ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2006春ドラマ

「ギャルサー」6 ☆☆☆

 恐怖、ヤツホシテントウの呪い・・・・は、いいとして(笑)

「必要のない者など、初めから産まれてこない」
いいなぁ、このシンプルなメッセージ。
自分は居ていい。だから相手も居ていい。だよね。
一時教育界を席巻したという問い
『どうして人を殺しちゃいけないんですか?』
の対極というか。
・・・といいつつ、そんな深遠なこと考えているとも思えない軽さが好きです。

 1人ずつ消えていく少女たち。
てっきり商店街オヤジが捕まえて、説教してるんだと思うじゃないですかー。それが、なにもしてないんですから逆に笑ったよ、もう。
 シンノスケはまた、捕まえる予定のない『人間』を大量捕獲してしまったわけですが・・・・全員、ゆで卵にあたってお腹コワして集まってきてたってことは。えーっと。あの中、とっても怖いことになっていたのでは?ていうか、エンジェルハートのアジト内に、トイレはないの??(あっても掃除してそうにないけどね)

 あーんど、ちっともきちんと探してないイモコ。
結構身近にいるみたい?それも、探されていると分かっているみたい??

「富豪刑事デラックス」IT社長殺害 ☆

 後半ぐだぐだ。
殺害現場か、死後動かしたのかぐらい鑑識で分かるし、愛人男の理屈もメチャメチャでんがな。

 でも正直、事件はどうでもヨシ。
行き詰まった会議で
「あの〜」
と挙がる美和子の手がパウダーでキラキラしていたり。
『金持ちの男』で罠にかけるとなったら、焼畑署の面々がイケメンポーズとってたり。そんな小ネタで充分楽しいです(^^;;;)

 そして今回の立て役者はKIKU様!
誕生日の『内緒のプレゼント』凄すぎ(笑)
・・・彼女が逮捕されてもショックな様子もなく。ただの情報収集ついでに、ちょっと楽しんだだけということなんでしょうか。それであのプレゼントじゃ。大事な美和子の誕生日には毎年どんな騒ぎなんだか怖くなります。

「医龍」6 ☆☆☆

 また出たよ、スーパー看護師が!!

 それも気管切開するの、挿管で気道確保するのってレベルじゃないですよ。外科手術してキレイに血管切り取っちゃうってんですからねっおいおいっ
 そんなにも現場では、『無能な医者より、経験ある看護師』って空気なのでしょうか。
そりゃ我が身で考えたら、技術ある人が現場にいながら見殺しにされるのはイヤですよー? イヤだけど、権利も資格もない人に命預けるのはもっとイヤですよー。それじゃ、なんの為の資格なの(><)

 さておき、じっくり手術を描いた回でした。
金魚鉢にもずらっと白衣の人達。その他もTV中継にかぶりつき。・・・急患はよそへ回ってもらうのかしら(^^;;;) ていうか、命運を賭けた大手術なら、トイレタイムの代行員ぐらい用意しておけばいいのに・・・・。
(実際、何時間にも及ぶ執刀中って、そういう問題もあるでしょうねぇ)
 ドラマじゃ良くある、パニックな手術室に颯爽と現れる天才外科医。でも実際は裏でこんな風に慌てて手を洗って、「最低15分は」かけて準備が必要なんですね。

 そして、そんな努力もこんな騒ぎも、すべてひっくりがえしてくれたのが妖しい北村一輝の裏切り!!やったー!期待通りだよ!!

 過去の因縁がこれから語られて・・・・・最後は、阿部サダオも入れた「最高のチーム」でリベンジ手術ってことになるんですか??これがスポーツだったら、和解した北村一輝もチームに入ったりするのかもしれないけど(笑)

「ブスの瞳に恋してる」6 ☆☆

 手編みのセーターを友人と合作。・・・意味無いじゃん!!
どすこいラーメン一丁、出前してあげるほうがミユキらしいのに。

 今まで、ずっと唐突に差し挟まれてきた元カノ@井川遙とおさむの幸せな生活。
ここにきて「前に進めない」ほど、その恋の不幸な終わりに捕らわれていたと言われるとなるほど納得です。何をしていても考えちゃ・・・ってたよね。確かに。

 せっかくみゆきの気持ちに応えられそうな時だっただけに、実に不幸なタイミングですが。相手がこんなエピソード付の井川遙じゃ、気持ちが巻き戻されちゃうの、仕方がない(その分、別れにまったく葛藤がなさそうなエビちゃんが可哀想 ^^;;;)

 どすこいラーメンのおかみさんの恋?と同様に。空回りで終わってしまうのか、みゆきの恋??
・・・っていうところから、どう復活させていくのかに俄然興味が湧いてきました(^^)
 売れない構成作家と駆け出し女優、じゃなくて、売れっ子の作家と脚本家というクリエーター同士で何かぶつかるものがあるのかしら。それとももっと簡単に、面白いホンが書けなくなるとか。

「みゆきさんが好きです!」フラグも、やっと立ちそう??

「木更津キャッツアイ」5・6 ☆☆☆☆

 5回は、丸ごと哀川翔レスペクト!

 ・・・と思ったらその裏で、哀しい事件が進行していたのでした・・・。なのにそのサブタイトルがドラマ「さよなら小津先生」のもじり(^^;;;)
 中身は「ミッションインポッシブル」もといチン、だし(^^;;;)
 哀しいけれど笑っちゃう。それが人生?

 1話から、死ぬ死ぬと言われつつ元気に野球と犯罪やってるぶっさんなのに身近な人に先を越されて、本当に死ぬことが怖くなる・・・。深いなぁ。

 木更津のどこかに、瞳にサファイアのはまったスキー帽かぶってビール呑んでるタヌキの像が本当にあるのかもしれません。ニャー。

 アニは収まるところに収まった気がするけれど、猫元監督はどうするんでしょう。ヤクザに弟子入りするのかな。ていうか甲子園本当に、行くの??

「アテンションプリーズ」5 ☆☆

「どんなCAになるのか、見たい」
そりゃこっちもそうですって。ここまで酷いと、仕上がりが気になります。
周りと違うってことに気付いてないのは・・・・・散らかし方だけじゃないやい!服装立ち居振る舞い、今までのすべてじゃないかーい!

 1話をみていないので分からないのですが。
アレですか。美咲は採用面接の前に、おじいちゃんに道を教えたりおばあちゃんを背負って横断歩道を渡ったりしましたか?で、それがJALの会長夫婦だった、とかさ。
(架空の航空会社にしておけば、その手でいけたのにねー)

 三神教官に、辞めないでと訴えるところぐらい敬語で!
「CAになりてーんだよ」に慌てて「・・・です」と付け加えるぐらいでいいから、ちゃんとなろうとしている、という意志を見せて欲しかったです。
 でもやっぱり、チョンボに気づいて逃げ去る美咲は可愛いんだけどねー。

「いい女になりたい!」
という美咲に喜んで応えるミス4月。
どんなトンチンカンで酷いことをさせるのか・・・とワクワクしていたら、大筋はいちおうエステにお茶修行。結構イイヒトじゃないですか。

「おいしいプロポーズ」4 ☆☆

 「失恋のスープ」・・・ランチに出されたら縁起わるーい(^^;;;)

 どうでもいいハズの女の危機を、助けに行っちゃう御曹司。
これって恋の定番ですけどね。その危機が『自分の父親=社長』ってのが斬新かもー(笑)いい年してどれだけ元気なの、社長。そりゃ切り抜けるには、息子の恋人のフリしかない・・・・のか?
 ちょっと強引。
ていうか、軽装で帰っちゃうけどヒロイン。出張料理に持ち込んだのは食材だけだったのかしら(^^;;;) ま、いっか。

 3回忌にことよせて、件の良くできた亡き兄さんが実子で、現御曹司が庶子だったことも語られて。
 おまけに想う彼女は「好きだけどNO」という最低に未練の残る返事で退場です。
ヒロインもらい泣きだもんね。
まずは同情からコトは転がっていくのでしょうか・・・・・。

 楽しくみています。
『強い者には卑屈』なオオコウチさん、可愛いわ♪
呼ばれれば即参上のオオカワチさんも毎回笑ってます。・・・2人が名を呼び合うところはうっとおしいけどね。

 ラストで再登場の銀行マン。どう話に入ってくるのでしょう?。

「ギャルサー」5 ☆☆☆

 ジェローニモのいいわけ講座@実演付、サイコー(^^;;;)

 喫茶店のマスター眼鏡、鬼の・・・もとい妻の居ぬ間に息抜きで豪遊。留守番に雇われたカウボーイが、渡された奥さん対策マニュアル、読めるのか?と思ったらローマ字でルビうってありましたね。
「と、言って切る!」
まで口にだして読んでるカウボーイの機転のきかないところもサイコーよっ

 そんなわけで、小ネタが楽しい今回でした。
相変わらずシンノスケ、イモコ探しはすぐ忘れてるよー。

 お話しは「いいわけ」。
「だってぇ〜」に始まり「**なんだもん」で締める(笑)いいわけは、身に覚えがあればあるほど不愉快(ニンゲンダモノ^^;;;) まあ遅刻ぐらいなら赦されるとして。
 書類がない、なんて深刻な問題は・・・放置するわ無くすわ、ちゃんと探さずに騒いでるわ・・・
『放火してシンノスケになすりつけ』
が間違ってる以前に、こんな奴に仕事頼む時点でもうかなり間違ってるだろうっ

 ・・・あの程度の書類なら、偽名やニセ署名並べてでも会場を押さえる方が先だよね・・・って、そういう実利より保身に走ってしまったのが、淺知恵ってことでしょうか。
 これみて子供は、「下手に誤魔化すとドツボにはまる」という教訓を得るのかな(笑)

 近所の小学校の給食で、例の「ありがとう大地」唱和してるらしいですよー。分かり易くて、家族で観られる道徳番組扱いなのかも(次が人気番組「エンタの神様」だし?)

 持ち回りのティアラに、何か陰謀が・・・・??と思ったら、全くどうでもいい伏線でがっかりしました(^^;;;) もっと早く宝石紛失がわかってればさ
”犯人扱いされるから、VIPルームに入ったと言えない”
という、書類探しより放火を選ぶ動機にもなったのに。イヤそれでも強引だけど。

「涙型のアメジストは謝罪の印」
 詩人だシンノスケ!
その強運で、宝くじでも買ってみたら当たるんじゃないかしら・・・。
それとも、ネイティブアートで何か作って路上で売るとか。おまわりの月給で3人暮らしは可哀想だよ!!

「医龍」4・5 ☆☆☆

 だからナゼ脱ぐ(笑)  <<屋上イメージトレーニング

 とうとうチームでの手術始まりました!ワクワク。
 てっきりバチスタは終盤ですると思っていたので、早い展開に驚き。手術始まってからが(野球マンがみたいに)長いんでしょうか?

 前回は、研修医まだ悩んでるしまたまた医局の腐敗だし、既視感ゆるゆるでしたが、今回は楽しかったですねー。
 アイスドール加藤先生の、昔は熱血だった過去が描かれて(女性誌みながら菓子パンで昼食って可愛いよー)ついに
「第一助手は私がします!」
来たキター。これを待っていたーっ!!

 意外や、にゃにゃーつ麻酔医は参戦を断ってきたし。東北医大の妖しい彼氏は、絶対なにかジャマをしてくるし。ERの先生も
「手術は掛け算」
と、結果がゼロ=失敗に終わる可能性をほのめかすし。
 一筋縄ではいかないに決まっているバチスタ手術。局長の出世とかはどうでもいいから、成功して欲しいですねー。

 ところコミックリリーフ、長髪の変な外科医(池田鉄洋)、最近は彼の出番が結構楽しみです(^^)

「富豪刑事デラックス」4 ☆☆☆

 でたーっ豪快な無駄遣い!!

 宝くじの当たりは
「たくさん買ったら、何枚かは当たりますでしょう?」
 一見勝ち馬を予言したように見えるVTRは、
「当たりが出るまで繰り返したんです♪」

 すっごい元手のかかる無駄遣いをしながらも、丸損ではない・・・・イヤ、下手したら増えているところがミソです。金持ちの強運って腹立つわー。(^^;;;)

 悪徳占い師に変わって、美和子ちゃんが信者を惹きつけちゃえ大作戦!!
カワイイわ可笑しいわで幸せでした(^^)

 もちろんツッコミどころは満載で、例えば競馬は一億もぶっこんだらオッズが変わりますから。今日は誰か、変な買い方してたって丸わかりだと思うし・・・。
 悪徳占い師の方も、特別な指示をだしていないなら、標的以外の人が罠にかかる可能性だって高いでしょう?(あの日、焼畑市での事故率急上昇だと思うよ!)

 それに毎回『神戸美和子』って本名を堂々使うのも、あの神戸家のお嬢さんだ、と気付く人がいそうに思うのですが・・・もしや、あのお嬢さんなら占い師ぐらいしそう、と納得されちゃってたりして(笑)

「弁護士のくず」5 ☆☆☆☆

 うわーびっくり!!

「おとうさん!」と、若い頃の九頭の写真(ほっぺが真っ赤・笑)を持って現れた子供。
未婚の母だったお母さんも亡くなって、育ててくれてるオジサンとオバサンも悪い人じゃないけれど貧しくて・・・って、この状況で父親探しまでして触れ合ったら、なにやら養育家の事情を解決して元の鞘に戻るとか。やっぱり最後で『私たちが育てます!』と向こうがいうとか!思うじゃないですか。
 まさか本当に、引き取って帰っちゃうとは思わなかったよ九頭さん!

 でも、自分を悪い男だとさんざいいながらも、昔の彼女を思っていた気持ちはとても伝わってきたわー。涙まで流して。また実の父らしき男が、金の話しかしないんだもん。
「お前なんかじゃない、俺が父親だ!」
と啖呵切ってしまうまでの流れが切々と自然でしたね。
その言葉に喜んでしがみついてくる子、聞きましたよーと請け負う事務所の仲間(^^;;;)、後悔する九頭の半べそ、いやあ楽しかったです。

 一方の、認知だ不倫だで揉める夫婦の方も「血縁より想い出」でカタがついたように。彼女が欲しかったのはDNAだけの父親でも、育てるだけの人でもなくて、
「俺が父親だ!」
と叫んで庇ってくれる人だったんでしょうね・・・。
(でも現実として、こんな独身男が少女を養育だなんておかしいと思うんだけどな。実子認知できるの?それとも養子縁組?)

 ジャージ着ててもカッコイイ九頭さんのスタイルに脱帽。
弁護士になる、と熱い夢を語ってたヒモ時代があるなんて、九頭さんますます素敵です!

「ブスの瞳に恋してる」4,5 ☆☆☆

 走り方が変だよ、吾郎ちゃん。

 恋するみゆきったら直球勝負で、仕事も捨ててきて
「だって好きなんです!」と大告白!!
この時の泣き顔がもの凄くて、ちょっともらい泣き。ここで女優さんだと、きれいに映りたい泣き顔で入れ込めないんだよねー。

 さすがのニブチンも、ここまではっきり言われたら揺れてきましたよ!!
占い師(ミッちゃんサイコー!)まで訊ねたりして。

 ただ、「みゆきはオサムが好き」と聞いてそれを利用した、あの若手構成作家くん。あの時はダークにニヤリ、だったのに。今週はいきなりイイヒトで、2人の仲を取り持ちたがるのね??
 交際発覚!のエビちゃんよりも、どすこいラーメンがオサムは好きなはずだ!!・・・っていうその確信はどこからくるんだー??

 井川遙も脚本家として凱旋帰国。そっちで攪乱してくるのか。
私としてはそろそろ、周りの男の子に「みゆきさんが好きだっ」って人が登場して、オサムをあせらせて欲しいのですが・・・・。

 先週食堂で居合わせた「拙者」の人。TV画面やどすこいラーメンにも出没してますね(笑)これは単なるお遊びか、何かの伏線か??

「おいしいプロポーズ」3 ☆☆

 酔った勢いでキス。
・・・って、君さっき吐いてなかった??ギャーッッ
酒臭いだけならまだしも。もうロマンチック台無し(TT)

 その後、広尾の豪邸に一生懸命連れて帰るのもワケ分からない(亡兄と彼女と3人の写真をみるとかの制作者の意図はあるとしても)
帝国ホテルのロビーにでも捨ててきたらいいのに。それとも、連れていくなら自宅かな。同居人も居るなら安全。というか、さっさと帰らないとまた要らぬ誤解がふくれるぞー。

 春樹とヒロイン、彼女と精神科医のダブルデート。
いい感じの向こうのカップルに対抗でもして、てっきりつきあってるフリでもするかと思いきや・・・・そんな見栄を張る余裕もないぐらい、お姉さまが好きな春樹くんは好感度ますますアップでした。可愛い可愛い。
 ヒロインの昔の恋人を、天野ッチ(兄)だと勘違いしてるのも笑ったなー(いや視聴者もそう思ったし!)
 そこで「一口ちょうだい!」パクパクッなハセキョーは、可愛いというよりもおバカさん。

 ・・・そうなのよー。肝心のヒロインなのに、名前も覚えられないぐらいどうでもいいちゅーか。やけ酒御曹司につきあうのも、必死で家まで送るのも、なんだかわかんないのよー。ウワサぐらいでスタッフ総スカンって、普段から人望なかったんじゃないですか(^^;;;)
 そして自転車置き去りはマジ迷惑だ。守衛さんに謝りなさい。

 なんだろう。
 例えば、普段から誰相手にも全力投球な娘なんだってエピソードでもあれば、あれもこれもヒロインらしいなって思えるのかな。お祖父ちゃん負ぶって歩道橋渡るみたいな(ホントカヨ^^;;;)
 何故か小林聡美が代わりに演じてるところが脳裏に浮かんでしまいます。うーん、せめて深津絵里にしよう。あ、レストラン連想で「きらきらひかる」かな。

 小林麻央のお姉さまと、小生意気な婚約者(?)サエコは出てくるたびいい仕事してると思います。2人で会話して欲しいナー。ていうか姉妹じゃないのかあの声質は(笑)

「アテンションプリーズ」4 ☆

 上戸彩鑑賞タイム。
何しても本当に可愛いなぁ。脚広げてぐだぐだ座ってさえも、汚くないの。
 取材にやってきたTVスタッフ曰く
「オーラがあるよ」うんうん。

 というわけで、もう話なんかどうでもいいやの回。

『スッチーなんて空のお茶くみ』
と、かつては自分で言ってたヒロインがやっとやっとやっと、それが失礼だってわかってくれたんだけど。だからってイキナリ殴りかかるとか、反論が「テメーコノヤロー」なのって、やっぱりどうかと思ってしまう。

 目の奥に傷があるんだという整備士君。
航空大学まで出て、パイロットにならず尚かつ関連職種についているんなら、心にだって傷があるって分かるだろ普通!!
 訓練施設で2人、パイロットごっことCAごっこをする場面には泣かされちゃった。だって美咲はこれから『それ』になるのに、彼には『それ』は手に入らないものなのよーっ
 なんて残酷。

 来週は化粧の練習をするそうです。
そういう裏話を気軽〜に楽しんで、何も残らないドラマよね。
あー上戸彩可愛い。

「ギャルサー」4 ☆☆

 インテル入ってる!!
・・・というか、インディアンもウソをつくから使い方を知っているわけですね(^^) お宝サボテン『お見通し』。トゲ発射の時にいちいちノケぞるのが可愛かったのに、食べられちゃったー(ジェローニモのリアクション最高♪)

 ギャルに身長・・・もとい年齢制限があるんですの回。
18才で卒業。300人もいたら毎月誰か抜けるだろうに。中にはやっぱり残りたいーって思ってた娘だっていただろうに・・・と、ちょっと納得いかないのですが。そこは粘った者勝ちかな。
 16才、とサバをよんで通っちゃう23才西園寺!!矢口真理が真価を発揮したキャスティングでしたー。

 昔の仲間に『ギャルなのがばれる』のが嫌か。
ギャル仲間に『ババアなのがばれる』のが嫌か。
例によって「ウソをつくな」と正論で迫るシンノスケですが、今回は長丁場になったのもあってキレが悪かった様な。
 同窓生のレポーターが見事に嫌な女だったので、アイツが野放しは片手落ちって気がするせいかもしれません。あの白々しい
「私たち友達でしょう?」
で、トゲ刺さなくちゃですよ『お見通し』!!
そして「お前もウソをつくな」ってシンノスケに怒ってもらわなきゃです。

 キタナイだの「子供にも出来る踊り」とか貶されちゃったギャルサーにも、見事なパラパラ披露させてあげたかったかも。
しかし練習中の風景みるだに、無表情で揃えて踊るパラパラ。”余興”として呼んで盛り上がる気がしないのですが・・・・(^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ