ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

ぼくの妹

「ぼくの妹」4 ☆☆

ついに妹が告白!やはり墜落死は事故だった??

……で、警察に行くと言うのに止める兄。えー。
もう時間が経ちすぎで、兄を庇うための嘘にしか聞こえないよ。だそうです。いえいえ、
「私が殺したの」
と言うのとはわけが違うでしょう!(そっちも隠しちゃ駄目だけど)
妹が言った通りなら、アンテナにスカーフは残っていた筈。棚に足跡も手すりに指紋も掌に塗料だとかetcも、調べることいろいろあるでしょう〜。

死んだ彼女の恋人(自称 ^^;;;; )九鬼をとにかく納得させないと、主人公のキャリアも平穏な生活もボロボロです。妹庇ってる場合じゃないよ。
というか、死因解明が縦糸だった「彼女が死んじゃった。」とは違って、実際のところ警察と九鬼さえ黙ってくれたら、主人公にとっても彼女の死はそんなに大きくない感じなのが微妙です。

いったい最終回はどこに落ち着かせたいのでしょう。
…それが知りたくて観ちゃうかも。

自暴自棄な九鬼に、親身に接するおじいさん(大滝秀治)は素敵。
「私を親と思うなら、親の言うことをきかせる」
いい人です。
主人公兄妹には、こういう人物がいなかったのかな(^^;;;;)

「ぼくの妹」2 ☆☆

「俺が赦すから!」

すると妹は天使のような笑顔を兄に向けるのでした。
……雰囲気は美談なのですが。
そうやってこの妹は、万引きも不倫もその他諸々のとんでもないことも、全部チャラにして生きてきたのかと思うと背筋が凍ります(考えすぎ?? ^^;;;;)長澤まさみが腹黒いよー。オダジョーが情けないよー。

1話を見逃して、とりあえず2話から見たらドン引きでした。
何しろ、万引きを兄が赦してどうします。本屋に一緒に謝りに行くならともかく。
不倫を兄がどうやって赦します。それができるのは、相手の奥さんだけなのでは?
とにかくヘンな兄妹です。

そして絡む殺人事件。
タイトルから勝手に、森山未來と伊東美咲の「危険なアネキ」的ドラマだとばかり(そういえばあれも弟は医者で姉キャバ嬢)思って見始めたらサスペンス。そういうのは嫌いじゃありませんがね。
いったいどこに着地したいのか??

この気になる感じは面白いってこと??と思ったら、3話を録画ミス。縁がないのかなー。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ