ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

ラストクリスマス

「ラストクリスマス」最終回 ☆☆

 うっひー、ここまでやりますか?ベタ甘っ!!

 冒頭、いきなり手術の話で
「ほにゃららがへにゃらら」と言いだして『ああ、死なないな』。 以後安心して恥ずかしい世界を堪能させていただきました。
 やっぱそうじゃん!病名を伏せたのは うっそみたいに軽く直しちゃうためだったじゃん!!(これで、自分が同じ病気だったら暴れるって絶対)

 それでも病室を抜け出して、淋しく闘病するよりは春木と暮らして死にたいとか抜かす青井ユキ。ちょっと泣ける場面ではありましたが、結局ぴゅーんとシアトル!
 その後も一年滞在ってさ、治療費はどっから出てるんだっ 春木の貯金か? 月9の伝統バブリーが、こんなところで発現するとはっっ

 ・・・その前に一山、青井の手術中に1人オーロラを見に行くイエローナイフの春木さんも中盤の見所なわけですが。何度電話で呼び出されたって、死なない死なない、この展開で!!
(下山中にオーロラが出て、それに祈る・・・のはアリかなぁと思いましたが)

 そして一年経過。
 あっちがくっつき、こっちは子供が産まれ、サリー家の犬まで増えてますよ(^^;;;)
いっそ赤ん坊連れた櫻井幸子も来てたら良かったのに。え、こっちと結婚しちゃったの?と思わせるとか(笑)

 ・・・・その後の、退院の様子はもう・・・は、ハズカシ過ぎる・・・バタっ

 車社会アメリカ。
しかも雪の中、空港に向けて歩くのは謎ですが。雪だるまが呼ぶんじゃ仕方がありません。
 犯罪社会アメリカ。
いくらクリスマスとはいえ行きずりの車に乗っちゃ、どっかに埋められても文句言えないと思いますが、サンタが呼ぶんじゃ仕方がありません。

 一年も離れていて、医者だか患者だかと別の恋をしちゃってないとは立派です。
 勝手にドレスまで用意しちゃって、サイズもばっちりわかっているとは流石です。

 雪の中抱っこしてぐるぐる〜ですよっ 
雪辱のイエローナイフですよ ”my wife♪”ですよ!
これでもか、これでもか、これでもか〜 きゃ〜!!

 そして見事に「ラストクリスマス」 私たちがみてきたのは、「去年のクリスマス」だったわけでした♪

一話のラブコメ・バブルテイストにぐるっと廻って戻ってきた最終回。
途中ではさまった病気の泣かせは心底ネタでした。 だったら病気以外でこの揺さぶりを出せなかったモノかなと、それだけが残念です。でもエンターテイメントとしては成功なのかな?
存分に照れてもんどりうって、叫んだ最終回でした。

 皆さん、お幸せに!!

「ラストクリスマス」10 ☆

 青井のアルバムの子供時代・・・あの写真って矢田ちゃん本人ですよね??お宝じゃん!!
海辺の一枚も良い写真で、DVD特典にもってこいです。

 そんなことはさておき。

 青井ユキ入院です。
スキー合宿のつもり、なんだそうで別れ際にはいちいちスキーのポーズ。楽しげです。見舞いに通う健次君、ナリだのぴょんだの言わされて、いい年した管理職なのに・・・傍目には結構可哀想です。
 でもその、振り回されるのが魅力だって言うんだから(そんなこと電話で聞かされるサリーさん悲惨)尽くす女よりもさじ加減が難しい分、かけがえのない存在ですね。

 海辺のいちゃいちゃといい、恋愛の深まりは恥ずかしく堪能させていただきました。

 その分、謎も多いです。
突然出てきて、無駄なく情報提供して去る、記号の様な家族。出す必要あったんですか?

 5年前、別れた夫の元に置いてきたのが・・・・・アルバム??
それも、元旦那との新婚写真じゃない。自分の子供時代のアルバムですよ。ありえないーっ。っていうか、逆の立場だったら私5年も持ってない。送るか捨てるかしてしまうぞ、他人のアルバムなんて。

 同室女性の容態急変を、青井のヘッドフォンの音楽をBGMにみせる画面は美しくも胸騒ぎがして印象的でした。でも、その後の死亡も、病名を伏せたままなので隔靴掻痒。

 なんだろー、とても中途半端。

 他の美男美女が交差点で、「行くナー」「行きたくなーい」と騒いでいました。
指輪だツリーだエアメールだと、毎回凝った枝葉で2人の世界を繰りひろげるお似合いの2人。世が世なら君たちが主人公なのにね。可哀想にねぇ。

 泣いても笑っても最終回な来週で、どう締めくくってくれるのか。すっごく楽しみです。

「ラストクリスマス」9 ☆

 うっわー。守秘義務ぶっちぎり。

 口止めまでされていたプライバシーを言いますか医者がっ! 実際問題ドラマとしてだって、医者からより、彼女の口からの告白を聞きたいじゃないですか。

 おまけに再発ですよっマジですかー(涙)

 実は妊娠検査じゃないかとか、最終回の雪山の場面も実は
「1人じゃありません・・・・3人です!(妊婦のユキちゃんはロッジで待機)」
などというベタ甘じゃないかとか、勝手に期待していたのにな

 予告ではもう泣いてるし、容態悪そうな手を握りしめてるし。ズンドコ盛り下がりです。

 勝手な期待といえば、
「今年初めての雪」というのも、本当に降り始めのひとひら目をいうのかと思っていました。それを捕まえるって、結構確率低いし。
でも画面でみると既に降っていて、そこでわざわざ掴むかどうかだけだなんて、別にどーでもいい感じ(^^;;;)

 テンション低い一時間でした。

 パーティーの後、一言だけ出てきた千里子でそういえば思い出しちゃったのが『2人でいるところを目撃された』エピソード! その後全然活かされずにほったらかしでしたね(まあ、2人もオープンにつき合ってるけどね)

 そうそうゴロちゃん。既成事実ってなら入籍すりゃいいじゃない。いい年こいて「パパ」の許可はいらんよ、入籍には!

「ラストクリスマス」8 ☆☆

 検査って・・・妊娠だよね??(何故一週間もかかるのだ)

 元カノの桜井幸子が急に嫌な女になっちゃってびっくり。「住む世界が違う」だの「健次は普通の幸せを望んでる」だの。”子持ちバツイチ女”と”年下の美人秘書”を比べたら、相手として普通じゃないのは自分のほうだぞ(^^;;;) 一瞬、わざと嫌われて身を引くつもりかと思ったら宣戦布告でしたよ。

 それでまたぞろ夜、健次を誘ってお食事です。だから赤ん坊はどうしてるの! 見てるこっちだって
「仁美のそんな言葉聞きたくなかった」
ですよ、まったく。
 でも、これで元カノとの線はきっぱりなし。
先週のラスト「別れようか?」も、「何で俺試されてるんだろう」と大人の余裕で受け流す、健次の揺るぎなさが描かれてホッと安心です。
「そこに座りなさい」って説教する織田ちゃんもすてきー♪
いつまでも手をひろげたままの青井も可愛い。いっそそのまま抱きついちゃえっ♪

 借金話はネー。 そろそろ元の旦那と対決かと思ったのになー。お友達だったねー。

 現金ポンと渡すあいつも、説得に行く健次も、ちょっとヤリスギ。
お金に困ってる相手のところに、キレイ綺麗な格好で訪ねる青井とMEGUMIも無神経なら、手ぶらで座ってた公園のベンチに、どーんと大きな本忘れる女も女。

 ボウリング対決にも呆れました。そんなことで結婚を決める取締役といい、このドラマの会社ってどこまでしょーもないんだ。(一本スジが通っているともいえる)でもね。
”青井に応援されるなりストライク”には完敗。カッコイーんだもんどうしよう(^^;;;)

 そんなわけで、端々呆れながらも楽しく織田ちゃんを鑑賞してキャーキャー言ってます。
 2人の間のドアが消えてしまう場面も、流れを考えずにそこだけ見れば素敵素敵!
青井が入居する前に済ませておいてよっと思うんですけどね。それ言ったらドラマ始まらないからさ。

 そうだ。MEGUMIと新入社員。
 実は貴方が好きだった・・・からといって、結婚は全然別、ときっぱり言ってくれてすっきりしました。このまま是非、最終回まで心変わりしないでいただきたいです!!

「ラストクリスマス」7 ☆

 赤ちゃんだよ、赤ちゃん!この前はでっかい犬だったし。
ちゃんと視聴率も取ってる恋愛ドラマなのに、どうしてこういうアメリカドラマのてこ入れみたいなことするかなぁ。
 しかも伏線ゼロ。
 元カレの会社前を往復したり残業後に語り合ってる時間も、あの赤ちゃんほったらかしだったわけですか。
「女手一つで育ててる娘が可哀想」って、ジジババいるじゃん、昼間からひまそうなあんた達がっ!

 ・・・それでも、馴れない赤ちゃんをあやす織田ちゃんは可愛かったですっ(制作側の思うツボ ^^;;;)
 父親問題はさておき。平然と赤ん坊を世話する青井。実は子供が居て、離婚した旦那が養育していても不思議じゃないですよねー。まあ、それはまた別の話。

 なんとか大学スキー部も、関係ない人に古いビデオまで無理矢理みせて、なんちゅー迷惑じゃこいつらっとしらけまくりで見ていたのですが・・・
 照れながらプレゼントを渡す織田ちゃんは可愛いのよっ
それが「健次券」でもねっ!!
 しかもその「健次券」、無くしただの、実はあっただの、もう使えないだの、きっちりドラマにからめてくるじゃあありませんか。
 妙なところは、セオリー固めてくるのよね。このドラマ(^^;;;)

 先週に引き続き、今週も「別れよう?」と視聴者を不安にさせてエンド。
こ、こ、これで「いや〜ん、どら焼きが」レベルで来週続いたら怒るぞホントに。でも見るけど(涙)

 そうそう、「誰にもいいませんから!」と叫んで逃げていく千里子の挙動不審がいい味でした♪

「ラストクリスマス」6 ☆

 新谷さんに首絞められてる新入社員。
「俺・・俺・・・」

「ずっと取締役が好きでした!」・・・と、アフレコをして遊んでみる(笑)

いやー、MEGUMIが好きだといいだすかと思ったら、応援するんですか、それは意外でした。

 今回も決め台詞てんこ盛りの「ラストクリスマス」です。
でも、決め台詞ってここぞと言うときに使うから決まるんであって、何かを狙った手の込んだ会話ばかりずらずら並べられても・・・お腹いっぱい(^^;;;)

 それに、観たいのはメインカップルのラブラブなんであって、お母さんの同級生捏造とか、玉木くんの思い出のツリーとか、どうでもいいし!!
 同窓会、ホントに詐欺だったの? 替え玉立てるにしろ、ただ「**クンに会いたい」と言い出すだけじゃダメ??
 絵描きカップルの方は、指輪といいNYといい、エピソード凝り過ぎ。4年4年って。だったらそっちメインで別のドラマ作ればいいじゃないのさー!!

 今週も、チケット買って嬉しそうな春木くんとか。ハートのトーストとか!織田ちゃん絡みの場面はキャーキャーいいながら観てました(^^;;;)
 地図がいつの間にか春木側に貼られて、ピンは2つ並んでイエローナイフに!!キャーッ♪
エレベータの2人なんて、つきあい始めの初々しい感じがむんむん♪ 「5股の1人は春木か」と言われていた先週の疑惑を、思いっきり会社中に裏付けてますよねぇ。
 こういうのをもっともっと観たいわけですよっ!!

 しかし、そうなると半同居の設定がかえってジャマかも。
「一緒に部屋にいる」ことが日常でドキドキしないもん。

 家にいる2人、所帯じみてますよね。どーんと安定して。
だって、2人で招く相手が 元セフレって!!
ちょとは気にするでしょ、つき合いの浅いカップルだったらっ。特に春木の方はっっ。
招かれた玉木くんの方も、春木が自分と青井の関係を知ってるかぐらい確認しろよっ

 元カノに誘われてもほだされず、「何いってんだ」と背中を向ける春木さん。怒ってすらいない吹っ切れっぷりが盤石です。
 青井もそう・・・だよねぇ?

「ラストクリスマス」5 ☆☆

 きゃ〜っキスキス!!きゃ〜っ(大興奮^^;;;)

 いやぁ、じらされました。
「この期に及んで」好きだと言ったの言わないの「ありえないっ」春木さんだし、だいいち中盤での「俺が守る」発言で既に、ここで抱き合ってキスだろう????と気が揉めること揉めること。

 悪いけど、このドラマでの『仕事』『会社』描写の陳腐さは噴飯モノです。たかが中傷ビラで進退問題。きっとトイレ流し忘れても左遷だよこの会社。(支店で働く人に失礼ですね^^;;;) ご丁寧に写真入りの、ビラ作成者の品位は問題だけど。
 それでも我慢して観ちゃったのは、ひとえに春木と青井の仲がどうなるのか観たかったからですから。電飾ツリーの下でのキスですよ♪
 ああ満足。

 そうそう、ビラ。普通こういうのって事実を針小棒大にねじ曲げて書くものでしょう?なのに今回、5股もレディースもタダの真実で、笑ってしまいました。粉飾の仕様がない(笑)なので、青井がショック受けてるのが不思議。・・・・作ったのが春木や新谷だと疑う展開かと思っちゃいましたけど、違って良かったわ。

さーあこれで、元婚約者との再会も盛り上がるぞ♪
新人くんとMEGUMIの仲は、どうほだされていくのか興味あります。でも、デザイナーと女たらしの方はもう出てこなくていいよぉ。脇役の指輪の思い出なんてどうでもいいよぉ。

 ついでに、病気もどうでもいい・・・・・・・。

「ラストクリスマス」4 ☆☆

 思い出の曲を忘れた。・・・はぁっそれで離婚???

 もちろん、一事が万事なので他にもいろいろご不満はおありでしょうが、高校生カップルのケンカですか一体。バカ男好き♪といたしましては、「思い出せないんだ・・・」と困るところをつつくのはさぞ楽しかろうと思いますのに、怒っちゃうんだりょう姉さん。そりゃ、結婚相手のキャラを間違えてるよー。

 てか、こういう可愛いエピソードは織田ちゃんにふってあげてください。
矢田ちゃんの再発を心配する春木さんを観て!!ドアの向こうで顔が歪むほどホッとしていた春木さんを観て!!
 勝村さんも好きなんですが、やっぱりここは織田ちゃんに悩んで欲しかったですよん。で、やっと思い出して駆けつけ・・・たら、りょうさんは旦那とよりを戻していて『遅かったね』みたいなの、春木のりょう姉さんへの気持ちも描けるしでいかがでしょうか。
 ホント、青井が騒ぐほど春木が本気っぽかったら、今回の離婚騒動もうちょっと盛り上がったのに。

 冒頭の「隣の夫婦のふり」コントで笑って、比較的どうでもいい話をたるたる観ていると、最後で今回もドーン!!
 寄り添ってるよっ肩かしてるよっちょっと困ってるけど動かないよっ
 この、抱きしめもよけもしない受け身で安全牌なところが春木さんの魅力かも♪

 あとは、春木に何度聞かれてもはぐらかす先生が良かったです。当然のコトなのに、ドラマって守秘義務という言葉を知らない医者が多いからサー。
 尚かつ、「ライバルですか?」って(笑)
 あれかな。5年後も生きていたら・・・と一緒にクリスマスを祝う約束でもしてるのかな。預かっている包みは、5年前の青井から未来の自分へのプレゼント。

「ラスト・クリスマス」3 ☆☆

 MEGUMI、『意外にイイコ』カード発動!!
スーツのまま料理始めた手つきは怪しかったですけどね?。どうする新米社員。取締役に押しつけるのが嫌になってきたか??
 MEGUMIに誘惑される伊原さん、視線がとにかく胸元!!「新選組」ではあんなに渋くてお素敵なのに(^^;;;)

 時間を割いてた、玉木と絵描きさんの4年愛はどうでもいいのだ。玉木君の変な髪型の謎が解けただけ。
 ずっと隠していた気持ちなら、個展にだしちゃダメじゃん。直接本人に贈るor裏にしまった絵を青井がみつけた、ならともかくさ。
 裏切られた婚約者が可哀想だよー。

 それでもって、メインの2人はずっと説教して/されてるだけでさー。散漫だなぁと思っていたところに、ほっぺにチュ♪ はちょっと嬉しかったです。そーだそーだ!!
 春木さんの紙芝居も良かったよね。口にすると説教臭い台詞をひらりとかわしてくれました。ちょっと寒かった『笑うところ!』も、ちゃんとこれでオチた感じ。

 ラスト、りょうの旦那も乗り込んできて、来週は話が動くかな???

 しかし、何をどう伝えると春木が殴られるコトに??
 りょうに抱きつかれた時にも、抱き返さず、拒みもせず、ノーガード戦法だったじゃないですか。誰に対しても、彼は終始受け身なのよ。
 本人どういうつもりなのかは謎ですが、女の子にとっては、ガツガツ迫ってくるひとよりも楽しくちょっかいが出せるには間違いない。

 最後に。ゴキ○リは、もっとそーっと追わないと危険です。飛ぶよ?

「ラスト・クリスマス」2 ☆☆

 手を出す気はない。全くない。でも君の力になりたい。
そんな展開を、いっそ10代のヒロインと足長オジサン織田ちゃんの話だったらなと思いながら見ていました。
 恋愛感情ゼロで振り回される設定が、それなら納得いくじゃないですか。例のビデオも、実は女優を夢見ていろんな設定で撮影してあるとか(笑)

 妄想はさておき、場面場面は楽しいでーす。
 お風呂借りる矢田ちゃんが、シャンプーは自分の!!だったり(^^;;;) MEGUMIに捕まってる未来君はかわいいし?。
 納品の手違いは、職場モノではお約束。何故かモデルの代わりをさせられる織田ちゃんと矢田ちゃん!!エッチ直前で逃げられてやけ酒の次期社長(笑)

 ・・・でも、時々ハッと我に返っちゃう瞬間があるんですよ。こいつら何才だ?って。特に正論吐く織田ちゃんがもーカマトト。それが死語だったらナイーブ(^^;;;)可愛いけどね。

 ちょうど歯医者でみたAERAがそんな特集でしたよ。普通にカッコイイのに恋愛に臆病な30代の男たち。女の子に夢があって、幻滅したくない。職場や合コンでは楽しくやっても、深いつきあいを避ける。・・・ってことは、このキャラクターわざとなの??
 さんざん前フリがあってりょうに告白されて、『びっくり』するなよー。
 矢田ちゃんにだって、枯れてもホモでも童貞でもないなら、ちょっとはその気になったっていいじゃないの?。もちろん、そのうち恋愛になるんでしょうが今の関係がなんだか高校生みたいで、ちっともドキドキしないんだもん。

 ・・・あ。「絶対恋愛関係になる」という保証はないのか。これが月9幻想??

 どうでもいいですが、 あのウェアとボード、フジTVのサイトで売ってるんでしょうか。・・・スキーウェアにスキー靴はいて海に落ちたら絶対溺れるわー。

「ラスト・クリスマス」1 ☆☆

 いーんじゃない??
 うっかり続き部屋に住むことになった男と女。雪!スキー!! 

 珍しく清楚じゃない役の矢田ちゃんも、いつもの織田ちゃんも可愛くて、さあどうぞ恋愛してくださいって感じ。

 まあ、気軽な恋愛にはちょっと年齢が高めなのですが・・・・・だからって、寝たきりのお母さんがとか、死ぬかもしれなかったとか離婚したとか勉強しなおしたとか、そういう屁理屈をつけたしたのは蛇足な気がしますよ。
 カッコイイ部屋に住む都会の男女が、スコーンと普通に恋愛したっていいのに。

 あれでしょ?冒頭の雪山で
「ひとりじゃありません」
と織田ちゃんが言ってたの。矢田ちゃん(が医者にあずけていた包み)なんでしょ?
 一話の流れでは、いかにも死んで包みだけ持ってくる最終回になりそうですが・・・・

 と、見せかけて反対側のルートから矢田ちゃん登場! でしょ??
ていうか、それ希望!!
 死を描いて泣かせるのは、別のドラマにまかせておけばいいじゃないですか。

 それに・・・・例によって「3ヶ月後」なんだもん。
知り合って3ヶ月の・・・いやいや、準備を考えたら2ヶ月かそこらの女が死んだからってオーロラの見える外国まで行ってやる義理があるのか。つき合いだしてラブラブの恋人と行ってください。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ