ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

プロジェクトランウェイ4

クリスチャン・シリアーノが婚約w

そうかー
プロジェクトランウェイの取材で知り合った彼と、ずーっとラブラブなのは分かってましたがついに婚約ですかー
(記事こちら
マリッジブレスレッド、というのがあるんですね。なかなか素敵です。
お幸せに(^^) 

「ゴルデングローブ授賞式」とプロジェクト・ランウェイ

今年も無事に華やかに開催されたゴールデングローブ授賞式。「シャーロックホームズ」で主演男優賞を取ったロバート・ダウニー・Jrのスピーチが面白かったですね!「アバター」観たいわ、そしてチラチラと映るトム・ハンクスに満足でした(^^)

女優さん達のドレスも楽しかった〜。
クロエのピラピラドレス、破けたーと騒いでいたのはエスコートの男性に裾を踏まれたせいだとか。あれは確かに邪魔そう(笑)キャメロン・ディアスの肩がある赤ドレスも綺麗だったけど、ドラマ部門で主演女優賞をとったサンドラ・ブロックの紫も綺麗だったかなー。一番ビックリしたのは私服みたいだったジュリア・ロバーツ!(でもあれもイヴサンローランでビンテージ??)

ところで、コメディ&ミュージカル部門で受賞のメリル・ストリープが着ていたのがなんと!クリス作!
「プロジェクトランウェイ4」で活躍のあの、クリス・マーチでしたよ!!黒でシック、ゆったりとさせて逆にスリムに見えるシルエット、素敵でした♪

クリスチャンも、クリスティーナ・ヘンドリックスのドレスをデザインしたとか。活躍してますね!!

2月からの「プロジェクトランウェイ5」のwowow放送も間近、アカデミー賞もそちらもとっても楽しみです(^^)

人気ブログランキングへ

「プロジェクトランウェイ4」最終回☆☆☆☆☆

クリスチャン優勝おめでとう!!!

毎週のお楽しみが終わってしまうことにがっくりしながらも、ファッションウィークのショーはやっぱり素敵!素晴らしいコレクションを見せてもらいました。
キュートなジリアン優雅なラミ、ウルトラシックなクリスチャン♪それぞれに素晴らしかったですね!!
<去年アメリカで書いていたレビューこちら

例によって綱渡りなジリアンにはこっちの胃も痛くなりましたけど、今回の案件はモデル選び。背を揃えるだのイメージを統一するだの、初めてならそりゃあ分かりませんよね。なるほどーと面白かったです。
今までもモデルオーディションはあった様な気もしますが、ギリギリまで縫ってたり予算で揉めたり、靴を履くって考えてなかったり(笑)、もっとそれ以前で騒いでいたので。モデル選びにこれほど焦点が当たること自体、準備万端だった証拠ですかね。

自分で着るなら断然、ジリアンの服! でも勝たせてあげたかったのはクリスチャンでしたから!結果に大満足(^^)
ゲスト審査員にあの、ガリガリで奇天烈ファッションが好きなベッカム夫人と分かった時には、ジリアンも”不利だわ”と思ったそうですが、番組のえこひいきだーとはいわせないものがちゃんと、クリスチャンにはあったと思います。

wowow放映ではハイジのインタビューが流れる部分、本放送ではスポンサー様サターンの車の鍵をティムからもらって、芝居気たっぷりに乗り込んで去っていくクリスチャンで終了でした。その映像も好きだったけど、今回の彼を褒めちぎるハイジの話は嬉しかったですねー♪
S1のジェイの服は着なかったくせにハイジ(笑)

シーズン4最終回(フランス語風にフィナーリ、と呼ばれてました)は、ケーブルTV史上最高視聴率を当時で叩きだし、翌日からのクリスチャンへの注目はそりゃあ凄いものでした。
他リアリティー番組やインタビュー番組、ご存じドラマ出演や雑誌の特集(頭をどうセットするのか解説写真付きのインタビューも 笑)、あちこち授賞式のレポーター。
サタデーナイトライブでもモノマネされるほど有名人になっちゃってましたけど、その合間にもちゃんとドレス作っていて、女優さんにレポートしながら
「あたしの作った服よーん」
だったのには脱帽。
手の早さは必要だなと思いましたよー。
そして、素直にティム先生の助言や紹介される人脈を受け入れてお仕事広げている模様。
この春は、妙ちきりんな靴のラインもリリースしました!
ヴィクトリアズシークレットとコラボでコスメも出します!
http://apalog.com/rina/archive/346
(でもベッカム夫人と打ち合わせにLAに来た、という記事は見たけど、彼女がシリアーノなドレス着ているところはまだ観ていないかも。ご存じの方いたら教えて下さいませ)

ラミは元からセレブ御用達だし。授賞式で着てもらっている写真を(それこそショーで観た服 黒と白組み合わせたミニドレスとかも)見かけます。
ジリアンだけなかなか見ないなと思ったら、とうとう!ビヨンセの着ているジャケットの裾の広がり具合に既視感が。やっぱりジリアンでしたよー。
と、いうわけでそれぞれにご活躍な模様。嬉しいです。


スポンサー様ブルーフライ.COMでクリスチャンの服を通販
http://www.bluefly.com/Christian-V-Siriano-Women/_/N-1z13yi1Z1pqk/list.fly
(オープン当時より品数大幅ダウン。せっかく日本から注文できるのになー)

ジリアンのコートが15万円で買えるのは
http://www.searlenyc.com/store/product1855.html

ラミのカジュアルな服通販
http://www.hsn.com/cnt/search/searchresults/default.aspx?Ntt=Rami&N=0&Ntk=Std&st=1&criteria=&days=&minprice=&maxprice=&srchCatNm=&o=esearch

キャンディチャレンジでのキットの服で結婚式♪のニュース
http://www.nytimes.com/slideshow/2009/04/24/fashion/0426-VOWS_3.html
(チョコでもグミでも英語だとキャンディ。ケーキじゃない甘いもの全部=キャンディだよね。変な感じです)

ついでにクロエの通販
http://www.qvc.com/cgen/render.aspx?qp=class|K575&rewrite=no
ローラの通販
http://www.qvc.com/cgen/render.aspx?qp=class|L962&rewrite=no

シーズン6も無事、8月20日から放送開始が決定!!
放送局がBRAVOからLIFETIMEに移ることで揉めていたので、お蔵入りにならなくてホッとしました。場所もLAに変わって、絶対水着のデザインがありますよー(笑)

でも、それに伴ってBRAVO公式サイトのプロジェクトランウェイページがお粗末になってしまったのは残念でした。楽しい動画がたくさんあったのに。

これからはwowowにも、今回のハイジ独占インタビューみたいな嬉しいおまけや、放映時間差を活かしたその後のデザイナーズ情報などなどで、頑張ってもらいたいですね?


4のDVD早く出ないかなー。そして5の放映が待ち遠しいです!!

「プロジェクトランウェイ4」〜最終選考 ☆☆☆

何度観ても楽しいですねー。
でも文章の方は何度も同じこと書くのもねーという訳で、在米中に書いたこの辺の記事がこちらです↓

プロジェクトランウェイ4終盤」(美術館の回直前)
「プロジェクトランウェイ4最終課題」(美術館)
プロジェクトランウェイ4あと一回」(ラミvsクリス対決結果の回と、同窓会)

基本、日本放映前に検索でネタバレしないように気をつかっていました。回が進んだら名前も書かず、課題がなんだったのかもはっきりと書かず、苦労したんですから!
ラミvsクリスの対決も、結果は書いてませんから大丈夫。

その分、ジャックの彼氏の話とか、別番組ではじけるハイジや、ローラのインタビュー、スポンサーbluefly.comの話などのネタをご覧下さい。

そうそう、同窓会でむっつりしていたヴィクトリア。
わざわざその顔を選んで放映されたのは、スタッフに好かれてない証拠かも。
シカゴトリビューン誌にティム・ガンが語ったところによれば彼女は、トラブルメイカーだったらしいです。ジャックの健康のためリタイアを信じなくて
「TV映りが悪くなったから下ろすのね!許せない」
と騒いだとか。
その他以前は匿名で書きましたけど、買い物時の金額が人によって違うと疑ったり、使える時間が少なすぎると文句を言ったり。なんで応募してきたのかワカラン状態?
トリビューン誌へのリンク(注:優勝者発表の記事です!ネタバレです!)こちら
ヴィクトリアからの反論 こちら (シーズン4&5のネタバレ見えるかも)

編集次第では、4も殺伐シーズンになる可能性があったのかな?
でもやっぱり和みます、大好きシーズン4。

「プロジェクトランウェイ4」#10☆☆☆☆

露出=セクシーじゃないのね。

今回は女子プロレス選手のコスチュームデザインでした。
女子プロと言っても神取忍やアジャコングじゃなくて(笑)、割れた腹筋にFカップ、乱れるロングヘアー!美人でセクシー、素敵なモデルさん達でした♪(なのに、男デザイナーが全員ゲイ。悩殺されないなんてモッタイナイオバケが出そうですよ!!)

ランウェイでのパフォーマンスもバッチリな選手たち。
子猫ちゃん、優等生、となりのカワイコちゃんとそれぞれ持ち味があるそうで、衣装選びにも目が肥えていて、注文が鋭いです。

意外だったのがスイトP。
いつも肩むき出しで胸の谷間みせてるくせに、プロレスのコスチュームには下品だのなんだのと批判的。しかも自分で選んだモデルの、ローブを脱ぎ捨てるパフォーマンスをさっぱり理解していなかったみたい。最初から下の衣装が見えてるローブじゃ意味ないよね??
(それでも、最初のものよりは直して良くなってたけど)

ラミはある意味、想像通りにドレープ(笑)
色はモデルの趣味で満足されてるにしても、あのボインにフルカップはないよねー、もっさりしちゃって。
でも、谷間みせればいいってもんじゃないと思わせてくれたのがクリスチャンのレース&皮のウェア。トップは鎖骨も見えないし、下も肌出てないのにセクシーだったわ!

クリスのフード付きウェアも可愛くて、脱いでも素敵。優勝が納得の出来映えでした(^^)
着て闘った映像が見たかったです。
で、恒例オークションは彼女たちのファンの男性で賑わったのかな、だって実際に着用ですよー!!逆に女性は、あれを買っても着る機会がないしサイズは合わないだろうし(笑)

スイトPとクリスチャンの腕相撲対決、楽しかったです!!
一応クリスチャンが優勢だったけど、腕だけ観たらPの方が逞しかった(笑)まさか負けたの?とか言われて
「アタシ獣なんだから!」と言い返しているクリスチャン可愛い(^^)
デザイナー同士、和やかでしたよね。
制作時間の長さとか、案外一日休みが入ったあとだったとか、そういうことでも気持ちが変わるんでしょうねー。

「プロジェクトランウェイ4」#9☆☆☆

「クリスチャンはアニメのキャラみたいだ」
cartoon character!確かに!
おかしな髪型といい、独り言といい(笑)ラミ、ナイス!
それに、あの気に障る小僧にイライラせずに、笑い飛ばそうという姿勢がいいよね。クリスの
「誰かミルクあげて寝かしつけてー」
も同様に。みんな対応が大人で感心します(^^;;;;;)

今回は、リーバイスとタイアップ。
倉庫で501をかき集めてリメイクです。

さすがのラミも、デニム生地はネジれませんでした(笑)
クリスチャンの腕足でノーストレッチな服、面白いけど着れないー(><)

前回組んでかっこいいジャケットを作ったヴィクトリアとジリアンが、偶然にも似た路線だったところが興味深かったです。高評価に気をよくしたのかな。
でも凝り性ジリアンは、またもや狙いすぎて自爆(><)
そしてクリスの”時間考えなきゃ”発言。
そうだけどー、ハーシーズの”食べ物は駄目”の時だって、冒険しないクリスより挑戦したジリアンが評価高かったよね?無謀は若者の特権よジリアン!ファイト!!

スイトピーの色違い生地のワンピ好きだわ。
本当はウェディングドレスをと、長いのを作ってたのにティム・ガンの助言でばっさりカット。
彼女のこういう他人の意見を聞く姿勢って、毎回いい結果につながってます。プロムドレスの時といい。ただ個性としてはどうなのかなー。

そろそろみんな疲れて来てます。
ヴィクトリアのツギハギで落選も、連日ハードな制作続きで集中力がとぎれた様に見えましたわ。

そして優勝はまさかの(笑)リッキー!
特典でリーバイスから限定発売!!
今までずっとさえなかったリッキーが、評価されてまた泣いていました(笑)……ってことは彼さ、生地選びがマズいんじゃないのかな。普段下着(と帽子 笑)ばかり作っているだけに??

「プロジェクトランウェイ4」#8☆☆☆☆

#8アバンギャルド

奇天烈な髪型でモデル登場。
それにインスパイアされた前衛ドレスを、2人組で制作。組み合わせはティム・ガンのくじ引き。
この時点でもうわっくわく!
着心地無視ですよ??

途中で「もう一着ね♪」と軽く発表され、全員大ショック!だよねー。
でも、今度は”着られる服”の追加で、みる方としてはより面白くなりました(^^)

チーム戦も楽しかったです。
◆ラミは完全独走。彼と組めてちょっと嬉しそうだったスイートPだったのに、買い物でも置き去り(笑) はっきりしない彼女のせいとラミは言うけど、全く聞く耳持たないもんなー。泣くPもどうかと思うけど、やっぱり組む相手としては最低。
そして作るのはお馴染みネジネジ。飽きたよー。

◆クリスとクリスチャン、チーム"fierce"は最強!
舞台衣装がお得意のクリスは、ヘンな物作らせたら最強(肩から骨組み生えてるドレスって 笑)
そこに仕事の速いクリスチャンが組めば鬼に金棒ですねー。何たってクリスチャンの天狗の鼻が完全復活してました。
仕事中の2人がいっつも楽しそうなのも良かったです。
モデルにウォーキングを教える(?)クリスチャン。幼少時からダンス(バレエ?)をしていたそうですよ。体の使い方が決まってるもんね。

◆ヴィクトリアとジリアンは、双方一歩も引かないにらみ合いで、意外やこれもいいコンビ!
黒のコートかっこよかったよね!脱いでもシャツも素敵!
結局は4点を完璧に仕上げていて
「じゃあ私たち優勝ね♪」
↑この軽口にムッとしているクリスチャン(笑)

◆キットとリッキーも相性はよくてご機嫌で仕上げてましたけど。力及ばず、なのかな。

そして優勝は”超ヤバ”チームのドレス。きれいだったー。
着るのは大変なんだけど(笑)
雑誌ELLEでもバッチリ映えていました。

今週の気になる英語は"organza"
優勝チームが大量に使ってたあのフワフワ薄い透ける素材(最近はナイロンもポリエステルもあるけれど高級品は絹とか)です。ああオーガンジーね?と思ったら、"organdy"はコットンなんだとか。
シーズン1のモーガンをモーガンザとか呼んでたの、ここから来てたのかしら。響きは化け物っぽかったけど(笑)

ところでアメリカでみてたときのメモでは、この回でラミの子供時代の写真が出てメチャ美少年だったーと書いてあるのですが。そんなのあった??来週とまちがえてるのかな??

それと、しばらく前に記事みて書くの忘れてましたけど、韓国版プロジェクトランウェイが始まったそうですね!ヴィクトリアがゲスト出演してました。
ハイジやニーナやマイケル・コース、ティムにあたる位置のスタッフにいい人が居るのかが参加者のキャラよりも問題かもしれません。日本だったら誰??

「プロジェクトランウェイ4」#7☆☆☆☆

クリスチャン、ピーンチ!

女子高生のプロムドレスを作ろう!
と素人モデルを連れてきたのに、くじ引きでなく番組側で相手を決めているところ、怪しいです。クリスチャンつぶしが目的でしょう??
だって、明らかに1人だけおチビでぽっちゃりなだけじゃなく、見事な自己主張系(笑)似たもの同士ではありますが……。

おかげでクリスチャン、相変わらず誰よりも作業は早いのに、こんなの仕上げたくないやーアタシが作りたいのと違うーって、ふてちゃってました。おいおい。
ズッポリ制作側の思うツボ!!

これがラミやスイートPなら、巧く丸め込んだだろうと思えたし。生意気小僧の凹みっぷりは新鮮だったし(私も去年、この回でファンになりました!)、周囲も誰もいい気味だ!とはいわずに心配してる優しさはいい感じだし。
番組的にはハラハラ面白くなって、乗り越えたクリスチャンには経験値プラスだったと思うけど……彼女のその後は心配です。全米に生意気キャラで放映されちゃって、大丈夫だったのかなー。それとも、今度は女優目指しちゃったりして強く生きてるかなー(^^;;;)

出来上がったドレスはバルーンでミニスカ。ダークな肌にブラウンって意外な色もきれいだったものの。やっぱり、”コラボ”じゃなかったらどんなものができていたのか、みてみたかったですよねー。
チビでぽっちゃりな私としては、参考にもしたかったのにな。

途中、デザイナーたちの懐かしのプロム写真が出てくるのが楽しかったです♪キット可愛いじゃない!クリスチャンはたった3年前ですから。変わらなさすぎる(笑)
行かなかったクリスの若い頃もみたかったなー。
エルサレム育ちのラミは、プロムが良く分からないそうで、私たちと一緒ですね。

優勝したのはヴィクトリア。
きっぱりしたブルーのミニドレス。
ちょうど公開中の映画「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」をみてきたところで、なるほどプロムのドレスはみんなミニでした(あれは踊りまくるのもあるケド><)

スイートPのドレスも確かに綺麗だったし、彼女が高校生だった大昔(^^;;;)にはあれで正解だったかもだけど、今時ではなかったのねー。

"good morning"って言い交わすデザイナー達。
その音程は“Singin' in the rain"雨に歌えばのナンバーですね!"Good mornin', good mornin'!It's great to stay up late"♪

「プロジェクトランウェイ4」#6☆☆☆

あのキスチョコのハーシーズ、商品陳列棚から材料を探して服をつくろう!

画面から甘い匂いがただよってきそうな回でした。
販促のクッション等、布地をガツッと掴んだ人もいれば、苦労して食べられる服を作った人もいるし(笑)
クリスが、普段から野菜ドレスだの作ってるんだから得意かと思ったら経験あるから使わない!とか苦労が分かる等々、語っていて妙に面白かったです。

しかしこの回、スポンサーのハーシーズにとって良い宣伝になるのかは疑問。
外の包み紙を使うからって、剥いて剥いて、中身のチョコがゴミ箱に山盛りになってる映像がありましたよ。あそこはウソでも、”スタッフで美味しくいただきました”にしなくちゃじゃないの?

キットがキットカットのロゴを切って、自分の胸に貼ってたのカワイイ(^^)
クリスのつまみ食いが映ってたのは、デブキャラ強調ってことろですか(笑)
前回の優勝で、落選無しが決まってるクリスチャン。例によってさっさと仕上げて、暇なもんだからますます毒舌言いたい放題。
これで揉めないのって、ホント今回は周囲が大人なんだなって思いますー。

で服は、リッキーのまるでキスチョコドレスや、クリス、キットのロゴを活かしたドレスが楽しくて好き。
でもやたら茶色か銀色で似てるかな。
そんな中赤やピンクを選んできたジリアンやラミはさすがです。
優勝のラミ、逆に制作過程では全然映ってなかったけれど、イロイロ凝った作りだった様なのでもっと細かく&苦労してるところをみたかったデスネ。

ラスト、落とされちゃったエリサ姐さん”机の上に座りこんで”お片づけしてましたよ!!
もしかして家で畳生活してるかもしれないけど、日本人は机の上には座りませんから!!
最後まで期待を裏切らないヘンな人でした……(笑)

「プロジェクトランウェイ4」#5☆☆☆

激やせした素人さんに、新しいドレスを作ってあげよう!

みんな減らした体重が半端じゃないんですよ、20kgだの46kgだの!!頑張ったのねー。
しかし、「日常着」と言うのにウェディングドレスを持って来た人、デザイナーが可哀想だったわ。素材からして普段着のどこに使うんだっちゅーの。
(やせた途端に、昔の服全部捨てちゃったのか??)

あとやっぱりこの回は、リタイアと復活を書かなくては。
エイズのキャリアだったジャック、収録のストレスや疲れからでしょうか、感染症を発症し……顔が変わるほど腫れちゃってリタイアです。
うーん残念。
で、抱き合ったぐらいじゃエイズは感染しないのは分かってるけど。そ、その涙は体液でしょ?泣きながらハグハグなんて危険じゃないのかな。参加者がまったく躊躇せずに抱きついてるのみて、我が不明を恥じましたわ(><)

そしてクリス復活。おめでとー。
しかし、途中参加の遅れを取り戻すために
「徹夜してもいいよ」
って言われたって(笑) もういい年なのに徹夜はきつい。仕上げてソファで寝こけてる姿が哀愁でした。

クリスチャンの”超ヤバーイfierce!"、ティムも使っちゃうほど定着してきましたね(笑)

で、1位はクリスチャン・シリアーノ!
大口叩き続けて、やっと本当に評価されたよねオメデトウ。モデルに恵まれた感もあるけど、まさにクリスチャンな服で細かい仕上げで、素晴らしかった♪
でも私は、ケヴィンの黄色いトップスが一番好きかなー。
まさか元ジャケットだったとは!という驚きもあり、体型にもバッチリフィットで可愛かった。
復活クリスの服も、コスチュームっぽいと言われればそうだけど、全然着られると思う、私は結構派手好きです。

……と、ちゃんと出来てる人のを見ると、テンパってたウェディングドレスの彼は、凝ったデザインでもないのにどこで時間を喰っちゃったのか、さっぱり不明よね??
同じく元の服を全然活かしてなくても、ジリアンのドレスは好評でこっちは叩かれる。可哀想だけど、審査員たちは気持ちに正直でした(笑)

「プロジェクトランウェイ4」#4☆☆☆

サロペット、肩パッド、下着見せにスパッツに……。
一時の流行で消え去ったアイテムを復活させて新しいデザインを作る!

ああ、こーいう服あったなーと懐かしい身には楽しいテーマでした。
ちょうどサロペット着てたジュリアンが、仕方ないわねーってサロペット選んだりして(笑)ああオーバーオールとも言うよね←ここでも年齢がバレルー

これをアメリカでみてて、zoot suitが謎だったんです。写真をみても特徴がつかめなくて。だぼだぼスーツってことなのね??(何故これだけ知らないのかな私^^;;;)

さらに3人のチーム戦で、3つの素材の間に共通点もなきゃいけない。
過去のシリーズでチーム戦のリーダーが不利だと分かってるのもあって、その辺の駆け引きが痛い回でもありました。

リーダーに肩書きだけ任せて、指示は聞かないビクトリア(^^;;;;)
リッキーとの険悪な話し合いが部屋の隅で進行。ほら、時間がないからーと見てるこっちが心配になりますって(その間、黙々と作業するけど仲裁はしないエリサ。事なかれなのねー。ところで今回も手縫いだったの??)

クリスチャンとキットとジャックは、メッチャ楽しそう。
「フリンジって脇毛みたーい」
と笑い転げて、学生か!!(ところでunderarm hair=脇毛??え、脇の下がArmpitsなのに??知らなかったわー。)

そして結果は。
らしかにラミ、ジリアンのが着たいし可愛くて、もちろん縫製もしっかりで一番でしたけど、アイテム同士の相性がラッキーだったのかもと思うと、アイテムは同じじゃないと比べ難いですよね。
肩パッドを、ネオンカラーをかっこよくして見せてほしいぞー。

今回はそれより、ランウェイでの
「誰が落ちるべき?」
への答えですよね。
「リッキーね」
即答ってビクトリア!!(←この人、過去シーズンをちゃんと見ずに応募したらしいデス)

「答えなきゃだめ?くじ引きとかー」
はスイトP(^^;;;; ) ほんと見かけによらず可愛いおばちゃんで、どうしてコンペティションに来たんでしょう。でも大好き(^^)

「プロジェクトランウェイ4」#3☆☆☆☆

元フットボール選手のスーツを作る。
(SJPの時との温度差 笑! 乙女なゲイ君たちはフットボールなんて興味ないのねー)

男物って難しいんですねー。今回完成しなかった人が多かったです。
ジャケットの下は素肌(カルメン)とか、シャツの首ボタンとまらない(スイトP)とか、もーアリエナイ!!

なのに、今回のカワイソウ大賞はリッキーさんでした。
きちんと仕上がってるのに評価ボロクソで
「これは着られない」
だなんてー(><)
そういえばシーズン2でもニックのジャケットにポケットがない!!と大騒ぎしてませんでした?スーツの必要最低条件が分かりません。
あちらの人が”キモノ”を分かってないのと同様なのかな。

で、自分のズボンをばらして型紙作るジャックはセーフとして(モデル体型だし!!)、それを”貸してもらって”作業しちゃう人達って、どうなんでしょう。不公平だよねー。
結局優勝はジャックだったし。
(でも、優勝デザインをティキ・バーバー元選手が着てTVに出たの見ましたけど、あんまり素敵じゃ……。気にしてる太い首とおしりが目立ってたわ!キットのフリースジャケットの方が似合ったかも)

今週もエコ姐さん、エリサはやってくれました。
「恋人以外の素肌は見ないの」
と、イケメンモデルの生着替えに背中を向けて、着終わるまで待機ですよ!!ウソーん(^^;;;)
ハイジならきっと触っちゃってるよ!?

そのハイジ、今回はどれも旦那さんに着せたら……視点で採点してましたよね。
紫のシャツを”ベッカムっぽい”から嫌って、失礼じゃない?(笑)

ジャックに片手で運搬されてたクリスチャン・シリアーノ(笑)
身長5'4"(約163cm)だそうで、あの細身。40kg強なら、ジャックにはいいウェイトトレーニング程度なんでしょうねー。冒頭の
「クリスチャンが落ちても誰も泣かないよー(笑)」
「ア、アタシが居ないとツマンナイわよ」
微笑ましい。
前回のブービーで自慢の鼻がへし折れて、つきあいやすくなったのかも?

<追記>
ジャックがキティちゃんの絆創膏してるー(><)

「プロジェクト・ランウェイ4」気になる訳語1

「サラ・ジェシカ・パーカーを脱帽させてやれ!」
で、帽子どころかストッキングも脱がせてやれ(笑)と続くティム・ガンの言葉。元の英語は
"You wanna knock SJP's socks off."

knock someone's socks off =感激・興奮させる

英語喋ってる人は、興奮すると靴下がずり落ちるンですね(笑)で、足下つながりでストッキングで笑いをとったと。

アメリカで適当に観てた時はKnock offから、やっつけろ的?と聞き流してた部分ですが、wowow放映を一緒に観てたお友達が
「なんで帽子の次、ストッキング?」
と引っかかったので聞き直して観ましたー。

ここで「脱帽」にした訳にはまさに脱帽なので、頭回りでつなげた方が自然だった??
翻訳って大変だわーとしみじみです。

「プロジェクトランウェイ4」#2 ☆☆☆☆

セカンドチャレンジは、サラ・ジェシカ・パーカー登場!!
……って誰?と家族に聞かれました(^^;;;)
えーっと「セックスアンドザシティ」って人気ドラマがあってーんー「ごくせん」のヤンクミがジャージのデザインを頼んできた感じ??(違)

通常放送が始まって、日本語なので家族や友人が一緒にみてくれるのがメチャ嬉しいです。
でも↑みたいな質問は難しい!
誰でも知ってるおしゃれ女優なんて日本の芸能界いたかなー。エビちゃんでゲイデザイナーが涙ぐむと思えないしー。自分のブランド持ってるって……ウノ?うーん。
とにかくBITTENはこんな感じ。

SJPに認められたい、更に全米店舗で販売も嬉しいぞ!と力が入るデザイナーズ♪
コンペで7人が選ばれて、残った人からパートナーを選びます。

マリオン&スティーブ(虚弱な花屋と博物館のヴォルデモード)
ヴィクトリア&ケビン(韓国美女とヒゲ)
ラミ&ジリアン(スキンヘッドマッチョとミニスカ美女)
リッキー&ジャック(帽子とマッチョ)
キット&クリス(金髪不良娘とデブおじさん)
クリスチャン&カルメン(トサカ頭と元モデル)
エリサ&スイトP(宇宙人と入れ墨オバサン)

えーっと、これで全部?
もう火曜だから書いちゃうけど、
「揉めそうにないから」
って、自分も花屋でスキルないくせに博物館を選んじゃったマリオンは自滅だよね。あのポカホンタスドレスも、生地選びで助言があったら違ったかもしれないのに。
(伸びたのも問題だけど、ニットに革フリンジの普段着なんてあり得ない!ジーパンと一緒に洗って乾燥機かけたら大変よー)

制作中に目立ってたのは
☆エリサ&スイトP!!
生地にわざとつばつけますからね、エリサ!!それも波動を吹き込むとか魂がとか怪しすぎるーッ
「それは黙ってなきゃ」
珍しくハイジの方がまともなこと言いますよ(笑)
でも、パートナーに宇宙人呼ばわりされても
「私の星では」
と、ユウコリンよりも平然と切り返すエリサ、大人です。そして出来てくる服は素敵だからタチが悪ーイ!

☆その横で静かにドツボって行くマリオンとスティーブ(合掌)

☆クリスチャン&カルメンとにかく仕事が早い(><)あの短時間で凝ったことしてくるよね。
そして流石カルメン元モデル。彼女がまずフィッティング。
でもそれって、一般人が着る服なんだからカルメンが着れてもさーと思っていたら、案の定着る人をメチャ選ぶ服が出来上がりました(笑)

番組で制作された服って、放映直後からオークションが始まって販売されるんですよね。そこに、モデルのサイズですよって注意書きが。
でも店で売るんなら、日本人でも小さすぎるだろうサイズ0から、10とか15まで展開しなきゃいけないのがアメリカですからねー。(ちなみに148cm50kgの私でサイズ4XS)

そう思って見てみると、だぼっとした服が多かったのはそこを考えてなのかな。
エリサ&スイトP、ケープの下はだぼっとミニワンピ。
ヴィクトリア&ケビン(韓国美女とヒゲ)も、ウエストなしワンピとベスト。

地味で忘れてたけど、ラミ&ジリアン(スキンヘッドマッチョとミニスカ美女)の茶色い服も、ベルトはあるけどシルエットはそんな感じ。

リッキー&ジャックのワンピースはふりふりが可愛くて赤もきれいで良かったし、丸いポケットが可愛いニットワンピのキット&クリスのも、色はともかくカジュアルで可愛かったのに。どちらもボディラインが出そうなのがマイナスだったのかな。

結局、上位2位は
優勝したビクトリア&ケビンと
エリサ&スイトP
下位2位が
落ちたマリオン、&スティーブ
クリスチャン&カルメン。

どうしてもシリーズ開始からしばらくは、テクニック不足で落ちていきます。全国から精鋭を選んでいる筈なのに!!!
ヴィクトリアの、そんなにいいかなー?
クリスチャンの服は、多分縫製はいいんだろうけど。今回のザ・無難な可愛い服(しかも大量生産)ってコンペにはとことん不向きだったでしょう(笑)

チーム戦で定番の質問
「誰が落ちたらいいと思う?」
ワクワクしますね!!(悪)
デザインした2人が、それぞれ責任を引き受けたのはやはり好感度アップ♪ で、”マリオン1人のせいじゃない”と言ったくせに”でも落ちるのはイヤー”なスティーブのダークな正直さにちょい受け。
選べないカルメンは、泣きすぎじゃない?
でも、アメリカ人ステレオタイプってなすりつけて平気な奴だけじゃなく、”正義”が大事な方向もあるんだなーと思いますよ。チームで仕事してきた人なら尚更。カルメンはそういうタイプなのね。

次回は男性の服♪
また、「これ誰?」って言われるんだ。マッチョで既製服が合わないスポーツコメンテーターって日本人で言ったら誰ですかね??

「プロジェクトランウェイ4」#1 ☆☆☆☆☆!

お試し放映ありがとう!!ああ大好きなシーズン4に、とうとう吹き替えで再会できました。やったー。
こう言ってたのかーって謎が解けたところが多々あって嬉しい(^^)しかしまさかの我慢汁(^^;;; )
<あちこち確認しようとワクワクしていたら、家族に録画を消去されてしまいました!!ヒドイ!!でも年末年始はHDD埋まるからね、1/10の本放送開始をクビを長〜くして待ちます!>

**解説**
アメリカで大人気リアリティ(素人参加)番組。
NYのホテルに集団カンヅメ状態のまま半日、一日単位の勝ち抜き戦で様々な(奇抜な)課題を与えられ、ストレスとプレッシャーでぶち切れる新進気鋭デザイナー達の大げんかや成長を楽しみます(笑)
最後の数名は数ヶ月の準備後、大きなファッションショーでコレクションを発表。
晴れて優勝したデザイナーは、10万ドルとELLE誌上特集とサターン社の新車と、4thシーズンでは通販会社BLUEFLY.com(着るものがない!と空港を素っ裸で歩←そんなときはblueflyにアクセス!のCMが有名)で自分のブランドを販売する権利が与えられます。
**解説終わり**


例によって続々とアトラスアパートに集まるデザイナー達。
サクッとパークへと連れ出され、与えらえた課題は
「ゴージャスな布たっぷりで自分らしい服を!」
願ったり叶ったりでしょう!!初めてのまともな素材で作る1話じゃないですか??
(とか言いつつ、早い者勝ちで取り合いです!巨体で走れずに悠々と残り物を喜ぶクリス、キレイな布をわざわざ草の汁で汚すエリサ。 早くも強烈 ^^;;;)

で、泣いたり笑ったり。隣をほめたりけなしたり観察したり、混乱したり。
今回も、ティム・ガンのアドバイスは的確ですよー。

一年前に初見当時、この時点で印象に残ったのって事前のCMで看板だったオデブのクリス。
チビの自信家クリスチャン、帽子で泣き虫リッキー、入れ墨スイートP……だったかな。
もちろん、アジア系ビクトリヤも。
西洋人集団の中で彼女が映る度にドキッ。ああ、私もこんな”違う顔”なんだなーとか思ってしまいます。しかし彼女、大和撫子じゃなく韓国美人&3才から米国育ちですからねー。中身はきっとあの主張社会に馴染みまくりよね(^^;;;)

そしてランウェイ・ウォークが始まったら、作品で目立っていたのは
マッチョなジョン(青サッシュの白ワンピ)
マッチョ坊主ラミ(ギリシャのトーガみたいな)
露出の多いジリアン(赤いミニドレス)
かな。
何度も書いてますけど、ラミとラミのモデルが似てるでしょー??笑 体つき顔つき。あれは人種が同じなのかな?
どのモデルもウォーキングや容姿が微妙で年齢も高めな気がするのですが……??

ヴィクトリアの『タクシー呼べない』(byマイケル・コース)腕が上がらない黒ドレスも素敵。
エリサの手縫いドレス、ウ○コ(byハイジ・クルム笑)がついてなかったら素敵な色でキレイだったのにー。でも他の誰でもないエリサのドレスであることは間違いない!
それはクリスチャンの変なチェック上着のスーツも同様で、いくら審査員絶賛でも私は要りませんけど、他の誰も作りそうにない服ですね。
逆に、笑い熊クリスの今回の服は、紫が印象的な綺麗なドレスだったけど、他の誰かも作りそう。つまりどこがクリスっぽいのか不明な感じ?

まあ初回は小手調べかな。
今週の語録は『暗闇コーディネート』(その心は=手探りで適当に選んだ!!byマイケル・コース)
審査員の毒舌も健在で、嬉しい限りです(^^)
そして縫い目ガタガタで落選したデザイナーも、コメントは自信満々なところが流石アメリカ人。
あー面白かった!!

ただねー、男性陣の一人称は、アタシ率高すぎでは??
なまっちろいスティーヴもデブのクリスもチビのクリスチャンもマッチョのジョンもアタシ?彼らそんなに、オネエなしゃべり方してるんでしょうか?(私の脳内クリスチャンは”ボク”だったんですよー)そのうちに吹き替えで洗脳されて行くのでしょうが……もうちょっとニュートラルに訳して欲しかったです。

#2に登場の大物ゲストは、内緒かと思ったら予告でもサイトでも解禁なんですね。
サラ・ジェシカ・パーカーですよ!
これからメンズの回もあれば素人さんの服作る回も、お待たせグループ制作も、”なんじゃこりゃ”な素材の回もありますよん。

今回無料放送だっていうので、友達に勧めまくりました。
誰かはまってくれたら1月から楽しいな!
ではでは、皆さん一緒に楽しみましょう!!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ