ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

放送中 連続ドラマ

「いいね!光源氏くん」1、2 ☆☆☆☆

 面白すぎるw
 須磨を目指して都落ち、のはずがなぜか現代東京に。それもマンション住まいのOL宅に現れてしまった光源氏!不審者扱いでバットでぶん殴られて警察呼ばれる始末でしたよ。いや、怖いよね、そこそこ上階のベランダから侵入してくる、烏帽子に直衣の平安貴族w (直前に、お香を焚いて窓には御簾を垂らしたことで呼び込んだのかな?)

 しかしおっとりと温厚な光の君(千葉雄大)、警官に乱暴に連行されるときの目が!捨てられた子犬のように助けを求めていて! 思わず「この人、知ってます」
と言ってしまった沙織さん(伊藤沙莉) 教科書で読んだよね、……いやでも光源氏って実在しないんじゃ?と混乱しつつも乗り掛かった船。 言動も服装もおかしなイケメンを家に置く羽目になったのでした。

 何を見ても珍しがり、スマホも知らない光源氏=ひかる君。
烏帽子が梁につっかえても、頑なに脱がないw  烏帽子なしって、現代でいえばノーパンぐらい恥ずかしいことだったらしいので、むべなるかな。
翌日は早速、服を買いに。ニット帽も忘れずにw  試着室のカーテンを、御簾状に下から持ち上げて出てくるの笑いました~! 現代装束になってしまえば、ただのイケメン……かと思いきや。カフェで抹茶ラテを飲めば感動で一句!しかも立ち上がって謳う! 目立ちまくりですw
 その歌を、沙織の指導でSNSに投稿し「いいね!」をもらって知り合いも出来、現代に馴染んでいくひかる君。居候のまま、帰る様子もありません。

 以降もTVを見ては、中に囚われの女性(にょしょう)が哀れだと泣き。別の番組に出たその子がショートヘアになっていれば「尼に成り果てた」と泣きw 感受性が強すぎてもう大変。これは殴られて記憶喪失の関西コスプレーヤなどでなく、本当に平安びとなのかも? 
 常に焦らず走らず。肘を張って拳を前に置く立ち姿も(狂言や能で見る感じ)独特ですよねー。

 しかしボブヘアの沙織を尼だと思って衣食住世話してもらっていたなら、「成り果てた」は失礼な言い草よねw  実は、歴史的プレイボーイのはずが自分に手を出してこない…と内心ちょっと気にしていた沙織さん、尼だと思ってたからかーとホッとしますが、誤解が解けても口説かれもせず。通う男もいない様だが、まあ物好きな男がどこかにおると適当な励ましを、沙織の金で買ったお菓子食べながらされちゃあ、そりゃキレるのも無理ありませんて。夜通し会ってる女に世話してもらえ、とついに追い出してしまうのですが…、そっちも誤解でおばさまたちとオールでカラオケだったのでしたw

 3話では、甘いもの食べすぎで流石に太ったよねと初めての「運動」に精出すひかる君と沙織。
2人の距離も縮まったけれど、逆に帰りたさも伝わって。来た時と同じ満月の晩に、同じお香を炊いて御簾をくぐれば? と一致団結試してみますが、そう簡単にはいきませんでしたよ…。
さて、光源氏のライバル頭中将も現代に来ちゃうのか? え、ひかる君が消えた? どうなるの~!!

「捨ててよ、安達さん。」1☆☆

「同情するなら、捨ててくれ!」
これ言わせたかっただけなのではw

 断捨離がテーマの企画にオファーをされた安達祐実。何か私物を捨てて欲しい、んですって。そのまま帰宅し子供さんの連絡帳にハンコを押したり家事したり、密着ドキュメンタリですか~と、ながら見になりましたがw  突然の来客から一気に様子が変わってきました。
白装束でやってきた貫地谷しほりの自己紹介は
「安達さんの代表作のDVDです!」
もっと正確には、安達祐実の代表作と言われているが未発売である「あの作品」が焼かれているDVDw なるほど、だからラベルのない生DVDみたいな真っ白のいでたちで。首の紐は財布が下がっているのかな? そんな人間じゃない宣言に戸惑う安達さんですが、そもそも隣で合いの手入れてる幼女だって娘さんでもなく、どうやらこれは「夢」。
 もうずーっと、本棚に刺されているままで見る気配もない、とDVDさん。
偶然再会した番組スタッフから、良かれと安達さんの手に渡って4年。今日は偶然落ちて手に取られて。旦那が長期出張中の夜、子供が寝てから懐かしく観るのに絶好のタイミング??と思いきや、また本の間に戻されて。そんな宙ぶらりんな気持ちのままでいるよりいっそ
「捨ててくれ!」
と主張するのですが…。いざ、ゴミとして可燃か不燃かと捨て方を調べシュレッダーにかける話になると悲鳴w  で、安達さんとしてもあまりに代表作で「あの作品の安達祐実」扱いが長く、やっと抜け出せたのにという思いで振り返りたくはなかったと言いつつも切り刻んで捨てたいほど恨んでも憎んでもいないわけで、心中複雑。誰かに譲ることに落ち着いて、3人並んでかの名作を鑑賞し、当時の自分の演技を褒めたりしつつ夢から覚める安達さんなのでした。
 雑誌だかTVだかの企画的にもその譲渡でOK。母の出演作DVDをもらった娘さん早速見てくれて、ママ演技上手いじゃんと言ってもらったそうで良かったね(^^)

 ところで、娘でもないのに安達宅でくつろいでいたあの幼女はきっと、幼い頃の安達さん本人(本物のあの可愛さと演技力を望むべくもないですがw)いつかそれも捨てさる話になるのかな。

「女ともだち」1 ☆

 常連客の不倫をスタッフ全員が知ってる店! イヤだよね。

 デキるデザイナーのヒロイン(原沙知絵)は、転機を迎えた仕事と不倫の天秤で悩んでいた。でも別れられない…。

 画面から漂うわざとらしさ!古臭いと思ったら柴門ふみ原作ですって。何故今?
ガラス張りの会議室w  いい仕事の後は、陽も高いのに常連バルに着くなり酒を頼んで
「いいニュースと悪いニュースがあるの」
って、外国ドラマかーい! でも普通この二択って、相手の問題を告知するときに使うのでは。 それが、いい方も悪い方もお前さんの事情じゃ、興味ねーわ。しかも悪いニュースは「不倫相手が別れてくれない」ですと? いくら店長(磯山さやか)の友達だからって、現在進行形の不倫を当たり前のように店員も巻き込んで語り続けていてドン引きでした。人の口に戸は立てられないよ? ほら奥さんにバレてんじゃん。あーあーあー。

 なのに付き合い続ける気満々の相手の男(袴田吉彦)、誕生日のプレゼントは三つの願いを叶えてくれるんだとか。ブルガリのブレスだのとブランドを並べる俗物ですが、ヒロインからの要望は「奥さんと別れて結婚して」w それは無理ーとなって、後日改めての要望は
その2「私と別れて」
その3「私と別れて」
ねえこの場面、当時はオシャレだったのかなw 「別れてくれないの」じゃないよ、別れたいなら会わなきゃいいんじゃん。でも好きなの云々はさておいて、別れなければと思うならまず着拒、それでも男が追い回すならともかくさー。 ねえ、いいニュース「イタリアの工房に誘われてる」にすぐ応じて日本離れて、その男とも縁切ったらいいのでは。

 仕事がうまくいかないと、閉店時間の店で愚痴るヒロイン。不倫してるけど肉体関係はほぼ無いんだってさ、そんな赤裸々なこと聞かされる方も迷惑だよねえ。しかし店の若い子(須賀健太)は、ちゃんと相談に乗ってくれますよ。彼の立ち仕事をずっと支えてきたのは彼女がデザインした靴なんですってー! へー、厨房でお役立ちはワークマンの滑らない靴じゃないんだw
これ一見、彼女を持ち上げている場面ですけども、言われるまで彼の靴を見てもいなかったわけでしょう。靴デザイナーとして恥ずかしい事態なのでは(^^;;;;;;)

 磯山さやかの夫が竹財輝之助だというので見ました。とりあえず次回の夫登場までは見ようかと思いつつ、辛いです。一回が30分でびっくり、体感時間ほぼ倍でしたw
バルの料理に料理名が出るのは愉快。HPにレシピでも出るのでしょうか。

「浦安鉄筋家族」1 ☆☆

 佐藤二朗鑑賞ドラマ……!

 子沢山な大沢木家の大騒ぎ。タクシー運転手の父(佐藤二朗)は客を乗せたまま家に昼食に戻ってきちゃう破天荒で、小学生の次男(斎藤汰鷹)と同レベルで張り合って喧嘩。乳児の3男が一番可愛いんだよ~って、次男もまだ可愛がって欲しい年齢なのに酷いな(^^;;;) そこに「小遣いアップ」を希望するJK長女(岸井ゆきの)に浪人生長男(本多力)が加わり、ついにキレた母(水野美紀)が吠える「いい加減にしろ~!」

 うん、あらすじもへったくれもないドタバタコメディです。子役も含め皆芸達者、佐藤二朗が好きならぼーっと見て笑っていればいいですが、さて次回を見る気力は湧いてくるのか?この録画をもう一度見ても同じじゃないのか?? 
 おじいちゃんが坂田利夫、長女のオタク彼氏に染谷将太、タクシーの客は滝藤賢一。

「隕石家族」1 ☆☆☆

 え、もうコロナ自粛中を描いたドラマが出てきたのかとびっくり。半年後には隕石が直撃すると分かってしまった世界の物語でした。

 学生も会社員も欠席上等、通勤電車はガラガラに。渋谷には暴徒、世間では不倫が流行…!
そんな中でも一家団欒を大切にする門倉家では、妻久美子(羽田美智子)の願いは家族の幸せ。地方へ疎開も無駄遣いも望みません、義母(松原智恵子)と娘たちの笑顔を楽しみに、愛する夫(天野ひろゆき)を支えます! ママはもっと自分のやりたいことないの?と娘に責められてもパートに精出す妻だったのですが…。
 突然の、恋に生きる宣言w
テニス部のキャプテン(中村俊介)が好きだったんだって。死ぬ前にひと目、と連絡を取ったら相手も同じ想いだったんだって!うわー。

 これ旦那がキャイーン天野なところがミソですね。  風呂場の改装すら妻は希望が通らない扱いで、なんでも義母優先。なのに妻は俺にメロメロさと図に乗っているのがイケメン旦那でなく天野って。こうなるまで、さぞ尽くされていたんでしょうねえ。ショックで寝込んだ夫が妙~なハイテンションで復活してきたところへの、更にまさかの妻帰宅。どの面下げて!と騒ぐ娘を尻目に受け入れてしまう旦那だったのですが。なんとキャプテンと別れてきたのは嘘だった~! 幸せな家庭か、昔の恋か。どちらかを選ぶのでなく
「両方、欲しいの」
ずっと黙って耐えてきた奥さん、実は誰よりも強欲だったのでした…! うわー。
おまけに趣味の電車模型で、旦那とキャプテンが急接近? うわー。

 妻が旦那を褒め称えつつ、ジェットシャワー却下を根に持っていたりw  妻のカラオケ十八番が「好きよキャプテン♪」とか、ちょこちょこ愉快です。旦那の売るマッサージチェアが世界の終わりに逆に激売れw  そして来年の大学受験はもう無いはずなのに「万が一衝突しなかったら」に賭けて勉強を続ける予備校生の妹orz 突拍子もない設定だけに、細部のあるあるが光ります。でもやっぱり大きいのは、ガラリと日常が失われた世界と現場とのシンクロですよね。

この先どうなるのか楽しみです。 

「ギルティ この恋は罪ですか」1、2☆☆

 はいはい、不倫不倫。

 優しい夫一真(小池徹平)と暮らすヒロイン爽(新川優愛)は、高校時代の彼氏秋山(町田啓太)と再会してしまう。親の邪魔で別れただけで、嫌いになったわけじゃなかった…。
とか書くとヒロイン不倫話みたいですが、実はその気が利く優しいイケメン夫が先に不倫してますから! しかも相手は、爽の行きつけバーで会う友人(中村ゆりか) いつも「ニートの彼氏」を愚痴りながら爽の「優しい旦那さま」の話を聞きたがるのに。こりゃ妻と知ってて近づいたね?カバンのGPSに一真を疑い怒らせてしまう爽ですが、それも愛人の仕掛けでしたよ。


『教えていない店の名前を知っていた』

『仕事に行ったはずが出社していなかった』

と夫を疑うきっかけはありがちなのですが、相手が自分の女友達と気づいたきっかけは

『夫婦の内緒の記念日を知っていた』

『夫と同じ匂い』

と、もう一歩具体的でぞわぞわ。爽不在の間に家に来ていた愛人と、帰宅した爽がエレベータフロアですれ違う場面もスリルありましたけどね。見ていて楽しくはなりませんよね。これでそっちにメロメロならまだしも、爽と別れる気は全くなさそうな旦那はいったい何がしたいのか。もちろん爽に財産もないですよ。だいたいさー、子供は絶対に欲しくない、なんて大事なことを結婚する時に言わなかった旦那だよ? それだけでも離婚理由になり得る大問題では。


 爽の同僚(大西礼芳)も上司と不倫。バレた途端に、爽の仕業だ!と平手打ち&悪態ついて辞めていきましたよ。見ていて悪意に疲れちゃう。爽母(戸田菜穂)との思い出も、毒親で辛いばかり…。

じゃあ爽と元カレぐらいはほのぼのかと思いきや、再会しての一言目は「老けたな」ですってよ。ねえそういう、悪口で表す親密さ面白くないから。高校時代にだって言ってなかったそんな照れ隠しの悪口を、なんで大人になって言い出すのさ。どうせドラマなら甘すぎる褒め言葉の方を聞きたいです。


 というわけで、さようなら~。

「ピーナッツバターサンドウイッチ」1、2 ☆☆

 伊藤修子の無駄遣い?

 筧美和子に瀧本美織といった美貌の4人が、ままならない恋愛事情を愚痴る連夜の女子会。それだけなら普通の婚活ドラマですが今作では、なぜかその4人を見張る謎の婚活応援組織「ピーナッツバターサンドウイッチーズ(PBS)」が存在し、下っ端構成員(矢作穂香)が店員に化けたり尾行の末に朝まで見張ったりさせられては、謎の本部で待機する所長(伊藤修子)とブレーン(伊藤健太郎)に連絡をしては無碍に扱われて連勤、なのですよ。

 1話視聴の段階では、結構期待しましたよ。
伊藤修子と伊藤健太郎の並びは目を引くしw  脅されるようなことは何もしていないはずなのに、些細な質問でも何かと「上に消される」とほのめかす謎の組織PBS!どーなってんのw でも2話を終わっても所長は、結局ただピーナツバターサンドイッチぱくつきながら分析しているだけ。その監視対象の恋愛もクソつまんないのです。
 交際6年、同棲中の煮え切らない彼がいながらマッチングアプリで男と出会う看護師瀧本美織。楽しく食事…する会話の中身がペラッペラで、容姿褒め合うだけで趣味も思想もへったくれもないんですよ。せめて思わぬ趣味が合うとか、同じもの収集してた的な盛り上がりないのかとorz  なのに別れ際、駆け戻ってきてキスする男。げー。 女子会でもちゃんと「キモい」扱いでホッとしましたよ。こんなのでうっとりしないから!
 筧美和子はセフレと別れられず、モテモテ秘書(Niki)は余裕で構えているけれど見合う年収の意中の人おらず。

バリキャリ(堀田茜)は、「努力すればなんでも手に入る」と信じてきたのに男と幸せだけはそうもいかずに酔いつぶれ、うっかり部下の部屋で朝まで。はいはい。かと思うと憧れの先輩社員(忍成修吾)とお近づきになれてときめいちゃう☆ うわー、恋に発展かと思ったら講習会にでも呼ばれて壺買わされる流れ?
 ああ、どーでもいいぞ! もしかしてこの先、監視だけでなくこちらからも何か仕掛けて行くのかな。原作の漫画が人気な所以があるんでしょうけれど、2話まで見た段階ではもう、縁がなかったということで。

「きょうの猫村さん」1 ☆☆☆

 ……出オチw

 原作の漫画が出版になった時すら驚いたのに、こんなに時間が経ってからの実写化。実写ドラマ化。しかも猫村さんが松重豊って誰ですか思いついたの。松重さんも何故に承諾をw

 買い物かごを腕に下げた猫村さん(松重豊)…って知ってるから猫村さんですけど、ただ見たら思いっきり粗雑な猫コスプレで歩くオヤジですからねorz 原作をもちろん知らない旦那、半笑いw

そして家政婦紹介所で「猫だ」と驚かれてやっと『猫なんだ…(危ないオヤジじゃないんだ)』とホッw 求人チラシを見てやってきた猫村さん、それは人間向けだからと断られるも

「そうですか、じゃあ」

と丸無視で上がり込みトントンと掃除を済ませ布団を干してお茶を入れ

「私、猫舌なのでぬるいかも」

と出されたそのお茶が、超美味しいとな。そしてぱたーんと横になりながら、買い物も得意と底値買いを自慢する猫村さんですが、ネズミが出たらもっと凄いんですってよ!それは見たい。モフられながらも、猫村さんの家政婦の腕が認められたところで今回は終わりです。たった5分のドラマで、見慣れた頃にお別れ。うん、このぐらいがちょうどいいね。

「映像研には手を出すな!」1 ☆☆☆☆

 これはいい実写化(^^)

 実はアニメ全部見てまして、息子にも勧めて一緒にはまっております。原作本もまとめて購入(^^)さてアニメ以上の何を見せてくれるのか、辛口になってしまうかなあと思いましたが、違うのは違うなりに楽しめましたよー。

 まずは部活が多すぎw 陸上部、にいいタイミングでドリンクを差し出す補給部、を応援する応援部!には予算が降りず(グローバル生徒会は原作通りなのがまた愉快) 野球部は外野と内野が『野球観の違い』で分裂w  
「外野は黙ってろ!」
を本当の意味で使う場面、初めて見たぞ! 
その辺をコントとしてみると長尺ですが、これから主人公たちが『映像研』を結成するにあたっての下敷きになっていますよねー。

 そして謎の山奥財閥令嬢水崎(山下美月)を追う黒服黒メガネの男たち(「逃走中」か!)
その追いかけっこが、2階から飛び降りたり応援部を巻き込んで大騒ぎにと、派手に華やかに変更になっているんですよねえ。
しかも、それを妄想中継する浅草氏(齋藤飛鳥)のすごさと奇妙さw   追っ手を振り切る水崎の行動力!&予測して水辺で待ち構える金森氏(梅沢美波) と、変更に伴う主人公たちの行動が魅力的かついかにもやりそうなこともポイントですよね。このスタッフなら推せる感!

 そして、ついに集ったアニメ好き2人と金儲け好き1人は空想の翼を羽ばたかせ
「アニメを作りませんか?」
と切り出して、次回に続くのでした。やっちゃえ~!!

 ここで今更の人物紹介。
 ミリタリー帽に「そうなんじゃ」な語尾で話す女子高生、浅草氏は設定厨。物語の世界観や歴史から建物や街全体を構築するのが得意。でも超絶人見知りで臆病者!
 読モの水崎氏は、両親が俳優。なので自分も俳優になれとアニメ禁止令を出され、嫌だアニメが描きたい!と大立ち回り。描くのはキャラクターの動作や演技メインで、設定は考えたことがなかったと浅草氏の背景に自分のキャラを重ねた「合作」で色めき立ちます!
 それを見ていた金森氏は金儲けの鬼! アニメ自体には興味なく同中浅草氏の絵だって見ていないかったものの「読モが描くアニメ」の価値は見過ごせないw

 さあ3人でアニメを作るよ~! ああ楽しみです。妄想が爆発して登場する線描きの飛行物体!こう表現してくるのか~。乗り込んで空を飛ぶ3人、眼下に広がる廃墟都市…! くうう!

 ただ1つの問題は、浅草氏が可愛すぎ金森氏が美しすぎてw  3人組の中で「美しさ」が個性だったはずの水崎氏のそれが目立たないことw  ドラマに出てくる人って基本みんな美しいからなー。
 そうそう生徒会を牛耳るソワンデ役のグレイス・エマちゃん。このドラマと映画のためにオーディション受けて、これが演技体験初めてと何かで読んだのですがいきなりの長ゼリフをしかも貫禄たっぷりに演じて堂々たるもんです。


「レンタルなんもしない人」1 ☆☆☆

 マジ何もしないw

 twitterで話題だった、交通費だけで都内どこでも来てくれて、でも何もしないw  レンタルなんもしない人、なんとドラマになりました。 例えば、引っ越しに呼ばれても荷造りは手伝わない。居るだけ。勉強する人を見てるだけ。初めての場所に行く人を、道案内はしない迷ったら一緒に迷う。なんじゃそりゃーとは思いつつ、知り合いには漏らせない愚痴も、そんな遠い人になら言えるのかなと思ったものです。

 てなわけでまずは、クリームソーダを頼みたかったおじさんと一緒に喫茶店にいるレンタルなんもしない人(増田貴久)
次の依頼は、東京の仕事を辞めて実家に帰る女性(志田未来)から、東京最後の日を共に過ごす依頼です。知り合いに頼んだら名残惜しくなってしまいそう、でレンタルさん。だよね、東京に残る知り合いと過ごすのはお互い辛いことでしょう。
東京タワーに行き、河川敷で川を眺める。記念撮影のシャッターぐらいは押してくれるけど、レンタルさん被写体の場合は棒立ち。そして話題を振ってはこないレンタルさんに、ずーっと事情を話し続けている依頼者さん。アシスタントライターだったのね。頑張ってまとめた企画も、最後の最後には社員じゃなきゃ担当できなかったり云々。編集部から雇い止めにあって、もう心折れたのね…。もっと頑張れ、とも地元もいいよ、とも何も言わないレンタルさん。むしろ河川敷では寝たよw そのどうでも良さが心地よい場合もあるでしょう。

 そして家に帰れば何と、乳児! え、専業主夫するでもなく無職してるの? 奥さんが笑顔で応援しているなら、まあいいですけどねえ。

 そこで鳴り出すツイッターの通知音。今日の投稿がバズって、さあそこから私でも知るような知名度や本の出版や、こうしてドラマ化に繋がって、 彼のなんもしない人生はどう変わって行くのでしょう。
「何でこんなことしてるの?」
「その前は何してたの?」
という何百回と聞かれただろう質問にも劇中で答えてくれますかね。次回も見ます。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ