ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

菊亭八百膳の人々

「菊亭八百膳の人々」最終回 ☆☆☆

 終わっちゃった?さみしいなぁ。でも、いい最終回でした!!

どうなるかと思った小鈴のひょうそ(黒くなっちゃった指が怖い?><)も、切り落とさずにリハビリで包丁を握れるようになったし、夫婦の絆も深まったようで、テレながら
「女房の・・・」(「奥さんのおかげです」とお弟子さんがフォロー・笑)
「子供が・・・」
と女将さんに告げる小鈴さんは、もうふっきれたんでしょうね。幸せそうでした♪
「料理人は仕込みが大事」って、若旦那?(^^;;;)

 それでも、赤字続きの八百膳。
余力のあるうちに綺麗に店を畳もう、という八代目とまだまだやりたい福治郎と汀子。うるさかった小姑たちまで応援してくれて、盛り返したかに見えたのに閉店なんて・・・・。

 遠い記憶の原作が暗かったイメージで、このまま静かに終わっちゃう??と一瞬心配になりましたが、ちゃんと新しいお店で再出発になりましたよ!
 店のいわれをとうとうと説明する汀子はもう、立派な女将さん。
それでも、福治郎がらみでちゃーんと笑わせて終わってくれて。

どんな大変な時でも、しゃんとして笑う!「笑う門には福来たるっていうでしょう??」
そんな、見ていて元気になる作品でした。(今の時代にもぴったりなのかな?)

とぼけた吹越さんはお家芸としても、豪快な夏川さん、耐える井川遙、古い男金子昇がメッチャ格好よかったのが発見でした。見逃した1,2話をみたいので再放送切望です。

「菊亭八百膳の人々」6☆☆☆

 借金が一千万??

 現代でも大金なのに、昭和30年頃の一千万だなんて目玉が飛び出ます。頼むよ若旦那、素人が相場に手を出すと火傷するってば?(TT)
 でも若旦那福治郎も「八百膳の味を日本中に」広めようと、真剣に考えた結果なんだよね。
 張り倒された後、汀子さんの胸で泣く福治郎・・・・。襖の向こう、立ち去る小鈴・・・。

 実は冒頭5分見逃してしまいまして!!!
 前回の告白(?)がどうなったのか、気になっていました。するとこの場面、若旦那と汀子さん夫婦の絆をみせつけられ、傷心で立ち去る小鈴・・・と見えるのですが、違いましたね。

 新妻みどりさんも、小鈴が店に泊まり込んでまで料理に没頭し、家に戻らないのは汀子さんの為と思いこんで家出までしてしまうのですが。実は!!
「若旦那のためだ」
なんと?!!
 恩返しの為だったなんて。そして、今の自分の心には
「お前だけだ」
だなんてっっ!!普段の無口がどうしたことか、ぐっとくる名台詞並べるじゃないですか、小鈴さん?!!
差し出されたハンカチごと、小鈴の手を握り寄せて泣くみどりさん。その手にまた、もう片方の手が重なって産まれる新しい夫婦の絆・・・・。

 なんともムードのある名場面ですが、覗く福治郎と汀子がコミックリリーフ(^^)v
神社の石段で高笑う場面といい、この2人面白いよね。そして夫婦ってしみじみいいものです。

 しかし、好事魔多し。

 握り会う小鈴の手に巻かれた包帯、指の傷。
調理場で1人涙を流す小鈴の指は、どうなるの??
 そしてどうなるの八百膳?、来週で終わりだなんて早すぎる

「菊亭八百膳の人々」5☆☆☆☆

 待ちかねた?っ2週間ぶりの八百膳!!

 成る程、みどりちゃん(井川遙)は先々代だかのお妾さんの孫つまり身内だったのね。八百膳の男と来たら代々まあお盛んなことで。
 当代福治郎(吹越)も囲ってはいたけれど、別れたもとい振られて(^^;;;)精算。
 若旦那が居なくても、店は全然困ってないもんね。そのままじっとしてりゃいいのに・・・病室に来ていた”青年実業家”は胡散臭いぞっ 経営はまた一波乱ありそうです。

 夜逃げした奴らが道玄坂で開店。
 怒鳴り込みにいった小鈴(金子昇)を止めるはずが、結局売り言葉に買い言葉で飲み食いし始めちゃう汀子(夏川)さん。もう、気っぷがいいんだから・・・・。女将も料理長もいないその晩の八百膳はどうなっちゃうのよ。
 しかし、酔いつぶれた汀子さんを背負う小鈴さんは幸せそうでしたよね・・・。

 薄々小鈴の気持ちに気づいていたみどりさん。その笑顔の小鈴を見て逃げるように去っていく・・・。かと思うと、旦那を想う汀子さんの寝言で我に返り、渋っていたみどりとの縁談を突然承諾する小鈴。もう、この辺の恋の一方通行が切なくて切なくて。

「私は穢れています」だなんて、一歩引いているみどりも気だてが良くてとても可愛いだけに、気持ちのすれ違いが可哀想です。意外と井川ちゃん、耐える女が似合うんですよ?。

 祝言を明日に控えて、汀子に何事か打ち明ける決心の小鈴。影から見守るみどり。何にも気づいてない汀子。ああああああああ?っっ汀子鈍すぎ!!!

「菊亭八百膳の人々」4 ☆☆☆

 今日も金子くん格好良かった?♪

 赤字続きにふてくされる、弱気な旦那を置いて女将さん(夏川結衣)と板長(金子昇)で京料理を敵情視察。
 その時の、着慣れない背広&女将さんとデート??でどぎまぎしている様子が可愛いのなんの。
 TVや洗濯機が庶民の夢な時代ですから。ちょっと古くさいデザインの背広にハンチングなんてかぶっちゃって、でそこがまたいい!
 特撮時代「隠れ家ごはん」と、見続けていてもピンとこなかったのですが、そうか一昔前の美男子なんだ!?

 出先の店では「奥様」「ご主人」と夫婦扱い。きゃ♪
 その後も夢を語り合っちゃって2人いい感じです。女将さんは「八百膳」のことで頭がいっぱいですが・・・板長小鈴は女将への想いをはぐくんじゃってるんだろうなぁ・・・・。

 で、仕出しや料理教室をしてみることに。(小鈴さんの料理教室なら私も行きたい?!!)
 どの案にも「無駄だ、無理だ」というばかりの旦那(吹越満)にはホント腹立ちますが、女将さんの奮闘にやっと重い腰を上げ・・・商売繁盛、お店は黒字に!!TVと洗濯機も買っちゃったぞ?わーい!!

 しかし旦那に妾(井川遙)が発覚! 女将さんのニードロップ (しかもスローモーション・笑) には力道山もまっさおでしたっ

 来週は旦那の容態と・・・小鈴さんの結婚!!女将さんへの気持ちはどうなるの?っ

「菊亭八百膳の人々」3 ☆☆☆

うわー、金子くんイイ役?!!!
ちょっと昔の板前くんがばっちりハマって男前です。髪切ったのってこの役のためだったのね。おまけに板前って!「隠れ家ごはん」で修行した甲斐があったじゃないですか、よかったねぇ!!

 老舗の料亭「八百膳」に嫁いだヒロイン(夏川結衣)が、斜陽の「八百膳」を盛り返そうとしゃかりきに頑張る話。
 古くからの従業員が使い込みやら夜逃げやら当てにならない中、板長の小鈴(金子昇)だけがしっかりと「八百膳」の味を守ってヒロインの味方。
 そのうち、道ならぬ恋心に苦しむことになる・・・んじゃなかったっけ?
 原作の宮尾登美子は好きでこの本も実家の本棚に並んでいるはずなのですが、いろいろ忘れちゃってる分余計に楽しめるかしら(^^;;;)

 口先だけの浮気性旦那が、吹越満だったのも嬉しい限りです。

 NHKっていうから、てっきり毎晩10分かと思っていたら週一なんですね、このドラマ??次を忘れないようにしなくっちゃ。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ