ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

いしのようこ

「銀二貫」5 ☆☆☆☆

松吉のアンポンタン!(って江戸時代からの言葉なんですねw)


融通が利かない直球男。どう見ても真帆さんなのに違う違うと避けられて『おてつ』と名乗りまでしてるなら、事情を察してもっとそーっと声をかけるとか。住まいのご近所さんに様子を聞いてみるとか!やり方ってものがあるでしょう(><)

あの大きい目でぐいぐい迫ってこられたら怖いんですよー。

しかも、彼女が違う名前で呼ばれる度に横にいるお母さんが取り乱すじゃないですか。大声出さないで下さいよー。


あまりに察しが悪いので、ついに井川屋まで訪ねてきた真帆=おてつさん。大火事の時の嘉平の死を淡々と語り、同時に娘てつを亡くした女性と寄り添って母子として生きてきたというのです。

だからこれからも、おてつとして生きる、と。

もう真帆と呼ばないでくれ、特に松吉は、と。


「おてつとして」「おてつとして」と、何度言うのと突っ込みたくなるぐらい繰り返すのですが、自分にも言い聞かせていたんでしょうね。真帆と呼んでくれてた人たちと会うことは、幸せだった時代を思い出すことでもあり辛い筈ですよね。特に松吉とは。


それでも諦めきれない松吉、おてつとして来いと言い張っての冒頭の「アンポンタン!」

あの小さかった少女がいつの間にか大きくなって、怒られてますよw そう思えば本当に、生きていて良かった、会えて良かった(><) 

旦那さんの計らいで今日だけは真帆として、天神さんを松吉と2人で歩いて。番頭さんにも

「生きていてくれてありがとう」

と泣かれ。

番頭さんの大事な人は火事で亡くなってしまったんですものね。

本当は事情だけ話して帰るつもりで来た『おてつ』でしたが、この井川屋に来たことで火事以来初めて、生きていて良かったと思えたそうですから、ゆっくり話せて本当に良かったです。

またそんな辛い言葉を、『おてつ』ったら笑顔で言うんです(TT)


嘉平の供養に、新しい寒天を作ると約束を交わす松吉とおてつ……鶴之輔と真帆。


指切りでつながる小指と笑顔がね。

抱き合う以上に心通っていましたよ(><)

前回の感想で、らぶらぶを期待だなんて軽く書いたことを後悔するほど心揺さぶられる名場面でした。


また、2人を天神さんに送り出したお咲嬢さんがね、あれは誰とか松吉の何なのとか話題にもせず黙って洗い物して。お里さんも、口で慰めたりせずポンと肩を叩くだけなの、ぐっときました。

その前のお里さん出戻り話の場面も、またたまらない名場面。

おんぶの赤ちゃんが可愛くて、番頭さんの子守りが可笑しくて

「いつの間にお里さんが産んだかと思いましたー」

なんて軽口、私だっていったかもしれませんもん。そこからの子を産めずに離縁という打ち明け話を、終始笑顔で軽く軽く話すお里さん。きいたお咲さんが素直に泣いちゃうのも意外なら「気にしないで」や「いいのよ」でなく、泣いてくれた気持ちに「ありがとう」と礼を言うという。お里さんとお咲さんの気持ちのやりとりが素敵だったんですよー。


いろんな笑顔に泣かされる回でした(><)


「百鬼夜行抄」1 ☆☆

 怪物に追われ倒れ込む青年。立ちはだかる男の胸から青白い光が…。
ウルトラマンシリーズみたいでした(^^;;;) 画面といい30分の進行具合といい、何より年若い主人公の演技の感じが!!

 大好きな今市子原作「百鬼夜行抄」。まさかのドラマ化。
正直止めて欲しかったのですが…不安があまりに大きかったせいでしょうか。逆にこのぐらいならいいか、な感じでした(舞台化もされてる筈。怖いモノが観たくなってきた^^;;;)

 祖父:蝸牛と青嵐との契約を律18才までにして、その日が来たら喰うつもりだ、と言わせるのも(「チキタGuGu」みたいだね)短くまとめるつもりならOKだし。多分、初めて観る人にもそう難解では無かったはず。

 そりゃ細かいこといえば、
「オマエは背が伸びない」は、頭上に取り憑いた亀が言わなくちゃとか。
クスッと笑えるところはないのかとか、音楽が「西遊記」調なのは何故?とか。
青嵐は、渡辺いっけいより大杉蓮だと思ってたよ〜とか。
画面が真っ暗で原作カラーの透明な華やかさがないよとか。
勝手な言い分はいろいろあるんですけど、まぁいいや。

 陽気なママーズよりCGより、大人しい主人公:律よりも、どっしりと古い飯島家そのものが主人公みたいな第一話でした(^^)

「歌で逢いましょう」#2 ☆☆

 金子昇!バンドの古くさい感じがよく似合うゾ!!(「菊亭八百膳の人々」板前役以来、昭和初期ハンサムに認定しています)
GYAOネットドラマ「歌で逢いましょう」#2。唄は福耳「星のかけらを探しに行こうagain」ゴメン、知らない。

 ヤク中毒で死んじゃった映画女優を、過去に戻って止める。
今回はどうやら、戻って初めて知り合う相手らしいのにサクサク近づけて美味しく恋人に!!クスリも捨てさせてオッケーかと思ったら・・・・。
 カラオケから出てきた時点では、#1ヒロインの自信満々とは違って『何も変わってない!』でしたよ。

 2話目も死者復活の話。
過去を変える、となると一番ドラマチックだからでしょうか。でも辻褄が難しいんだぞ?
相手が芸能人だけに死亡を報道する週刊誌まで残ってて。それが目の前でただのインタビュー記事に変わっていく・・・・って、それを観ている君たちの記憶はそのまま?
 ジェームスディーン並みに有名な人の死がキャンセルされちゃったとしたら、混乱するぞー?

 まぁ結局、生き返ってない筈もなくハッピーエンドで・・・それよりも、主人公金子くんは売れないミュージシャンのままなのか、そこが気になる!!
タレントの名前をドーンと書いてある恐ろしい駐車場。現れた金子昇に
「遅刻だぞ!」
と泣き笑いで抱きつく、いしのようこ(美脚!) その様子は、まるで何年も待ってやっと会えたかの様で、感動的だけどよく考えると変な感じ・・・。
#1の様に、毎日逢ってるのに何ひとりだけ浮かれてるの?ってのが正解なんじゃないでしょうか。ワンパターンを避けたのかなぁ。

 今回NO39:西村さんはメッチャ笑顔な以外あまり活躍無し。カラオケ代はギターでした。
集めたああいうもの、どう使うんでしょう。なんだか呪われそう(^^;;;)他に少なくとも38人集めてまわってるんでしょ?(・・・全部西村さんだったら怖いなぁ)
 
 そうそう、分け前の金を受け取らなかったヒモくん。だって金子昇に馬券頼んだから、ですってよ。だから持ち帰る物とかタイミングとか、どういう仕組みになってるのソレ(><)&馬券の換金期限っていつまで・・・・ああ、マスターの「換金しちゃえ」って「過去に戻れば?」だったのか。
 そんな気軽な!!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ