ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

プラチナタウン

wowow「プラチナタウン」~最終回 ☆☆☆

ええ話や~(><)


多少の妨害には負けずに老人テーマパーク計画が盛り上がって、でもお人好しばかりがスタッフなせいでアイディア漏洩。真似をされちゃうの??とハラハラもあり。

でも最初は悪口言っていた人たちが主人公の熱意をちゃんと分かってくれるし。

憎い悪役も悪いだけの奴じゃなかったし(><)

街は活気を取り戻しつつあり。

任期を終えた主人公は学生時代の夢を全うに、後進国に旅立っていく予定。じゃあ残される街はどうなるのか……って、ちゃんといましたよ。もっともっと町長にふさわしい、ずっとこの街で暮らしてこの街の為に努力してきていた人が!←ここで泣いちゃいましたって


もちろん彼女との恋も復活。ちゃんと「待っててあげる」そうですよ。って、一緒には行かないのねw
(作中唯一困ったのは檀れいの電話でした。お仕事の連絡なのに色っぽくって愛をささやいているかのような声w) 

「プラチナタウン」2 ☆☆☆

きたきた、老人ホーム誘致計画!


議会のじいさんたちには冷たくあしらわれる主人公。

無理と無駄だらけの町政(亜熱帯植物園w ペンギン一匹w群れで暮らす動物なのにー)にがっかりし、美味しい名産もなくて呆然ですけど、地元の子ども達から憩いの森や鮎釣りポイントと、街のいいところを次々と教わる展開に胸が熱くなりましたわ。
自然が豊かできれい。 
そして思いつく、空き地の有効活用法が冒頭の。老人ホーム誘致計画。消費拡大も雇用も産むはず、ばっちりじゃない!

そして元カノもF4層(だっけ?年配層)をターゲットの企画を提案……このつながりで復縁があるんでしょうか(お互いの上司同士が友達だったよ、狭いねw)


役所の職員には、お高くとまってるの、どうせ逃げるだろって嫌われちゃってて大泉洋の風貌でそれとってもよく分かるのですがw もうひとつ暑苦しいまっすぐさもあるので、理解してくれる日はくると思われます。 

 

「プラチナタウン」1 ☆☆☆

wowowドラマ。
あの暑苦しい大泉洋が主人公、なんか政治の話。
それだけの前知識で寝そべって他のことしながら見始めましたけど、だんだんと手が止まって画面に見入ってしまいました。面白そうです。

田舎の同窓会に呼ばれて
「市長になってくれ」
とか言われちゃう主人公。口々に
「学級委員だったし」
「東京の大企業で働いてて」
と、理由にもならないことを囃し立てる級友達。いやいや自分で出来ないことを押し付けちゃダメよーと思っていたら
「よーし、まかせろ」
って、えええー。地元が今、大借金を背負ってるの知らないの?出来るの?バカなの?……これがなんと、酔っての軽口で翌日は覚えていないというw

ベタ展開ながら、歓喜のご近所さんが押し寄せる光景に地元の田舎度が分かろうというものです。 

さすがに一度は断って東京に戻る主人公ですが、恋人にはなじられ、地元の窮状も知り、父は倒れ、やっぱり立候補を決意しちゃいましたよー
対抗馬がいないから、選挙無しに当選w

でも夕張を思わせる大赤字の地方自治体、経費カットでどうにかなるもんじゃなし。素人に何が出来るんでしょう。
議会でもよそ者扱いでイヤーな感じなんですが……

最後におおっと思いました。なるほど、高齢者のための町づくり!シルバー以上を目指すからプラチナ ??本気なのー??

大泉洋という配役が好き嫌いありそうですが、おおらかで何か手伝ってやりたくなる(ダメそうなw)感じが漂っていて、これから主人公の周りには人が集まってきそうです。
恋人(檀れい)とも、彼女が惹かれたという「瞳がきらきらしてた」ボランティア学生時代の熱意を彼が取り戻したら、復縁もありなんでしょうねえ。檀れいと大泉洋……似合わないけどw
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ