ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

お義父さんと呼ばせて

「お義父さんと呼ばせて」2、3 ☆

加齢臭が…お肌がカサカサ…と出るたびに、お互い様の旦那とつっつきあいながら楽しく見ています(>▽<)

でも純粋にドラマとしてみるならいまひとつ楽しくありません。予告や設定説明の面白さを何も上回ってきませんよね。
バカップルってほどいちゃついてくれるわけでなし、結婚をめぐって父と喧嘩、保と喧嘩と美蘭はしょっちゅうキンキン怒るか、相手の不安をテキトウに流してばかり。だから父も先走って
「お前は美蘭を幸せにできるのか?」
なんて確認で保に家族構成、介護の有無、年収、ローンの聞き取りを始めちゃうんじゃないですか。
挙句、24才の誕生日パーティーがまた喧嘩で台無しにw
「私は私自身で幸せになる」
「私は今のままで幸せなの!」
と、『お嬢さんを幸せにします』的オヤジの価値観を否定する美蘭ちゃん。そりゃそうなんだけどさ。その幸せのために保を選ぶのも、ご自由にどうぞ。でも保さんまだあと25年もローンあるのよ!
子供を持つなら、なんとなく、その時にどうにかじゃ育てられないよ?学費養育費どうするの?産む間自分は稼げないってわかってる?育児休暇後、正社員で復帰できる会社なの?
なーんて母目線w
実際、家族に反対されてやめる結婚なら別れたらいいんで、これだけ条件が悪かったら口も挟まれますよ。今まで細かい条件や人生設計について語り合っていなかった美蘭と保ちゃんが、このきっかけでかえって絆を深めたように、多少反対してやるのも親の務めというものですかね。

年収も体力も全てにおいて俺の方が上だ!と自信満々だった年収3000万円の美蘭パパでしたが、そうやって相手を叩きにくるところを娘が嫌っているんだしw
エレベータの故障で閉じ込められたら、閉所恐怖症できゃーきゃー騒ぐ美蘭パパに対し、保さんは平常心。昔のアイドル話をふってきたりと落ち着かせるための気遣いもできる、そんないい部分もわかってきましたよ(その気遣いが土下座や裸踊りにもつながっていくわけですけどねw)
でも酒乱はあかんし、ぎっくり腰は子作りに……てかこの2人どこまでの関係かなという、当然な疑問はさらっと流されてますよねえ。本当はそこ大事なのにねw
正直、冒頭とラストのしょーもない美蘭ナレーションなんていいからベッドでいちゃつく2人でも見せて欲しいものです。湿布貼ってもらったらいいじゃないのよー、路上プロポーズも、路上抱擁で「愛してる!」も健康的でいいですけど、もっと隠微に暗がりであのいい声で「愛してる」ってささやいて下さいよ

うざい元カレ……はどうでもいいけど。美人秘書はパパン狙ってるし、美蘭ママは離婚届を引き出しに忍ばせているよ。そっちで揉めて、娘の結婚で夫婦について改めて考えて、パパとママも雨降って地固まる、ってな展開になるのでしょうか。

そうそう、保の会社の女性社員(伊藤修子)が光ってました!ナイス滑舌。恋と柔道は黒帯だそうですw


「お義父さんと呼ばせて」1 ☆☆☆

彼氏とパパは同じ年? 
安定のファミリーコメディですw ただし冒頭のナレーションで「面白いんだから!」と言っちゃってたのは蛇足もいいところ。そんなこと言われなくたって、面白そうなら見ますからね。変にハードル上げちゃいましたよね。

そんなわけで、勤めて2年目の娘(蓮佛美沙子)の彼氏に遠藤憲一、父親に渡部篤郎。うちも高2の娘がいるので「こんなオヤジ連れてきたらどうする~」と旦那をつっつきながら楽しく見ましたが。実際そんなことになったら、いくら外見が遠藤憲一でもドン引きするでしょうねえ。
しかもこの彼氏、かーなーりー頼りなくないですかw「民王」で中身大学生だった時ならあれで可愛かったのですが、51歳が20代の恋人に主導権握られてちゃダメでしょう……。しかもお金もない!
彼氏は夜討ち朝駆け土下座も辞さない古いタイプのサラリーマンで、父親の方が接待を嫌うスタイリッシュな大企業役員。これが逆ならまだ取り柄がありますが、安い賃貸アパートで学生みたいな暮らししてるオヤジなんだもんなあ。どうせ、同年代のイケメン連れてきたって機嫌悪いでしょうに、難癖のつけ甲斐ありすぎです。orz
ある日ふと『人生で一番大切なものが何か、気がついた』と言われても。それこそ篤郎パパが説教したように、遅すぎるw みんな20代30代で気づいて結婚して子供育て上げての50代なのが普通なんですよー。
それと、娘がウソつきなのが気になるところ。父が70代彼氏は26才とか、本当のことを言ったら揉めると確信していて嘘を告げたまま当日とか酷すぎるw この先またどんな嘘をつき始めるのか。

それでもね、成人の娘がこの人が良いって言うなら。応援する流れになるんでしょう。そして51歳が勇気振り絞って幸せ目指すなら『自分もまだ遅くないかも』と見ている誰かの背中を押せるのかもしれませんよね。「家族ノカタチ」といい。結婚するっていいかもと、ちょっと思ってもらうだけでもいいのかも。
そーか内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)が動き出したかw 篤郎家が3人兄妹と、最近のドラマにしちゃ子供が多いところもチェック、こういうところからナチュラルに洗脳してきてるのかー って、若い層はこのドラマ見ないでしょうけど。

おとうさんへの手紙。てっきり娘が書いたかと感涙にむせんでいたら、筆まめな彼氏からで 怒り倍増って場面面白かったですw もうLINEじゃなく手紙ってのがそもそも年齢を感じさせるアイテムなんでしょうねえ
 


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ