ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

放映中 連続ドラマ

「サ道」1 ☆

 茶道じゃないよ、サウナ道w

 顔見知りなだけで名も知らぬ常連さんと会話したり、心の中であだ名つけたりしながら、主人公原田泰造がサウナを巡ります。スポーツでいう『ゾーン』に当たるような、サウナの心地よさを極めた瞬間に
『整う〜』

と叫ぶのが恒例な様ですが、まあそれは分かんなくてもいいや。
 今回は上野にある「北欧」を紹介。実在のサウナ店の中が見られるのもポイントかも。一緒に見てた旦那はまんまとサウナに行きたくなった様ですが……、女性ゾーンてあります? 「孤独のグルメ」が東京ばっかりで、たまの地方版以外はどうせ行かれないと思っちゃってた様に、男サウナって関係ないんだもんなあ。ああでも、岩盤浴なら館内着着て男女混合で入るので、そのうち岩盤浴編が……うーん、そうまで熱望しているわけでもない(^^::::)

 そして旦那が、これは女性向けにはサービスショットなのかと。 腰にタオルのみ、半裸には違いないので嬉しい人もいそうですね。じゃすみん的には風呂の裸って当たり前で別に……。

「凪のお暇」1 ☆☆☆☆

 会社をバッと辞めてくれてホッとしました。これが「獣になれない私たち」的に、耐えに耐える話だったら見ていられない。
「けもなれ」の晶さんは、仕事を押し付けられても怒鳴られても『有能』評価だけは揺ぎなかったけれど、このドラマのヒロイン大島凪(黒木華)は、同僚のミスを自ら『空気読んで』被ってその分怒られて、無能のレッテル貼られて尚感謝もされず。
『私たち専属の下請け?』
『大島さんみたいにだけはなりたくなーい』
と、ラインで悪口大会されちゃってるんですよ……。 しかも社内恋愛ないしょ☆の彼蒲生氏(高橋一生) が

『アッチがいいから、つきあってるだけ』
と下ネタトークかましてる現場にまで居合わせて、ついに過呼吸に orz

 そこからスパーっと新天地に越して、狭くて暑いけど新しい部屋、新しいお隣さん、新しい友人! と、人生リセットしてスッキリしたのに、なんとまた現れるんだわ。蒲生氏が……。
新生凪の新ヘアスタイル(地毛だけど)を笑い 、ブス呼ばわり。なのに新居に上がり込んで飯は喰い、抱く気満々な不思議。そもそも家にあげずに追い返していいと思って観てたので、押し倒されながらやっと
「済んだら帰って」
と言えた凪にホッとしましたよ。

 しかし、それで出て行った蒲生の奴、まさかのマジ泣き。本気で好きなんですってよ! 凪が朝からこっそり1時間かけ、くせ毛を直してるのも知ってて健気さに胸打たれてたんですってよ!え、なのに「変な頭」「ブスになったな」「戻せよ」って言ってたの? うわ、ただのクズでも嫌なのに、更にその下を行く、好きな女をまともに愛せない男! こんなのに好かれるだけ損なので、ホント死んでくれないかな。
 新居隣の刺青くん(中村倫也)と、早速なにか始まりそうなのは早すぎる気もしつつ、蒲生除けには良かったのかも。いや、そいつがまともだという保証はない orz

 だいたい『空気読む』って何なんでしょうね。

今まで出会った、自称空気読める人って思い込みが激しく押し付けがましい人が多くて『◯◯してあげる!』と要らないことに手を出してめちゃめちゃにされ、『私なんかこれでいいんです』とこっちの大好物をマズイマズイ言いながら食べられたりした思い出ばかりだ……orz 空気読まずに迷惑だ返せと言ってたらいなくなったけど。 凪みたいな、損を承知で引き受けるお人好しなんて見たことないぞ。ハッ気づかずお世話になってるのかも(^^;;;;;)

 ちなみに我が家も豆苗は二毛作&大きく育てて花を楽しみ、さやえんどうも収穫するので、半年はおつきあいしますが何か。ゴーヤも育てて、黄色くなったら種周りが赤く甘くなるのは食べてたけど……子供のおやつ感覚w あんなオシャレにお皿に盛って「ラッキーゴーヤ☆」と呼ぶ発想はなかったー!


 凪の幸せと、蒲生の不幸を祈ります!あの女どもも呪われるといいよ。

「ノーサイドゲーム」2 ☆☆

「ため息つくくらいだったら、呼吸しないでくれる」
奥さん(松たか子)が怖いよぉ……(^^;;;;;;)

 相変わらずラグビーには全く興味ないのに、GMとして監督は決めなきゃならない君嶋(大泉洋)『監督って、要るの?』と言い出して呆れられてますが
「監督を、会社にとっての社長だと思ってみてください」
この例えひとつで秒で「要るね!」には、視聴者にわかりやすいとか以前に、軽くムカつくわw 更に監督の業績はピンとこなくても、経営者の良し悪しには一家言ある君嶋。なんでも一度負けたら次も負け、負けグセってあるそうで、監督も優勝経験がある者を選ぶべき、と。えーっと、その理論だと1勝目はどこからやってくるのかw そして現在負けポジションの君嶋本人はもう負け続けってことかと思うんですけど~ まあいいか。

 現在空いてる中で、優勝経験監督は紫門(大谷亮平)ただ一人。
 アストロズとは揉めた経緯があって剣もほろろでしたが、そこは君嶋が大学同期の絆で再アタック。いつも最前列でガリガリ勉強していた君嶋を、意外や紫門も覚えていて(ラグビーヘイト含むw)お互いぶっちゃけあって監督就任が決まるのでした。あ、その前に『メンバー全員に受け入れられること』という条件がありましたが、そこは当然クリアで盛り上げポイントでしょう〜。紫門からのアクションってなんだろう、感動的なスピーチとか?と思いきや、なんと一人一人違う内容で美点改善点を語りかけるお手紙×26でしたよ!字がきれい。こんなの、惚れてまうやろ~!もとい新監督は紫門さんで決定やろ~!
 しかし後の予算問題で、外国人選手二人を切って一億円を浮かすことに。
ここでもまた悩み続けた挙句に「会社の予算だと思ったら」ならスパッと決断w 
 しかし外国人選手だって、紫門のお手紙もらってやる気出ただろうに、切られるの辛いよねえ……。あれ待って、お手紙何語? てかあの話し合いに外国人選手いたっけ? プロ契約だからいいの? いやメンバー全員といったら含まれるよね。 ……そんなしょうもない理由で、録画見直してみたらやっぱり、どの会議には彼らいませんでしたよ。それどころか練習試合にも、胴上げにも! 監督決まってリーグ戦始まるまでは、チーム作り流動的ということで里帰りでもしてる慣例なんでしょうかw なんにせよ、心情的にも切りやすくて良かったですね。

 予算委員会でつつかれながらも、ラグビー好きの社長に助けられて終了。
そういえば社長、紫門が去年までいた城南大学で3連覇させながらも予算は自由にできず、自ら企業スポンサーを見つける苦労をし、結果大学(OB会)側に疎まれて追い出された……てな情報も、掴んでいたくせに君嶋に教えるのは予算で揉めてからw その方がドラマ的には盛り上がるとはいえ、情報はもっと早く!「GMは君嶋くんなんだから」で終わるなら、もう最初っから報告だけにさせて下さいよ。

 次回、また何か大変なことが起きるそうですが何かな。あんまり心配じゃないなw

「ポイズンドーター・ホーリーマザー」1 ☆☆

 恐ろしい……orz

 女優として活躍し始めた娘弓香(足立梨花)を励ますでもなく、添削し貶め次の仕事に口を出し……交際相手を調べて勝手に別れさせる、母(寺島しのぶ)
彼との誕生日ディナーに駆けつけて、地元にいる筈の母が座ってたらドン引きだよね。
 折悪く翌日の生放送ゲストが、シングルマザー役の告知系。母を褒め称えるコメントに耐え切れず
「母は毒親です」
と言い切ってしまう弓香。

 そもそも1話は母の事故死&葬儀の場面から始まっているので、この後世間が騒いだことも、母の死を「弓香のせい」と非難する勢も見ているのですが……。いやあ、寺島しのぶの圧力で
「そんなに母さんを悲しませたいの……?」
などとじっとり責められたら、黙って支配されて生きる方を選んでしまった弓香の気持ちも分かりすぎてorz

 でもドラマは2話一組らしいのです。おそらく母側から描かれる2話で、娘を守る母の熱い想いに共感してしまったらどうしましょう……。 別れさせられた彼氏も、高卒だからじゃなくて、例えば既婚者だなど裏があったとか?(でも映画の主役話消えたのは、おつきあいを止めた共演者の横槍だよねえ?)

 いや待って。そんな普通の後味悪いぐらいじゃ湊かなえじゃない!それにタイトルも「毒親」の逆、ポイズンドーターですものね。 母の全てを操っていたのは実は弓香だった……ぐらいのことになるんじゃないかと…。うわあ、見たいような見たくないような(^^;;;;;)

「偽装不倫」2 ☆☆

 人妻のふりを、何故まだ続けるのか?

 姉の不倫をガッツリ目撃してしまう鐘子。出張の筈が、都内ホテルで着替えて出歩いた姉は、確かに着飾ってはいるけど黒レースで、とても1話で貸したスッキリ黄色ワンピを選ぶとは思えないババ臭さ。ピンク頭のボク君に会いにいくなら、もっとカジュアルでいいのにね? そして鍾子の派手コミカルな尾行がドラマから浮く浮く……。これは『と、疑ったのに勘違いだったよ』な時の尾行でしょうよ。

 不倫はする離婚はしないと言い切る姉に、記念日までに指輪を返せと念押しされて、丈のSNSに連絡をいれる鍾子。東京で会って1日デートして、丈姉(MEGUMI)が切り盛りするスペインバルにまで来て挨拶して、やっぱり好きだ~なんて、いままでの婚活相手とは違う気持ちだと自覚もして。
 ほら、ここで!
これは姉のだと言えば良かったじゃん。
素性の分からない相手に警戒するの、悪いことじゃないでしょ。何も、丈のSNSが人妻趣味に満ち溢れてた訳じゃなし(どんなSNSだそれ)建物と風景だけだったよね。

 まあ私は、人妻と分かってて寝る男は嫌ですけどね。

 挙句、旦那の写真が見たいと請われて姉夫を見せちゃう。これ丈と義兄が会っちゃうフラグ? ねえ待って、SNSで連絡とったんだよね、鍾子のSNSってプロフィールどうなってるの。まあ写真は食べ物ばかりでしょうねw 

 鍾子=カンパネルラをこんなにも早く丈から言い出したのも興ざめでした。「銀河鉄道の夜」のカンパネルラと自分を関連づけて欲しくなかった筈の鍾子が、わざわざ「しょうこ」のしょうは鐘だと言うかな。それもSNSで知ったの? しょうこ、の音に対して鍾子はレアな漢字で、漢字変換でも順位低いのに。大事なところなのに、雑で残念。

 さて、鍾子と別れて崩れ落ちる丈。そんなに悲しい……というより病気? 余命案件? うーむ。

「ボイス」2 ☆

 うーん、感傷的すぎてついていかれない……。

 樋口の妻が殺された直後、応援要請で現場に駆けつけた警官がもう一人、同様に撲殺されたのに交通事故で処理されたんだそうですよ。それが橘実父だったわけで、娘を名指しで指令室に入電してからずーっと橘ひかりは「お父さん、待って」と連呼。犯人と接触してからはもう、絶叫に次ぐ絶叫 orz
これなら音声記録が消えても、同僚が聞いてたでしょうに。というか、交代するべき。「親子で警察なのか」と電話を拾って話しかける犯人の横で、父は「ひかり」と娘を呼ぶわ、娘は「定年なの、命だけは」と懇願するわ、個人情報与えまくりでしたよorz 他の応援要員も来るの遅いなあ。

また、そんな場面で大熱演している真木よう子の背景で、ぼーっと立ってる上司や同僚が間抜けなんです。もう個室にしたらいいのに。

 さておき、1話では独り言を聞いただけに見えましたしたが、実はかなり会話をしていた橘と犯人。これなら『声が違う』と法廷で証言したのもうなづけます。なのに『証拠がない』『警官殺しがもみ消せるわけがない』と取り合わない樋口。君さ……アクアショップだと耳で判断したという橘を、弟分と一緒に嘘つき呼ばわりしたよね。でも結局、捜査資料由来じゃないと、認めざるを得なかった。その直後なんだから……。大声で否定する前に、まず彼女の話をちゃんと聞いて。当時の同僚から裏をとりましょうよ。

『息子はまだ5才だったんだぞ!』

と、幼くして母を亡くした子の悲劇を訴えますが、いやさっき犯人と刺し違えそうだったくせに何言ってんだよ……。現8才が、今度は父を亡くして泣かない様に我が身を大事にしろよ……。


 と、反抗的な火口を、構わずECUチーフに任命する橘。反対する弟分。←こいつの言動も一貫性がなくてイライラします。橘を嘘つき呼ばわりしたかと思えば、めちゃ耳がいい人っているかもと言ってみたり、むしろ常に樋口アニキの行動に反対しているかの様になってて何なのw


 他にも、語学堪能な婦警さん(石橋菜津美)がECUに誘われて断ってました。その矢先に、彼女と電話で話していた妹(矢作穂香)が拉致されて慌てて緊急指令室に入電。次回、妹が助けられる過程でEUCに感銘を受けて、参加してくるのでしょうか。
で、その姉妹が居酒屋女将YOUの娘。いつも樋口がたむろしてるあの店ですよ……。世間が狭い、狭すぎる。

 そういえばアクアショップで監禁も、犯人に隠れて携帯で通報できるなら、自分のおおよその居場所をマップで見て連絡できたよね。もう見るの止めようかなあ……。ああでも、拉致された妹の彼氏に森永悠希。それも気弱で真面目な方の森永悠希っぽい……。


「警視庁ゼロ係 生活安全課なんでも相談室(4)」1☆☆☆

 今シーズンの赤い実はミニトマトでした~!ミニトマちゃんw
もうそれが分かっただけで8割満足ですw 
 赤orトマト柄の冬彦警視どの(小泉孝太郎)青の寅三先輩(松下由樹)、紫の本条(安達祐実)カレー桜庭(木下隆行)ピンク文平(戸塚純貴)はハッキングと、ゼロ係メンバーもイメージカラーも変わらず元気です!え、『特命係』に? 紅茶注いじゃいます?

 でも例によって、メンバーお気楽なのに事件が陰惨なんですよねえ。
『毒を注射した、解毒剤は1人分』と、被害者同士で殺し合いをさせる連続拉致監禁事件。そして『嘘つきだったから罰を与えた』等と世間に流れるピエロのパペット動画……。煽りますねえ。
手が混みすぎていて、絶対1人じゃ無理じゃん?
別の場所にいる大人二人を、同じ日に意識不明にして運ばなきゃいけないんですよ?それが3回?
 でもそんな超人技は棚上げのまま、レクター教授を思わせる死刑囚『平成の吸血鬼』神沼(中野裕太)に面談にいってヒントをもらい。20年前の交通事故が浮かびあがったりと、2時間スペシャルならではの大盤振る舞いで風呂敷を広げていきますw
また、ゼロ係と対立する新任管理官龍美(斉藤由貴)は、あの柔らかい容姿ながら「ショカツは蟻」と言い放つアレな人w ゼロ係と一緒くたにされた捜査一課は気分を害しても、警視どのは気にしてないのが愉快です。寅三先輩と龍美、白虎と青龍を従えてる僕カッコイイ~なんだとかw

 そしてあれやこれや復讐と、それを教唆した奴が……と真相が判明するも、逮捕できるほどの証拠ないじゃん!と真犯人に開き直られたところで、『平成の吸血鬼』神沼が現れてガブーw ある意味、逮捕よりすっきりした終わり方ですよねw そのまま姿をくらました神沼、まさか毎回証拠の弱い凶悪犯を殺してくれるわけじゃないでしょうが、因縁のある龍美管理官とラスボスとして対決するのでは。シリーズ4にして初めて、縦糸になる事件に多少は興味もてますよ!

「ボイス 110緊急指令室」1 ☆☆

 ええ……。BGノイズが水槽のエアと断定は構わないけど、それが熱帯魚売ってる店かどうかは。趣味のアクアリウムかも、店舗のディスプレイかも、水族館のバックヤードかもしれないじゃんね。

 さて主人公は「ハマの狂犬」と異名を持つ(古)樋口刑事(唐沢寿明)
妻(菊池桃子)が惨殺され、警察へかけた110番が役に立たなかったこと&せっかく逮捕した容疑者に
『この声ではない』
とオペレータが否定証言したせいで無罪放免になったと、恨み続け酒に溺れて3年。交番勤務にまで落ちぶれてしまいます。

 一方そのオペレータ橘ひかり(真木よう子)は出世して古巣の緊急指令室に室長として戻り、より強力な新体制EUC(Emergency Call Unit)で全ての通報者を救うと宣言。初めは怒っていた樋口だったが、橘の真摯な態度に協力を決意して街に走り出す。
今、助けを求めている女子大生(吉川愛)を救えるのか?

 「ハマの狂犬」w 古臭いと思ったら韓国ドラマリメイクらしいです。容疑者をボッコボコにして逮捕などコンプライアンス的にどうなの〜。樋口の弟分も、荒れる兄貴を止めるでなく『橘は嘘をついている』とむしろ煽ってくる違和感も、原作通りなのかも~。もうちょっと和風にアレンジできませんかね。

 そして、携帯で、どこにいるかわからないけど助けて、と通報されても警察も困るのは分かります。しかも途中で切れ、上司命令でコールバックしたら、電話の向こうで通報者が明らかに殺されている音が。これ経過を見てる視聴者だけでなく、緊急指令室まで『コールバックのせいで…』となってるのは、察しが良すぎるのか実際そんな例が多いのか(だったらコールバックすんなと) 被害者も着信音オフにする余裕があればねえ。
 その後、助けられなかったことを悔やむのは同じでも酒に逃げてズタボロの樋口と、対策を建設的に実現しようとしている橘が協力しあう物語はなかなか面白そうなのですが……。本当に『10分』で通報者にたどり着けるものですかねえ。何区画おきに詰所が必要なんだかw そして同時に2件3件通報が重なる時の優先順位は?など。ツッコミどころも激しそうです。
そして個人的には低い声の真木よう子が苦手orz

 女子大生は助かるのか? 証拠の音声を切ったのは誰か? 無罪放免のあと行方不明という元容疑者と事件の関連は(もう生きていないのでは)
とりあえず来週は見ます。

「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」2、3 ☆☆

 おバカドラマがクセになる……。

 現代に戻り、江戸資料館で江戸を学ぶ優佳ちゃん(館長に佐藤二朗w)その発想はなかったよ! 事件の関連ワードで検索も。そんな後世に残る大事件じゃないでしょう~!
そして遺留品の血染め手ぬぐいを、化学オタクの幼馴染(甲斐翔真)に託し分析を頼みます。って、特に狙いもなくざっくり分析って、何がわかるっていうんでしょう……。
 と、思ったら。ほとんどが鶏の血で、人の血は少々だとか。へえ、そんなことが分かるんだ。更には、全く化学合成物質が付着しておらずこの現代にはありえない、と出処を不審がられるのですが……。へえー、そんなことが分かるんだw

 資料館で思いついた、夜間の目撃者=夜鳴きそば屋への聞き込みは的を射すぎて、気のいい同心見習い藤吉くん(池田純矢)が捕まり哀れお亡くなりに……。それじゃあと鶏の血関連の聞き込みで捕まえたゴロツキ半次郎(鈴之助)を、吐かせようといたぶるのを見ていられずに止める「おゆう」こと優佳ちゃん。その代わり
『秘密を知るあなたがしょっぴかれて、お仲間は放っておくでしょうかね』
と、実行犯が逮捕された方が安全だよーと理詰めで密告をお勧めw そっちの方が効き目がありましたよ!これも現代捜査? 持ち込んだ通販スタンガンも大活躍です。

あと薬問屋に吹越満、私得。最近よくみるどんぐりさんも、意外や時代劇の女将似合ってましたよ。

 ガールズトークで、最近気になる人を『着物が似合って……サムライ?』と謎表現する優佳ちゃんw そりゃ江戸時代の同心だとか言えませんからねえ。で、女友達から化学オタクくんへとそれをリーク。気になるオタクくん……優佳を追って、そのうち江戸に来ちゃうフラグですか?

気楽に楽しんでます。

「まどろみバーメイド ~屋台バーで最高の一杯を~」1 ☆☆

 陽も高いうちから屋台で一杯!
可愛らしい青い屋台にたくさんの酒瓶。蝶ネクタイのバーテンダーが若い女性なのが丸見えで、確かに女の子も寄り易いですね。
「色がきれいなの」
とのオーダーでもバーテンダー雪(木竜麻生)は快く作ってくれて、スランプ気味のイラストレータ嬢(清水葉月)は創作欲が湧き上がります☆

 通りかかった中年リーマン(相島一之)は「俺は酒に詳しいんだ」とハナから舐めた態度なのですが、雪が差し出すカクテル「村雨」を口にしてガラッと態度が変わります。今日の暑さも考慮して、飲みやすくするためにあえて混ぜ方を変え、更に普通にはない不思議なフレーバーは……とっておき、雪が育てた月下美人の花を漬け込んだ香りだったのです!うわー、一晩だけで萎むという花、どんな香りなんでしょうね。

 嫌な奴然として登場したリーマンが、いい酒にはちゃんと評価を改めて謝ってくれるのが小気味いいですね。そしてまた来たかったのに、雪の屋台は神出鬼没。同じところにあるとは限らないんですよ……。

 となると夢と間違える様な幻の屋台風、バーテンダーも不思議な存在に描かれそうなものですが、夜に弱くて居眠りばかりと帰宅後の人間臭さも描かれる雪。女三人の共同生活はミニ豚ちゃんの世話と引き換えに、家賃お得なのだとかw そして他の二人騎帆(玄理)と日代子(八木アリサ)も別の店のバーテンダーでいろいろバリエーションを楽しめそうです。
 照明が入ってからの夜の屋台も素敵! お酒飲めないけど行ってみたいですね。

「Iターン」1 ☆☆

 ムロツヨシ、モテモテじゃ~ん!(違)

 阿修羅市(どこだw)の支店にとばされた狛江(ムロツヨシ)、妻子には栄転と言い張るも単身赴任に。
朝から酔っ払いもポン引きもいる、いい年の大人がシンナー吸ってる街、阿修羅市! 支店の若い社員(渡辺大知)も使えないけど、それ以上に取引先が風俗店と裏金融という衝撃(^^::::) それでも業績を上げなければクビなので、下請けのダサい印刷屋(笹野高史)を切ってみたら、まんまと仕返しされてチラシの電話番号が違ってる!阿修羅市を舐めたらあかんよー。
納入時にチェックしないと発注元も受注側もダメだと思うんですけど……あの社員ならさもありなん。

 で、誤記チラシで大損害を受けたと、金融社長の竜崎(田中圭)&風俗店ケツ持ちのヤクザ岩切(古田新太)がムロツヨシを取り合って、何百万円もの減益分を補償しろと迫るわけですよ。挙句、無理に飲まされた酒で
『杯を交わしたから舎弟!』
と岩切に拉致されて、ビルから逆さに吊られて村下孝蔵「初恋」を歌う羽目になった狛江の、明日はどっちだ!

 奇抜な展開で、先が読めずに目が離せません。深夜にしては芸達者揃いなのもいい感じ。狛江の上司に相島一之、田中圭のサングラスでソフトヤクザいいわ~。相手の股に頭突っ込む土下座は何、原作通りなの?
続きが楽しみです!

「ベビーシッター・ギン」1~3 ☆☆

 3話の赤ちゃん、可愛かった~マジ天使~!でもギンの命名
円是留=エンゼル ちゃんは、なしだわorz 

 原作が大和和紀って面白そうで、シッター頼んだ経験もあり、英国ナニー協会公認!と胸を張る女装ベビーシッターのギン(大野拓朗)に興味持って見始めましたが、毎回なんかひっかかります。vsイクメン気取り夫にウザ姑、子役スターの妹優先で姉ネグレクトと、どの家庭問題も憂鬱なら、過剰に家庭に踏み込むギンさんもまたうっとおしいんですよ。

出会って5分の乳房マッサージも嫌なら、世話してる子の一番になりたくてしかたないベビーシッターなんて、本来失格でしょ。

 なので、捨て子で始まる3話はいつもより見ていて気が楽でしたw
他の仕事は断って、円是留のママなの☆とはしゃぎまわるギンさん。そんなギンに弟子入りしたがるJKが3人もいると思ったらなんと。そのうちの一人が母親でしたー。親が留守の友達の家でこっそり産んで、仲良し3人組で育ててました、春休みだから!ってorz 友達がバイト代でオムツも買ってくれて、ワンオペよりはそりゃ楽だったでしょうけども。そろそろ親は帰ってくるし、赤ちゃんが具合悪くなっても医者に行けないのが怖くて、託児のプロらしき下落合家の前に置いて呼び鈴鳴らしたそうですよ……。
ギンに叱られて、しっかり母になろうとするJK『学校は辞めます』って、逆逆!別れた彼氏(しかも留学中)に父親役も望めない以上、シングルマザーで生きていくのに学歴はむしろ必要でしょ!しかもネカフェ暮らしで赤ん坊ひきとりますって言われても無理~!

 その後、やっと事実を打ち明けられた両親の、落胆ぶりが悲壮でした。特に仲悪くもなかった家族なのに、相談されないわ、気づかなかったわで、もう親として自信喪失ですよね……。でも下落合家に会いに来たと思ったらまず金出して、結局娘ごと孫を捨てて立ち去るのにはびっくりー! 線路から外れた娘は要らないの?あの可愛い愛ちゃんに触れもせずに縁切り?いや、顔がどうより、愛娘が産んだ子よ可愛くないの?

追いかけたギンの説得で、産んだJKが両親の元で子育てをすることになりましたけど。ギンが両親には怒らないのが謎。 一度愛ちゃんを捨てたJKと同様に、今さっき娘を捨てた両親なのに。ギンに払おうとした迷惑料=学校への口止料がベビーシッター代になって解決でしたが、学校の対処は停学一週間&ギンが性教育を全生徒に講義と、むしろ冷静。しかも彼氏も『ちゃんと父親になりたい』と現れてめでたしめでたしだっただけに。せめて……ほんとせめて、両親の方から手を出して愛ちゃん抱いて、ひきとりたいけれど無理……と悩んでくれたならこんなにモヤモヤしなかったのにな。

 1話の姑、ギンを敵対視する育児マエストラ(高橋ひとみ)と今後対決するんでしょうけど、最初から現場の母子よりマスコミを向いている人なのでちっともハラハラしませんよ。
ギンを「ぼっちゃま」呼びで甘やかす、下落合家執事(竜雷太)や、妹(ゆりやんレトリィバァ)のパートは楽しいのにな。

「偽装不倫」1 ☆☆

 旅先で既婚者のふり。
もっと仕方なく始まるのかと思いきや、この歳で未婚なんてと見栄はったのかーい! 指輪は左手、を薬指と思い込んだのは向こうの勝手。中指にでも移したらいいだけじゃないですか〜! でも、それを受けて立つ若造の方も
「僕と不倫しませんか☆」
と真っ向から不道徳w 浮かれていたヒロインは逆に「そっか、不倫ごっこがしたいんだ」と落胆しますが、その上で。千載一遇のチャンス逃すまい、とワンナイトラブを望んだんですから。そりゃ自己責任で楽しんだらええやん。

 というわけで、罪のない勘違いコメディを見るはずが違うものでしたがw 割り切れば面白いかな。
婚活に疲れたヒロイン鐘子(杏)が、旅先の福岡で年下男丈と二泊を共に☆(一泊目は酔いつぶれて未遂でしたけどね) 姉(仲間由紀恵)に借りた服のポケットに結婚指輪が入っていたせいで、ずっと既婚者のふり。連絡先も交わさずに別れてきたのに……、なんとその指輪をホテルに置いてきちゃったぞorz
そして指輪を外していた姉もまた、ラブラブ夫に隠れて若い男とつきあっていたのでした……。

 ごめん、イケメン扱いのジョバンニ=伴野丈(宮沢氷魚)が小藪に見えてw 帰国子女演出も、身近にモノホンがいるのでツッコミがちです。よくある、外国語挟みがち……をさせないのはドラマ的には好感がもてますが、だからって『TVで見た』となんでも鵜呑みにさせるのはどうか。それぐらいなら、スペインではこのぐらい普通!と言われた方がまだましでは(実際、私のスペイン語教科書の例文に『隣りの奥さんに恋文を書きました』とあってびっくりしましたよ!)
 さておき、何か企んでいる気配。『絶対また会える』のセリフ&予告でも現に会っているわけで、実は鐘子の身元も未婚なことも知っていたとか?? 
それより、家庭を大事にする夫(谷原章介)を裏切っている鐘子姉にドン引きです。まだ結婚3年目ぐらいで? そんな前提があっちゃ、鐘子がますます結婚に夢を抱けなくなるじゃないですかね。

 何話か様子見てみます。

「監察医朝顔」2 ☆☆☆

 冬でもない屋外で、凍死。

 その後フグ毒も発覚したりしてインパクトある案件なのに、視聴後の印象は圧倒的にホームドラマですw 夜も昼もない商売代表みたいな刑事と医者の二人暮らしでも、朝は揃ってごはん食べるし洗濯もする。「朝ごはんの間から、夕飯の話しないでよー」と父親に文句言ってたかと思えば、ソースの匂い立ち込めるもんじゃ焼き屋で指輪の箱パカする彼氏に「今じゃないでしょ~」と叱る朝顔さん……どうやら父と彼氏は、変なところが似ている模様です。

 研究室に新しく来たバイト(志田未来)は、わざとか!と思うほど空気が読めない正直者でw 何気ない会話を凍らせ、スプラッタ平気~と初解剖に挑んで気絶、と賑やかです(^^;;;;;) 今はただバイト代良いからと来てるこの子が、朝顔やチャコ先生と周囲に感化されて監察医に興味を持っていくのでしょうか。
 そうそう父平さんは、あっという間に聞き込みを済ませ 周辺の冷凍庫もリストアップしてチェック済み、ホームレスとの接し方も桑原くんにレクチャー。見事なベテラン刑事っぷりなのですが……。その刑事の勘で、桑原が朝顔の彼氏とつきとめた途端に手のひらを返して「挨拶がない」w 大人同士、勝手にしろって言っていたのに!

 そんな息抜きなホームドラマと、わざとフグを食べて死のうとしたホームレス(発汗が冷えて凍死……)の辛さと、母がみつからないままの避難所生活で

「あなたは生きているんでしょ!」

とチャコ先生に呼ばれて手を貸した、その日から監察医を志したという再生の歴史と。良い感じに混ざり合って見応えがありました。ホームレス氏が天涯孤独、ということで、朝顔の語るあくまで想像の瀕死状態が遺族をさらに泣かせなかったことも、観易かった理由かも。


「ルパンの娘」1 ☆☆☆

 やだ何これ、面白いw
ありえない設定に普通になぜか馴染むのが深田恭子……。

 というわけで、彼氏桜庭和馬(瀬戸康史)の家族が代々オール警察関係者と知ってビビる三雲華(深田恭子)の家族は『Lの一族』……代々泥棒一家だったという、ロミオとジュリエットですねえ。しかも、昇進して華との結婚を家族に認めさせたい和馬が目指すのが『Lの一族逮捕!』だというねじれがナイスアクセントです。

 くねくねと盗賊衣装で踊る三雲家をバックに、007ばりのポーズを和馬がとりまくるオープニングも爆笑で、いいぞもっとやれー!(しかし、盗賊衣装がベロア製ジャージみたいで安そうなのはなぜ! 微物検査的にも繊維落としそうw)ウルトラマンみたいなBGMも好き。


 図書館勤めの華と『公務員』和馬がどう恋仲にと思いきや、目があった次の瞬間はもう抱きあって口付けという、これまた速攻ファンタジーw こりゃ、和馬の職業など知る隙もなくて当然。むしろそこから結婚話まで半年、よく我慢したものです(^^:::::)

和馬に送られて華が帰宅する、中流家庭の一軒家……を入り口に、すごいギミックで内部はタワーマンションにつながっているんですよw ただ金持ちじゃない、この荒唐無稽が楽しいです。

 和馬と華で指輪を見に行けば、美魔女の三雲母(小沢真珠)と遭遇。盗みの下見~。三雲父(渡部篤郎)も加わって4人で行った高級寿司屋も、支払いはやっぱり他人の財布でしてるのに、全く気付かずニコニコしている和馬、その後も宝石窃盗団に拉致されて、宝石が欲しい三雲一家&仕方なく加わった華に助けられたのですが、勿論気づいていませんw さて、今後も泥棒中に接近遭遇しては気付かない~を繰り返すのでしょうか?
 この路線だと、家族公認で華に惚れてる許嫁などいそうと思っていたら。ミュージカルなイケメン幼馴染はハモりたいだけで恋心全くなさそうですねw あとタワマンに引きこもってる華の兄に栗原類。鍵師の祖母(どんぐり)は「カメラを止めるな!」のあの人だわ。 

 三雲家でただ一人、盗みを嫌ってまっとうに働きたい華が、実は最も才能に溢れているそうで皮肉ですねえ。そんな華を仕込んだ祖父(麿赤兒)が
「盗むことで何かを変えられる」
と繰り返していた、その真意は? お気軽に見えて、盗むついでにヤクザの銃密輸を摘発した両親も含め、ただ盗むのでなく義賊、なのかな?
和馬の先輩の加藤諒もいい感じです。和馬側の両親はまだ、華を拒んでいるだけで影が薄いのですが。アポなしで三雲家訪問しちゃう(しかも犬連れw)非常識なので、これからやらかすのかな? 
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ