ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

ミッキーカーチス

「アンナチュラル」8 ☆☆☆☆

守りたい、大事な場所があなたにはありますか。

六郎の父(伊武雅刀)登場。
医者一族に育ちながら、医療への情熱を見出せず寄り道を繰り替えす六郎。そんな息子が歯がゆく、死体相手のUDIラボも辞めさせたい父。でも、幼き日の六郎の疑問に向き合えず、目標にもなりえなかった父親なんだけどなあ。居場所のない彼を「うちの六郎」と呼び「優秀」だと公言してくれるミコトを六郎が好きなのは……可愛いからだけじゃなく、心の支えなんだろうなあ。惚れてまうやろ~!

そして火事場から焼死体が10体!
うち1体にだけに、生前の傷と緊縛の跡が見つかり、すわ殺人!隠蔽のための放火かとザワザワ。また判明した身元が、前科はあるわ強面だわ、いかにもトラブルを招きそうなの、ずるいですよねえ~。駆けつけたご両親まで、他人様に迷惑をかけ続けて死んだと嘆かれてしまうとは。
しかし我らがUDIラボのめげない面々は、現場の手すりに血痕をみつけだし東部の傷は殴打でなくバックドラフトによる事故の可能性を。そして意識不明の生存者にもあった縄目との合致から、その前科者がしていたことを突き止めるのです。救命搬送、必死に皆を救おうとしていたのだと。
もうこれ書いていてまた泣きそう。
勘当された前科者が、常連になっていた雑居ビルの店々。彼にも家族のような仲間がいたこと、その家族を守ろうとしたことがきちんと判明し、ご両親に知ってもらえて本当に良かったです。しかも縄の使い方は、消防士だった父親が教えたのよー(TT)

また、ラボに置き去りの骨壷にも様々な背景が。
2話の冷凍遺体、ダイイングメッセージを遺した彼女はいまだ身元不明。かと思うと、行き倒れて半年後の身元照会に、骨なんて女房じゃないと愛妻の死を認めない男(ミッキーカーチス)も。ゴミの分別で言い争った妻が、戻らなくなってから家はゴミ屋敷だなんてね。
「バチがあたった」
という男を強く否定する所長。良い人も、悪い人もただ死んで、生きている人はたまたま生きているのだと、日常的に死にたちあっている人に言われると腑に落ちます。震災の現場にもいたのね所長……。

検死への想いを新たにした六郎。寄稿していた雑誌社との縁を切り、父にも勘当されて戻ってきた彼にラボメンバーが当たり前のようにかける
「おかえり」
ああ、ここが六郎の家。六郎が帰ってくる場所なんだと、泣き笑いの六郎くんと共に胸が熱くなりましたよ。

……しかし、快く六郎を送り出した編集長はUDIラボスキャンダルの告発を準備していたし。例の情報屋が『六郎に』と預けたまま彼の手に渡らなかった封筒には……『ピンクのカバ』の絵。それって、中堂の亡き恋人の次回作??そして現れる赤い金魚!
ああもう最終回になっちゃうんですか。見たいような見たくないようなですよ。

今回大量の焼死体発生に、ヘルプできた坂本検査技師が仕返しのようにクソ連発で挨拶してくるの、笑えました。仕事でラボに現れてたミコト養母が、刑事さん葬儀屋さんと周辺の独身男性を大調査してミコトに怒られるのもw 緩急あって大好きなのよねえ。

「クロスロード」〜最終回

工事現場から出た白骨死体。
その身元をめぐって……ではなくて、単独強盗犯だったはずの男を殺して埋めたのは誰かを巡って、ゆっくりと進んだ物語でした。毎回毎回別の事件が絡み、暇な尾関が駆り出され、合間に遺族に合い……さて、すべての元凶『単独犯説』はいつ引っ込められるのかと思いきや管理官貝谷には貝谷の事情があって(西村さん素敵ー!)
結局、東北大震災で死亡した男が被疑者と断定もできない宙ぶらりんのままで人員縮小。それでも25年の時を経て、尾関と板垣がまたいっしょに酒を飲める日がやっと来たのでした。もう酒場の場面はマスターミッキーカーチスの独擅場w

タマ多摩新聞の板垣は、家族と揉めていましたがナンダカンダ仲直りじゃないですか。妻の白昼夢を見ている尾関の孤独が身にしみます。


あと今更出てきた、強盗事件の盗品ね。
亡き母が身につけていた品を、遺児の娘さんが手に取ることができて良かった……。あれ娘さんに返せたらいいのですが、質流れ即売会で3万円払って入手してる主婦が現在の持ち主ですからねえ。そちらに戻るんでしょうねえ。
(遺児千鶴を演じる大後美寿々は久しぶりに見ました。大学生なのかあ、貫禄w)
 

「田上トパーズ」☆☆☆

滋賀県ご当地ドラマ。こういうの好きだなあ。
東京から滋賀へ、父の突然の異動。すれ違っていた父娘の心が、地元田上山で採れたトパーズをきっかけにほぐれて触れ合っていく様子が暖かく描かれています(^^) 

建築会社から、地域密着ケーブルTVに異動で勝手が違うお父さん(小木茂光)
地元情報だ旬の料理番組だって小さい仕事にイラついて、ご当地音楽フェスをドーンと大きくしちゃおうぜ!と支援企画を提案するですが同僚(千原せいじ他)は乗らず更にイライラ。元バンドしてた娘(小島藤子)の出場を勝手に決め、ほらお前の元仲間も呼んだよ、メジャーデビューするんだってな!って……。
知らないんだよね、デビューのためにボーカルを替えられ、以後娘さんは歌えなくなっちゃってるって。
新しい学校の友達には言えたことが、お父さんには言えなくてすれ違い。
「自分だって夢だった建築士になんてなってないくせに!」
と痛いところをついてしまいますが。

若きお父さんが、山で自分で見つけて亡きお母さんに贈ったトパーズ。何万年変わらず光る石のように、お父さんの中にも昔の夢は眠っているし、歌うのが辛くなった自分の中にも、歌いたい気持ちはやっぱりあるんだと気がついて……
ラストシーンはJKバンドで歌うヒロイン。例年通りのこじんまりしたフェスで、自分のために歌う姿は楽しそうでしたよ。地元バンザイ(^^)

しかし、いくら田舎だからってケーブルTV職員がまさかのなんでも屋。TVの写りが悪いのどころか、子供の宿題までハイハイとみちゃうw ヒロインのプチ家出には即、写真もつけて「たずね人」で放送! ここにはいないよな情報までじゃんじゃん来た結果、見つかるのは先週爺ちゃんと行った山でってさ、それあとから娘に恥ずかしいって怒られるよお父さんw

自由に生きてるお爺ちゃん(ミッキーカーチス)が、登山はする観光案内ボランティアはすると、人生充実してそうでかっこよかったです。
音楽はクラムボンのミト。

「紙の月」1、2 ☆☆

気持ちが悪い。


主婦が1億円を横領して失踪したところから物語が始まります。

何しろ演じるのが原田知世ですから

清楚で真面目。

学生時代にもボランティアや寄付をしていた様な娘さんで、若い男に溺れて貢ぐ様なキャラじゃないんです。戸惑う旧友達(水野美紀、西田尚美)、逃亡先のアジアで来し方を振り返るヒロイン。


銀行系のパートで老人のお金を預かって、記帳したり定期預金を開設したり。そのついでに世間話につきあい、お茶を入れたり一緒に財布を探したり、気に入られてセクハラされたり。どんなお誘いも初めはきちんと断って、信頼を深めていくヒロインなのですが…。ちょっとだけ、と手持ち不足の代わりに預かり金を支払った、とある日。それが転機か…。


と、金の話だけの頃は良かったのですが、セクハラ老人(ミッキーカーチス)の孫(満島真之介)が出てきたあたりから見事にうさん臭くなりました。

私は誰からも必要とされていない、と独白する女←この辺も既にもやもや。

そんな彼女を理想の人だ素敵だと褒めそやす若い孫息子。こいつが、いざ一晩を過ごそうという時もおずおずと手を伸ばし、そーっとそーっと触れて来るところが…

何故かもう気持ち悪くて気持ち悪くて(><)


男が押し倒して来て流されたとか、奥さんも積極的だとかならまだしも、大事にそーっと触れ…るぐらい大切な相手なら、不倫なんてしてんじゃねーよってことなんでしょうか。2人の間に燃えたぎる情熱は別に感じられなくて、事後にも彼女が感じるのは「自由」と「全能感」。恋心じゃなくて打算で寝てる感じだからなのかな、気持ち悪いのは。

ドラマでみる不倫なんてよくあることで、もっとガツガツしたヒロインなら気にならないのになあ。


その後、さらっと男から借金の話が出て来て。

横領までして工面すると、実はもっと額が高いってことになり。

更には、はした金なのよってポーズの為に要らない散財までして←これが一番不可解。男を惨めにさせないためだろうけどさ。無駄無駄無駄。


あとは、若い男は本当に好きで年増とおつきあいしているのか、ただの金づるだったのか。そこだけが気になるのですが、さて。見続けられるかなー。

「刑事110キロ」6 ☆☆☆

ええ話やないかーい(><)


息子が落としたかもしれないと、犯罪現場から、手当り次第に物を持ち出して隠した男。いよいよとなったら自首して罪をかぶりましたよ!

子どもを助けるためなら、なんでもするのが親。と言われちゃもう泣くしかないじゃないですか。

もっとも、別れて育ったのは父親がこそ泥だったせいで、死ねばいいと言われてる父なんですがw ミッキー・カーチスさんがひょうひょうと演じていて憎めないわー。


で、「息子をかばってる!」とおまわり時代からのカンを活かすのが花ちゃん。

あらゆるデータを駆使して息子さんの冤罪を晴らしたのが、知的刑事の星野真里。じゃあ子持ちの中村俊介刑事は何が出来るのと思っていたら、上記の「なんでもするのが親」発言ですよー。なるほどメイン捜査班唯一の世帯持ち子持ちの役割はそこにありましたか!


……結局は、落ちていた息子の時計も盗まれたもの。息子の部下が犯人でしたよ。

捜査をきっかけに、塾で一番の子のイジメが分かったり。受験問題の不正入手を後悔したり。成績だけが全てじゃないと気付いて、塾の経営者だった息子の人生は大きく方向を変えました。この辺も無理がなくて腑に落ちましたわー。


花ちゃんの口添えでわだかまりも解け、父と会おうとする息子。でも親父はやっぱり強がって消えていきました。これ、実際に突然の同居となったら奥さんが可哀想ですし、お互い気詰まりな筈(><)ここで去るぐらいがちょうどいいですよね、きっと。孫とも、祖父とは知らなかったまでも優しくされたいい思い出が出来て、良かった良かった。

あとテーマソングが軽快でナイス。 


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ