ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

サエコ

「のだめカンタービレ」4 ☆☆☆

 千秋サマこたつを知る、の巻!

 自分の部屋がどうして散らかっていくのかが、良く分かる(爆)
そして、シャワーを浴びる千秋サマの思いがけずがっしりした背中にキャー(><)

 もちろんSオケもかっこよくって、更に一番嬉しかったのは動く「プリごろ太」が観れちゃったことだったりするわけですが(^^;;;)

 千秋が自分でも言っていた通りに「プリごろ太」からヒントをもらって(笑)Sオケと自分の位置を考え直す部分は結構感動的でした。彼らがただの下手くそではなくて、その個性を活かせない自分に非があることも悟ったわけで、また千秋さま階段を1つ上りましたよ。
 ていうか、原作ではもっとずっとのだめ視点で『千秋サマ!』だった気がするのですがドラマでは驚くほど主人公が千秋、のだめはめっちゃ添え物ですよね。

 音楽にはまったく知識がない、興味もないので演奏シーンが続くと普通だれるのですが、ラストSオケのデビュー公演は、いつバイオリンが高々と上がるのか、いつコントラバス(だっけ?)が回るのかという期待もあって楽しかったです♪
 態度をコロコロ変える教師陣の中で、一貫して千秋を応援し続ける西村先生のスマイルもステキでした。うふ。

「のだめカンタービレ」3 ☆☆

 これなら私にも分かる!! Sオケの下手くそ度!!

・・・って、いくら下手くそを集めたからって、趣味の市民オケや中学のブラバンでもなく音大で、こんなものなの??でも同じメンツをエロ外人が指揮すると別人の様な音色が!!

 つまりは、指揮は人心も掌握しなくては出来ない、と千秋が学ぶの回。

 金の心配をしたことのなかった千秋さま、困窮するSオケメンバーから貧乏も学んだらしいけど……豪邸の隠れ部屋に、高級ヴァイオリンがどっさり並ぶ貧乏暮らしって何(^^;;;) 漫画で読んだときにも『なんじゃそりゃ』と呆れたところを、そのまま映像化されてもう、どうしようかと。

 ピアノはオーケストラと共演できない・・・ので、のだめ活躍せず。そしてピアノ講師の西村さんも登場しないので寂しかったです(><)

 次回、Aオケに対抗、ド派手オーケストラ!楽しくなりそう?。
 

「おいしいプロポーズ」最終回 ×

 1年後。えええええええええっ

 御曹司はずっとイイ奴で、幼馴染みサエコの求愛にもキッパリNOと言いつつ優しかった。そのうえバスケも出来るのと、職場でいちゃつくのが時にウザかったですけど・・・それなりに応援できる人でした。元カレよりは。

 で、イタリアに発つヒロイン、幼馴染みに仕組まれた婚約披露宴。
さあここで何を言って場を納めてるんだろうと期待をもたせておいて…サクッと跳びましたよ時間が!! うっそーん

 だいたい、東京イタリア間で普通に携帯でオシャベリしてたドラマですよ。
ヒロインがイタリアに行ったって、来週には会いに行けちゃうでしょう御曹司? よくある空港で追いすがるんじゃない展開が見られるかと、ちょっと楽しみにしてたのにー。見事肩すかしでしたよっ。

 だからって哀しくなるほどの思い入れもありませんけど。
せっかく一年跳ぶのなら、鈴子の兄ちゃん親子と小池栄子がどうしてるのかとか。改装バンビーナの面々がどうなったかとか(もちろん特にオオコウチさんが!!) その辺もフォローして欲しかったです。

 笑顔で再会した鈴子と元・御曹司・・・・・・。
案外もう鈴子には別の人がいて一緒に暮らしてるかも(^^;;;) 御曹司はもう諦めて、幼馴染みと幸せに暮らしてもいいかもよー?

「おいしいプロポーズ」3 ☆☆

 酔った勢いでキス。
・・・って、君さっき吐いてなかった??ギャーッッ
酒臭いだけならまだしも。もうロマンチック台無し(TT)

 その後、広尾の豪邸に一生懸命連れて帰るのもワケ分からない(亡兄と彼女と3人の写真をみるとかの制作者の意図はあるとしても)
帝国ホテルのロビーにでも捨ててきたらいいのに。それとも、連れていくなら自宅かな。同居人も居るなら安全。というか、さっさと帰らないとまた要らぬ誤解がふくれるぞー。

 春樹とヒロイン、彼女と精神科医のダブルデート。
いい感じの向こうのカップルに対抗でもして、てっきりつきあってるフリでもするかと思いきや・・・・そんな見栄を張る余裕もないぐらい、お姉さまが好きな春樹くんは好感度ますますアップでした。可愛い可愛い。
 ヒロインの昔の恋人を、天野ッチ(兄)だと勘違いしてるのも笑ったなー(いや視聴者もそう思ったし!)
 そこで「一口ちょうだい!」パクパクッなハセキョーは、可愛いというよりもおバカさん。

 ・・・そうなのよー。肝心のヒロインなのに、名前も覚えられないぐらいどうでもいいちゅーか。やけ酒御曹司につきあうのも、必死で家まで送るのも、なんだかわかんないのよー。ウワサぐらいでスタッフ総スカンって、普段から人望なかったんじゃないですか(^^;;;)
 そして自転車置き去りはマジ迷惑だ。守衛さんに謝りなさい。

 なんだろう。
 例えば、普段から誰相手にも全力投球な娘なんだってエピソードでもあれば、あれもこれもヒロインらしいなって思えるのかな。お祖父ちゃん負ぶって歩道橋渡るみたいな(ホントカヨ^^;;;)
 何故か小林聡美が代わりに演じてるところが脳裏に浮かんでしまいます。うーん、せめて深津絵里にしよう。あ、レストラン連想で「きらきらひかる」かな。

 小林麻央のお姉さまと、小生意気な婚約者(?)サエコは出てくるたびいい仕事してると思います。2人で会話して欲しいナー。ていうか姉妹じゃないのかあの声質は(笑)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ