ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

デカワンコ

「デカワンコ新春sp」☆

うわーパリ。かと思ったら江戸w

どっちか1つで十分でしょうにお正月サービスでてんこ盛りです。でも舞台が珍しいだけで、事件はほぼ何も起こらない2時間spでしたよ。「デカワンコ」ファンってなめられてますね(^^;;;)


レギュラー陣が多いので、誰がどこに居るのかを追う雑談だけであっという間に時間が経ちます。江戸編なんて、誰がどんなコスプレか見せるだけでなく、それを現代の仲間に解説する場面もあって一ネタで二度笑えとおっしゃる。おいおい。

いーくーらーお正月でも、いくらワンコ多部ちゃんが可愛くても、限度ってものがあります(><)え、これをDVDにして売る??こんなの、お金払わせちゃ可哀想。TVシリーズボックスの予約特典映像だったら豪華でしたのにねー


ただ、松の内のお茶の間で、安心して家族で見られる番組であるのは間違いありません。
本編ラストの『花粉症で一子の鼻が利かなくなった』設定もこれで『なかったこと』になりましたから! 心置きなく続編が作れるのは功罪の功ということで。
 

「デカワンコ」最終回☆☆☆

ほのぼの、いい最終回でした。

紅一点で慰安旅行。キャラが立ちまくりの面々は、もうそこに居るだけで楽しくて仕方がないです。
飛び入り参加の鑑識の人が、私服が派手なのも笑いましたw
ザコ寝だってもういいや、13係LOVE!

なのに
「ワンコはダメだ」
「止めさせよう」
なんて会話を漏れ聞いてしまい、凹む花森一子……いやそれ、ぜったい誤解だから!!視聴者だけでなく、総監だって一瞬で分かってるw
他にもワンコが誘拐されて、匂いの記憶で自分の居場所を伝える展開で。携帯のGPSを使えばいいんじゃないかな〜という、視聴者の疑問をやっぱり出演者がつっこんでくれる親切設計です。楽屋落ちとも言いますが……まあ、いいや。

とにかく1話から最終話まで、ずーっとワンコが可愛かった!

退職された総監は、探偵事務所を立ち上げるそうです。もう刑事には戻れないガラさんが、刑務所勤めを終えた後の生活もこれで安心。

主題歌にのって、キャラごとの名場面集が流れます。そのまま終わりでも良かったのに、最後にはワンコの鼻が効かない!というピンチのおまけ。
それは続編ですれば良かったんじゃないですかね??

人気ブログランキングへ

「デカワンコ」6☆☆☆

ゴスロリパーティに女装で侵入捜査~♪

って、それだけで1話終わっちゃいそうなネタですのに、手越刑事の女装は結局アップになることもなく(もちろん、チャンコさんやヤナさんが女装することもなく 笑)ちゃーんと主人公メインでドラマになっておりました。
ただ事件については、所轄の皆さんも困っていた様に(笑)犯罪動機やら捜査状況やらさっぱり分かりませんでしたが、まあいいや(イイノカ??)

一子の「ヒラヒラ」服を怒る部長。その部長と「ヒラヒラ」を好む娘とのすれ違い。みんな気になっていたところなので、怒ってる人がいてホッとしましたよね。
でも「ヒラヒラ」にアイデンティティーを見いだしている一子ちゃんはめげません。そうか、「私服が着られるから」刑事になったのかー!!

仕方なく地味なスーツに直毛で現れると、別人(笑)ここで、ほらこの方がいいじゃないか、と思えない生気の無さはメイクさんいいお仕事してました。

やっぱり一子はヒラヒラでみんなにいじられてなくちゃ!生意気をいう度、ぐるぐる回されてる一子も可愛かった!

(字幕で、デュークの台詞が間違ってました!"That's light!"じゃ「それは軽いです」になっちゃうw ”right" ですよー)

それにしても部長の娘さん、塾までの夜道をあんな目立つ格好でヒラヒラ歩いちゃ危ないです。

人気ブログランキングへ

「デカワンコ」5☆☆☆

泣ける~(><)
石ちゃんファンは録画は完全保存版だよね??

こんなかっこいい石塚さんを初めて観ました。ていうか、刑事ドラマであだ名が「ちゃんこ」じゃデブが居るだけの確率高いでしょう!(「ブレイン」での林康文もメガネかけた背景だった……)なのに、愛犬を失った哀しい男として丸々1話主役になっちゃうなんてねー。

「この人が犯人です!」
とサクッと逮捕(笑)←良く考えると、何の匂いを嗅いだのかわかんないんだけど。兄の落語家と体臭が似てたとか?まあいいや。
事件も解決、ワンちゃんも幸せになって良かった良かった。

人気ブログランキングへ

「デカワンコ」4 ☆☆☆☆

「ガラさんからも同じ匂いがしました」 

匂いの変化はかぎ取れても、その意味は学習途上の一子ちゃん。今回は「ウソの匂い」を覚えてスキルアップ!諸先輩にも、嗅覚理解者がまた増えてよかったね☆
……と、いうお話かと思ったら! 

ラストで改めて一話に戻って、解決済みかと思われた事件の謎が浮かび上がるのでした。やるね!そこまでで終わっても充分満足な出来だっただけに、制作側のやる気が嬉しいです。ガラさんはアドバイザーだけの出演じゃなかった訳だ。さて、警視総監をかばってウソをついたのか??
それにしてもワンコ、本当に思ったことそのまんま口にするよねー(笑)可愛いけど、危険だよー!!

ゲスト容疑者の「普通の体型(byヤナさん)女性が、ぽっちゃりだけど見事に整ったお顔立ちで肌もキレイで、お茶の間騒然でした。渡辺直美もキレイだもんねー。
でもヤナさんの恋はまた実らずにチャンコさんの胸もとい腹で泣いたり(笑)アサリもといアリサちゃんがキリにひと目ぼれだったり。シゲさんのスペック伝説がまた増えたり(&あれは表情観察力なのね??)、脇役のキャラ立ちもますます素敵です。

正直、今期一押し!
こんなに面白いのに~、知人は「許せない!」と怒ってます。理由は、BGMが太陽に吠えろのパクリだから(オマージュと言って~)&犬が嫌い(><)
うう、それじゃダメだワン

「デカワンコ」3 ☆☆☆☆

完璧だ!

前回ワンコが大活躍。それが面白くない同僚がいるのは当然ですよねー。で、手越刑事に一方的に喧嘩売られてるけど、捜査しながら段々歩み寄っていくんです。
『犬並みの嗅覚』という設定は突飛でも、1人、また1人と主人公のスペック(笑)とフリルの下の刑事魂を受け入れていく過程の描き方はとっても丁寧。おばかドラマかくあるべし、の見本のような良作なのでは。
そして汗も”刑事の匂い”!!
そう、嗅ぎ分けの天才ワンコちゃんは、普段あれが臭いこの匂いが嫌という方向の嗅覚の鋭さは示しませんよね。ただ嗅ぎ分けるだけ。おかげで下痢ピー場面でも要らないこと気にならなくてすみました(笑)ここも細かいけれど大事な演出だと思います。 

多部ちゃんの熱演と可愛さもあいまって、今シーズン、これが一番面白いです。
一番ちゃんと捜査してるのもこのドラマかもー(^^;;;) 

ブライス人形やウサビッチと、インテリアも気になります! 

人気ブログランキングへ

「デカワンコ」2☆☆☆

佐野史郎、1話で退場かと思いきや、面会に来た一子にアドバイス!このままレギュラー出場って斬新ですねー(笑)
そういえば確かに、警察犬との勝負に居合わせたのはこの五十嵐さん。塀の中とはいえ、一子の嗅覚を認めてくれるのはこの人だけですもんね。まだまだ一子=ワンコの捜査を認めない捜査本部(当たり前!)の中で、1人空回りの一子ちゃん……。

買い物に来たスーパーで、いきなり
「あなたが殺しましたね?」
とか、ありえない会話で笑ってしまいました(笑)でもそんな匂いがするんだもんねー、仕方ないよねー。

一子の衣装、変顔!見慣れてきてもやっぱり笑えます。友人の婦警さん(渡辺ナオミ)も楽しいです。
ヤナさん(大倉孝二)が婦警さんに惚れちゃったり、部内の言い争いに必ず巻き込まれるのも笑いどころ。

もちょっと、人の死なない事件で活躍してくれるともっといいのですが。

人気ブログランキングへ

「デカワンコ」1☆☆

オバカドラマ(笑)嫌いじゃないよ。
多部未華子可愛かった!(ゴスロリとあちこちで書かれてますが、ゴスは黒でもっと不吉モチーフなのでは。単にロリィタ?むしろ姫?)

「警察犬並みに鼻のきく刑事」の設定よりも、その刑事@花森一子の奇天烈ファッションや、心の声がダダ漏れナレーションで自覚ないところの方が気になりますよねー。職場で邪魔にされてもそりゃ当然でしょ!!
同居の祖父母がソフト惚けで、孫娘が刑事なことを分かっちゃいないのが笑えるだけでなく、服装を家族がとがめない理由として妙に納得出来たりしてして可笑しかったです。

それぞれ匂いの違う先輩刑事達(吹越満、大倉孝二、石塚英彦、沢村一樹etc) 、伊東四朗に渡辺直美にと、なにげに好みな豪華キャスト。
毎週観る必要もなさそうだけど、陰気なドラマが多いこのシーズン、辛くなったらこういう緩いのもいいんじゃないかなー。

人気ブログランキングへ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ