プロジェクトランウェイ、スピンオフ企画です。

ニック/モンド/アーニャ と、メンターが3人。
それぞれがデザイナーを抱え、指導をしながらの生き残り戦。所属デザイナーがいなくなったらメンターも敗退ということで、さあ優勝デザイナー&優勝メンターは誰?

初回2回は、集まった候補者からメンターがデザイナーを選ぶという形をとりながらも、実際に同時指名されればメンターを選ぶのはデザイナー。案外、若いモンドやアーニャが好きなのねえ。そして出場者が決定し、本戦が始まってみれば……その選択は正しかった模様。
だってニックったら口も手もだしまくり!デザイン画や生地に線を引き、ドレーピングもしちゃうだなんて、もうデザインしちゃってますよねw「縫ったのは私」ってだけで。
呆れたティムに止められても、悪びれず『講師時代の癖が』って言うんだから、実践して見本手本を見せるタイプだったご様子です。あーあ。モンドやアーニャの、本人に考えさせるタイプの指導の方が本人のためですよねえ。そして審査に入ればやはり、優勝候補はモンドとアーニャの組からばかり。ニック危うし。
 

#3 レッドカーペットドレス 
優勝はモンド組のキラキラジャンプスーツでした。可愛い(><)アーニャ組のスーツポロリ危機スーツは、案外そこは突っ込まれずに絶賛されていましたよね。
「モンドはレッドカーペットドレスの経験が少ない」と自分の指導に自信満々なニックでしたけど、そのニックテイストは無難だったのかも。褒められ側にはニック組は選ばれず。実際に落ちたのはモンド組の人(ベネズエラ出身、住んだことある国なので応援してたのになあ)で枕カバーとか言われちゃってたけどw ニック組の緑タフタおばさんドレスよりはモダンでしたよねえ。
 

#4 ヴァンパイアナイト☆

ハロウィン深夜の放送にばっちり、面白い課題でした!
生地選びからして、薄暗い霧と闇の中。って、見えないじゃんw ほら色が違ってたw 
メンターへの助言は、ニックは自分から一歩引く宣言w モンドは批評もするべきと勧められます。前回、優勝者もモンド組だけど脱落候補も2人でたから、と。いざやってみると、じゃあどうしたらの問いに答えられず黙りこむモンドに代わって、褒めつつ方向を示すティムはさすがです。
アーニャは順調なのでそのままでとの指示。助言も具体的で、なるほど上手いねと思って見ていたのに結果的にはデザイナーの良い面を潰してしまい……うーん難しい。おまけに脱落候補2人がアーニャ組だからって、じゃあ誰を落とすかはアーニャがその場で選んでねだなんて鬼すぎ(><) 
モンド組から続けての優勝者、ただし前回は脱落候補だった彼女ですよ。爬虫類のような生地使いが面白い服でした。眉毛のない黒髪、アダムズファミリーみたいな人がヴァンパイア課題で勝つって面白いw
 

しかし今回、ルール無視でティムに怒られる場面が多すぎです。買い物の時間オーバー、終了時刻が終わっても縫ってるw これって個人的な問題? それともメンターがいるせいで逆に、デザイナー同士で時間を気にする空気がなくなっていたりします? 
かと思うと、皆に優しい人にあげる賞なんて親切されて、他のデザイナーを手伝ったりワークルームを掃除してた彼が賞金ゲットw なんだそれw(これ、彼がデザインでも選ばれてるからいいけど、脱落候補だったら惨めよー)