ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

ドラマ

「高校受験」7 ☆☆☆

1時間が短い!

相変わらず日付は受験当日。
解答用紙が一枚足りないまま、右往左往の教師陣です。

ちょっと回想が入って、兄が一高受験に失敗した(採点ミス?)という首謀者らしい少年の不幸な記憶が描かれましたが……満点とれる実力をもちながら、受験をぶっつぶそうとするとはただ者じゃありません。とりあえず体制にのろうとしちゃわないのか。

それ以降はひたすらに、消えた答案探しと事情徴収。
同窓会長が答案を見つけてきましたけど、そんなの家で書き直せる可能性があったら受け取れないでしょう?しかも、受験番号は同窓会長の息子のもの??増々ダメじゃん!
でもでもあれえ?
55番が2枚になって、余計ややこしくなっちゃったぞ(><)
掲示板には同窓会長突入が早速話題にされてるしw

事態はどんどん混乱を極め、英語採点チームは帰れない…。インディゴリゾートどころじゃありません。


中尾先生がいちいち、高橋ひとみ先生を真似るのが可笑しかったです(しかも結構似てるのw)

「ドンキホーテ」3 ☆☆☆☆

刑事と張り合って、少年を救う!

今回も大爆笑でした。


なるほどー、ヤクザさんなら刑事と因縁ぐらいありますよね。そいつが少年課の担当で、保護施設にやってくる、と。

補導された少年は、仲間をかばってる。でもその仲間がネットでしか知らない相手なのが今どきの関係です。しかも、鯖島組のつてで情報を仕入れたら、最初から少年は利用されているだけのカモ(涙)

鯖島の刑事憎しの突っ走りと、城田のフォローが上手く噛み合っていい感じでした。

挙げ句、3人で警察から逃げる場面。

鯖島と城田に両脇から支えられている少年が楽しそうでした。こんな風に、仲間とゴールを目指すとか、力を合わせて何かをしようとしたことがなかったのかもと勝手に妄想して胸が熱かったです。

「おじさん達、仲いいの?」

と少年に聞かれて、異口同音に「違うよ!」と否定するのもまた仲良さげ。
ネット上だけでない、本当に触れ合えていっしょに何か出来る友達っていいなあと少年も思えたことでしょう! 


そうだ、病院に行ったけど相手にされなかったんでしたよね。もうこのままでいい様な気がしてきましたw


でもでも、妻あゆみさんが浮気を疑ってます!!

むしろ確信しています!!

女の子いっぱいの店であゆみさんにみつかってしまった城田(見た目鯖島)!殺されちゃうよー



人気ブログランキングへ

「桜蘭高校ホスト部」エピソード0 ×

ごめん、原作に引きずられる(><)

1話だけでも見ようっと思っていたらまさかのエピソード0、若きイケメンw俳優さんたちが素の自分と役を重ねて語るのを喜べる程彼らに興味ないんだよー!

おまけにまさかの猫澤先輩プッシュ。あの人ホスト部じゃないしw

ロケに使われたという建物は豪華でしたけど、女生徒が例に寄って既にチープでもう。制服だって、それぞれにぴったり合わせてオーダーしてあげたの?ゴージャス桜蘭にしては安っぽくってよ!

……まあ深夜ドラマだけどね(涙)


思わず原作を読み返してしまいました。

ハニー先輩が出来る高校男子なんて居てたまるか!(5年前の小池徹平でなら許せたか?)




人気ブログランキングへ

「宿命」7,最終回☆☆☆→☆☆

なんて負け犬の遠吠え!

「あなたをきっと国政の場で追い落として見せる」

ってからには、裏切った義父の代わりの伝手を見つけて言ってるのかと思うじゃないですか。それともスキャンダル攻撃を卑劣にも仕掛けるつもりだとかさ!それがまさかのノープラン、口だけだとは(笑)

元から崇さんには政治家的なマリーシア=ずるがしこさがないなと思ってたんですよ。女との別れ方が上手くないところといい。白井父なんて、ほら崇の毛髪で父子鑑定をしましたとか言うけれど、ホントに自分と崇の髪を送ったんだか怪しいもんだとかついつい疑いたくなる怪しいところがあるじゃないですか(ここはほんとに、どんでん返しが来ると思っていたに見事に肩すかし!!)そういう意味では、やっぱり親子じゃないのかな(笑)

にしても前回、じゃあ父親は誰なんだー!となったときに、まさかの義父立候補には笑いました。混乱の安田講堂で1回だけやっちゃった青春の思い出を胸に再婚、もしかして自分の子じゃないかと思うんだ♪と、医学的確認をとろうともせずに語るところはもう、男のロマンですよねー。なんじゃそりゃ。


中国娘の件は、タイミング悪くて崇つぶしに利用されただけ。でも、慰謝料をきっちり受け取っておいてなんで更にあんなことをするのか?もっと前に送っておいたならともかくさー。

運命の糸に翻弄されていた崇と尚子、それって立場的には誰もが羨む状態にいながら幸せになれないのが良いんであって、愛し合いながらただ政治家への道が断たれていくなら(同時に、たいしてそれを望んでもいなかった妹に棚ぼた的に成功が転がり込んで行くのなら)、惨めで可哀想なだけで、素敵じゃないのよね……。
うーん。決してつまらなくなったわけじゃないのに、幸せそうな有川家のショットなんか入れられちゃったらますます、なんか期待していたのと違う(^^;;;)

いっそ、お父さんの言うとおりに結婚だってした尚子がその父を刺すぐらいのスキャンダルで白井父の政治生命も、妹夫婦の約束された成功もぶちこわしてやれば良かったのに!(自分で書いてて酷いわー)

でもそれが政治、と有川母の40年間を淡々と否定する白井母が良かったです。飽くまで口調は優しいのに酷いことをさらっと言ってるところも。流石政治家の家の家付き娘。いろんな転落を見知って来たのでしょうね。 

 

お坊ちゃんで人の良い北村一輝さんも素敵でした。

人気ブログランキング

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ