ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

トリック

「警部補 矢部兼三2」1 ☆☆☆

 宣伝乙w

そういえばシリーズ前作も本編映画の宣伝だったんだから、今回も同様で筋は通ってます。
それなのに真面目すぎが違和感の元だった前作でしたが、今回は謎解き役を『天才小学生』にすることで程よくバカっぽくていい感じかもー。

そんなわけで事件は、宝石を狙う強盗団から送られる、謎掛けつきの予告状。
「24時間寝ない駅と24時間覚めない駅の間」…が根津駅と鮫洲駅の間と、サクッと女子小学生が解きましたよ!たまたまその予告を聞いた矢部と、そこを通りかかる監察官w

警視総監が「お前にまかせる!」と指差した先がちょうど矢部だったりw それをきっちり録画、後で証明してみせる秋葉(池田鉄洋)といいコンビです。
そこに孫娘が加わってトリオか?と思いきや、子どもには邪険なのもいいかも。推理の結果や、総監の脅迫ネタだけは聞くんだよねw
そして総監と矢部のやりとりを誤解した監察官が、どんどんと矢部を切れ者と勘違いしていく様子は鉄板で楽しかったですw
(一方の東大君「東大なのに!」ネタや、駄菓子屋「ちっちぇえなあ!」ズキン☆ネタは。毎回ずっとするのかと思うとめんどくさいわぁ。)

山田の大家のハルさんと夫ジャーミーが宝石屋にスイートテンリング買いに来て、捕まってたのには笑いましたw そりゃ怪しいw そして金髪刑事さんがもう廃業で登場しないのに、ジャーミーさんはまだ日本にいて出演してくれてるんだ…。
賀集利樹 の役名が網戸で「あぎと」にも苦笑w いろいろ若い人には分からないネタが山盛りですよね。しかし秋葉の「萌え〜」も。最近は言わないよね、きっとw

「警部補 矢部謙三」1 ☆☆

あれ、矢部ってこんな男だったっけ?

能なく面の皮厚く、ひたすら運の良い男 矢部謙三。あ、毛もないんでした。彼の活躍を描くと見せかけて、実質主演は貫地谷しほりと鈴木浩介の庶務コンビで、とてもまっとうな推理ドラマです。
事件がまとも過ぎるんですよー!

もちろん、いちいち頭部にかかるモザイクとか、山田の大家さんとか、TRICKが好きなら懐かしいものはあるのですがそれは映画版で見られるし。がっつり矢部だけ見せられて、無能だ横取りだだけ強調されてもなー。と、見せかけて実はキラリと有能だったり……してもそれはそれで違うしなー。
あ、ロープを張る位置は完璧(笑)

むしろ、こんなまっとうな事件の合間に、教祖さまだの消失トリックだのとつきあってた矢部さん大変~と思うべき?

スピンオフだと思わなければ
「普通どっちか切るだろう!?」
は膝を打ったし、楽しめたので見ますけど。

人気ブログランキング

「トリック劇場版2」 ☆

 TVでいいよね、これなら。

 いつもの通りに始まり、いつもの通りに小ネタ満載で進み、いつもの通りに小競り合うけどちょっとラブもありげに終わる。いつものトリックでした。見事に。
 ただ矢部刑事の出番が90%減(当社比)?
 それに、上田からのアイラブユーも全然なかったことになってるんだけどー?既成事実の肉体関係(違)だけ進行??いや〜ん!!

 サービスデーで1300円だったし、見終わって友人と「あそこがさー」と言い合う楽しさは、逆にTVだとないのでその辺は満足なんだけど。
 これで終わってしまうなら全然納得いかなくてよ!

 スペクタクルでトリッキーでラブラブで。ああ、コレなら終わっちゃってもいいよーという決定版を、次はお願いしたい様な、それで本当に終わったらやっぱり困るような。

「トリック」新作スペシャル ☆

あれー、結構ガッカリ。何か違うぞ。

 家主ネタに「なぜベス」九十九一。小ネタな滑り出しの掴みはOK!
でもさ、段々笑いがうつろになってきてしまいましたとさ。大好きな「トリック」なのに!!

 あれかなー。警察の扱いかなー。
矢部@生瀬さんの熱演はもちろん、東大君が出世、新米のアキバ男が山田に「萌え〜」は面白かったけど、途中で退場したまま話にはいっさい関わらずって、そりゃ無いよー。

 犯罪のしょぼさもあるかもしれない。
ユニットバスとストローと溺死体。もう丸わかり(^^;;;) いや、分かること自体はいいのよね。でもこういう可能なトリックこそ、矢部がひっかかったりして警察が解いてくれなきゃです。
 山田向けには高等不可能犯罪を!
『アルバイトの老人が総出で稽古』とか、『ガッツイシマッチュウ』とかの、無茶で眩暈のするごり押しなトリックが欲しいんです。小さくまとまり過ぎだーっ
 
 教祖@名取裕子は堂々の好演。
最後、何もかもぶっちゃける前の
「語るわよー」は、推理ドラマをおちょくって愉快なセリフでした。そんな教祖に
「それでは困るんです」
とナンバー2@西村雅彦が詰め寄るところ。彼はこの教団で飯喰ってるわけで、信心なんて結局二の次という皮肉は「トリック」らしかったです。

 ・・・でも、その辺の裏事情を平信者も居る前で話すのね。なのに、さしたる動揺もなく平信者の信仰は続く・・・・。
それなら逆に、インチキを告白する教祖の方が嘘つき呼ばわりされるとか。「水の裁き」を強制的に受けさせられて死ぬとか、もっとはっきりと皮肉にも出来たでしょうに。
 いや、どこか一場面変えたぐらいでは、この台無し感は払拭できないわ・・・・。

 せっかく、ナンバー2は愛しの西村さんでアンドレな胸飾りもお似合いだったのに。何度も繰り返し見たい出来映えの話でなくてがっかりですぅ?。
 上田とのカンフー対決はフレームアウト(^^;;;) 
「アタック・オブ・ザ・キラートマト」か!!
一瞬期待しただけに、あまりの安さにもう大笑い。だけど長い、長すぎたよ。その後の男の友情、描かれないし。

 山田は終始可愛かった! 宇宙人と遊ぶところも驚異的に可愛かった!
でもそれだけだー。
 宣伝している映画の出来が、ちょと不安になりました(><)

☆☆☆TRICK BATON☆☆☆

にゃむにゃむ」にゃむ子さまより、トリックのバトンを回していただきました♪
以下、張り切って回答でーす

■ドラマ「TRICK」を見た事がある?
続きを読む
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ