ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

ゴーストライター

「ゴーストライター」~最終回 ☆☆☆

川原由樹で儲けるなら、まず小説より暴露本じゃないかw


と思ってたら最終回で来たーw

顔のない<読者>向けに書けなくなった川原由樹と、何かが溢れ出してきた遠野リサ、その二人の共著でタイトルが「偽りの日々」w 双方視点、ゴーストライター騒動の暴露とみせかけて描かれるのは重厚な人間ドラマ、なにそれ面白そう、もう映画化決定w
帯に<元ゴーストライター>なんて字を入れる小手先仕事より絶対手に取るってw 


その前段階、スランプで、遠野リサの小説データを自分名義に書き換えようとする由樹には「うわー」っと声でつつ、でもこれでお互い様かも…とちょっと許してしまいそうでした。そこで誘惑に負けなかった由樹、偉すぎる。
それも由樹の横にいたのは神崎じゃなかったからね!

あれだけ雨の中で殴り合ったり裁判で叩き潰されたりと、憎み合い続けてもいい過去があるリサと由樹なのに、不思議と当人同士はもう穏やかに顔を合わせていますよね。秘書は由樹を刺そうとして、間違えてリサ先生刺しちゃってましたけどw もし狙うところを目撃したなら、止めに入って刺されるぐらいのことお互いにしそうです。そんな秘書さんも、暴露本の成功でまた秘書に戻れて良かったこと。
息子も自立して小説家を目指していて。
すべての元凶であるリサ毒母はついに遠野リサという名にも反応しなくなってしまいましたけれども「嫌いでいいんじゃない」という息子の言葉が、母からの呪いを解く新たな呪文になったのかも。もういい娘いい家族を演じなくてもいいんだよ、と。
(とするとやっぱり、由樹のゴーストしていた小説はその抑えても滲む『母が嫌い』成分が欠落していたんでしょうねw)
 

あちこちwinwinで上手くいく中、ただひとり黒幕おやじ神崎だけが勝ちを取りこぼし、社内で失脚する姿にスッキリ。
でもすぐ次の場面では酒場で遠野リサとよりを戻す感じ……だったらなんでパーティで無視?マウンティングですかw
元カレまだ未婚情報、由樹の本をまとめ買いといい、リサの本を読んで涙する毒母(まだらぼけ?この時はまともってこと?)といい、必要あるんだかどうかな場面が続いて、終盤はどうも微妙でした。扉の向こうに取り残される神崎から、ラストの海辺にすぐ続いたら個人的にはすっきりだったのですが。
そして「偽り」についてのリサの独白。
もしかして1話ってこれに呼応した始まりでしたっけ?
雨の中殴りあい→自分探しOL由樹だった印象です。その由樹は波乱万丈の末に成功を手に入れ、偽りの自分がどうとは思っていないのでは。ダブル主人公でずっと描いてきたのに最後だけリサに語らせて終わりにするのは違和感でした。

「ゴーストライター」5 ☆☆☆

え?遠野リサから三行半??

1話での様子や、現時点での両者の力関係からもてっきり逆かと。

由樹ちゃんはといえば、

「ふたりで遠野リサよ」

なんて甘言をすっかり受け入れて、再度のプロポーズも断り奴隷で生きていく気満々だったというのにね。なんと遠野リサ先生の方から映画が終わったら引退すると決断。そんな勝手な…と狼狽え、公式発表の場でゴーストライターを名乗ってしまう由樹なのでした。


といってもリサ先生ときたら、自分が引退したら由樹は本名で再デビュー☆と最初は信じていた様子。それを『無理!』と編集長に却下されてしまってからの引退申し出でしたから…そうやって由樹が暴れて事が公になる方が由樹にいいという何やら思惑があるのかも。


だがしかし。
本来作家をはじめ何かを創作する人種って、それをしないと死んじゃう、止められても誰に見せなくてもし続けるってぐらいの人がなるものなのでは。 それを考えると、処女作を書いたまま忘れていた様な由樹ってね。ラッキーにも場を与えられて張り切って書いていましたけどね。本来はリサ先生が言ってた通り、作家じゃなくても生きていける人でしたよね。


どちらにしろ、送り仮名の癖などでも周囲にバレはじめていましたし、諦めるのにはいいタイミングだったのかも。

反抗するばかりの息子のことも、ただ作家をやめて寄り添うよりもゴーストを公にした方が解き放ってやれる…のかなあ。息子も推理小説とか書ける才があるそうだし、うまく導けば……なのかなあ。

由樹が言うままにインタビューに答えたり、舞台が長野ですね!と指摘されてうろたえる遠野リサは既にかなり由樹に依存していましたし、笑顔でいてもプライドずたずただったのかな。

予告で仰天、訴訟になるんだw
原告は誰w 


「ゴーストライター」2~4 ☆☆☆☆

遠野リサ名義では、親や知人が読んでくれないというゴーストライターの不満が新鮮w


ゴーストラーターという裏稼業、どう手を染めてしまうのかと思ったら始まりは案外となし崩しでしたよね。

まずは共同制作のプロット、だんだんと『文章も書いてごらんなさい』と、脅迫されるでもなく、尊敬する遠野リサ先生に指導してもらってる、してあげている形から入ってしまって文句をいう暇がない、的な。

一応は、最初の持ち込み原稿を出版してあげると餌。

でもその一冊を由樹の側から条件に言いだしたと嘘をつくことで、遠野リサの気持ちを『申し訳ない』から『利用されているのはこちら』に変えてしまったんだから、名編集者のお手並み恐るべし。


そして時は経ち、平積みで何冊も並ぶ遠野リサ本が全て水川あさみ著になってしまってからも、遠野リサ側はまだまだ優位に立っているつもり&『作家の本能』などと、とにかく自分の書いたものが広く読まれて受けてれば嬉しかろう?と余裕をかましていたわけですが……。

まず息子は気づいていましたよ、本人が書いてない、と。

これ、普段から母に反抗的で『遠野リサ』呼びで馬鹿にし、他人行儀を装っていたのに、実は一番の読者だったってことじゃないですか。それだけで泣けてきましたよ。

何で気づいたんでしょう。感覚的なもの?

もしや、大事な思い出と息子が思っていたことを踏みにじる描写があったのだとしたら。遠野リサ憎い、でなく、別の人が書いたのかも、とまず思う息子の気持ちもまた尊いのに、さすがにそこを認めるわけにはいかない遠野リサです。


更に大事なゴースト由樹の気持ちは。

プロットの元になった大事な思い出話を、トークショーで簡単に吹聴されてムカつくw そりゃ嫌ですよねえ、でもそこで作家先生が『友達の話に感動して~』とぬるく語るわけにもいかないじゃないですか。文章と一緒に思い出も魂も売ったんだと、やっと気づいたのかって場面でしたよね。

そして訪れる元婚約者。

全国でたった200冊しか売れなかった、同人誌以下の小説を手に感動したよ、サインくれって言ってくれるんですよ。

「お前が書いたってだけで感動だよー」

って、読んでなさそうですけどw 身内なんてそんなものでしょう、うん。

でもゴーストライターをしているかぎり、遠野リサ名義でいくら売れても親も元彼も友達も親身に読んではくれないと思い知る水川あさみ。……全国の読者を騙してるのなんのと並べる大きな数字より、この身内への裏切りの方がリアルに辛そうなあたり、冒頭にも書きましたが新鮮でしたし、遠野リサ側の親子関係とも対比できて奥行きが出ましたよね。
大嫌いな母にだんだん似てくる自分……ああああ
(でも娘を人生の助手席に乗せてたリサ母と違って、息子は勝手にのらくらしてるだけって感じですよね。何かしたいことあるのやら。こっそり小説書いてたりしないかな) 


失踪騒ぎ。

すでに、彼女がいないと何もできなくなっている遠野リサ大先生。でも締め切りが守れない責任は自分に来るんですよー、あーあ。

代わりはいくらでもいる、と脅した過去を返上して土下座までする羽目になりますが、自業自得だからかわいそうじゃあないよねえ。そうまでしてでも自分が書いたものじゃダメ、つまんないって、判定能力は落ちてないが故の悲劇です。


ところで、幽霊社員から幽霊作家wにクラスチェンジし、代替原稿要員にされている冴えない新人作家さん。菜々緒に惚れちゃってる様で、君のためだけに書いた短編小説をプレゼントw

この2人の場面がコミックリリーフで毎回楽しみですよ。漁夫の利で本当にブレイクしちゃったらいいよね!

「ゴーストライター」1 ☆☆☆☆

ドMでもないなら先生、エゴサーチは

「エバーフレッシュ 名作」

「遠野リサ 大好き」

とか、さらに詳細で「-劣化」指定とか、自衛をしましょうよw


そんなわけで、売れっ子作家遠野リサ(中谷美紀)のゴーストライターを、若い水川あさみがする物語。

と、タイトル他でネタバレ済みなので話が早いです。冒頭は逆に決裂の大げんかで始まり始まり……ってことは、二人羽織でお仕事してたんですよねw


そして出会いはというと、結婚を控えながら原稿持ち込みなどと両天秤かけている水川あさみが、憧れの遠野リサ大先生のところでアシスタントのバイトという美味しい話をもらって浮かれて承諾w

そりゃフィアンセ怒るよ。帰ってきて結婚するんじゃないのかよ。

原稿持ち込みだって、『才能ないね』と引導を渡して欲しくて…って、相手も忙しいのに時間割いて読むんだってのにふざけた話です。


挙句、忙しい先生のお手伝い☆、と無邪気に追悼文の文案を練ってくる始末。 いや、取引先の葬式に課長の代わりに弔文電報打っとくのと違うから! 作家が書く追悼文て作品だから!


とにかく悪気なく無神経な水川あさみに呆れ果てつつ、一方の遠野先生はスランプで書けない書けない言ってますから。よーしこの文案をパクるところからまず代筆関係の第一歩が始まるのか?と身を乗り出してしまいましたw


さあ盗作だ、と視聴者ワクワク↑↑

でも秘書が一喝ゴミ箱にポイ↓↓

愛人編集賞がゴミ箱から拾い褒め↑↑

遠野先生、自作じゃないと断り↓↓

でも褒められた文に囚われ書けず→→

ついに「それで印刷を」とパクリ決心↑↑


と、寄せては返す波のように焦らしてくれますw 夜半に編集者から新聞校正刷りかなんかを見せられたヒロイン、遠野リサの文章が自分の書いたものと同じで動揺を見せますが……だからじゃあ、なんのつもりで文案見せたのw 褒められて、他のベストセラー作家と一緒に自分の名前で新聞に追悼文がのるかも…って思わないでしょう普通(><)


そして翌朝出勤、激昂して詰め寄るでも言い淀むでもなく、フツーに

「光栄ですけど、あらかじめ一言言ってもらったら……」

おいおい鉄の心臓だよ!


まあ結局、土壇場でちゃんと自分の文章が書けた先生が差し替えを支持。本当に世間に発表された追悼文は全然違うものになったわけで、ヒロイン的にはドッキリに引っかかったようなもの。平謝りするしかありませんが……

先生本人(と秘書と編集長)だけは知っているんです。誘惑に負けてしまった事実を。


そしてゴージャスな仕事場を出た先生が、これまたゴージャスな病院を訪ねると痴呆の老女が一人。この人にダメダメ言われ続けて育った模様、毒親ってやつですか。どうやらNGワードは

『私がいないと何も出来ないくせに』


そうか、冒頭の大げんかでも。

『私がいないと何も出来ないくせに』

図らずもヒロインは、遠野リサのこの逆鱗に触れてしまったんですね…!!


ここで殺していそうな描写でひっぱらず、捨て台詞で決別させたのは抑えが効いていて好印象でした。

さあ、タイトル通りに代筆することになるのは次回からでしょうか、そのきっかけは? 遠野リサが頭を下げるのか。描かせてあげてもよろしくってよ的に始まるのか?

『あと3年』と、神輿を担ぐ編集長にも見限られていたり。
反抗的なバカ息子もそのうちマスコミを騒がせるかも… 

下世話に楽しみですw


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ