ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

放送中 連続ドラマ

「あいつが上手で下手が僕で」1☆☆

 駄目ピン芸人が、コンビを組んだら?
それでもダメなのが8割方の現実でしょうが、ドラマですから!ここからの急上昇を期待しちゃいます。がんばれ。


 Syonanならぬ「遭難」と揶揄される湘南劇場は、関東芸人にとって地の果て。
楽屋泥棒の疑いからそこの所属に落とされた主人公時浦可偉(荒牧慶彦)は、2人しか客のいないガラガラの客席や、出番直前まで賭け事に夢中の芸人たちにドン引き。だだ滑りだった出演後、俺と組もう!と陽気な島世紀(和田雅成)声をかけられるも、そいつは受付のお姐さんまで誘ったことがあると知って我に帰る時浦。しかもまた泥棒扱いをされた上、公開裁判だと舞台の上であることないこと証言されて……
「そうだ、俺だよ!」
と空気も読めない逆ギレ!だが割って入ってきた島がその場を笑いに変えてくれた。こいつとなら、できるかもしれない……?


 言い訳にすら弁が立たない、どうせ俺なんか、と辛気臭い主人公ですが、世の中を斜めに見てネタ出す系は暗い人多いわけで(マイ推しインパルス板倉俊之もそっちw)社交的な相方と組んでみるの、いいかもしれません。ただ、実は消えたシェーバーを持ち出していたのこいつで、手癖悪いらしいからそこは気をつけてねw
(時浦のフリップネタ、いきものがかり=放牧やSHISHAMOはまあいいとして、ポケットビスケッツは……古すぎない??)

 海からすぐの湘南劇場。サーフボード売ってそうなログハウスで、舞台後おちこむのも海に向けて座る堤防で。おしゃれじゃーん、いい場所じゃーん。なんなら芸人も、サーフィンや釣りが趣味なら天国顔ですが、客がw  海を目当てにくる人は、お笑い興味ないのかもですね。
 芸人を演じるのは舞台で活躍する若手俳優だそうで、皆イケメンで(ドラマコラボの舞台ももうチケット販売中w)都会の劇場なら顔ファンの出待ちがうろうろしそうですのに。なのに掃き溜め遭難劇場にきてしまった癖の強さを、来週からもっと見られますかね。  

「日本沈没 ー希望のひとー」1 ☆☆☆

 旦那が「復活の日」と混同してましたよ。同じく小松左京原作。
確かにコロナ禍の今、感染症で世界が滅びるあれがドラマ化なら鬼気迫るものがあるでしょうが、楽しくないよw それに、その死に絶えゆく政府の対応の方が現実よりマシだったら困るー。で、地震の方も順調に頻発してる中、日本列島が沈むよドラマの開始。作中の政府は、もちろん専門家の予言を全力で隠蔽しにかかります。 これもどこかで本当に起きてたら嫌だわあ。


 環境省官僚 天海啓示(小栗旬)は、東山首相(仲村トオル)の肝入りで各省から若手の集まる『日本未来推進会議』の一員であり、石油、ガソリンに変わるクリーンな新エネルギー<C O M S>コムス開発を推進している。東大教授世良博士(國村隼)と協力し岩盤を穿つ掘削計画は進んでいるが、トンデモ科学者田所(香川照之)が「コムスで関東が水没する!」と反対し、信じた市民のデモは収まらない。
 デマを止めるよう説得に向かった天海は、「北海道移住計画を推進する会社に金をもらっているから」いう記者椎名(杏)の説に納得しかけるが、田所の熱狂ぶりは金で動く人物とも思えない。また趣味のダイビング中には、海底から噴き出す熱水に巻き込まれる危機体験も。本当に何かが起きているのでは?
 天海が渡した見返り情報による椎名の記事は、デマを潰すどころか政府の提灯記事と騒がれて、余計にデモが盛り上がってしまう。対策会議で『デマだと立証するためにも』と、実際の海底探索を強く推す天海。
 探査艇に乗った田所は、自説通りの断層が「あった!!」と色めき立つが、急病人が出て引き返すことになり、後日会議で再生される録画には何も映っていない。田所博士全面否定で終わりかける会議に、1人待ったをかける天海。脅されようが、出世が消えようが、調べるべきことは調べるべき。
 と、そこで入ったニュースは伊豆沖の日之島が崩落していた。
まず日之島が、そして関東が沈む!との田所博士の予言が、今まさに現実になろうとしていた……!


 ほうほうパニックスペクタクルね、政治も絡むのねー。
と、かなり斜めに見始めたのですが引き込まれましたね。何より天海が正義バカじゃないのがいい。田所説をデマと断じてる時期にもただ潰そうとはしないし、もしや一分の理が…と思い始めても今度は、正面から調査を説いたりしない。世良教授を持ち上げて、あんなのダメに決まってますけど、ね?と上手く立ち回ってくれてストレスなく見られます。なんなら、推進会議の中にも経産省官僚で同窓の親友常盤(松山ケンイチ)までいて孤軍奮闘でもなし。
 単身赴任、我が子の好みも分からなくなった仕事ニンゲンな描写もありつつ、常盤とダイビングを楽しむ余裕はあるんだなー。まあ物語進行上、海底の亀裂を目撃する方が家族サービスより優先…もとい、常盤が自前のクルーズ船だしてくれているというおぼっちゃまな描写でもあるのでしょう。彼の鷹揚さとコネはこの先の危急な事態に役に立つ筈。
 人間関係といえば、世良と田所は元々は同僚。非常に優秀だった田所が研究費の不正使用かなんかで大学を追われたそうで……研究のこと以外興味のない田所が、まんまと世良の罠にハマったのではないかと邪推できますねえw

 そして早くも1話で島がひとつ沈み、予告では早速避難活動が始まる模様、ってことは関東沈没を世良始め政府筋も認めてくれるんですか? そこに至るまでに揉めまくるのが2話かな。映画の2時間3時間で日本が沈んで亡くなってしまうのも展開早すぎると思ったものですがが、かといって9話10話もかけるとなると逆に、そんなにすることあるのかなと思ったり。 

推進会議に中村アンと、おお、久しぶりのウエンツ瑛士! 

「准教授・高槻彰良の推察(2)」1 ☆☆☆

 謎キャラ小池徹平!美しくも素晴らしい!

 第一シリーズ終了から間をおかず、wowowで開始される第2シリーズ。ドラマ内でもほぼ直後の様です。

 学校行事のバスが転落、教師生徒ほぼ全滅の痛ましい事故でただ1人生還した「奇跡の少女」は特別な力を持つのか?? お告げを求め列をなす人々……。
 その少女の元に高価な贈り物を持って母親が日参、騙されているのではと相談を持ち込んで来たのは写真家寺内一(小池徹平) 調査を引き受けたものの、いつもの様に「素晴らしい!」と怪異を喜ぶ様子のない高槻先生(伊野尾慧)は、少女と同様に「天狗のお告げ」を求められていた自らの少年時代を思い出していたのでした。
 奥多摩に少女(粟野咲莉)一家を訪ねた一行は、嘘を見抜く深町(神宮寺勇太)の能力で『物品を要求はしていない』ことは確認するのだが。むしろ高槻は、寺内の発言の齟齬に気がついてしまう。何かがおかしい。
「自分が生き残りなら、嬉しい」
特別な存在になれたのだから、と心ないことまで口にする寺内の部屋には、びっしりと貼られた高槻の隠し撮りや、誘拐された当時の新聞記事。彼の狙いは何なのか?
 また、行方不明だった少年が保護される。高槻と同じく鞍馬で……!


 金髪に黒フードも妖しい小池徹平が美しいのなんのって、どうしましょう。
そして高槻先生のストーカーなんですね?「し…」と言いかけて言葉を変えた寺内、「心配で」と言うのが普通だろう状況であえて止めるとは、それが嘘と見抜かれること=深町の能力を知っている??

 何しろ前作、様々な怪異を人が作った嘘だったと暴いて回った挙句、夜祭は本物だったじゃないですか。亡者の祭りは実在したし実際に亡者に追われw  てことは、今度は天狗だって本当にいても不思議じゃないわけで。さらわれて記憶力抜群になり目が青く光って鳥が怖くなったお仲間も現れますか? 天狗も? えええええ。そして寺内は、それを喜びそうですよね??
 奥多摩の宿、貸切露天風呂で、隠さなくていいって楽だね☆と背中の傷=天狗の羽痕?を深町に晒しくつろぐ先生なのですが。下手したら隠し撮りで狙われていませんか!
予告も、美しい自然の中会話はひたすらに不穏でしたよ。ワックワク。

 さてその前にまず、ただ1人生き残り、言葉が出ないのに大人の相談を聞かされている少女を救わなくては。わざわざ事故現場が見える場所に引っ越しとは尋常じゃありません。供養になる、という表向きの理由も少女には知ったこっちゃないでしょうが、ましてそれが嘘なのなら。母(矢田亜希子)の想いはどこにあるのか?
 回想の高槻母(高橋ひとみ)から感じてしまう狂信的な何かが、少女の母からは感じられないのですが。無言の娘の様子を自分が翻訳し「お告げ」にしてしまうことを、どう思っているのでしょう。

「ごほうびごはん」1 ☆☆

 新社会人が、美味しくご飯食べてます。よかったね!

 初めてのファックスを、100枚送信しちゃたり? 発売前の企画品を見れちゃったり☆
そんな社会人あるある(?)の合間、ランチで食べたかった海老カレーが目の前で売り切れになり午後はもうエビで頭がいっぱいでえぴえぴえぴえびebiebiebi…!
 思わず伊勢海老(半額だったw)買って帰って、伊勢海老カレーを自作しましたとさ。自分にごほうび、ごほうびごは。ほほう。

 だからどーした?と、隣で旦那がぶーたれっぱなしw
うちの娘も同じ新社会人、こんなミスもしてるかも。1人暮らしで自炊して、頑張れーって普通に楽しく観られると思うんですけども。最近ありがちな実際の店を紹介するドラマばかりでなくてもいいし、必ずしも決め台詞(exプシュー)もなくてもいいのにね。
後半では、同期と初めて一緒に外食してちょっと仲良くなって。え、就活期間、内定後、入社後の研修期間とか食事ぐらいしてないんかーいとは思いつつ、まあいいや、良かったね!

 そうそう、ヒロイン池田咲子は桜井日奈子。「ふろがーる!」の早夜子さんかあ。武士言葉じゃないキャピっとだとこうなんですねw
 企画部のイケメンに古川雄輝、今は変なやつ扱いですが、 恋バナあるでしょうー。
あ、 先輩の本田(きづき)さん、一瞬重岡大毅かと!声も似てない? 一瞬ね!

「それでも愛を誓いますか?」1 ☆☆

 子無し夫婦のセックスレス&不倫。
あードラマに良くある系。しかし夫婦の配役が池内博之と松本まりか、レスから最も遠いところにいそうな2人……と思っていたのに、なるほどこう夫婦の信頼は静かに崩れていくのかもです。

 純須純(松本まりか)35才。
夫武頼(池内博之)に性生活を拒まれ5年。みんな当たり前に産んで育児してる年頃に、自分は
「求められない女」
なのだと引け目を感じながらも、新しい職場に慣れようとしているところ。しかし歓迎会から流れる最中に、女性(酒井若菜)と歩く武頼を目撃。ショックでその場から逃げてしまう。

 わー、夫さんただの同窓会からの移動中、不倫はどうやらまだ先よ! 偶然ね〜と駆け寄って挨拶でもしておけば牽制できたのにねえ。 メンタルぼろぼろ自己評価どん底だと、腕を組んでるわけでもホテル街でもなく、ただ連れ立って歩いているだけでああも動揺してしまいますか。自分だって隣に男いたのに←年下の同僚真山(藤原季節)
 で、妻の方も何故か気の合うこの真山といつか深い仲になっていくのかな? 常にマスクをしている……という変人設定は、コロナ禍で台無しになってしまいましたが、作中ではコロナ存在せずそのままです。
 
 さてこの先、傷つくまりか様を観たいのか観たくないのか、それが問題です。
ところで夫婦の姓は純須=すみす。翻訳物で原作がスミスさんなわけでもないのにw なぜw  

「恋です!ヤンキー君と白杖ガール1 ☆☆☆

 これはいいドラマ。そして杉咲花が可愛い!

 札付きの無職ヤンキー黒川森生(杉野遥亮)と、盲学校に通う弱視の赤座ユキコ(杉咲花)がひょんなことから知り合ってまずは友達に。ここから恋になるのかなw とりあえず黒川はもうベタ惚れですけども。

 棚からメロンパンを選ぶのも一苦労、外出に白杖は必須のユキコに世界はこう見えています、とぼんやりに切り替わる画面。クラスメートの視界もそれぞれ違って誰々はこんな風、教科書は拡大機を使い、写真はルーペで、スマホはこう使う等々、ユキコの暮らしを追うことで視聴者は、知らなかった視覚障害者の暮らしの端々に触れることになります。またRー1チャンピオン弱視芸人濱田祐太郎のコーナーまであって、啓蒙しつつもお勉強な堅苦しさにしたくなかった意気込みが伺われます。

 そしてユキコちゃんの笑顔もふくれっ面も可愛いんだこれが……。
 化粧だって慣れれば手探りでバッチリ、と導入部で見せてくれますが、そこだけじゃなくダボっと緩いながら色の綺麗なファッションに、常にピシッと切りたて染めたてのショートカットが似合うこと。そのうちに仲良しの姉イズミ(奈緒)が美容師と分かり、なるほど納得。父(岸谷五朗)と共に、定位置にものを整え、食事を用意し、雨なら迎えに行きと、家族の愛がユキコの暮らしを支えているんですね。

 そこに現れた黒川ですが、いや素直。
好きだから待ってる、好きだから点字ブロックや白杖についても知りたい! これもユキコに邪魔と、点字ブロックを塞ぐ放置自転車を、不良仲間とお片づけ。ちょっと前まで上に座り込んでたくせにねw  恋がダダ漏れ、でも誰もそれをからかわないんですよ。いいですね。
 そしてなんと、初対面で蹴り倒したユキコの方が立場が上w  
強くてカッコいいっす姐さん!ってこんな可愛い女の子相手にw  でも普段から避けられ怖がられ、家族とも不仲な黒川に、こんな近距離で接して、怪我を気遣ってくれる人いなかったんだろうとわかってくると切ないんです。
 黒川を探すユキコが道ゆく人に、
「顔に傷があって…でも怖くない、いい奴で」
と説明しているのを聞いて泣いちゃうんだもんなあ。そんなこと言われたことないんだろうなあ。
(また、そのユキコの近さを「積極的だなって」と口に出す素直さもナイスで、ただの怪我の確認、ただの誘導手段!とちゃんと説明できて良かったですよね)

 しかし、黒川を紹介された姉はドン引き。白杖が折れたユキコを助けてくれたと言われても、歴然と不良ですものねえ……。警察にも目をつけられて、自転車整理のはずがしょっ引かれてるし。高校は中退、バイトも採用にならない、無職(生活費はどこから?)
なので黒川が
「住む世界が違う」
と言い出すとき、家族と仲が良くて学校で勉強しているユキコの側が『普通の人』なんですって。これもまた、段々と視力を失って障害者になったというユキコにとっては久しぶりの、切ない分類なのでは 。

 20枚もの便箋に切々と綴った……んじゃ、ユキコが読めないと気づいて書き直してきた恋文は、ドンと一枚に一文字で
「恋、です!」
そんな真っ直ぐな気持ち、実ったらいいですよねえ。でも無職は困るなあ、どうにかならないかなあ。

 ヤンキー仲間に戸塚純貴、盲学校の全盲クラスメートに「ドラゴン桜」で虫大好きだった細田佳央太。あと黒川の因縁の喧嘩相手に鈴木伸之w   主演の「お茶にごす。」も始まった週になぜこんなヤンキーがかぶるゲストを!

「つまり好きって言いたいんだけど」1☆☆

 可愛いラブコメ。 はい職探し、はい運命の再会!
 それって冒頭10分でノットフォーミーと音を上げたドラマ「どうせもう逃げられない」も同様でしたけど。とりあえず「ウソが嫌い!」とヒロインが繰り返す原因だとか。小学校の先生らしさが世話係に見込まれるとか。大筋は通っていて楽に見られました。でもって傍にサトエリに…西村さん出演です。はい、そこ目当てねw

 市議会議員の子を叱りつけ、小学校の非常勤講師をクビになってしまったヒロイン冴島千歳(大原櫻子)は、職探しに走り回る中携帯を拾う。
届けてくれ、と無茶を言う落とし主東山(西村まさ彦)が指定したのは撮影スタジオ。ファンと勘違いした俳優に絡まれ、慌てて辞して履歴書を置いてきてしまう千歳。それを見て連絡してきた東山は、千歳を自分の芸能事務所雇いたいと熱望!
 教師の職が決まるまで……と引き受けた千歳の担当は、昨日絡んできた藤代瀬那(櫻井海音)
連日違う女を泊め、すぐウソで千歳を揶揄うしょーもない男だけれど、その演技には心打たれる千歳でしたが。え、あだ名で呼んだ?小学校の頃の?
そう、彼こそはちーちゃんもとい千歳をウソ嫌いにしたクラスメイト、不二宗純だったのでしたー!

 って、偶然がすぎるw
ついでに低学年で漢字フルネームの名札も付けないと思いますが、まあいいか。就活中のヒロインって、後日連絡を取るのにとても都合がいいのだと改めて納得でしたw
 にんじんとピーマンが嫌いで、業界に不慣れな千歳をすかさずウソで騙す、小学生男子みたいな男! 確かに先生の指導が必要かもしれませんw

 テレビもない暮らしからの、ジャーマネ生活! 業界用語だけじゃなく、人気の有名人も全く知らなくて失礼やらかしちゃってますけど、どんまい。
「メリーゴーランドの様」
と東山社長が称する夢の世界、芸能界。集う俳優たちに「美男美女…!」と感嘆する千歳ですが、いやいやパンピー代表のはずの貴女もとてもキレイよ??
息する様にウソを吐く瀬那と、そのうち恋に落ちちゃうんでしょうねえ。あんなチャラ男、真面目な千歳にはもったいないのになあ。嘘つきになっちゃった悲しい事情、などでほだされるのかも??でもそれもウソなのかも??

 とりあえずは西村さんがいつもニコニコ楽しそうな役所で、私もニコニコ観ています。おや3話ゲストに黒木瞳? 深夜放送の30分paraviドラマとは思えない豪華キャストですよね!

「お茶にごす。」1 ☆

 鈴木伸之主演、ヤンキーコメディ!
……とラテ欄にあり「また不良ものかあ」と見始めたら、OPは可愛く茶道部。始まったら傘がぶつかったぶつからないでミュージカル?? やっと遠くにヤンキー御登場になってもまだ、避ける避けないでうだうだ迷ってた長髪リーマンが結局は吹っ飛ばされて、独白がヤンキーくんの心の声に変わったと思ったのに

 まだ何センチ避けるかで時間使うの???

 で、あのリーマンは今後も登場するの??

 結局、絡んできた他校生をボッコボコにして、助けたはずの同級生夏帆(萩原みのり)にまで妄想で怯えられ逃げられて3分の2経過! CM明けはもうクラス分けに部活勧誘で、主人公を避けまくる部ばかりの中、茶道部部長だけが声をかけ入部も歓迎してくれましたよ。って、もう1話終わったー! 


 絡まれては仕方なくケンカしてきた中学時代、デビルのまーくんと異名までとってしまった船橋雅矢(鈴木伸之) もう喧嘩はしない!と決めた高校生活、茶道部に入って 本当に人生変わるのかな?
先に茶道部に入部してた夏帆とお友達智花(永島聖羅)←NobRockTVで板さんが操ってた元アイドルちゃんじゃないですか!そこは応援したいけど、2話を見るのか微妙ですw

「ムショぼけ」1 ☆☆

 「極主夫道」に続く極道コメディ?
いや本場尼崎を舞台にもっと泥臭く、切実で胸に迫ります。

 鉄砲玉で14年の実刑となり、出所したばかりの主人公陣内宗介(北村有起哉)
長いムショ暮らしで「待て」と言われれば黙って壁を向いて立ち尽くす習慣がつき、大声で独り言w  スマホもプリクラも謎なら、コンビニで袋を買わされるのも我慢ならない! 可愛がっていた舎弟(九条ジョー)は、面会にも差し入れにも一度も来ないまま「極道YouTuber」HIROとなっていて
「俺の舎弟が出所した」
と嗤う配信を見ていたら、自分のこと? なんでやー!

 せっかく出所して自由の身なのに、妄想の看守(板尾創路)にひっきりなしに小言を言われているの辛いw  で、消えろ〜と騒いでいると母ちゃん(末成映薫)に怒られるw しかし母ちゃん、出所をちゃんと出迎えて、刺身から何からムショで夢見たご馳走を腹いっぱい食べさせてくれるんだからありがたいよね?
犯行当時はやるしかないと思い詰めた鉄砲玉も、幹部に出世云々の条件が守られていないなら何のためにだったのやら? 当たったのが腕で殺してなくて良かったのでは。
 世間知らずの元反社オヤジが、どうやって暮らしを立てていくのか。消えた元妻子とは巡り会えるのか?
がっつり刺青手首まで入っちゃってますからね。道は険しい。でも何か憎めない愛嬌が宗介にはありますね!がんばれ!

 あと舎弟のHIROが若手芸人コウテイ九条さん。娘が単独ライブに通うファンでして。冒頭から「似てる」と思ってたけどまさか本人とは! 板尾さんユミ姐さんと吉本系の配役なれど、ドラマ初にしたら随分な大役ですよね、こっちもがんばれ!(しかし公式サイトのコメントが、恒例のイキリすぎで意味不明w 普通に「頑張ります!」でいいのに〜)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ