ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2009夏ドラマ

2009年夏ドラマ総括

今さらですが2009年夏ドラマ総括!

期待してなかった「恋して悪魔」「オルトロスの犬」は予定踊りのリタイアだったけど、「華麗なるスパイ」のダメ加減にはびっくり。どうしちゃったの君塚さん!!
そして「官僚達の夏」をどんどん見なくなってしまったのにもびっくり。西村さんがでているだけでは持ちこたえられませんでした。「救命病棟24時」もね。
拾いものだったのが「ブザー・ビート」?
久しぶりに恋愛ドラマを楽しく見ましたわ。ラストに不満、なんて月9に言えるとは、これまたびっくり。

そんなわけでじゃすみん的ランキング

1位「ブザー・ビート」
  「ダンディ・ダディ?」

3位「リミット・刑事の現場2」
  
5位「赤鼻のトナカイ」
  「任侠ヘルパー」
  「コールセンターの恋人」

特別賞に「栞と紙魚子の怪奇事件簿」!!
あのBGMが流れてくるだけでも胸が躍ります。何かと男子も同席の女子トイレ、そういえばネクタイしている栞ちゃんにそんな伏線があったとはー!!

「ダンディ・ダディ?」とあわせて見ていたタイミングもあって、南沢奈央ちゃんに主演女優賞を贈ります!!主演男優賞は、復活の草なぎくんですかね。
いい話の佳作が並んだけれど、インパクトは弱し。地味なクールとなりました?。

あ!「こち亀」の存在を忘れていた!!……そのぐらいのものだったということね(^^;;;;)

「ママは昔パパだった」最終回 ☆☆☆

なるほど、恋は実らないんですねー。

吉田栄作についに思いを打ち明けて、デートして。その辺でドラマを終わらせて、あとは多分上手く行ったよね?と思わせておいたって構わないはずなのに。
わざわざ結ばれ、わざわざ栄作からプロポーズされておいて、え、断るんですか??(思ってたよりヨクなかったとか ^^;;;;)彼だって真面目に悩んで出した結論だろうに、ただのお隣さんに戻りましょうだなんてー。

でも、おとぎ話じゃない、彼女の人生なんだと思えばそこまで描いてこそ意味があったのかも。お隣の王子様に愛されて幸せに暮らしました、だなんてねー。
ラブラブだった子供達も別れてしまう。でもさ、次があるんだって!
「女であるより母で」
と今は思っても、子供が巣立ったあとにはまた気持ちが変わるかも知れないでしょう??

戸籍の性別改訂の方は、子供が成人し、同意すればという補足が加えられて一歩前進。でもそれだって、成人の年齢自体が20才から18才に引き下がるかもという最近のニュースも加えてきて。まだまだ人生、何があるのか分からないぞと。

とかく興味本位だけになりがちな性同一性障害を、真面目に描ききった良作だったと思います。(バラエティ番組で、そういう人達を「でも男でしょ?」扱いするのって不愉快でしたが、これを見てさらに不快度アップ。ハードゲイHGを「キャラでしょ?」と言うのとはわけが違うのにー)
コマーシャルがないのもいい。WOWOWドラマのクオリティは相変わらず高いです。吉田栄作の王子様といい、キャスティングも毎度いいところついてきます。

次は高橋克典の企業戦士ものな様で、正直またかと思いますが……やっぱり楽しみ。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」7 ☆☆

本田さん=ウッチャンなんだー!!

白バイ乗りの二重人格、本田さんが恋をした♪
相手の保母さん(本上まなみ)に告白するところからもう、両さんがクビつっこんでいて大騒ぎ。デートの日には遊園地を中川の金で借り切って応援?邪魔??意外なことは何一つ起こらないのですがオッケーです。

クドカンに続きキャスティングが光る回ですね。
(オンザバイクの顔はイメージ寺島進なのですが、ほんわかバージョンも出来ないとダメですから)バイクから降りると性格が変わる本田さん、ほら見てみろ!とハンドルを持たせたり取ったりして繰り返すところなんて、くっだらなさ100%なのに全力でやりきってくれてますよー(笑)家でクッキー焼く本田さんも見たいぐらいです。

結局本田さんの恋が実るのも、バイクに乗せたら彼女まで性格変わっちゃうのもベタベタのお約束。
もっと初めの回でこれして、彼女共々ずっとレギュラー出演していて欲しかったです。1話完結スタイルはいいのですが、豪華ゲストが毎度その回こっきりで、こち亀ファミリー感がまるでないのが超残念。

「ブザービート」最終回 ☆☆

壁に落書きしちゃダメ(笑)
&半年の時間経過があるのなら、他の落書きが増えて直輝のメッセージが埋もれているなり、公園管理課にもう消されているなりしていて欲しかったです。

もちろん最終回らしい盛り上がり満載で
「もう離さない!」でキス♪
「そこの8番!!」再びの恥ずかしさ♪
本屋の店長が直輝義兄だったりも(←これは反則気味ながら)あれこれ楽しかったのですが、冒頭でいきなり時間が飛んだことにはしばらくショックでついて行かれませんでした(><)それって駄作の法則ー。
おまけにラストも、演奏そっちのけ?リコの夢はどうでもいいの??(そりゃ監督は行けと行ってくれたけど!)
軽井沢で意味ありげにリコに寄り添う青年も、結局何もないなら女の子の同僚だっていいじゃないですか。なんだかなーです。いっそ川崎さんが毎月会いに行ってたりぐらいしてて欲しかった。
これまで丁寧に積み重ねられてきたものを、一気に放り出した様な最終回。あれこれ残念で気が抜けました?。

なので逆に、ついに直輝の前で舌打ちした菜月&ついに告白した宇都宮くんが心に残りましたよ。嫌な自分を全部知ってる宇都宮くん。しかもチームのエース。菜月は結局、一番いいものを手に入れたのでは(^^;;;)
川崎さんにも、素敵な恋の始まりぐらいあげて欲しかったかなー。

さておき、久しぶりにワクワクと楽しみに待てた月9でした!殺人も障害も記憶喪失もなくていいよね、愛があれば!

「ママは昔パパだった」5 ☆☆☆

「孫は男だ!」と力説するカヤマ家のおじいちゃん。
ヒトミさんのお父さんだって、そんな時代があったのかしらと思いながら見ていましたが。ヒトミさん次男くんの方は、まだ生まれ変わる途中のシンイチロウさんを目の当たりにして、忘れていたママがパパだった時代を初めてリアルに感じて戸惑うのでした。
家庭にカメラは入ってくるし、反抗的にもなるかもね。

でも、法務大臣に直接書いた訴えの手紙は立派で胸を打たれました。ママはママなんです。
そして番組が放映されると、それまで遠巻きだったあたりから支援者が起ち上がります。……この辺、特にスーパーのパートさんあたりは無理矢理な気も。
「恋をしなきゃ女じゃない」
も、元妻が言うならともかく見ず知らずの人に言われても。
でもまあ署名が増えました。
野次る議員共を一喝、性同一性障害に理解を求めて闘うヒトミさんは堂々と輝いているのでした。

ついにシンイチロウさんも手術!
目覚めて、触って確かめる姿に苦笑。でもみんな確認してうれし泣きするのね…。女性として、はつらつと街を歩く姿、可愛くてびっくりです!窪田正孝なのに!!
そして「美羽子」として生まれ変わるのね。勝手に命名しちゃうなんて、やっぱり孫を支配してますけどー。こんな形でしか愛情表現出来ないのね、おじいちゃん。(一方のヒトシ→ヒトミの改名は、自分で決めていそう。親子関係健全な感じです)

あとはヒトミの戸籍性別が変えられるのか……?
それ以上に、好きな男に抱かれてオンナになれるのか??
残すところあと1回です。

「ママは昔パパだった」4 ☆☆☆

うわ、「携帯捜査官セブン」の!「浪花の華」のあの子が!!こんなに暗い目で、しかもフェミニンな空気を漂わせて登場とは。脱いだらマッチョで凄いんですよ? これで心は女の子だったらさぞ辛いでしょう……。

物語は、同僚とこじれて謹慎も塞翁が馬。マスコミ取材が増えたヒトミさんです。
最初の事故の記事を書いた記者に、「あなたの記事のせい」と一矢報いてやれたところは溜飲が下がりました。でも恨まない、と。あの記者がいつか理解者になってくれるのでしょうか。

審判のために、身近な人達がインタビューに答えていく形式はとても良かったです。
素人がこんなスラスラ答えられるものかしら?とは思いつつも。周囲の想いと共に、ヒトちゃんの苦しみも改めて伝わってきました。これでまだ、キモチワルイとか言える奴がいたら鬼じゃないかと。
また、悩み苦しんだ身内とは逆に、子供の先生は「だってどう見ても女だしー」的にほぼ疑問を抱いていないのが、まさしくこの問題のど真ん中をついている感じ。

と、真面目に戸籍だ法律だを語る一方で繰り広げられるガールズトーク(笑)
元夫に「バージン?」とか聞かないで下さい(^^;;;)
でも、「抱かれて初めて女」とか、「出来る。…多分」とか、その辺は手術したって、戸籍が変えられたって、1人じゃどうしようもない部分として自信のなさが分かる気もして。うー、生々しいです。

そしてマスコミに露出することで、冒頭の彼…もとい彼女が助けを求めにやってきます。
トップランナーとして頼られて、実際そういう出会いも増えていくんでしょうね。優しく招き入れるヒトミさん。名前を尋ねても、苗字だけで下の(性別が反映される)名前は遮る思いやりです。
そして「あたし……」と語り始めたところでブチ! えー。

「任侠ヘルパー」?最終回 ☆☆☆

このドラマで最後泣いてしまうと思いませんでした(;;)

「今日は忘れちゃってるみたい」
と、母の病気を受け入れてる涼太も健気でしたが、
「ここは全面禁煙よ」
と一瞬、社長さんだった当時に戻って煙草を取りあげる笑顔の羽鳥さんと、彼女を見つめ返す彦一に、もう!!
はっきり何があったわけでもない2人なのに。もしあっても(だって、封鎖前日、部屋に勝手に入れた仲だし)忘れられてしまっているのに。出所後一番に会いに来た彦一の気持ち、切ないです(><)

それを言ったら、突然のキスも(びっくりしたよー!!)、何を求めるわけでもないリコ組長の気持ち。

介護とは何か。どうしたらいいのか。
そこに正解はない、でもあきらめない、という姿勢を行政・福祉に向けて描いたように、登場人物達も人生に正解はないまま、もがき続けているところで終わったことで、とても心に残る最終回になりました。

エリートヤクザ六車さんが施設運営に乗り出すのは予想がついたし、本人も折り合いがついていそうですが。リコちゃんの幹部昇進は、本人も望んだ様な望まなかった様な。彦一がなってくれていたら、リコはヤクザを辞めて(その場合小指は無事なのー??)グレープフルーツハイを片手にガールズトークする生活も選べたかもしれなかったのにね。
そして彦一はこれからどうして行くんでしょう。再開する(?)タイヨウで働いたりするんでしょうか。その頃には、涼太くん父の働きかけで、国の支援制度が変わってきたりするんでしょうか。
正直青年漫画チックに突飛な設定で、毎回刺青がばれた詐欺を捕まえたのなんの、主人公がヤクザなこと前提、彼の成長=出世の方向でエンターテイメントに進むんだと思っていましたので。こんなに真っ向から老人問題を描くとも、最後にヤクザを放り出すとも思っていませんでしたよ。

前回での彦一と所長さんの会話。
「ヘルパーが我慢すればそれでいいのか」
「だって目の前に利用者さんが居るから」
云々は、本当は「救命病棟24時」が描きたかったことだったんじゃないかとまで思いました。(あちらは医者、資格が尊敬され高給や好待遇も期待できるので逆に、もっと立場が不安定なヘルパーよりも、我慢して当たり前と思われてしまうのかもしれませんが)

さておき、不機嫌で乱暴者な草なぎヤクザくんが、こんなに魅力的だったことにもびっくりでした。跳び蹴り堪能(笑)
夏川さんも気丈に美しかったですー。
でも一番の功労者は可愛い可愛い涼太くんでしたよねー♪ 最後、飲み物を運んできて豪快にこけてましたけど、大丈夫だったんでしょうか?。

「ブザービート」10☆☆☆

軽井沢と東京なんて、日帰りの距離じゃん!!

手術でしばらく動けない直輝↓
ラッキーでオーケストラ入りのリコ↑

チャンスを掴め!と直輝が言うから。離れても君を思えば強くなれる、と言うんだから。遠距離(ってほどでもない)恋愛になるのかと思ったらリコはすっかりサヨナラモードでびっくり。うーん、つきあい初めの(川崎さんに遠慮してまだ清い関係の ^^;;;;;)2人には、ここで離れるのはイコール別れるってことなのかなー。

でも確かに、今回の直輝の態度じゃ、無理かも。
菜月の奥さん気取りを止められてないじゃない。手術の日取り決めに文句言ってたけど、その前に診察に同席してるのを追い出せー!
「私が居なきゃ」だぁ?母親か!
オーディション当日のリコに手術を知らせないなら、菜月に看病に来させちゃダメだし(また、ちっちゃなガーゼで拍子抜けしたよー)ヘタレ過ぎでイライラする!!
せめて、居候溝端くんに口止めするぐらいの気も効かせられないなんて!
これで離れたらまた、ブラック菜月の情報操作ですれ違いますよね。何しろ清い仲だし(シツコイ? ^^;;;;)
また、そういう私生活での浮き沈みが音に反映しがちなリコちゃんですから。

川崎さんがあっさり身を引いたのも意外でした。
だって、傍目には前の女と別れてスグ別の(俺の?)女に、ですよー。
いくら同じ言葉で云々って言ったって、スタメンから外してやる!ぐらいの嫌がらせはしてもいいのに(違)
「泣いてる彼女を抱きしめた」と言われても直輝もスルー。えええ?。
代々木との仲も落ち着き、宇都宮はまだ黙したまま。これで愛の障害は、本当にブラック菜月と物理的&夢達成段階的すれ違いだけですかー??

だったら直輝も同様なラッキースカウトでNBA入りして迎えに行くか?少なくとも菜月をどうにか片付けてから、今度はリコのピンチ電話に直輝が徹夜で駆けつけるのか??
いったいどこに収まるか、最終回が楽しみです(^^)

この前スーパーで買い物中、イチブとゼンブが流れてきたら、居合わせたお客さん4,5人が同時に歌い出して(私含む 笑)合唱になっちゃって嬉し恥ずかしデシタ

「コールセンターの恋人」最終回 ☆☆

そっかー、お父さん亡くなってましたかー。
そっかー、シュウマイはフタの裏ですかー。

↑どっちも同じぐらいの感じ(^^;;;)
いやむしろシュウマイの方が「あるある」とちょっとお茶の間盛り上がる分、インパクト上かもしれません。お父さんごめんなさい。

クレーム対応の達人として、アオキョーを話題にしたブログが本になり本社もイメージアップ!……の時点で、当のアオキョー失踪中じゃダメだと思うんですけど。本社は気にせず、都倉を呼び戻そうとします。
それを断る都倉くん。コールセンターこそ一生の仕事と心に決めた男です。
そして青山響子も戻ってくる。

ここで、安易でもなんでも恋が実るとか、夢が叶うとか、何かもう一つ都倉くんにいいことがあれば素直に喜べるのですが。ただ馴染みの同僚が戻って、短かった楽しい日々が戻って来ただけで終わられても今ひとつくいたりませんでした。(東京マニアの彼がついに!「本物の」東京タワーを訪ねて来たことと比べたら 笑)
アイスとアオキョーの仲も、顔も知らないただのライバルでちょっとガッカリ。

つまらなかったわけじゃないのよ。別に破綻もしてないし。
「水筒の水を飲んで下さい」を今度は都倉から言うやりとりなど、いい場面もありました。
でも、徹子やみのもんたの友情出演、都倉の子供時代の写真(父兄弟も一緒に映ってればいいのに 笑)のインパクトの方が……。
いやいや終始、地味にいいお話でまとまるドラマが最終回も、地味に通常運転で終わっただけなのかもしれません。

コールセンターがあるから、南極アイスが暴走出来る(笑)
今日も誰かが地の果てで、電話の向こうできっと待っていてくれることでしょう。

「赤鼻のセンセイ」最終回 ☆☆☆

和田っち死ななくて良かったー(><)

「人は、笑うために生きている」
そんな参太の信条が生徒達にも伝わって、卒業式でもその言葉を贈ってやれて、いい最終回でした!

もちろん、最後まで親の存在が薄すぎるとか(卒業式でおめかし。その服だって親が用意したはずなのにー)、シルクちゃんと父親の断絶はどうなった、参太がそこも修復するはずだったんじゃないのかなとか、薄っぺらなところはたくさんあります。
せっかくの素敵なオープニングにそぐわない、暗い展開になっていったのも残念でした。でも、和田っちが死ぬとか、ドナーが参太だとか、もっとどーしょもなくなる可能性もあったかと思えば、満足です。

最初は距離のあった中学生達の心に、どんどん踏み込んでいった参太郎。
院内学級の教師を「天職」とまで言えるようになった、彼自身の成長もめざましいものがあって見応えがありました。たった3ヶ月で!(笑)
最後は絹ちゃんもそれを認めて、好きなようにやれと言ってくれたり、”ギャグは超3流”でも立派な教師だと言ってくれたり。院内学級の存続が決まって抱き合って喜ぶところなんかは、ラブより強い絆を感じられて良かったじゃないですかー。

その他定食屋や、医者と看護婦、和田っちのラブの方もちゃんフォローして終わったりして。まえだまえだの漫才コーナーも、我が家では大きな楽しみでしたので最後まできっちりやってくれて良かったです。(でも、兄入院だからって弟入り浸りもあり得ないー、とか、言わないの?←姫ちゃん風に)
神木くんはカッコ良く、紙ちゃんも可愛かった♪
大泉洋は紛れもなく立派な主演でした(笑)

とにかく、死なせれば盛り上がっていいやーとなりがちな病院ドラマで、地味でも死なせずにまとめてくれて良かったです。

赤ちゃんも、小中学生も、そして大人もみんな健康で笑って生きて行かれますように!

「ママは昔パパだった」3 ☆☆☆

人権弁護士と出会い、国会議員に陳情も始まりました。

ちょっとした事故でも、何も落ち度がなくても、興味本位で雑誌記事になってしまう主人公ヒトミさん。更に世間に顔がさらされるリスクをおかしてでも子供達のために強くなろうとする彼女は輝いています。

しかし、病に倒れたお母さんには看護婦に間違われ……息子さんを連れてきます、といって吉田栄作に代役を頼む場面は悪いけど笑ってしまいました。
てっきり、化粧を落として髪をくくって来るぐらいかと思ったら、代役って!!いくら「ヒトシ」だった時代でも、一度だってあんなにガッシリと男らしかった時代があったのかと。ないよねー(^^;;;)

土曜に「再生の街」で市長、日曜にこのドラマで店長。吉田栄作が赤丸急上昇ですね。

「任侠ヘルパー」9 ☆☆☆

監視役、来たー!!
先輩ヘルパー零次さんの名前をみて、あれ?と思っていたんですよー。ヤクザな面々はみな、名前に数字が入っていますから、この人も数字入りということは??って。内緒にしてなきゃ監視にならない、確かに。ここぞというところでビシッとキック決めてくれました(><)

楽しいよりは、気が重いことの方が多くて感想の描きにくいこのドラマ。でもずっとみていますです。
敵方の親分が入園して来たのは、ヤクザヘルパーがいると知った部下がわざと標的にさせるためでしたよ。刃傷沙汰になって、抗争の引き金になればいい、いっそそれで死んでくれたら都合がいい??
まんまと引っかかったリコ組長とバカ息子でしたが……。

普段からやたら言葉遣いは悪い、素行も悪い。乱暴者だってことは分かってたじゃないですかー。それでも、きちんとお仕事はする、優しいところもある人達だって知ってたはずなのに、ただ写真送ってきて喧嘩してたらショックなんですか?
(ドラマの視聴者的には、あの写真が欲しいです 笑)

とかとか、そんなことを吹き飛ばす、最後の羽鳥元社長の一言。
「坊や、迷子なの?」
それはあなたの息子さんです(><)

もう育ってオヤジになっちゃった息子が分からないのならともかくも。まだまだ可愛い盛りのボクなのに。自分が子供を産んだことそのものを、忘れてしまう瞬間があるのでしょうか……楽しい楽しい遊園地で。哀しすぎます。

「ブザービート」?9 ☆☆☆☆

ブラック菜月(><)

直輝と莉子がひかれ会っている、それを重々承知の上で「川崎さんの彼女」としてガッツリ捕まえて離しません。出会いはどうだ触れられるとどうだって、自分たちの年月を勝ち誇る!!浮気したくせにー。
それにまんまと振り回される莉子。繊細なアーチストなのね。
……っていうか、川崎さん帰国まで清い仲で、という選択が間違いだったのね。

今は自分が直輝の彼女だ、と思えるだけの絆がせめて一夜でもなくちゃー(からだが冷える、と夜追い返す莉子。あの雨の中また外を歩くぐらいならお風呂入れてあげて泊まる方がましなのに。清い仲じゃそれも出来ず)

今は莉子が好きで、菜月の誘いはちゃんと断ってるンだけどな直輝。視聴者はそれを知っているけれど莉子ちゃんには伝わってないよー。
直輝には菜月が言ったままの言葉をそうとは告げずにぶつける莉子。まさかそれが菜月の言葉とは思わない直輝。まさに”ほんのイチブしか知らない”ですよ!莉子だって「菜月さんがこう言ってた」と告げ口すれば出来たのに、おさえてる良い子なのにー(><)
(そこで、『え?彼の夢って??バスケでもうプロじゃん?』とツレ。だからーそれこそ菜月の言ってる、NBAとか高望みせずに満足してよってコトじゃないの)

そして帰国後、まっすぐ莉子に会いに来て振られる川崎さん(^^;;;)
これがもう最低のタイミング、ちょっと前なら自信満々で「ハイしあわせです!」って言えたのにねー。また。川崎さんがもっと駄々っ子でストーカーなら嫌いになれたのにねー。
すっと身を引いての優しい言葉に、思わず涙ぐんでしまう莉子。
ここでギャー叫んでしまいました!持って行き方が上手いのなんの。こ、これじゃあ思わず抱きしめるよ!!川崎さんも引けないよ!!
恋の知恵の輪状態(><)

一方の和みカップルはというと、振られて(?)逆にホッとする永井大。で、彼がずーっと好きな女の子って……菜月なのー??
自分のものにならない直輝なら、ぐっちゃぐちゃにしてやりたいとか呪いを吐いてる菜月を、痛ましげに見守っておりました。そんな、プレーに似合わず奥手な(^^;; )
もうめんどくさいからとっとと押し倒して、菜月を忙しくさせてて下さい。他人の恋路を邪魔するヒマがないように。

莉子の演奏に怒ったお客さん、やっぱり奮起して欲しくてのお言葉でした。
ここから演奏の方で芽が出たら、直輝をおいて巣立っていく方向もありなのかなー。

別れて以降、菜月が「上矢さん」ときっちり呼んでいるのがいいですね。それとも社内&仕事中には前からそうでしたっけ?

<追記>そういえばインフルエンザ。莉子ちゃんには感染していないんでしょうか??菜月には?? 抱きついたりと、接触多い場面になる度そっちが気になる回ではありました(笑)

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」5☆

両津と麗子が恋仲に???

と、思わせてカン違いだったよ、となるのがお約束のはずなのに何か違います。だって麗子ちゃんが本気に見えるよー??
両さんの側が金目当てなのはいつものことでも、麗子が途方もない金持ちだって最初っから知ってたはずなのにー。そして、同じ金目当てで結婚しようっていうんでも、麗子は全然その気じゃないから笑えるんじゃないのかなー。

「きっと近くに好きな人が」
という中川の台詞、両さんが自分のことと思いこむ……のがミスリードで、実は両さんは思いっきり800億円狙い。両さんじゃなく、みてる私たちの方が騙されていた、というのはなかなか斬新ですが。

だいたい、麗子と資産を気にせずつきあえる人なんて当の中川君しかいないでしょう!!君たち結婚しちゃえ!!

手錠で結ばれて大騒ぎ(を、本当にギャーギャーわめいていてうるさすぎ^^;;;;)は、そのまんま見合いしてこそ面白いネタじゃないかと思いました。見合いの席で付き添いの同僚に”はい、ア?ン”したり(笑)
ゴロちゃん登場は楽しかったですけどね。

「ダンディ・ダディ?」最終回 ☆☆☆

再検査に行ったまま入院→死亡になったら困るから!!
……と、イキナリあかりを結婚させようとする龍之介です。
とっとと検査行けー!!

まさか、本当にそのまま挙式になるとは思いませんでしたよ(><)

その検査騒ぎで、編集後藤ちゃんの父と龍之介が会ってみたり、
「娘にはいつでも会える」
と背中を押すのが、離婚で愛娘と別れてるメガネ君だったり。
例によってエピソードにキャラを絡めるお仕事は妙に丁寧です!

フォークダンスの場面だって!
龍之介の助言で、あの頑なな後藤ちゃんがやっと先生の手を取って、2人にも何か始まるのかもしれない、アレ、でもフォークダンスって相手入れ替わるよねーと思ったら、なんと…お父さんが来たー!!
今まで「返さなくていい」と与えていた金を、今度は
「ちゃんと返して」
と、元気で手術を終えて会いに来て、という流れには思わずもらい泣きですよー。
(でも、学校のフォークダンスで抱きあって泣いてるカップルって多分周囲はドン引き? そして先生の恋はほったらかしー ^^;;;)

で、まさかの挙式ですってば。

どうせ病気は勘違いなのはお約束。
ちゃんと伏線があったことに逆に驚いてしまいましたよ!背中のエレキバンだ??何日貼ったままだったのよー!!
……でも確かに。
裸の背中を誰も目にしない、それがツレアイがいないということなのですね。←そんな、細かいこと考えて無いと思うけど!!

そして、めでたく
「今夜は帰らないから!」
なあかりちゃん。だって新婚初夜だもん!結婚させたのってお父さんだもん(笑)

巻き込まれた結城君の人生設計はさておき。ちゃーんと娘を巣立たせての終わりにはホッとしました。こういう過保護パパものって、こりゃ結婚むりだなと思っちゃうのが多いですから。
「自分のように」幸せになって欲しい、という亡きママの願いもかなったことで。一生元気に、心配してて下さいパパ!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」予約受付中


カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ