と受注側。スーツと作業着で並ぶことになる微妙さに体格風貌も含めマッチしていてナイスでしたねー。あの普通さが好きなんです。
ただ、「お前はいつもそうだ」と、過去にも何かあったらしい台詞を(諦め顔で ><)言い捨てたくせに、詳細は不明なんですよね。
クビの件がどうなったのかも、多分女医さんが反省したのねーと匂わせるだけ。

DVDの回では、ダイエットマニアの娘がギャル曽根(笑)
食堂の兄さんと実は両思い??どうなるー??
エクササイズDVDもビリーズブートキャンプを思い出させて、本家は美人通訳さんと結婚、大阪にスタジオを開いて日本に定住したぐらいですから、こりゃいろいろドラマを期待しますよー。
なのに、なーんにも無くてがっくり。

適当な通訳(近藤芳正)をたかきょーが(デンマーク語で 笑)怒らないの?
ハンスを見つけて仲直りさせないの?

食堂の兄さんはギャル曽根に告白しないの??
「あの子がパクパク食べるの見るの好きなんです」
「わしもだ」
と、オヤジさんと語って満足じゃ台無しですよ!!
だったら、OL達が一斉に食べに来なくなって商売あがったり、とクレームつけてくる程度で良いじゃないのよー!!

連ドラの縦糸は、タカキョーとアイスの間に何かある(母娘??)感じは続き、トクラは本社の男に彼女をとられ、ときっちりなのですがその分毎回の詰めが甘くなっていて残念な感じに。
そこを両立させて欲しいのになー。

「コールセンターの恋人」4 ☆☆☆

写真を撮られて、嫌がりながらも笑顔でなんかポーズの都倉君。
対するアオキョーのボサーッとした素人映りがツボでした。モデルさんだったミムラなのに。

でも、何度も何度も映す顔が切なく泣きそうに歪んでいく。
「心霊写真」
でいいから、会いたい人が居るだなんて。

お父さんが行方不明?
また1つ、アオキョーの過去が知らされ、また1つ商品の問題が解決されて、都倉君を呼び捨てにする人が増えて、どんどんと「トクラ」はコールセンターの人になっていくのでした。

カメラ欠陥の謎が解けても、子供たちのために”お父さんと一緒の写真”を再現するところは泣けちゃいました(><)
遠くの人が映りこむ仕組みは分かるけど、山に漁師の格好で腕組んでる人が居たかと思うと、やっぱり1枚目は本物の心霊写真だったかもーと思わないでもなかったり?

本社の商売精神もすごいですよねー。
”心霊写真が映る?”の売り込みが出来ないと分かったらすかさず、洒落っ気商品に方針転換!
転んでもただじゃ起きない、負けました!

「コールセンターの恋人」3 ☆☆☆

青汁を笑顔で飲み干す南極アイス!プロです!!

今日の目玉商品は、ライト。
懐中電灯も非常用ラジオ付きライトも、どんどん新しく買い換えましょー!なアイス。本社でもちょっと古い商品は、取説もどんどん捨てちゃってると言うし。

でも地の果てコールセンターでは、一度売った商品の取説は、とことん保存しておくのでした。
買ったお客が死に絶えるまで!!(笑)
実家にあります、ぶら下がり健康器。おばあちゃんが本当に洗濯物干しに使ってた(笑)

で、古い古〜い電灯の付け方を教えてあげて、夜空に輝く救難信号、南極アイスのペンギンマーク♪
これで認知症のおばあちゃんも助かったし(途中、娘さんがセンターに電話してきた経緯を見逃したんですけど。まあいっか。)ペンギンマークを見たアイスさんは、それを売っていた若かりし日
「大事に長く使ってください!」
と言っていたことを思い出すのでした。

そして始まる”人数分買ってキャンペーン”!! アイスさんプロです!!

私も結構、古いものをいつまでも使い続けるタイプ(今着てる寝間着も15年前からの…・^^;;;;)
恥ずかしくないよ、必要な時に使えるのなら。
”それは自分で決めるというコト”
ですよね。

え、キーホルダーも”誰か”につながるの??
都倉は例によって一歩前進一歩後退、青山さんは今日もマイペース。所長は恋の迷い道〜。

「コールセンターの恋人」2 ☆☆☆

「電話して本当に良かった!」
おお、2話目にしてもうこの言葉が出ちゃいましたか。このお客様の声で以後トクラ、調子にのるのか??(既に北海道まで自費で来るなんて、ずいぶん探偵ごっこに感化されている模様)

ワケあり商品人気、確かに雑誌とかでも良くみますけど。
カステラの端みたいに定期的に出るものならともかく、割れもの系のミスで発生するものを大量取引って確かに無茶です。わざと雑に扱って”ワケありの生産”をしちゃうという本末転倒は、なるほどあるかもしれないーと思いました(^^;;;)
「目が覚めたよ」
と、取引を断った業者さんを、心配するトクラ。最後ちゃんと「仲良したらこ」を仕入れたことで、八方丸く治まってひと安心です♪(前回の犯罪は、お客様も業者もミソがついて可哀想でしたものね。こういう方がいいわ)


そのワケありに絡め、人間のワケあり話にもなっていくのがまた楽し。
キャバ嬢だったとか刑事だったとか、笑わせておいて
「ワケありじゃない人間なんていませんよ」
確かに。

「○○ということは、××ということです」
謎の人@タカヤマキョウコの口癖、なかなか面白いです。暮らしぶりなども少しずつ明らかになり、誰かからの電話を待っているのかもと更に謎が増えました。ワクワクですねー。

敵役の南極アイスも、高圧的なだけじゃない、機を見るに敏な商才で君臨しているんだと納得できていい感じ。

気軽に普通に楽しめて、次回が楽しみです。ライト?監禁??

「コールセンターの恋人」1☆☆☆☆

手堅く面白かったデス。

誰でも目にするあの画面の向こう、通販番組のドラマなら「ツーハンマン」がありましたけど、更にその先”苦情処理係”を舞台に持ってきたところがまずナイス。

24時間営業、なんでも売っちゃう。その分だけネタがあり、苦情とドラマがあるわけですねー。

で、そんな電話(受注も苦情も)を受け付けるコールセンターは本社ビル内でなく、人件費と家賃の安いド田舎にあるわけで。
イケイケ売れ売れでやってきた営業部の青年が、
「どっかにあるらしいよー」
と言ってたその部門にとばされてきてドラマは始まります。
おっとり好青年な小泉孝太郎が、クレーマー相手だと無礼者になっちゃう。お坊ちゃまらしく現場を知らずにヘマをする、怒られる、ヘコみつつも現実に目を開いていく。はまり役な感触です。
田舎が圏外→私用電話、24時間交代勤務で夜間も誰かいる→セクハラ疑惑広まる、の流れも細かく気が利いてます。

謎の女、青山さんとやらにミムラ。
彼女の笑顔が大好きなんですけど、しばらく封印かしら。 電話では物腰柔らかく、主人公には高飛車&平手打ちというギャップがこれまたいい感じです。

通販番組の立役者、南極アイス(南極でもアイス売ってやる!! 笑)と青山の間に何があったのか?

……今回の目玉商品、高枝切りばさみに関してはー。
途中奥さんが家を出ちゃって「エー?」と思わせたのが、別々に2本購入させるためだったのがちょっと無理矢理。ただでさえ苦しい家計に無駄な出費と思うと
「一家で2本ご購入、ありがとうございます!」
とか頭を下げている場合じゃ無い(><)とも思うのですが。
事件発生時、TVに映っちゃ困る困ると言ってる首脳陣が、事件解決&すぱっと桃を切った途端に小躍り、今プッシュしたら売れるわよーという南極アイス(名取裕子)に押し切られそうだったのには笑いました。

冒頭の「徹子の部屋」出演時には青山さん行方不明?? しかも、「帰ってきて」とか「徹子の部屋が好き」と知っていたりとか、主人公との間にもフラグ立っていそうでフフフー♪

「空飛ぶタイヤ」〜最終回 ☆☆☆☆☆

やりきった!気持ちのいい作品でした。名作認定。

大企業のリコール隠し。
主人公の小さな会社を倒産から守るためにも、中傷するバカから家族を守るためにも、残された道はその隠蔽を暴くこと!!でも雑誌に記事は載らない、証拠は戻らない、証人は喋らない、八方ふさがりな中であがくあがく。
一方で大企業の中でも、告発に動いた人達は見つかって。

毎回、あれこれ動いてはちょっと芽生えた希望が潰されてしまうんです。
とうとう見つけた大きな証拠を、よせばいいのに敵にたたきつけに行く主人公。気持ちは分かる、分かるよ、でも……と気を揉んでいたら案の定、隠蔽工作をされちゃいましたよー。
もう駄目だー(><)

……と、いうところでちゃーんと救いの手が現れるんですよ!至極まっとうなところからの情報提供(^^)

何も飛び道具もケレン味もないのですが、寄せては返す波のようになかなか捕らえられなかった巨悪を、ついに最後で打ち破った爽快感はたいしたものでした。
実はエンディングがちょっと気楽なメロディーで、毎回”違うんじゃない?”と思っていたのですが、最終回にはぴったりでした!!なるほど、最後の最後でこんな気持ちになりますよな歌でしたか??

主人公の会社がこれで持ち直すだろうとか、内部告発者も後悔してないよ、という描写は勿論のこと。
悪の根源@常務(國村隼)を叔父に持つミムラと、系列銀行勤務の婚約者。不正告発で壊れたかに見えた2人の仲も、ちゃんとやり直せそうに描かれて嬉しかったです。

そして何より、もう外れたタイヤが空をとんで人を殺すことはない。これが一番の明るい未来なのかも。当たり前のことだけれど。

「銭ゲバ」最終回☆☆☆

走馬燈の様に……といえば、人生最期に今までの記憶が駆けめぐることの筈なのに。風太郎のそれは何故か妄想(笑)

野球チームの友達とディズニーランド、優しいパパに薬をちゃんと飲むママ。お小遣いを浪費!!して怒られたり。
財布を拾えばきちんと届け、お巡りさんにほめられ、大学に合格して茜と出会い、友達と出会い、バイト先で説教され、馴染みの洋食屋!でベラの煮付け食べて……デートして……結婚して子供ができて……。

今までの殺したり死んだり騙したり殺したり利用したり死んだり、という”本当の記憶”orzもはさみながら淡々と、平々凡々な生活が30分以上続くんですからもう目眩がしました。
ここだけうっかりみちゃった人もいるんじゃないのかな。
「あれ、こんなドラマあった?」
としばらくみていると、暢気な坊やと同じ顔の男が突然殺気だった目でよだれ垂らしながら呻いたりするんですよ(><)

確実に悪人だった風太郎だけど、金さえあったら、こんな人生だったのかも。
「お前らみんな銭ゲバだ」
私たちだって、金がなかったら風太郎になるのかも……ええー??それは納得できないなー(^^;;;; )少なくとも、可愛い我が子を小学校中退にはしないよう。

なので、ラストの巻き戻し、淡々と説教かましてた風太郎には一気に醒めてしまいました「じゃあな」じゃないよー。

もっとも、だからって風太郎が死んだことも、真っ向から何かに挑んだドラマの素晴らしさも変わりはしませんが(巻き戻る間、スーパーイリュージョンで逃げてたらどうしようかと思った)、一般化されたら困る。
風太郎は風太郎。

導火線がまだ長かった気がするので、あんな余裕だった男も間際には泣きわめいて死にたくなかった、とつながるんでしょうか??

亡き風太郎に酒を手向けてた父。彼の責任はもっと追及されるべきだと思う。
ハルちゃんがなにげに怖くなっててショック。犬がどっか掘り返していたのは白川くん…??

新聞記事じゃありませんが、謎を残しつつ若き社長は爆死。
このスッキリしない感も含めて銭ゲバなのかなと思いつつ……松山ケンイチの代表作にまた1つ伝説が加わったことは間違いありません。

さて、録画を残そうかどうしようか……(><)

8話 7話 6話 5話 4話 3話 2話 1話

「銭ゲバ」8☆☆☆☆☆

結婚指輪は、はめたままなのにね風太郎。

ぶら下がる茜にも冷静なまま。どうでもいいって言ったもん、てなもんです(口ではそう言いつつも、茜の死後ますます夜毎うなされていますけど)

霊安室で叫ぶわ、刃物抜くわ、とっくみあいだわ。
じたばたする緑と受けて立つ風太郎と。
「見届ける」
といいながら、警察に話をするでも毒を仕込むでもなく、同居を続ける2人。頼まれれば車もだして、どんどん仲間みたいになってきましたよ緑お嬢様(笑)
もう1人ハルちゃんが、別の仕事探す=出て行く気満々なのとはえらい違いです。
「真実」を聞きに来た元刑事さんの様に、包み隠さずにまんま悪事をさらされてしまったからこそ、緑は風太郎を受け入れていくのかも。


あのとんでもない親父も間近で見ちゃってるもんね……。
親父がああなった事情を知り、親父を愛した母を知る風太郎は父親を直接には殺せなかった。ということは、風太郎がああなった事情を知り、風太郎を愛した茜を知る緑はやっぱり、風太郎を殺せないんじゃないの??

もー、過去をみればみるほどクソ親父だというのに、現時点では結構まともなことを言うからまた腹が立ちます。何が金の有意義な使い方だよ!何が『親より先に死んじゃいけない』だよー(><)
でも不思議と、9億円弱を要らないと返された風太郎は心地よい目覚めを取り戻したのでした……(シーツの下に札束敷いたからじゃないよね 笑)

今までも突然横になってた画面が、とうとう逆さにまでなりましたよ!グルングルン。
また、実は視界が歪んでるなんて飛び道具もこの期に及んで飛び出して、回想シーンも更に悲惨で、悪行し放題なのにやっぱり可哀想で、でも味方にはなれなくて、ドウシタライイノヤラ。

定食屋のところは、また刃物向けられるのかーと。いくらツルンと優しげバージョンの顔で現れたからって、大男な風太郎相手にみんな無茶しすぎ。
それよりも、風太郎にセックスを拒否された女子高生のその後が気になって。まさかあのまま飛び降りたり自棄になって水商売にトライしたりしていないか心配なんですけど、そこは白川くんのその後みたいにどうでもいいことなの??
(もっとも、小遣いならともかく自分の身体で2千万円稼げると思う彼女もたいがいですよね。既婚のイケメン社長だよ?女子高生にそんなに飢えてないでしょ)

で、爽やかに死に場所に赴く風太郎。
もっと追い詰められて死を選ぶ方向かと最初は思っていたので、こんな自主的な自殺だとは。それにまさか胴体にダイナマイト巻くなんちゅーアナクロで派手な方法をとるとは思わなかったので最後の最後で吹きました。
ちゃんと見殺しにできるんですか、お嬢様は??

7話 6話 5話 4話 3話 2話 1話

「銭ゲバ」7☆☆☆☆

ついに刑事が”転んだ”か!!
ここ、奥さんが死んでしまったら金を借りる理由もないし恨みは強まるしで台無しな訳で、本当にギリギリ綱渡りな風太郎。
「全部俺がやりましたー」
告白も、録音されたら一発なのに……。”お金持ち”はそんなことしないのかしら……。

と、そこここに穴があるからこそハラハラと、もう最初から最後までクライマックス??
幼い風太郎は裏切られ、
ダーク緑は暴言を吐き、
食堂兄が金で動いたのも、早速家族にばれてるし。

今度は自分から風太郎の耳をふさぐ茜には、もう涙。
だって、風太郎が普通に聞こえていた様に見えたんだもの。ということは、茜も最初から全て聞こえていた……??
また茜の最期に出くわした時も。
「生きても死んでもどっちでもいい」
といった言葉通り、あわてず騒がず、関心なく眠り込んだように見えたのですが……衝撃のあまりの放心状態だと言う人も居るし。どちらなんだろう。
予告もなかったし、来週を待つしか。

そんな中、いちいち笑えるのが10億転がすオヤジ(笑)
金の力で人を侮辱し、
「世の中金だ」
とつぶやく姿はそのまんま風太郎で……この親にしてこの息子あり、な訳で……

本当に最終回どうなるんだろう。
三國社長が若い頃捨てた女が、風太郎の母だったとか言う路線だけは無しでお願いします。

それにしても松山ケンイチの二役、食堂兄をみていると時折”いや似てないよ”と思う瞬間があります。似てないも何も本人だっちゅーに、印象が揺らぐんですよね。不思議な役者です。


6話 5話 4話 3話 2話 1話

「銭ゲバ」6☆☆☆☆

いやもう、悪いことしかしてないよ風太郎(><)

社長としては、派遣を正社員にだの子供を雇う(??)だの、出自を活かしたパフォーマンスで好感度アップな様ですが、それを
「俺をもうけさせるためのエサずら」
といってる舞台裏、もとい社長室をこっちは観ちゃってますからー。
せっかく味方をしようとしている茜にも
「目障りだ」
と邪険だし、メイドのはるちゃんは夜の森で脅して訛りプレイだし(同郷なんだ!!)
刑事には奥さんの治療費だと、痛いところを狙って金を積む。受け取らずに殴ってきましたよ!!
(傷害で訴えたら、刑事クビじゃないのかなー ^^;;;;)
血まみれの笑顔がまた……前回のジョーカー笑いと並ぶ悪い顔。およそ主人公のする顔じゃありません。素敵すぎる!

かと思うと、お墓の前ではまるで子供の顔。
「お友達」に倣ったんだか、お母さんのお墓を建てて話しかけていましたが、天国にいる母と地獄行き決定の自分とはもう2度と会えないと泣く。もうせっかく金持ちになったのに幸せじゃないなんて、どうしたらいいのやら。

お母さん似のホームレスの世話を焼いてみたり。
……これが、緑似のキャバ嬢を囲うのなら抱けばいいんで話が早いのに。お母さんを求めているんじゃ、相手もこっちもどうしていいのやら隔靴掻痒。挙げ句、持たせた大金のせいでホラ、ろくなことになりゃしない。

お父さんにはなんと10億!!
ちゃんと使う暇を与えてやるところが優しい息子ですが……トンズラは許されない。さて、何日で死ねばいいんでしょう??

とその間、ずーっと惚けていた緑さん。
舐めるようにささやく風太郎がエロ素敵だったので、もうちょっとあのままでいて欲しかったです。
まさか演技にしては長すぎというか、ノープラン過ぎる(><)いいタイミングで警察来るから、連絡とってグルかと思ったら別件。バラした途端に逆上殺害、という事態もありありだというのにノープラン!!録音も無しですか??……だからこそ、みんな騙されたのかもしれませんが。
この先どうするんだろう??

刑事の奥さんを突き落としたのは、定食屋兄でしょう??
アリバイがすぐに分かって釈放になって、刑事が信用をなくして他の容疑もじゃあ違うねーな流れになるのかなーと思うのに、予告ではブタ箱場面が長いですね??
ああ今から来週が待ち遠しい!!
(全然ドラマみない友人が何故かこのブログを読んでくれていて、今季は「銭ゲバ」を一番熱心に書いてるね、ですって。そうなのよー!!)

5話 4話 3話 2話 1話

「銭ゲバ」5 ☆☆☆

お、お義父さーん(><)
そうだ!社長じゃなくて桔平パパを殺してもらえば良かったんじゃない?←既に善悪良く分からなくなってきています(^^;;;;)

結婚式はいつの間にか済んでしまっていました(笑)盛大にしたんだろうなー。
そしてちゃっかり、社長の右腕となってお仕事しちゃってるスーツ姿の風太郎くん。

素朴な疑問その1
「そのままじゃいけないの?」
は、視聴者も聞きたくて、さすがの桔平パパだって思ってることなんだけど。
駄目なんだろうなあ。いくら好かれても、息子扱いしてもらっても、
「金持ちの息子でいるのが嫌になって」
「金で買えない幸せもあるなあ」
なんて思っちゃった人間とは一緒に暮らせないんだろうなあ。定食屋での会話は、そこだけ見たらとても良い場面だというのに、殺人計画実行を止めるには全く逆効果だという悲しい場面でしたよ(><)
(そういえば先週の冒頭も、そこだけ見た友人が「清く貧しい青年のいい話」だと思ってたなー ^^;;;)

でも新妻は
「風太郎さんが人殺しでも全然構わない!」
と吹っ切れていて、ショックな緑さんには悪いけど、騙されている一方でなくてちょっとホッとしたかも……。

そして銃声が。

悪いピエロの様な最低の笑顔が、なかなか聞こえない二つ目を待ってまた歪む。あのダッシュ、何のために駆けつけるつもりだったの風太郎、「ともだち」を助ける為??それともとどめを刺す為??

風太郎に利用されながらも、彼なりに納得して死んでいったらしい元派遣くん(柄本時生)が哀れでした。
せっかくのあぶく銭ですることが、豪遊でも逃走でもなく。自分も入る両親の墓をたてて、「ともだち」の為に死ぬことだなんて……。

金を撒く場面はちと長すぎで、見つかっちゃうだろー(あの女子高生にみられたし)と思いつつ、鬼気迫るものはありました。
まさかの緑崩壊、もう社長就任。
たったの5話での早すぎる展開には、定食屋パパ同様戸惑いますが。本人にも止められない何かに突き動かされている様でもあります。

今回、”そんな大事なこと”を告白する場面がすっぽりなかった様に、このドラマ時々大きなことを省くんだけど(茜の時計話後半とか、白川くんの最期とか)、そこが逆に巧いなと思います。無理矢理なことを見せられてツッコミ入れるより、それを聞いた元派遣くんが納得した事実の方が大事な訳で。

来週一体どうなっちゃうんだろう……。

4話 3話 2話 1話

「銭ゲバ」4☆☆☆☆

埋めたの?ほんとに庭に???
「あのとき殺しておけば良かった」じゃないよー
現行犯だよ!!

以上、風太郎の犯行のあまりの杜撰さに目眩がしました(><)
でも確かに推理小説だ刑事ドラマだを娯楽で見ていたとも思えぬ生活。今まで2度があまりにラッキーだっただけで、鑑識だの解剖だのって知識やアリバイだの上手な遺体の隠し方だのって何も考えていないよね……。
覚えてきたのは、人間の心の動きとそれを手玉にとる方法だけなんでしょうか。

「私、風太郎さんと結婚する!」
という茜を、父親に怒らせたらもう本格的な拒絶。後がない。その前に自らが断り、卑下し、家を出て、まるで悪いことをしてしまったかの様な気持ちに陥らせ……。

待って、待って、ついに「金持ち」に頭を下げさせて迎え入れられ……。

でもそこに親父が居るのに驚愕(笑)
また親父が、心にもないことをペラペラと喋る様子が、どうしたって三國家での風太郎と重なるじゃないですか。ああ、親子だなと風太郎だって思ったに違いないです。なんて自らの鏡(><)

茜が文字通り”金に見える”様子が衝撃でしたけど、父の目には今や風太郎も金に見えて居るんでしょうね。

そうそう定食屋のバカ息子も松ケンでしたよ!
だったら事前に、「松山ケンイチ七変化!!」と誇大広告をババーンと打つ手があったじゃないですか?
スーツに作業着にグラサンに革ジャンにパン1に。
もちろん前宣伝で見ちゃってると衝撃も減るし、喋ってナンボな松ケン劇場という気もしますが……さっき「クロサギ」のwowow放映見てたから(^^;;;)

結局本当にどうやって田中圭を殺したのかとか、親父だって掘り返して引きずったら穴の回りに痕跡残しまくりだろう!とか、そんなことはどうでもいいらしくドンドン話が進みます。結婚だって、妊娠もしてないのにそんなにすぐに挙式な方が世間体悪いでしょう、お金持ちが!(三國家なら週刊新潮の結婚ページに載れるんじゃないの??)

それにしても、三國家朝の団らんは気持ち悪かったです。
同居さえしてればオッケーらしいパパさん、同じ屋根の下で可愛い娘があんなことそんなことされちゃっていいの??ほんとにいいの???正気の父親とは思えない……。

来週はそのパパさんに早速、魔の手が!?
匿名通報した家政婦も危険!! うう、ワクワク(通報したのは風太郎父?)

3話 2話 1話

「銭ゲバ」3☆☆☆☆

大袋を引きずって庭を横断し埋める風太郎。
芝生に痕が残るし、悪い足に無茶だし、その前にどれだけ広いの三國邸の庭は!とツッコミどころかと思いきや、予告からするとダミーな様ですね??
見られてもいいものを怪しく埋めておいて、また
「疑われても仕方がないですね…」
と金持ちの罪悪感にとどめをさすのか風太郎??

「あえて言うんだよ」
幼馴染みくん(田中圭)のこの台詞が耳につきました。

持たざる者ほど心がきれい、
障害を越えて妹を愛する人がいる、
そんな緑の考え方は美しいけれども甘い、そうズバッと斬る幼馴染みくん。
ほほう、正解!
500万円のしかも一期一会のアンティークを捨てられても怒れないほど三國姉妹と親しいお坊ちゃん。見かけによらず世慣れてました。しかも、暴漢の登場に怯えはしたもののちゃんと追いかけて、コインロッカーの金を出す様子から風太郎の依頼と当たりをつける。
これも正解!
しかしその後、面と向かって2人きりで話をしてしまうところは君も結局甘かったのよ……。

今日も楽しい定食屋で、
「人殺しだけは駄目だ」
と聞いてより絶望を深めたのでしょうか。
「もう2人殺してるんです」
と言いながら、坊ちゃんを殺した(だよね?)風太郎。(あんな人前で?白昼?その後どうしたの?等々謎は残ります)

今までの機を逃さない受け身な選択と違って、能動的に勝負に出ましたね!
三國家には入ったものの、結局食事は別。貧乏人でヨソ者なのを毎日思い知らされるだけだし、アカネが望むように一生一緒になんていられないし、いたくない……といった状況を打破、でしょうか。
”貧乏人”を雇って緑を襲わせ、自分が助けて信用を得る。
甘い”金持ち”緑はまんまと風太郎を信用し、朝食も同じテーブルでとるようになる……。

徹頭徹尾、自分からは低姿勢で、
”疑われて当然”
”すぐにも家を出ます”
と、心とは裏腹なことを言い続ける風太郎(ってことは、”派遣の仕事が好き”も嘘なんだな ^^;;;; あんな怪我した日ぐらい休めばいいのに)
アカネが望んだ誕生日祝い、結婚(笑)にも
”それは無理だよ”
と即答ですが。さてどちらに転ぶのか……。

今週もハラハラと前のめりで視聴です。
風太郎の親父の最低さには、言葉もない(><)奥さんが死んだのも知らなかったなんてー!
ポタポタと落ちる風太郎の涙が美しくて悶絶でした。
(刑事も、いっそ父親の首締めているところで捕まえてくれていれば、その後の殺人はなかったのにー)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ