ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

ベンガル

「神はサイコロをふらない」7 ☆☆

 だから家に帰れってば。

 ・・・ずっと見てます。
SFとして見てしまうといろいろ気になる・・・と前に書きましたが、そういう部分を忘れておバカ4人を見て和んだりして。
で、子供に泣かされるんですよー。

 虫かご抱いて戻ってきた10才の息子。
 小生意気な娘の夢はピアニスト。
『逆縁』にとにかく弱いものでこんな子供が死んだ(とりあえず10年前の理解としてはね)のかと思うと、か弱き幼い者を亡くした御両親の衝撃と無念と自責と後悔と、えーと、とにかくもう泣いちゃって。

 でもね、なのに家に帰らないんだよパイロットとスッチーは。君たちだって人の子だろう!親御さんは待ってるだろう!逢いたいだろうよ!!
 今週になってやっと、帰る帰る言い出して、でも帰らないからイライラしちゃいましたよーん。
20代、大人のつもりだろうけど、誰でも永遠に誰かの子供なんだからっ大人なら尚更、親御さんを安心させてあげなさいって。

 さておき、ずっと失った10年を埋める作業が続いてましたから、本当は余命半年と言われていた男が、心配だった教え子の10年後を、この奇妙な事件に巻き込まれたお陰で見ることが出来て
「神様の贈り物だ」
と喜ぶというエピソードはなかなか興味深かったです。

 もっとも、成長した当の教え子(城田優)は会いたがらず友人を代わりに逢いに行かせたり。
『本物の贈り物』を見に、病床の男が向かった陸上競技場は・・・・どしゃ降り(^^;;;)
春の大会前ですよー?
雨の中練習だなんて、話より演技より、さっき病室でウソついた友人のリアクションより、筋肉のコンディションが気になってしまう体育会系な我が家の茶の間でした。
(連ドラのタイトなスケジュールじゃ、雨だろうが競技場借りた日に撮るしかなかったんでしょうねぇ)

「3番テーブルの客」#5

A:石坂理江子カントク(尾藤イサオ 伊佐山ひろ子)
B:中江功カントク ( ベンガル 黒田福美 )

 今回はAB両方ともちょっとお洒落な感じ。トレンディードラマの香り??

 特にBなんて放映時期にちなんだんでしょうがクリスマスツリーとサンタですよっ。
 冒頭も、ウェイター同僚の男の子寄り画面で始まって(ビビのチラシをもらってくるので、彼は奥さんの顔に見覚えがある様子)・・・・締めも男の子目線。
 なんと!
 コンサート終了後にビビと主人公、寄り添って雪の街に去っていくのでした・・・。

”奥さんがビビだったと気づく”のはAB共通なのですが、その後会いに行っっちゃうのは初めてで衝撃的。しかもよりが戻るなら・・・ウソは許されたことになるでしょう。
 それって三谷的ではなさそうですが・・・なるほど、ハッピーエンドですよね。

 その他、それぞれに印象的だったこと。
A;主人公はピアニスト。
 オーダーはバーボン。(酔っぱらい客のオーダーをそのまま飲み始めちゃった)
 元奥さんがオバサン!!!!!失礼、年輪を感じさせて良い配役でしたよ。他が若すぎると思った方がいいのかも。

B;タイトルバックがレコードジャケット。昔奥さんとだした曲「三番テーブルの客」!!!
 黒田福美さん、美人!!ブルーのマフラーも鮮やかでハッとしました!!
 店に来るスタッフ3人はバックコーラスで、女の子♪
 「君に化粧は似合わない・・・」の後、おごる話は出ずに「明日から素顔に戻るわ」発言。・・・そして上記の様に、待っていた元旦那に応えるわけですね。

Aで、歌手をピアニストに変えた意味は特になし。
Bはとにかくラスト違うし。

 三谷さんは、現場に台詞をいじられることを嫌う・・・とどこかで読みまして、ちょっとぐらいいいじゃない、と思ったことを白状します。
 でもこうして実際に作品をいくつもいくつも見て、それぞれに方向が全然違っていることを思うと・・・よほど信頼した人にでなければ、勝手に変えられたら(「ラジオの時間」じゃないけど)たまらない、という気持ちも分かってきました。

 個人的にはB、好きですけど。三谷さんはどうでしょう。ふふふ。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ