ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2004春ドラマ

「マザー&ラヴァー」1 ☆☆

 ターゲットは「お母さん」でしょ?
 坂口くんがお母さんを想い、気遣い、大事にする度に
「ああー、こんな息子が欲しいわぁ(うっとり)」でしょ?

 かくいう私も似たようなもので、篠原が「きゅん」とするのと同じタイミングで、なにやら来るものがあったわ?。坂口くん、可愛い!お金がないところがますますいい!!時々吠えるのもいい!!

 ・・・でも、だからってこの先の物語はどうなるっていうの?
 金子くんや篠原といった芸達者にウケてもらって、場面場面では坂口くんのキャラが活きてるけれど、劇団の場面や酔って1人で長セリフになると・・・・・見ているの辛いし。
 これをピアニスト美人母でなく、八百屋の肝っ玉母さんでやってくれたら、もちょっと違ったのになー。

「きゅん」の理解できないツレには、まったく意味のない1時間だったようでした。

「ワンダフルライフ」最終回 ☆☆☆

 見事、復帰を果たした桐島。恋人未満ならしいみずきと去っていく長い廊下。
・・いや〜ほのぼのっっと締まりのない、このドラマらしいラストシーンでした(褒めてます ^^;;;)

 前半はひたすら妻坂さんの事情。
かなめママと「偶然」スーパーで会ってる様子も、あのイヤな実家も楽しいんですけど…だから何なのと思っていたら、その妻坂の決意が、桐島の現役復帰への背中を押すことに。成る程!
 ヒロインみずきの「好きにすれば?」だけじゃ弱かった。やっぱり男の友情だね(??)

 監督就任を断って、手術して・・・・また龍苑に居候。
そこで、みずきからの手紙に礼をいう場面にドキドキしたのですが、そのまま愛の告白にならなくてホッとしました。今更キスシーンなんか入れなくても、とっくに夫婦漫才ですから。
 周りもね、もう2人の仲を認めているんだろうなって思えるじゃないですか。(おじちゃんだけは、まだ面白くなさそうでしたけど・・・笑)

 で、商店街の景気はどうなの?みずきの司法試験は? 元奥さんや息子、野球番組司会の先輩、真哉君のお父さんはどうしてる??
 そんな細かいことは忘れないといけません。

なにしろ最後は「できちゃったの♪」でしたから!!

「愛し君へ」最終回 ☆☆

 ああ、ラストシーンに泣かされてしまいました・・・・。

 途中長崎まで時任先生がやってきたのにはびっくりで、また「私が口出しするコトじゃないかも」って”あんたが後押しして縁組みしたクセに”とツッコミをいれたり。
 自分だったら未婚の流産なんて絶対に家族&上司には知られたくないなぁと思ったり。

 完全ツレのお付き合いでみていた最終回でしたのに、視力が失われるその時、四季を観ていようとする安曇さんと、半べそながら笑おうとしている四季ちゃんには負けました。これが泣かずにいられましょうか。
 続くラストシーン、家族写真で幸せな生活を描いたのも説明しすぎなくて良かったです。

 もちろん、赤ちゃん=幸せってのも安易な話で・・・・途中の流産だの紆余曲折は要らなかった気もします。2時間ぐらいでも良かった話かも。
 そうか、映画観たらいいんだわ電球

「離婚弁護士」最終回 ☆☆☆!

 いや?、見事な最終回でした。

 先週から続いた依頼を、解決するまでの紆余曲折!お約束のハラハラドキドキで見事に見せてくれました。
 その合間にちゃんとラクダ(^^;;;)は戻ってきたし!ミムラちゃんと津川さんの”テレホンショッピングコンビ”もサイコーだったし!敵方についた陣内さんまで啖呵切ってるよと思ったら、やっぱり雨宮事務所に来ちゃうし?(こんなお値段高い人雇っちゃったら、また赤字だよ?っ)
 そうそう、最後の大逆転を導いたのが、ずっと役立たずだったハンサム君の頑張りだったのも嬉しかったですよね?。

 そんなレギュラー陣オールスターキャストでも、我らが雨宮姐さんは負けてない! 額のクリップも麗しく(笑)どーんと構えて主役ですよー。「バイナラ」しててもカッコイイ?!!!

 続編を是非!
巨悪を斬らずに、足元の割れ目を塞いで漁夫の利を得るような事件を引き続き希望です♪

「愛し君へ」 10☆

 やっぱり妊娠だよ?・・・って、四季が?元カノじゃなくて??

 先週、手のひらを返したように結婚をすすめる元カノのパパに、こりゃ娘が妊娠に違いないとかうそぶいていたのですが、まさかの四季ちゃんですかっ。
 将来が不安だとかいいながら、避妊もしないのか安曇さんは!・・・でもまあ、そんな男の様な気はします(^^;;;) また四季ちゃんが拒めなさそうっ 

 今回はもー、携帯電話にイライラしました。
横に人が居ても平気でピ!っとかけ、平気でパ!っと応答。 安曇さんなんか、お日様の下で愛について語ってるんですよ。横のお母さんは手持ちぶさたで可哀想。 日本はいつの間にそんな、ふざけた国になっちゃったんでしょう。
 また、いつ失明するかも知れない人をみんな呼び出す呼び出す。途中で発作(?)が来たらどうするんですか?。

 ひとつひとつの場面は美しいです。子役がグッジョブ!また藤木直人が、何をさせても美しいのです。
でもつなげると結局、本人同士が大して語り合わずに周囲だけが復縁を迫って大騒ぎ。正直うっとうしい。

 パパはともかく、伊藤美咲や、時任先生に至ってはわざわざ破局を知らせることもないでしょうに。そしてお祝いムードのなか周囲に気を遣って笑顔を通す四季・・・の方が切なかったかも。

 最後は気になります。でも、これじゃ泣けない。
「ボクの生きる道」との比較がぐるぐると頭の中で渦を巻くのでした・・・・・・・・。

「ワンダフルライフ」 11☆☆

「僕たち、終わりってことですか?」

慌ててつけたら妻坂さんのこのセリフでした。うひゃ。恋の終わりですか??た、確かに同棲生活の終わりでしたけどっ。

どうやら桐島はパイレーツ復帰を決めて、皆にも告げた模様。
(先週、金子昇が反町より年上と書きましたが間違い。一コ下でした。一コしか違わないとも言える)
落ち込むジャガーズの面々に、
「あんたたち欲張りよっ」あんな凄い人、会えただけでも幸せだったじゃない、と晴れやかに言ってのけるのが桐島に恋していたみずきちゃん、というのが新鮮でした。
 もっとも、何万人もファンがいる様にはちっとも思えなかったんですけどねー。龍苑にファンが押し掛けるわけでも、リーグ戦とやらにTV局が取材に来るでもなく・・・。やっぱりパリーグ(しつこい?)

続くジャガーズの試合はいつの間にか決勝戦??勝つと優勝??ええ??
しかも、桐島の一言でいきいきと上手になっちゃうし!
「(ピンチで)アガるのも燃えるのも一緒だっ楽しんでこい!」
この桐島は良かったです。
でも、試合の行方は正直びっくりだったんですが・・・・・ま、いっか!「ワンダフルライフ」だから!!

そして、みずきから桐島への2度目の手紙。
さりげなく思いっきり告ってますよ、きゃ〜!!(ファンからの手紙をちゃんと受け取って読む人になったんだね桐島)
 僅かに表情を変え、ジャガーズのボールとユニフォームの横に大事に手紙を置くと、ダッグアウトから一軍の練習・・・光の中へ歩き出す桐島。

おや、なんてあっさりと上品なラストシーンなの。
…と、一瞬本気で思ってしまいましたが勿論まだ続きます(^^) 妻坂さんと例のバツイチ奥さん、上手くいって欲しいですね!!

今週の保さんは、桐島の涙を観てしまった人でした。うふ。

「オレンジデイズ」最終回 ☆☆

「いってらっしゃい!!」 沙絵、可愛い?っ可愛すぎるっ!!

 先週の「そんな哀しいセリフ」より、このラストが反則です。幸せになっちゃったじゃないですか?。ここ何週分かの不満はなんだったのっ

 実際、再会の場面では「日本かよ!」とツッコんでしまいましたし(^^;;;)、冒頭から”風月堂のゴーフル”だ”かぐや姫”だと北川女史、筆が滑りすぎ。
 『追いかけてこなかった』とか逆ギレカマしてくる沙絵姫の言い分が変なのにはもう慣れましたが・・・・・沙絵も櫂も黙するばかりで、真帆姉さんが櫂の苦悩を、茜が沙絵の胸中を”きっと**だと思う”と代弁するのはいかがなものかと思います。
 百の推測よりも、たったひとつの謝罪と愛の言葉を聞きたいんじゃありませんか。 (『怖かったんだ』と吐露するカイ、見たかったわ・・・・・・。)

 しかもノートで済んじゃうなんて?。誰も読まなかったらどうしたの?(っていうか、みんなのノートなのに最後は私物化かいっ)
 チャットでもメールでもなく、アナログにノートにしたのはこの「置き去りのノート」を使いたかったのか?と変に納得してしまいましたわ。それでも、追いかけてカイが走ってくれるるとホッとするんですけどね。

 「唯1人の人なら、許せないかな」 と、櫂に訊ねる翔平。
行動を示した友人の助言はこれだけでしたよね。サスガ翔平君大人♪(そして彼も、お母さんを許す・・・となったんだと思いますよ。書かれてないけど ^^;;;)

 これ、1話から見直したらどうなるんでしょう?
いかにも味気ない社会人生活を予感させるナレーション。このハッピーハッピーエンドにつながりゃしません。意味あったんでしょうか。
 かといって、2人のこの先が順風満帆かどうかはまったく保証無し。 (結婚となると家族の反対がありそうだしー)

 考え出すととても納得がいかないのですが・・・ま、いっか。
終わりよければ全て良し。 楽しかったです。

「離婚弁護士」9 ☆☆

 かっこいい駱駝って何、ラクダって(^^;;;)

 沙理奈がお局でセクハラ訴訟??うひゃー。
折から、渉外弁護士に戻ろうと移籍の話も出ていたというのに・・・・・大企業の社長よりも切り捨てられるOLを選んだ 雨宮の姉御!!
 さて来週はどんな啖呵を切ってくれるのか???

 密室で起きたセクハラを立証するのは難しい・・・と何度も語られます。そうだろうなぁ。
”そこに同意があったか””立場上不利益の強制が出来たか”
する方は自信満々愛情のつもりでもセクハラ。もしくは虫けらが俺様に何の文句があるんだって触ってもセクハラ。
 我らが姉御なんかは、イヤならイヤッと大声で言える人だから今ひとつノリが悪かったわけですが・・・トイレの設置具合ひとつとっても、女性への配慮がない会社全体の体質を問う形でセクハラはあったと確信をもつのでした・・・・。

 そんな最中に、ラクダは引き抜き、若造は自信喪失、オヤジさんは元同僚との対決、ミムラは・・えーっと何かあったけ?コーヒーの入れ方か?
 とにかく、最終回を目前にバラバラになりそうな雨宮事務所。
 どうやってこれをまとめるのか、来週が楽しみです。そしてね、続編やってほしいなーコレ。

「ワンダフルライフ」 10☆☆

 金子昇が反町にタメ口??ありえない!!
…でも、よく考えると金子君の方が年上なのね?。(あの細さで4番バッターはないだろうとかはもういいです)

 パイレーツ現4番打者と元準ミス日本だかの奥さん。
「今日だけで100万も」
「50万もするスイートに」
といちいち金額に細かくて成金な感じがナイスでした(^^;;;)
 一茂みたいに元から贅沢に育ってると、きっと安くても高くても気にならないんですよ。そういう点では福引きでも恥ずかしくない桐島の方が、実はお育ちがいいのかもしれません。
 でもまあ、引け目を感じたみずきは不機嫌&酔っぱらいに。
 足が痛いのは、この日の為に新調したハイヒールのせい。おぶってやるなんて軽く言われるのも、子供扱いでよけいイヤ。
この辺の女心と、「なんだか知りたいのはこっち」な桐島と、心配のあまり逆上しちゃってる保おじさんがナイスでしたよー。
 どんどん怪我が増えちゃって、指におでこ(?)に腕に包帯(^^;;;) 特に頭にネットでメロンみたいになっちゃってる西村さんときたらもうっ。

「桐島はやめろ」
「別の世界の人間だ」
なんていうのも親心。(あ・・・「TEAM」では兄心だったのになぁ ^^;;;) みずきはちゃんと分かってくれてますよ。

 ・・・・・でも・・・「お父さん」とはちょっとあんまり。
事故後ひきとられたときには多分、中学生。いい娘さんでしょう。 びしょ濡れのみずきちゃんを観て「何をした」って叫ばれると『じゃあ何されたと思ったの』とツッコミいれたい感じです(^^;;;)
ここで、亡くなった兄貴夫婦が龍苑の経営者で保さんとも同居で育ったならホントにもう、オムツも替えた仲なんだろうけどなー。でね、交通事故の加害者が起訴されなかったのが弁護士を目指す理由なのどうでしょう。  また妄想スイッチ入ってきました、すみません。

 一方の妻坂さん実家は実業家風。弁護士がはぐれ者ってどんな家なんでしょ。
見合いだの戻ってこいだの言われてますが、こちらはジャガーズのバツイチママさんに惚れられていそう・・・?上手くいって欲しいです。
 ついでに「何で横領なんかしたの!」も教えてほしいなー。誰かをかばってたりするのかなぁ。
 ・・・謎を解いた結果が、桐島の復帰や商店街の復興に役に立ったりってなると凄いのですが・・・・あまり期待はしてません。

「オレンジデイズ」10 ☆

「ふざけるな、萩尾沙絵!!」 まったくです。

 走るバスを追うカイ。リアウインドウから、手話で謝り続ける沙絵。名場面でした。
ここでこの「ふざけるな」を言わせるために逆算された沙絵の行動だとしたら、実に見事なふざけっぷりでしたよ?。ワケ分かんないもん。

 『学生時代だけの恋』?すまんけど、親兄弟友人私の周りは、その学生時代の恋でゴールインしたカップルだらけです。国際遠距離恋愛なんのそのよ。
 カイみたいな忠犬タイプ、『待て』させておいたらいつまででもちゃんと待っていそうじゃない?遠恋でも心配要らないタイプでしょう???

 でもきっと、自然消滅の可能性に怯えたりするの耐えられないんだろうなーお姫様は??

 そして、自分を振った女に「振られた」と相談する謎の男、カイ。こんな時ぐらいエイタを思い出してあげようよー。

 最後に来ていたエアメール、なんだろう。結婚の報告??
とにかく死んで終わりじゃなさそうでそれだけでもホッとしています。沙絵の行動は本当にワケ分からないのだけれど、私が納得するような地味な選択は絶対ドラマにならないし。こうなったら来週は、どれだけワケが分からないかを見届けるぞ!!

 ちょっと不毛。落ち込み

「愛し君へ」 9☆

 金持ちパパ登場に唖然。
”娘の決意が固いので、やっぱりムコは君”って・・・ペットじゃないんだから。
それとも、不治の病なのは元カノの方??

『私の目をあげたい』と医者にいう安曇の母。
ためらいながらもついに安曇を受け入れる米屋パパ。
こちら側の親世代は本当に良かったです。2人で子供の写真をみせあうところもステキ。
(絶対、今の写真じゃなくて赤ん坊の頃なんだよね、こういうのって・笑)
四季の、命名の由来も良かったなぁ?。

 なのに・・・どうしちゃったの金持ちパパの描き方は?
一度頭まで下げた”もうすぐ職を無くす男”ですよ。渋々認めるならともかく、嬉しげに結婚式の話なんて。 ・・・・妊娠してて式を急いでる?

 まあ妄想はともかくも。
安曇の為に一旦離職を決意する四季。
それを苦に、やっぱり元カノの世話になろうとする安曇。
 なーんだそれなら、勝負は見えてるじゃない。四季が好きなんでしょう??
・・・元カノと四季、どちらが好きなのかと揺れる安曇さんを見たかったのになぁ?。

「離婚弁護士」9 ☆☆☆

 今週はもう、ミムラ!
のっけからニヤリ。言うぞ言うぞ、と思わせておいての「恋ですよ!!」サイコー!!

 お話しは、10年も前に失踪した旦那さんとの離婚。
 っていうか、「迷惑をかけたくない」と失踪するときにちゃんと離婚届を置いていって!!(ここで、誰かに殺されてる心配しなくていいのが、この番組のいいところ)

 もう別のパートナーと子供もいて、今の暮らしが大切で、でも無言電話があれば旦那さんかと思う。ニュースで旦那の名が出たら一目散に駆けつけてしまう。
 「すっきりしたい」という奥さんと、黙って見守るパートナーの男性の苦悩を描いて見応えがありました。離婚成立に2人、流す涙は美しかったわ?。

 そして相変わらず照れ隠しにか(?)、他のチームの抱える「遺産相続の兄妹」がふざけてる?っ同じ役者さんの変装じゃないよ!!(笑)
 相手が失踪中の離婚の仕方とか、6才にして戸籍作る方法とか、きっちり専門用語もありつつも、細かいところで笑わせてくれます。
(そういえば陣内さんが「ビルもすっかりきれいに」って言ってたの、先週の破壊が治ったってことかしら)

 冒頭でのホテル暮らしもラストにつながって・・・・・・でもでも。来週から一波乱ありそうですよ?雨宮事務所、なくなっちゃうの??

「ワンダフルライフ」 9 ×☆

 カンニングはダメでしょう??
 せめて直前にバレてカンペは没収、でもカンペ作りで実力がついちゃってました・・・という風にならなかったかな。

 とはいえ、ワケもなく一緒に勉強してみる桐島は良かったです。
「スーパースターは才能だ」とちゃんと分かってるけど、でも自己ベストが出せるってことが大切で、素晴らしいことなんだという姿勢もステキ。

 塾長くんも、実は教育者で一人一人の苦手を把握してたよってあたり、ベタながらちょっと感激しましたよ。(経営は大丈夫なのかなー)

 ただ・・・・チームメイトの死んだ次の週にする話かなぁ。真哉くんのシの字もでない(涙)
先週がこの話題で、誰もグラウンドに来なくてさみしがる真哉くんを描きつつ体調が悪くなる伏線を入れるとかー・・と、また妄想に走ってしまいそうです。1話完結って分かり易いけれどここまで前回までを無視しなくても。

 それに、「一流企業のエリートサラリーマン云々」って統計を聞かされても、みんな商店街の子供で家業を継ぐ方向があるじゃないですか。塾なんか辞めちゃえって誰も言わないんだ?(^^;;;)

 みずほの桐島への恋心、突然ながら微笑ましいです。そういう話にするのかな。

「オレンジデイズ」9  ☆

 また来ましたよ、手話のできる美男ピアニスト! ドイツから?幼なじみぃ??

 ・・・よりによってコンクールの最中に、高音の聴覚が失われて演奏を中断する沙絵。なんて不運。
 うろたえるママンを後目に客席からステージに上がってきたカイがその場を収拾します。いやでもそれって、ママンと一緒に舞台袖にいた筈の彼(沢村一樹)の出番ちゃうんですか?
「全く聞こえなくなったの、初めてじゃないんだろう?」だって、
「僕が審査員なら、キミが大賞だ」だって、
いいところ全部カイに言わせちゃうなら、なんの為のゲストなんですか。

 違う意味で何のためにいるのかわかんないエイタくんといい、久しぶり翔平の妹(&全然出てこないカイの妹)といい、人物配置が雑すぎませんか。
 それに、いきなりドイツだチベットだって・・・何なんだーっ??


 沙絵とカイの仲良くしている場面は可愛いのだけれど、それだけ。なんだか今回は、ツッコミが絶え間なく口をついて出て、見ていて忙しくて困りました。
 翔平と茜、もうお泊まり。先週の我慢がもう限界になっちゃったのねー。

あ、 「声を出して笑っていたあの子を返して」と泣くお母さんは良かったです・・・。でも恋の前に母心はあまり理解されて無くて、倍不憫。

「愛し君へ」 ☆

「眼科の先生から連絡が」って、時任先生。貴方は安曇さんの何?実は家族??(笑)

 お茶の間でも、あいかわらず声高に失明話。もちょっと四季の家族に気をつかえっちゅーの。でも逆に、幼児の前で不用意に失明の話をしてしまう・・・のは、リアルなのかも。
 そして安曇さんの事情を知ってしまう子供達。
「見えなくても伝わるお礼」に、唄を選ぶなんて配慮、病棟の子供ならではよね・・・・と泣けそうなのですが、季節外れの「さくら」しかも直太郎バージョンはいかがなものかと。ここは可愛く童謡にして欲しかったなぁ。

 それより何より、元カノ来たわ!!
「別れたことを後悔してるの」
「私だけが貴方を支えられる」
私としては結構やったーって場面だったのですが、安曇さんたら応対が冷たいの。動揺もせずに冷笑。そこまで四季にぞっこんだとは知りませんでしたよ。というか、結構恨んでるのかしら・・・(^^;;;)

 彼女の物言いも良くないです。
仕事辞めるから24時間一緒・・・はいいとして、パパに養ってもらいましょう♪なんて提案は大人として変すぎる。

 でもそれをいうなら、安曇が失明=四季が医者を辞める と言い出す周囲も変すぎる。
家計を支えるために結婚退職が出来ない・・・んじゃないのかい。

 今ひとつ、安曇の心の揺れが分からないまま、予告では元カノとよりを戻してしまいそう。それならそれでいいじゃんって 気がします。

 結局一番泣かせてくれるのは、亡き妻を想い愛娘の幸せを願う、米屋パパ。
木を育てましょう!
最新コメント



   
ドラマでPON!
昔のHPです
過去レビューをどうぞ♪
「TEAM」&西村雅彦コーナー有w
サイトバナー



ドラマのあらすじはこちらでね
新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ