ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2004夏ドラマ

「2004年夏ドラマ総括」

 そんなわけで、じゃすみん的夏ドラマ順位発表♪
 BBSにも似たようなこともう書いたけど。

1位 「世界の中心で愛をさけぶ」 いい仕事でした!
2位 「バツ彼」          楽しかった。
3位 「人間の証明」   竹野内クンの英語がランナウェイ・ジョニーをフォロー?

6位 「南くんの恋人」  もちょっと面白く出来たよ

10位「逃亡者」           がっかり

 

 今シーズンは本当に番狂わせで、事前には全く見る気の無かった「セカチュー」と「バツ彼」がワンツーフィニッシュです(^^;;;)
 「セカチュー」は特に、しめっぽいの嫌いで原作もクソ面白くなかったというのに・・・・若い2人と美しい日本の田舎にやられましたっ。
 そして、楽しみにしていた「東京湾景」「愛情イッポン!」はリタイヤ。
 「逃亡者」は、残り2週までは「南くん」と同位置だったのに最終回で株を下げました(^^;;;)

 「ラストプレゼント」は、録画失敗などで一度も見ていません。世間の評価をみるにつけ、見てしまえば結構好みだったかも。残念なことをしました。
 (でもやっぱり死ぬ話はイヤ。お正月にあるという「離婚弁護士スペシャル」の方が嬉しい)

 「ウォーターボーイズ2」と「ああ探偵事務所」は、時々なんとなくみたり、見逃しても口惜しくなかったり。

 木曜に3本、金曜1(+1)本、日曜に「新選組!」+1本。
週の後半ばかり忙しい夏でした・・・・・・。

「逃亡者」最終回 ☆

 「永井」呼び捨てから「永井さん」へ、TVの速攻手のひら返しに笑いました。

 いや?、タイトル「共犯者」にすればよかったのに。怪しい人が皆犯人。
 何より度肝を抜かれたのは、移植手術をされた本人が、事実を知らされていなかったこと!!
免疫抑制剤は飲むの止めちゃったら死んじゃうでしょ??どう言いくるめて飲ませてたんですか。避妊用のピルとセットで、ですか?? まー、どうせドラマですけどね(涙)

「明日まで待ちます」
 そう言われて、実娘殺害を決心する院長。
 ・・・・だったら、階段から突き落とすとかもちょっと医者らしく薬物使うとか。同じ金使うなら検死官を買収するとか!!簡単且つ大事な孫を巻き込まない方法があっただろ?!!
 この際、短い時間の中、ターゲット本人でなく夫の過去から義手の男を2人もほじくり出してきて
『明日殺してくれないかなー。あ、永井じゃなくて奥さんを』
と殺人を依頼、即オッケーをもらってくるという奇跡の手腕を発揮した人(国枝ちゃん??)の、「24時間」の方が興味があるぞ!!

 あとウケたのは、順子の墓の前で会った親子連れ。
「もしかして、順子先生の・・・」
ワイドショー&週刊誌で目に焼き付いてるよね(^^;;;) 

 ラスト、屋上で院長を絞め殺してしまって今度こそ本当に「逃亡者」になってくれたら伝説になれたのに・・・・って、もう話を面白くする方向にしか頭が動きません・・・。
 もったいなかったなぁ・・・・・。

「逃亡者」10 ☆☆☆

 「そういうことか・・・・」
って峰島っ何??何なの???(後でわかります。)

 ホテルには先回り、指紋データのすり替え。
警察側の、あからさまなもみ消しが出てきたと思ったら
「**のお父さんは警視総監なんだよっ」
 病院側でも、隠し事がただの医療ミスどころじゃなくて、違法な生体間移植とかいうえぐい疑惑が噴出です。
 やっと面白くなってきた?!!(って、最終回一回前なのに^^;;;)

 実際問題、警視総監ごときがそんなに偉いのか?って気はします。
しかも本人でなく娘。病院が法を犯すリスクを負うには、あまりに間尺に合わないですよね。

 移植が事実なら、これからの一生を免疫抑制剤と共に生きることになった娘。手術跡もさぞ目立つ身体で、夏の花:ひまわりと抱き合わせで春売ってるそうです。ひまわり
 可哀想ではないけれど・・・自暴自棄になるのは分かる気もする。

 あと一回で、ピースがどれだけはまっていくのか楽しみになりました。
とにかく、りくくんが無事でありますように。

 そうそう、田所の身辺調査があくまで「永井の被害者」として行われているところがツボでした。するってーと、田所邸の銃器は?? 永井が持ち込んだことになるのかなー。
 宿泊者死亡の場合、宿泊代は踏み倒しになるのか遺品の通帳からハラってもらえるのかも気になるところです。

「バツ彼」最終回 ☆☆

「分かった! 章子さん、お前に似てるんだっ」
って恭介それ、愛の告白ですか(^^;;;)陽平も答えにつまってるじゃない。

 まあ・・・ツレの親友と私も似ているそうなので、男女問わず安らぐタイプのはっきりしている人ということでしょうか。

 そんなわけで、あの陽平に恋愛指南(!!)されちゃいながらも、まとまり始めた恭介と章子。
「もう何もおっしゃらないで!!」
と、抱きつかれて白目剥いてる間に洗脳されたらしい陽平と後輩ちゃん。

 落ち着くところに落ち着いた・・・・様でいて、恭介はまだ焼けぼっくいがあいこちに残っているし、真矢ねえさんは陽平にちょっかい出す気満々!!
 結局、盤石なのは男2人の友情だけ、という物語でした。
某所で、天野はいらなかったんじゃないかという感想を読んだのですが・・・ダメダメ、天野くんいなかったら真剣にホモな人達になっちゃうからっ(^^;;;)

 ラストは、いかにも続編がありそうでしたね。でも、本当に続編あっても、女性陣は入れ替わってるかもしれません!
 子連れになった真矢ねえさんだけが、「お向かいさん」としてちょこちょこジャマしに来たりしてね(^^;;;)

「南くんの恋人」最終回 ☆☆?

 うわぁ・・・・ハッピーエンドだぁ。

 ”幸せ”の形は人それぞれ。本人が納得づくならいいです。小さいままで。ってイヤ待ってよ!!

 おじいちゃんが危篤。
何も知らない田辺先生が、何故南くんを呼び出すのかも謎ですが・・・・やっぱりここは、ちよみのサイズを元に戻すのが先決だと思う私は冷血人間なのでしょうか?っ。
先週ちゃんと会えて「もう思い残すことはない」って言ってたじゃんかぁ?!!

 それでも、ポケットの中でいいっていうんなら仕方ないのですが。
小さいちよみにご対面?!!は絶対に見せ場だったのにナレーション一言で終わりなのが残念で残念で。
 段階を踏めた南家の面々よりも、田辺先生の衝撃の方が大きかったハズだと思いますよ(^^;;;)
 おじいちゃんの死だって・・・持ち直していたところからいきなりでしょう??画面では全てを悟った様に見えますが、あの後かなり取り乱しているハズです。きっとそうです。


 「3年後」には、南くん無事に大学生・・・にして所帯持ち?
「子供がいない夫婦も」「奥さんが家事をしない夫婦も」あれば、「ダンナが学生駅伝スターで、奥さんが書道の通信添削家&身長16cm」な夫婦もあるってことですね。
 駅伝を中継するスタッフには大原君、麗花さんは医大生っと、みんなのその後も楽しいじゃないですか。
 ラストに中華料理屋が絡んでないんですけど。ま、しょーがないっか。

 新婚旅行の2人♪も可愛かったし、娘(ちよみママ)とおじいちゃんが泉に祈るシーンから事故車への流れも好きです。宿からは、お見舞いにさぞ大量の梨が届いたことでしょう。

 ただね、南くん、ちよみちゃん。
宿帳に2人記名したなら、料金は2人分払うのよっ

「バツ彼」11 ☆☆☆

 うわー、「会社のただの後輩」ちゃん、送り羊!!

 いい年した男の朝帰りなんて、ホントはどうでもいい話なのに可笑しい(^^;;;)
聞いてる恭介がメッチャ嬉しそうなのと、聞かれるままに答えてる陽平の狼狽ぶりがいいんですよ。

 でもねー。 笑いながら見てるんですけどねー。
どういう女がいいのかっていう基準が結局は、料理上手やボタン付けなんだよね。そこのところは、がっかり。
 家事も仕事もできなくて、気も合わないけど、身体の相性だけはバッチリ!なんて女じゃやっぱりだめなのね。せっかく(?)関係もっても、毎回記憶がないんだもん。男性陣いい加減にして下さい。

 酒飲み、仕事好き、ゴミの分別適当、な真矢ねえさんのキャラは面白いナーって思ってたのに、妊娠であっさり恋愛戦線離脱。この辺、もったいないです。
 それとも、あと一回でどっちかとどうにか・・・今更なられても困るか。

 ラスト、高校時代に好きな娘にふられた、と告白する恭介。えー。
初体験は中一です、とでもいいそうな男が高校でそんなにウブかったですか??なーんかとってつけたようです。
 叱ってくれる人=好き なら陽平でいいじゃん、もう。って毎回書いてる気がする。

 シンガポールに引っ越す元奥さん。顔が出ません。無駄にキャラが増えないところ、好きですね。

「逃亡者」9 ☆

 永井、散らかしすぎだっ他人の家だと思って。

 田所が戻らないのをいいことに、やりたい放題永井くん。
レコード店の包みに目を留めたときには、思わず聞き始めちゃうかと思いました。(ほら、大掃除の途中に本を読み始めちゃうみたいな・・・^^;;;) もういっそ、ゆっくり風呂入って着替えればいいのに。田所の服なら着られそうだよね。
 おまけに、水野刑事登場。監禁暴行されたばかりの家にまた侵入って、びっくりです。
海外物なら、主人公と女刑事。ここでちょいと濡れ場でもありそうな・・・?

 そうそう、朝日新聞のコラムで島崎今日子さんも書いてますが、これのどこが「逃亡者」なのかと。下手に原作のイメージでいろいろ期待するからがっかりするんですよね。
 始まりがちょっと同じなだけなら、”原案”と断りをいれて別のタイトルにしてくれたらそのつもりで見ていたのに。(ほら、「東京湾景」もそうですよ・笑)

 ともかく、拳銃持って助手席乗ってるんなら行き先は警察だ!!
すんなり送り届けてどうするんですか、水野刑事。永井も、銃で脅すとか、走ってる車から飛び降りて画面を盛り上げるとか、もちょっとお互いの立場に気を遣ってくれないと(^^;;;)

 峰島と永井の対決が、先週の和解の後なのでハラハラしないのは「第四の欲求」でカオスさんも書かれているとおりです。

 どこかにいるりく君。
枕元でお母さんの死や、犯人は父親だなんてニュース流れているじゃないですか。聞かせないで、あんなこと〜っっ!! 最後、りく君の目の前で誰か怪我したり死んだりするのもやめてよねっ。
 犯人探しよりももう、りく君が傷つかずに日常の生活に戻って行かれる最終回だったらいいと願うばかりです。

「世界の中心で、愛をさけぶ」10、最終話 ☆☆☆☆

 「がんばって」

 アキの絵本。ああ・・・コレをきちんと受け取っていたら。灰をまけていたら。葬儀に参列できていたら。死に目に立ち会えたら。 こんなにも長く現実から目を背け続けることもなかったのかもしれないのに。
 でも、浮上しつつあるその時にアキのお父さんにきちんと会えて「もう充分だ」と言ってもらえたことはとても大事だったかも。・・・自分でも薄れつつある娘の記憶を、抱いてくれた人がいたことを知ったお父さんにとっても。

 いやー、泣いちゃいました。
 死ぬのは分かっているので気が進まなくてビデオ溜めていて。でも結局この見方は正解だったようです。最後、幸せそうに生活する朔やその後のみんなの姿や・・・・一番幸せだった時のアキと朔を見て終わりに出来たので。  ああ、思い出すと鼻水が。

 実は、恋物語、として見るには気持ちが寄り添えません。
あまりに完璧なアキ。取り乱したのなんてホンの一瞬。先生に、友人に、お別れの言葉を残して笑って死んでいくなんて!旅支度の為に朔が忍び込んだアキの部屋の、なんと整然と整っていることか!
 空港でだって、『あー、車椅子が借りられるのに朔』とイライラ見ていましたが、あそこまで体力消耗しちゃったのが「朔に迷惑かけられない」からって この重病人が!!

 でも、2人をとりまく両親同士のやりとりなどに泣けちゃうんですよ?。

 結婚衣装の写真を、アキの祖父母も欲しいという。
そうだよね、朔に大好きなおじいちゃんがいたように、アキにだって親戚がいて、可愛がられて育っているんです。朔だってアキを愛しているだろうけど、それとは違う愛がもっと長く続いてきた愛があちらこちらにあるんです。
 人が死ぬと、周りの人間は哀しい。恋人や友人だけじゃなく親や親戚も哀しい。
 このあったりまえのコト、でも原作ではポッカリ欠けていコトがきちんと描かれていて、ぐっとドラマに集中できました。

 そりゃ主人公は朔で、彼が廃人から回復していくのは嬉しかったのですが、やっぱりどんなに泣いても悲惨でも「自分のために泣いているだけ」という朔パパの言葉は的を射ていると思ってしまいます。
 きみは東京に逃げたじゃない。
 でも、アキの御両親は、娘が好きだったクリームコロッケを、その娘が居なくなっても2人きりで食べ続け、カーテンも家具もそのままに娘の居なくなった家に住み続けていたのよ。

 ・・・これってババ臭い見方なのかしら・・・。

 話数を確認するために公式サイトを覗いてビックリ。
来週またスペシャルがあるんですって?えええ〜、そういうのは要らないよ。先週泣いた自分がハズカシくなっちゃうじゃない。

「南くんの恋人」10 ☆☆☆

ちよみとおじいちゃんとご対面?!!! やったーっ

「私の恋人の南くんです」と紹介して、プロポーズもして、ちゃんと認められた仲になりましたよ2人!!やったー!
 ウェディングドレスも着て見せました♪
かえって「思い残すことはない」なんて言われて逆効果だったかな??

 細かいツッコミはまあ、いいや。
それでもひとつ、ひとつだけ・・・・。ウェディングドレスなんて大事なもののデザインを、本人抜きで決めるのは非道くないですかっ??(仮縫いもせずに?!!)
 結局気に入ってたからいいけど。それって、手伝った妹の腕?それとも南くんが服飾の道に進む伏線なんでしょうか(^^;;;) 浴衣も縫えるしねって??

 ちよみを目撃しちゃった南パパ!!
ありえない顔で固まってるの、サイコー!!素敵?!!

 昼間っから酔っぱらいな田辺先生。天国からのちよみママの声でいきなり”身近な人”に目を向けたのには笑ってしまいました。「セカチュー」の朔にも誰かしてあげれば良かったのに。

 泣き顔の写真撮っちゃ、ダメですよ。
メッチャ笑顔の写真なのに「実はその後」と、哀しい泉の話をされて居心地の悪い南くん・・・ってどうでしょう。

 来週は奇跡の泉です。元に戻るよね??
(葬式は、お母さんのお友達夫婦のだとみたっ)

「人間の証明」最終回 ☆☆☆

  暑かった夏が終わりました。
で、懲役20年?? 身勝手に2人も殺しといて、たったの??

 詩は朗読しても、自分のことには寡黙な棟居さん。
父を殺した男をみつけたけれど、殺さなかったってちゃんと言ってやればいいのにー。そういうことは黙ってるんだもんなー。
 それでも、郡恭子が落ちました。
 幸せイッパイに育ってきた男だったら、出来なかったんでしょうね。その前に、そもそもこの事件にここまでのめり込むこともなく。

 ジョニーの熱演に、胸を打たれました。毎週小出しに馴らされてきた成果です、
母親がジャマに思っても、子供は親が好きだなんて・・・・別れて育ったから余計に思慕も募っただろうに。可哀想なジョニー。
 そうかだから、必死に整形して日本人顔になろうと(いやもう。それはいいから)

 ラスト、カタカタと打ち出される登場人物のこれからが穿ってましたね。
夫と愛人、もう二度と会わないんだ・・・・。ええっ棟居を結婚させたがっていた部長、自分は独り身だっけ??
 そんなふうに一生を語られた人もいるのに、棟居や桐子ちゃんの将来はせいぜい5,6年程度先しか教えてもらえませんでしたね、。
 2人が、じゃなくていいから。誰かと幸せになったと書いてくれてもいいのに。

 逮捕された郡恭子も、逮捕した棟居も。その他事件に関わった人達も。
共に過去と向き合うことで何かを乗り越えて・・・マイナスがゼロになるぐらいには、幸せになれたのかなと想像してみます。

「南くんの恋人」9 ☆☆

 わーい、やっぱり悲鳴でパパとんできたよ(笑)

 野村さん、ちよみをペット扱い(それとも虫? ^^;;;)
 そんな姿で気を引くなんてずるい、とか言ってましたけど。別にちよみが計画してそうなったわけじゃないんですってば。
置き去りにしようとする場面では、久しぶりに脆い存在なちよみに見えました。南くんといる普段は、小さくても女王様だもんね。

 夜の公園(?)、同じ大きさになった影で遊ぶ南くんとちよみは可愛かったです♪こういう切なくて可愛い場面をもっと入れて欲しいし・・・・それこそ、誰か通りかかって
「今ここにちよみちゃんが」
って発展してほしいんですけど。
 マフラーの柄で色めき立つ先生。昔ちよみが編んでたのと同じ柄だ・・・って、無理あるもん。覚えてる先生のちよみマニア魂(TVチャンピオン並)にも脱帽だし、ちよみはちよみで芸ないぞ。

 南パパは相変わらず奥さんラブラブ、恥ずかしいぐらいです。
あれみて思春期のむすこが「結婚しない」とか言い出すのは、かえって分かる気がするんですが、ダメですか。
 で、なんでもお見通しのスーパーママさん。南くんの机の上に、ちよみの使えるものをこっそり置いていってくれると面白いのにな。リカちゃんの新しい服とか。食器に使えそうな要らないものとか。(「床下の小人たち」みたいに!)

 来週(あ、もう今週)、ついにおじいちゃんとご対面か??

「バツ彼」9,10話 ☆☆☆

「章子が好きなのは、アナタよ恭介さん」
カラーンと、なにか取り落とす音(笑)
だから、聞かれちゃマズイ話は玄関先でしないでって(^^;;;)

 子供をダシにされ、気乗り薄でデート(デートか?スイミングスクール見学が??)していた章子もさすがにキッパリとお断り。
 だよねー。
 章子の行きたいところに連れていこうって姿勢がかけらもないもん。それを言ったら、4人とも行動範囲はメッチャ狭いんですけど。

 子育てを意識したとたん、陽平がいい感じに見えてきたらしい真矢ねえさん。”会社のただの後輩”も積極的に迫ってきます!!なのになー陽平ったらなー。
「昔からあいつは。自分を好きになる女には興味がないんだ」
そして、恭介を好きになる人ばかり好きになる(^^;;;)難儀な人です。

 逆ギレ陽平に殴られても難癖つけられても、ひたすら耐える恭介。
そりゃ、まともに話し合える状況じゃありませんから、上がりこんでくる方が間違ってます。
「お前と友達になったのが間違いだった」
とまで言われた恭介の哀しそうな顔ったら。ダメだよ、また絶交してもお互い友達は他に天野っちしかいないんだからー。

 「人間の証明」より一週早く始まって一週遅く、12話あった「バツ彼」。
来週、陽平と後輩さんがどうにかなった挙げ句にどこに着地するんでしょう??
離婚した男の女性遍歴よりも、男同士の盤石の友情に焦点があったような気がするんですけど??

「逃亡者」8★

 あんたたち、喋りすぎ!!
倉庫につくなり長電話。それも過去バナシかいっ

「息子はどこだ??」
が、第一声のセオリーってもんじゃないですか。
それがりく君のコトはほったらかしで、いかにも”峰島が本ボシでした?”な流れ。危なくテレビ消しちゃうとこでしたよ(^^;;;)

 峰島の、永井への恨みがつのる過程はなるほどでした。
当時りく君が一才。その息子が殺されても犯人を許せるか?と訊かれて
「出来ます」
って、ええええええ???もっと悩めよぉ。その前の、電話に向かっての
「彼は死ぬほど悔やんでいた」
も、言葉の選択がメッチャ不注意・・・・・・。
 それに、いくら保護観察期間が終わったからって、少年に翌日電話して、会見の首尾を訊くぐらいのことは出来たのでは。結構イヤな奴で無責任だぞ永井。

 さておき、そんな2人が罠に気づき、協力しあうまでの過程もぜーんぶ会話。どんどんと説明台詞。
もちょっと、沈黙と背中で語っておくれ・・・・。
 本筋じゃない峰島家の悲劇なんか、じっくり描かなくていいんだから・・りく君がかすんじゃったじゃないですか。 もとい! もの凄く重い問題なのに、ペラッペラ語られると、かえって軽くなっちゃいませんか?
 峰島と永井の確執は、これだけで別のドラマにして、よそでゆっくり解決して欲しいと思いました。

 今はもう、人の親になっていた元加害者少年。峰島が、自分でなく永井に復讐を計っていると知った心境はいかばかりか。
 彼が今度こそ罪に向き合って。峰島に謝罪に行く・・・・そこまで描いてくれるならいいのですが、本筋から更に外れちゃうしねぇ。

 さーて来週が最終回か・・・・
(追記: ↑って書いたんですが、全然違いましたよっまだあと3回もあります!!)

「人間の証明」9 ☆☆☆

「お前はいつも五月蠅い!」には拍手喝采(^^;;;)

でも、棟居の父が殺されるきっかけを作った女=こおり恭子だった! ・・・は、やりすぎでしょう?!!どんだけ世間狭いんですか??

 ただ救いは、刺青男の時もそうですが裏付けがないことです。棟居独りの思いこみとしてなら、そう見えるのはアリかと思います。(次回冒頭のナレーションではきっと断定口調だとしても)

 恭子の娘の言葉「おかあさんを助けて」から、ジョニーの行動を考え直す棟居。
刺されてるのに・・・・お母さんを守るために必死で遠くに逃げて、必死でパスポートを捨てて。ジョニーったらなんていい子なの(><)
バカ息子や棟居には「心がない」と言われている母なのに、不思議に慕われていますね。どうしてなんでしょう。

 多分、実の母も火事で殺しているこおり恭子。ついに逮捕でしたっ。
金田一ものだったら最後に毒あおりそうな堂々たる悪女ぶり。さて、どんなラストに締めくくってくれるんでしょうか・・・・。
 棟居くんは、本読んで可愛い奥さんと暮らせるようになるんでしょうか??
 愛人と本夫コンビの行く末も気になります!!

「南くんの恋人」8 ☆☆

 ラスト、ついにちよみと対峙して
「きゃぁぁぁ」
って野村さん。そんな声をパパが聞いたら、息子が襲ってるに違いないと泣きながら止めに来ちゃいますよ。
足跡
足跡和紙にのこるちよみちゃんの小さな足跡?ぺたぺた。
足跡可愛い?!!
足跡この足跡が、小さいちよみちゃん発見の証拠になったりしないのね。ゆるいわ?(^^;;;)
「記念にとっておこうかな?」
って大原くん。君、マニアなんだね??

 ポケットの中身を察しつつも、生身をみる勇気がないまま守ってくれてる大原君。イイコです。そしてお母さんに麗花さんっと。さーあ、知ってる人が増えちゃったぞ?。

 いつもどっしり構えていたお母さん。なんと、知ってたからだったのね・・・。その洞察力普通じゃありません。
 小さな手形が服についてるのを、洗濯するお母さんだけが見ていたとか?
 それとも・・・・お母さんも昔同じ経験があったりして(笑)
 あの、喜怒哀楽の丸々表に出る南パパが、挙動不審丸出しで恋人を守っている姿はそりゃあ笑えるでしょうが・・・心労で倒れちゃうって。無理か?。

 今回も、ちよみちゃんお着替えしまくりで眼福でした♪共布のヘアバンドも可愛い♪

 それだけに、回想シーンの2人だとちよみがデッカク見えるのですが・・・・だからこそ、華奢な南くんの横にいて似合う、小さな女の子になりたい・・・と思ったことがあったら面白かったのにな。
 で、麗花さんはちっちゃくて華奢な子にしてみるとか。ま、いいんですけどね今の巨乳ちゃんでもゴーインな感じで。
木を育てましょう!
最新コメント



   
ドラマでPON!
昔のHPです
過去レビューをどうぞ♪
「TEAM」&西村雅彦コーナー有w
サイトバナー



ドラマのあらすじはこちらでね
新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ