ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2009冬ドラマ

「ラブ・シャッフル」最終回 ☆☆☆

政治家か!!ナルホド!!

恋人交換なんて軽薄に思えたはじまりでしたけど、だんだん人生に真剣な姿勢も見え始め、後半の二転三転は実に見応えがありました。
夫人のフリーセックスも、ただ寂しいだけじゃなく未来への展望があったし(笑)
それを見破るのが、諭吉の政界人脈だったり。
キクリンの目論見がオー次郎狙い……と見せかけて、海里を救うことだったり。

そしてずっと言ってたウサちゃんの”キラキラした仕事”が、政治家、と言われると実になるほど(笑)暴走族への演説も、捨て犬へのこだわりもあれもこれもそれも!ラブシャッフルがあったからこそ、人脈も得て天分が花開いたのかも?
全てのエピソードが実は、ちゃんと同じ方向を向いていたことが分かって膝をポンと打つ。実によく作り込まれたドラマでありました。
”好きだからあなたを縛れない”
と言う、お嬢さんの別れの理由は特に、ずっと「はあ?」だった訳ですが、最後にきてみるとなるほどそういうことになるのか、と納得できたし。
そして唯一、自分たちの気持ちではどうにもならない「結婚」の問題は、金を動かして”政略結婚”に仕立てたことでクリア(笑)よくある当日にさらっていく展開よりは、よっぽどスマートでした。
なるほど親が会社のために懇願した形になるのなら、直前に相手が入れ替わってしまったってどうにかなるものです。
「招待状の印刷ミス」
とか、兄がスピーチしてますよ(笑)

時に早送りして結果だけ見たい回もありましたけど……会話もずっと凝っていて、そうか、舞台がNYで登場人物が金髪あり黒人ありの海外ドラマだったら、逆に違和感なく観られたのかも

「ウソだと言ってよ!」
「ジョー!」

全員がキラキラしてました!

「超人ウタダ」最終回 ☆

連続殺人犯は、山崎樹範♪
”悪の中間管理職”樺島@西村雅彦も相変わらず素敵なところにこの配役、もう私の為にあるドラマだわー、となっても良さそうなものですが、喰い足りなかったです。
そして30分が長く感じました。

だいたい木島@ヤマシゲは、どうやって真相にたどりついたのか??(描写あった??見逃した??)
警察が総力あげて隠蔽していた情報を、素人が独自の捜査で見破っちゃまずいでしょ。
最終回での神崎の
「35才になる前に殺してやってもイインダゾ」
という脅しも、”35才で死ぬと決まってるから現在不死身”という設定を根本から覆す脅迫で、それって変でしょうー。
そうそう、その”現在不死身”も描写薄かったよね。

自身の不死身を利用した作戦を立てるわけでもなく。
ただ刺されたり撃たれたりだから、無謀なだけに見えちゃうんだよね。で、”普通なら死んでる”という前置きもなく、次のカットでは元気なウタダ。設定を忘れてつい「生きてたのかー!」とツッコミ入れてしまいます。
樺島なんて、完全八つ当たりでウタダを撃ったのに、罪が殺人にならなかったじゃない。本人よりも、むしろ犯人に都合いい超能力(笑)

せっかくウタダに惚れていた娘も死んじゃって、理容店で観る幻は切なかったのですが。
一話で殺された娘のことだって、ずっと好きだったくせにそれっきりだった訳で、2人ともウタダの人生をただ通り過ぎた様なもの。
原作通りだったのかもしれませんが、いっそ作り替えて恋人にでもして、ウタダ自身の大切な人と殺人を天秤にかける様な(つまり木島と対比できる様な)ギリギリの選択が観たかったのかもしれません。

wowowドラマ、もうすぐ始まる「空飛ぶタイヤ」に期待。

「キイナ」?最終回 ☆☆

サブリミナルには「最後まで観ろ」も含まれてたと思いませんか?
たかが団地の上映会に、参加率100%も凄いけど。居眠りもよそ見もせずに全員がガン観してたとしたら、その視聴”質”アップのノウハウこそが商品価値があるかと思いますー。

そんなわけで、つっこみどころ満載のまま、いかにも続編がありそうに終了!!

やさぐれ課長の事件は、てっきり最終回に向けて山場になって、キイナと決裂するとか誰か警察を辞めそうな騒動になるとか、実は課長が犯人だったりとか!するかと思っていたというのに。
助けられなかった後悔ぐらいで、普通の関わり方でしたよねー。死蝋化自体は不可能でもないし。

変な科学番組は好きなので、シリーズ通して初耳だったのはジーンズのバーコードぐらいでしたよ。でも、ちょっと聞いたことあるぐらいの方がお茶の間には親しみやすいのかも。
あんまり悪い人出てこないから、犯罪ものなのに見終わって爽やかでした。

「息子が宇宙人に襲われました!」
と警察に電話して、別班につながるか特命係に回されるのか。
ドラマとしては「相棒」の方が好きで完成度も高いと思いますけど、実際問題としては。
右京さんにワクワクと事情徴収されて思わぬ犯罪を暴かれてしまうより(身に覚えがあるのか私??)、キイナが来てくれてケーキでお茶しながら話を聞いてくれる方がいいなーとちょっと思ったりします。

「ありふれた奇跡」最終回☆☆☆☆

「俺は1人じゃない!」
この藤本さんの台詞で、不覚にもブワッと泣いてしまいました(><)
彼は家族をまた手に入れたんですね!
何も男女の関係でなくていい、”縁”があって、成長を喜んでいい子供がそこにいることの幸せよ。

そうでした、元々彼の自殺で始まった話であって、不妊だ結婚だはあとから来た騒動だったんでした。
初回の冒頭が藤本さんだったのを忘れてました。
河川敷で、子供は可愛いけど中年男が見つめると嫌がられるからそっと観るんだ、なんて寂しい話をしていましたっけ。
そんな死に場所を探していた男が思いがかけずも助けられ、意地張りながらも他人を受け入れて、その友人の紹介(?)で出会った親子と、一緒に写真を撮る仲になれた。
確かにそれは奇跡だったのかも。

子供が産める嫁、子孫、と唱えていた翔太の祖父も、結局は神戸さんの家族という疑似家族を受け入れて、それはそれで幸せなのかも。

可奈と翔太の新婚生活はあえて描かれず、ただ今までの仕事を淡々と続ける2人。
よくこういう後日談で、必要もないのに子供抱いてる場面で終わったりするのは、確かに安易なことで、こんな風にただ元気で幸せであるってことだけで充分なのかもとも思わせられました。

独特の会話やじれったさが辛い時もあったけど、終わってみれば真摯ないいドラマでした。楽しいだけじゃない、こんなドラマがもっとあってもいいよね。
そして翔太役の人のただの人っぷりの凄さよ。連ドラの主役だというのに、人混みに埋もれるあの普通オーラ。逆に普通じゃないですよね。これからは注目します!

「相棒7」最終回☆☆☆

「君は亀山くんの代わりにはなれませんよ」
ああ、ずっとこの言葉が聞きたかったんですよね(><)

聞いてから思えば確かに、誰でもに言う台詞で無し。去られてすぐ口にするものでも無し。亀山くんのいない「相棒」に哀しくも慣れてしまった頃、満を持して与えられたご褒美みたいな右京さんの一言でありました。
(神戸さんも、亀山薫に会ってみたいそうで再登場の布石?)

そんなわけで新相棒ミッチー@神戸さん。
エリートで有能そうでありながら、右京さん物差しでは邪魔なだけ(運転も乱暴 笑)
特命係に潜入、杉下を観察……が密命と言うけれど、あの気に障る感じは、案外本当に左遷されていそうです。冒頭の台詞の様に粗雑に扱われることに、慣れていなさそうなのが面白いです。

事件は、山奥から特命に送られてきた謎の細密画。どう見ても犯罪現場。
でも実はただのネズミの絵+忠実な背景に過ぎない……んだそうで。その理由が明らかになる過程で、どれだけの人が不幸になろうがとりあえずは真実と正義が大事なのが右京さん。

最初の保険金詐欺はともかく、2件目の「ゴ・メ・ン・ネ」があまりに救いのない終わりに思えました。……個人的に心中が嫌いで、障害者と暮らすことが身近なのでつい、前者に厳しく後者に同情的デス(^^;;;;)
そうなると、証拠としては言いがかりレベルでもあるし、理詰めで謎を明らかにしていく右京さんがイヤな人に見えてくる筋立てじゃありませんでしたか??
以前はそこに、情の人亀ちゃんがいてバランスをとっていた訳なんですが……神戸さんは今まで捜査一課がとっていたような教科書通りの対応をしてくる様子。そこがどんどんと変わって来るのか、捜一の出番が減るのか??
(あ、ただし亀ちゃんは死体や知人死亡に関して耐性のある人だったので、その辺は視聴者レベルに退行)
あと、女性に色仕掛けができて、ゲイが苦手だったら「相棒」的にはメチャ新鮮なことになるかも。

お互い居心地悪そう?な特命部屋でのラストシーンは、スペシャルドラマだった頃の噛み合わない「相棒」を思わせて、半年後への期待が高まりました♪
いつか彼も来るのかしら、花の里へ!

ところで、特命係が無能だと吹き込んだ、駐在さんの同期ってのは誰だ(笑)

「ヴォイス」〜10☆

『死に別れより生き別れに嫁げ』
あくまでも後妻に入る場合の助言ですが、美しい思い出を抱えたまま前妻と死に別れた夫より、何かで揉めて(時には憎み合って)別れた生き別れの夫の方が、これからの人生仲良くやっていけるという先人の教えだそうですよ。

そんなわけで、”妻が可哀想”なんて余計なお世話なのでは。
潔く迷惑かけて、看取られて、葬式の席の妻が思い残すことなく
「ああ、せいせいしたー」
とつぶやけるのもまた別な意味の思いやりかもしれないってば。
更には”内緒で”安楽死って、どんだけ子供扱い? というか不倫も同然?? 私なら、他人の医者より妻の私に何故頼まないの、キー!!と暴れることでしょう。
(まあドラマの奥さんには感謝されてましたけど)

前回の自殺も理解不能でねー。
保険金が例えおりても、それで家族が喜ぶ”いない方がましな親父”であるためには、事前に根回しがいりますよ。曰く、女連れ込んで妻子を雨の浜辺に追い出すとか、子供の貯金取り上げて酒を買うとか!!……ってそれは「銭ゲバ」の父(笑)

単に主人公側の試練として
”遺体の声を届けたのに喜ばれない”事例が欲しいなら、逆のパターン”自殺と思われたが事故だった”でもいいじゃないですか。
で、「保険金もらえますよ、よかったですねー」
とでも声をかけて、ぶん殴られて来たらいいのに。
最期が分かろうが、理由が分かろうが、哀しい気持ちは埋められないという、一番の基本が何故かこのドラマからは毎回毎回感じられなくて、前回今回は輪をかけて謎。

次回最終回には、1人だけ背景が分からない主人公の話が出て来るんでしょうか?
あと久保アキちゃんがラブホに行くとか言ってた初回のつかみはなんだったの??

「ありふれた奇跡」?捨て子?? ☆☆☆

産めるの産めないの問答が痛々しくて、ずっとみてたけど感想かけずにいました。
「血でも吐きながら言わなきゃ駄目??」
まったく翔太くんに同情。ややこしい女だよね可奈ってば……。

でもそれがいつの間にか、ホテル行くか行かないかにすり替わってきて見易くなったかな(笑)
ンもー何が
「最後にするつもりだからイヤだ!」
ですか。俺と寝たら別れられなくなるぜ、ぐらいの根拠のない自信はないのか??……ないよねー翔太だからねー。こりゃ、可奈から誘わなきゃどうにも進まないわ(^^;;;)

確かに、不妊=ラッキー避妊いらないじゃん!な男だったら好きにもならないだろうけど。ここまで奥手(草食系?)な30男もどうかと……というか、親と同居同士のおつきあいってこんなに面倒くさいのね?お子様時代から家を出てた身としては目から鱗。

で、真っ昼間のカフェで「さあホテル行こう!」な話がまとまったところで(笑)まさかの捨て子ですよー!!
私も女子高生時代に、トイレ入り口前でだったけど赤ちゃん預かったことがあります。落としたらどうしようかと思った。でも今なら、女子トイレにはベビーベッドも座らせる椅子もあるご時世、そうそうそんなこと頼まないよねー。ドキドキ。

予告をみると、ちゃんとホテルには行かれたらしいのでそこはホッとしつつも。
女装の可奈父と2人のニアミスもあり、藤本の転職成功もあり。いろいろ目が離せない展開です。
2人ともいい年齢なんだもん。愛さえあるのならば、家を出ちゃえば済む話。強がりを言いつつも歩み寄って来たならば、最終回はある意味幸せに終わってくれそうな……。

「銭ゲバ」最終回☆☆☆

走馬燈の様に……といえば、人生最期に今までの記憶が駆けめぐることの筈なのに。風太郎のそれは何故か妄想(笑)

野球チームの友達とディズニーランド、優しいパパに薬をちゃんと飲むママ。お小遣いを浪費!!して怒られたり。
財布を拾えばきちんと届け、お巡りさんにほめられ、大学に合格して茜と出会い、友達と出会い、バイト先で説教され、馴染みの洋食屋!でベラの煮付け食べて……デートして……結婚して子供ができて……。

今までの殺したり死んだり騙したり殺したり利用したり死んだり、という”本当の記憶”orzもはさみながら淡々と、平々凡々な生活が30分以上続くんですからもう目眩がしました。
ここだけうっかりみちゃった人もいるんじゃないのかな。
「あれ、こんなドラマあった?」
としばらくみていると、暢気な坊やと同じ顔の男が突然殺気だった目でよだれ垂らしながら呻いたりするんですよ(><)

確実に悪人だった風太郎だけど、金さえあったら、こんな人生だったのかも。
「お前らみんな銭ゲバだ」
私たちだって、金がなかったら風太郎になるのかも……ええー??それは納得できないなー(^^;;;; )少なくとも、可愛い我が子を小学校中退にはしないよう。

なので、ラストの巻き戻し、淡々と説教かましてた風太郎には一気に醒めてしまいました「じゃあな」じゃないよー。

もっとも、だからって風太郎が死んだことも、真っ向から何かに挑んだドラマの素晴らしさも変わりはしませんが(巻き戻る間、スーパーイリュージョンで逃げてたらどうしようかと思った)、一般化されたら困る。
風太郎は風太郎。

導火線がまだ長かった気がするので、あんな余裕だった男も間際には泣きわめいて死にたくなかった、とつながるんでしょうか??

亡き風太郎に酒を手向けてた父。彼の責任はもっと追及されるべきだと思う。
ハルちゃんがなにげに怖くなっててショック。
犬がどっか掘り返していたのは白川くん…??

新聞記事じゃありませんが、謎を残しつつ若き社長は爆死。
このスッキリしない感も含めて銭ゲバなのかなと思いつつ……松山ケンイチの代表作にまた1つ伝説が加わったことは間違いありません。

さて、録画を残そうかどうしようか……(><)

8話 7話 6話 5話 4話 3話 2話 1話

「相棒7」ネット犯罪☆☆☆☆

陣川くんの恋、またも実らず(笑)

監禁を通報し、関連会社に勤めと、様々な事実が”彼女が犯罪に関わったこと”を示唆しているととるのか、”運命の出会いだ!”と受け取るのか。それが大きな分かれ道ですよね?。心底、恋愛体質なのね陣川くん!
また、事件を引き寄せるタチだねという話から、その道の大先輩だった亀山くんに触れてくれたのも嬉しいプレゼントでした。

後なんだろう、ネットの書き込みをたどたどしく読む人達とか(笑)
勝手に特命を名乗っての捜査してたのバレちゃったとか(……って、問題なんじゃないの?? ^^;;;)しかもそれが映画に絡めてだったとか、更に最後にちゃんと後味悪く終わったところとか!
かゆいところに手の届く、大満足な一本でありました?。

ただ惜しむらくは、右京さんの拉致が簡単過ぎたこと。
襲撃と運搬係が別だったからって、何か有利ですか??
そして毎日あの怪しいトンネル通るんでしょうか。いっそ花の里の前で待ち伏せだったら笑ったのにー。
(学年違いは……登録された年齢をみたら分かりそうなもの。サバを読んだと思ったのか、頭に血が昇ってそれどころではなかったのか…まあいいや)

で、最後に名札かけをアップにしておいて期待させた挙げ句の、新相棒発表ですよ?、ウヒー!!
ミッチー!!
でも意外に予告で納得してしまいました。似合ってなかったから(笑)
そうか、今度は右京さんを辞めさせたいと来ましたか、それならメチャ”有り”かも……。何だか八ツ墓村みたいだった現場の様子も珍しくてワクワク。
来週が楽しみです!!

「銭ゲバ」8☆☆☆☆☆

結婚指輪は、はめたままなのにね風太郎。

ぶら下がる茜にも冷静なまま。どうでもいいって言ったもん、てなもんです(口ではそう言いつつも、茜の死後ますます夜毎うなされていますけど)

霊安室で叫ぶわ、刃物抜くわ、とっくみあいだわ。
じたばたする緑と受けて立つ風太郎と。
「見届ける」
といいながら、警察に話をするでも毒を仕込むでもなく、同居を続ける2人。頼まれれば車もだして、どんどん仲間みたいになってきましたよ緑お嬢様(笑)
もう1人ハルちゃんが、別の仕事探す=出て行く気満々なのとはえらい違いです。
「真実」を聞きに来た元刑事さんの様に、包み隠さずにまんま悪事をさらされてしまったからこそ、緑は風太郎を受け入れていくのかも。


あのとんでもない親父も間近で見ちゃってるもんね……。
親父がああなった事情を知り、親父を愛した母を知る風太郎は父親を直接には殺せなかった。ということは、風太郎がああなった事情を知り、風太郎を愛した茜を知る緑はやっぱり、風太郎を殺せないんじゃないの??

もー、過去をみればみるほどクソ親父だというのに、現時点では結構まともなことを言うからまた腹が立ちます。何が金の有意義な使い方だよ!何が『親より先に死んじゃいけない』だよー(><)
でも不思議と、9億円弱を要らないと返された風太郎は心地よい目覚めを取り戻したのでした……。(シーツの下に札束敷いたからじゃないよね 笑)

今までも突然横になってた画面が、とうとう逆さにまでなりましたよ!グルングルン。
また、実は視界が歪んでるなんて飛び道具もこの期に及んで飛び出して、回想シーンも更に悲惨で、悪行し放題なのにやっぱり可哀想で、でも味方にはなれなくて、ドウシタライイノヤラ。

定食屋のところは、また刃物向けられるのかーと。いくらツルンと優しげバージョンの顔で現れたからって、大男な風太郎相手にみんな無茶しすぎ。
それよりも、風太郎にセックスを拒否された女子高生のその後が気になって。まさかあのまま飛び降りたり自棄になって水商売にトライしたりしていないか心配なんですけど、そこは白川くんのその後みたいにどうでもいいことなの??
(もっとも、小遣いならともかく自分の身体で2千万円稼げると思う彼女もたいがいですよね。イケメン社長だよ?妻も若いよ?女子高生にそんなに飢えてないでしょ)

で、爽やかに死に場所に赴く風太郎。
もっと追い詰められて死を選ぶ方向かと最初は思っていたので、こんな自主的な自殺だとは。それにまさか胴体にダイナマイト巻くなんちゅーアナクロで派手な方法をとるとは思わなかったので最後の最後で吹きました。
ちゃんと見殺しにできるんですか、お嬢様は??

7話 6話 5話 4話 3話 2話 1話

「相棒7」詩人の自殺☆☆☆

新相棒がミッチーに決定!?ウヒー全く予想外の人選(><)

そんな記事で半分記憶が吹っ飛んでしまいましたが、なかなか面白い回でした。
何しろ、朗読会!!
本当にあんな前衛芸術の様なんでしょうか。照れ屋で滑舌悪いと詩人になれませんよ。

それに盗作って、それこそ言葉選びに敏感な人が集まるだろう詩壇で、作風が変わった変だとか言われないんでしょうか?

そんな知らない世界への興味も引きつつ、盗作が明るみに出て一件落着?と思わせておいて終盤でドーンとひっくり返す趣向は楽しかったです。
アルツハイマーとは。40代で発症でも若年性と言われるだろうに、あんな若く(><)それは絶望もするでしょうけれども。だからって、じゃあそれを活かして死んでみようよ、はあまりにあんまりな提案ですよね……。

そして、来週は陣川くん登場かー!
と喜んでいたのですが。今は既に再来週の最終回に気持ちが跳びまくりです(><)ミッチー!!
こういっちゃなんですが、気障が2人並んで捜査ですよー。得意不得意分野が似すぎて居そうです。子供の相手はどっちがするの!!
それとも全然違う役作りをしてくるのでしょうか??そして「相棒8」では完全に2人で解決して回るんですよね??うわー。

「浪花の華」最終回☆☆☆☆

”おもろい”ドラマがついに終わってしまいました(><)

事件の方は、ラスボス?佐伯は自分から顔をさらし、抜け荷のこともペラペラと喋っておいて
「お前たちは知りすぎた」
も無いもんだ、という簡単な展開。でもいいんです。
"民の心”を語り、弟子の命の為に土下座もできるテンユウ先生。駆けつける左近、若狭。燃えさかる牢からの脱出は、最終回にふさわしい盛り上がりでした。

そしてついに、左近をかき抱く章!キャー
待ってました!!
でも章は「好きだ」とは言わないんだね。怪我が心配だ、危険に飛び込むな、無事でいてくれ、としか。むしろ自分を見殺しにしてでも無事でって、最大級に愛してるとも言えるわけですが。
左近も左近で、
「江戸に行くなと言っても、行くのだろう?」
分からないじゃない、左近が頼んだら章は大阪に居たかもしれないじゃない!
でもそんなことは言わない。現代なら19,20才の若者はまずしない、相手の人生を思いやる恋愛なのでした。

互いに天命があって、道が分かれて行く2人。
逆に同じ道を行く同志夫婦、テンユウ先生とお定先生が抱き会うのをみながら章は何を思ったのでしょう。切ない(><)

「俺は大阪が好きだ、大阪に恩返しがしたい」
江戸に発つ前の章の台詞。1話から思えばずいぶん変わりました。成長したものです!!

1話30分という短い尺で、はしょり気味でしたけど毎回ワクワクさせられました。
商人が元気だったり、お定先生の啖呵が小気味よかったり(左近も押され気味 笑)、いっそ大河ドラマも市井を舞台にすればいいのにと思ったり。

左近と若狭の婚約は、ないことになった様ですね。(章のせい??)
そして若狭も左近も江戸生まれ、別流江戸支部もあるんだと最後の最後で明かされましたよ!!だったら、江戸でまた章がピンチになったとき、どこからともなく笛の音やら石つぶてやらで助けられ、左近と再会できたりするかも……??
そんなほのかな希望を残しつつ。

浪花の華は明日、開く!!きれいな最終回でした。

8話 7話 6話 5話 4話 3話 2話 1話

「相棒7」髪を切られた女 ☆☆

来た来た芹沢くんが、特命係に!!(こっそりと 笑)
安全課にみられないように、バレバレなのに顔を隠したりブラインド下げたり、腹が痛い?と抜け出しての現場捜査だったり、苦労している様子が面白かったです(^^)

しかし、事件の方はなんか変。
老監督に入れ込んで、脚本の代筆までしちゃう印刷所社員……どうして?
てっきり、その昔亡くなったエキストラの妹だったりするのかなーと。現場で死んだらしいと分かってきたところでもまだ、”これで撮影はストップね!”と嫌がらせで死んだのかとハラハラしていたのですが。
なーんだ、ただのファンのただの事故??
なのに、いい大人が雁首揃えてチーム組んで偽装工作だなんて!!
(いっそ川に投げちゃえばいいじゃん!何故きれいに部屋に連れて帰るの??  あ、違う違うまず救急車ね ^^;;;)

そして最後に
”ダッテ監督ハモウスグ死ンジャウシ”
と言われてもねー。殺してはいないとはいえ。
そんな勝手な&別に掃除のおばさんでも同じことしたんじゃないかと思うと、どうにも空回りな感じでした。

チーム偽装工作の腕前は、他の事件でみたかったかな。
ていうか、『髪切り魔』はこれっきり??
そしてもっと素朴な疑問。高校時代の友達……の、恋人の葬式に行くの??なんて義理堅いの芹沢くん。

「ヴォイス」8☆

それは火事場泥棒でしょう??
↑黒こげランドセルからキーホルダーをお持ち帰り。

子を亡くして泣き崩れる親は描けても、子供の遺品に勝手に触られる親の不快はスルーですか。(後から許可もらったかも?どころじゃないよコレ)
そこに引っかかるまでは、普通に「いい話」をみてたのになー。

今回も自己犠牲。自分が助かるより、もう息絶えた子供の遺体を焦がさない道を選んだ男の物語。
火事で家族を亡くしたのかなーと思わせておいて、実は元火事現場の鑑識として、火事の恐ろしさを知っていた人。
これと学生のB型肝炎感染?を絡めて、プロたるもの多大な危険を覚悟してでもやり遂げなきゃいけない仕事がある!という「いい話」なのですが。その危険って、法医学者なら解剖中の感染。でも火事で死ぬかもしれない職業って……鑑識は別に死なないよね…。現場に突入も守備範囲外の筈。
どーしてこれ、元消防士の話じゃないの??
どーして??(笑)

「最初は放火犯と間違われる」
「警察関係者でびっくり」
を入れたくて不自然になったような。体格のいい、元消防士さんが火事場で亡くなってもひねりがないものねー。……いや、そんなひねり要らんけど。キーホルダーも、自分が助け損なった子の遺品とかならベタだけど納得なのに。

そして大己の妄想発表、”うちの子は変態オヤジに殺された”と思ってる親には聞いてもらえませんでした。え、そこ大事なんじゃないの??

学生の仲良しっぷりや、オタク談義(保存用空ケース 笑)は面白いのにねー。

「銭ゲバ」7☆☆☆☆

ついに刑事が”転んだ”か!!
ここ、奥さんが死んでしまったら金を借りる理由もないし恨みは強まるしで台無しな訳で、本当にギリギリ綱渡りな風太郎。
「全部俺がやりましたー」
告白も、録音されたら一発なのに……。”お金持ち”はそんなことしないのかしら……。

と、そこここに穴があるからこそハラハラと、もう最初から最後までクライマックス??
幼い風太郎は裏切られ、
ダーク緑は暴言を吐き、
食堂兄が金で動いたのも、早速家族にばれてるし。

今度は自分から風太郎の耳をふさぐ茜には、もう涙。
だって、風太郎が普通に聞こえていた様に見えたんだもの。ということは、茜も最初から全て聞こえていた……??
また茜の最期に出くわした時も。
「生きても死んでもどっちでもいい」
といった言葉通り、あわてず騒がず、関心なく眠り込んだように見えたのですが……衝撃のあまりの放心状態だと言う人も居るし。どちらなんだろう。
予告もなかったし、来週を待つしか。

そんな中、いちいち笑えるのが10億転がすオヤジ(笑)
金の力で人を侮辱し、
「世の中金だ」
とつぶやく姿はそのまんま風太郎で……この親にしてこの息子あり、な訳で……

本当に最終回どうなるんだろう。
三国社長の若い頃捨てた女が、風太郎の母だったとか言う路線だけは無しでお願いします。

それにしても松山ケンイチの二役、食堂兄をみていると時折”いや似てないよ”と思う瞬間があります。似てないも何も本人だっちゅーに、印象が揺らぐんですよね。不思議な役者です。


6話 5話 4話 3話 2話 1話
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ