ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

ひとりごと

「下北沢ダイハード」7~9 ☆☆

 9話、「まんぷく」で覚えた岸井ゆきのと「腐女子うっかりゲイに告る」主演の金子大地が共演。なので本放送当時より今の方が興味もって見られたと思います(でも星ひとつなんだけど) こういうの、再放送の醍醐味ですよねえ。

7「手がビンになった男」☆☆
 荒唐無稽度ナンバーワンかも。
 主演の舞台が人気でてきた役者のキヨシ(佐藤隆太)は、TV女優アンナ(臼田あさみ)とサシ呑みで有頂天。お持ち帰りか??と浮かれた拍子に、なんと……ビンの口に人差し指がすっぽりw トイレでこっそり抜こうとするも出来ず、仕方なく割ったら凶器になってしまってw 絡んでくるヤクザを殺っちゃって、すると対抗組織に気に入られちゃって、でもそこのボスも殺っちゃって、警察が来たら警官も殺っちゃって。ひたすら受け身なのにどんどん人が死ぬw 包囲され大騒ぎの中、主演舞台の宣伝は炎上沙汰でしょ~(^^;;;;)

 とか言ってたら、突然全く違う展開になってびっくり。え、宇宙?


8「彼女が風俗嬢になった男」☆
 8.6秒バズーカ出てんじゃんw
 キャバ嬢の彼女(馬場ふみか)が、半年前から風俗嬢になってたと知り、嫉妬で半狂乱のヒモ彼氏(青柳翔)、文句があるなら稼げと煽られて、パチンコに←もうここがダメだよねぇ。しかもタネ銭3万円は彼女から借金w TV取材の人やパチ仲間、ドジっ子店員(森川葵)に見守られながら「海物語」で頑張るのだ!
パチンコに馴染みがないので、TV画面ついててこんな風なんだーとか。コーヒー配ってる(売ってる?)んだーとか興味深々でしたよ。さて、無事今月分の50万円を稼いで彼女に風俗嬢を辞めさせられるのか?
 ところでそのヒモ氏、ドジっ子店員に惚れられてましたよ「顔が……大好きです!」顔なのねw そっちもどうする? まあまあ楽しめました。


9「幽体離脱した男」☆
 グループ解散後、パッとしない元アイドルタクヤ(金子大地)は、小劇場で初舞台直前にうっかり幽体離脱w 転んで頭を打ったのに、周囲はただ寝てると思ってる。それぐらい普段からやる気がないと思われていたことにショックを隠せないタクヤです。でも幽体仲間のサナ(岸井ゆきの)にまで、本音を隠してるから仕方ないと諭されて。そうなったきっかけの過去、初めての彼女に
『何考えてるかわかんない……』
とふられた学生時代にまで巻き戻し。
『でも好きだった、地球まるごと覆い尽くすぐらい、 銀河も俺の好きで埋め尽くせるぐらい』
と伝えられなかった青い気持ちをやっと吐き出したタクヤに、それでいいんだと微笑んだサナは……幽体タクヤを身体に戻してくれるのでした。この劇場で死に、想いを遺す彼女は『3代目えんげきさん』 タクヤが転んだのもきっと彼女のしわざですよね。いつもこうやって、一皮むける手伝いをしてるのでしょうか。それとも、タクヤだったから?

 と、まとまった良い話ではあるのですが。
元々淡々としたタイプだろう金子大地くん。想いが外に出ない、という演技(?)はバッチリなのですが、人が違った様に熱演しているらしい初舞台の方がそれなりで(^^;;;;) これそんなに凄い?稽古ではもっと酷かったのかーと、こちらもひどい感想にw
また、生前のサナがグループ時代のタクヤ推しだった、と微笑ましい感じでラストに出ますが、かえって痛ましくて笑えないわ。急死した女優のブログがそのまんまネットに残ってるのも悲しすぎますわ。


「下北沢ダイハード」4~6 ☆☆☆☆

4「夜逃げする女」☆☆
 なるほど、踏切の情緒って別れの時にMAX発揮されるんですね!高架や地下鉄にして『開かずの踏切』を無くすと便利にはなるけれど、追うに追われず別れる時にカッコつかないよ!

 てなわけで、シモキタで古着屋を共同経営するルイ(緒川たまき)と照美(酒井若菜)は、姉妹かと思いきやただの女友達!
怒鳴り込んできた男(山西惇)を、うっかり殺しちゃったら、まず店の片付けを始めるルイw それを非難しつつ、やはり片付けを手伝う照美もまた謎です。そんな2人の共依存は、踏切なしに断ち切れるのか? って、案外男は生きてるし、あっさり別れたし、結局近所に住んでるし、これまた人生そんなものなのかも。 あと志尊淳。衣装のおしゃれ古着感がお素敵でした。

5「最高のSEXをする女」☆☆☆☆
 スーベニアセックスw 何言ってんだか(^^;;;;;) 体当たりの夏菜が、めちゃ魅力的でした。

 バンドマン彼氏(和田聰宏)が、売れた途端に浮気。そろそろ結婚じゃなかったのかと悔しい麻子(夏菜)ですが、しがみつくより最高の女のまま別れようと、彼氏好みのセックスを仕掛けます。部屋のあちこちから出現した何人もの麻子が、口々に助言する様子がイカれててナイス! また内容がw 突然ギター弾く、伸びたTシャツの胸元から押しつぶされた胸が覗くのがいいんだってさw また彼氏がまんまと反応する情けなさよw 真夜中の騒音に怒鳴り込む隣人(柄本時生)、シャワーを浴びたがる彼、背筋がつる激痛、次々と襲い来る障壁を乗り越えて、いざ最高の!一生思い出に残る!スーベニアセックスを!
 いやー笑いました。
 売れた基準が、放映枠テレ東深夜ドラマの主題歌採用で、喜びながらも「でもテレ東だよ」と謙遜する自虐w あ、彼氏って懐かし「東京湾景」の人か!

6「未来から来た男」☆☆
 ダダッダダッダ♪
 ターミネータならぬシーモキータ(佐藤二朗)が、下北沢に降り立ちます。全裸でw
そう、未来の覇権を守る為 田舎者コヤマ・サラ(松本穂香)がビレバンでサブカルにハマるのを防ぐのだ!でも何度繰り返しても、店員の加藤諒殺しても、サラはサブカルに出会ってしまうのだー!
松本穂香の田舎訛りが衝撃ですw 猿w 片桐仁w そして過去を知りすぎて、いい加減サブカルに詳しくなりすぎたシーモネータが、むしろハマれよとサラにサブカル差し出す展開には胸熱でしたw でも出落ち要素も、繰り返しも多くて後半飽きてしまったので要工夫。

「下北沢ダイハード」1~3 ☆☆☆☆

 何これ、面白いw 一挙放映を録画しました、本放送時なんで見てないの! あ、テレ東ドラマ24か、大阪で日本語字幕が出なかった頃ですかね(^^;;;)

 今も昔の演劇の街、下北沢。
でもなんでって……小劇場がたくさんあったから?学生が住んでたから?今日もその下北沢で呑む男(古田新太)に言わせたら、
「街自体が、劇場」
で、そこかしこで芝居以上にお芝居な事件が毎日起きているんだそうですよw ほんまかいなw バーカウンターの色っぽいママ(小池栄子)に、あんな面白いことが、こんな可哀想な男が、とほくそ笑みながら語り出すとドラマが始まり、最後にまたバーに戻る。二人が狂言回しでまとめ撮りな構成ですねw そして毎回の脚本は、それぞれ違う小劇場作家が担当しているんだとか。うわ楽しい。

1「裸で誘拐された男」 ☆☆☆☆
 SM風俗にハマっている代議士(神保悟志) 昼間っから女王様(柳ゆり菜)のお仕置きで、素っ裸(+スマホ)トランク詰めで連れ出され、興奮しています(^^;;;;) が、お約束の取り違え!屋内に置かれ聞こえる会話は……幼女誘拐?身代金? 犯人逮捕のついでに保護されて代議士とバレても困る〜そうだ、誘拐されたことにしよう(裸で?) しかし聞き覚えのある声、なんと犯人は息子(吉沢亮)です。 寂しい人妻と不倫、誘拐を共謀、夫(村杉蝉之介)から金をせしめて逃避行のはずだったのに、と逆上か?
 たまらず飛び出した代議士さん、素っ裸のまま得意の熱弁を振るいます! 計画を知って、お前を止めるためにここに来た!裸で!罪なら俺が全部被ってやるぞ!
戸惑う息子と夫婦……と、観客に照明さん。演技プラン変わったの?聞いてないよー。そう、息子は小劇場で舞台劇「誘拐」に出演の真っ最中だったのでした~!
とんでもハプニング、その後もどんな言い訳したんだかですがw 奥さん(高橋ひとみ)と息子はちょっと嬉しそうだから結果オーライかもw

2「違法風俗の男」☆☆
 空き時間に風俗店に来てみた光石研(本人)、運悪くガサ入れが来て開演時間に間に合わない! 居合わせたロバート秋山(本人)に協力を頼んで抜け出そうとするも、変人秋山の思考についていかれずw 結局秋山だけが外に出て、光石の服をきたままどーでもいい用事に向かいw 哀れ研さんはネットにさらされ警察にも取材TVにも身バレした上、舞台に穴をあけたのでした~ って、救いがないorz
光石に店を勧め、風俗で遅刻ってwと連絡してくる後輩に池田鉄洋(本人) 風俗嬢ユイに川栄李奈

3「夫が女装する女」☆☆
 夫(野間口徹)の女装癖に、困惑の妻(麻生久美子)

それでも女装の旦那と(距離をおいてw)外出してたら、ママ友とばったり。お茶する流れに。「先に帰って」連絡も虚しく、旦那も同じ喫茶店に来てしまい、無視すりゃいいのに、どこに座った、トイレに立ったとガン見の妻w ママ友の話は上の空で、奇行を繰り広げ……もうなんか、女装旦那を最後まで隠し通したとしても、二度と話しかけてもらえないレベルにやらかしていて、いたたまれません(^^;;;) しかも、人生最大目標が『父の女装が息子にバレない、影響しないこと』だったのに、とっくに手遅れだったとはorz
だったらいっそ、息子の女装はもう同級生もその親にも有名で、むしろその話を聞きにお茶に誘われてて、え、お母さん知らなかったの?やだー、となってくれた方が後味が良かったのに(^^;;;;) 

野間口徹の女装がカバちゃん似w ずっとクールな店員に波瑠でした。

共通テーマが「人生最悪の日」なんですね、なるほどw 1と3、よく考えるとどっちも本人以外の家族はちょっと幸せで、でも私には1はいい話、3は大修羅場感。奥さん目線で見てるからですねーw

「2019年冬ドラマ総括」

「フルーツ宅配便」が終わって、まだ「ボロ宿紀行」が残るものの世間も春。冬ドラマが終わりましたよ。結局完走したものから、ジャスミン的順位発表でーす!
なにかと特撮が印象に残り(「3年A組」「トクサツガガガ」)、実在しないヒットソングにはまってしまう(「日本ボロ宿紀行」「トクサツガガガ」)シーズンでもありましたw 深夜ドラマのニッチ狙いな面白さ(「日本ボロ宿紀行」「ワカコ酒(4)」「フルーツ宅配便」「天」)もありましたねえ。

1位「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」
2位「フルーツ宅配便」
3位「日本ボロ宿紀行」
                      特別賞「まんぷく」
4位「トクサツガガガ」
5位「3年A組 今から皆さんは、人質です」
6位「みかづき」
7位「我が家のヒミツ」
8位「グッドワイフ」
9位「ハケン占い師アタル」
10位「家売る女の逆襲」
11位「ワカコ酒(4)」
12位「天」←大阪では秋の地上波放映なかったので、今ここ。       

もーう、ほぼ主人公女性ですねw 今期旦那が忙しくて教育系の「3年A組」「みかづき」&「ワカコ酒(4)」以外は、ほぼ私チョイス、旦那は興味ない系「グッドワイフ」「アタル」「家売る女の逆襲」を見続けられたためでもありますが、別にその3本、超面白かったわけでもなくてねえ。
むしろ旦那も、疲れすぎてて毎回寝るくせに見たがってた「トクサツガガガ」「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」」は名作でした。最近のNHKは面白いですよねえ。意欲作が続きます。

漫画原作人気いまだ衰えず(「トクサツガガガ」「天」「フルーツ宅配便」)、そこに小説原作(「みかづき」)はともかく、エッセイ原作(「日本ボロ宿紀行」)やアメリカドラマ翻案(「グッドワイフ」)はまた新たな潮流を作るのか。そして「ワカコ酒(4)」の様に、ネット独占配信が先な作品もこれからもっと出てくるんでしょうねえ……。酒や食事は季節感も大事なので、むしろもう少し遅らせて季節合わせて放映して欲しいんですけどw

主演女優賞「グッドワイフ」蓮見杏子:常盤貴子
   久しぶりの常盤貴子の魅力で完走しました。
主演男優賞「フルーツ宅配便」咲田:濱田岳
   超絶お人好しに得心、エロも薄まる絶妙な配役!
助演女優賞「トクサツガガガ」母:松下由樹

   こんな親、嫌だけど居そう。抵抗できなさそう。
助演男優賞「みかづき」高橋一生
   教員界を免許でなく人間的魅力で生き抜いた男w
新人賞 「まんぷく」タカ:岸井ゆきの
   一度見たら忘れないインパクト、中学生も演じます!
(「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」のヒロインも候補でしたがが、別番組で見て分かる自信がなかったので…)

ベストオープニング賞「天」
   むしろ毎回マックス嬉しいのはオープニングw
特別作品賞&ベストカップル賞「まんぷく」
   萬平:長谷川博己、福子:安藤サクラ
   いやもう、イチャイチャを堪能しました。もっとやってw

「2018年秋ドラマの総括」

はあ~録画が溜まる秋でした(^^;;;;) 年またいでやっと総括ですよ。

見応えのあるドラマは多く楽しかったもののいわゆるラブコメがほぼなくて、その分朝ドラ「まんぷく」の夫婦いちゃいちゃに癒しを求めてしまいましたねえ。
「大恋愛〜僕を忘れる君と〜」
「僕らは奇跡でできている」
「獣になれない私たち」
ほらなんか辛くて苦しくてヒリヒリ痛い。

リタイアした「忘却のサチコ」も新郎が遁走って。
「昭和元禄落語心中」でも人生と恋はままならず辛いことばかり。

そうそう、だいたい女性が有能で稼いでますねw でも仕事は心を満たしてはくれない、みたいですね。
例外が仕事一筋「下町ロケット(2)」かなw

その他お仕事もの
「ドロ刑〜警視庁捜査三課〜」

「ハラスメントゲーム」
あ、「今日から俺は!」はラブコメ? ロマンチック抜き暴力増し増しですがw
(不倫ドロドロ「あなたには渡さない」はあと3話溜めてます ^^;;;;;)

そんなところで、恒例じゃすみん的ランキング~

1位 「昭和元禄落語心中」
2位 「僕らは不思議でできている」
3位 「獣になれない私たち」

5位 「今日から俺は!」
6位 「ハラスメントゲーム」
7位 「下町ロケット(2)」
8位 「大恋愛~僕を忘れる君と~」
9位 「ドロ刑~警視庁捜査三課~」

主演男優賞 岡田将生as8代目八雲「昭和元禄落語心中」
        10代から白髪の老齢期まで。落語も見事でした。
      賀来賢人as三橋「今日から俺は!」
        人情厚い身軽な卑怯者を活写!賀来賢人を見直したw
   比べ難いので2名。三橋も金髪で特殊メイク賞の様相?
主演女優賞 新垣結衣as深海晶「獣になれない私たち」
       可愛く優秀で優しいゆえに苦労する姿に本人を重ねたり
助演男優賞 富澤たけしas引越しセンター先輩「大恋愛」
        辛い話のオアシス!ホッとする!
助演女優賞 イモトアヤコas島津裕
        天才技術者w イモトの素朴さでいいキャラに!
新人賞  一ノ瀬ワタルas岡持くん「獣になれない私たち」
 強烈な体格で、憎めないおバカさんを好演!うさぎのタッチンを撮影後引き取ったそうですよ~


「2018年夏ドラマの総括」

あんなに暑かった夏が、地震台風台風で騒いでいる間に過ぎました!
今回は完走ドラマが「健康で文化的な最低限度の生活」「高嶺の花」「警視庁ゼロ係」「透明なゆりかご」「dele」「サバイバル・ウェディング」「ヒモメン」「限界団地」「この世界の片隅に」の9本、「義母と娘のブルース」は評判の良さに、1話以降をみなかったことを後悔しました。
他にプロジェクトランウェイとブリティッシュベイクオフもあったし、そうそう「半分、青い」にもツッコミいれつつ久しぶりに朝ドラを最後まで見ましたからね。暑くて外出控えめだった分かなりTV漬けの3ヶ月だった様ですよ(^^;;;;;)

さて恒例のじゃすみん的ランキングは
1位  「dele」
    「ヒモメン」
2位  「透明なゆりかご」
    「この世界の片隅に」
5位  「健康で文化的な最低限度の生活」

ーー ↑ ここまでが MUST WATCH ↑ーーーーー
     以下は見なくても損はしてないw

9位  「高嶺の花」
    「サバイバル・ウェディング」
    「警視庁ゼロ係」
    「限界団地」

そして、ふざけんな枠に「半分、青い」でしたw 漫画家編まではヒロイン酷いやつだと思いつつも楽しく見ていたんですけどねえ。あれほど世話になった秋風羽織(しかも癌)を後半に活かせず、律の妻子がいなかったことになり、元旦那に使い込まれた金も実母から借りた金も以後不明って、ほんと許せませんって。

新人/主演女優賞 
      松本穂香「この世界の片隅に」他の役を想像できないw
      清原果耶「透明なゆりかご」 鮮烈
主演男優賞 窪田正孝「ヒモメン」 ビバ、ヒモ!
助演女優賞 尾野真千子「この世界の片隅に」ザ・小姑w
助演男優賞 峯田和伸「高嶺の花」 ぷーさんだもの

「高嶺の花」「ヒモメン」「dele」と、稼がない癒し男推し、強しw
なんなら「ゼロ係」「限界団地」「半分、青い」でも、男不要な気持ちが高まったかも(^^;;;) さすがに結婚を見据えた「サバイバル・ウェディング」「この世界の片隅に」の彼氏/旦那は稼ぎもあって顔もよく優しくと満点でしたが、無職や焼け野原になっても添い遂げる相手なんですもんね。「健康で文化的な最低限度の生活」ではどうだったでしょう。ヒロインの私生活を描く余裕はそもそもなかったですが。あの現実を前に一人で生きるもん!とも思えず(^^;;;) 堅実なパートナーが欲しくなりますよね。それはやっぱり今稼いでる不実な男じゃなく、稼ぎは悪くても寄り添える癒し系男子なのかも……ヒモは働けw

「大阪環状線(3) ひと駅ごとのスマイル」芦原橋駅

ほー豆知識、日本で初めてエレベータがついてバリアフリーになったのが芦原橋駅だったんですね(でも昔の阪和線あびこ駅は路面電車駅のように、道から電車のれてまんまバリアフリーでしたよw)

シリーズ最後の話は、中学生女子桃(井頭愛海)が主人公でした。マッチ集めてる車椅子の子。
大好きなお兄ちゃんの部屋はぼろアパートの2階。当然バリアフリーになどなっていないのでw 居合わせた人に持ち上げて連れて行ってもらうか、代わりにピンポンして呼んでもらわなきゃなのですが。電話も止められているらしいお兄ちゃん、今まさにヤクザにボコられているところでして……何したの、借金?
部屋の外にいたヤクザ兄貴分(松本利夫)は、桃に呼ばれても無視でしたがおまわりさんを呼ばれては困ると「部屋の人は6時に帰る」と嘘をつき時間稼ぎに桃を連れ回すうち、だんだんと情が湧いてくるのです。自分にも妹がいるそうで。こんなヤクザじゃ迷惑だろうと、妹の結婚式にもいかなかった兄なのに『世界中の妹はお兄ちゃんが好き』なんて断言されちゃったら、泣けてくるやろー!
桃が集めてたマッチは、なるほどお兄ちゃんへのライター代わりのプレゼントだったのね。新しい車椅子をお兄ちゃんが買ってくれた!とそういえばもう手で押さず、電動になってます。まさかお兄ちゃん、これのために借金を……?

終いには、ここで待ってろと言い置いて走りさる兄貴分。待ちぼうけの桃が、立ち上がって踊る夢を見るほど待ってw ずいぶん遅く暗くなってから、二人ズタボロで足引きずって現れるのです……。
そして立ち去った兄貴分、妹さんに電話して『会って話そう』と。大事なことは会って話す、という桃を手本にするようですが突然そんなこと言われたら妹さんビビるのでわ(^^;;;;) おまけに、服破けてアザだらけ血まみれでヨロヨロのお兄ちゃんを、こんな家から遠いところに桃とふたり置いていかれてもー!
で、でもまあいいか、会えたから!車椅子のお礼も言えたよ! 桃ちゃん、パラリンピックに向けて水泳頑張ってね! ただ誰にでも、抱えて部屋まで連れてってとか頼んじゃダメよ、危ないから(^^;;;;)

次のシリーズは12/13(土)の10:25スタートだそうですよ。実はエキストラに行ったので、私も映ってるかも~?楽しみです(^^)


「大阪環状線(3) ひと駅ごとのスマイル」大阪城公園駅 ☆☆

やったー、やっと公園内がしっかり映る物語でしたよ。駅前には出来たばかりの商業スペースJO-TERRACE OSAKAが!そこからちょっと歩けばもう、森の散歩道になるんですよねえ。

早朝、始発前。駅員(松尾諭)が大阪城公園駅のシャッターを開けると、男の子がポツンとひとり座っています。すっぽりと頭にかぶる段ボールはオレンジ色で、旧JR環状線!?
相当怪しい出で立ちですが、『環状線くん』と優しく声をかけた駅員さんは、立ち去る男の子が心配でついて回ります(その間の駅業務がちょっと心配w) こまっしゃくれた吹き替え声の環状線くんは、どうして顔を隠すのかの問いに、
「宇宙人だから」
「虐待で顔にひどい傷があるから」
「ずっと入院してて、窓から見える電車に乗ってみたかった」
等々と言うことをコロコロ変え、その度に「信じたの?」だの「宇宙人は信じないのに、悲惨な話は信じるの?」だのと茶々を入れては駅員さんをからかいます。いや全く、なんなのコイツ!それでも、もうすぐ父親になるんだという駅員さんは少年を受け入れ、語り合うのです。

さて不在を気づかれる前に職場に戻ると、同僚がUFOを目撃! 入院患者が失踪、の連絡も入ります。まさか……と少年を探しに引き返すと、箱なしで倒れている少年の頬には火傷の跡が。そして目覚めて話す声は弱々しく、先ほどと違います。そして駅員さんの携帯には、あの声で不思議な通話が。こまっしゃくれの正体は、少年にとりついていた宇宙人だったのでした。えええー、マジか(^^;;;;)

宇宙人にもお墨付きもらった優しい星地球で、どの子も安心して育ってくれたらいいですね(^^)

<小ネタ>駅務室の火元責任者札、がっつり映ると思ったら。木村弥寿彦=プロデューサーでしたw


「大阪環状線(3) ひと駅ごとのスマイル」〜天王寺駅 ☆☆☆

やったー、待望の森永悠生くん登場回です。舞台はてんしば、茶臼山w
<ある夏の日に200パーセントの女の子に声をかけるということについて>
読書好き大学生、青木(森永悠希)の理想は、清楚系。なんとその、理想バッチリの日傘女子に出会ってしまった青木は、声をかけるタイミングを図ってずっと彼女を付け回しますが、いざとなると気後れ。ついにあたりは暗くなり……。

なんと2部構成。前半はずっと青木の心の声で可愛いなー、あ、お腹痛い(><)と、声をかけそびれる言い訳をぐだぐだ聞かされて、こりゃダメだ感が募りますw そして
「いい加減にしろ~」
と、清楚ちゃんもとい朱音(岡本玲)がついに仁王立ちになったところで、プレイバック!
後半は天王寺駅で目撃された時点からの彼女の心の声。なんと同級生で、でも普段はジャージで大飯食いでがさつな朱音ちゃんw リサーチの末、大好きな青木くんの理想が清楚系と知って変装もといドレスアップw 青木が毎日降りる天王寺駅に、声をかけられる気満々でやってきたというのでした! 清楚系が好みそうな お紅茶 を注文、彼が読んでる澁澤龍彦「ねむり姫」を取り出して広げ、彼の好きな猫をかまうなど、涙ぐましく誘っているのに、草食系青木は逃げるわ隠れるわw そこも可愛くて好き、というから仕方ないですが。素の自分を偽ってまで恋ってするもの? もうダメじゃんこの二人、応援できる気しなーい と思いきや。
「もう大っ嫌い!」
と怒鳴りつけられてからが、癒し系男子の真骨頂でしたよ。

訳も分からずふられて追い払われた青木くん、奇声に駆け戻ると朱音が転がっていて、ヒールが壊れた!あんたが歩き回らせたせえや!と更に悪態。もう捨てて帰って構わないのに、仕方ないなあと、と背中を差し出し、負ぶってくれるんですってよ(すぐに重いっておろしてたけどw) 大っ嫌い、で構わないから。全然知らない君を、これから知るために食事でも行こうよって。やだー何これ、さっきまでおろおろストーカーしてたのと同じ人?
まあ『理想の人』へのガッチガチの緊張も解け、乱暴で口の悪い(でも着飾ればきれいと気づいたw)同級生相手なら、平常心で居られるんでしょう。素になったふたりにやっと、何かが生まれるのかなとほのぼのした気持ちになりました(^^)

NHK「七人のコント侍」で板倉さんとコントしてた岡本玲ちゃん、久しぶり。大阪弁いける子だったんだ!笑ったのが、朱音のスカート。家に同じのあります~去年流行ってた透ける素材で、多分1980円ぐらいw 大学生のお財布でできるコーディネイトに好感もてました(^^) 

ついでにいままでの回
京橋駅:兄弟喧嘩、兄(渡辺大知)ややこしいw 指輪はあるってわかってたけど、あんな返し方じゃまた落としちゃうかもとハラハラでした。
弁天町駅:親子喧嘩。でもお父さんの強がり、分かってあげようよー。で、赤井英和がこの役だから、大正駅の元プロボクサー父がトミーズ雅に回ってきたのかと納得w
寺田町駅:鈴木福くんがきれいなお姉さん(朝比奈彩)と行きずりの関係に!(違)

「大阪環状線(3) ひと駅ごとのスマイル」〜玉造駅☆☆

よしもとの巨体ヒロイン藍ちゃんとホストの珍道中~(^^) 壁ドンに顎くいまで!

35歳落ち目ホストの大河(姜暢雄)はツケの集金に。人妻悠子(酒井藍)の職場に現れますが、金はない。悠子の金策案は、空きカン拾いに商店街の福引き1等狙い、クワガタ捕りw 大河案は、たこ焼き買った人にぶつかってクリー二ング代を……なのですが勿論成果なしw こうなったら、豊満巨体な悠子にセクハラ三昧な酒屋から盗ってやれと、正当防衛ならぬ正当強盗を企てますが……悠子の手がレジに今にもかかるタイミングで、なぜか大河が計画の邪魔を。

そこまで街を巡る間に、お互いを知る様になり、愛が芽生え……ってわけじゃないんですけどw
犯罪者にしてまでの取り立ては出来ない大河は、ホストとしては優しすぎるんでしょうね。そして笑顔を見せはじめた悠子が、その度に口元を隠すのは笑うと余計に不細工だと罵り浮気三昧の旦那のせい。ホストにハマったのも、大河が笑顔を褒めてくれたから……と知って、スリムだ美人だとゼロからの嘘はつけない正直さですけどw それでも、笑う豚でええやんかと本気で笑顔を褒めてくれるんです。
悠子は、ついに結婚指輪を売ってお金をつくり、別れて幸せになる決心を。そしてホストは地元に帰って家業を継ぐ決心をして、それぞれの居場所へと別れていくのでした。

玉造駅に商店街に。名所巡り感は少なめでしたが、地元の方は、ここだーって楽しめるのでしょう(^^) そして最後の藍ちゃんの笑顔がかわいー!(吉本のガッキーですからね!何言ってんだって思った方は、逃げ恥ダンス吉本バージョンを是非どうぞw)

大正駅の話では、ボクサーの父(トミーズ雅)と子のケンカで大正区をぐるぐるw あ、IKEA行く時の橋だ!
韓国色強い桃谷駅では、片思いの幼馴染を探す女性と、彼女をドキュメンタリー撮影する学生と。結局会えずに終わって、ホッとしたような会ったらどうなったか知りたかったような。

「大阪環状線(3) ひと駅ごとのスマイル」福島駅 ☆☆☆

でたー親子漫才w

パート2弁天町駅の回で語っていた、夢の居酒屋を開いた順平(波岡一喜)
でも店はガラガラで、看板をみつめる身なりのいい小学生を招き入れる母昌子(キムラ緑子) 金持ちっぽい子に親切にしといて損はないと順平を言いくるめてタダで食べさせていると、なぜか続々と客が来て満員御礼! 福の神ちゃうか、とまたまたその子を可愛がる昌子さん。しかし、親と連絡はつかないまま陽が落ちて、寝ちゃった男の子を背負って家に連れて行った二人でしたが、帰宅した母親(福本愛菜)には刃物を向けられて大ピーンチ! 思わず窓から裸足で逃走です。
勝手に他人の家にあがりこんじゃダメですって。昌子さんなんてあの大慌ての中、ベランダのサンダル履いてきちゃってるんですからちゃっかりしてますw それにしても刃物はやりすぎでしょうが……、シングルマザーの必死な気持ちがわかると、昌子さんはお母さんの味方。そして順平も、そんな人たちののために料理で何か出来たら、と考えているのだとか。次の登場では、活動始めているのかな。

とそこへ、事情を息子に聞いたか、靴を届けに追いかけてきたお母さんw 
支払いを受け取らず、逆に唐揚げを持たせてくる順平に文句をいいつつも、きっとありがたいんだと思います。
自分が食べた皿をさっと洗える子、きちんとした身なりも世話が行き届いてる証拠。きちんと育てていて偉い!と昌子さんに褒められたことも、きっと嬉しいはず。「店に来て」と見送るふたりに「潰れてなかったらな」と返す口汚さですが(^^;;;;)  いつか母子で店に来てくれたらいいですね。
おすすめメニュー骨付鷄、ガブッと美味しそうでしたよ~

オープニングでは銀河鉄道の様に空に駆け上がった電車が丸まって、タイトルバックの環状線にw シリーズ通しての狂言回しは車椅子の少女桃(井頭愛海)になる様です。マッチを集めているそうで、昌子からもらってましたよ。でもさ、入った店のをもらってこそ、思い出の品になるんじゃないのかな。ただ声かけてマッチ集めて、どうするんでしょう。

「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語(2)」~最終回 ☆☆☆

なんと、夢で関テレを受信してシリーズ1の大阪城公園駅回を視聴していたお父さん(木下ほうか)! 手錠をした脱獄囚に、娘が銃で脅されてる……って突飛な夢ですよね普通は。なんと娘さんの実体験ですよ〜。

ついに完結。シュークリーム娘の元に、家出したお父さんが戻ってきました。
そっか、夢を追いかけてラスベガスに(^^;;;;) こういうフワッとしたお父さんにしっかりものの娘。「ジャりんこチエ」のテツとチエ思い出しちゃいますね。
「ゆるしてくれるなら、黄色いハンカチを……」
と、どっかで聞いたような電話をしたら奥さんにガチャ切りされたってw それを「私が出してあげるから」とひっぱる美咲ちゃん。ほら苦労させるから、若くしてこんなリアリストになっちゃって、もう。そして家には、びっしりと黄色いハンカチ……は無くて。 ほら集合住宅だし。 がっかり……と思ったら、入り口から玄関まで、オズの黄色いレンガ道並みにイエローカーペットが敷き詰めてあったのでしたw 良かったねお父さん(アパート外壁にハンカチよりむしろ邪魔ですが、荷物の搬入で養生してあると思えなくも…w)

大阪いち美味しいシュークリームは結局、家族で一緒に食べるシュークリームかな。
「踏ん張れー!」

シリーズ中にはカツラに霊がついたり、森ノ宮駅ではタイムスリップして若き日の自分と会うとか、不思議回もありましたが、親子の再会にまで虫のしらせ挟んでくると思わなかったのでちょっとびっくりでしたw

そうそう特別編のカメラ小僧前田航基くん。最近「MISSデビル」でも見たっけ。丸くなっていい味でした。どの駅でも、どの駅でも、電車を撮ったはずの写真に美咲がいた。うん、運命だ運命。美咲が落としたシュークリームを、テンパって拾って差し出し、いや拾われても……と受け取ってもらえずに、これまた思わず食べちゃう場面、さすがのテンポで笑えました。 しかし美咲ちゃんは桃谷駅編でも、ぶつかられてシュークリーム落としててね。歩きながら食べるもんじゃないですよ、まったく(^^;;;;)
それと、やはりカメコな先輩(上遠野太洸)のメガネ外して「いた!」とつぶやく、イケメンを探す女(谷村美月) シーズン1天王寺編で俳優といた事務所の人ですね。 写真とってた娘も1場面だけ再登場。こういうリンクちょっと嬉しいですね。

BSでは、引き続きシーズン3も再放送ある様で楽しみに見てまたつぶやきます(^^)

「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語(2)」芦原橋駅 ☆☆☆

芦原橋って太鼓で有名ですか? 街の意匠にもあちこち太鼓が?? 知らなかったわあ。
そして大阪育ちだけれど後ろ向きなヒロインにちょっとホッとしたり(今宮駅の夫婦漫才、せっかくの木南晴夏と大東俊介でしたがせわしなくてピンとこず。ヒアリングの問題だったかもw)


東京から、気まずく出戻ってきたヒロイン明子(高橋愛)

離婚、失業、引きこもりでもう実家に頼るしかない……のに、そんなこととは知らない母は恋人と旅行中orz 鍵もないorz

ばったり会った幼なじみのまる美(馬場園梓)に引っ張られるままに太鼓教室へ。懐かしい気持ちと共に、いじめられっ子だった過去も蘇り……まる美の陰口がショックで、明子は教室を飛び出してしまいます。なぜか、まる美の大事な太鼓を抱えて。


な、なんで太鼓ごとw

追いかける方は『太鼓抱えてる人、見ませんでしたか?』と探し易かったですよw そして陰口なんて、勘違い。明子の事情をペラペラ広めていたわけじゃなく、まる美も同じくバツイチで、失業&引きこもりは別れた旦那の話でしたとさ。

もともと明子の母が、そりの合わない自分とよりまる美と仲が良く、まる美ちゃんみたいになれと言われ続けていた不満も爆発。そんなの初耳のまる美はいい迷惑です(^^;;;;) いじめっ子も、蹴散らしてくれてたの、まる美ちゃんだったのに!
でもまあ、そんなこんなも含め、大人になったら皆事情があるよね。元気ハツラツに見える まる美だって、旦那に尽くしすぎてふらっふらになってたのだとか。 そこから、知らない場所に行って初めてのもの食べてのリハビリ中。明子が抱えて逃げた太鼓を持って、また知らない国に行くんですってよ。


誘われて、久しぶりに向かう太鼓。
手は、足は、構えはと確認しだす明子を「好きにし」と諭す、まる美。楽しむための太鼓ぐらい、好きに叩いたらいいんだよね。「ダダダいうてドン」とつぶやきながら連打するうち、笑顔の輝き出すふたりなのでした。


太鼓楽しそう、打ってみたいですね。 

「2018年春ドラマ 総括」

春から旦那が激務だわ、長男病むわ、大阪は地震があるわ、あれやこれやでそわそわした春ドラマでしたが、ほぼ終わったので恒例総括ランキングおば。

前期の「アンナチュラル」のように熱狂できた神ドラマがなくて寂しかったですねえ。
「シグナル」「未解決の女」は完走したものの、もやっと。一話すら見なかった「ブラックペアン」が評判良いらしかったり、溜め込んだままほったらかしだった「コンフィデンスマンJP」が見てみたら面白すぎて、なんか悔しい〜。
ご近所でもオタク仲間でも盛り上がったのは「おっさんずラブ」! 面白かったです。ただ、男同士に優しい世界、という枠を外したら最後に真実の愛に目覚める王道ラブストーリーでしょ? 肉体関係ばぼかしたままなのも良かったわけで、「相棒」が受けた後バディ刑事ものが乱立したように、考えなしなBLものがぞろぞろ出てきませんように。
その他「崖っぷちホテル」は影が薄く「missデビル」は美脚ばかり「宮本から君へ」はウザ昭和w ドラマなのかも最早わからない「やれたかも委員会」(1話完結で玉石混合)と「役者ダマしい」……
あ、朝ドラ「半分、青い」も見ています。漫画家の友達が大騒ぎしているのを、より楽しむ為かも。

↓↓↓ てなわけで、ジャスミン的ランキングです ↓↓↓

1位 「コンフィデンスマンJP」

3位 「おっさんずラブ」

5位 「崖っぷちホテル」

7位 「シグナル」
   「未解決の女」
   「宮本から君へ」
   「missデビル」

11位「やれたかも委員会」
   「役者ダマしい」 

新人賞 中村倫也 「崖っぷちホテル」シェフ江口「半分、青い」正人
主演女優賞 吉田剛太郎 「おっさんずラブ」部長w 全力乙女w
主演男優賞 坂口健太郎 「シグナル」健人 初主役だとか。影の薄さがナイスでした
助演女優賞 鈴木京香「未解決の女」魔女w
      大塚寧々「おっさんずラブ」蝶子さん
助演男優賞 東出昌大 「コンフィデンスマンJP」ぼくちゃん 

「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語(2)」天満駅桃谷駅 ☆☆

4話天満駅「妻の霊がカツラに取り憑いた男」
なんちゅー発想w 役者でない、関テレ名物アナウンサーが主役で頑張ってますよお。カミングアウトして久しい山本氏、実はかぶるのは19年ぶりだったとか!なのにカツラに振り回される役だなんてw

54歳真治(山本浩之)は今日、やもめ同士でデート。
夫が心配のあまりカツラに取り憑いた亡妻(鈴木紗理奈)が、やれネイルを褒めろ、今じゃない、あの女失礼だと、ズレたり飛び上がったりの大騒ぎです。一方の彼女(中江有里)は、デート中スマホを持ちっぱなしでせっせと返信、気がないのかと思いきや甘えてきたり。そもそも暴れるカツラによく気づかずにいられるものですw
公園にフクロウカフェに天神橋筋商店街と、天満駅周辺のデートスポットを網羅しながらも、噛み合わない二人。もう亡き夫のことは忘れなくてはいけませんね……と語る彼女にそれは違う!と返す主人公。人生の一部だった妻を、これからも自分は忘れられないといいきった途端に、伝う滂沱の汗。いえ、号泣したヅラ妻の涙ですw

そしてオチは、そう。相手の女性もスマホにとりついた亡き旦那と一緒にデート。もっと甘えろ等の指令を受けていたのでした。でももうどっちの霊も、安心して成仏できましたねー。


5話桃谷駅「酒と泪と男とわたしたち」
「会ってほしい人がいる」
という19歳の娘(小芝風花)と38歳の母(中村ゆり)が、待ち合わせ場所を間違え、帰り、追いかけ、と近くにいてもすれ違い続ける桃谷駅周辺。

こ、これは無理~、中村ゆりがお姉さんにしか見えなくて、19で結婚して19の娘がいてと言われても別の38歳の母がどっかから出てくる気がずっとしちゃってましたよー。酒浸りの設定でも若くてきれいなんだもん中村ゆり(^^;;;)
さておき、自分も19歳で結婚して失敗したんだからと娘の暴走を止めようとしたり、思い直して祝福しようとしたり。
『誰もがおめでとうと祝ってくれて、しかも覚えてるのは結婚式だけ』(誕生祝は忘れてるからw)
という衣装屋さんの言葉も含蓄深いのですが、それで最後に出てくる「会わせたい人」が娘の彼氏じゃなく、別れた旦那だとは!離婚して、まだたった4年。そりゃただの迷惑だよ娘さん!

中村ゆりの大阪弁は「煙霞 GOLD RUSH」で見てましたけど、小芝風花のは初めてかな。ポンポン行き交うやりとりは気持ちがいいです。

さて狂言回しのシュークリーム少女(清井咲希)は、4話で吹っ飛ぶカツラを目撃w
5話では「シュークリームを落とした子」「ひとつ足りないと悲しんでる子」と、親子に別々に会うミラクルキャラでの登場でした。ほんと、どう梱包したら紙袋の中の箱に入ってるシュークリームがひとつ出て落ちるのかと(^^;;;;)

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ