ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

富豪刑事シリーズ

「富豪刑事デラックス」最終回 ☆+☆

 いやもう、ドラマ界のヨシモト新喜劇!
毎回同じコトをここまで続けられると、やっぱり笑うしかないもんなぁ?。

 それでも5万人のサクラが雇えるなら、普通に両方のマジックショーに2万5千人ずつ警備員配置デキルだろっ持ち物検査もデキルだろっ ということで、
「もっと面白いショーをしてしまえば・・・」
理論が全然説得力ないんですけど!!

 挙げ句、マジカル美和子(だっけ?)の身内として堂々とおじいさまが記者会見しちゃったら、身元バレバレでっせ?。

 それでもなんでも、美和子が可愛いから赦す(^^;;;)

 結局、美和子の恋のフラグはほったらかしで、『いつもと変わらぬ焼畑署』を強調して終わり。これはもしや・・・パート3があるんですか??まさか映画化?モウイイヨー

「富豪刑事DX」 芸人とパティシエ×××+☆

 こりゃないよー。

 パート1の発明家と科学者の話をまるっきり焼き直し。しかも改悪。
  身ひとつですむ芸人やもう店持ってるパティシエなら、本当に才能があるならとっくにもう売れてますってばー。

 試作や施設に大金がかかるからこその、 発明家や科学者という設定だったのに。しかも、金と女への恨みをバネに、結局は才能が開花したという皮肉なオチだったのに。台無し。

 とはいえ、やっぱり美和子ちゃんは可愛い。
毎度毎度の捜査会議も、資料室で励ます寺島さんとのやりとりもいい感じ(いつもの坊やとの恋は進めないのかな?)


 レストランやブライダル会社流行らせたりしながら『24時間監視』してた(凄い!笑)のか、それぞれ重なっていないのか。
エンジェルホテルが規模を拡大して出てきたからにはヤクザ抗争の回よりは後なんだろうけど…

「富豪刑事デラックス」IT社長殺害 ☆

 後半ぐだぐだ。
殺害現場か、死後動かしたのかぐらい鑑識で分かるし、愛人男の理屈もメチャメチャでんがな。

 でも正直、事件はどうでもヨシ。
行き詰まった会議で
「あの〜」
と挙がる美和子の手がパウダーでキラキラしていたり。
『金持ちの男』で罠にかけるとなったら、焼畑署の面々がイケメンポーズとってたり。そんな小ネタで充分楽しいです(^^;;;)

 そして今回の立て役者はKIKU様!
誕生日の『内緒のプレゼント』凄すぎ(笑)
・・・彼女が逮捕されてもショックな様子もなく。ただの情報収集ついでに、ちょっと楽しんだだけということなんでしょうか。それであのプレゼントじゃ。大事な美和子の誕生日には毎年どんな騒ぎなんだか怖くなります。

「富豪刑事デラックス」4 ☆☆☆

 でたーっ豪快な無駄遣い!!

 宝くじの当たりは
「たくさん買ったら、何枚かは当たりますでしょう?」
 一見勝ち馬を予言したように見えるVTRは、
「当たりが出るまで繰り返したんです♪」

 すっごい元手のかかる無駄遣いをしながらも、丸損ではない・・・・イヤ、下手したら増えているところがミソです。金持ちの強運って腹立つわー。(^^;;;)

 悪徳占い師に変わって、美和子ちゃんが信者を惹きつけちゃえ大作戦!!
カワイイわ可笑しいわで幸せでした(^^)

 もちろんツッコミどころは満載で、例えば競馬は一億もぶっこんだらオッズが変わりますから。今日は誰か、変な買い方してたって丸わかりだと思うし・・・。
 悪徳占い師の方も、特別な指示をだしていないなら、標的以外の人が罠にかかる可能性だって高いでしょう?(あの日、焼畑市での事故率急上昇だと思うよ!)

 それに毎回『神戸美和子』って本名を堂々使うのも、あの神戸家のお嬢さんだ、と気付く人がいそうに思うのですが・・・もしや、あのお嬢さんなら占い師ぐらいしそう、と納得されちゃってたりして(笑)

「富豪刑事デラックス」3 ×

 犯人(長井英和)が可哀想に見えちゃったよー(^^;;;)

 大富豪に振り込め詐欺の回。
三百万円ほど、と言われて拒否。「せめて三億円は」と自分で額を釣り上げるお祖父さまには笑っちゃっいました。そして手渡して土下座しなきゃって。巷の被害者も、そのぐらいの誠意で行かずに振り込んだりするからいけないんですね?
 美和子ちゃんの張り込みも、フルコースお食事して、睡眠とって、生演奏っちゅーか歌手までついてスゴイスゴイ。金子くんはちゃんと怒った方がいいですよ、警察が何やってるんだ!って(笑)

 でも事件の方は、富豪ぶりが暴力シーン同様、必須でなくてただのスパイスな感じ。
振り込め詐欺をやり返す・・・って何かと思ったら、一度じゃないじゃん。何度も何度も、警察組織ぐるみで、結婚までちらつかせて金払わせて!!
 あまりに立派な結婚詐欺なので、だんだん笑えなくなっちゃいましたよー。しかも美和子でしょ、どうせ手も握らせてないんだよ、非道すぎる〜。

 それで、囮にされた挙げ句に殺されちゃ化けて出るから。No doubt!

 前回も書いたけど、もうひとひねり。買い取ったビルが無駄に稼いでしまう描写が欲しかったです・・・・・。そういうの考えてないのかなぁ。

「富豪刑事デラックス」2 ☆

「とっさに飲み込」めるかぁあんなデカイもの!!
(それが出来るなら、ナマズのトリック不要だし)

 家元争いとダイヤの行方の、今回は解決編。
でも語られるのは憶測と推理ばかりで、伯爵が本当になにを考えていたのかは不明。・・・と、マジメに評するようなものじゃないしなぁ。動機は「愛」でしたか。うへぇ。

 見所の『デラックス』も、無駄使いと贅沢を混同していて、伯爵じゃないけれど所々お下品。
テーブルいっぱいのお菓子だなんて、意味無いじゃん。美和子の為だけに働くパティシエがいればいいことで。
 その点、「ワタクシ、コンサートというものには」行ったことがなくて、なんとかフィルが丸ごと家で生演奏・・・というのはなるほど納得。おまけに、ティケット(笑)をとってあげよう、だのレコードの音とは違う、などと言っちゃった伯爵に恥もかかせてたしね。

 しーかーし。

 「富豪刑事」の真骨頂は、犯人逮捕の為の『浪費が』また新たな『富を産む』ところにあるんじゃないですか。
「私のために無駄遣いをしてくれる」と感涙にむせぶばかりのお祖父様を、うっかりもうけて怒らせてちょうだいよ美和子ちゃん。(そういえばお祖父様、このシリーズでは昔の悪行を美和子に隠していないのね。)

「富豪刑事デラックス」1 ☆☆

 お金持ち同士って顔見知りじゃないのかしら。
「ワタクシを誰だと思っているの!」byデビ夫人 に、首を傾げる美和子。 それだけ神戸家が成金でつまはじきってことかしらー。

 『中庭』でのランチに象やライオンが侍り、ヘリからジェット機に乗り継いでご出勤のヒロイン・神戸美和子。なるほど、前作よりデラックスに&バカ度UPでしたねー(^^;;;)

 これがTVドラマで出来ちゃうのなら、是非「葛飾区亀有公園前派出所」を実写でやって欲しいと思いますよー。あれに出てくる中川くんなんか正にこんな感じ(笑) 美和子も私服でお仕事じゃなく、ディオールとかシャネルに作らせた制服着てくればいいのにー。成金成金。

 巨大ダイヤをめぐる東京での大騒動と、京都の華道家元での家督争いがリンクするらしいなど、初回は頑張ってこった話になっている模様です。でも別にいいのに。筒井康隆原作がもうない以上、そんなに期待してないのよ。美和子の可愛いずれっぷりが観られれば。

 エンディングがあの唄じゃなかったのがちょっと不満。

「富豪刑事」最終回 ☆☆♪

 風に舞う大量のお札が、渋谷に銀座に、自由の女神に凱旋門に降り注ぐ・・・・・って、どんな強風なのっどんな札の量なの!!
「世界中が迷惑してるぞっ」( ^0^ 爆笑っ)

 中途半端だった美和子の恋は、いっそほったらかしで大正解。
 分かり易いトリック、「愛のメモリー」唄っちゃう松崎しげるとミッチー、もうホントにどうでもいい展開なのに嬉しくなっちゃうのは何故でしょう?。最終回までこのドラマ見続けてる人なら、何しても許してくれるだろうと思ったのかも(そしてそれは正解かも ^^;;;)

 ついに明かされた瀬崎さまとお祖父様の因縁も、美和子の祖母を争ったかと思ったらそこまでも行かない仲の娘の話っ(回想シーンでの若き日のお祖父様が、やっぱり片メガネで笑ったわー)

 前半、原作をいじっては壊している様子にイライラしたものですが後半になってからは慣れたのか楽しくなってきました。推理関係なくひたすらくだらなく成金でいてくれるとスッとしますっ
「特命係長 只野仁」の様に、くだらなさにこだわってレベルアップして戻ってきて欲しいです。

「富豪刑事」 射的大会! ☆

 小学生が一億円ゲット!!御両親気絶したりしなくていいんですか(笑)

 議員と同じく、私もライフル射撃部出身なんですよー。いくらマイナー競技だからって射的と同じにされちゃ涙でるんですけどっ「射撃大会」じゃ人来ないしねー画面が面白いからいいか…(耐)

 そもそも、議員バッチより靴跡の方が動かぬ証拠っ硝煙反応はどうでしょう。
ライフルなんて特殊なもの使うより階段から突き落とせって話ですが・・・・・。
最後、神戸巡査を殺そうとしているところを『貴方を守るため』に来た警官に目撃されちゃったりする皮肉でチャラにしておきましょう。

 なんたって目玉は、射的大会を宣伝&司会するラブリー深キョン!
不審な人物が・・・『あの人よ!』なヤクザ刑事さん!決勝にのりこんだくせに外す鎌倉警部! つまりは小ネタですね(^^;;;)

 孫娘の大活躍に、今度は茶碗壊しちゃってる筒井御大。
あの秘書、やっぱり大事なモノ持ってる時を狙って報告しているとしか思えなくて笑える・・・。

 議員が古田新太、その妻に濱田マリ、射撃部の後輩に大倉孝二と豪華ゲストでしたっ特に大倉くんの使い方がもったいなかったわ。

「富豪刑事」6 ☆☆

 あれれ、面白かった。原作切れを心配していた割に・・・・。

 相変わらず推理そのものはどうでもいいです。
 こだわってた奥さんの絵。描かれた場所が殺人現場か?なんて思ってみてたけど、大事だったのは土地勘の有無だけ。だったら別の理由で運転させてもいいじゃん。
 大富豪故の視点も、目新しいのは
「別荘が1つとは限らない」
だけ。(人材を送り込んで会社急成長、は火事の回でやったよね)

 でもでも、脇キャラが立ってきて随分助けてくれてたかも。
捜査会議でのいがみ合い、神戸刑事のものまね付き(^^;;;)拍手
ヤクザ刑事の聞き込みが、神戸刑事の影響受けてる(^^;;;)拍手
 婦警2人も、初めて活きた使い方してもらったんじゃないでしょうか!

 最後の筒井先生コーナーですら、秘書キャラがのさばってきて面白くなってました。例によって、儲かって激怒しちゃうお爺さまは文句の付け所がございませんっ。これなら最後までなんとかなるかしら。
 それとも、単に私が『慣れた』だけ???

 先輩刑事との恋の運命??だけが、とってつけた様で残念っ

「富豪刑事」 誘拐、ヤクザ ☆☆

「ヤクザのみなさーん、こちらでぇーす」
と、バスガイドの様にホテル内を連れ回す神戸深キョン♪メイクが濃いわっでも可愛いっ♪

 これで、この行動がヤクザ二組を鉢合わせさせないためとか、意味があると尚良いのですが・・・宿泊部屋忘れてますから!! ん、もぉ。 ただのバカ娘にはしないでよぉぉぉ

 誘拐の回では逆に、父親が札をつめるなり「(カバンが)新品ですよ?」と一言。
一見するどいツッコミですが・・・違うわっ
『庶民の気持ちになって考えてみる』までは、そんなみみっちいことどうでもいいでしょう。 たかが一千万円、庶民にはとっておきのグッチにでもぐいぐい詰めちゃって下さいよ。

 お気楽極楽バカドラマ・・・だからこそ、枝葉には充分気を遣ってほしいのになぁ・・「只野仁」に負けるなっ! ゲストガッツ石松の「OK牧場」のノリで行くのか、誘拐で息子の暗躍をほのめかしたダークなムードで行くのか、ブレブレですがなぁ。

 とうとう原作ネタ尽きて、次回からどうなっちゃうのか不安でたまりまへん(^^;;;)
 
 相変わらず、お爺さま登場の場面だけは完璧です!

「富豪刑事」3 ☆☆♪

 お爺さま、いいなぁ〜。儲かってしまってご立腹♪
そうですよ、前回もそれが欲しかったのよ。特許で成功して儲けちゃった・・・っていう一話とのつながりがっ。 「ひまわり」も修復できてて良かったわぁ。

 で、原作のある回は流石にまとまりがいいです。
”事件が起きたのと、同じ間取りでビルを新築”した挙げ句にライバル会社を設立。同じ方法でまた殺人を犯したくさせる・・・なーんて罠、富豪以外に考えませンって!!
 新会社の名前が「ありす」(^^;;;)

 ・・・でも、あれれ?
 それで犯人は捕まらないの??

 終盤、河原でのやりとりは謎が多かったです。
わざわざ3兄弟を呼ぶ理由がない。 そして、要らない3兄弟がいる以上、神戸巡査=ありす社長をみつけたからって
「お前警察だったのか!」
には、なるわけないじゃない。あーんな私服なのに!!

 まー、婦警さんも話しに絡めようと無理をしたのかな。

 最後、ニセ会社が良い製品つくってまた儲かっちゃってます(笑)

「富豪刑事」2 ×××

 うっっわー、つまんなかったぁ!!

 期待のゴージャス感、ゼロ。
絵画って難しいよねぇ・・・。宝石やベンツなら、とりあえず「大きい」という物差しがあるじゃないですか。直球でいくなら金の延べ棒や札束の山。
 でも絵画って、大きさじゃないもの。
 「実は本物」「ニセモノ」って、脚本自ら口先だけで評価を変えてありがたみを踏みにじってどうするんですかー。

 どうせ絵画を扱うなら、贋作集団を捕まえるために美術館をひとつ建てちゃうとか!
「このルノワールはニセモノです!だって本物は私の部屋にかかってますから」なんてどうでしょう♪

 タバコで焦がした「ひまわり」が真作と知った相島さん、悶絶してましたよね。絵ヅラはちょっと面白いですが、人類の宝を損ねるなんて、ギャグにしていいことじゃないです。しかもお嬢ちゃん気づいてないんだもん。
きちんと「だめですよ、真作なのに先輩」って注意してあげてくれないと(^^;;;)

 『ほんの5億円の絵』をぞんざいに扱うんじゃなく、『娘が描いたパパの似顔絵』をモナリザと並べて扱う、そっち方向に感覚狂ってて欲しいわぁ。

 ・・・ま、「七瀬記念美術館」に免じて今回はこの辺で。

「富豪刑事」1 ☆☆☆☆

 ブラボー・ラ・バカドラマ!!

 新人刑事は、大富豪の孫娘♪
リムジン(たまに自家用ヘリ)で出勤し、家の中に森があり、楽団に生演奏させながらのディナー。無駄に豪華でイイですねー。

 予告に笑いながらも、期待が大きすぎて正直不安だったのですが、やってくれました。特にお祖父ちゃん、原作風味もばっちりにノリノリで最高です!
 深キョンのお嬢さまもナイス!
 演技としては「南くんの恋人」と何も違わないのですが、ゴーイングマイウェイな別世界キャラをやらせたら、彼女の右に出るモノ無し。主人公を女性に替えた甲斐があったというものです。

 メインは時効ギリギリの5億円事件。
隠した金に手をつけさせるには、容疑者がお金を使うようにし向けましょう!
私が囮になって近づきます!!

 ・・・リムジンで乗り付けてくる小娘、誰が刑事だと思うもんですか(笑)
しかもその後、おだてて騙して、「罠でしたゴメンナサイ」じゃ、誰だって殺したくもなるってものです(^^;;;) 「5億円ぽっち」発言に、犯人よりも同僚刑事が怒っていて大笑いでした!!

 あー面白かった。これから木曜が楽しみです♪

 でも、面白い原作をほぼそのまま仕立てたら面白くて当たり前。
2,3話しかないストックが尽きてからどうするのかが問題でしょう 。最後まで楽しませてくれたらいいなぁ。

 脇役刑事さんたちも粒ぞろい♪
相島さんもヤクザさんもいい味出してますよ?。イケメン兄ちゃんと深キョンが恋に落ちたりするんでしょうか?最終回は入り婿で結婚式か??

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ