ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

とんび

「とんび」〜7 ☆

めんどくさいオヤジだなあ、もう……。


束縛が上手く行かないと逆ギレ。最近で一番めんどくさい人物といえば「夜行観覧車」被害者長男の恋人だと思っていたのですが、けっこう「とんび」父も負けていません(><)


息子の成績を自慢していたくせに、東京の大学にいったら戻ってこないぞーと、呑み友達に聞いたらイキナリ「捨てられるぅぅぅぅぅ」と疑心暗鬼。行かせないぞ、学費出さないぞとパワーハラスメントに直結って、どんだけ息子を信じてないんだか。まず話し合いをしようってば。

呆れてプチ家出の息子、ついでに下宿を続けて『ダメ親父が一人暮らしを出来るのか』を試してみたら、見事呑んだくれて栄養失調で入院w ダメすぎるでしょう~。


そして都会にも慣れた息子は、年上の彼女(×1子持ち)を口説き落としたのに……そんな顛末をきいて

「私じゃがっかりされちゃう」

と結婚をお断りしてきますよ。う、うーん確かに。法学部=弁護士にならないだけでも大騒ぎなのに、チャラチャラした雑誌の編集部に入って、そこの子連れ上司と出来ちゃうって、『たぶらかされた』とか思いそうw

雑誌自体は、息子の記事を書くようになってから大量購入、周囲に配りまくりで

「近所のみんなが東京に詳しくなった」

に大受けだったんだけどw


そして「てっきり亡くなってると」は、遺影飾ってたらそう思いますよねw ドラマ観てても冒頭が涙なんだから、高校受験大学入試と現代に近づいてくるどの辺のタイミングでなくなるんだろうと身構えていたのに、まだまだ元気ですよー。なのにそのうち亡くなられてもイヤだなあ。 


とにかく、旦那は毎回だらだらと泣きながら観ています。あれに共感出来るのか……。

「とんび」1 ☆☆☆

最愛の妻を亡くし、忘れ形見の息子をひたすら愛する父親の話(涙)


正直、事前の番宣ではなにも惹かれるものが無くって見たくなかったのですが。家族につられてみていたら嫌でも内野聖陽と常磐貴子のちぐはぐな夫婦から目が離せなくなってしまって、出産もここで死ぬのかとハラハラでした(><)

あげくに息子のせいで事故がおき、息子をかばって妻が死ぬとかもう最悪~

それでも、母を探す幼い息子の中にこそ最愛の妻をみつけて2人で生きていくんですね。


子役が可愛かった!!
そして育って社会人になった息子の現在と、過去の回想(というのかな、本人が産まれる前からの過去ってw)が交互に描かれて、ラストでまだ若い息子(佐藤健)が子持ちと分かった時にはびっくりしましたけど。あの父に育てられた息子なら、いい恋をしてイイ子を育てるに違いないよ。でも丈夫な妻には恵まれない巡り合わせなのかなあ。


1話で既に映画でもみちゃった感じにぐったり疲れたので、逆に2話以降はもういいやって気もしていますw 日曜の夜にTVで泣かされたくないんだよー、途中でお皿洗えるぐらいの軽い感じでいたいんだよー

そんなこといいながら、結局は見るのかなあ。むむむ。

とりあえず夕飯の皿をもう1つ増やさなくては、と思うぐーたら母でありました。 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ