ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

2019 冬ドラマ

「ワカコ酒(4)」6 ビアガーデンで乾杯 ☆☆

いつも一人呑みのワカコちゃんが、ビアガーデン??
先行配信を夏にしてたらしくて季節おかしいのはおいといて。流石にたまには会社で飲み会だろう、いやワカコなら一人で行きかねない!と録画のサムネイルだけで賑わっていた我が家w 蓋を開けたらノンアル紹介に妊婦さんと飲み会の話まで。普段の特にあらすじのない回も(5話なんて、浴衣で街歩きしただけでしょw)それなりに楽しく見てますが、たまに人間関係入れてくれるとやっぱり嬉しいです。

そんなわけで、花火大会の日なのに残業が終わらない某社。
気を利かせたオカダ主任(しおつかこうへい)が、宅配ピザとビール(ただしノンアル)をポケットマネーで並べてくれて、とりあえずの夕食も楽しい社内パーティに(^^) 油とビールってなんて合うんだ~と例によって心の中で叫んでいるワカコちゃん。節制してピザ1つ、ビール1本だけのつもりがそんなわけにはいかないのでした! 
ここで並ぶノンアル飲料は
☆アサヒビール「アサヒドライゼロ」しかも糖質ゼロ
☆サッポロビール「麦のくつろぎ」 香りを重視

「最近はノンアルも美味しくなったよね!」
と同僚アベちゃん(渡部瑞貴)と言い合いながら、仲良く2本目を開けて『ぷしゅ~』

翌日、その花火パーティ?の様子でまた笑いあう同僚たちに、妊娠以来定時帰りの みぃさん(山田キヌヲ)はちょっと寂しそう。繁忙期が終わったら打ち上げするか~と盛り上がる部長(森下能幸)は、『私も行ってもいいですか?』とみぃさんに声をかけられて快諾したものの、大きなお腹に気がついて困惑気味です。
そこで我らがワカコちゃんはビアガーデンを提案! 最近のビアガーデンは昼から開いてて、分煙もしっかり。妊婦さんも当然参加できるし、夏の風情たっぷりじゃないですか。よ~し決まったね(^^)

当日は、夏の日差しの下、乾杯~!
ポテト唐揚げ焼きそば……の定番ジャンクの他にも、アメリカンドッグで盛り上がったりしてw みんなの笑い声の中、今日一緒に参加できたのはワカコのおかげ、と改まるみぃさんに「そんなことないですよ、飲みましょう!」とワカコが勧めるのは、もちろんノンアル。でも美味しいらしいですよん
☆キリンビール「零ICHI」 ノンアルでも一番搾り製法!

ノンアルにもいろいろあるんですね!そして酒豪ワカコも味に文句を言わないし。ノンアルなのに酔っちゃう伊藤くん(長谷川慎也)みたいな人もいてw めっちゃノンアルビール推しな回でした!

 

「グッドワイフ」3~5 ☆☆☆☆

裁判ものとしては毎度出色の面白さ。
最初は……逮捕された蓮見さん(唐沢寿明)冤罪なんでしょ、家族も可哀想にと思ってみていたのに。段々と真っ黒に。 そして取り調べる側の強面特捜部長、脇坂(吉田鋼太郎)の方が踏んだりけったり離婚されたりなんですよw 配役が最高ですよね。

3話は相手弁護士(江口のりこ)が妊婦で、旗色が悪くなると「うっ」とお腹を押さえて緊急退場w 鉄道運転手の過労を隠蔽していたとみせかけ、実は! 本当の事故原因は整備費用をケチってのブレーキ故障だった、とか。一旦は騙され、過労の証拠を掴んでヤッターとなってからのヒロイン杏子の気づきもすごかったのですが、そのヒントになったのが、獄中の夫と面会時に交わした子育ての思い出。いい話だと思ったらなんと。鉄道会社の不正発覚から、前職で査察に入っていた検察部長脇坂(吉田鋼太郎)が窮地に。
もう脳裏はデスノートの「計画通り…」画像と唐沢コラージュですよw

4話は息子の幼馴染、高校野球部員翔平からの相談。
喫煙問題のはずが殺人容疑になってしまう展開も驚きながら、セレブご近所付き合いが垣間見えてまた楽し。なるほど蓮見がゴージャス一戸建て前で逮捕された時、ご近所は慰めるより迷惑顔。仲良しママ友だった翔平母(須藤理彩)も背を向けたのね…辛いわ。なのに翔平と家族に寄り添い、事務所の司法取引案を蹴って、不利な『無罪』を主張する杏子。
『ご近所』を鍵に、セレブ街で撒く融雪剤の有無で翔平は救えたけれど、真犯人はやっぱりご近所の高校球児。杏子に暴言吐いたママ友は、息子の逮捕で自分が肩身狭い側に回ってどう思うんでしょう…。そして翔平母がまたランチでもと誘うのは、突っぱねてしまう杏子。 『どうせ、電話なんかくれない』と相手の社交辞令を責める口ぶりですが、いやいや会ってももうお互い楽しくないのよ、きっと。

5話はロックスター東城(宇崎竜童)の財産20億円をめぐり糟糠の妻(銀粉蝶)と愛人(松本まりな)の慰謝料闘争。

と、同時に脇坂(吉田鋼太郎)の妻(峯村リエ)が杏子をご指名で離婚協議を依頼。脇坂にしたら、旦那を逮捕された杏子の嫌がらせだろう…てなものなんですが、違うからw なんでも離婚材料を探していた奥さん、脇坂のPCに違法な『何か』をみつけてしまったそうなんですよ(はるたん@「おっさんずラブ」ならぬ、蓮見の隠し撮りかとw)
その後スター東城が、交通事故で重体に。遺産分配に不満を持ったマネージャの犯行と判明、遺書だなんだでほぼ妻が丸取り、当初と真逆の配分になりましたが、妻は財産は全て愛人とお腹の子に譲って延命措置を選ぶという、やせ我慢ともみえる潔い決断をするのでした。愛とは。そして脇坂も協議離婚に応じ……「秘密は決してもらさない」という契約に署名する直前、「盗聴されてるわよ」と杏子に伝える奥さんw 署名前ならいいの?グレイなの?

あー、特にツッコミどころが無いので、ただネタバレ書いてるだけ感w
ほんと面白いんですよ。そしてみんな杏子にズバズバ酷いこと言うのに、全スルーな杏子がマジ天使……というわけじゃなく。もう家庭のことだけで大変なのに、これ以上揉め事も、敵も、まっぴらだから!と杏子なりの処世術だと言われたら、納得してしまうでしょ。
夫逮捕が全国ニュース。それだけでも辛いのに、思い出のプレゼントは収賄品?離婚を考えれば娘が泣き、自分も職場で泣いちゃったら上司に抱きしめられて。じゃあ好意を利用して、正社員にしてもらえばいいと言われても、それじゃ仕事に自信がもてなくなる!←ですよねえ。
そして皆、ライバルの朝飛すら杏子ファンになりつつあるw

面白いはずで、アメリカ人気ドラマ翻案だとか。なるほど、依頼事件と並行して主人公の身にも同テーマが降りかかる感じ「私はラブ☆リーガル」でも見たわ~ ってことは、4話の野球部は原作ではアメフトだったりしてw

脇役もキャラが濃くて興味深いです。
どこにでも「友人」がいて情報入手、スーパーパラリーガルみちる(水原希子)
人懐っこい笑顔の陰で、ネグレクト育ちの朝飛(北村匠海) 調停上手は、家庭不和を収めるため?
杏子を修習生時代から好きだった多田弁護士(小泉孝太郎)元カノ(芦名星)といきなり別れたのは、杏子を雇ったころw 

検察側の脇坂は、蓮見を起訴するのは俺、上から頭を下げて頼まれた!と胸張るくせに実際は、自分が床に頭擦り付けて頼んだんですよ。離婚でも笑いどころを提供w 妻にあんな悪趣味な家いらない、とまで言われた自宅をみてみたいですよね。
蓮見子飼いの部下(滝藤賢一)が毎度トイレ個室で密着、ヒソヒソ情報交換するのも怪しいですわ~w

終盤ではきっと蓮見の事情が明らかに。大義のために隠し事もやむを得ず、収賄はなかったことになる……んだと予測していますが、夫婦の絆は元に戻らないのではないかな? それとも「グッドワイフ」のタイトルでシーズン7まで続いているなら、ワイフに戻ってる??

BUMP OF CHICKEN の主題歌は似合ってない~。曲調が明るいのと、歌詞が気になってドラマどうでもよくなりませんか(^^;;;;;)

「フルーツ宅配便」~5 ☆☆☆

うわ、デリ嬢だと打ち明けたえみちゃんに「染まらないうちにやめたほうが」とか上から助言した咲田、大ぼけ。そんなレベルの話じゃなかったんですよ。

あの橋の上のJKえみ(仲里依紗)ちゃん、やっぱり自殺しようとしてました。
再婚した親に中学生にして家を追い出され、『新しいお父さん』に紹介された『仕事』で身体を売って生活費稼いで……。咲田の目には勉強もスポーツもできて人気者だった彼女に、そんな辛い事情があったとは。今までずーっと何も知らずにいて、知ってしまった今も何も出来ないことに呆然とする咲田。
でもね『飛び降りるなー』と必死に走ってくれたおバカさんが二人もいて、当時のえみちゃん嬉しかったと思いますよ。その後の幼い友達付き合いも、きっと貴重な思い出。それに今は『言わなきゃ良かったね』状態でも、少し時間をおいたら…肩の荷を降ろしたえみちゃんと業界を知る咲田と、何も知らない小田(前野朋哉)とで、やっぱり元どおり楽しく酒飲めて、打ち明けたら楽になるかも…と思った通りになるかもしれないじゃないですか(^^;;;;;;)
えみのバックに怖い人いそうなのは心配です。咲田の店に移れたらその方がいいの?それとも、移籍はヤバイ?

お店では、娘の学費が欲しいスダチ(中田慈)さんが禁止の「直引き」(=客との直接取引)をしていたことが発覚。怒るミスジからペナルティ料100万円の談判を命じられた咲田、泣きつかれてまたぞろ「じゃあ僕が100万円貸しますから…」w 成長してないなあ、もう。それを見越して見張ってたミスジ登場、ソープ行きが宣告されますが……モノは言い様。そもそも直引きさせないのは、大事な嬢の安全のためともちあげるミスジにかかれば、ソープも「まっとうな仕事」 今より稼げる!じゃんじゃん稼いでおいで!と励まされ、笑顔になったスダチさんには、やる気すら漲っていましたよw
咲田がこの域に達する日は永遠に来ないのでは?

その前の回、ひたすらイチゴ嬢(山下リオ)に貢ぎ続けて連日デート、恋人同士だと錯覚していってしまう72歳(嶋田久作)は切な怖かったです。 イチゴさんの本当の彼氏に「ギターを持ってるのは不良」と別れを迫るw いや尾行してるあなたがストーカーなんですってば。でもそういうこともあるんでしょうねえ。
寂しい独居老人むけデリヘル を考えるミスジさんでしたが……危険だってば(^^;;;;)

「3年A組 今から皆さんは人質です」6 ☆☆

えええ、ないない、命に関わる病気を本人知らせず、言いがかりで退部にするだけとか、ナシだわ~

その『致死性運動性不整脈』の運動禁忌がどの程度なのか。学校の体育程度は問題なくて、部活の追い込みがダメ? とはいってもさ。帰宅部にさせても、東京タワー駆け上るイベントに参加しちゃうかも。バスに乗り遅れてひと区間走って追いかけちゃうかも。まずは本人に説明でしょ。親もなに部活顧問に丸投げしてんのよ、挙句逆恨みさせちゃってるじゃないですか!
そして選んだ手段が『殺したのはきっとあいつ』と、告発動画をネットにアップ。

もうさー。世間に悪意を晒すことの恐ろしさをその景山さんの自殺で知ったんじゃなかったのかと。自分が加害者側に立ってると気づかないのかと呆れましたけど……。子供なのねえ。そして、猛烈な勢いでそれを叱りとばす柊先生も……ちゃんとした大人には見えないわあ。
女生徒が、手伝う素振りでスマホを持っていったのを知っていて放置。告発動画撮影も把握しつつ放置。送信ぎりぎりで、放送で声かけて止めてましたけど、何秒か遅かったら手遅れでしょう? また発作が起きてたら大変だったよ?
部活顧問の人生をなんだと思ってる!と胸ぐら掴んでた割に、これじゃ君も途中まで加担してたも同然じゃーん。

……からの、ピンボケ大和先生を告発w
速攻のダブスタw どれだけの証拠があって言ってるんですかー。 でも他に該当者もいないので、やっぱりね、となるお茶の間でありますが、当の大和先生はあくまでビックリの姿勢。これが演技なら相当なタマですよ。

あとはえーっと、柊先生の前職は実は特撮スーツアクター! お得意の『レッツ、シンク』はその時の決め台詞 Let’s think からだったんですね~ そして、その撮影スタジオの社長が、恋人である元担任の父親で火薬買ってくれてたよとあちこち繋がってまいりました。しかし特撮アクション主役の抜てきを、癌だからと諦めるのは分かります。体を使うことだし、1年通じての契約をし難いのは。でもその代わりにやむなく選ぶ仕事が教師って、ちょっと何言ってるかわからない(^^;;;;;)

景山さんが自殺したとされる直前に一緒にビルに入り、後にひとりで走って逃げていく男の姿。そこまで公開されましたが……柊はどこまで何を知っているのか? いつこの計画が動きだしたのか? そんな経緯が知りたくて見ていますが、果たして見せられたものにツッコミを入れずに納得できるのか、私? 今回の病気の扱いで、脚本への信用度が下がりました(^^lllll)

ゲーム開始、と称して眼鏡の掛け外しで嘘か本当かを生徒たちに伝えていた柊。
きちんと気付いていたさくらと、殺されると思い込んで泣き叫んだその他大勢と。そんな風に最初から見抜けるように仕組まれていた何かがあるかもしれませんが、さて。


「みかづき」2 ☆☆

合併して大きな塾に。

千明さんはまず、策を考える人なのね。
長女の様子がおかしい、もっと家族の時間が欲しい。そこで誰に相談するでなく
『よし、合併して授業をまかせて、自分は裏方になろう!』
がピコーンときたら猪突猛進w そういえば吾郎を引き込む時にも勧誘は後回し、とりあえず学校に怪文書を送って吾郎を追い出させてからの接近でしたっけ(^^;;;) ほんとヤバい奴ですぞ。

でも合併して生徒数も増えたら、受講料が安くなる。小規模を好んでいた吾郎も、そんな生徒側の利便から、合併やむなしとなりましたし。一応は結果オーライ。
何事にも理が先に立つ、可愛げがないと言われがちな千明さんのことも、その不器用さを吾郎さんは可愛い☆と愛でているんですから、割れ鍋に綴じ蓋なのでした。義理の仲の長女相手に、惚気てましたよね。
授業の間我慢していたトイレに、終わるなり駆け込むのが可愛い。朝からガリ版刷って手が汚れてて可愛い。う、うん。

ところで長女(黒川芽以)も、もう大学を卒業間近。大きくなったら塾を手伝う!という子供の頃の約束を、母は信じきって計画をたてていましたが、さすがにもう違う想いを抱いていましたよ。あの強烈なお母さんと同じ職場になんていられない、分かりますよ~。
母が反対勢力「太陽」と目す公立学校に勤務し、更に目の敵にする文部省勤務の彼氏(須賀健太)と結婚したいと。うわー。
「忙しい」「邪魔」と、話し合いにすらならない千明と、娘、吾郎との溝は埋まるのでしょうか。え、壇蜜と浮気?うわー。

一方の現代パート、弁当屋のお兄ちゃんは算数を教えてあげて「先生」と呼ばれて有頂天。無料で教われるとあって近所の子が集まってきます。これってもう、塾じゃない?

両方の時代で語られる生徒の気持ち
「勉強がわかるって、面白い」

これには幸せな気持ちになります。勉強って本来はさせられるものじゃない。ああ楽しい、もっと知りたいって勝手に深まっていくものですよね。その知識欲を削がずに育ててあげて欲しいです。

「3年A組 今から皆さんは人質です」5 ☆☆☆

出た、柊先生の余命わずか宣言!

確かにそれ、こんなまともじゃない犯罪を計画する大きな動機になるの、分かりますけどね。同時に先生だけ安全地帯にいるわけで。選択を迫られた生徒たちが、共犯者になってしまったら将来どうなる……と怯えている時に
「そうはさせない、俺が保証する!」
と柊に吠えられても。いやお前死ぬし、ってなるじゃないですか~。

前回の終わりに、柊先生昏倒。
崩れ落ちるというより、跳ねまわって気絶する様子が元気すぎて笑ってしまいます。まあ直前まで格闘してた程ですから、元気かつ余命わずかという難病なのでしょう。その好機を逃さず、準備室をこじ開け携帯を取り戻し、まずはネットに接続する現代っ子な生徒たちw 家族に連絡が入り沸き立つ体育館。警察の突入計画は予定通りに進行し、そのままなら無事に保護されて今夜にも帰宅してお風呂入り放題、の筈なのですが。
このまま残り、事件が解決するまで警察を利用しようと望む生徒も。
柊先生の青い絶叫を、ちゃんと受け止めた生徒もいたんですねえ。報われるねえブッキー。

あーだこーだ熱い議論が交わされて、決め手はモデル嬢が持っていたチップの情報。ハングレからフェイク画像を買ったのはなんと! この学校の教師だったのだー!

この頃にはちょうど良く意識を取り戻した柊先生。チップを読みこんだ画像をモデル嬢に見せるため、抱き寄せる仕草も漢前ですねえ。
しかし教師が……。
ここで悪事が暴かれて、驚けるほど描写されてるの、間抜けな大和先生か、元担任の彼女しかいなくないですか(^^;;;;)

もはや事件の謎そのものよりも、すべて知ってて仕掛けたらしい柊が、まずどうやって情報を得たのかが興味の焦点かも。 そして景山選手のご両親は学校のこの騒動の報道を、どんな気持ちで見ているのやら。

「ハケン占い師アタル」2、3 ☆☆

志尊淳の女装は、飛び道具でしょ~ずるいw

「言ったらぶっ殺す」
とまでアタルに口止めされてた占いの件を、躊躇ゼロで周囲に広めていく神田(志田未来)殺されてもいいんですってよ、同僚が悩んだままよりは。 え、お腹の子産むんじゃないの? かと思うと会社に提出する未来予想図に子育て盛り込んで、部長に内緒設定は? そして雪の中サンプル配りに頑張る妊婦。やめてー電話番とSNS当番しててー。

そんなわけで2話では縁故採用の坊ちゃん目黒(間宮祥太郎)を占い(代金10万円をポンと出そうとするwさすがw)、3話ではパワハラで辞める品川(志尊淳)を占うアタルちゃん。どんどん流れ作業になってきてまっせ。
坊ちゃんの過去は、父に肩車されたあの日。父さん酷い、となる思い出なのですが、母が死んだばかりで今思えば父も辛かった……という視点を、そろそろ持てというアドバイスには納得。それに、純粋すぎておバカなだけで、無駄にやる気はある目黒くん。引退したアクションヒーローを呼んでこられた熱意ですから、もうちょっと頑張ればどうにかなるなる。

でも3話の(志尊淳)は、ずっと上から目線で愚痴るだけ。そりゃ彼女にも捨てられるって。覗いた過去も、大学サークルで喧嘩して退部って意外でもなんでもなくてがっくりです。

それが、「もう辞める」と言った手前、自分が投げ出した企画で皆が雪の中働いてても駆けつけられず……なぜか女装で登場w サクラになって周囲の女性を誘ってアンケート書いたりして。戻って別の女装でまたサクラ。何着持ってるのw てか家近いw
元の服にまた着替えて来たところで、学友に呼び止められて囃されて。でも
「これが、俺の仕事だから」
と、逃げずに言い返すことが出来たのでした。 うん、それは良かったけど、それ占いなかったら気づけなかったことなの? 1話の様に質問がドンピシャな見事さがなく、悩みに答えていませんよね。……無料だからかなーw

あと気になるのは、雪の中のサンプリングがまたぞろSNSで話題に。もう1話でそれは分かったから。むしろ事前に人を集めるほうにSNSをちゃんと使いましょうよ! 開き直って女装する品川も、ついでにそれをネタにSNSで人を呼ぶとか。その拡散に昔の仲間使うとか。そういうところで、みっともなくても必死になってみたら良かったんじゃないですかね。

次はパワハラ上司上野(小澤征悦)を占い様子、そろそろまたズバッと核心をつく質問が聞きたいですね 。 

「フルーツ宅配便」2、3 ☆☆☆

興味津々。性風俗店が舞台なのに、物語は女性に寄り添っていてエロ控えめ、見やすいです。
働くフルーツちゃんたちにもそれぞれの事情があって、稼いで整形したかったり子持ちだったり騙されて借金背負っていたり。咲田は、戸惑い心配するだけで、何もできません。ちょっと優しくしたら手作りクッキーもってこられたりして、嬢=商品とは恋愛禁止だとミスジに怒られてますよw 惚れさせて仕事増やすって管理術もあるそうですがw 向いてないでしょw

それにしても、いつもの定食屋、客層悪い~!
もも(成海璃子)ちゃんが母親と食事してるのに、源氏名で話しかけてくる常連客orz 「また指名するねー」じゃねーよ! バレたら困るかもって気を使いましょうよ。
4話では更に極悪、食事しながらデリヘル嬢を襲う相談してる奴らが。AV嬢雇うより安く済む上に、リアルな映像が撮れるぞって……それ犯罪。おりしも新井浩文の強制性交罪騒ぎが重なって、胸が痛みます。あちらは風俗よりマッサージ寄りだそうですが、相手の領域に誘い込まれるリスクは同じですよねえ。
みかん(徳永えり)さんの場合、到着したらカメラを構えた客と、奥に男がもう一人。携帯を取り上げられて追い詰められます。でもラッキーだったのは、定食屋で相談を聞いていたマサカネ(荒川良々)が送迎だったこと。車の特徴でそいつらかもと気づいて、みかんさんを助けに来てくれるのです!うわあ、強い!おにぎり食べてばかりのピンボケが、事務所に居る理由はこれだったのねー。警察でなくミスジが駆けつけ、悪い奴らはぼっこぼこに。裏で悪事を働こうって奴は、裏社会なりに裁かれても文句言えないのだ。スッとしましたわー。ざまあみろ。

それでも負けずにみかんさん、この仕事で息子育てているのにね。デリヘル嬢だからってだけで引越しを断られるの、酷いわ。周囲には、事故物件だったーと自分から断った様に言ってみたり。10歳の息子は察してか「本当は引越ししたくなかった」と笑って、ダンボールに詰め終わっていた荷物を元に戻すのよ……切ないです!
 
地元の旧友と呑んで、仕事を「フルーツの宅配…」と誤魔化す咲田w その後、街で見かけた咲田が美女といるのを、彼女かーと羨む男友達(前野朋哉)でしたが、車がバン、女性は助手席でなく後部座席に……という様子に何か気づいた様子の女友達(仲里依紗)です。自分も同業だと、ね(^^;;;;)


「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」3 ☆☆☆

「ゆっくりさん」って、ゾンビのことなのねw 夢ちゃんすごい描写力。そして、ゆっくりさん同士は攻撃し合わないと指摘します。確かに。夢ちゃん、すごい観察力!

立て籠もるコンビニに、既にゾンビが1体。
でも、元バイト仲間だったゾンビをあくまで神田君として扱うみずほ父(岩松了)、だって治るかもしれないし。彼を粗末に扱うってことは、そのうち自分がゾンビ化した時、粗末に扱われちゃうってことだぞ、と自然に言えるパパ素敵じゃないですか。そんな説得の間も攻撃してくる神田ゾンビ君(渡辺大知)を、広げたビニール傘で押し付けてソフトに撃退w 優しいです。 またその神田ゾンビ君、「お客様」とかって仕事関連ワードで一瞬、我に帰るんですもん。まだ人の心が残っているのでしょうか……。

そして2体目になる予定の、噛まれちゃった旦那さん。
それでも側にいる美佐江さん、愛です。なのに緑の何かを吐き始め、パイナップル臭に言及、独りで受け答えしだした旦那は、神田さんのゾンビ化を完全になぞっていてもう秒読みなのですが……その独り受け答えが全部、この前の店に行こう、お前が好きなあれ買おう、と彼女への愛の言葉で胸を打ちました。ちょっと大東駿介、難病で息絶え絶えに愛を語る役でも今度して欲しいかも。
なのにその言葉すべて、美佐江は心当たりゼロだったとは。今更、こんな形でみずほへの愛をほとばしらせるとは、旦那orz

と、シリアスもありつつ。外に出るために柚木が開発した、ゾンビ二人羽織がもう、爆笑ですw 先頭ゾンビに着せる上着に毛布など繋げて、2、3人背後に入れるように工夫! 旦那ゾンビ号は柚木と夢ちゃんパパを入れて、柚木のバイト先へ。神田ゾンビ号は、お父さんと娘二人を入れて石橋家へと向かいます。ぷっぷー☆
なぜかこの非常時に、普段あげやしない花束をお母さんに、と準備するパパさん。お母さんはどうせ『無駄』としか言わない、と嗤う娘達ですが。いいんです、お父さんは知ってるんです。
本当は『無駄』じゃないことを。
え、突然、何この夫婦の機微。もしかしてその娘であるみずほの『大っ嫌い!』も、そんなややこしい裏返しだとか言いますか?

なのに、そうまでして会いに行ったお母さんは既にゾンビに。神田ゾンビ君が花束抱えて歩く絵面がすごかっただけに、その花束でゾンビ母さんを叩き続ける父には、また違う涙が湧いてしまいましたわ……。なんでゾンビで笑って泣いているのか私。

一方、ユーチューバーが頼んだピザデリバリーは時価3万円! 国道は封鎖なんだとか、国は事態を把握して対策を講じている?
消えた夢ちゃんは無事なのか? 

「デザイナー渋井直人の休日」2 ☆

渋井直人(光石研)はフリーのデザイナー。
若いスタッフとご機嫌で呑んでいたら
「渋井さん、カッコイイ~」
と、やたらもちあげてくる編集嬢(夏帆)が事務所兼自宅に手料理を食べに来ることに。アシスタント杉浦(岡山天音)も、完全に気がありますよねと背中を押すし。年甲斐もなくその気になってしまった渋井さん、朝から気合が入りすぎのアクアパッツァだの煮込み料理仕込んで、まさかまさかのシーツまで替えて待っていたのに……ドタキャンかよ!

「ベランダー」的なおじさんドラマを期待して観て、まあ違わないのに惹かれないのは何故でしょう。「ベランダー」での花や多肉こだわり的な遊びが無いのもさることながら、渋井さん未婚、なせいですかね。ラブに期待しても間違ってないし、それが外れると、可笑しいんじゃなく、ただ哀しい……orz
「猫が逃げちゃって、探さなきゃ」とドタキャンしてきた高田さん、次に会って猫ちゃんのことを聞かれたら「は?」とw 猿でも分かる『この前のはウソでした』な、お粗末対応してくれちゃって、ひたすらかわいそうな渋井さんです。その心の穴を、アイドルで埋めても恥ずかしくないよ。ただ、変に隠そうとしたせいでドツボにはまってさ。うん。可笑しいんじゃなく、可哀想です。

「日本ボロ宿紀行」2 ☆☆

1話を見逃したので2話から。


一発屋の歌手龍司(高橋和也)と、芸能事務所2代目社長の春子(深川麻衣)がドサ回り。
宿泊先が毎度ボロ宿なのは、経費節減だけじゃなく春子の趣味もある様で……。古い画質の悪いアナログTVや、壁のしみ、窓のひび割れに目を輝かせる春子w そして古くからある宿ならではの人情に癒されて、翌日はまた次の町の営業に旅立っていくのでした。


なんでも、春子の父である先代社長(平田満)が急死。春子が跡を継ぐとなるとほとんどのタレントが去ってしまう中、せめて売れ残ったCDを売り切るまではと龍司に懇願しての二人旅なんだとか。
その父もボロ宿好きで、子供の春子を連れて地方を回っては「あの染みは亀にみえる」「ウサギの形の染みもみたことある」とか楽しませてくれた、その名残で今もこんな宿が好き……って泣けるわ。まさかこのウサギの染み、亡き父もここに泊まってたりしますか。20年も前からこのまんまなのも怖いですが、ありえそうw
営業は、一発屋だけあって「妻がファン」と声をかけてくれる人もたまにはいるのですが、ステージは小さなところばかり。旅館の余興?で「へたくそ」「うるさい」は、酢客で仕方がないですが、釣り堀は……w そりゃ邪魔でしょw 次はボーリング場って! あのパキャーン音の中で聞こえるんでしょうか(^^;;;;)

次はどんな宿なのか。そしてCDは売れるのか。新曲は? 昭和を懐かしがりつつ見てみます。


「家売るオンナの逆襲」4 ☆☆

いやいや、運転資金w

娘夫婦が頼りないから、物件は自分が決める。
と、不動産屋に乗り込んできた老夫婦。3千万円をほいっと頭金にくれてやるっていうんだからお金持ちなんでしょう。でもそれ、娘のためになると思えない……と微妙な気持ちで見ていたら、出てきた娘があーぱーに描かれていてがっかりしました(^^;;;;)

俺が金払うんだから、俺が気に入った家に住め、既婚の娘にそれはオカシイでしょお父さん(佐野史郎) でも娘(北原里英)も自立しているとは言いがたく、3千万円はもらって当たり前。その上で広尾だっけどこだっけ、狭くても間取り悪くても オシャレな一等地で、何十年ローンになるのか無茶な買い物しようとしかしていないなんてさ。
そしてテーコー不動産の新人鍵村(草川拓弥)も、やる気ない敬語使えない=今時の若者、というレッテルで描写されるばかり。いつか『やりたいこと』を仕事にしたい、と言うだけで、何がしたいかは決まってない、というダメダメでいい勝負なのですが、その鍵村と若夫婦が出会ったらマリアージュ☆たちまち家が売れてしまうという、ミラクルでしたよ。もっとも、金を出す親世代からは猛烈クレームでご破算になりましたけどねw ああ嫌だ。

そこで三軒屋がおすすめするのは、1階が喫茶店な物件、7千万円。
娘夫婦に援助予定だった3千万円に、今の家を売った額を足して住み替えましょう!自分たちで稼いだお金を自分たちのために使いましょう! ですってよ。それはナイスです☆ でもあの怒りんぼなオヤジが客商売できますか……。奥さんは料理上手でしたけど、それだけでリタイア夫婦の喫茶店経営だなんて、そう上手くいくものでもないような。冒頭で書いた運転資金分、あっという間に使い切って老後に困ることになりませんように(^^;;;;)  ←その時は、またサンチーがこの物件を誰か喫茶店したい人に売ってくれるかな?

そして娘夫婦に勧めるのは、身の丈にあった団地リノベーション物件。襖も畳もとっぱらってオシャレに改装済みで…1千5百万円、だっけかな? とりあえず、出世に興味ないこの夫婦でもほんわか払っていけそうな額でした。じゃあ契約を……と、なったら現れたのが留守堂さん。部屋番号345のゴロを指摘されて、嫁が発狂w じゃあ僕の物件を、と連れていかれたのが……830=や・ざ・わw 
エレベータなしで8階って、マジかw
そして夫婦の心をつかんだのは、何より部屋を埋め尽くしたエ~ちゃんグッズなんですよね。それを設置する手伝いは白洲美加がしたそうですが。いや白洲美加もよく、8階まで階段登りましたよね!そして、この団地にリノベーション済み空き物件があといくつあるんですか~。前日飲み屋でカクテル830で意気投合して矢沢好きを知ってから、の830推しですか? 夫の元カノみよこちゃんネタはいつw いやもう、謎だらけ。

サンチーが負けた。

シリーズ通じて初、三軒屋マチが家を売り損ねたわけですが……物件勝負でなく、飲み屋で会わなかったから、が理由では負けた気がしませんよねえ。

脇では、恋する足立の一喜一憂が可愛くて可哀想で。また留守堂も、恋する男の琴線に触れるような言葉ばかり足立に向けて発するのに、同じ口で『愛する人との勝負』とかって。

「それは、当然 女性ですよね」

と哀しく尋ねる足立にはあっさりと「そうだよ」

もうこれは三軒屋マチとは血縁関係だとかでなきゃ、許されませんよ。足立きゅんを泣かせないで!


「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」2 ☆☆☆

うわー、もうコンビニおでん食べられないorz  ←風評被害w

女ゾンビに噛まれた店員くんが、どんどん土気色になり緑の何かを吐きw 会話も支離滅裂になったあたりで、コンビニに柚木や美佐江も逃げ込んできました。狭い店内、ぎゅうぎゅう。
しかし、彼ピ☆&娘さんと一緒の柚木はともかく。美佐江は何故に、みずほの旦那と連れ立っていたのかと。しかも言い訳を重ねるほどに怪しいw 柚木と合流したあたりにファミレスはないのよ、ラブホはあるけど!
みずほの容赦ない尋問に、緊迫する店内。外にはゾンビw

そこを監視カメラ映像に頻繁に切り替えることで更に緊張感が高まります。

ああ、柚木がいてくれて良かった。おばかだからヤバイ会話にも突っ込んでいって、おばかな発言で場を和ませてくれます。とはいっても、旦那と美佐江が一緒にいた件、わざわざ皆に教える必要もなかったし。美佐江は学生時代からずーっとずーっとみずほの旦那が好きだったことも絶妙なタイミングで暴露。これがわざとだったら腹黒レベルものすごいですよねw
彼とみずほが結婚した時の涙も、嬉し泣きじゃなく悔し泣きだったんだねーと、今わかったことを丸っと口にする柚木ちゃんでしたよ。ああ、デリカシーがないね(^^;;;;)
「? 私なにも運んでないよ!」
それはデリバリーw

逆ギレた旦那は、不倫じゃない、そんな暗い汚れた関係じゃない、と正当化しだします。離婚してくれないみずきが悪いんだってよ!そんなぁ。そして美佐江とのなれそめも「みずきは自分のこと好きじゃないんじゃないか」との相談だったそうですよ。慰めてたら、ついって。定番。しかし続く美佐江の言い分は斬新でした。
『今日は私の誕生日なのよ、この人を頂戴』
はああああ?プレゼント?

挙句、まだ俺のこと好きなんじゃ、と旦那が言い出すわで「それだけは、ない」と絶叫するみずほ。その背後、たったガラス一枚隔ててゾンビの群れw もう十分オカシクなりそうなのに、そこに出ましたよ!店員さんゾンビが!
離婚届を引きちぎり、旦那にガブガブ~!

あああ。これでみずほの旦那でも美佐江の男でもなくなってしまいますね!

「みかづき」1 ☆☆☆

コント以下の老けメイクには絶句。
そりゃヴァンパイア永作博美を老けさせるのは大変でしょうけど、だからってあれは。

気を取り直して、「学習塾」を作った男女のお話。

押しに弱くて、つい児童の母と関係をもっちゃう用務員さん吾郎に高橋一生。大正解でしょう!そして、家庭教師を営むシングルマザー大島千明(永作博美)は、教え方のうまい用務員さんがいると娘に聞いて、偵察に行き教育を語り合って意気投合するのです。もとい
「こんなの初めて!」
は一致したのですが、内容は
→論破にならず男性と語り合えるのは!(千明)
→男女の仲にならずに話だけだなんて!(吾郎)
と大違いw 吾郎さん、とんだジゴロで千明を怒らせてしまうんですよ。いやあ「破廉恥」とか久しぶりに聞いたわ~w

現代パートでは孫もいて、教育界レジェンド夫婦ですから。てっきり、教育者としての吾郎と千明が色恋抜きで手を組んで塾を軌道に乗せ、その後気持ちが芽生えると思い込んで見ていましたら、えええ!
宿無しになった吾郎を塾予定の空き家に連れ込んだ千明。押し倒してるじゃないですかー!吾郎が拒めないタチなの知っててそれ、今までの保護者と何が違うのか、場所が校内じゃないだけ(^^;;;;) しかも、破廉恥用務員だと匿名の手紙で、吾郎を学校から追い出させたの千明だと、吾郎もわかってるんですよ。
『学校が太陽だとしたら、塾は月』
と綺麗なこと言いつつ、一度寝たぐらいでもう塾経営パートナーは決まりねって顔してますけど。そこまで都合のいい吾郎さんじゃない……って、なるんかい、パートナーに!赤ん坊抱いてるの、それふたりの子なの?はあ〜。

高度経済成長の波に乗り、ふたりの塾も順風満帆、生徒でぎゅうぎゅう。次回はそこに『悪徳塾がぼったくり』と週刊誌が逆風記事を書いてきて、さあどうなるのか。

それと孫の一郎(工藤阿須加)、教育に興味はありつつ祖父母に気兼ねして弁当屋バイトでお茶を濁す現在でしたが。授業についていかれず、塾にも通えない低所得家庭の子供にボランティアで数学など教え出したところです。教える喜びを知って、さてこちらもどうなる。

「3年A組 今から皆さんは、人質です」3、4☆☆☆

良かったー、生きてた。

初日に刺された彼氏も、「警察の誤答のせい」で殺した5人も、3話の最後でちらっと写り、4話ではこんな風に偽装しましたよ、まで見せて。階下から声が聞こえると気づいたさくらの行動もあって、クラス全員にそのことがちゃんと伝わりました。良かった良かった。そりゃ、生徒のためにと説教する先生が、殺すわけないと思いつつも心配でしたもん。
そうかー、準備室の床穴から階下に降りられるんですね。警察と接触、おにぎりもらってきた時もここから降りたんでしょうか。てか、穴もお手製ですか? 設計時からあるなら、機動隊突入の時に使いますよね(^^;;;;;)

警察の五十嵐(大友康平)が柊側だったのも、3話の驚きでした。捜査一課理事官、かなりのお偉いさんがグルだったなんて(^^;;;;;) どんな仲でそうなったのか。それでももう、庇える域はとっくに超えているわけで、一体何を共有してこんな爆破立てこもり事件を刑事が支持しているのやら。
柊先生が捨て身なわけは……持病?(痛がり方が派手で、病気というより刺されたかの様ですが……)わずかな余命を賭けて、生徒に最後の授業をしようとしたのでしょうか。そんな治外法権から指図する様なの、いやんですよ~。生徒たちに、自分の行動の結果を受け止めろと言ってる人が、しでかしたことの負を償わずに死んでいくなんて。ううう。

さておき、澪奈自殺の引き金となったドービング疑惑。
そもそも「何か飲んでいる」フェイク画像が出回っただけで、検体から薬物が検出されもせず、なにが疑惑だ。吉田沙保里選手が引退して言ってましたよ。「風邪薬飲んでみたら、よく効いてびっくりした」って。どこか痛くても熱でても、トップアスリートはうっかり薬も飲めない生活をずっとしてるんですよ。ドーピング検査を舐めるなよ! 
と、ツッコミはさておき。
画像は、澪奈に失恋した里見(鈴木仁)の撮影でした。 でも彼は撮っただけ、ドリンクに薬名を加工しても、DVDを宇佐美のカバンに入れてもいない。じゃあそれは……甲斐(片寄涼太)の仕業。
ハングレ団所属の先輩に頼まれ、金も欲しかったんですって。

それでも、澪奈を車に乗せて連れ去ろうとする暴挙には、さすがに体を張って止めたわけですが。ただ映像をとるだけなら、悪用するにしてもたいしたことないと思った。うーん、確かに連れ去るよりは気軽に出来ちゃうけど。招いた事態は同様に重大、だったんですね……。 そして、奴らがやったと声をあげられないワケは、裏切ったら家族を殺すと脅されていたから。いやもう、ハングレってレベルですかそれ。素人さんを巻き込むとは、ヤクザよりたちが悪いよ。

さてその頃の郡司刑事(椎名桔平)
『生徒5人が殺された』責任をかぶって、柊の事件から外された回された先のガールズバーの検挙が、そのハングレのボス逮捕につながるだなんて上手くいきすぎでしょ。柊情報で、五十嵐が手を回しましたか。
とにかくボスは確保され、もう家族は大丈夫と甲斐にうけおう柊。そして彼の友人も、そんな苦境や苦しい家庭の事情をなぜ、うちあけて手伝わせてくれなかったんだと泣いて責めますよ。うーんと、そこよりも。
自分が脊椎損傷で半身不随、小学生の兄弟がいるのに高校生の長男に家事も家計も(!)まかせて「あの子は大好きなダンスもやめて」と不憫がっているだけの親が一番ダメだと思います。そして民生委員は、ケアマネージャは何してるのかと。甲斐くんは確かに「無理だー」と言って良かったんですけども。いい子だから頑張ったし、頑張らなくていいことに子供は気づけなかったんですよ……。

で、この先まだ何があるのでしょう。ボス逮捕にショックを受けてる美人さん、恋人なのかな。そこかな。
しかし、高校生アスリートが有名になって注目をあびるところまでは分かるのですが。彼氏と間違われた部員が足を折られたりorz  会いたい、と級友に頼んだ目的がバンに押し込んで誘拐とかorz この地域、犯罪レベルが高すぎてわけが分かりませんよ……。どんな修羅の国だ。
大和先生(田辺誠一)は、筋肉番付にも出演してましたよw プロテインw 和み要因だけですか?ラスボスだったら嫌だわー。 

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ