ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

コンフィデンスマンJP

「コンフィデンスマンJP」最終回 ☆☆☆☆

あー面白かった!見たいもの全部見た感じ?

またもや「辞めた!」と出て行くボクちゃん。
引越し屋で知り合った、結婚詐欺に騙された男(佐藤隆太)を根城のホテルスイートに連れてくるも、豹変した男はなんと中国マフィアの息子。手下がなだれ込み、銃をつきつけられて拘束される3人。そいつの父、孫なんとかから15億をかすめとった「子犬」は本当にダー子かリチャードなのか?

ついに来た追手w どっかで恨んで探してる人絶対いると思ってたw

そして明らかになる3人の過去!
3人とも馴染みのない普通の名前で呼ばれちゃってね。天才営業マンが、なんでも売りつけるうちに詐欺に手を染めたというリチャード。ボクちゃんは美人母(戸田菜穂)が詐欺師。 孤児院で寡黙に育ったダー子は、そのボクちゃんの母の教育で天賦の才が花開いたと。ほほーう。
それぞれに尋問され、どこかの定食屋母娘の写真に動揺するリチャード。ボクちゃんには、足を洗ってバーを切り盛りする現在の母の姿が。
さすがのダー子さんは、孫父の生前の様子や、妻子を愛するからこそ遠ざけたてなことで精神攻撃を仕掛けるも、結局金を振込まされることに。なのに金だけで満足せず3人を射殺して去る孫なのですが……。

いやあダー子さんの方が一枚上手でしたね。

「唯一の心残り」とダー子言っていた視聴途中の探偵映画。律儀に孫がみてやれば、あれあれ、聞いたことのある名前。リチャード、ボクちゃん、ダー子の本名だとぶちあげた名前が全部この映画の登場人物じゃん!銀行からかかってきた電話は、15億の入金でなく30億の出金! 
『だって、駆け付けた警察は偽物だったんだよ!』

という映画のセリフに、現場に戻って警察におらつけば本物で逮捕されちゃうしw えええ、そこは違うんだw

今回は、ボクちゃんも全部承知で孫に騙されてふりで連れてきたんでしたねー。そして孫たら、3人を尋問しているつもりで問わず語りに母の誕生日だの昔の住所の手がかりだの、パスワードにしているような重要なことを漏らしてしまっていたという。でも途中、手下の銃が暴発、脚を撃っちゃってた時点で心配してやってたら。五十嵐が血糊銃とすり替えたのがばれていたはず。それを「しくじりやがって」とボコって風呂場に捨てといたりする悪人だから、そのまま罠にかかっちゃうんですよ(3人、そこでヒヤヒヤしたろうなあ)ザマーミロ!

それより何より、この事件の後に第1話になる仕掛けが楽しかったですねえ。
仲間でも家族でもない、危なくなったら捨てるなんて常々いいつつも、この時点でもう、互いに「子犬は自分だ」とかばい合うほど立派に仲間だったじゃないですかー。孫に情報を流した五十嵐とボクちゃんが出会うのはもうちょっと先w そうそう、暴発で置き去りにされた男はそのまま、スイートで料理を配る専属ボーイに採用に。そんな仕掛けもまた楽しいです。

しかし危ない綱渡り。この世界にようこそされるなら、ダー子の子猫ちゃんになりたいです!高収入で楽しいお仕事!是非!

「コンフィデンスマンJP」~9 ☆☆☆☆

うん、面白い。

ずっと録画溜めっぱなしだったのを、月曜たまたま見たらやっっぱり面白くて&五十嵐が気になって、ひとつ前、そのひとつ前と逆順で2話まで遡る羽目にw おかげで五十嵐(小手伸也)が身内と知って見ていますから、本来のボクちゃん危機一髪感こそ味わえなかったものの。桜田リゾートに弁天水が置いてあったりする小ネタに気付けて、尚楽しめましたね。
ボクちゃんの存在がまあ魅力的です。毎度毎度、懲りずに騙されるボクちゃん……バカな子ほど可愛いw
自由意志で旅をしたハズがダー子の仕込みに誘導され、計画通りに行動しw もう縁を切る!辞めてやるー!といいつつ結局戻って来るw 1.5億をポンとあげちゃえる人ですが、もらった方がボクちゃんの思い描く通りには動いてくれないのがまた可哀想で、楽しいですよねえ。遺産狙いでダー子が娘になりすました回も、結局設定も他人のボクちゃんが独り残って看取るといういい人っぷり。どう育ったらこうなるんでしょう……って、ダー子とほぼ同様に身寄りなく家庭を知らず育っているらしいのに、この差orz
(でもラーメン屋には金を置かずに帰ってきたあたり、少しずつは擦れてきてる?)

映画化も決定だとか。
変に豪華客船や爆発仕掛けず、普通に作れば面白いものできるんじゃないですか? JPってジャパン? 国際対決編になったりする?

面白いだけ、という評も聞きますが(それの何が悪いのかw)騙されるツボには毎度唸らされます。
高級品でなく、未発表の素人品を発掘させる絵画、化粧水w 無人島の青田買いをさせるリゾート編。見いだすって興奮するんでしょうねえ。逆に家族ごっこ、映画やスポーツでは騙す側も踏み込み過ぎたりw
医者の回はさすがに酷いと思いましたが、蓋をあければ山田孝之の腕前にもっていかれ、スーパードクター(永井大)も望まない職業から足を洗えてwinwin? スポーツや遺跡発掘では、それを憎んでた金持ち(小池徹平、内村光良)が目覚め、かえって人生豊かにまでなっちゃったり(ただし、徹平社長の習い事遍歴は月謝払うの親ですからねえ。本人でなく親の都合でそうなったりするのですが、まあいいやw) 

総じて女性は、被害者側も加害者として鴨にされた側もみんなタフw なので画商(石黒賢)だけちょこっと可哀想で、ざまーみろなのが食品会社社長(佐野史郎)かな。

毎度手広くご商売のダー子様御一行、案外下調べや仕込みも入念。「1年後」「2年後」とかテロップ出てる間にどんだけ別のお仕事してるかと思うとわくわくします。続編もいくらでも隙間埋められるし、年表作りがちなファンは色々楽しめますね!(あれ、でも「弁天水」の権利は購入お断りになったのでは?仕込んだ偽物も普段は「捨てて」で終わりなのに売った?それともパクリ品?)

さてさて、最終回も楽しみです(^^)

「コンフィデンスマンJP」1 ☆☆☆☆

鳥取砂丘は止めてw

内容の分かりにくいタイトル。それが月9で初回拡大枠ときたらもう後回しだったんですけどね。やっと見てみたら面白いじゃないですか。
詐欺に次ぐ詐欺!
天性の詐欺師ダー子(長澤まさみ)と、幼い頃から知り合いならしい相棒リチャード(小日向文世) 更に、二人に騙されては片棒をかつがされる幼馴染のボクちゃん(東出昌大)この3人を核に、訳のわからないレベルに大掛かりな詐欺がバンバンかまされますw
賭場になだれ込む警察隊。それが丸ごと某社の社員だったり。今時大人数が絡むとSNSでばれそうですけどね。そこを日当やら説得やらで丸め込むのも手腕ということでしょうか。

というかダー子!
詐欺のためなら猛勉強して、本当にCAになっちゃうんですよ!その努力を正業にむけたらどうだ……という幼馴染のツッコミは「才能の無駄遣い」と一蹴ですw

後半には、あれも嘘かこいつもグルかと疑いながらみることになるわけで……長らく意識不明だったリチャードがピンピンしてたのは、まあ、そうだよね。令息役ボクちゃんが本当に社長邸にいた件も、どうせそうだと思いましたよー。でもそれ以上に、アレやコレも罠だったのにはびっくりー。

鳥取砂丘に降り注ぐジュラルミンケースと、ターゲットの赤星(江口洋介)!
いやいや、鳥取砂丘無人じゃないし!観光客やラクダにあたるw 逆にゴビ砂漠級のところでやらかしたら、ケースを見つけることもできないぞー。
でも全体からしたらすでにそこ瑣末なぐらい大騒ぎですので、もういいやw むしろダー子の狙い通りに飛び降りた赤星の度胸を褒めておきましょう。毎回こんな感じにやらかしてくれるのなら大歓迎です。そして毎回、手元にはたいして儲けが残らないのでしょうかw ホテルスイート暮らしの支払いが心配!

ダー子の色仕掛けに大笑いw これは確かに止めるレベルw

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ