ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

アテンションプリーズ

「2006春ドラマ まとめ」

 もう夏ドラマ始まってますよー!でも名残惜しいのは「ギャルサー」ぐらいかな? 

 恋愛ドラマ2本「ブス恋」も「プロポーズ」も、誰とくっつくのかは絶対分かっているお話しだったし。
 それをいったらお仕事ものの「アテプリ」も「医龍」も、ラストはそりゃCAになるし手術は成功するでしょう?
「くず」は一話完結を貫いて、物語の縦糸なし&続編告知して終わったし!!

 そんな中、『どうなっちゃうのー?』とハラハラさせてくれたのは「ギャルサー」だけでしたよっ。毎回のお説教も、すっとんきょうなキャラクターも面白くて好きでした?。

 というわけで今期のじゃすみん的ランキングは

1位:「ギャルサー」
2位:「木更津キャッツアイ」

4位:「医龍」「弁護士のくず」
 
6位:「ブスの瞳に恋してる」
   「アテンションプリーズ」
9位:「おいしいプロポーズ」
(ほとんどリタイア:「クロサギ」)

「キャッツアイ」週一で再放送してたんですよー。そりゃこっちの方が面白いでしょ??

「医龍」と「くず」、テイストや完成度でいったら断然「くず」贔屓なのですが、「医龍」のあざとい次回への引きをプラス、「くず」の一回抜けても気にならない緩さをマイナスすると 並んじゃいましたー!!

 あ!「富豪刑事デラックス」!!忘れてたよ!!←つまりはそんなものってことで(^^;;;)

「アテンションプリーズ」最終回 ☆☆

 やっぱり試験の前に会ってたのね!会長夫人にっ・・・もとい上司のエライ人に。
そしてJALは翌年も、言葉遣いと服装の乱れた娘を好んで採用することになったらしいですよ(イイノカソレデ ^^;;;)

 乗客の意識不明、というアクシデントも最終回でされたらまさか死ぬわけないし。今更採用不可になるわけないし。何が起きても意外性はゼロ。
 そのかわり、広げた伏線はあっちもこっちもきっちりまとめたソツのない最終回でありました。
 翔太との仲がラブに行かなかったのも、これでよかったんだよね。

 とにかく上戸彩が可愛かった。
それに尽きるよね!すごいや上戸彩。

 個人的には、小日向元機長と真矢教官のラブドキドキ大が嬉しかったでーす。

「アテンションプリーズ」5 ☆☆

「どんなCAになるのか、見たい」
そりゃこっちもそうですって。ここまで酷いと、仕上がりが気になります。
周りと違うってことに気付いてないのは・・・・・散らかし方だけじゃないやい!服装立ち居振る舞い、今までのすべてじゃないかーい!

 1話をみていないので分からないのですが。
アレですか。美咲は採用面接の前に、おじいちゃんに道を教えたりおばあちゃんを背負って横断歩道を渡ったりしましたか?で、それがJALの会長夫婦だった、とかさ。
(架空の航空会社にしておけば、その手でいけたのにねー)

 三神教官に、辞めないでと訴えるところぐらい敬語で!
「CAになりてーんだよ」に慌てて「・・・です」と付け加えるぐらいでいいから、ちゃんとなろうとしている、という意志を見せて欲しかったです。
 でもやっぱり、チョンボに気づいて逃げ去る美咲は可愛いんだけどねー。

「いい女になりたい!」
という美咲に喜んで応えるミス4月。
どんなトンチンカンで酷いことをさせるのか・・・とワクワクしていたら、大筋はいちおうエステにお茶修行。結構イイヒトじゃないですか。

「アテンションプリーズ」4 ☆

 上戸彩鑑賞タイム。
何しても本当に可愛いなぁ。脚広げてぐだぐだ座ってさえも、汚くないの。
 取材にやってきたTVスタッフ曰く
「オーラがあるよ」うんうん。

 というわけで、もう話なんかどうでもいいやの回。

『スッチーなんて空のお茶くみ』
と、かつては自分で言ってたヒロインがやっとやっとやっと、それが失礼だってわかってくれたんだけど。だからってイキナリ殴りかかるとか、反論が「テメーコノヤロー」なのって、やっぱりどうかと思ってしまう。

 目の奥に傷があるんだという整備士君。
航空大学まで出て、パイロットにならず尚かつ関連職種についているんなら、心にだって傷があるって分かるだろ普通!!
 訓練施設で2人、パイロットごっことCAごっこをする場面には泣かされちゃった。だって美咲はこれから『それ』になるのに、彼には『それ』は手に入らないものなのよーっ
 なんて残酷。

 来週は化粧の練習をするそうです。
そういう裏話を気軽〜に楽しんで、何も残らないドラマよね。
あー上戸彩可愛い。

「アテンションプリーズ」3 ☆☆

 地獄の救難訓練!・・っていうほどのこと?

 体力勝負なら絶好調の美咲が、かえってそのせいで親しかった子達からも孤立してしまう展開はちょっと面白かったけど。そこから彼女が学んだことが・・・・。
 チームワーク。思いやり。
君、小中高クラスで何してたの(^^;;;) 合唱コンクール文化祭運動会、全部そういうことを学ぶためにあるんでしょうが。

 ていうか、最初から体育会系の娘を採用したいです。

 エレベーターのエピソードも弱かったなー。
極限状態で本音を晒して歩み寄る・・・のは定番ですけどね。
てっきり上の穴から脱出する展開=もうひとつの体力勝負になるのかなーと。で、「出来ない」と弱音を吐く彼女を助けて怪我をした美咲が、翌日のテストで危なくなったら・・・・ちゃんとフォローしてくれたりして(憎まれ口で照れ隠しね!)
 それが実際は、非常電話も携帯も使わずに朝まで話してるだけってさ。つまんなーい。せっかくの癒し系小泉くんが無駄になってるしさぁ。

 素敵な真矢教官が「遅刻はダメ」って言ってるのも、なし崩しに台無しでがっかり。

 美咲=上戸彩ちゃんは魅力的なので、つまらなくはないけど。JAL的にこれでOKなのかは謎です。これみて採用試験の倍率が増えたとしたら、応募者の質が心配(^^;;;)

「アテンションプリーズ」2 ☆☆

 2話からみて正解だったかも。だって最後で改心の兆しがあったから(^^;;;)

 キャビンアテンダント・・・いわゆるスッチー、の訓練所にいるくせに、まったく意欲のないヒロインにイライラ。
接客業をしようっていうのに、笑顔や丁寧な言葉遣いの意味を酌まないのなら・・・家に帰れよー。
クラスメートが苛めてますけど、そりゃ、あれだけ失礼なら私だって苛めたいよ! 何話もこれじゃ我慢できないっ

 キムタクの「グッドラック」では全員既にプロでしたからね、こういう苛立ちはなかったなぁ。でもその分、どんな時でも『お客様が・・・』と言えるプロ意識を分かりかねる部分はあったので、徐々に目覚めていくヒロインと一緒に、視聴者もJALへの信頼感を増していくのかも。・・・いかないのかも。

 先輩の服を着ちゃえ!という無茶なエピソードからは、主人公の破天荒ぶりと共に『制服を着るということ』の意味&制服管理が厳しい事実が分かって面白かったですねー。
 空港内の制服のクリーニング店も観られちゃった(^^)
 そして制服を盗まれた当の先輩が、ヒロインの処分を無しで・・・と取りなしてくれる真意が
(小声で)「覚えてらっしゃい」(にっこり)
だったのが!後でナニされるのかコワイ!!(女の意地悪、かくあるべしデスね)

 この先ヒロイン、なんだかんだ揉めつつも地上勤務でなく飛行機に乗っちゃうんだろうなー。
そして、結構失礼なことをしつつも、それが素朴な善意として受け入れられちゃうんだろうなー。
 一生懸命訓練してきた人に、失礼にならない脚本であることを望みますよっ

 しかし国際線CAしていた姉の愚痴を思い出すに、トイレ掃除はあるし航空性中耳炎にもなったし時差ボケだし、ヤクザの幹部も乗れば泥酔客もいるし、でも笑顔でサービスだし。
 辛いんだぞ、スチュワーデス。私は憧れないねっ(どうせ身長から足りないけど)


 *付録*「グッドラック」レビューはこちら
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ