ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

イッセー尾形

「ラジエーションハウス 放射線科の診断レポート」1 ☆☆

 で、この窪田正孝はバカなのか賢いのかw

 小学生時代の約束、いや『命令』に忠実に、今は医者となった彼女の犬に……もとい『カメラマン』になるべく、彼女の実家甘春(あまかす)総合病院に赴任してきた、放射線技師の五十嵐唯織(窪田正孝) ところが彼女、甘春杏(本田翼)は五十嵐を覚えておらず、緊張と動揺で失態を繰り返す五十嵐は「変態!」と蔑まれる羽目に。
ここだけ見てたら心底やりすぎ。転びそうになって→抱きついてしまう はまだしも(そうか?)ヒップタッチはもう……青年誌では笑いどころなんだとしても、ドラマ化で再現する必要ありますか。そして口ごもるばかりの五十嵐には魅力ゼロ~。同じバカでも、ヒモに徹して愛嬌で切り抜ける窪田正孝なら愛せるのに!

 ところがその同じ人が、バス運転手の脳梗塞を予測して救急救命に繋ぎ、有名写真家のレアケースな頭痛原因を探り当てる。そんな時にはテキパキと、他人に指示できるいい窪田正孝じゃないですか。ほうほう、体内に金属があると無理とされるMRI検査でも
『湿布の裏紙の様に』
不要と排除された元データから、必要な情報を得ることは出来るんですねえ。
しかも実は医師免許も持ち、海外で高名な医師に認められ絶賛されている腕前の持ち主……? 杏の母である院長(和久井映見)だけがそれを知っているんですって。

 変人異能ドクター、ドラマにぞろぞろいますね。で、所属する放射線科もギャンブル好き(遠藤憲一)に毒舌定時帰り(山口紗弥加)と出世コースに乗らない個性派揃い。患者側のドラマは更にありがちで「母の死に目に間に合わなかった父(イッセー尾形)」を嫌う娘が改心する流れで、既視感が渋滞です。
あの「死に目に来ない」って、すぐ近くにいるのに仕事優先で来ないから怒るんじゃないんですか?実際海外バラバラ家族で育った身としては娘の怒りが意味不明。母上は、撮影旅行の父を一人でいかせてる時点でもう、いろいろ割り切っていたのでは。
 そしてまた、南米の寄生虫かー!この流行は勘弁してください、2年住んで南米大陸あちこち行ったのでゾワゾワするわorz

 五十嵐と同じ日に放射線科にきた新人広瀬(広瀬アリス)が、唯一の普通の人です。憧れの人杏がいる以上ロマンスも担当せずなのかなw

「まんぷく」 61〜72 ☆☆☆

「美味しい 美味しい ダネイホン 

    萬平印の ダネイホン」

福ちゃんいい声でした〜。本番前の、震えまくりの緊張声にも笑いましたよ(^^)

 進駐軍からやっと解放された、萬平さんと社員たち。一気呵成にダネイホンを増産し、東京に販売会社も作って全国展開です!
その際に重要なのは広告だ、と構想を勝手に練ってきた世良さんw まだTVCMがあるわけじゃない時代。キャッチコピーのレコードを製作し各地商店街に送りつけて流してもらおう、とか。街角にホーロー看板を設置しよう、とかまあよく思いついたものです。しかも経費節約、レコードの声は福子で、広告塔は社長の萬平さんでと地に足がつきつつも丸メガネ蝶ネクタイに派手スーツを着せるそのセンスw(絵が超上手いw) 嫌がる萬平を丸め込み、やりたがる鈴さんは無視する一同の団結力。松坂慶子のホーロー看板はしっくり来るし、既存の食品なら『お母さんの味』と鈴さんで売り込む手もあったでしょうが、新商品ダネイホンですもんね確かに奇抜な広告の方がイケそう。

そして真一さんを幹部に若い連中を送って、夜学に通わせる算段もして。神部くんも行くのでタカちゃんは泣くわ、毎日手紙書くわ、お向かいの定食屋の美女には惚れられるわしつつもダネイホンは順調に売れていきます! 後から語られることには、会長が投資した3万円は4万円にしてお返ししたそうで、儲けたね! 福ちゃんも第二子妊娠といいことばっかり。偽造商品も出ますが、すぐさま世良が真一連れて駆けつけて脅しw さあ、大学の先生に認定のお墨付きをもらえば、更に順風満帆ダネイホン~

なのにまた逮捕ですよ! 3度目なんだから弁護士にコネぐらい作っておいてよ!

どうやら世良が脅した奴らの密告のせいらしいと分かるのは視聴者だけ。何しろ判決文も英語で、とっとと4年の服役を命じられて投獄ですから手榴弾の時よりわけがわかりませんよね。それも夜学の学費を一括で振り込んだのが不正経理で脱税だって(^^;;;;) なんのこっちゃ。

そして有名人、ダネイホン萬平の弁護を引き受ける人物はみつからず、困っているところに食堂の美人さんの紹介で降ってわいたのが……若造弁護士、東太一(菅田将暉)くんですよ! 若いお堅い太一くんと並ぶと、もう福子の大阪のおばちゃん化が激しいことw カバンから無限に飴ちゃん出てきそうです。それでいて、監獄の面会室では金網越しに萬平さんと手を合わせるしっとり妻っぷり……若い太一くんが当てられちゃうからもう少し控えめにねw
さておき、ちゃんと英語の判決文も読み下せる太一くん。これは有能な掘り出し物でした。そして罰金7万円は、東京の販売会社と販売権をセットで売ろうと提案。それで泉大津の本社とダネイホンは守れた……と思ったのもつかの間。追徴課税でまた10万円(だっけ?)って!  あれですか、羽根布団買わされたら、こいつイケるぞと屋根瓦修理やシロアリ駆除から水販売までゾロゾロ集まっちゃうのと一緒ですか。それとも立花萬平がそんなに憎いのか。

それにはもう、会社を畳んで逃げるしかない、と太一。先生には他人事……と責める萬平に、ここで初めて
『栄養失調の妹を、ダネイホンが救った』
と打ち明けるんですよ。えー、さすが人見知り!そんな経緯があったら普通初顔合わせで言うでしょ!でも、そんな不器用な人だからこそ疑心暗鬼の失意の萬平さんを説得できたんですよね。

再就職で散る、塩軍団。涙の別れ!
差し押さえに来たら、もぬけの殻の立花栄養食品。

それでめでたく片付いた……わけじゃなさそうで、えええ、続くんですね。 加地谷さんの時に仲間と憲兵が通じていたように、財務局の偉いさんと偽ダネイホン社の間になにかあるんでしょうか。ちゃんと泊まり込みで一人待ち構えていた太一先生が、今度は逮捕されちゃうんでしょうか~。

お泊まり太一先生が、塩軍団にからまれる様子もみたかったのにw さすがに雑魚寝にはなりませんでしたね。 

心斎橋の母だかなんだか、占い師に入れ込んで『婿は大器晩成』にご不満の鈴さんw 一体どれだけつぎ込んだのやら……。それに多分、監獄で萬平さんに絡んでくる人相見の老人(イッセー尾形)の方が本家本元ですよ? そんな具合に、また楽しい仲間が加わって次週へつづく! 
萬平さんの思いつく、新しいことって何かな。大恩人沢田会長は、それを見届けてくれるのか。さすがに旦那も、もう「ラーメンはまだか」と言わなくなりましたw

「僕とシッポと神楽坂」1 ☆☆

なんで下ネタ加えちゃったかなあ?

小粋な街神楽坂で、古い獣医院を継ぐことになっちゃった青年医師達也(相葉雅紀)の奮闘記。ボロボロの設備に、人手もなくて客の手も借りる始末。でも技術と情熱はしっかりしてるそうですよ。轢かれた犬繋がりで、子持ちの獣医看護師(広末涼子)が働くことになって1話の終わり。
地元育ちで地域のお年寄りにも優しく、芸妓さんにも可愛がられている主人公。可愛い動物、子供と萌えポイントたくさん(^^) 普段はぽやーんとしてるくせに、治療となったらキリッとするギャップもいいじゃないですか。
元院長の徳丸さん(イッセー尾形)が、達也からの文句や問い合わせの電話をすぐ
「あ~、いい波がきた!」
とガチャ切りしてしまうお約束も楽しいです。海の近くに楽隠居なのは本当でも、サーフィンなんかしてないくせに波ってw あと謎の神主。 幼馴染に大倉孝二。神楽坂の路地裏も風情があって素敵です。
唯一気になるのは、達也が「猫は」「動物は」でなく「シッポは」と語るところw 素でこれされたら、絶対聞き返しちゃうよ「はあ?」ってw

さておき、近所の動物クリニックは、設備は最先端で術後着もラブリーですが患畜への配慮や飼い主への説明が若干足りない感じ。新院長達也を頼りないと離れていった飼い主たちもきっと戻って千客万来になるのでしょう。


家族で楽しく見られると思います……ので、ますます原作にはなかった下ネタが残念なり。

「居酒屋ぼったくり」8 ☆☆

BS12 トゥエルビ にて知らないドラマ放映中と気がついて録画!

原作漫画が人気だそうで、さて一体どんなぼったくり具合……?
と思いきや、あれれ。厨房には大人しめの美人姉妹(片山萌美、高月彩良) 大皿料理並ぶカウンターに座るのは、ご近所の常連老人(イッセー尾形、大方斐紗子)に作業服の気さくな兄ちゃん(波岡一喜)庶民的な店ですよ。

兄ちゃんが夏バテで食欲ないのを、自分のせいと気にする厨房の姉。そ、そんなに毎晩ここで食べてるんですねw もちろん周囲はとりなして、懐かしの味の話題でワイワイ。ああ食べたいな~材料なら買ってくるよ!と、客がスーパーに走るw 薯蕷にかぶれる姉妹の代わりに婆ちゃんが厨房に入っちゃうw そんな、死んだお父ちゃんに怒られる〜と困りながらも結局頼る、この心温まる下町風味のどこに一体ぼったくりが……って、暖簾にくっきり「ぼったくり」
単に店名(^^;;;)  亡き父上(津田寛治)は洒落がきいた方だったようです。

で、肝心の料理は「とろろステーキ」(とろろ入り卵焼きw)と、「鉄板ナポリタン」
鉄板の真ん中に置かれた赤いナポリタンの、周りに注いだ溶き卵と絡めて食べるのはナルホド美味しそう(^^) 夏バテのアキラ兄ちゃんも、食べた事ないものを前に一口おくれと食欲が湧いてきましたよ
「これはパスタじゃない! じゃないのに、なんで旨いんだ~」
ですってw(スパゲッティはアルデンテにせずくったくたに煮てw ソーセージもふにゃっとした赤いのを使うべしだそうです)

「孤独のグルメ」の「……腹が、減った」や、「ワカコ酒」の「ぷしゅ~」みたいな決め台詞も、実店舗紹介もありませんが、売りはこの暖かいご近所感覚でしょうか。
一応作中の酒紹介はあり。でも銘柄を褒めたというより

『現代はいつでもなんでも食べられるから、本当に欲しいものが分からない』

という爺ちゃんのうんちくの前振りに、待たないと手に入らないものとして使われただけですよね、酒w

とりあえず、グルメドラマ好きな旦那が見るかな。そして作ってみるべく材料を揃える私。鉄板皿無いし。フライパンのまま食卓にどーんと出していいものでしょうかw
あと楽しみは波岡一喜ね(^^) 

「アシガール」~最終回 ☆☆☆

なんと唯ちゃん、正室に(あくまで若君の希望で、まだ周囲は反対ですけどw)
寵愛、と聞いて『超、愛してるってこと〜?』と、聞き間違いは健在w 戦国の若君と女子高生の恋、見事実って大団円でした。

現代暮らしも経験している若君、中盤では唯に帰れと言ってたし。結ばれるにしろどっちで二人で暮らすことになるのかなーとか。最悪やっぱり離れ離れ、でも歴史は変わって地元に若君の子孫が生き残ってるほろ苦いラストもありかなとかさ、多少は心配しつつ見守っていたのですが、なーんだ最後はもう、現代のげの字も出てこずにラブラブで終わりましたよw 
タイムスリップものにありがちな、弟の発明品が発掘されちゃうとか、姫の絵が妙に姉貴に似てるとか、そんなエピソードも無しとは潔い
アコ姫の身代わりに高山に囚われた唯之助。
もうその辺から、まったく想いを隠さずに唯ぞっこんな若君でしたもんね……。挙句単身高山に乗り込んで、バカ息子宗熊(加藤諒ナイスw)との婚儀寸前で唯を奪還!そこまでしてくれてる、行動力あふれる若君なのに、やっぱり唯のスタンスが「守る!」なのは何なんでしょうねw お互いに、我が身はどうなってもいい気質だから大変です。
自分が捕虜に、と言い張る若君を電撃で眠らせて戦場に走った唯は、今度は兄上に危機を知らせようと鉄砲隊の前に走り出る(^^;;;) もう何なの、この子 orz

でも、さすがにここまでまっすぐな子の言うことは、ねじれた兄の心にもやっと届いた様子。そろ~り周囲を信じてみては、暖かい応答や謝罪を受けて雪解けです。この先は兄弟本当に助け合って生きていけそう。あこ姫に気持ちがありそうなのも、お互いいろんな意味で良い縁組ですよね。

ところで、正室を目指しての厳しい特訓中の唯姫、はたと
「正室って、もし戦になったらお供できないかも……」
と気づいて動揺。それなら正室でなくてもって、ほんとブレませんね(^^;;;)
しかもそれを姫装束でなく、何故かこ汚い下人姿で、しかも身を隠した藪から訴えてくる唯の、頬の涙をぬぐいつつ
「では戦の無い世にしなくては、の」
と応える若君。この人もほんと、器がデカいw いや内心は唯の無茶に焦ったり呆れたり、してるかもしれませんが表に出さないのは大事。高山からもその落ち着きだけで逃げてきたんですもんね。

突っ走る唯ちゃんの魅力が輝いていた作品でした。末長くお幸せに!

そのうち、タイムマシン2号で救援物資が届いたり、孫の顔見にご両親が来ちゃったりするのかも……w 

「アシガール」~6 ☆☆☆

若様が現代に、キターーーーw

いやあ毎回楽しいです。
豪族の姫と入れ替わって夜伽! ガサツっぷりが気に入られ、唄を所望されての熱唱が♪おお牧場はみどり♪ですよ。耳慣れないチェコ民謡の節にざわつく警備w また現代に戻ってきてからは、兵数の差をどうにかしろと無茶振りされた弟くんが思いついたのが、簡単プロジェクションマッピング。Jリーグ応援団の映像を空に投影し、援軍は膨大と思わせるという新兵器(可愛い)を投入だー!
おかげで戦は勝利、若君を守ったとして唯之助もお馬番にとりたてられ、ピクニックデートだってしちゃいましたよね←遠乗りに行く殿に走ってついていく唯之助w 体力ありすぎるw

しかし実は義兄に命を狙われている殿。和議の席で射抜かれて……命の危機に唯が下した決断は、自分の代わりに瀕死の若君を現代へ送り込むこと!

ご両親にしたら、挙動不審なおばか娘の様子をみようと弟の部屋を訪ねたら、血まみれで和装束の若者が倒れてるんですよ、いやあお母さんが医者で良かった。
「分かった!唯が過去にタイムスリップして、怪我した若君を自分の代わりに送り込んだ!」
と父君、見事、真実を言い当ててるのに自分の言ってること信じてないw それでも弟くんの説得もあり唯ちゃん行方不明は棚上げで。目覚めた若君の好感度が半端ないこともあり、留学生ホームステイの如き日々がほのぼのと過ぎていきます。

何もわからないはずなのに堂々としていた、当の若君。
「分からないときは、すべて分かった顔をして黙っておる」
のが上に立つものの処世術。騒ぎ立てるのは愚か者のすることだそうで、なるほどです。
しかしどんなに言動がしっかりしていても、まだ大人ではないはずの若君。争いのない豊かな暮らし、滅びている我が城を見せられて何を思うのか。そして時を超えて自分を救いに来たほどの、フク姫=唯之助の想い……。
でも現代の部屋に飾られた唯の写真は間抜けなスナップで、またその気取らない笑顔が可愛いったらw

さて戦国時代に残った唯はといえば、3分後に戻ってくるはずの若君は現れず行方不明。いつも若君~若君~と騒ぐおぬしが静かとは、何か知っておるなとごもっともな嫌疑をかけられて逃げたり、若君の許嫁と出会って助けたりとばたばた駆け回っておりますよ。

若君の腹違いの兄君が、側近が怪しいだけでなくご本人も実は腹黒いことにはいつ気付くんでしょう。それとも、唯を架け橋にふたりの想いはつながっていくのでしょうか。

満月の日を目前に感染症で倒れてしまった若君。さて、どうする……って、まさか弟くんが代わりに行くの?それって混乱するだけじゃないの??

「カルテット」1 ☆☆☆☆

嘘が嘘を呼ぶ四重奏。怖かったー(><)
火曜はハグの日!だった「逃げるは恥だが役に立つ」の後番組、下手なラブロマンスをもってくるより全く違う演技バトルをもってきたのは大正解でしたね。何気に高橋一生鑑賞ドラマで、すぐ襟元はだけるw

そんなわけで、音楽が趣味の4人が冬の軽井沢で週末同居です。
すぐ裸足になりどこでも寝るすずめちゃん(満島ひかり)、大演奏家の孫で別荘提供者の真面目な別府くん(松田龍平)、だらっと座るチャラ男の家森さん(高橋一生)は時々ノーパン、そして小声で変な動画見る巻真紀さん(松たか子)が唯一の既婚者。
30代の男女が揃い、恋が始まりそうな空気もありつつもサスペンス色の方が色濃いです。巻さんもしくは真紀さんは、夫さん(と、皆が呼ぶの気持ち悪~い)の話を何かとするくせに不在感がありありで……死んでる?殺したの?血痕? ハラハラを何話か引っ張るかと思いきや、言い争いをきっかけに真紀さんは、重たい夫の裏切りを語り出します。
前半の唐揚げにレモン談義が、まさかここに関係あるとかw 
真紀さんがレモンをかけた唐揚げを旦那さんは2年も黙って食べていたのに、同僚の問いには「嫌い」と応えていた。それが優しい嘘、気遣いだというのなら
「要らなかったな」
と切り捨てる真紀さん。激昂もせず淡々とした口調なのが尚更怖い怖い。ああだから、余命9ヶ月を騙る老演奏家(イッセー尾形)が許せずに糾弾してしまったのかと。また、そんな壊れかけの真紀さんを問い詰め続けるすずめちゃんも怖い怖い。
だってすずめちゃんは夫の不在を知っていたんでしょう?その情報集めに真紀に近づいたんですから。机の下でもどこでも寝る、とみせかけてのレコーダー設置にも背筋凍りました。

カラオケで、たまたまチェロとバイオリン×2とビオラが鉢合わせなんて運命だわ!って……嘘ですよ、夫さんの母(もたいまさこ)に金で頼まれていたすずめちゃんだけでなく、男性陣二人だって真紀の部屋のドアが開くタイミングを狙っていたじゃないですか。さあそいつらの目的はまた別なんでしょうか何でしょうか。

「家族は……別れられる他人」
「愛してるけど好きじゃない」
などの言葉や、ドーナツの穴。壁に画鋲が挿せるのか。笑えるところではみかんゼリーに高級ティッシュ。演奏はドラクエにモルダウ。みんなで作る適当なサンドイッチは美味しそう。
もうあれもこれも印象的すぎて盛りだくさんで意味ありげで、それが疲れるとか鼻に付く人もいるのかも。でも私は今とにかく面白くて仕方がありません。主人と、娘と、計3回みましたが飽きませんよ。
さて2話以降もこんなに濃密に攻めてくれるのか?
夫さんwはそのうちしれっと登場してくるんじゃないのかな。ああみぞみぞするw

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ