ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

エドはるみ

「サチのお寺ごはん」1 ☆

うーん薄い。

地味~に育った臼田幸(谷村美月)さん、あだ名はサチうすw でも本当に幸が薄いというほど不幸なワケじゃなし、ちゃんと家も定職があるじゃないですか。
それでも地道に貧乏くじを引き続け、冷房が効きすぎるだの一人だけ残業だのとチリも積もっていやんなる感じって、あれ。「スカッとする」とうたうバラエティ番組で、スカッと言い返すまでの嫌な事件をねちねち見せられるあの感じにそっくりです(><) 前半15分過ぎてまだねちねちが続くよ!

それが、ひょんなことから寺ごはんをご馳走に。
穏やかな住職と茶髪の寺男、精進料理を習いにきている大学生。イケメンに囲まれてのヘルシーご飯は癒されますけど、そこにたどり着くまでが長くてなんのドラマを見ていたのか忘れてました。
この先サチが少しずつ料理に親しみ、食べる楽しみに目覚めていくのかなあ。お局(エドはるみ)に笑われたおでこの吹き出物も消えましたからね。(しかし同僚女子、おでこにニキビできたら有給とるんだw すごいw)

「GOLD」〜8 ☆☆ ☆

病んできましたねー。

三男が生きていないのは分かってましたけど。その居ない子供が見える悠里の過去が、まさに悲惨。なんですか、強盗に殺されるお手伝いさんの命乞いを聞いていたとか。優しいお兄さんの死が自殺だった衝撃がかすみました(というか、週刊誌がほっとかないスキャンダルなんでは?)
聖子さんの正体が分かって、突き放して終わりかと思ったら何と丈司がお宅訪問。父親役がきて即どうこう変わるのもなんだと思いますが、そこ以上に、聖子さんのターゲットが丈司にロックオンされた様なのが怖いです。

長男は、ハズレの美女(佐藤めぐみ)とデート。
アスリートに向かって「ちょっと怪我したら楽になる」と真顔で言う女も女ですが、その手があったか!な長男も絶賛どん詰まりでしょう。しかも事故ったあとの醜い責任なすり合いはコントかと。
それに比べたら、晶ちゃんの刺青はオッケーじゃん?
彼と同じデザインじゃなく、小さめの蝶だし。レイプが未遂で済んで本当にホッとしましたよ。それで妊娠なんかしたら目も当てられない……。

妊娠と言えば隠し子騒動、結果を改ざんして渡すじいちゃんが最低過ぎますが、結果イトコ同士と知らずに愛し合うことになったら……こどもが出来たら……、早乙女サラブレッドじゃん!爺さんそれが狙いだったのかも!!(DNA鑑定の前に、身体能力を話題にして欲しかったわ。早乙女の血の証明に)
その爺ちゃんと離婚していた母上(倍賞美津子)がでてきて、なるほど納得な悠里の母。この人が去らなかったらもう少しマシな早乙女家だったのかしら??

そして、最後の切り札「エコヒイキ」を次男に向かって切る悠里。そいつは病気なんだってばー(><)

常に良き母の見本として発言し、視聴者をモヤモヤさせてきた悠里に、ついに「母親失格」の引導が渡されて、さていったいこの話どこへ着地するんでしょう。
まさか、全ての命はそれぞれのゴールド、とか言っちゃいますか?

人気ブログランキングへ

「GOLD」3☆☆☆

金メダル取るのに必要なのは才能とメンタル?徹底して技術指導が出てきませんよねー。我が家の国体にも出た体育教師、憤死寸前です(笑)


「たった1つでいい、得意なものを見つけなさい!」
孤児たちに先輩反町が贈る言葉。
でも間違ってない? 目指した全員が一流にはなれないのに、たった1つの賭けにもし敗れても、あなた責任をとるわけじゃない。まあここ、直前に天海もとい悠里に罵倒された八つ当たりな気もしますが……。
今回は反町コーチの回でした。なんで同居かと思ったら、そもそも悠里とは兄妹同然で育ったのかー。そして悠里を好きだったのに
「ずっと妹と一緒に居ろ、でも愛は告げるな」
と呪いをかける実兄。酷い(笑)しかもその兄に遠慮していたと、20年も経った今責められて(><)あのとき勝ってくれたら、ゴールドの奴隷にならなかったとか今さら(><)そして愛する女の娘から求愛され、まともだから断ったのに怒られて(><)早乙女家のサンドバックですよ。
孤児たちには、「俺のようになるな」と言ってやらなくっちゃじゃなかったのかな。

親の覚悟を語るのに、引き合いに出されるペットの世話。そうかなー。確かに、自分の都合だけで動けない暮らしには慣れるでしょうが、ヤーメタと縁を切れない覚悟は、やっぱりペットじゃ学べないのでは。 そんな理由でリカちゃんに飼われるわんちゃんが可哀想~。

で、娘は外の世界に恋を知って母と対立。かと思えばイタ電のセイコさんとは相談を受ける仲になり……どの人間関係の変更も、行く先が不穏です。最後刺されて死ぬんじゃないの悠里(^^;;;;)

人気ブログランキングへ

「GOLD」2 ☆☆☆

「私、妊娠しました」
「おめでとう!」
いやあ息子の元カノにそんなこと言われて、なかなか即座にお祝いの言葉は出ませんよねー。しかも妊娠が嘘だと見抜いた上でなお。確かに、頭ごなしに嘘だろと憎まれ口叩かれるより、優しくされる方が騙し憎いけど。

次男は家を出て、長男は元カノ家族から脅迫され、次女はコーチに恋愛……を断られてカメラマンとの「密会」をスクープされる??
順風満帆に見えたビーチャイ家族が、いかに脆いのか描かれ出しました。手段を選ばぬヒロインの剛力で押さえ込んでいるけど、そのヒロインのパワーの源が『亡き兄の幻』ですから……ああ、病んでる。あまりに健康的な天海祐希が演じなかったら、この役病みすぎていて見ていられないと思う。
病んでいるといえば病弱と言われていた3男、今日はプールにいました。兄姉のマザコン談義にそれなりに口を挟んでいたけど、誰も取り合わず。この子……「霊感があります」と特技に書いた長澤まさみと天海祐希にしか見えていないんじゃないのかしら(怖)

特に女の子は育ちがたい、とふっかけておいて解説が「買い物脳」とはまったく納得がいかず、だったら収集癖がある男だってーと思ったりするのですが、それを語るのが天海祐希だから納得するしか無いじゃん!夜中にも天海に叱られた夢を見る、長々と講釈を聞くうちに「私には友人はいませんー!!」と泣いてしまう、そんな長澤まさみの様に視聴者も洗脳されていくのです~。おお怖い。

最後に、匿名でイタ電をかけ続けだったエドはるみがとうとう名乗ります。一体この話、どこへ行くんだろう。 

人気ブログランキング

「GOLD」1 ☆☆☆☆☆

超面白かった!!
冒頭の育児討論にはまったく頷きっぱなし。優しいだけの親子関係じゃ駄目になる!超正論!
でも部下からの「パワハラです」抗議には
「上への不満は下にぶつけろ!」
と煙に巻く、超理論で対抗。その前に、息子の記録が伸びないから色気で釣ってこいとか秘書にいうし、何この女(^^;;;)

そんな天上天下唯我独尊の美人社長(4児の母)早乙女には、もう天海祐希しか考えられない、またも見事なはまり役です。で、物語中の社員にも視聴者にも、社長が嫌われないよう緩衝材になっているのが秘書の長澤まさみ。うーん癒し系。

もちろん、勝ち組の育児論を嫌ってクレーム電話をする奴(エドはるみ)もいるし、揃ってメダル候補だという子供たちが非行に走ったらどうするよーという視聴者の期待(?)にもしっかり応える話の展開。父親はどんな男?という詮索にも、バッチリ応えてくれて……えー、寺島進ゥ?(小動物系が社長の好み 笑)

重量挙げの選手だったそうで、その子供たちが競泳と陸上と高飛び込みで日本のトップレベルってのはちょっと無理じゃないのかなー。他種目からの能力補完を狙ったとして、背の低い血中ヘモグロビン値も低い子供が出来るかもしれないのにー(星新一でいう、”ブドウのように小さな実が、メロンのように1個実る”品種改良ですね)まあドラマですけど。
こどもたちがそれぞれ、陸上選手にも水泳選手にも全然見えないことに我が家のアスリートが文句たらたら。ほら台詞も言わなきゃいけないんだからーとなだめますが。若くして亡くなった社長兄の回想シーンぐらい、北島康介でも寝かせておいてくれたらいいのに。(正直、すごいイケメンでも肉体美でもなくてリアクションに困りました。それでも社長にとっては自分の幸せより大事な大事なおにいさんだという歪みを思えば、視聴者に感情移入出来ないぐらいがいいのかも)

 

メダルに届かなかった父、期待されながら早世した兄、女だから期待されなかった自分。亡き兄の墓にメダルをかけるまで、子供たちに挑戦を強いることを辞めない。イヤなら出て行きなさい!とまで言い切る天海祐希が恐ろしくて……哀しいです。(そして、小動物な駄目オヤジのところに逃げる息子。それも見越しての別居な気がしてまた怖い)病弱な末息子は溺愛。この子死なせないで欲しいわ……。

 

息子が引きこもりの母:エドはるみじゃありませんが、自分や我が子がプアチャイ=育て損ないの”プアチャイルド”だと感じる人には非情に不快なドラマだったことでしょう。ビーチャイ=ビューティフルチャイルドだと思っている人にだってどこかしこりが残るのでは。
この引っかかり(「ゲゲゲ」の少年ランド編集さんのいう「ざらっとしてる」感?)をどう昇華させるのか、最後まで不快なのか?

長澤まさみ演じる秘書の成長と早乙女家の行方がメチャ楽しみです!!

人気ブログランキング

「Tomorrow 陽はまたのぼる」5 ☆☆

気合いだ!気合いだ!
意識不明患者の手を握って激励だ!メスが握れない外科医(袴田吉彦)も信頼だ!
気合いだあぁぁぁぁぁ!!

というわけで、結構むちゃな展開で話が進みます。

いくら心因性の病気とはいえとはいえ、学生時代の思い出一発で効くなら苦労しないわけで。一か八かどころじゃないですよ確率は。
その前に誰だ!上にメス皿なんて置いた奴は!!同じメス刺さるんでも、他にいくらでも方法があるでしょー。

医療ミスの件も今更、航平先生は事実を暴いた方だったよーなんて!後出しジャンケンだよー(まあ確かに、本人がはじめから”僕はしてないけど、チームにいてネ”だの言い訳してたら印象最悪ですけどね)

ドラマ的には良くある流れかなーとは思いつつも。そういうご都合主義でオッケーな(「ごくせん」みたいな?)番組を見るつもりか、そうじゃないかで気分が違うわけでなんだか残念です。

でも、航平先生が撮ってた患者さん達の笑顔の写真は良かった。
お母さんの笑顔で涙ぐむ愛子ちゃんも良かったゎ。
ますます堂々たるエドハルミにしろ、場面場面ではいい感じなので見続けておりますが。

「Tomorrow 陽はまたのぼる」3,4 ☆☆+☆

病院に残す=親切でもないよね。
いっそ航平の仕事をケースワーカーにすれば、医療費の適切な補助金の申請とか退院後の生活の手助けとかをメインに出来たのにー(親が失踪のぜんそく子供は特に、病院にズルズル置くより施設なりでしっかり生活&通学させてあげるのが周囲の大人のつとめだと思う)

でもおばあさんを説得する場面は素晴らしかったです(><)
航平先生相変わらずな滑舌で、トツトツと語ります。台詞覚えてる?と心配になりましたが、あの癒し系の声で長台詞聞いていると段々、立て板に水じゃないからこそ心に響くのね!!と思えてしまいます。

そうかー。全国バイクでさまよってて、たまたま立ち寄って居着いた街だったんですね(え?それで市役所勤めって、バイト??)
そして更にたまたま、自分のミスで死なせた人の娘と出会うと。
たまたま。

愛子ちゃんをまともに見られない。
屋上に呼び出し。

これ妹じゃなくたって、もしかしたら愛子自身だって ”告白??”とか思いながら呼び出されたかもと思っちゃうんですけどー。
その内容は”キミノオカアサンガシンダノハボクノイリョウミスデス”って!

どーんと告訴されて下さい。


運命の出会いと赤字病院再建、どっちを描きたいのか良くわかリマセン。
(それとも、そのぐらい後ろ暗くないと地方市民病院なんかじゃあ働きませんってことなの??)

行き場をなくした患者を心配する愛子と航平。2人とも、他人を気遣う強さとその気持ちを生んだ過去があって、いいスタッフだしお似合いです。うん。
だからこそさー。
あんまりに偶然な直接の当事者じゃなくって、愛子が憎んでる相手と同じことをしてきた、っていう辛さぐらいにしておいて欲しかったんですけど。

来週は袴田君がやって来て何が起こるんでしょう。
見るつもりではあるのですが、かなり食いつきダウン。

「Tomorrow 陽はまたのぼる」2 ☆

「この病院の再建を手伝わせて欲しい……医者として」
ハ?

最後の最後でやっぱり言ってしまいましたよ。
今回は、もう出向してるからだかなんだか市役所らしいお仕事はほとんど無しで手術突入でしたから、普通に彼はお医者さんとして見てた人もいたのでは。 ”市役所職員”としてどう動くのかが興味深かったので、言っちゃなんですが”ただの医者(それもブランク8年)”になられては興ざめです。

ヒロインの妹(黒川智花)の病気は先天性のものだったんですねー(脳に動脈瘤?)
現在は普通に元気なのに、突然死ぬかもしれない。
「金で命を買うのか」
とセレブ病院を批判していたヒロインも、いざ妹に命の危険がとなると金に糸目をつけない方向で頭を下げる。でもその支払い出来るの?とちょっと要らない心配をしていたのですが。

結局そちらに行く前に発作を起こして市民病院に担ぎ込まれました。
動かしたら危ない、と居合わせた主人公が緊急手術。これはなるほど。熟練医が到着するまでのつなぎ処置ならブランク8年でも、何とかなるかも??
携帯電話越しに指示する遠藤先生の技量あってこそ。充電大丈夫か、がポイントですよね(笑)

手術成功で沸く顔見知りの入院患者達。
結果オーライで考えると、セレブ病院行くより安くあがって市民病院バンザーイ(^^;;;)
そういうことなの??

竹野内豊マジックでぽーっとしていた前回から一転、引き気味で見てしまった回でした。
姉とも妹とも、ちょっとしたことで知り合いに……って、狭い街なんですって言いたいならそれこそ、待合室のジジババ子供連れに
「この間はどうも」だの
「あれ?市役所の人がどうしてー?」だの
言われてる場面があればいいのに(あった?見逃してた??)

病院の藪医者(笑)さんが、「帝王切開ぐらい俺だって」と文句言ってたのにちょっと笑いました。でも言いたくもなるよねー。更に今回、勝手に手術始めて「目の前に助かる命があるのに」云々って、他の医者に喧嘩売ってるとしか。
そこで医者として転職って、職場環境良くないぞー。

”医者を辞めた理由”は次回に持ち越し。
医療ミスなのは分かってたけど。ヒロイン姉妹と関係ありませんようにー。
実は主人公の謎よりも遠藤先生の事情の方が気になります。

「Tomorrow 陽はまたのぼる」1 ☆☆☆☆

ふるえる小さな拳を、そっと握りしめる力強い手!!
きゃー!!!!(また病院の廊下なんて人通りありそうなものなのに、このつぶれかけ市民病院なら誰も来ません!いっそ抱き合っても平気!!)

竹野内セクシーボイス豊さまが、市役所にお勤めです。
でも実は医者。

前半でさんざん、市民病院の危機だの、このままじゃ医者が死ぬだの、貴方は医者はないから言えるだの前振りをされながらも正体を隠してきた竹野内くん(例によって役名はまだちっとも)。
よりによって、爆発事故で現場大混乱の中カミングアウトです!

……医師の資格ってさー。
運転免許みたいに携帯してないし。
いくら藁にもすがりたい時と場所であっても、専門用語がそれらしくても、
「俺は医者だ!」
と言い張ってる電波受信者な可能性が捨て切れないこんな状況で、執刀されるのはイヤーッどうして信じるの看護婦達はーっ 誰か、市役所の上司さんでも通りすがりの元知り合いでも
「実はそうなんです」って言って(><)

その部分がひっかかるのと、医療ドラマというともう10回は見た看護婦の気道確保(本当にこうも頻発なのか、超有名な実例があるのか??)が……しかも彼がどうフォローしようと本当に看護婦がやっちゃってるのが気にかかりましたけど。
それ以外は地方市民病院の赤字や、産科不足で予約が必要といった問題や、無用と切り捨てられる人が実は一番患者と向き合っていた事実などなど、社会派で面白かったです。

あ、もう一つあった。妊婦(大沢あかね)の夫だと思われてた竹野内くん。だからこそ遠藤先生は妊婦の病状をぺらぺら語るんだと思ったのに、あれれ?いつの間にか 誰もそんなこと言わないよ?
プラカードのせいですか、そうですか。
今ひとつ納得いかないけど、まあいいか。

とにかくアメリカ帰り遠藤先生だけは役名覚えました(笑)
生意気な菅野美穂は魅力的。
そしてまさかのエドはるみも、まるで違和感なく婦長(笑)

あまり過去の事件に興味は沸かないのですが、港町の人々の健康の行方は見守っていきたいです。花火きれいだったわー。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ