ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

デスノート

「デスノート」最終回 ☆☆

「リューク、目の取引を!」
って燃えてる燃えてるw 今から寿命半分になったらなお即死w


原作をあれこれ弄りつつ、まあ最後の『夜神月をかっこよく死なせない』だけは全うしてくれました。憧れられないダークヒーローの最期、窪田くん熱演でしたよね。
その分やはりエルが割を食った感じ。最後のビデオ『ライトがキラじゃなかったパターン』の披露で益々、エルが天才ってよりは用意周到だっただけって印象を強めて終わってしまったし。
そして終わるなり続編映画のCMで、さらに余韻もないw 6冊もノート出してどう展開するのやら。てか、松山エルも窪田ライトも出せないですよねえ? それともCGしちゃう? どうせなら松山エルvs窪田ライトが実現しちゃえばいいのにー。
結果、今週うっかり続きを見ようとしてしまいました、最終回見たのにw なんてことw
ここは、ドラマ「デスノート」は永遠に私の心の中に生きている……とでも、いい感じに言っておきましょうかw 

放映開始前に抱いた不安を思えば、充分見ごたえのある作品になったものだと思います。窪田正孝の代表作になったことは間違いなし。世界各国で同時放送したんですよねえ?反響を知らせる記事を見かけないけど……好評だったから映画続編の企画も実現したんだろうし、これをきっかけに窪田くんが世界に羽ばたいたりしないかなあ(^^)

「デスノート」~10 ☆☆

お父さんの命よりデスノート。そんな鬼畜に成り果ててしまったのね、ライト……(><)

正直、L vs ライト対決の下りは、いくら偽ノートだって目の前で自分の名前書かれそうになったら気分悪いしw 実際あそこまで書かれたら『お前の名前も書いてやるからな!』って同レベルな仕返しをしたってイコールキラってことにはならないと思うんだけどなあ。と、ちょっと不満でしたが。あの場面の肝は『ワタリが偽ノートを用意した』ってところでしょう(原作の「ジェバンニが一晩で」の代わりですよねw 筆跡偽装も必要ないから楽チン楽チン)

そして跡を継いだメロと…ニアの茶番を我慢している間にどんどん話がすぎていきましたよ。

そしてついに! 夜神総一郎が自らの名をデスノートに書く!

さすがにそれは必死で止めるし。
これはデスノートじゃないよ、ただのノートだよと白々しい嘘をつき続けるライトに『今のその葛藤こそが命の重みだ』と、正しい道を示す父でしたが……。結局は邪魔は全て排除するぞと、キラとしての決意をさらに固めてしまうことになるとは、親の心子知らずもいいところ。親思いから手を染めてしまったデスノート利用なのに、親不孝ここに極まれりで胸が痛みますね。
名前書く前に燃やしちゃえば良かったですねえ。 


次週、最終回。

悪い顔のライトがたくさんたくさん見られそうw ドラマ的にはどう決着をつけるつもりなのか、楽しみです。原作を全く知らずに結構はまっている旦那は、私よりもっと真摯に楽しみにしていますからね。旦那大満足なラストになりますように。 

「デスノート」6、7 ☆☆☆

「……計画通り!」
あああああ、悪い顔になってるぅ ←原作通りw


海砂のため、保身のため他、計画を仕込み目論見通りに『デスノートの所有権を放棄』するライト。すると途端に可愛くなっちゃって!

「俺たち友達だろう、流河!」

いや1度テニスしただけ。ライブチケットを贈った好意wも踏みにじられて、せいぜい知人だと思います。

一足先に所有権放棄、『ファンだからストーカーして拉致監禁?』と第二のキラ疑惑をコロッと忘れ去った海砂につづくライトのこの変貌。戸惑いつつも、手錠で繋がれてLとライト君が共同生活……に入るかと思ったらそれは即解消で、共同捜査の方に乗り出しましたよ!

普通の大学生設定どうしたw( L曰く『僕が才能を開花させた』ってw)


確かにライトの計画通り、デスノートを渡された『金も地位もあって欲深い大人』ヨツバグループの経営陣は分かりやすく私利私欲のために殺人を始めてバレバレ。海砂のCMオーディションを隠れ蓑に潜入捜査があるから人手はいくつあっても、でしょうけど……。

え。ミサミサのハリウッド進出は? 長期休業の口実つけたのに、なんで国内仕事が入ってるのw

え。ライト君の協力って不法侵入で盗聴機材取り付け? それも刑事じゃなぜいけないの。  

設置場所に脚立を置いてきたらバレるから、持ち去るのは分かります。でも警備員に追われてもなお、脚立を持ったまま階段を駆け下りるライト君律儀すぎでしょw そして逃げ切った車に、もう乗っている海砂と松田=松井w 3人でビルに入ったのに、2人で出たの? ヨツバの警備、ザルw

もうあっちこちツッコミどころ満載でしたが、火口逮捕のところでLと共に口上を述べてるライト君はもうやばかったです。何様だ一般人w(白づくめのエルと黒づくめのライト君、画面的にはいい対比ですけども!) そして銃を取り出した火口に慌てふためく一同w 顔を見られないことに専心のあまり、もっと簡単な危害の加え方を忘れて防弾チョッキもなしに逮捕に近寄ってるとか、バカでしょwww
(ただでさえエルが優秀な印象がないのに、これでは台無し。世界5大探偵のうち3人エルで残りがニアって、その2人しか手をあげてなく思えます)


そしてついに、デスノートに触れるエル。ライト君!

以降のライト『素直で可愛いキャンペーン』終了、悪い顔で声も怖いし、おばちゃん寂しいです。そしてデスノートを抱えてうずくまりっぱなし。不審です。

声をかけられて『なんでもない』って、いやいや、死神を見て腰を抜かすエルの方が普通。時計に仕掛けたデスノートの切れっ端と針金(シャー芯?)でゴソゴソ、とりあえず少しは怖がってから火口殺害の実行に行けばよかったのにー。まあその辺はエルからのツッコミ待ちですね。


記憶をなくしていた間にも「犯罪者なら殺してもいいと思っている」とエルに指摘され、自分のキラ指向を自覚するライト君。これは大事な場面でした。となると、わかっていて復活したキラはもう、正義の味方でも巻き込まれたわけでもなく……さあここからの転落の一途が楽しみになってきましたよw


もうちょっとニアが魅力的ならもっとよかったんだけどなあ……。


「デスノート」5 ☆☆

おろおろライト可愛い(><)
こういう演技、窪田くんの真骨頂かと。そして黙らないミサに困ってキスで口をふさぐとか、たまりませんねw おバカながらグイグイ好き好きな海砂がうざ可愛く思えてきましたよー。なのにさ。抱きつかれても素っ気ないよ、ライト。

原作では興味もないアイドルですけど、ドラマでは元々ファンでしょう? 抱きつかれたらちょっとはデレてよん、冷たい顔なのが見ててつらいです(><)おまけに凡人からどんどん遠ざかり、警察中枢にスカウトされるように! アイドルとも知り合い! いやそれ、原作の超天才君ならではのポジションでしょうよ。
 
そんなわけで、ミサミサの暴走脅迫状を機にライトは対策室に入り込み、Lと直に語り合う仲に!ライブに誘っちゃったりしますよ。表向きは年の近い知人として気晴らしのすすめ。真の目的はもちろん、海砂の目でLの本名を知り殺すため。

この辺、ぐるっと回って原作準拠に戻ってる筈なのですが、根底の『ライトは天才』が抜けているのでわけがわかりませんw ライブ会場に上下真っ白な男がやたらいるの、間抜けな絵面で笑いました、ノンスタかw なんていって雇うんでしょうね、実は殺されるかもしれない仕事なのに!
そして延々推理を語り合う……のはまだ開演前ですが、完全にステージが始まってからも、観客の視線を遮る状態でお話し続けるライトとL。邪魔すぎるw 終いに一人は帰るし、一人は崩れ落ちてるし、どんだけミサミサの熱烈ファンかとw
デスノートを手にして以来、ノリノリのライブ会場で一人だけ真顔なことが多いですからねライトw ミサミサ以外のいちごberryメンバーからも覚えられていそうですよね、変な奴として……。
さあ来週はミサミサ拘束! 父子対決もあり、楽しみですよーん

それにしても、まだしつこく『ボインちゃん』と海砂を呼ぶリュークに違和感。それほどじゃないだろう!

「デスノート」4 ☆☆

テニスコートを勝手に使うな!
と体育教師の旦那が怒っておりましたw まあ旦那は「ハリーポッター」見てても『この学園の安全管理は問題がある』と言い出すぐらい生徒の事故や怪我の心配を日々している立場なので職業病です。それに写ってないあたりに先生いたかもしれないじゃん、となだめておきましたが。それより問題は、原作/映画の不健康Lと違って、ウィダーインゼリーでソファーにイケメン座りのドラマLはテニスくらいしそうに見えるのと、受けて立つドラマ月も超高校級プレイヤーだった原作から部活経験者ぐらいにグレードダウンしてるせいで、テニス対決そのものにあまり意味がないのですよー。燃えません。続くシャワーシーンもねえ。お着替えLで貧相な胸板見せまくってた後でされてもねえ。

むしろ、アイドル流河早樹の紹介になっちゃったというか。  

物語的には、ますます追い詰められたライトを「第二のキラ」が救う形。元々は連続殺人や凶悪犯だったターゲットが、ポテチ仕掛けの頃には小物になっちゃってるのはツッコミどころだったのに、第二のキラは輪をかけて報道もされない軽犯罪者で逆に可哀想になるぐらいw それを批判するライトがますます小さく見えるって具合ですが……w(アニメでは名場面だったポテチも、実写ではカメラ回り込まず物足りず)
もうここからは、家に押しかけてきたミサミサに監視カメラ下でどう対応するか、ですよねー。予告のキスきたー!いやあ楽しみですw
レイ・ペンバー死亡時にできなかった『何か(死神)を見ている』状況を、夜神家玄関で作っててそこはナイスかも。

「デスノート」3 ☆☆

もう、突っ込みどころ満載です。

「見られた!」ってw そりゃそーだよ!封筒の変な小窓から名前書かせてw 持ち歩かせてたらそりゃ、見るでしょう~! 開けたら燃える仕組みはこっちの方にこそ必要だったんじゃないかと。
 

漫然と生きてきたライトくんが、自らの生き残りを賭け必死になって、Lとの戦いを始めました。それがデスノート格納用二重底作成に、ペンバー脅迫&FBI捜査官大量殺害計画とおよそまともじゃないことでも……これもまた成長。リューク曰く「キラの顔になってきた」w (目線を思い切り寄せての三白眼、窪田君も多分漫画を意識して演じてますよね)
避けていた父との会話が増え、父の心配なんか口にして……最近息子がしっかりしてきて家庭もいい感じだなとお父さん嬉しいだろうに、Lの動きを探るためにしてるだけかと思うと不憫ですorz

そもそも「君がキラだよね?」も、20人以上に言って回ってるわけで。自分だけが疑われているんじゃないならほっておけばいいのにー!何故、捜査官を全員殺せばって発想になるの

尾行を巻いた場所に招待カードがあるならライトが怪しいしw「偽名で呼ばせてもらう」って、彼がレイ・ペンバー(ただし偽名)だと知っている人ってライトとLの二人かもよ? ボイスチェンジャーなんて意味ないどころか、いっそ喫茶店で面と向かって指示したって同じ同じw

窪田君は熱演だし、封筒回収は、投函させるとかバス停に置き忘れさせるとか……と、あれこれ方法を考えてしまうところで結局楽しんでしまっていますが。視聴率はガタ落ちだそうで、それもわかりますw 天才じゃない設定にしたってバカすぎるうw
本来、レイ・ベンバー電車内で死亡は名場面なのに、こんな穴だらけの改変……!!

デスノートを触ってペンバーに死神が見えた、もここでしなくてどうするのかと。それよりもミサミサに死神の目を使わせるエピソードにしたかったんですね。
「夜神月」
と書いて見せられて、「誰?」と名前な前提でお話しされるとは……困った時代になったものですw


でも家族で楽しめてるのでお茶の間では黙って見てます(><)
次回予告でやっぱりワクワク、L大学に入学してくるんだ! 


「デスノート」2 ☆☆☆

ミサミサはそんなにボインでしょうか……w

「バレる前に殺るしか」「邪魔する奴は…消す」って、あっという間に殺しに慣れてしまったライト君orz ノート使用法実証実験を繰り返し、その度に人が死んでいきますよ。心臓麻痺以外の目立たない死因を混ぜればいいのに。その前に月1、せめて週1にしておけばそもそも気づかれなかったのに……ってのは原作からそうですけども。

実験結果確認のため、大学生のライトは授業中にスマホ開いてニュース確認です。高校生だった原作とは違い、これなら単にデスノート持ち歩いていろんな時間に書けたじゃない。犯人は学生!とLが断じた根拠も緩くてよくわからず。設定変更のほころびが気になります。 バスジャックのトリックも、学生がもう一人乗ってたらどうするつもりだったのよー。そして原作では適当な女誘ってデートだったのに、ドラマでは一人行動にされちゃってw すっかりアイドルオタクのモテない君です。

ミサミサの寿命を知り、救おうと尽力するのも良いけどさ。それより、既にライトからミサミサに惚れてる状態なら、この先知りあったら本気でラブラブになっちゃうってことかとそちらが気になって。

そして死神2レムが登場し、Lから電話も入っちゃって言われることには

「君がキラなんでしょ?」

各方面急展開、旦那や娘には予想外だったようでずいぶん楽しそうに見ています。良かったねえ。まあ窪田君と松田役の前田公輝は満点だしリュークは可愛いし、私も概ね楽しんではおりますがいろいろ気になりすぎる(><)特に尾行のFBI捜査官レイ・ペンバーの容姿には笑ってしまいました。あんな目立つ尾行アリですかw


「デスノート」1 ☆☆☆☆

あんなの月(ライト)じゃない、Lじゃなーい!! とはいうものの面白かったデスw 松田くんもいちいちチャラうざくてステキでしたw


そもそもの〈名前を書くと殺せるノート〉〈死神〉というアイテムは子供だましながら、小出しにされるノート利用法や天才Lとライトの斜め上の行動で、読者に思考勝負を仕掛けて引き込んだのが、原作「デスノート」(最近では「進撃の巨人」がそういう楽しみ方をされてると思いますデス) 主人公は超天才だわ変な名前だわ、殺人犯故にわざと共感をしづらい設定にされていたとか。

…なのに時代は移り”月と書いてライトと読む”程度の変名じゃ目立ちもしない現代w

ドラマ化にあたっても名前は同じに、ただし超天才から凡人にどーんと格下げになったのは共感しやすくて正解なんでしょうねえ……。JKで生意気な妹に振り回されるライト兄ちゃん、夢は安定公務員orz


最初の殺人もまずは元クラスメート、次に父親を守る為というまあ卑近でわっかりやすいところから始まっちゃって、これLの捜査が入ったら即逮捕だよーと呆れるばかりなのですが。原作知らない視聴者を思えばいきなり世界平和言い出されるより納得なんでしょう。

いちいち死神リュークに驚き、アイドルオタクで、居酒屋バイトして、二人殺しちゃったと自殺を図り、じゃあもっと悪い奴にデスノート渡しちゃおー☆というリュークのゆさぶりにまんまと「じゃあ僕が!」と手を上げ直し(ダチョウ倶楽部か!)、毎朝せっせと悪人を殺しては涙ぐむ、いやあ窪田正孝が……もといライトが可愛いよ(><) Lの挑発にまんまと乗るおバカ加減も、このライトならさもありなん。


要は窪田正孝鑑賞ドラマなのか?そこはこれからのLにかかっているでしょう。

松山ケンイチのLが、原作に忠実に変な座り方も変な摘み方も目の下のクマも再現した見事なLだっただけに、今ドラマのLは違和感がありまくりです。ミサより肌綺麗ってなんですかw そのうち見慣れれば、キザで綺麗で普通なLも受け入れられるのかも(もう時が過ぎ、映画と同じキャストでドラマ化は不可能。松ケンはLでなく「ど根性ガエル」のヒロシくんなんだから……ねえ)

ホント、事前に気を揉んだ割に、案外楽しく見られましたから。現時点では最終回まで見届ける気満々です。全世界あちこちで放映しているそうで、人気が出てくれたら窪田正孝くんワールドワイドに大人気大出世ですよーん、どうなるのかな。

リュークのCGも違和感ゼロで、連ドラでこれをできる時代になったんだなあと感無量です。何しろ月と書いてライトも(略)


ただし初回拡大はちょっと長かったです。拡大にせず、ダミーLが殺され本物Lがテレビ放送からキラに宣戦布告するあたりで終わりにしても次週への興味がひけて良かったんじゃないかな。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ