ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

プロジェクトランウェイ17

「プロジェクトランウェイ17」~ファイナル ☆☆☆

 見応えあった~
しかも最後までメンバー達が仲良かった!支え合ってきた仲間ですもんね。変に対立演出されるより心地よいです。

 楽しみお宅訪問では
「僕の夫です」
「私の妻よ」
とパワーワードがw デザイナーたちのLGには今更慣れっこでしたが、そうかー結婚出来る様になったのね、としみじみ。
 そしてクリスチャンのアドバイスを受けるわけですが、点数が全く足りないビシュミ、危ない(ビシュミだけパートナーなし。宿無しからは抜け出せても、心の平安がなかったのかしら……)

 そして4人また集っても、ショーまでに3人に絞られちゃうんですよ。
ニーナが作品写真を見て、足りない要素をアドバイスしてくれます。それに沿った新作&既存2着でまとめろ、となってそれぞれに悩みまくり。へスターはデザインは決まらない指は縫うと迷走の挙げ句に、なんと最高の一着を作成。モフモフスカートにシャツの上からブラと、無地でもインパクト大な一着で、ラストのショーにも出す出来映えでした。それにひきかえビシュミはそもそも8着と足りないのに、新作も迷走のまま謎の袋が爆誕orz どうしてこうなった……。ガロのテーラードもお粗末な出来でしたが、あの袋よりはましw
 残念でしたけど、おかげで選考はすんなりだったかな。本人も、他の3人が選ばれて誇らしいと、とりあえず言える状態での勇退でした(後にNYファッションウィークにショーを出せたそうで、良かった^^)

 さてへスター、ガロ、セバスチャンはモデル決め。
選んだモデルがどの服を着るか、今ある程度心に決めていても「いろいろ着せて比べた方が良い」とクリスチャン。おかげで当日、予定とは全然違う服で良い結果になったと感謝されていましたよ。また、フィッティングの手伝いが3人来ると事前に教えてくれていたり。経験者らしい実務的な助言に安心できましたね。

 そして当日!
ニューヨークファッションウィークへの参加で無く、プロジェクトランウェイのためだけに集まりを催した様ですね(そういえば同窓会も無かった!)
 へスターは、カラフルではじける様なコレクション。手書きの教会画っぽいプリントも好き~。さすがにショー向けともなるとキッチュで安めな感じは抑えめに。へスター比でちゃんとお高そうに仕上がっていました。でも自分も同じプリントの服をカジュアルに着ていたところも好き。布熊バッグも好き~!
 セバスチャンは網み網みでアースカラー。職人の父制作の革ベルトも印象的でシックでかっっっこいいコレクションでした。概ね無地。縞以外の、絵柄のある服も見たかったかも。ところで縞々で透ける青トップス、プラスサイズモデルでの透けは強力でしたw
 ガロはダークでキラキラと夜の外出向けなコレクション。素敵でしたけど、もっとお得意コスチュームっぽいぶっとんだのも見たかったですね。胸の前に板入れた様な服は身体から浮いていて気になったかも。人気の新作スパンコールドレスをあえて下げた割に、代わりに出した新作ドレスはジッパーが浮いている悲しい出来に。誰よりも事前にたくさん準備していたのに、チョイスを間違えたのかもしれません。残念。

 結果、セバスチャン優勝~!
コロンビアだっけ?南米から出てきてチャンスを勝ち取ってブランド立ち上げ!アメリカンドリームですよ。頑張って!

 そして最後を締めくくるのは、演技も出来るクリスチャン(^^) 次のシリーズでまた会える! 放映済みのシーズン18までは、またwowowで放映してくれるでしょう。さてその先は、しばらく無理なのかな……(^^;;;;;) 

「プロジェクトランウェイ17」〜#12 ☆☆

 ついにトップ4が選ばれます!   

 ゆる〜く見てたので、このくらいに絞られてやっと名前とデザインが一致してきた感。  それでもテッサとへスターってどっちかが呼ばれる度に「え、今のどっち言った?」ってなってました。字面はかなり違うのに音になると冒頭のE音に続くS、Aで似てて。 ……老化かな(^^;;;)

 クリスチャンのメンターっぷりは見事で、デザインに関しては褒め言葉もダメ出しや助言も的確だったかと。そりゃティムは懐かしいですが、終盤は助言が裏目に出たり無視されることもままあったじゃないですか。ハイジだって台本通りだろうとはいえ途中で乱入するとろくなことにならなかったり。今回、急にもう2着作れとか「次のクリスチャンシリアーノの新作を作れ」とか言われないのは良かったですよ
ただ………
「私は発表会の前2日は食事しないわよ」
と、デザイナー達の食事休憩を責めるのは同業故の無茶ぶりで、アカンヤツでしたね(^^;;;;)

 てなわけで体験型ファッションショー。
それぞれにブースをもらい、飾り付けのイメージを工作系の別アーティストに伝えて制作を依頼。当然、思った通り!と大喜びの場合もあれば、もっと無個性な壁で良かったんだとぶら下がるオブジェを外してもらっていたり。そういえばヒーロースーツの回にもヒーローのイラストは同様に発注でしたよね。ヘアメイクだけじゃない、イメージを他者に伝えてコラボする能力も同時に試されている様です。
 当日は立食パーティの会場の壁にデザイナー達のブースが並び、いつものランウェイを見守るのとは違って、皆わいわいと各ブースを訪ねて回る形式に。質疑応答もあり。楽しくていいですよね(^^)  締めくくりには別室で、今までの作品すべてを並べて、個性や変遷も含めファイナル4が検討されました(放送後にすぐ売り飛ばしてたシリーズでは出来なかった試みですね!)

 テッサのブースはは陶芸工房。モデルは着物インスパイアの茶色布組み合わせドレスで土をこねます。お母さんが陶芸家で「完成していない美=わびさび」を教えられて育ったそうですよ。なるほどだから黒と茶ばかりのミニマムデザインで、裾は切りっぱなしに(違) wabisabiを知らなかったデザイナー、ブランドンは『言ってくれれば良かったのに!』なんて言ってましたがw うーん最初からワビサビ推しをされたとて、切りっぱなしがわざとでなく雑に見えるならやはり問題だったのでは(^^;;;;)  それに働く女性の理想のドレス編でも、クライアントの好み無視でしたからねえ……。一方で『私の身体は私のもの』とフェミニズムな主張とミニマムなデザインは相性が良く、ブランドになれば顧客がつくだろうとニーナ。作りたい物がはっきりしているのが長所でも短所でもあります。

 一方いつもカラフルなへスターは、今回もキッチュ☆ クラシックな額縁の向こうは森とティーセット。ビニール素材を組み合わせたピンクなミニドレス(?)のギャルがポーズを取りお茶注いでくれます。アリスがアフリカンアメリカンなワンダーランドかな? 作りが悪い……のかどうか素人目にはよく分からないのですが、高そうには見えませんね。商業的にはそこは弱点なのかな? 並べたこれまでの服には、ニップレスだけのアレもw 選考免除となると絶対に度が過ぎる服を作るチャレンジャーなのをそれで思い出しました。

 コスチューム上等、コルセット大好きガロのブースは宇宙船。無機質な部屋に鎮座するモデルをとりまく紫の腕(壁の穴から生腕が出ていて動くのw) 完全にSFコスチュームなのに、モデルの真っ白でパーツの多いジャンプスーツは、各パーツ取り外せばなんと普通にも着られるんですってよ、お得ですw  そんなガロは、ここまでの助言をすべて取り入れて作品に活かしてきた、と審査団。服作りの腕に加えて、クライアントの意見を大事にする姿勢に好感度高いようですね。

 ビシュミは、メタリック素材で光背まで作り込んだゴージャスドレスを見せてくれました。その背中のパネルが自立しないからと、タイムリミット直前に髪と縫い合わせてませんでしたっけw 背面は縫製も荒かったようですが、正面からの見栄えは抜群。 荒れた街角にそびえる美女=「コンクリートの薔薇」ドキドキしますね。生まれ育ちはどうあれ誰でも美しい花を咲かせられるという強いメッセージです。当時からBlackLivesMatterを主張していたこと、今時のデザイナーとしてはメリットでしょう。 そして並べると案外カジュアルからゴージャスまでまんべんなく得意なのが分かります。ストリートのボマージャケットにリゾートなワンピース、パーティドレスとどんな場面でもビシュミの服でOK?

 白ワカメドレスが美しかったセバスチャンは、今回も絨毯のように厚いコットンパネルを折って、下地の薄いチュールに吊る不思議で難易度の高いドレスを制作。その灰色ドレスのモデルを彫刻に見立てて、ギリシャな柱に紫の花が咲く、黄色い壁の部屋に立たせましたよ。服に色彩がないから華やかな部屋にした、ってじゃあ、カラフルなドレスを作ったらいいじゃないとツッコまれて困惑(^^;;;;;) 物語がないのよ!と言われていましたが、作る側のブランドンから言わせたらこんないい服が作れるなら『これがストーリーだ!』と擁護されたり。

 以上をふまえた結果、脱落はテッサでした。

 次回はお宅訪問! どんな部屋で暮らしているのか毎回楽しみですよね。そしてビシュミが暮らすボルチモアは! 小さい頃の友達はみんな、殺されるかムショに入ってるかギャングになっているという地区にまだ住んでいるのかしら(^^;;;;)

「プロジェクトランウェイ17」1~4 ☆☆☆

 2年ぶりのプロジェクトランウェイ。
この寝不足&ストレスで密なコンペって今できませんよね……とつい、アフターコロナ視点(^^::::) モデルに共布でマスクさせたデザインが「病んでる」と評されて、アメリカンのマスク観が分かろうというものですが、そこも激変したんでしょうねえ。ちなみに今シリアーノ工房では攻めたマスク作ってますよw

 実は、ティム・ガンもハイジ・クルムもいないPRなんて!と思っていたのですが。たまたま3話まで一挙再放送を見かけたら、やっぱり楽しい。むしろデザイナーズに集中できたりします? ちなみに新メンターは我らがクリスチャン・シリアーノ! 大人になって(違) ちょうどアメリカ在住時にシーズン4放映で、毎週かぶりつきで応援していた子が。カバンに入ったまま運ばれてたちびちゃんがw 若いデザイナーの憧れの人で、登場するや歓声が上がってこっちまで嬉しいぞっと。
 モデルにプラスサイズ混じりは前回からでしたが、今回はトランスジェンダーモデルも。フィッティング中に本人からそれを知らされたデザイナーが感謝感激で素敵でしたね~。

 さて各話
<#1 新生ランウェイ、開幕>
 ニーナのどデカイピアス、魚の骨w 可愛いw
 MCカーリ・クロスやニーナの若い頃、それもファッションで生きるターニングポイントとなった写真を見せられ、そこから受けたインスピレーションをデザインするチャレンジでした。
作業場やホテルは変わっても、買い出し先がmoodなのは同じね!  しかし、豪華なホテルや一着にこんなに予算もらえるなんて!と喜ぶデザイナーがいる一方で、いつものベッドはダブルなのにとか布代が十分じゃないとか愚痴るセレブ様もw  あとプラスサイズの服を作りたい!と燃えていたデザイナーが、ばっちりプラスモデルに当たったものの着丈が裁断した布より15cmは必要な事態に陥ってしまったのはひたすら可哀想でした、余裕を見込むにしろ15cmは無理(^^;;;;;)  
<#2 近未来コレクション>
 人体改造! 
肩からツノ、首に鰓、埋め込まれた光るネックレス、胸元にフェザー、背中に…傷跡の模様??その5班に3名ずつ分かれてのチーム戦です。はい、揉めるーw
  リーダーが生地を青いチュールしか買わなかったチームw  メンバーがなんとかチュールもデザインに入れて統一感を模索したのに、ハイ路線変更って、そりゃキレるでしょ。終盤には仕上がらない不安でリーダー泣きっぱなしなのを仲間はほったらかしで、他チームが慰める始末orz メンバーも出来ないことはきっぱり否定すれば……ああ、したけど聞いてなかったんでしたね(^^;;;;) 高評価だった首に鰓チームで、頼られまくってた人が翌日にはきっぱりと自分のデザインに専念できたのは、相性の良さなのか互いの余裕なのか。そして生まれた、白い生き物が揺れるようなドレス超素敵でした!(仲間が手首にしていた、ドレスとお揃いバングルも素敵!カバン同様にちゃちゃっと作ったんでしょう。すごーい)
 特に揉めないのに出来は悪い、というチームも悲しい。胸元フェザー、肝心の人体改造部分が見えないデザインしてしまうって何故!
<#3 恐怖の全身プリント>
 靴カバープチ流行w
ちょっと前までダサかった全身プリント、トレンドだった時期あったんだw そしてここまででも登場していた靴カバーや自作カバン、そしてマスクが今回は満を持して共布で作られましたよ~。
こんな時に地味な千鳥格子を選んでしまうって、それテーマに沿ってなくない?派手に行こうよ! かといって、紫の太いボーダーはファッションじゃなくフィットネスかと揶揄されるわけで難しいですね。
 そして今回、モデルのウォーキングに文句つけまくりのデザイナー。前チャレンジでもリーダーへの文句を陰で騒ぎ、その時は仕方ない愚痴に見えましたけど……低評価に逆切れするところを見せられると、デザイン以前に社会人として問題あると思えてしまいますよねえ(同窓会で言い訳させてもらえるのか?)

<#4 大自然のランウェイ>
 テントで寝て、森素材とキャンプ素材使用。ミシンも屋外w 集めた素材をちょい置き、森を見ている間に漁られてしまった件!可哀想ではあるものの、何も目印を置かず離れるとは。ハンカチで座席キープするような習慣ないのね(^^;;;;) デザインはダウン使用モフモフから、紐まとってるだけのモデル激寒まで幅広かったですね。

マシュマロをたき火であぶってクッキーに挟む、みんな大好きスモア。私も大好物です〜(^^)あれはキャンプの思い出込みの味よね。  初体験だと戸惑うデザイナー、どこ出身の人だっけ。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ