ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2005冬ドラマ

「Mの悲劇」 7 ☆☆

「君に会えて良かったと思ってる」
えぇぇぇぇぇえええ????あんなことされて?

 ちょっと見なかった間に何がどうなったんでしょう。取られ燃やされダマされ貶められ、あげく緊縛監禁されてませんでした?
 チャンネル変える途中で思わぬ言葉を聞いちゃって、つい釘付けに(笑)

 まあ、目の前で死のうとしてる人を見殺しにする程堕ちてないというならそれもいいです。自分にも非があると思ったならそれもいいです。

 でもねぇ。返せるものは返してもらえばいいのに。
 燃やした何千万円だかを一生かけて返せと。マモルが美沙と亘にしてしまったこととそれとは別だしね、かえってその返金が生きる目標にもなるってもんじゃないですか。
 何でも甘やかせばいいってもんじゃないです。

 とりあえず周囲には名誉回復も出来て、日常を取り戻しそうなマモルさん。
ただし、元の彼女とはよりが戻らない。それは納得です。あんな疑い深い女、
「疑ったことなら謝る」
って、そういう問題じゃないし。ていうか彼女が、自分より美沙が好きになったのかと言い出さなかったことの方に驚きましたよ?

 そして、美沙とは別の場所からあがる火の手。
 元部下も怪しいし、守衛の美青年もチンピラとつながってるし。専務と美沙の両親の繋がりまで??

 美沙事件だけじゃ1クール分ひっぱれなかった様子です。
この謎の波状攻撃をくぐり抜ける間に・・・・まさかまさかマモルと美沙が結ばれるとかいう、困った展開に向かうんでしょうか。そ、それだけは止めておいた方が・・・・。

「87%」7 ☆☆☆☆

 そんなコトもしてるんだ、ワコール!!

 普通にオーダーメイドを注文するワコールサロンには行ってみたことあります。きれいなお姉さんがいい匂いの中優しく説明してくれるんです。
 それがそのまんま画面の中で、でも特殊なものを紹介してくれるので呆然と見ていました。なるほど・・・ビーズ入り。パッド入り。そうなってるんだ。
 ていうかあの娘、『そうなってるもの』が必要な状況なんだ??全摘出?

 晶子自身の買い物で行くのでなく、あくまで「頼まれモノ」なところが憎いです。
「いえいえ、私は・・・」
といいながら、だんだん姿勢が前のめりになってく晶子。ついでに自分のぶんも買ってきたとかいってるし(笑)。 恋する女の子にはちゃんと可愛い勝負下着が手に入って、良かったよ!!
(この娘の御両親は来ないの?? でも母親には頼みにくいか ^^;;;)

 先週から引っぱった『飛び降り』が実はベッドからぴょ〜ん程度だっただなんて、普通だったら許されないところですが、もうすぐそんなことも出来なくなる・・・と言われるともう降参です。
 そしてまた黒木先生の静かな説得がいいの。

 その黒木先生、参観日でいきなり授業に口出し。
 それも、円周率3,14がおよそ3になっちゃう小学校教育相手にどうでもいいようなコトを・・・・・。
 おまけに心を病んだままの黒木義母まで加わって、まったく滅茶苦茶な状況なんですがそこで語られる黒木先生のクソ真面目さ、誠心誠意のあり方、それを受けて晶子が気付く信頼のあり方にはまったく納得させられました。

 困った人だけど、そんな黒木先生だからこそ信頼を寄せるんですよね。

 だからこそ、後のデートでの台詞
「ガンになるのは普通のこと」
を、慰めでなく普段から考えてたと言われて納得なんですよね。

 いわゆるスーパードクターとはほど遠い黒木先生で自分でも「人間としてどうかと思う」などと言ってますが(^^;;;) その弱さが心地よい人物造形にとても惹かれます。

 車椅子でのデート中、カツラをとった少女。転院していきました。冗談めかして言っていたように、20才にはなれないのかな・・・。
「普通に恋して、普通におばちゃんになって」
死にたかったなんてささやかな望み。何も努力せずに全て叶えてしまった自分がとても幸運だったのかと改めて涙が出るのでした。

 リストラされた晶子・・・いっそワコールは雇ってくれないのかしら。

「救命病棟24時(3)」7 ☆☆

 ヒゲのドクター、自宅全壊っ!

 しきりと毒舌吐く彼ですから、被災した患者さんの心のケアがどうこうな話に
「家が潰れた者の気持ちが、お前には分かるのか」
「放っておけばいいんだ」
と言い捨ててもいつもの通りです。
 それが画面が変わると電話中で、どうやらマンション全壊ですよ。

 発覚のタイミングがあざといよねー。前振りゼロだしねー。

 またそれを患者に告白なんて似合わないことしだすからびっくりしましたが・・・・途中でセルフツッコミいれて止めちゃうところでチョイ受け(^^;;;)
 その前の看護士と違って同僚も聞いててくれなかったし、肝心の患者さんにも
「不幸自慢しやがって」
と 感激してもらえてなくて可哀想なんだか自業自得なんだか。
 こういう人大好きです!!

 岡山の楓先生は、どこから持ってきたのかきっちり喪服着て(婚約者の遺体もちゃんとネクタイしてるよね)葬式で酌して倒れています。
 過労?PTSD?
でも、彼の産まれ育った土地の自然の中で癒され、彼が見た夢の中の自分も救命医だったから、と。ラストで早速戻ってきちゃいましたよー。早っ

 往復何時間かかるのか知りませんが、滞在日数入れても一週間かかってませんよね?
もうちょっと休んでていいよ。いえ、頼むから休んで。

 今回、揉め事秘め事のある入院中夫婦を、さっさと同室の並んだベッドに移しちゃった進藤先生。さすが、手術の腕は一流でも心の機微は今ひとつ読めないと評判の彼らしい荒療治。
・・・・結果オーライでホッとしました。

「特命係長 只野仁」17 ☆☆☆

 が、学校でしちゃダメでしょう(^^;;;) 先生プレイでいつもより盛り上がってる場合じゃないです。 只野さんも誰を叱ってるんですか誰を。っていうかドコを(^^;;;)
 でも一番受けたのは、女子アナちゃん(三浦理恵子)が上履きはいてたコトです!!

 おやおや私メイン人物の役名すら覚えていません。毎週見てるのに!!それでもゆるゆる〜っと楽しんでます。

 人気キャスターと社長夫人の不倫。目くらましに利用されちゃった女子アナ!写真をネタに強請る男!! この部分だけ取り出すとしょーもないんですけど、目玉は只野さん鑑賞ですから!!

 犬の散歩でみせた”決め顔”の前の、長〜〜〜〜いタメ!最高(笑)日本の心、歌舞伎ですよね。英語がこなれているのもポイント高いぞ!!
 かと思うと、トイレトイレと海老のように後ずさり、「上を見て生きる」秘書と一緒に天井見上げて
「電球切れそう」
というハズシッぷり。アップで鼻くそまで掘ってくれましたけど、それでも(というか、そこまでやる高橋克典が)格好良く思えて来ちゃうんですよー。

 対する永井君、まだまだ普通にカッコヨクって捨て身まではいってませんね、って捨てなくていいのよ。
 TV局の仕事に慣れて、転職しちゃいそうな永井くん。似合ってました。
「台本は命だっ」
の言葉通りに、台本で命拾いするオチまであって最近ホントに脚本がまともです。この第2シリーズみて昔のレンタルなんかした人、どーしょもないんでびっくりしちゃうんじゃないでしょうか。

 最後、ひっそりと廊下をゆく只野係長。
挨拶を返してくれた人がいて、本当に嬉しそうにニッコリする。まだまだ世の中捨てたもんじゃないぞ、なんて。こっちまで嬉しくなってしまいました。
(このダメ係長を好きなOLエビちゃんの話、どうなるんでしょうねぇ)

「富豪刑事」6 ☆☆

 あれれ、面白かった。原作切れを心配していた割に・・・・。

 相変わらず推理そのものはどうでもいいです。
 こだわってた奥さんの絵。描かれた場所が殺人現場か?なんて思ってみてたけど、大事だったのは土地勘の有無だけ。だったら別の理由で運転させてもいいじゃん。
 大富豪故の視点も、目新しいのは
「別荘が1つとは限らない」
だけ。(人材を送り込んで会社急成長、は火事の回でやったよね)

 でもでも、脇キャラが立ってきて随分助けてくれてたかも。
捜査会議でのいがみ合い、神戸刑事のものまね付き(^^;;;)拍手
ヤクザ刑事の聞き込みが、神戸刑事の影響受けてる(^^;;;)拍手
 婦警2人も、初めて活きた使い方してもらったんじゃないでしょうか!

 最後の筒井先生コーナーですら、秘書キャラがのさばってきて面白くなってました。例によって、儲かって激怒しちゃうお爺さまは文句の付け所がございませんっ。これなら最後までなんとかなるかしら。
 それとも、単に私が『慣れた』だけ???

 先輩刑事との恋の運命??だけが、とってつけた様で残念っ

「H2 君といた日々」6 ☆☆☆

「大変だったね・・・」
・・・ってウソつくなぁ(^^;;;)

去年まで愛好会だった寄せ集めが甲子園ですよっ!血反吐を吐く努力、ウサギ跳び、素振り1000回腕が折れても〜♪ も何もしてないクセにっ 遠い目でつぶやくからうっかり頷くところだったじゃないかーっ
ここは素直に奇跡を喜ぶだけにしておいてください。じゃないと甲子園に行かれない球児が可哀想すぎ。

 さておき甲子園です。
 英雄とヒロの高校って同じ東京でも地区が違うんだ(^^;;;) 今更気付きましたよ。
なのに宿舎が一緒で、自由時間のジャーマネとのデートがメインって、さすがあだち充原作。

 行き違い&陰謀から はるかちゃんと英雄、ヒロとひかる(とみそっかすキャッチャーくん)の組み合わせに。これがいいんだー。
 ひかるといると、どうにも英雄君ってダマされている様に見えるのよ。イヤ実際、ダマされてる!!「やましくないなら」って、やましいもん!抱き合ってたの内緒だもん!!

 それが、一途なはるかちゃんとならほのぼの微笑ましいし、ヒロならばひかるが何騙そうと見抜いてるって言うか平気そう・・・・・・。

 でもそんな相性が、ままならないのが恋なのよね。
そういえば木根くん。明和の腹黒マネージャーとお似合いじゃないの。くっついちゃえ!!

 きょうもはるかちゃんはヒロくんラブ一色で、可愛かったです♪

 笑ったのは自販機のお茶、「茶う茶う」
「茶う茶うちゃう?」(「茶う茶う」ですか?)
「茶う茶うちゃうんちゃう?」(「茶う茶う」ではないのではないでしょうか?)

「87%」6  ☆☆☆

 はらはらと涙をこぼすモッくん・・・・・可憐だ。

 また、思わず頬に延びた晶子の手をはらうでもなく、
「どうして貴女の手が僕の頬に」
って訊ねる天然ボケぶりがたまりません。

 手術はやっと行われ、無事終了したようです。
途中黒木先生が泣いちゃったせいで、長くかかったらしいのですが・・・奥さんを亡くしてから4年、封じ込めていたものが溢れてきたのでしょうか。

「事故」とか「改良」とかいう言葉から、奥さんの死の謎がまた少しずつ見えてきます。
そして黒木邸。
ソウ太を孫扱い=黒木先生が晶子にその気? ・・・じゃなくて。
 ネジのいかれちゃった黒木義母の中では、ソウ太くんは本当に亡き娘さんが産むかも知れなかったお孫さんになっちゃってたのね。

 手術は済んだけど、これから長い長い闘いが始まった・・・とマラソンに例えて話す晶子。なのに今医者を止めるだなんて、黒木先生無責任!!でもそういう目の前で泣いてるし(^^;;;)

 来週は、あの謎の女子高生の正体がわかる模様です。
末期癌なのかなぁ。哀しいなぁ。

「救命病棟24時(3)」6 ☆☆

「霊安室がいっぱいなんです。」
これがひっかかって。

 まず、そんなにあの病院で死んだ人がいるとは思ってなかったです。
 そして婚約者石黒を別室に安置することで、そのたくさんの死と「楓先生の婚約者の死」が分かれてしまいましたよね。

 もちろん、楓先生には泣かされましたよ。
 人前では泣けずに気丈に仕事を続けていたのに、遺体を搬送する救急車の中で、恋人の頬に触れながら号泣するくだりではもう一緒に泣いちゃって。
 でもこれは、前後なくても泣ける場面だから。

 親しい人が死ぬ。哀しいです。そりゃ辛いです。
でも、そこを描けば描くほど、じゃあ親しくなかったらどうでもいいのかと。
例えば”死者2000人”と発表される無機質な数字にも、どれだけのドラマがつまっているか描くかと当初思っていたのに、これじゃ数字はただの数字じゃないですか。

 空になったベッド。
「あの時私が動いていれば・・」と後悔を口にする寺泉。
 そのどれもが、他の見知らぬ患者さんだったらどーでもよかったのか?という疑問を呼んでしまいました・・・・。
 ひねてますかね、私。

 楓先生の戦線離脱には賛成です。ゆっくり養生して戻ってきてください!!

 ボランティアリーダーの弟と、メガネのお医者さん。
スーパードクター進藤先生の説教よりも、今はこの人の一言のほうが素直に聞けそうです(^^)

「不機嫌なジーン」5 ☆☆☆

 「僕とテントウムシのどっちが大事なんだ?」
それを口にした瞬間からテントウムシ!!

 ていうか、寒空に屋外で待ち合わせが一番いけないと思います。ゆっくりお茶して本でも読みながら待てるところにしなさいよ。

 この「どっちが大事?」選択を、とうとう男もいう時代かと思うと感慨深いです。

 ムシオ君、相手が人間なら、例えば仁子の仕事が看護婦で待たされるなら我慢するんだろうか。でも結局、自分を一番にしてくれって要求だもんね。赤ちゃんが泣いてるのと一緒だ。
 自分より赤ん坊の世話を焼く妻に怒るような旦那になりそうで、もう絶対イヤこいつ(^^;;;)

 のんきな同居人は「理系を希望する女の子が増えるんじゃないか」なんて言ってますが逆だよねぇ。
 理系の女は変で我が侭でイヤだっと全国的に発表しているドラマじゃないんですか。
 今回はテンポよくて面白かったけど、理系女としてそういう部分だけは素直に楽しめない。まあ、仁子がやり方下手なんだけどねー。
 あんな遠くから謝らずに、まずは抱きついとけって!!

 山での虫狩りも意味不明。
 本来虫ってのは、都会の地面でも1M四方掘り返せばうじゃうじゃいるもんです。ええ、地面に升目書いてほじくり返して数えたことありますから!
 あんだけ集めてきて飼育してどうするんでしょう。それともあれ、フクロモモンガの生エサ??(きゃー)

 それと仁子ちゃん23才になったそうです。
するってぇと・・・ええー、教授とロンドン&オーストラリアで同棲していた頃は20〜21才!! それって教授、教育者として倫理的に深刻に問題ありますから。離婚して独身でもダメ(^^;;;) せめて大学は卒業してなきゃダメ。

 そんなこんないいつつ、久しぶりに一時間楽しくて、唐突に入るアニメも心の声も、短めに抑えていい感じでした。
あとは、やっと出たオダジョーは抑えずに・・・もっと出してー。

「富豪刑事」 誘拐、ヤクザ ☆☆

「ヤクザのみなさーん、こちらでぇーす」
と、バスガイドの様にホテル内を連れ回す神戸深キョン♪メイクが濃いわっでも可愛いっ♪

 これで、この行動がヤクザ二組を鉢合わせさせないためとか、意味があると尚良いのですが・・・宿泊部屋忘れてますから!! ん、もぉ。 ただのバカ娘にはしないでよぉぉぉ

 誘拐の回では逆に、父親が札をつめるなり「(カバンが)新品ですよ?」と一言。
一見するどいツッコミですが・・・違うわっ
『庶民の気持ちになって考えてみる』までは、そんなみみっちいことどうでもいいでしょう。 たかが一千万円、庶民にはとっておきのグッチにでもぐいぐい詰めちゃって下さいよ。

 お気楽極楽バカドラマ・・・だからこそ、枝葉には充分気を遣ってほしいのになぁ・・「只野仁」に負けるなっ! ゲストガッツ石松の「OK牧場」のノリで行くのか、誘拐で息子の暗躍をほのめかしたダークなムードで行くのか、ブレブレですがなぁ。

 とうとう原作ネタ尽きて、次回からどうなっちゃうのか不安でたまりまへん(^^;;;)
 
 相変わらず、お爺さま登場の場面だけは完璧です!

「87%」3,4,5 ☆☆☆

 手術してから・・・とか思ってたら、うっかり3回も過ぎちゃったぞ!!
その間、中尊寺えつこが発病からわずか半年で亡くなったり、悲劇のサーファーの闘病ドキュメント見ちゃったり。心配です、早く手術して。

 でも、先立つものは要るし、病院にも麻酔医は要るし、あれもこれもしなくちゃだし、手術はやはり不安だし。
 そうか、温泉で傷は目立つよね・・・・見られる方が特に気になるでしょう。

 そんな色々を、真剣に、でも時に楽しく描いてくれて本当に安心して見ていられます。
入院準備に息子の食事をタッパーに詰めて、土曜日の夕飯・・・なんてシールを貼りながら、お母さん嬉しそうなんだもん。子供がいて良かった、と思う瞬間瞬間なのでしょうか。

 ガン保険の規約説明を忘れたくだり。
本人が咎められるのは当然ですが、きっと息子も責められて、バレエの発表会に来るなだの、学校で虐められるだの、いろいろありそう……なんて思っていたら大ハズレ。ちゃんとそこは分けた大人な対応でした。
 ソウ太にと、突然の引越を告げる女の子からの電話。翌日の出発もちゃんと母子で見送れたましたよー!

 ・・・それだけに、「ウソをついてました」なんてこと、せめて奥さんには聞かせないであげてと思いましたよー。言った本人はスッとするかもしれないけど、言われた方はまたムカムカしちゃうじゃないっ。 どうせ旦那が「分かってました」即答なら、やはりこの告白は奥さんとお嬢さんが出発してから2人の間でだけにしてほしかったです。

 でもその後、一度は断った200万円を『カッコ悪く』頭下げて念書書いてもらい受け・・・・て、まさか山分けに行くとは思いませんでした!!

 何かしたい。
 全額渡せたら『カッコイイ』んだけどそれも出来ない。
5年生存率7%。でも、ゼロからそこまで上がった数字。そんな旦那さんに勇気をもらったという主人公。
「拾ったんです」と繰り返しながら半分を旦那さんの手に握らせるくだりは本当に涙が出ました。

 そうそう、黒木先生変な人。
新幹線の駅までわざわざ送迎にって。ずっと見ていれば『そんなに手術が大事なんだー』と思うわけですが、普通そりゃ間違えるって。惚れてるのかと!
「母さんに本気なんだな」って確認に行くソウ太君(笑)
先生の返事がトンチンカンなのに、分からないのはまだまだ若いぞ。

 さて、次回はいよいよ手術でしょうか。あの女子高生、何??まだまだ謎が多いです。

「H2 君といた日々」4,5 

 キスシーンでこんなに笑ったのは初めてだわ!
可愛いっ 鈍くさいマネージャーが、可愛い!!!

 鈍くさいけど、奥手じゃないんだよね。
押しの一手でデートにこぎつけるほど、好きって気持ちは隠してない。「勝ったお祝いにキス♪」・・・してもいいですか?なんて訊ねるだけでも結構スゴくない??
 で、ほっぺに、と了承したヒロなのに、人が来たからとあせったはずみでチュ(><)

 また、目撃者がよりによってひかりだよ!!

 で、その時は平然と『やったねヒロ!』みたいなvサインで余裕カマしてたひかるなのに、段々と心ゆらしている様子でした。おや?
 実はヒロの方が好きなのか??それとも単に、子分だったヒロが自分の方を向いていないのが気に入らないのかしら。どっちにしても、ヒデちゃんが可哀想だ。

 まぁひかりはいいや。はるかちゃんはるかちゃん。

 熱をおしてデートに来て、倒れるはるかちゃん。
ヒロに背負ってもらったら、記念写真を撮りたがるはるかちゃん。
壁にぶつかり、土手で転んで、おにぎりぶちまけるはるかちゃん!
ヒロのポケットに自分の作ったお守りを見つけて「ありがとう!」と笑顔になるはるかちゃん。

 もう「H2」は、健気で可愛いはるかちゃんで和むために見ています。その気持ちを、ヒロがちゃんと受け止めてくれているので嬉しくて。可愛い2人だよね♪

 ダークな伏線も進行中の模様ですが・・・さて?

「特命係長 只野仁」15、16☆☆

 えー、とうとう秘書嬢が係長の正体に気がつく??

 新シリーズになってからエスカレートする一方のおふざけ。
お約束のサウナでも、モザイクかけまくりで只野の巨大さと永井くんの小ささを強調してくれてますよ(^^;;;) どっちも、なにもそこまで・・・・・なネタなんですけど、笑えるからいいかっ。

 で、ニセ只野登場!の回では、「人まねなんて小さい男のすること」・・・と言った途端に、ニセ只野がでっかいモザイクで現れて永井くんショボーン。
 ホストの回では、女を口説く方をやりたいっという永井くんが、やっぱり小さいネタでショボーン。
 これって定番になるんでしょうか(^^;;;)

 とにかく毎回、連載ギャグ漫画の定番みたいなゲストキャラの登場で盛り上がります。
そのうち未来から只野の子孫がやってきたり、「貴方の赤ちゃんよ」と押しつけられた子を子守をしながら事件解決したり、しても不思議じゃなくて怖いです!

 ただ、ニセモノ只野役の原口あきまさ、可哀想だった!
「モノマネしろ」と言われる場面では笑ったけど、結局そこで何も出来ない男の役でしょ。見せ場がないじゃない。モテてる場面もありません。
 本人ちょこっと期待して来たと思うのに(^^;;;)、コンパ芸の披露ぐらいさせてあげてー。

 ホストの只野さんはさすが!はまり役!
でも逆に普段のまんまですよー。結局目指す女を口説けない役回りなんだから、永井くんのホスト役も見たかったナー。

 などなどいいつつも楽しんでます。

 そして、まさかの正体バレがやってくる??
まずはニセモノ只野に、後を付けられて変身を目撃され!
お次は同じ匂いがする、と秘書嬢に係長バージョンを連想されっ!

 声が同じでも、色の黒さ同じでも、『別人に見える』という設定だけが頼りだったのに(^^;;;) このシリーズ中に正体ばらしてしまうつもりなんでしょうか??
 そしたらシリーズ3はどうなるの??

「救命病棟24時(3)」5 ☆☆

 今日は親子の絆の回。

 町医者のダメ次男(小栗旬)は1年、医療事故の京野ことみは2年、父親と口をきいてないんですってよ!父親というのは損な役回りですねぇ。育ててやって心配してるのに。

 でもまぁ、進路や生活習慣への口出しなら過干渉とも受け取る青年期ですが、こと命のかかった震災後ですから。
 いったんは冷たく別れたものの、171災害伝言ダイヤルに延々のこる両親の声に泣き崩れ、自分も伝言で「ごめんなさい」と返す京野ことみには泣かされました。ガラスの向こうに父(渡辺哲)は居るのに、直接言えないところも含め。
 娘の無事を祝われて泣き笑いするお父さんも!!
 医者の次男もね。
「父さんが死んだら泣くと思う」
本当に死なれる前に気がつけて良かったよね。

 しかし、プライベートな会話が階段や倉庫やらで交わされる分、病院ガラガラで暇そうにみえてしまいます・・・。食料がないだけって感じ。
 それもことみのお父さんの料理で解決だよ!・・・って、福岡からいったい水と野菜どれだけ持ってきたの、お父さん(^^;;;)

 そして帰るときには、転院の町医者さんと看護婦さんを乗せて静岡まで。
え、付き添って静岡へって、看護婦さん?先週マンション買ったばっかりだったんでしょう?(レイコさんの感想読んでいて思い出しました!)
 うちのボケてるツレなんてこっちが奥さんだと思いこんでる程院長とセットだった看護婦さんですが、そこまで尽くすかって感じです。一言、見に行ってきたら半壊だったとかなんとかいれませんか。

 ことみを探し回るお父さんの場面では、瓦礫の山なのに・・・どうにも病院だけ異世界です。

 そうそう、避難所にやっと食料を運んできた寺泉さん。カメラと一緒。
「とにかく区役所へ」というトラックと揉めているのに、TVが来た途端笑顔でとりつくろう姿が見事にギャグでした。
 でも、子供達は嬉しいと思うよ。上手く立ち回れないお父さんでも病院に居てくれる方が、大臣になって遠いサロンにいるよりも。
 あれれ・・・そうだ子供。マダム寺泉も静岡なら、娘は院長と一緒に静岡行ったら良かったんじゃないですか??

 そんなわけで端々とっちらかりつつも、今週はのんびりしてたなーと思ったら、最後の最後で楓のフィアンセ急変!!

 どうせ予告ではピンピン・・・してないし! 来週死なせるための、先週今週のあっさり回復だったんですか?? 解せないわ。
 ここで死なせるのなら、瓦礫の街で人知れず死んで何故いけなかったの?

「不機嫌なジーン」4 ☆

 憎みきれない♪ろくでなしぃぃぃぃ♪
教授のココとココとココとココが嫌い・・・だけど愛おしいって、うひー痒いっ
 あれ、普通のラブコメみたい?

 アニメないし教授は元気ないし仁子も騒がないし、健一くんも怒らないし。
嵐の前の静けさ・・・とはいえ、ずっとこのぐらいがいいなぁ。

 恩師(伊東四朗)の手前別れたといえない仁子と教授が、仲のいいフリをする・・・・・のとフクロモモンガが今日のメインかな。

 イイコの健一くんがなんと言おうと、仁子と教授はくっついちゃうんじゃないの?今更オダジョーが出てきてもどうなるものでもないような。
 それとも、本気で小林聡美を口説いてくれますか、オダジョー??

 モモンガの捕獲、小動物を素手で掴もうなんて無茶ですがな。初めからカゴ使ってください。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ