ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

ジョーカー

「ジョーカー」最終回 ☆

うーん、うーん、殺さなくても。

悪人を殺さず捕らえるために、なにも悪いことをしていない2人を殺すのってものすごく変。まして知らない仲じゃなし、黙っていてくれとまず頼んでみる道だってあったじゃないですか……。
それに、悪人を囲う離島の私設刑務所のための巨額!
職員は?食事は?その大金でネットカフェ難民が救えそうとか、いろいろ考えちゃいますよー。そういう施設はやっぱり公金でなく、何とかコンツェルン総帥の道楽で運営していて欲しいです。

……などなど、暴かれた謎に文句はありますが、引っ張り具合はドラマとして上手かったかも。何といっても、堺雅人の怪しい魅力が全開でした!

勿論、謎以外にもつっこみどころが……単独行動で倉庫行きすぎ、とか(笑)
恨みを晴らしたよ、と遺族に知らせちゃ極秘じゃないじゃん、とか。「知りたくもない」と言ってた悪人の行き先を実は聞いてたとか。自分たちは償いたいのに、遺族の償いは邪魔をするとか(ex妊婦さん)……あれこれあるんだけど、まあいいや(笑)

その離島の監獄がどんなに凄惨な地獄なのか、最終回ではきっと今まで送り込まれた奴らがボロボロになっている所でも見られると思っていたのでそこも肩すかしでした。
あ、あとチューも(笑)

文句言いつつ楽しんで見てたよね私。特別編は……見たら負けな気がする(何に?)

人気ブログランキングへ

「ジョーカー」6☆☆

 やっぱり目撃者が!!
……って、もう銃を向けて殴り倒してますよ!ここから合法的に逮捕って、もう無理じゃないの??なし崩しにオッケーなの??どうなのー??
 

今回の犯罪は家庭内虐待の上の殺人で、それはそれは胸くそ悪いものでした。まして自らも親に虐待をされた経験を持つ久遠が、必要以上に感情移入してしまうのはむしろ当然な事なわけですが。まだ捜査打ち切りでも時効でもないうちに、暴走。そこで後始末の話にならないのは気になりすぎます。恋愛絡めてる場合じゃない!!
それとも来週問題になるの??

……って、もうその来週か、録画がたまってまーす 

人気ブログランキングへ

「ジョーカー」4 ☆☆

えええー、遺族の犯罪は割引サービスですか?
”なで肩の上司”は、きちんと罪を償わなかったツケを今も払い続けているっていうのに(><)おまけに、久遠くんったら被害者父に直に始末を約束です。そ、そこは声を変えて電話するとか、せめて励ますだけにするとか!!
 

今回の事件は無差別……と見せかけて、最初の1人が真のターゲットだった計画的犯行でした。犯人が恨んだのは殺された娘じゃなく自分と知って
「俺のせいなのか?」
と動揺する父親。しかも、そもそもバイト始めた理由がパパにプレゼントを買うためとか!!可愛いメッセージ動画で駄目押し(><)
そこで、泣き崩れる父親に謝るとか、自分も泣くとかすれば処刑の対象にしないということで犯人にも見せたんでしょうが、笑いやがりましたからね。よくも毎回、イヤ〜な気持ちにしてくれることです。

心神喪失を演技していた犯人、椎名@窪田正孝くんの熱演が光ります。実はちょっと恋心もあったのは切なかったな。
更には、精神鑑定にごまかしがあったかの様な捨て台詞まで残して……監禁される椎名!!今までの犯人も同じ場所にいるのでしょうか??

マスターに引き渡した犯人のその後を
「知りたいとも思わない」
とスルー出来る伊達。彼はやはり、久遠とは壊れ方が違うんだと思います。そりゃ移植用臓器に切り刻まれてても嫌だけど、逆にどこかで普通に解放されてるだけだったりしても嫌じゃないの?捕まえる行為までで満足出来ているの??
見ているこっちはスッキリしないわー。

おまけに今回、屋内や車内で椎名と2人きりになることが多くて、特に車内は後ろに対して無防備でハラハラしましたよ!いつ死んでもいいと思ってるってことなんでしょうか。裁きの調査中でも??

さて、若い頃はピチッとオールバックだった伊達さん(堺雅人だってすぐには分からなかったー!)彼個人への興味や、「神隠し」が捜査されず、今回も椎名の警護がゆるゆるだった謎など、いろいろ気になるので見ていますが、時々つらいわ。

人気ブログランキングへ

「ジョーカー」3 ☆☆☆

こんな刑事たち、イヤだー(><)
 

伊達さんが刺した相手は生きていて、殺人じゃなかったと知ってちょっと救われました(大杉漣刑事さん、いいこと言ってるのにアイス持ったまま 笑)
でも今回は鑑識@久遠くんの虐待トラウマまで加わって、つらいつらい。悪を憎む気持ちはそりゃ刑事に必要かも知れませんが、逆に目の前の悪人よりも過去と闘っている感じ。悪い奴だから殺してもいい……じゃ、犯人とレベル同じだし、冤罪も怖いです。やはり心身ともに健全な人に捜査はしてもらいたい様な、それでは被害者の痛みは理解できない様な。うーん。
あと、もっと余罪がありそうで、それが不問になるのも納得いかない様な(女子高生相手にも絶対なんかしてるぞコイツー。カーテンのトリックだって、その間外から死体&アリバイ工作がまるみえになるリスクが平気って初犯と思えナイ)
だいたい、捜査打ち切りが早すぎるんじゃー!!

で、伊達方式は麻酔後どこかに生涯閉じこめて働かせてるとか。マグロ漁船??それをまかされているのが……マスター!!(またアイス 笑 繋がりのための演出でしたかー)

というわけで、3話にして仲間が3人に。そのうちリョウと杏も加入して必殺戦隊の完成なんでしょうか。
……閉じこめる場所、食い扶持を考えると大富豪のスポンサーが欲しいところですが、それはさておき、昼は行灯、夜はカミソリな堺雅人はやっぱり見応え充分ですし、錦戸くんも紙一重のいい仕事しています。
伊達と杏の上司がなんと、杏兄死亡の容疑者だとかでラスボスの予感~。ここにも、そんな経歴で刑事出来るのかな人がもう1人(^^;;;)アリエナイ度と共にオモシロ度も上がって参りました!!

人気ブログランキングへ

「ジョーカー」2 ☆☆☆

「俺も同じ、裁きを受けなかった罪人だ」
と、自白をしない犯罪者につぶやく伊達刑事。そうかー。当時まだ刑事だったマスター(大杉漣)が、殺人をもみ消しちゃったんだ。そりゃあいくら少年法で保護されますとか言ったってオオゴトにはなるだろうから、良かれと思ってしたのでしょうが……裁かれず、罪を償う機会を奪ったことで、心の傷も癒えないまま大人になってしまった様子。
 

事件は、老人ホームの火災です。
事故で処理されるはずが、地道な捜査(含む違法盗聴、盗撮 笑)で、薬物を注射しての放火と判明。でも自殺しちゃったバカな実行犯の影に、黒幕が居ることも分かっているのに……!!
穏やかな笑顔で淡々と尋問する伊達刑事。この笑顔がまさに堺雅人、仏の顔なわけですが、ずーっと同じことを聞き続けたり、わざとペンを落とし続けてストレス与えたりと、プチ拷問? 仏、腹黒いよ!!
そして最後の最後で「私が変な死に方をしたら……」と被害者が残したメモを突きつけたものの不発。
ここで温和しく自白していたら、”神隠し”にあわなくても良かったのにねー。火事現場で証拠物件を探す黒幕氏。現れた刑事に拳銃を突きつけられて、まあ慌てること。まさか刑事が市民を撃つわけないと信じてたんですね。自らも法をあざむいているくせに、相手は守るはずだなんて甘いでしょー。でも伊達刑事の方も、当日にいきなり処刑は急ぎすぎでは??まだ捜査で逮捕に持ち込む道はないの??

とそこへ、錦戸鑑識くん登場。
一緒に”神隠し”を手伝うことになるのでしょうか??それともこの男は助ける?1話で殺さずに船に乗せていた様に、どこか行き先があるとか?
杏刑事の方も、兄殺しの犯人が捕まってないのとフラグを立てつつ、違法捜査に手を染め始めましたよ??さて??

突っ込みどころは多いものの先が気になります。 

人気ブログランキングへ

「ジョーカー」1 ☆☆☆

現代版「必殺」!
しかも現役の刑事が裁きを下す側ですよ。過去に異常なトラウマを抱える男、仏の堺雅人!!ジャーン!!

……お人好しの昼行灯と裏の顔を合わせ持つ、堺雅人演じる伊達刑事。魅力的でしたけど、既に”神隠し”が噂では、誰が関わった事件で失踪率が高いのかすぐ分かりそう(^^;;;;)だいたい、親族が(殉職以外で)殺されている人間が警察に採用されるのか疑問。両親の仇とって殺してますし!(相手、単独犯だったんですねー、生コン車まで繰り出しておいて 笑)
 

事件は、改造銃の試し打ち目的で児童殺害。
伊達の頭脳と鑑識くん(錦戸亮)とで真実に迫りながらも、お偉い父親のおかげで無罪放免になる犯人。許せん(><)あんないたいけな子供を(><)

残された両親の壊れっぷり、更に遺留品を送りつけたりと犯人の異常っぷりを描いて、これでもかと私刑オッケーな気持ちに視聴者を誘導しますよ。

そうだ、堺の相棒に新人キャリアの杏。捜査の役にはまったくたっていませんが、上からの圧力に素直に激す代弁者です。
「ボタン、つけておきますね」
と女らしいところを見せながら、似てないボタン平気でつけるわ、すぐまたとれるわ、粗雑もいいところです(笑)そしてそのとれたボタンを、犯人が居たはずの場所で見つける鑑識くん。1話目にして、もう仕置き人の身元がばれそうですよー!!
でも逆に、それなら見続けてもいいかも。
今回も子供が殺されるの見るの嫌だったし、あと2話も3話も、法で裁けないキチガイの高笑いを聞かされるばっかりじゃ、いくら最後は”神隠し”とは思ってもやってられませんからねー。

どんなに憎い相手が居ても、殺さないのが人間だと語る捜査一課長に鹿賀丈史。もう踏み越えちゃった伊達はそれをどう聞くのか??

杏の殉職した兄が、伊達の同期で元相棒。その辺の経緯もまた描かれて、法に従うか自分で裁くのか、彼女自身が決断するときが来るのかもしれません。
ってそれ、犯罪なんだけどね……。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ