ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2006冬ドラマ

2006冬ドラマ総括

 優秀だけど規律を重んじない。「相棒」の右京さんみたいな人があちこちにいるシーズンでした。
「N'sあおい」然り、「アンフェア」然り。
 あれで、雪平が撃った弾が肩に逸れていれば『命を救った正義の人』でいられたし、あおいの挿管で患者が死んでたら『人殺し』だったんだよね。その点は対極(^^;;;)
 仕事熱心なのも、属する組織『病院』『警察』が病みまくっているのも同じ・・・・。

 『時効警察』も、事件を解決できないから時効になるのだし、『神はサイコロを振らない』でも駆け回るのはヒロインばかりで企業は静観するばかり。

 大きな組織に対する世間の不信感がどーっと出てる・・・ってことなんでしょうか?


 ここで『喰いタン』をこじつけようと頑張ってみましたが、あの脳天気はさすがにちょっと場違い(笑)
『白夜行』で病んでいたのは『親』になるのかな(^^;;;)

 視聴率的には「西遊記」が20%超え続けて映画化(!)の次点が「喰いタン」だそうで、せっかく「白夜行」力作だったのに話題にならなかったですねー。

 じゃすみん的ランキングは
1位:「白夜行」「時効警察」

4位:「N'sあおい」「アンフェア」「喰いタン」
5位:「神はサイコロを振らない」

 1位は時効つながり・・・・じゃなくて(笑)
出来上がったもの自体は真逆でも、世界を作ろうという意気込み、配役の熱意といったトータルの仕上がり感が似ていたと思うのですよ。
「白夜行」あんなに暗いCDプレゼント告知は初めて聞きました。「時効警察」あんなにふざけたオープニングタイトル&フィクション告知も初めてでした(笑)

 で、ちょっと下がって以下に続くと。
「サイコロ」は小林聡美始めキャストは素晴らしくて、時に泣かされたくせに、逆にそれが惜しくなるアンバランスで申し訳ないけど下の方。「喰いタン」みたいにもういっそあきらめて観られる方がラクです。

 そうそう、「相棒」を忘れてました!
大好きなシリーズなのに、途中から録画がたまる一方で最終回もまだ見ていません〜。他のドラマもつまると、1話完結の気安さでつい後回しになるし・・・・。 さすがに第4シリーズを2クールとなるとだれました(私が^^;;;) ぼちぼち観ます。

 「けものみち」、「白夜行」の裏じゃなかったら観てたと思うけど結局消化しきれずリタイア。
4月からも木曜は10時代でかぶるんですよね。ドラマ枠はずらして欲しいなぁ。
 

「N'sあおい」最終回 ☆☆

 命を救うためならば、何をしてもいいの?

 看護士の身では違法な気管挿管、結局またやっちゃいましたよあおいちゃんは!!しかもハンガーだのレンチ使用のサバイバル式ですよー(><)
 それで、総師長が助かったんだからいいじゃんかって「処分無し」、怖すぎる(^^;;;) 助ける為に開頭手術が必要ならば植木用ノコギリで切るぞこの子は。せめて謹慎して欲しいです。

 結局、ぎりぎりで立ち位置を変えてあおいと高樹をかばった田所副院長が、責任をとって辞任。
今更のようにスタッフはうち解けるわ、高樹と田所は違う方法で同じものを目指してたんだとかフォローはいるわ。そうそう、その前に副院長の御母堂急逝で、屋上で泣き言を洩らす場面などあったりして!!
「出世することが親孝行だと思ったのに」
ああ西村さ・・じゃなかった田所先生!!

 どれもこれも急展開。
とくに杉田かおるの田所評は口開くたびに180度違うんだから、いいかげんです。普段からいい加減な人がそれなら構いませんけどねぇ。反撥→和解を盛り上げるためにキャラをテキトーにされちゃあ・・・・。
 それに、医療の領分に何かと踏み込む主人公あおいが、結局医者になりたいようにしかみえません。看護士でいる自分をどう思うのかもっときっちり描いてほしかった・・・・・・
 とかプチプチいいつつも。
 西村ファンとしては 突然の見所満載に心拍数増大!いや〜ん素敵!とTVにかぶりつきでした♪

 地元に戻る田所先生。実は見送るスタッフ達。
お別れで変に涙なんかみせることなく、ぎこちないながらも和やかに、仕事があるんだから短く。スタスタと去っていく背中がまた素敵でイイ場面でした。
(手土産に「番長」のおいなりさん持たせてあげたら良かったのにー)

「桜川は良い病院だ」

 そう、ドラマ開始には、入院したら殺されるとまで看護士に言わせた桜川病院も、3ヶ月で見事に立派に・・・・えーっと研修医が1人で挿管出来るようになって、でも稼ぎ頭のドクターが1人減って・・・。電子カルテ化もまだ遠く。
 いくらやる気で補っても戦力ダウンな気がするのですが。その辺適当にごまかして盛り上がる最終回でした。

 桜舞い散る春。
健康が何より大事です。

「白夜行」最終回 ☆☆☆☆

 なんて見事に救いの亡いことに。

・・・いや違うかな。だってすべてを知っている笹垣(金八)が生き残ったものね。

 赤ん坊が生まれたのを知って、なお死を選んだ亮司。それって、母親と当の赤ん坊にとっては非道いことだけど、もしかしたら彼も
「ちゃんと伝えてやる」
と言ってもらっちゃったから安心して死んでいったのかも知れないです。その前に笹垣を刺してもとどめを刺さなかったのも、彼がいれば雪穂は大丈夫だと思ったのかも

 初めはただ可哀想だった子供2人が、だんだんと人非人2人になり、結局バカ2人になってしまって。それでも
『雪穂のために』
先に死んでいった亮司は、後にのこった雪穂がどうすると思っていたんだろう。
 あらゆることをゆがめて、
『亮司のために』
雪穂があんなウソをつくとは思っていたのかしら・・・・・。

 死人に口なしをいいことに、自分をイイコにして解説していくと事件は全く別の顔に。
2人で手をつないで自首していたら雪穂の罪ってほとんど教唆や幇助で大した刑にならなかったかもしれないのにね・・・。
 店も財産も無くして廃人同様って。結局亮司の償わなかった罪までかぶった様になっちゃったじゃありませんかー!

 彼女にはお金だけだったんだから。亮司の他にただ一つ信じられた、金さえ無くすなんて可哀想すぎました。

 それでも最後、日の光の下亮司Jrの手を握ることが出来た雪穂は幸せなのかしら・・・・・。
薬剤師の彼女と雪穂はどんな話をしたのかしら、しなかったのかしら。その後関係は続いたのかしら行きずりだったのかしら。いろいろ想像がふくらみました。
 いつもの暗い歌声にのっていつものエンディング、本棚で遮られて子供と大人時代をくるくると変わっていく(もしくは変わらなかった)彼らが可哀想でちょっと泣きました。

 で実は、あの指輪が欲しいなーと(ミーハー^^;;;)ちょっと公式に寄ってみたら、DVDには違うエンディングが収録されるとかなんとか。映画でも、カット部分が足されて良くなることは滅多にないので、蛇足なつけたしは止めて欲しいなと思いました。買う訳じゃないけど。

「アンフェア」最終回 ☆☆

 だから雪平には麻酔銃持たせとけってば。

 愛する者を失う哀しみを、自分と同じように与えようという殺人の動機。
語り出されたときにはチープでしたけど、最期の場所に横たわって唄うという雪平の儀式まできっちり見せられればもう、文句ないや(何かありげに光った雪平の目・・・・まさか、愛してて、結局復讐が成功しちゃってたことにやっと気がついたとか。鈍いんだし・笑)

 タイトルバックでは、各死体を殺した映像をみせてくれるサービス付♪・・・っていやん、そんなエグイの要らないから。
鑑識カオルちゃんのその後とか、オジサンが安藤君にもらったパソコンの中身だとかやって欲しかったかな(^^;;;)・・・ ハスミの動機とか。

 前回まで見終わったところでは、ローマ数字の話数が「×」になっていて『上手い!』とヒザを叩いたものでしたが。そういう映像美以外には・・・・どの人もこの人も怪しいって描き方にもう、マルチエンディングかよと推理する気をなくしてました。 それでも、最後まで楽しめたかな。再放送で前の方みたら『こいつ犯人のクセに』と思えるわけですね。

 ただし。あの警察の不祥事てんこ盛りが管理官更迭だけで済んじゃ嫌だ。
雪平を筆頭に、刑事採用基準を考え直した方がいいと思います。ロボット三原則みたいな矯正刷り込みでもしておいて欲しい。

「Ns’あおい」10 ☆☆

 医者2人参加で花見。・・・って、ヒマなんですかー?

 止めると見せかけて「外出許可」をバーンと出したり、硬い花芽の横に一枝だけほころぶ桜があったりと、相変わらずのベタドラマっぷり。その度に
『その前に殴られてたらどうする!』
『早咲きの品種探せば3月でも満開なのに』
とツッコミいれつつ、まぁ安心して観てられますね。

 厳しかった総師長が、実は昔あおいの母を看取った看護婦さんで、あおいは左遷でなく引き抜きで異動されていた、という展開も感動的にベタ。
 その後の脳出血、脱輪、『あおいが挿管するしかないのか??』・・・で来週、最終回です。
だからあおい、挿管できる資格とりなってば。

 実は原作をまとめて読んだところなので、あの事件をこの人で、これはこっちと原作のエピソードを実に分かり易く配置し直して人物整理をしたもんだと感心しきり。ベタはベタとして、きっちり作るには腕が要るんだなーと思ったりします。
 来週も安心して大団円をみせてもらえますよね?

 今週は、総師長にやりこめられちゃった田所副院長。
でも、振り返り際の表情など西村さんの細かい演技を堪能でした。スーツもコートも白衣も、背中のラインがピシッと美しくてうっとり。
総師長の危機に、来週はここぞとばかりに嵩に掛かってくるのでしょうか?それとも最後は味方になるのか?
その辺だけはハラハラしています(^^;;;)

「神はサイコロを振らない」8 ☆×

 うっわー、ムカムカしたっ!
だってメガネの漫才母が、主人公に丸投げでなーんにもしてないんだもん!!

 消えちゃう前に、先輩と漫才の舞台をしたい。そりゃいいんだけど。
当の先輩は自分で電話して場所捜してるぞ?それを、
「お願いします」
だけで、立派なホール借りさせてちらしまで作らせてっ!!!
せめてちらしぐらい自分で・・・・と思ったら、なるほど後で
「こんな暖かいちらしは、私には作れません」
とヤッチが言わなくちゃいけないのかー。でもさー。

 それならせめて、ヤッチの私費で借りた大ホールはキャンセルせずに、彼女が1人でカラオケ唄うなり、パイロット君連れていって舞台と客席で
「最後の日は2人で過ごしませんカー?」
と大声でやりとりするなり、大金を払っただけのことをさせてあげて欲しかったんですよー!!

 ささいなひっかかりかもしれないけど。
あの100万円だかの大金を、わざわざ私費で、キャンセル不可、と描写したからには失って悔やむなり割り切るなりなんとか使うなりのフォローもいれてくれなくては!!

「休め」と言ってくれたのがあの上司(岸部一徳)だったり。
「サンキュー」の一言に泣いちゃうニート君だったり。
イイ場面がぱらぱらあるだけに、残念なり。

「喰いタン」最終回 ☆☆

 きおく喪失!どひゃ!!

 喰いタンそっくりな人・・・・が現れたからって、箸の握り方も食欲も違ったら他人のそら似ってなりませんかー。それが、いきなり懐探ったらホラ、箸の片方持ってましたよって!!そんなぁ(^^;;;)
 しかも、おにぎりで記憶が戻ったら箸の持ち方も元通り。うへぇ。

 前回あれだけ盛り上げておいて、亮介くんは弔い合戦かと思ったら組織に門前払い。なのに喰いタンの方は、記憶のないまま当の麻薬組織に拾われていた、いっそそっちが観てみたかったですよ。公園で踊ってたの??食べてたの間違いじゃなくて??(><)

 そしてチャイナ服のインリン!!
中国語喋ってるところ初めてみてびっくり。

 ホント話の方はするすると、お弁当つきで潜入捜査する喰いタンが、偽の情報をつかまされるなんてコトもなく進みますから。 途中の女装とかダンスとかインリンとか。小ネタで笑って普通に進行ですよー。

「食べ物を粗末にしましたね?」
で格闘パワーアップ。最後も子供に言い聞かせるような教訓で締め。
思えば初回の寿司が一番小難しいトリック(?)で、次第に子供もよくわかるドラマになっていったような。楽しかったですけどー。

 視聴率も良かったそうで、続編やSPで戻ってきてくれたら嬉しいです。
その時は是非もっと、キャラを全面に出した楽しい話で(殺人とか無しで)お願いしますー。そして、亮介君はキョウコちゃんに振られ続けちゃってね♪

「時効警察」最終回 ☆☆☆

 メガネが曇るわ、イギリス人だわ・・・・(^^;;;)
初回のギャグを踏襲、見事な最終回でした!
ゲストのローリーも良かったなぁ。先週、TVチャンピオン「芸能人弾き語り王選手権」でみたばっかりなんですよ。バンド再結成に向けての露出増でしょうか。それにしても、あまりにぴったりな役で大笑い。
 「アンズ」さんのところに帰ってきた女学生は、ローリーの落とし胤っちゅーことでよろしいのよね?

 で、殺人&盗作事件でしたが。

 1年に1曲。15年もの間、他人の才能をもてはやされて生きてきたってあまりに哀しい。
でも殺人犯かどうかは別として、たいした才のなかった女が、恋人の死後突然名曲を(それも彼に作風のそっくりな)発表したら、そこの点だけは疑われないんでしょうかねぇ?
 まぁいいや。
『だれにも言いませんカードF』角が丸めてあります(笑)最高!

 これが最後の事件。帰りのバスで。
霧山から柄にもない礼の言葉なんか言われて、泣き出しちゃう三日月ちゃんが可愛かったなぁ。あそこで告白しちゃえばいいのにー!!
 風で飛んでった婚姻届け、だれか拾って提出しちゃえばいいのにー(笑)

 最後でまた新たな婚姻届に、霧山の署名捺印が!!
パート2で使ってくださいね!!

「白夜行」9 ☆☆☆

「行かない」ってドコへ? って思いました。・・・・カマトトじゃなくて(^^;;;)

 勃起はするけど射精しないそうですよ。
ていうか、強姦だ死姦(わ、変換しないよATOK)だ売春だと不道徳てんこ盛りでも、サラッと流してたじゃないですかー9時台のドラマらしく。それがいきなり露骨になられてもー。ベルトに手をかけられてもー。

 あと「え?」って思ったのが雪穂と亮の故郷。
東京近郊だと勝手に思ってましたけど、上京に新幹線が要るようなところなの? でも死体を持ってって埋めるような距離でしょう?? まぁいいけど。

 雪穂の本音を喜び、苦悩を想って涙してくれた養母。自首をすすめ、罪を償って出所してくるまで待っていてくれるって。
 そんな理解者を、殺しちゃあいけなかったんじゃないの?亮くん。

「時効警察」8 ☆☆☆

 荒熊さん♪ありがとう♪ って、間違えるかそんなとこー!!

 そんなマイマイな話はおいといて。
今回もぶっとんでて楽しかったですねー「時効警察」!
 霧山君のそっくりさん、事件当時にそっくりだったんだから現在はもっと老けてるだろうに、ちっともそんな話にはならなくて、下着泥棒疑惑には笑いましたー。
『変態でもいい!』
と心を決める、健気な三日月ちゃんにも笑いましたー。
でも三日月ちゃん、君相変わらずただの都合のいい女だよ(涙)

 事件は、入学試験での入れ替わりから、発覚を恐れての殺人。
相変わらず初動捜査が適当で、現場の靴痕とかツメの間の微物とかいっくらでも痕跡は残していそうですけど・・・そこが目的のドラマじゃないからなぁ。
 被害者が森に向かった理由も、『2人で昔埋めた』思いでの品を見に、なんて。2時間ドラマだったら瓶をみせられたら親友の名を呼んで泣き崩れそうなものじゃないですか。それがー。
「なんて書いてあるの?これ?」
って、自分で書いたクセにっ感動の場面が台無しですがなー。
(またその2人の書いた字が、同学年とは思えない差で能力差を如実に表しておりました・笑)

 亀にやどかりに沢ガニ・・・・それが何の説明もなく霧山宅で皿にのってるところも、好きだわー。

「Ns’あおい」9 ☆☆

 やっぱり資格だね!
看護にやりがいを見いだしたバイト小僧が、カバンから取り出してみせたのが看護士学校の申込書(?)とにかくなんか資格を取るんだそうです。前に民間救急車のドライバーさんもそんなこと言ってたし。
 手に職あるのが一番だよねー。

 そして仕事への熱意は人生を救う、ということで。
 昏睡のつづく花屋さんが、奇跡的に反応をみせた。
きっかけになったのが「音」。花市場の競りの雑踏音だったんですねー。

 ちょっとうるっと来ると同時に、考えちゃいました。私を呼び起こすのは何の音だろう、それだけ深く愛するものは今あるだろうかって。

 で、その昏睡患者を邪魔者扱い、看護も無駄だと言ってた田所副院長。覚醒の兆しを聞くなり宗旨替え。「私が指導した」とかインタビューされてますよー(^^;;;)
 嫌なやつなんだけど、ちゃらちゃらバイト君にきっちり意見するところなんかは、やっぱり素敵です。

「アンフェア」9 ☆☆

 雪平の親友、ハスミさんがもう悪丸出し(><)
みおちゃんも完全殺すつもり? こりゃあ悪い男に手を貸したとか、金が目的とかいうレベルではない黒さですよ? ってことは、雪平と知り合ったのも何か企んで近づいたってことなんでしょうか??

 ゴミ箱からみつかった牧村さんのメールのプリントアウト(何でそんなものが?)
『アナタの正体をしってるわ ハスミさん』
を手に、ハスミに詰め寄る雪平元夫。
・・・・だから、撃たれた時の安藤といい、どうして1人で行動するのかなー(><) 元妻には、親友への嫌疑を知らせたくなかったのかなー。

 ・・・そして、死体が。

 その他ゾロゾロ、今週だけで何人死んだっけのマヒ状態。もう警察の仕事越えてるよね、こんなの。
推理からは程遠い気持ちになりつつも、見届けたい気持ちで見ています。

「喰いタン」春よ来い ☆☆

 家の冷蔵庫に小麦粉。
うちでも入ってるけど、それはお菓子を焼く用です。だって、お好み焼きは山芋とだしが配合済みの『お好み焼き粉』使うもん!!それでたこ焼きだって作るもん!(大阪のスーパーには『たこ焼き粉』もあります)そういえばホットケーキってこともあるよね。
「小麦粉を水で溶いてたらお好み焼きでしょう」
には、納得できませんよ高野さん(笑)

 まぁ事件はさておき。今日は亮介@森田くん祭り。かーわーいーいーっ
お熱のキョウコちゃんをめぐってのヤキモキ♪時限爆弾でピンチとなったら
「キョウコちゃん好きだぁ!」絶叫
・・・だけでなく、彼女の返事を待って子犬の瞳で見上げてくれちゃって!!

 それ以外でも、麻薬捜査官@蔵之介とデート(違)したり、高野さんに永遠を誓われたり、無精ひげのおちびさんがモテモテですねっ

 謎の男:高野聖也が失踪して最終回に続く、なのですが。
どー考えても来週の佳境に、何か大量に食べ物持って(もしくは「腹へったー」と)喰いタンがひょっこり登場することに間違いはないので、ナンの心配もなく森田君を鑑賞させてもらうことにします。

 それにしても、後番組の藤木直人はどうしちゃったんでしょう?ギャル?カウボーイ?「ギャルサー」??

「白夜行」8 ☆☆☆

 共利共生。なるほど。

 金に執着する雪穂が哀れだ、とすんなり離婚してくれた旦那でしたが、見ているこっちはもうその旦那が哀れで。
 離婚する気満々の雪穂が、放置しようが逆ギレしようが煽ろうがグッとコブシを握ってこらえてきたのに、クスリ盛ってまで暴力をでっちあげって、そこまでしなくても(^^;;;)

 亮が表の社会に出て、雪穂との連絡も頻繁になって、悲壮さが薄れてきた2人なのですがまだまだ、『普通に幸せ』への道は遠いみたいです。

 それより何より、毎回恒例の『重たい独白』に『いつもの曲』がかかって、そこに同じ調子で
『「白夜行」のサントラCDが発売されました』
って流されると微妙な気分じゃありませんか。だからって、素の山田君と綾ちゃん並んで明るく告知されてもぶち壊しですけどねぇ。

 離婚で、「MAKOTO’s CLOSET」から「R&Y」に名前の変わった雪穂のブティック。あの雪の散りばめられて、視聴者にはそりゃ亮&雪穂な命名ですが、先輩の疑惑の目にまでそう見えているとは!
 そこで、「Rって何?」と聞かれて、共同経営者の名前を即答の雪穂。うわ、そこまで考えてパートナー選んだんだのね。

「アンフェア」8 ☆☆

 狙撃、雪平を狙ったのに牧村さんに当たったなら笑える。

 ・・・だって、すごい距離あったよ。誰が撃ったか知らないけど。

 前回予告といい新聞の粗筋といい、普通なら誤魔化すだろう安藤死亡をやたらアピールと思ったらやっぱり、偽装工作でしたよー。だよねー。
 それでも、当の牧村に安藤生存をみつかっちゃった時はまさか、とどめさされちゃうかと心配しましたけど、さすが「アンフェア」、まさかの社長襲撃!それもカメラクルーに囲まれて、と来ましたよ!
 この世界のワイドショー、視聴率もの凄いんじゃないだろうか・・・・。

 とにかく、まともに何考えても無駄そうなので、雪平の相変わらずの部屋ときちーんと美しい元夫の家を見ながら、一体雪平と彼が夫婦していたころの家の中はどうなっていたのかと想像してみたりして。

 雪平の娘が、いくら喋らなくて筆談だからって耳は聞こえているわけでしょう?
犯人と牧村さんとの電話の内容だの、匂いだけじゃなく分かってることはいろいろあるんじゃないかと思うのですが。さて。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ